FC2ブログ

筑波山で花探索でした~・・

翌9日の日曜日、前日のお天気予報では曇のち雨・・午前中はなんとか曇り空のようなので、高尾山で、お花探索しようかと・・

ところが、朝4時前に起きて、予報を確認すると、なんと高尾方面では、朝から雨☔のマーク.・・しかもけっこうひどくなりそう~・・

ということで、行先を、午前中は曇マークが出ていた筑波山方面に変更することに・・

筑波山だったら我が家からは近いので、とりあえずもうひと眠り・・

6時過ぎに起きだして、お家を出ました~・・

筑波山神社近くの青空駐車場に車を停めたのは7時30分過ぎ


まずは筑波山神社に向かいます・・カッパ、今年も「茅の輪くぐり」してきました・・これで今年も元気に過ごせるかな~・・
mv1 DSC_1492

お参りも済ませます~・・
mv2 DSC_1491

登山道をしばらく辿って・・今回の目的のお花の一つはムヨウラン・・しばらく訪れてなかったので、咲いているかどうか、ちょっと不安だったのですが・・
目的地に着いて、辺りを探すと・・ちゃんと咲いていてくれました
mv3 DSC_1428ムヨウラン

風景に溶け込むような地味な色合いのランですが、目が慣れてくるとあちこちで、開花している株が目につきました~・・
mv4 DSC_1436ムヨウラン

こんなにまとまって咲いている場所も・・よく見るとまだ少し早かったのか、ほとんど蕾のようです
mv5 DSC_1425ムヨウラン

何花か開花しているお花も、開いたばかりのようですね
mv6 DSC_1455

この株では2花綺麗に開花していました・・新鮮なお花です~・・
mv7 P6090905 (2)ムヨウラン

横顔をアップ気味に・・優しくて温かみのある色あいは、ほっとさせてくれます~
mv8 DSC_1461ムヨウラン

お花のアップで~す・・唇弁のレモンイエローの毛がアクセントでしょうか~・・
mv9 P6090924 (2)

もう一つの目的のお花は、ヒトツボクロ
ヒトツボクロは探せない年もあったので、今年も期待薄?だったのですが、運良く葉が目に入って、開花しているお花に出会うことができました
mv10 DSC_1414ヒトツボクロ

筑波山で見るヒトツボクロは、とにかく小さい~・・
しかも風でゆらゆらと揺れるので、なかなか上手くカメラに収まってくれません・・なんとか撮れたアップ気味の写真です
mv11 DSC_1422ヒトツボクロ (2)

この日は、場所を変えて、もう1ヶ所でもヒトツボクロを見つけることができました
この場所は、春のカタクリの時期に下見をして、葉を数ヶ所で見つけていた場所です・・
いくつか開花している株に会えることを期待していたのですが、残念ながら開花株はこの1株だけでした
mv12 DSC_1510ヒトツボクロ

咲きだしたばかり・・下の2花は綺麗に開花していたのですが、その上はまだ蕾でした
mv13 DSC_1530ヒトツボクロ

2花ともとても新鮮なお花だったのですが、とにかく小さくて・・しかもとっても撮りにくい位置でした・・
長い距が印象的ですね・・
mv14 DSC_1517 (2)ヒトツボクロ

mv15 P6090956ヒトツボクロ

お花を更にアップで~・・
よく見ると上下がひっくり返っているようです・・上側にあるのが唇弁、次にずい柱、一番下に写っているのが上弁のようです・・
mv16 P6090973 (2)ヒトツボクロ

筑波山での3種めの目的のお花は、ホシザキユキノシタ・・つくば市の市のお花にもなっているそうです
mv17 DSC_1480 (2)ホシザキユキノシタ

ちょうど咲き始めて花盛りの時期でしょうか~・・新鮮なお花に出会うことができました
mv18 P6090938ホシザキユキノシタ

お花の上側には3枚の花弁が、そしてユキノシタには下側にも2枚花弁があるはずなのですが、ホシザキの場合は変化していて、ほとんど雄しべと見分けがつかない形態になっています
mv19 P6090926ホシザキユキノシタ

が・・この写真のお花のように、下側の2枚の花弁が、花弁の形態のままで残っているものもありました・・
mv20 DSC_1485ホシザキユキノシタ

途中の人家周りで、こんなに群生しているホシザキユキノシタを発見!・・こんな所に~・・?と思えると場所でした
mv21 DSC_1495 (2)ホシザキユキノシタ

こちらもちょうど盛期のようで、まだまだ蕾もたくさん見られました~・・
mv22 DSC_1499ホシザキユキノシタ

目的の3種類のお花以外にも、たくさんのお花たちに出会うことができました
まだ時期が早く、花茎を伸ばしたばかり・・?・・のオオバノトンボソウ
mv23 DSC_1402オオバノトンボソウ

ツルアリドウシもやっと開花したお花をいくつか目にすることができました~・・
mv24 P6090883

オカタツナミソウの可愛い姿も登山道沿いに
mv25 DSC_1537オカタツナミソウ

mv26 DSC_1539

樹木のお花や果実もいくつか見られました・・ちょうど花盛り、あちこちで見られたのはコアジサイ
mv27 DSC_1406コアジサイ

こちらも満開だったヒメウツギ・・
mv28 DSC_1506ヒメウツギ?

スイカズラはちょっと遅かったようで、黄色になったお花が目立っていました
mv29 DSC_1547スイカズラ

この樹木のお花は?・・アオダモアワブキだと思うのですが、どうも樹木はよくわかりません~・・
(と教えていただきました~・・
mv30 DSC_1546アオダモ

小さな紫色のお花が下向きに咲いていました・・ヤブムラサキです
mv31 DSC_1410ヤブムラサキ

ムラサキシキブによく似ているお花ですが、下向きに咲くのが特徴のようです・・まだ咲き始め、蕾が多く見られました
mv32 DSC_1407ヤブムラサキ

ホップのようぶら下っている面白い実は・・?・・帰宅後調べてみると、クマシデの果穂でした・・
mv33 DSC_1544クマシデ果穂

この果実は・・?・・こちらも帰宅後に調べて、キブシの果実とわかりました~・・
mv34 DSC_1501キブシ

こんなに大きな実がなるなんて、びっくりです~・・
mv35 DSC_1500キブシ

真っ赤な果実が目立っていたのはニワトコ・・
mv36 DSC_1505ニワトコ


困った時の筑波山頼み?・・ということで、今回も急遽筑波山・・今年4回目でしょうか~・・

いつ訪れても、それなりに?いろいろなお花を見せてくれるのが嬉しいお山です・・しかも我が家から近いので、気楽に訪れることができ、早い時間に帰宅できるのが尚嬉しい~・・

今回も6時j前には帰宅できました~・・お夕食もゆっくり用意して、休日の夜を楽しむことができました~・・って我が家宴会?でしたが・・


スポンサーサイト

梅雨空の下、近場で花散歩

先週末は、まだ見たことのないリンドウを探して、長野のお山を登る予定にしていたのですが、ちょうどその日から梅雨入りしてしまい、お陽さまが差さないと開花しないリンドウは、梅雨空ではとても開花しそうにない・・ということで、登山は中止に

さて、予定がキャンセルになって・・どうしようかな~・・と・・雨がひどいようなら、ふだん忙しくておろそかになっている家事に取り組もうか・・と思っていたのですが・・

朝、のんびりと起きると・・お空はどんよりとした曇空ながら、雨粒はまだ落ちていない・・?

それならと、近場で、なかなか機会がなくて探しに行けなかったお花を探しに出かけてみようか~・・ということに

目的地は、我が家からは1時間ほどの距離

休日のブランチをゆっくり楽しんで、目的地にはお昼前に着きました~・・


目的のお花はクサナギオゴケ・・わたしたちは近場なもので、ついつい後回しにしていたお花でした~・・
mu1 DSC_1390クサナギオゴケ



大きな株が3株並んでいて、3株の茎が蔓状に伸びて、お互いに絡まりながらお花を咲かせていました~・・
長さ10センチ以上もある大きな葉が茎の根元近くに3枚が輪生していて、よく目立ちます
mu2 DSC_1357 (3)クサナギオゴケ

ちょうど盛期に訪れることができたようで、小さなお花があちこちで満開状態・・写真を撮るのに目移りしてしまいました
mu3 DSC_1361

小さな株は茎をまっすぐ伸ばして、お花を咲かせていました~・・
mu4 DSC_1370 (2)クサナギオゴケ

蔓状になった茎に付く葉は、長さ5センチ前後で対生していました・・
mu5 DSC_1355 (2)

あちこちに絡まりながら、たくさんのお花がお星さまが降るように垂れ下がっていました~・・
mu6 DSC_1385 (2)クサナギオゴケ

まさに盛期!満開状態のお花たちですね~・・
mu7 DSC_1363クサナギオゴケ

赤味の強い紫色がとっても美しい・・派手さはないけれど、可愛らしさいっぱいのお花たちで~す
mu8 DSC_1368 (2)クサナギオゴケ

お花の径は7~8ミリ?・・もっと小さいかも~・・風に揺れてなかなか綺麗に撮らせてくれません
そのうえ、この日はどんより曇り空・・撮影中に霧雨もじんわりと、辺りを濡らして~・・
その中でもなんとか獲れたお花たちのアップ写真です
mu9 DSC_1354クサナギオゴケ

mu10 DSC_1378クサナギオゴケ

花冠は星型で5裂、副花冠は環状でやはり5裂し、花冠と同色の赤紫色、雄しべは雌しべを囲んで短筒状に合着し、ずい柱を形成してるようです
mu11 DSC_1380 (2)クサナギオゴケ

mu12 P6080842 (2)

クサナギオゴケが棲息していたのは、北総方面の里の杉林・・我が家の近辺にもこんな感じの場所があちこちに・・見慣れた風景ではありますが・・
mu13 DSC_1398

クサナギオゴケの棲息地を後にして、せっかくここまで来たので、カッパが以前から買いたかったホワイトバルサミコを求めて、川村美術館へ寄り道です
ここは、庭園も広くて素敵なので、ちょっと散策することに
mu14 P6080871

遊歩道を歩き始めてすぐに目に付いたのは満開のヤマボウシのお花
mu15 P6080853

シンプルで清楚なお花ですが、まとまって開花すると豪華ですよね~・・
mu16 P6080854

アブラギリのお花はちょっと遅かったようですが、芝生一面に散り敷かれた落花が趣があって素敵でした~・・
mu16 P6080862

まだもう少し楽しめるかな~・・
mu17 P6080858

噴水の池にはどういうわけか、白鳥が~・・?・・
mu18 P6080855

広々とした庭園を眺めながらテルモスの紅茶でティータイム
mu19 P6080857

睡蓮のお池も素敵でした~・・
mu20 P6080863

睡蓮のお池にコウホネ?のような水生植物が・・なんだろうか~・・?と・・撮ってみたのですが、わかりませんでした
mu21 P6080866

雨足も少しずつ強くなって・・そろそろ帰宅することに
mu22 P6080868

川村美術館の売店で買うことができる「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」・・穏やかな酸味にフルーティーな香りと甘みが素晴らしい~・・
すごく美味しいバルサミコ酢で~す・・我が家のドレッシングは、このホワイトバルサミコ酢にエキストラバージンのオリーブオイルだけで作ります
mu24 DSC_3382


クサナギオゴケは、綺麗に開花している盛期に訪れることができ、なかなか出掛ける機会がなかった川村美術館にも立ち寄れて、短時間ですが、大満足のお花散歩でした~・・

この日は、朝予約していた白藤養魚さんの鰻・・カッパの大好物で~す・・を買い求めて、4時過ぎには帰宅できました

奥会津2日目は、湿原のお花を楽しみました~・・その2

この湿原での目的のスミレは、チシマウスバスミレ・・かなり以前にやはりこの湿原で出会ったスミレでした

久しぶりに会いたいと・・今回やっと訪れることができました


花付きがあまり良くないスミレのようで、あちこちで葉だけの株は見ることができたのですが、お花を付けた株は、数ヶ所だけ・・その中の1ヶ所・・この場所ではかなりの数の開花したお花を見ることができました
mt1 DSC_1272 (2)チシマウスバスミレ

静かな湿原の片隅で、他の植物たちの陰に隠れるように、ひっそりと咲いていました
mt1 DSC_1330チシマウスバスミレ

優しい印象のスミレですね~・・
mt2 DSC_1286チシマウスバスミレ

mt3 DSC_1266チシマウスバスミレ

ウスバの名前のように、葉の色も淡い黄緑色、薄くて柔らかそうです~・・
mt4 DSC_1267チシマウスバスミレ

清楚で繊細な印象のお花ですね~・・
mt5 DSC_1308チシマウスバスミレ

横顔です・・距が丸くてぽってりしているのが可愛い~・・
mt6 DSC_1287チシマウスバスミレ

お花をアップで何枚か
mt7 P6020771チシマウスバスミレ

側弁にも紫条が数本あるのがお洒落さん
mt8 P6020790チシマウスバスミレ

葉の縁には柔らかそうな産毛がみえます
mt9 DSC_1280チシマウスバスミレ

タテヤマリンドウとのコラボです・・タテヤマリンドウの株の間からちょこんと顔をだしているチシマウスバスミレが可愛らしい
mt10 DSC_1306 (2)チシマウスバスミレ

こちらはタテヤマリンドウとミズバショウのコラボで~す
mt11 DSC_1317 (2)

端境期だったのか、お花の種類は少なかったのですが、タテヤマリンドウの淡いブルーが目を楽しませてくれました
mt12 DSC_1241 (2)タテヤマリンドウ

ちょうど咲き始めたばかり、新鮮で美しいリンドウでした~・・
mt13 DSC_1253タテヤマリンドウ (2)

こんなに大きな株も見られました・・
mt14 P6020765タテヤマリンドウ (2)

ミツバオウレンは名残のお花でした~・・
mt15 DSC_1256ミツバオウレン

なんとか綺麗に開花していたお花を探して・・アップです~・・
mt16 DSC_1261 (3)ミツバオウレン

ツマトリソウは咲き始めたばかりのようでした・・
mt17 DSC_1297 (2)

新鮮で綺麗なお花です~・・
mt18 P6020798



湿原はお花の少ない時期のようでしたが、それでもお目当てのチシマウスバスミレを始め、タテヤマリンドウやツマトリソウといったお花たちや、オクチョウジザクラやコブシといった樹木のお花も楽しむことができました

なかなか訪れる機会がない福島方面の湿原ですが、季節を変えてまたぜひ訪れてみたいな~・・と・・

今回の会津の旅は、お目当てのお花たちに出会うことができ、またこの季節ならではの美しいお花たちに出会えて、充実した花旅になりました

2時過ぎには駐車場を出て、我が家へ・・奥会津からは渋滞も少なくわりあいに順調に走ることができ、7時過ぎには帰宅できました

奥会津2日目は、湿原のお花を楽しみました~・・その1

この日のお宿「たつみ荘」さんに到着後、まずは荷物を置いて・・お隣の大塩温泉の共同浴場で汗を流します

ちょっと温めの炭酸泉にゆっくりと浸かると、癒されます~・・・・露天風呂には網戸が設置されているので、アブや蚊の心配もなく、ゆっくり入れるのが嬉しい~・・

炭酸の量が半端なくて・・カッパはプチプチ跳ねる炭酸にむせるのが大好き~


温泉から帰ってくると、美味しいお夕食が待っていました~・・
女将さん手作りのお料理と、カッパ作の豚の角煮、インゲンの胡麻和え等で~す・・まずはお疲れビールで乾杯~
ms1 P6010744

この日は嬉しいサプライズ・・カッパの大好物の馬刺しに、なんとレバー刺しが一緒に
女将さんが注文の電話を入れた時にちょうど入荷があったようなのです・・めったに手に入らないそうで、わたしたちもいただくのは今回2回目でした~・・
新鮮なのでこりこりしていて、全く臭みがなく、旨みだけが口中に広がって・・美味し過ぎです~
ms2 P6010746

お酒は「雅山流」純米大吟醸生、このお酒も甘すぎず、辛過ぎず、吟醸香もきつ過ぎず、レバー刺しの邪魔をしないとっても美味しいお酒でした~・・
ms3 P6010747

常連のお客さんを交えての宴会、あっという間に時が過ぎて・・〆のお握りはコシアブラご飯でした~・・
11時過ぎにはお布団へ・・爆睡でした
ms4 P6010748

翌朝は、まずは朝風呂へ・・朝ごはんも美味しくいただいて、いつものように女将さんにお見送りしていただいて、「たつみ荘」さんを後にしました~・・
ms5 P6020753

会津2日目は湿原でお花探索の予定・・駐車場に車を停めて、歩き始めます
湿原の入口までは、森の中をしばらく登っていきます
ms6 DSC_1293

明るい林床では、ウスバサイシンの姿が・・
ms7 DSC_1322

お花もまだ残っていました
ms8 DSC_1324

コブシはちょと遅かったようで、お花に元気がありません
ms9 DSC_1313コブシ

近寄ってみると、それでも何花か、綺麗なお花も見られました・・
ms10 P6020755 (2)コブシ

森の中をひと登りして、少し下ると、湿原の端に飛び出しました~
ms11 DSC_1235 (2)

湿原は端境期の様子・・お花の種類も少なかったのですが、ミズバショウが寂しい湿原をにぎわしてくれていました
ms12 DSC_1248

ms13 DSC_1251

もう少し早かったらきっと一面に白いお花が満開で、綺麗だったでしょうね・・
ms14 DSC_1250

すっかり綿帽子になっているワタスゲの木道を更に湿原の奥に
ms15 DSC_1294

可愛らしい桜のお花はオクチョウジザクラ
ms16 DSC_1245オクチョウジザクラ

以前訪れた時には満開だったのですが、この日はちょっと遅かったようで、花弁がちらほらと舞っていました~・・
ms17 DSC_1247オクチョウジザクラ

湿原のお花を探しながらしばらく歩いて・・眺めの良い場所でコーヒーブレイクを楽しみました
登山者の姿はほとんどなく、湿原は貸し切り?状態
ms18 DSC_1311

1周すると帰りが遅くなるので、適当な所で車に戻ることに
ms19 DSC_1316


この日出会った登山者は、2組3人だけ・・のんびりゆっくり~と湿原の花散歩を楽しむことができました~・・

実はこの湿原では、久しぶりに出会いたいスミレがありました・・

スミレはその2で紹介します

奥会津、再訪しました・・

月が替わって・・6月最初の週末、1、2日(土、日)1泊2日で1ヵ月ぶりの奥会津を再訪しました~・・

今回の奥会津行の目的のお花はサルメンエビネ・・数年前にナツエビネのお花を撮るために入ったお山で、偶然見つけた株です

その後何年か、お花の時期に訪れたのですが、どうしてもベストなタイミングで出会うことができなかったのです

奥会津へは5時間以上かかるので、なるべく早く、5時前にお家を出ます

林道脇のちょっとしたスペースに車を停めて、杉林の急登を登り始めます

ひと登りして、傾斜が少し緩んだ杉林と雑木林の境目辺りをトラバースして、目的のお花を探します


明るく陽が差している一段高くなった場所に、5株ほどでしょうか~・・輝くように美しく開花している株が目に飛び込んできました~・・
mr1 DSC_1101 (3)サルメンエビネ

なかなかベストなタイミングで出会えなかったランですが、今年は盛期のお花に出会うことができたようです
mr2 DSC_1106サルメンエビネ

5株が纏まって咲いているので、豪華なことこの上なし・・うっとりですね~
mr3 DSC_1119サルメンエビネ

5株から少し離れた場所にぽつんと・・ここには1株だけでしたが、綺麗に開花していました
mr4 DSC_1142サルメンエビネ

お花をアップで~・・綺麗に見える角度を探したのですが、なかなか難しいですね~・・
少し斜め気味に・・
mr5 P6010698 (2)サルメンエビネ

正面から~・・フリルのような唇弁が可愛らしい~
mr6 P6010689 (2)サルメンエビネ

今年も出会うことができました~・・撮影中のカッパで~す
mr7 DSC_1110

サルメンエビネはこの2ヶ所だけしか見当たらなかったのですが、まわりにはナツエビネの株がたくさん~・・時期が早かったので、やっと花茎を上げ始めたばかりでした
エビネはちょうど咲き始めたばかり・・今年はお花は少し遅れているようですね・・
mr8 DSC_1129エビネ

mr9 DSC_1130エビネ

ここのエビネはちょっと地味?な色合いですが、よく見るとなかなか趣のある色合いです~・・
唇弁はわすかにピンク色がかっていたのですが、写真では色が出ないようです・・
mr10 DSC_1134 (2)

サルメンエビネのお山を後にして、2ヶ所目は以前渓流釣りでお世話になっていた渓流
渓流沿いの林道を歩きながら、お花探索です
mr11 DSC_1165

ちょうどフジのお花が満開、トチの大木に絡んでいた大株です
mr12 DSC_1190

お花はまさに盛期で花盛り・・園芸種より花穂は短めですが、それでもこれだけまとまって咲くと豪華~・・
mr13 DSC_1191

小さな流れ近くの湿り気のある場所に咲いていたのは、ヒロハテンナンショウ・・色変わり変種のアシウテンナンショウを見ていたので、すぐにヒロハだとわかりました
全草が緑色なので、周りの植物に紛れて目立ちません
mr14 DSC_1180ヒロハテンナンショウ

広くて大きな葉は、特徴的ですね・・
mr15 DSC_1170ヒロハテンナンショウ

もう1株、林道に流れ込む小さな流れの脇、やはりちょっと湿った場所で見ることができました・・ここで見ることができたのは、この2株だけでした~
mr16 DSC_1219ヒロハテンナンショウ

全草緑色、付属体はちょっと白っぽい薄緑色・・こん棒状で先が太くいないのはアシウテンナンショウと同じでした
mr17 DSC_1222ヒロハテンナンショウ

背部からアップ気味に・・仏炎苞から舷部へと続く白い縦縞模様が、浮き上がっていますね
mr18 DSC_1223ヒロハテンナンショウ

杉林の林床では、もう1種、緑色のテンナンショウ属のお花に出会えました・・キタマムシグサだと思うのですが・・
こちらは杉林の林床などで、数株みかけました
mr19 DSC_1181トウゴクマムシグサ? (2)

コウライテンナンショウと区別しないという考え方もあるようですが、舷部が丸くなっていて、白い縦縞が膨らんでいることから、キタマムシグサではないかと思われます・・
mr20 DSC_1182トウゴクマムシグサ?

この渓流沿いの林道では、何種類かの低灌木のお花たちが目を楽しませてくれました
ガクアジサイのような白いお花、オオカメノキ?と思ったけれど、装飾花をよく見ると大き目の4枚の花弁と小さくて目立たない1枚の花弁があることから、ヤブデマリでした
mr21 DSC_1169ヤブデマリ

甘い香りが漂ってきて~・・サワフタギが林道脇の斜面で満開でした・・
mr22 DSC_1201サワフタギ

小さなお花が密生して咲いている様子は、綿雪を被ったようですね~・・
mr23 P6010721 (2)サワフタギ

真っ白なお花はウェディングブーケにしても素敵そう?・・
mr24 DSC_1194 (2)サワフタギ

あちこちで、ちょうど満開だったのは、タニウツギ
mr25 DSC_1197タニウツギ

車を走らせていると、どこでも目についたのですが、この林道脇に咲いているお花は新鮮でとっても綺麗でした・・
mr27 DSC_1200タニウツギ

お花をアップ気味に撮ってみると・・雌しべの先が白くて丸く、ボンボンのようで可愛らしい~・・
mr28 P6010725

足元では目立たないけれど、可愛いお花がいくつか見られました・・サワハコベ
mr29 DSC_1202サワハコベ

黄色のこのお花はヒメヘビイチゴ・・お花は小さく、葯が赤紫色、地面を這うように広がっていました
mr30 DSC_1217ヒメヘビイチゴ

1株だけでしたが、運良く出会えたヒメサユリ・・奥山に入らないとなかなかお目にかかれないのですが、林道脇で出会うことができました
mr31 DSC_1229ヒメサユリ

サーモンピンクのとっても美しいお花でした
mr32 DSC_1230ヒメサユリ

お花を楽しみながらだいぶ林道を登ってきました~・・木陰で軽くランチタイムにして・・元来た道を車に戻りました
mr33 DSC_1206


この日はサルメンエビネに会うのが一番の目的だったのですが、運良くヒメサユリにも出会え、一度会いたいと思っていたヒロハテンナンショウも見つけることができ、満足のお花探索になりました~・・

この日のお泊りも、奥会津での定宿たつみ荘さん・・わたしたちにしてはちょっと早目ですが、5時前にはお宿に到着

この日も女将さんが笑顔で迎えてくれました~・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる