FC2ブログ

8月の花探索は暑さとの戦い・・!?

8月17、18の土日・・お盆休みもいよいよ終盤?・・って我が家は無関係?ではありますが・・Uターンの渋滞も最終日には落ち着くだろう・・と予想して、1泊2日で8月のお花たちに会いにお出かけすることに

帰りの渋滞は?・・とりあえず置いておいて・・思わぬ大敵は、今夏1番の暑さでした~・・

最初の目的地はお山ではなくて、東京近郊の里山・・朝遅くなると暑くなるので、なるべく早い時間にさっさとお花を探そうということで、朝は4時起きして5時にはお家を出ました~・・

目的地近くの道路脇に車を停めて、7時過ぎには歩き始めるのですが~・・

歩き始める頃はまだ暑さはさほどでもなくて・・これくらいなら楽だね~・などと話しながら遊歩道を目的地に向かいます


気温がだんだんと上がってきたようで、目的地の竹林に着くころにはじんわりと~・・汗が~・・
目的のお花は、トサノクロムヨウラン・・薄暗い竹林の中を目を皿のようにして探します・・お花が開いていると、クリーム色と薄紫色の透き通るようなお花が目に入るはずなのですが・・
やっと目に付いた1株目・・まだ蕾でした~・・
kw1 DSC_3651 (2)トサノクロムヨウラン

kw2 DSC_3657 (2)トサノクロムヨウラン

目が慣れてくると、暗い竹林のあちこちでぽつりとぽつりと小さな株が目に入るのですが、全て開花前の蕾でした~・・
kw3 DSC_3687 (2)トサノクロムヨウラン

この株は1花もうすぐ開花しそうなのですが・・残念ながらまだ開いてくれないようですね・・
kw4 DSC_3689トサノクロムヨウラン

お花の先端の紫色がほのかに見えるのですが・・
kw5 DSC_3691 (2)トサノクロムヨウラン

あちこち探して・・やっと1花開花し始めたお花を見つけました
kw6 DSC_3672トサノクロムヨウラン

お花の先端がうっすらと紫色・・綺麗に開花したお花が見たかったけれど・・今年はお花がかなり遅れているようですね
kw7 P8170831 (2)

最初に訪れた場所では、けっきょく開花したお花に出会うことはできなかったので、もう1ヶ所別の場所で探してみることに
車に戻って移動です

2ヶ所目も、東京近郊の里山・・到着したのはもう10時過ぎ・・暑くて~・・汗を拭き拭き探したのですが、やはりここでも蕾しか見つけることができませんでした~・・
kw8 DSC_3698トサノクロムヨウラン

たくさんの蕾を付けた株・・開花したお花を見たかったな~・・
kw9 DSC_3708 (2)トサノクロムヨウラン

1時間ほど開花したお花を探して、樹林の中をウロウロ・・すっかり汗だくです~・・
車に戻って、次の目的地へ・・次はもう少し涼しい場所でお花探索したい!!・・ということで、富士山麓でお花探索することに
長距離移動になりましたが、幸い高速道路は渋滞もなく、1時過ぎには、目的地近くの空き地に車を停めることができました

富士山麓は里山と比べると、格段に涼しい~・・
風のない樹林帯の中は、しっとりとして、お陽さまも翳っていたのですが・・それでも歩くと、暑くなってきます・・
kw10 DSC_3778

kw11 DSC_3721

もう時期がかなり遅いので、お花は終わっていると思っていたのですが、ヒナチドリの着生している樹に立ち寄ってみると、なんと1株2花、名残のお花を見ることができました
kw12 DSC_3724 (2)ヒナチドリ

今回、高倍率のカメラを家に忘れてきたので、300ミリで精いっぱいのズームでした~・・
花期が意外に長いのにびっくりでした
kw13 DSC_3734 (2)ヒナチドリ

今回の目的のお花は、このツリシュスラン・・今年も咲いているかな~・・と・・目的の樹に行ってみると、何株か開花していたのですが、例年よりお花が少ないようです・・
それでも7~8株は開花しているようです
kw14 DSC_3757ツリシュスラン

ここには4株・・ちょうど咲きはじめたばかりの新鮮なお花のようですね・・
kw15 DSC_3752ツリシュスラン

少しズームして撮ってみました
kw16 DSC_3761 (2)ツリシュスラン

こちらには2株・・やはりフレッシュで美しいお花でした~・・
ほんのりとピンク色がかっていて、控えめなうつくしさですね・・
kw17 DSC_3755ツリシュスラン

1番下に付いていた株を、手持ちでギリギリ近づいて、アップ気味に撮った1枚です・・
それにしても高倍率のカメラを忘れてきたことが悔やまれます・・
kw18 DSC_3741ツリシュスラン

この辺りの樹々にはイワギボウシが多く着生していて、ちょうど花盛り
この樹にはこんなに大株のイワギボウシが着生していました
kw19 DSC_3770 (2)イワギボウシ

もう1本、ツリシュスランが着生している樹があると聞いていたので、探してみたのですが、次第に霧が濃くなってきて、着生ランを見つけるには最悪の条件に
ラン探しには不向きな霧ですが、幻想的な風景は深山の雰囲気でなかなか素敵でした~・・
kw20 P8170873 (2)

霧に囲まれて~・・遅くなってしまいましたが、軽いランチ・・涼しいのが良いですね
kw21 P8170874

車に戻って・・この日のお泊りは富士市のビジネスホテル・・まっすぐホテルに行くにはちょっと早かったので、もう1ヶ所お花を探してみることに
昨年も訪れたマネキグサの棲息地に立ち寄りました
一面に群生していたのですが、ちょっと早かったようで、開花していたのはほんの10株ほど・・それでも、なんとか開花しているお花を撮ることができました~・・
kw22 DSC_3783マネキグサ

この株では4花、綺麗に開花していました
kw23 DSC_3784マネキグサ

蕾や開花しかけているお花もころんとして可愛らしい~・・
kw24 P8170904マネキグサ

開花しているお花をアップ気味に・・笠を被ったお人形のように愛らしいお花でした~・・
kw25 P8170900マネキグサ


もう開花しているだろうと予想して、訪れたトサノクロムヨウランは、まだまだ早かったようで、ちょっと残念

お花の開花時期を見極めるのは、難しい~・・特に今年は・・

この日は4カ所でお花探索・・トサノクロムヨウラン以外は、なんとか開花しているお花に出会うことができ、結果は満足できるものになりました・・

お花探索終了後はこの日のお泊り予定、富士市のビジネスホテルに向けて移動です~
スポンサーサイト

箱根方面でお花探索

夏休みを早めに取ったので、お盆の時期はカレンダー通りの出勤のピテカン君・・それでも山の日が入って10日から3連休

高速の渋滞は大変そうだけど、1日くらいはお出かけしたいね~・・と・・11日の日曜日、日帰りで箱根方面にお花探索に出かけてきました

朝は遅くなると高速の渋滞がひどくなりそうなので、なるべく早くお家を出ることに・・3時30分過ぎに起きだして、4時30分にはお家を出ました~・・

それでもいつもよりかなり車が多く、なかなかマイペースで走れません・・とうとう最後に、高速で事故渋滞に捕まってしまいました

なんとか渋滞を乗り切って、登山口の駐車スペースに車を泊めたのはもう8時すぎ・・車中で大急ぎで朝食を済ませて歩き始めます


歩き始めてすぐに、地元のベテランさんに声をかけていただきました・・この方は植物にとても詳しくて、いつも植物観察しながらこの登山道を歩かれているようです
この方とご一緒させていただけることになり、いろいろお花のお話をしながら登山道を進みます
kv1 DSC_3511

歩き始めてすぐに目についたのはトンボソウ・・1週間前に山形の湿原でも見たお花でした
kv2 DSC_3508トンボソウ (2)

鹿の食害がひどいようで、別の1株は先がありません・・この1株はなんとか残って咲いてくれたようです
kv3 DSC_3506トンボソウ

お花をアップで撮ってみました
kv4 DSC_3510トンボソウ (2)

赤いソーセージ状の実がひときわ目立っていたのはツチアケビ・・遅かったので、お花が終わっていたのが残念!
お花の時期にぜひ訪れたいな~・・なんて・・
kv5 DSC_3515ツチアケビ

教えていただかなけれ、気が付かなかったと思います~・・オオカモメヅルです
kv6 P8110729オオカモメヅル

葉が大きいことから「オオ」と名前が付けられたそうですが、お花は直径が5~6ミリととっても小さい~・・
kv7 P8110713オオカモメヅル

よ~く見ないとお花は小さくてわからないですよね~・・
kv8 DSC_3577

小さなお花をアップで撮ってみました~・・風で揺れてピンボケ写真ばかり・・なんとか撮れた1枚でした
kv9 DSC_3579 (2)オオカモメヅル

日当たりのよい草地で群生していたのは、ヒメヤブラン・・小さくてとっても可愛らしいお花でした
kv10 DSC_3567ヒメヤブラン

kv11 DSC_3566ヒメヤブラン

ちょっと遅かったので、お花は少なかったけれど、株はたくさんあって・・盛期には白いお星さまのようなお花があちこちで見られたことでしょう~・・
kv13 DSC_3560シロバナイナモリソウ

ヒメヤブランの草原で見られたコバギボウシ
kv12 DSC_3568コバギボウシ

のっぽのアオヤギソウです~・・鹿はアオヤギソウは食べないのかな~・・?
kv14 DSC_3556アオヤギソウ

控えめに?咲いていたシモツケソウ・・
kv15 DSC_3550シモツケソウ

まだ花茎が短くて、開花はまだまだ先のようですが、タンザワヒゴタイ・・お花をぜひ見たいな~・・
kv17 DSC_3528タンザワヒゴタイ

今回のお花探索の目的のお花は、このオオバナオオヤマサギソウ・・ご一緒させていただいたベテランさんにお願いして棲息場所を教えていただいたのですが、教えていただかなければきっと見つけられなかったかも~・・
kv18 DSC_3544オオバナオオヤマサギソウ

ただ、残念ながらお花はすっかり終わっていて・・ベテランさんが8月2日に撮った写真を見せていただきました~・・
来年のお花の時期にはぜひ再訪してお花を確認したいです~
kv19 DSC_3543オオバナオオヤマサギソウ

ベテランさんとお別れして・・わたしたちはゆっくりとお花の撮影をしながら下山しました~・・
kv20 DSC_3552

車に戻ったのはまだ11時過ぎ・・遅くなると高速の渋滞が心配だけど、まだもう1ヶ所くらいだったらお花探索できるよね~・・ということで、さっそく移動です・・
目的地近くの林道わきに車を停めて、林の中に入ります・・林の中はしっとりとして、湿度が高く蒸し暑い~・・

歩き始めてすぐに目に付いたのはヤクシマヒメアリドオシラン・・
kv21 DSC_3620ヤクシマヒメアリオオシラン

こんな所に?・・と思われるような場所に・・あちこち点々と数株ずつまとまるようにして開花していました~・・
kv22 DSC_3615ヤクシマヒメアリオオシラン

以前この場所を訪れた時は、ちょっと時期が早かったようで、ほとんど蕾・・数株しか開花したお花を見ることができなかったのですが、今回はちょうど盛期に訪れることができ、たくさんのお花が開花していて、嬉しくなりました~・・
kv23 DSC_3605 (2)ヤクシマヒメアリオオシラン

兜を被ったような独特のお花ですよね~・・
kv24 DSC_3618 (2)ヤクシマヒメアリオオシラン

お花のアップで~す・・開花したばかりの新鮮なお花でした
kv25 DSC_3612 (2)ヤクシマヒメアリオオシラン

しばらく進むと・・ハクウンランの姿も
ここではハクウンランとヤクシマヒメアリドオシランが同居しています~・・
kv26 DSC_3632 (2)ハクウンラン

ヤクシマヒメアリドオシランが数株ずつまとまって咲いているのに対して、ハクウンランは1株ずつ・・ぽつりぽつりと開花していました
kv27 DSC_3637ハクウンラン

ハクウンランは萼片も花茎もきれいな緑色・・白い花弁の美しさが引き立ちますね・・
kv28 DSC_3630ハクウンラン

お花のアップで~す・・唇弁の形が菱形なのもハクウンランの特徴のようです・・
kv29 P8110788ハクウンラン

この場所ではベニシュスランも咲いていたのですが、残念、ちょっと遅かったようで、お花が傷みかけていました・・
その中でも、なるべく新鮮そうなお花を探して撮ってみました・・
kv30 P8110751

この株は1株に3花開花していました・・
kv31 DSC_3645ベニシュスラン

この株はなんと4株も・・新鮮なお花に会いたかったかな~・・
今年はベニシュスランは今回初めての出会いだったので、出会えただけでも良かったかな~・・
kv32 DSC_3641ベニシュスラン

最後に見つけたのはトチバニンジンの果実・・すっかり赤くなって・・もうそんな時期なのかと・・時がたつのは早いですね~・・
kv33 DSC_3649


2ヶ所でお花探索しても、まだ3時前・・遅くなると高速の渋滞が心配なので、早めに帰路につくことに

現地を早めに出たつもりだったのですが、渋滞はすでに始まっていて・・それでもなんとか7時過ぎに帰宅することができました~・・


今回お世話になった温泉で~す

今回は「大平山荘」さんはすでに紹介済みなので、2軒の温泉お宿を紹介したいと思います


2泊目にお泊りしたのは、湯田川温泉のこじんまりしたお宿、「つかさや」さん
若主人が日本酒にこだわりがあるそうで、おいしい日本酒を用意していただける・・ということで、初めてですが、お泊りしてみることにしました~・・
ku1 DSC_3331

湯田川温泉の源泉を、9軒の温泉旅館で分けているそうです・・
ku2 P8040587

温泉はもちろんかけ流し・・やさしい肌触りのアルカリ性の硫酸塩泉は心も体もゆったりとほぐしてくれました~・・
チェックイン時から朝までいつでも入れるのも嬉しい~・・
ku3 P8040590

温泉の後のお楽しみは、もちろんお夕食・・と・・お疲れ生ビールで~す
どのお皿も一工夫された手の込んだお料理で、料理人さんの心配りがわかります・・
ku4 P8040594

基本のコースにお酒の3種のみ比べセットが付いたコースをお願いしました・・
ku6 P8040591

小鯛の塩焼きはほんとに熱々・・
ku7 P8040595

この後に、キンキンに冷やされた岩牡蠣が出たのですが、岩牡蠣には目のないわたしたち・・写真を撮る前にペロリと・・いただいてしまいました~・・
ということで、岩牡蠣の写真はありません・・

岩牡蠣をいただいた時点で、最初のお酒はなくなってしまい・・さらにもう3種別の種類のお酒の飲み比べセットをお願いしてしまいました~・・
ku8 P8040598

続いてお肉料理は豚肉のお料理・・夏野菜と一緒にさっぱりといただけました~・・
この後は、だだ茶豆ごはんとデザート・・美味しく完食で~す
ku9 P8040597

翌朝・・まずは朝風呂へ・・朝食もやはり手間を惜しまない料理の数々が並んでいて、美味し過ぎてついつい食べ過ぎてしまいました~・・
ku10 P8050601

3泊目のお泊りは、白布温泉「東屋」さん・・昨年もピテカン君が夏休みを取って訪れたお宿・・今回は「秘湯の会」のポイントが貯まったので、招待宿泊でした~・・
ku11 DSC_3426

客室の裏側にある温泉棟で~す
ku12 P8060660

荷物をお部屋に置いて、さっそく温泉へ
ku13 P8050647

内湯は滝湯・・浴槽からはお湯がザア~ザア~と溢れて・・足元には常に温泉が流れています・・
ほんとに湯量が豊かですよね~・・
泉質はカルシウム・硫酸塩泉・・無色透明のお湯・・湯の花が嬉しい~・・
ku14 P8050641

滝湯は勢いよく流れ落ちてきて・・肩に当ててみたのですが、痛くて長くは当てていられません・・
ku15 P8050643

露天風呂は男性と女性とはちょっと違う様ですね・・女性用は2段になっていました・・
ku16 P8050645

到着が6時過ぎと、遅くなったので、とりあえず、さっと温泉を楽しんで、夕食会場へ・・
お刺身は鯉の洗と刺コンでした~・・
ku17 P8050652

この日もやっぱり生ビール・・鯉の甘煮もなかなかいただく機会がなかったので嬉しい~・・
ku18 P8050653

メインやはりお肉料理・・招待宿泊なので詳しくはわからないけれど・・おそらく山形牛でしょうか・・陶板焼きでした
ku19 P8050654

生ビールの後は、東屋さんオリジナルの冷酒、「吾妻の清流」・・
ku20 P8050655

お肉も美味しく焼けてきて・・もちろんお代わりの生ビールも美味しくいただきました
ku21 P8050657

就寝前にもう一度温泉へ・・時間を気にせず、ゆっくりと・・溢れるお湯を堪能しました~・・
翌朝、もちろん朝風呂へ・・この日はお花探索しながらお家に向かって帰るだけなので、のんびり~・・と・・

朝風呂の後は朝食です~・・お夕食も楽しみだけど、美味しい朝食も温泉お泊りの醍醐味?・・ですよね~・・
充実した朝食は嬉しい~・・
ku22 P8060662

食後にもう一度温泉へ・・お土産を買いこんで・・チェックアウト・・今回は招待宿泊だったので、お支払いは飲み物の料金だけでした~・・
ku23 DSC_3425

今回も温泉をたっぷり楽しんだ「東屋」さんでした~・・
ku24 DSC_3428


今回は、いつもの辰ケ湯さんがお泊りできなかったのですが、初めてお泊りした「つかさや」さんは食事もお酒もお湯も満足のお宿

また山形方面に出かけるときにはお泊りしたいお宿を見つけることができました・・

「東家」さんはとにかく温泉が素晴らしい~・・!!

いつ来ても満足させてくれるお宿でした

花と温泉の山旅・・再び東北地方へ 4日目

東北の花旅最終日、8月6日、この日は途中であちこち立ち寄って、お花探索しながら我が家方面に南下する予定

朝はゆっくり起きだして、「東屋」さんの素晴らしい掛け流しの温泉を、こころゆくまで堪能しました~・・

朝食もたっぷりと・・お腹いっぱいにいただいて、チェックアウト・・う~んもう1泊お泊りしたかったな~・・

まずは裏磐梯方面に車を走らせて・・最初の目的地は裏磐梯のレンゲ沼でした


昨年訪れた時には、ジュンサイの赤いお花や、タヌキモの黄色いお花が見られたのですが、今年は水面にそれらしいお花の姿は見当たりません
ヒツジグサが水面を覆っているだけでした~・・
kt1 DSC_3442

葦原に濃いピンク色のお花・・草丈が高いので、どうやらエゾミソハギのようですね・・
kt2 DSC_3435エゾミソハギ

kt3 DSC_3436エゾミソハギ

沼の周りにもいろいろなお花が咲いていました・・ヤマユリが一株だけ・・ひっそりと~・・
kt4 DSC_3443

オカトラノオが首を垂れて・・
kt5 DSC_3444オカトラノオ

夏の湿原で、元気いっぱいなのはコバギボウシ・・
kt6 DSC_3446コバギボウシ

トリアシショウマチダケサシは咲き始めたばかりのようですね・・
kt7 DSC_3451トリアシショウマ

湿った場所ではヌマトラノオの姿が見られました・・
kt8 DSC_3453ヌマトラノオ

クサレダマもちょうど見ごろのお花でした・・名前がちょっと可哀想ですよね~・・
kt9 DSC_3455クサレダマ


ちょっと移動して・・昨年は、道路脇で間近で見られたオオアカバナですが、今年はどうやらその株はなくなってしまったようです・・
道から離れた川岸の湿地に咲いていたお花を、なんとかズームで撮ることができましたが・・
kt10 DSC_3457オオアカバナ

草丈も高い大きな株・・たくさんのお花が開花していました・・できればもう少し近くで見たかったな~・・
kt11 DSC_3458オオアカバナ (2)

場所を変えて・・別の湿原へ
この湿原の目的のお花はサギソウ・・ちょうど見ごろの時期に訪れることができたようで、あちこち点々と・・真っ白なサギのようなお花が風に揺れていました
kt12 DSC_3484 (2)

kt13 DSC_3461

次々に時期をずらすように開花するようで、花期は長いようです
kt14 DSC_3486

緑の空をサギが優雅に舞っているようです~・・
kt15 DSC_3462 (2)サギソウ

2羽のサギが並んで飛んでいるようですね~・・
kt16 DSC_3473サギソウ

花粉塊もしっかり残っている新鮮なお花でした・・
上品で清楚で・・素晴らしいお花です・・
kt17 DSC_3476サギソウ

まとまって咲いていると、豪華ですね~・・
kt18 P8060669サギソウ

美しすぎる?お花ですね~・・
kt19 P8060691サギソウ

お花をアップで・・
kt20 P8060693サギソウ

横顔を撮ってみると・・今まであまり意識しなかったのですが、距が長いのにびっくり~・・
kt21 P8060685サギソウ

蕾だとよりいっそうはっきりと白くて長い距が目立っていました・・
kt22 DSC_3499

この湿原では、主役のサギソウを引き立てるように、控えめに脇役になっていたのはサワシロギク
kt23 DSC_3491サワシロギク

このお花もひっそりと咲いていて、可愛らしい~・・
kt24 DSC_3490サワシロギク


この湿原には先客さんがいて、この湿原以外にもサギソウが咲く場所を教えていただきました

先客さんとお話ししながらのんびりサギソウを楽しんだのですが・・この日も湿度も気温も高く、とにかく暑い!!

長く居ると熱中症になりそうで・・車に戻ることに

最後にいつも立ち寄る那須の菓子舗、扇屋さんの「鳳鳴殿」に立ち寄って、お菓子を買い込んで・・帰路につきました

花と温泉の山旅・・再び東北地方へ 3日目は月山でお花探索

翌日8月5日、東北3日目の朝・・前日の疲れがまだちょっと残っていて~・・ということで、ゆっくり朝寝坊

まずは朝風呂へ・・お部屋に戻って朝茶などでまったりしていると、朝食の時間に

美味しく朝食をいただいて・・お宿を後にします

この日は無理をせず、月山で花散歩の予定・・ゆっくりとお花を探して、写真に収め、早目に下山することに


姥沢登山口の駐車場に車を停めたのはもう10時30分過ぎ・・この日も晴れていて、もうすっかり暑くなっていました~・・
暑くて一番大変だったのが、実はリフト乗り場までの登り坂?・・
登り切って・・リフトは涼しくて快適・・15分ほどでリフト上駅到着~・・
ks1 DSC_3333

「令和の鐘」を鳴らしてみました~・・って儀式ですから~・・?
ks2 DSC_3337

リフト上駅からは階段状の木道を姥ヶ岳に向かいます・・木道の両側にはお花畑が広がって・・なかなか先に進めません
ks3 DSC_3342

が・・この日は慌てませんよ~・・行ける所まで行って、時間になれば戻るつもりですから~・・
ピテカン君もゆっくりとカメラを構えて~・・
ks4 P8050623

それでもなんとか50分ほどで姥ヶ岳に到着
ks5 DSC_3370

姥ヶ岳からは金姥への下りです・・下り切って・・金姥で一休み
予定では牛首まで登るつもりだったのですが、カッパが前日の鳥海山登山で左膝を傷めてしまい、以前から悪かった右膝と両膝が痛くなってしまいました~・・
これ以上進むのはちょっと無理・・と判断
ks6 DSC_3383

元来た道を姥ヶ岳まで登り返して、リフト上駅へ戻ります
お天気も怪しくなってきて・・雷雨の心配もあったので、早目に切り上げることに・・
ks7 DSC_3402

快適リフトでリフト下駅へ
ks8 DSC_3423

ここからは、月山で出会ったお花たちをの紹介で~す
歩き初めてすぐに目に付いたのはシロバナトウウチソウ・・まだ開花したお花を見ることができました
ks9 DSC_3422シロバナトウウチソウ

ヨツバシオガマは咲きだしたばかり・・新鮮なお花でした
ks10 DSC_3341ヨツバシオガマ

雪渓脇ではひんやりと冷たい風が吹き、涼しい~・・・・そんな雪渓脇で見られたのはミツバノバイカオウレン
別名コシジオウレンとも呼ばれていて、中部地方から東北地方の日本海側に分布するお花・・
葉が3出複葉で、花茎が赤褐色なのが特徴だそうです~・・
ks11 DSC_3343コシジオウレン

やはり雪渓が解けたばかりの湿原で見られたイワイチョウ
ks12 DSC_3421イワイチョウ

雪渓が融けたばかりの場所では、新鮮なチングルマのお花にも出会うことができました
ks13 DSC_3418チングルマ

こちらは低灌木のクロウスゴ・・でしょうか・・?
ks15 DSC_3414クロウスゴ

ここでもアオノツガザクラはやはりちょっと早かったようです~・・
ks14 DSC_3416アオノツガザクラ

コバイケイソウがなかなか良い雰囲気を作ってくれました~・・ピテカン君の力作?・・
ks16 DSC_3411コバイケイソウ

お花畑を彩るのは、ハクサンボウフウの白、ニッコウキスゲのオレンジ、ウサギギクの黄色・・色とりどりでした~・・
ks17 DSC_3348

ウサギギクも咲き始めのようで、まだ蕾もたくさん
ks18 DSC_3412ウサギギク

やっぱりこの時期のお花畑はニッコウキスゲがメインでしょうか~・・
ks19 DSC_3409

この場所はキンコウカが一面に・・ず~っと先まで続いていました~・・
ks20 DSC_3407キンコウカ

今年はあちこちでキンコウカのお花に出会えたけれど、月山のキンコウカが一番綺麗だったかな~・・
ks21 P8050624

このお花畑では予期せぬうれしい出会いがありました・・トキソウです
ks22 DSC_3351 (2)トキソウ

今年はなかなか出会う機会がなく、あきらめていたお花だったので嬉しさひとしおです・・
ks23 P8050614トキソウ

シロバナハナニガナのお花もなかなか上品で可愛いお花です・・
ks24 DSC_3358シロバナニガナ

ミヤマリンドウはここでも咲き始めたばかり・・
ks26 DSC_3366ミヤマリンドウ

青紫色が鮮やかで、生き生きしてとっても素敵なお花でした・・
ks27 DSC_3365ミヤマリンドウ (2)

トゲトゲで痛そうなこのお花は、ナンブタカネアザミ・・鳥海山にも棲息しているそうですが、会えなかったお花、月山で出会うことができました
ks28 DSC_3369ナンブタカネアザミ

ウゴアザミは鳥海山でもすでに出会っていました
ks29 DSC_3388ウゴアザミ

ks30 DSC_3390ウゴアザミ

ミヤマウスユキソウは残念ながらちょっと遅かったようです・・綺麗なお花に会いたかったのですが・・
ks31 DSC_3387ミヤマウスユキソウ

月山にはハクサンイチゲ、エゾノハクサンイチゲ、イチリンハクサンイチゲと3種類のハクサンイチゲがみられるそうですが、この写真の株は、葉の切込みも深く、お花を1枝に1花しか付けていないようなので、イチリンハクサンイチゲかと思われるのですが・・
ks32 DSC_3398イチリンハクサンイチゲ

笹や他の植物に紛れて、ほとんど目に付かなかったこのお花・・コイチヨウラン・・それにしても小さい~・・
ks33 DSC_3393イチヨウラン

タテヤマウツボグサとヤマハハコのコラボ・・白と紫のシックなお花畑ですね
ks34 DSC_3399

紫色が濃いいタテヤマウツボグサです
ks35 DSC_3394タテヤマウツボグサ

ここでは、白花のタテヤマウツボグサも見られました
ks36 DSC_3400シロバナタテヤマウツボグサ

ひっそりと・・目立たず咲いていたのはイワショウブ
ksks25 DSC_3373イワショウブ


ゆっくりのんびりとお花を撮って・・出発が遅かったこともあるのですが、すっかり下山が遅くなりました~・・

車に戻ったのはもう4時前・・この日のお泊り予定は白布温泉の「東家」さん・・今回3回目のお泊りになります

米沢まではかなり移動距離があり、ほとんど高速道路とはいうものの、かなり時間がかかります

大急ぎで車を出して、米沢へ
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる