FC2ブログ

「只見ふるさとの雪まつり」と大塩温泉

2月9日から11日までの3連休・・たまには温泉にでかけたいね~・・ということで、数日前に思い立って、大塩温泉のたつみ荘さんに1泊、お泊りしてきました

関東方面は、生憎この3連休の初日9日の土曜日、ぴったりに大寒波で大雪の予報・・それも雪雲は房総方面から北に向かって上がってくる予報

一時は旅行は中止しようかとも思ったのですが、雪雲より早く北に上がってしまえば、そんなに大変なことにはならないかも・・と・・お出かけ決行することに

9日、朝6時過ぎに起きて、外を見るともうすでに雪が降り始めていて、我が家の周りははうっすらと白くなっていました~・・

積もってしまうと出かけるのは大変!!・・降り積もる前に出かけようと、大急ぎで用意し、7時30分過ぎに我が家を出発

千葉から茨城、福島へと高速での移動・・茨城と福島の県境あたりで、ちょっと雪がひどくなったものの、会津に入ると、雪はちらほら舞う程度に

ということで、無事に大塩温泉たつみ荘さんに到着

けっきょく会津ではほとんど降雪はなく、穏やかな1日でした


ゆっくりのんびり~・・共同浴場で温泉三昧~・・久しぶりの炭酸泉で温まりました~
温泉の後は、お待ちかねの夕食と宴会タイムで~す
女将さんと娘さん、お孫ちゃん2人とご一緒させていただいて、楽しい夕食になりました~
rx1 P2097397

ポテトサラダや、フライドチキンはお孫ちゃんたちの大好物・・マグロのお刺身も大好きだそうです~・・
rx2 P2097395

根野菜の炊き合わせと煮豚、菜花の辛子和えはカッパ作で~す
美味しく食べてもらえて、良かった~・・
rx3 P2097396

カッパ、手酌?ではありませんよ・・ピテカン君の分を注いでるんですよ~・・
rx4 P2097394

この日のお酒は、会津若松のお酒屋さんで手に入った「天明」・・ビールは「ヨナヨナエール」と「プレモル 香るエール」
夕食の後は、まっすぐ宴会に突入で~す
rx5 P2097400

〆のお握りがまた美味なのです・・普段はほとんどご飯はいただかないカッパも、ついつい3個も食べてしまいました・・
日にちが変わるころ、宴会終了・・お布団に潜り込むと、すぐに爆睡してしまいました~・・
rx6 PA285890

翌朝・・ゆっくり起きだして、女将さんに用意してもらった朝食を、美味しくいただきました
rx7 P2107403

朝、目覚めた時には、ちらほら舞っていた雪も、朝食が済むころにはすっかり止んで、お陽さまもチラッと顔をだしてくれました
雪がキラキラ輝いていました~・・
rx8 P2107410

朝食後は、朝風呂へ
朝は加温されていないので、湯温は低いのですが、ゆっくりと30分ほども入っていると、じんわりと汗も
温泉はやっぱり良いですよね~・・
rx9 P2107411

共同浴場は、水害の後、立て直して、とても綺麗な建物になりました
rx10 P2107413

温泉から戻ると、女将さんは雪かき中・・雪国の冬は大変だな~・・なんて・・
rx11 P2107414

帰り際、いつものように女将さんとツーショットで~す
rx12 P2107416

この日は帰路、「只見ふるさとの雪まつり」に立ち寄ることに
雪がチラチラ舞う生憎のお天気になってきたのですが、けっこう人出が多く賑わっていました
rx13 P2107427

広い会場です・・大きなかまくらが迎えてくれました
rx14 P2107424

かまくらの前でパチリで~す
rx15 P2107423

雪像は、北海道の「赤煉瓦庁舎」を模したもので、北海道地震の復興応援がテーマになっているということでした
rx16 P2107418

たくさんの出店が出ていてたのですが、その中に十割蕎麦のお店があって・・あんまりお腹が空いてなかったけれど、美味しそうなので、ついつい購入してしまいました~・・
rx17 P2107419

十割けんちん蕎麦で~す・・温まりました~・・
rx18 P2107420

雪像の前の舞台では、いろいろな郷土芸能が演じられていました
rx19 P2107421

こちらは只見町のゆるキャラ、「ぶなりんちゃん」だそうです・・子供たちに大人気
rx20 P2107426

しばらく雪まつり会場で遊んで・・会場を後にして帰路につきます
まだ早い時間だったので、ちょと寄り道・・那須のお菓子屋さん、「鳳鳴館」に立ち寄って美味しいお菓子を購入
rx21 P2107428

最後に道の駅「にのみや」に立ち寄って、お決まりの「とちひめジェラート」ゲットで~す
お面の下は満面の笑み
rx22 P2107429

寒くても美味しいので~す
rx23 P2107430

「鳳鳴館」さんで購入したお菓子・・5種類で~す
rx24 P2107436



あちこち寄り道しながらでしたが、この日は7時過ぎには帰宅できました

急に思い立って出掛けた奥会津ですが、雪景色と温泉と雪まつりを充分に堪能した旅になりました

次回は、スプリングエフェメナル咲く季節にぜひまた訪れたいな~・・

スポンサーサイト

春の妖精は、まだお目覚め前でした~・・

2カ所目に向かった先は、春一番に目覚める春の妖精、スハマソウの自生地・・房総方面ではここのスハマソウがわたしたちの知っている場所では、一番最初に開花してくれます~・・

今年は暖冬だったし、もう咲いているに違いない・・と思いながら、棲息地に近づきますが・・いつもなら白くポチポチっと見えるはずが、何も見えませ~ん

ちょっと早過ぎたようですね・・・・ほとんどの株が芽吹いたばかりのようで、蕾も見当たりません


その中、嬉しいことに1株だけ、超あわてんぼうさんがいてくれました~
陽当たりの良い岩の上に、ちょこんと1花!・・咲いていてくれました
rw1 DSC_6274

少し高くなっている岩の上だったので、なかなか近くで撮れません
rw2 DSC_6287 (2)

なんとかズームして撮ったお花でした
rw3 DSC_6280 (3)

近くで膨らんだ蕾を一つ見つけました
rw4 P2037355

もうすぐ開花しそうなふっくらさんの蕾・・可愛らしいですよね~・・
rw5 P2037363

スハマソウの自生地から少し離れた場所では、自生のコセリバオウレンに出会うことができました
rw6 DSC_6294 (2)

やっぱりちょっと早かったようで、何株か開花株を見ることができたのですが、やっと咲きはじめたばかりでした
rw7 DSC_6296

この場所では、自生なので、全体に小振り・・気を付けて歩かないと、踏んでしまいそう
細心の注意を払って、撮影しました~
rw8 DSC_6312 (2)

ほとんどのお花は雄花・・雄花が一足早く開花するのかな~・・?
rw9 DSC_6314

雄花は純白で清楚な印象ですね
rw10 DSC_6292

お花のアップで~す・・開花したばかりの新鮮で可憐なお花でした~・・
rw11 P2037388

両性花は、開花していたのはこの1株だけでした
rw12 DSC_6311

雄花よりしっかりした印象です
rw13 DSC_6301

よく見ると、花被片の裏側にほんのりとピンク色の筋が・・初めて見た色あい・・とっても可愛らしい~
rw14 P2037378

開花直後のようで、まだうつむき加減のお花・・薄っすらピンク色が表側にも・・?
rw15 P2037390

お花のアップです・・しっかりと雌しべも見えます
rw16 P2037376

夕方ちかくなって、風も出てきて・・ちょっと寒くなってきました
寒々しくなってきた雑木林・・こんな雑木林に自生のコセリバオウレンが咲き始めていました
rw17 DSC_6320


この日は房総の渓から移動して、2カ所でお花探索・・ちょっとフライング気味?ではあったけれど、何とか目的のお花に出会うことができました

暖かな陽気に釣られて?・・ついついのんびりしてしまい、気がつけばもう4時前

車に戻って、大急ぎで帰路につきました・・この日は暖かかったし、この時間では高速の渋滞は避けられません

思っていたよりにスムースに渋滞を抜けて、成田方面へ・・6時過ぎは帰宅できました

房総の渓を歩いて・・

翌2月3日の日曜日は、暖かかった前日より、更に気温が高くなる予報・・この日は房総方面の渓を歩くことに

この渓を訪れるのは2年ぶり・・2年前に出会った植物たちはどうなっているのかと・・訪ねてみることに

その後何ヶ所か、お花も探したいので、朝はなるべく早く、5時起きして、6時過ぎにはお家を出ました

目的地の駐車場には8時30分過ぎに到着・・車内で素早く朝食を済ませて出発することに

朝早い時間なので、渓にはまだお陽さまが届いてなくて・・暖かいつもりだったのにけっこう寒い~・・



渓の入口まで、しばらく林道を歩きます・・途中で見つけた面白い形の果実・・何かな~?
帰宅後調べてツルグミだとわかりました
rv1 DSC_6191ツルグミ

この渓では、多くのセンリョウを目にしました・・マンリョウはあちこちでよく見るのですが、自生のセンリョウにこんなに出会ったのは初めて
rv2 DSC_6193

渓にはお陽さまがまだ届いてなくて~・・寒いけれど、ヒルの心配がないのが嬉しい
rv3 DSC_6198

ベニシュスランの株が渓沿いの岩場に張りつくようにして、棲息していました
rv4 DSC_6199

2年前の夏に素晴らしく美しいお花を見せてくれた大株のナツエビネ・・まだ健在でした
鹿の食害にも会わず、昨年もお花を咲かせたようで、嬉しくなりました
rv5 DSC_6203

何株かまとまって棲息していたナツエビネ、残念なことに、すっかり鹿に葉を食べられていました・・これではお花は咲かないかな~・・
rv6 DSC_6207

ちょっと小高くなった場所では、2年前はたくさんの株が見られたのですが、お花の季節に訪れてみると、鹿に食べられて、ほとんど全滅状態だったのです
ピテカン君が登って、ナツエビネの株を探します
rv7 P2037339

昨年は開花したようでガラが残っていました
rv8 DSC_6211

この株も健在だったようです・・今年も開花してくれると良いのですが・・
rv9 DSC_6212

ここでは、何株か纏まっているようです・・お花の季節に訪れたいけれど、ヒルが・・!!
ちょっと二の足を踏んでしまいます・・
rv10 DSC_6213

渓を覆うように枝を伸ばしていたアオキは、真っ赤な実がたわわに実っていました
rv11 DSC_6209 (2)

しばらく渓を遡ってから、渓を離れて稜線へと登っていきます・・房総の山は、この季節でも常緑樹に覆われて、緑濃く、冬だと思えない眺めです
rv12 DSC_6249

渓から離れて、しばらく登ると、やっと今回の目的の植物に出会うことができました・・モロコシソウです
rv13 DSC_6217

ぜひお花を見たい植物なのですが、夏に、ヒルに追われながらここまで登ってくるのは大変
ということで、ここ何年か、もっと簡単に見られる場所を探していたのですが・・見つからず・・
やっぱりここまで来るしかないかな~・・と・・
rv14 P2037341

ここではたくさんの株に出会うことができます
ここまで登れば、お花に出会えるのは間違いないのですが・・
rv15 DSC_6262

この株が一番りっぱで綺麗な株でした
rv16 DSC_6263

この季節では、白い実を見ることができます
rv17 P2037353

尾根からの眺めです・・房総の山もこうして眺めるとけっこう山深いですよね~・・
rv18 DSC_6235

渓から尾根に出るとお陽さまぽかぽか~・・・・お陽さまに誘われるように、タチツボスミレも開花していました
rv19 DSC_6230

房総では南方系の蔓植物がいくつか見られます・・こちらはカギカズラ、一番多く見られた蔓植物でした
rv20 P2037344

こちらはシタキソウ・・大小様々な株があちこちで見られ、果実を探したのですが、見つかりませんでした~
お花はたくさん付けるのに、なかなか結実しないようですね・・
rv21 DSC_6258

足元に大きなふわふわのケセランパサランが落ちていたのですが・・この種子は、どうやらシタキソウではなく、テイカカズラのようですね・・
rv22 DSC_6242

サカキカズラも尾根筋に繁茂していました・・果実を探してみると、まだ熟していない若い実を見つけることができました
rv24 DSC_6246

熟して種を飛ばし始めた果実を探したのですが、見つかりません・・こちらは種を飛ばした跡の鞘でした
かなり大きなものです
rv25 DSC_6255

種を飛ばしたばかりのようで、足元にはいくつものケセランパサランです・・シタキソウとは種子の形が違いますね
rv26 P2037349

しばらく尾根上を歩き、陽当たりの良い開けた場所で大休止・・テルモスのコーヒーと甘いパンでほっこり~・・で~す
休憩後は、元来た道を戻ります
rv27 DSC_6265

午後の陽を受けて下山です・・渓筋にもお陽さまが届き、一段と暖かくなってきました・・
rv28 DSC_6268


下山はあっという間!・・で・・大失敗してしまいました~・・

実は、朝の渓でサツマイナモリの群生地を見つけたのです・・ちょっと早過ぎて開花していなかったのですが、いくつか蕾をつけていて、カメラを向けたのですが、暗くてピンボケ写真になってしまいました・・

帰路、陽当たりがよくなってから撮るつもりだったのですが、あっという間に下ってしまって、どうやら通り過ぎてしまったようです~・・

ということで、サツマイナモリの写真は撮れませんでした

それでも目的のモロコシソウにも会うことができ、暖かい半日を房総の渓でたっぷりと楽しむことができました

ちょっと遊び過ぎて?・・車に戻ったのはもう2時過ぎ!!・・もう一カ所廻りたい所があり、大急ぎ移動です

茨城で陽だまりハイキング・・

2月2日の土曜日・・特に予定はなかったので、ゆっくりお寝坊の休日の朝です

朝食もゆっくり摂って、お出かけは無しかな~・・と思っていたけれど・・窓の外は、お陽さまぽかぽかで、暖かそう

そういうことなら、ウォーキングを兼ねて、近場にちょっと気になっていた植物探しにでかけようか~・・ということに

出かけた先は、茨城の閑居山です


登山口近くの広くなった道路脇に車を停めて、登山口から登り始めます
閑居山は、古くは志筑山と呼ばれていたのですが、空海(弘法大師)が中腹の洞穴に閑居したといわれていることから、閑居山となったそうです
rx1 DSC_6163

急な石段を登り始めると・・登山道というより、参拝路とでも言いたいようなちょっと不思議な雰囲気
道脇には石像が数体、安置してありました~・・磨崖仏の標識に導かれてしばらく登ります
rx2 DSC_6164

百体磨崖仏の説明書でした
rx3 DSC_6172

見上げると、急な岩場になっています
rx4 DSC_6171

岩肌には小さな観音像がびっしりと刻まれていました・・大変な根気仕事ですよね~・・
rx5 DSC_6170

rx6 DSC_6166 (2)

百体磨崖仏を後にして、更に稜線へと登っていきます・・落ち葉で滑る急斜面の直登です~・・
rx7 DSC_6173

一登りして稜線に出ると、広い遊歩道に出会いました
rx8 DSC_6175

陽当たりの良い遊歩道を更に先へ・・先日降った雪が融けずに残っていました
rx9 DSC_6176

谷津コースとの合流点で小休止・・温かい紅茶で一息つきます
rx10 DSC_6177

予定では元来た道を戻るつもりだったのですが、同じ道を辿るのも面白くないね~・・ということで、予定外ですが、谷津コースを下山することに
rx11 DSC_6178

途中で出会った巨木・・樹の種類はわかりませんが、とにかく大きな木でした・・
rx12 DSC_6181

あっと言う間に、谷津コース入口まで下ってきました
rx13 DSC_6184

途中で出会った植物のロゼット・・オニタビラコ?と思ったけれど、どうやら違うようです・・
rx14 DSC_6186

まだ綺麗な実を付けていた、マンリョウ
rx15 DSC_6187

のどかな風景の中、車に戻ります
rx16 DSC_6188

駐車場所近くには、綺麗に手入れされた雑木林・・観察林のようです
rx17 DSC_6190


ほんの半日程のお散歩でしたが、お陽さまをたっぷり楽しむことができました

ただ残念なことに、探し物の植物は、見つかりませんでした~・・

4時過ぎには帰宅できました

翌日もお花探しに・・

前日のコセリバオウレンに味をしめて?・・翌20日の日曜日も、近場にお花探しに出掛けました

この日の目的のお花はイヌノフグリ・・千葉県内でも見られるということで、何年か目ぼしい場所をさがしたのですが、どうしても見つからず・・

諦めかけていた時にやっと棲息地情報を得て、探し当てた場所・・我が家からは車で30分ほどの場所です


今年は開花しているかな~・・?ちょっと不安な気持ちで棲息地へ
というのも、昨年同時期にこの場所を訪れた時には、少し早かったようで、まだまだ固い蕾だったのです
今年はしっかり開花してくれてました~・・
rw1 DSC_6156

とにかく小さなお花・・お花の径は2ミリほど・・
ちょっと赤茶色っぽく変色している葉に紛れて、なかなか目に付かなかったのですが、目が慣れてくると、ぽつぽつとお花が目に入ってきました
rw2 DSC_6142

ここでは3花まとまって咲いていました
rw3 DSC_6134

rw4 P1277319 (2)

イヌノフグリの茎には伏毛が密生・・比べてオオイヌノフグリの茎の毛は開出毛なので、お花がなくても区別できるようです
rw5 DSC_6146

お花の周りをしっかりとした葉が囲んで・・寒さから守っているようですね
rw6 DSC_6138

お陽さまがないと開花しないお花・・この日は快晴、しっかり開花していました
rw7 DSC_6132 (2)

葉にも毛が見えますが、オオイヌノフグリのトゲトゲした毛に比べると小さい毛です
rw8 DSC_6158 (2)

お花をアップで撮ってみると・・
rw9 P1277311 (2)

花弁は4枚、白とピンク色に染め分けていて、ピンク色の筋が目立つ、とっても可愛いお花です
rw10 P1277323 (2)


この日はお天気は良かったけれど、とっても風が強い日で、地面を這うようにして棲息しているイヌノフグリなのですが、微妙に風に揺れて、アップ写真がなかなか上手く撮れませんでした

↑のアップ写真2枚はなんとかピンボケせずに撮れた写真でした

夢中で撮っていたのですが、だんだんと寒くなってきました~・・

この日は、運動不足解消のため、この後ウォーキングでも・・と考えていたのですが、この強風の中、とても歩く元気はありませ~ん

ということで、お夕食のお買い物をして、まっすぐ帰宅しました~

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる