FC2ブログ

今年初めて出会ったスミレ・・その1

昨年の12月のお初のお花シリーズから、1年近くたったとはとっても思えないのですが・・今年もお初のお花シリーズの時期になってしまいました~・・

昨年に引き続き、南の島にはまってしまったわたしたち、今年はすでに石垣・西表に2回、沖縄1回・・最後に12月の下旬にもう1回石垣・西表の花旅を予定しています・・

その他、四国や関西、北東北と今年もあちこち遠出の花旅に出掛け、合間を縫って、毎年出かけている近場のお花探索にも精を出し・・と忙しい1年でした!・・

今年はカッパの膝の不調で、あんまり高いお山に出かけられなかったので、高山のお花たちとの出会いが少なかったのが、ちょっと心残りですが・・

来年はピテカン君がめでたく退職を迎えるので、テント泊はちょっと無理だけど、小屋泊まりでの登山を楽しみたいな~・・なんて、考えているのですが・・カッパの膝の具合次第でしょうか~・・

お初のお花シリーズ、最初は例年通り、まずはスミレから・・順次紹介していきますね


初回の石垣・西表は、南のスミレに会うのが目的の花旅でした・・なかでも一番の希少種、イシガキスミレに何とか出会いたい~・・と願っていて、自生地を訪れたのですが、時期が遅く、ほとんどの株はお花が終わっていました・・
あちこち探して、やっと1花だけお花を付けた株を見つけた時は、感激でした・・
1 qv1 DSC_6664イシガキスミレ

大岩の陰には大株が数株纏まって棲息していたのですが・・残念ながらお花はすでに終わていて・・
2 qv10 DSC_6633 (2)イシガキスミレ

水しぶきがかかる渓流沿いの岩場に、ひっそりと・・咲き残っていてくれたイシガキスミレです・・
3 qv2 DSC_6658イシガキスミレ

お花のアップです~・・ふっくら優しく丸みを帯びた上弁と側弁に比べて、唇弁がややほっそりしているので、きりっとした印象ですね・・
側弁の基部には毛があるのがわかりますね・・
4 qv5 P3027842イシガキスミレ

横顔も撮ってみました・・
5 qv6 DSC_6650イシガキスミレ

こちらはイリオモテスミレ・・渓流沿いで、わりあいにたくさんの株を見ることができました・・
6 qv11 P3027890イリオモテスミレ

こちらも清楚な白花・・↑のイシガキスミレとよく似た印象のお花ですね・・
7 qv14 DSC_6678イリオモテスミレ

お花のアップです~・・こちらも側弁の基部には毛が見えます・・
8 qv16 DSC_6682イリオモテスミレ (2)

横顔も・・くるんと丸い距が可愛い~・・
9 qv17 DSC_6686イリオモテスミレ

西表で出会えたのはヤエヤマスミレ・・渓流をしばらく遡るとあちこちで・・ちょうど盛期のお花でした・・
10 qv26 DSC_7048ヤエヤマスミレ

南の島ではスミレは涼しい場所を求めて渓流沿いに棲息するようですね・・
11 qv27 DSC_7046ヤエヤマスミレ (2)

お花のアップです・・↑の2種、イシガキ、イリオモテと比べて、上弁も側弁もややほっそりとしているように感じますね・・
12 qv28 DSC_7045 (2)ヤエヤマスミレ

横顔も・・やっぱりシュッとしたスリムな印象かな~・・?
13 qv29 DSC_7062ヤエヤマスミレ

今年は海辺に咲くスミレにも何種類か出会うことができました・・こちらはハマニオイタチツボスミレです・・
別のスミレを探して、浜辺に降りる途中、偶然出会うことができたスミレ・・予想していなかっただけに、嬉しい出会いでした・・
14 pv2 DSC_7740ハマニオイタチツボスミレ

ニオイタチツボスミレも大好きスミレですが、ハマニオイタチツボスミレもとっても素敵なスミレでした!・・
15 pv7 P3238490 (2)ハマニオイタチツボスミレ

やはり浜辺近くの法面で、出会えたのはシチトウスミレ・・ラッキーな出会いでした
最初に予定していた棲息地に辿り着けなかったので、半分あきらめかけていたのですが、ちょっと寄り道してみると、偶然出会うことができました・・
16 pv13 DSC_7775シチトウスミレ

タチツボスミレの海岸型変種で、葉や花がタチツボスミレより大き目で葉に照りがあるのが特徴だそうです・・
17 pv15 DSC_7786 (2)シチトウスミレ

こちらも海岸型でスミレの変種、アツバスミレです・・なんと、車がひっきりなしに走る道路脇のコンクリートの割れ目に咲いていました・・
18 py19 DSC_8001アツバスミレ

葉がにつやがあり、厚くてごわごわ・・お花もぽってりした印象で、いかにも海岸型・・という印象でした・・
19 py18 P3308677 (2)アツバスミレ

オカスミレは珍しくないけれど、こちらは側弁基部に毛のないタイプ・・ケナシオカスミレです・・ご案内いただいて、初めての出会いでした
20 or14 DSC_8369ヒゲナシオカ

お花のアップです~・・よ~く見ても、毛はありません・・
21 or15 DSC_8370ヒゲナシオカ

こちらもやはり側弁基部に毛のないタイプですが、こちらはアカネスミレ・・アカネスミレ無毛タイプと呼ぶそうです・・
22 or16 DSC_8380アカネ無毛

お花をアップで・・お花の深部がなかなか覗けなかったのですが、ルーペで見てもやはり無毛でした・・
23 or17 DSC_8377アカネ無毛 (2)


スミレは交雑も含めて、すでにかなりの種類にであっていて、なかなかお初のスミレに出会う機会がないのですが、今年は南の島や海辺を中心にお初のスミレに出会うことができました・・

その2では、色変わりや、地方や地質による変種や、交雑のスミレを紹介したいと思います
スポンサーサイト



翌日は陽だまりハイキング

紅葉ハイキング終了後、下仁田葱もたっぷり買い込んで、甲府へ移動・・夜はヨッシーさんの上映会に参加しました・・

昨年も参加させていただいて、ぜひ今年も参加したいと思っていました~・・今年も素晴らし映像と音楽に感激!!

特に雪山の映像と、ダイヤモンド富士やパール富士の映像とそれに合わせた音楽が素晴らしく、引き込まれてしまいました~・・


会場は甲府市内のスポーツ用品のお店「エルク」さん
2階スペースでは、ヨッシーさんの写真の展示会も開催されていました・・展示されていたカメラがすごかった
ho1 PB290285

雪山は、寒がりのカッパにはとっても登れそうにないので、憧れます~・・
ho2 PB290286

やっぱり一番の見どころはカッパ的にはこの割れるダイヤモンド富士・・月がすご~く大きく写っているパール富士も素晴らしかったです~・・
ho3 PB290292

天の川・・そういえばもう?十年か前に、野辺山辺りで素晴らしい天の川を見たことがあったな・・なんて思いだしました~・・
ho4 PB290296

和やかに上映会終了後は、ヨッシーさんとうーさん、るたんさんとともに甲府の焼き鳥屋さんへ行きました・・
今まで食した中で一番美味しい焼き鳥でした!・・特にレバーが絶品!!・・ヨッシーさんご馳走さまでした・・

翌朝・・ゆっくり起きだして・・掛け流しの温泉を堪能して・・朝食も美味しくいただいて、ホテルを後にします

さて2日目はどこに行こうか~・・当日まで行先が決まらず・・

最終的には三方分山と釈迦ケ岳で富士山の展望を楽しもうということに・・ところが・・国道から林道に入り、高度を上げていくと、数日前に降った雪が林道にも残っていて、日陰はこちこちに凍っている~・・

三方分山は北斜面の登山になるので、寒そう~・・
ということで・・ちょっと物足りないコースだけれど、早めに帰宅したいこともあり、手前の釈迦ケ岳でお茶を濁す?ことに・・

なんとか林道脇に車を停めて・・登山口にはなんと脚立が~!・・その先の法面には木の梯子
なんとも面白い?登山口でした!・・
ho5 DSC_6729

この日は初冬らしく空気が澄んだ素晴らしい好天・・梯子を伝って法面を登ると、すでに南アルプスの山々が望めました~・・
北岳、間ノ岳、農鳥岳がばっちりです~・・
ho6 DSC_6781 (3)

北岳をズームで・・何年か前、手前の稜線を辿る嶺朋ルートから北岳に登ったことがあり、懐かしく眺めました・・
ho7 DSC_6775 (2)

こちらは塩見岳と赤石岳・・まだ登ったことはないけれど、一度登ってみたいな~・・
ho8 DSC_6771

林道から脚立と梯子をひと登りすると、綺麗に手入れされた杉林の中をしばらく登るのですが・・足元に目を移すと、白い氷の塊?が目に入りました~・・
よ~く見るとなんと氷の花・・今年お初で~す
ho9 DSC_6768

透き通ったガラスのような氷の層が美しい~・・
ho10 DSC_6766 (2)

ぐるっと見回してみると・・あちらにもこちらにも~・・
ho11 DSC_6732

丸い形が独楽のようで可愛らしい~・・
ho12 DSC_6738

こんな面白い形のお花も・・植物はシモバシラではなくヒキオコシの仲間かな~・・?
ho13 DSC_6739

陽当たりの良い南斜面の稜線をのんびりと・・陽だまりハイキングの醍醐味かな・・
ho14 DSC_6745

しばらく登ると、だんだんと雪が多くなってきました・・さらさらの雪なので歩きやすい・・
次第に傾斜も急になってきました・・頂上はもうすぐかな~・・?
ho15 DSC_6748

前方が開けてきて・・
ho16 DSC_6752

登り切って・・釈迦ケ岳頂上で~す
ho17 DSC_6749

頂上では展望を期待したのですが、周囲の樹々が邪魔をして、展望は今一つ・・それでも南アルプス方面は木の間越しになんとか撮ることができました・・
ho18 DSC_6750

富士山は・・「松と富士」でしょうか~・・?もう少し松の木が低ければ良かったのですが・・
ho19 DSC_6757 (2)

展望は諦めて・・ここから下山です
ho20 DSC_6761

下りはあっという間・・車にもどって・・さて、この後はどこに行こうか~・・とりあえず移動です
移動の途中でまだこんなに綺麗な紅葉も見ることができました・・
ho21 DSC_6783 (2)

まだ早い時間だったので、道志方面をぐるっとドライブしながら帰ることにして・・そういえば山中湖近辺でヤドリギが見られる場所があるようなので、探してみることに・・
とはいうものの、山中湖あたり・・というだけで、それ以上の情報はなく・・ちょっと無理かな~・・と思いながら車を走らせていると・・
なんと車道の両側の樹にたわわに?付いているではありませんか
ho22 DSC_6816 (2)

何度も通っている道なのに今まで気が付きませんでした・・
慌てて車を停められる場所を探して車を停めて・・樹々の下に向かいます
ho23 PB300329

大きなヤドリギの株・・ちょっとオレンジ色がかった実がびっしりと
ho24 DSC_6814

こちらは黄色の果実・・葉も緑濃く生き生きしていました・・
ho25 DSC_6811

ho26 DSC_6813

小さめの株がすぐ目の前に
ho27 DSC_6795

こんなアップの写真も撮ることができました~・・
ho28 PB300317

富士山とヤドリギをコラボで撮りたかったのですが、逆光でうまく撮れませんでした・・
ho29 PB300325 (2)


樹々を見上げての撮影で首も痛く?なってきて・・車に戻り、道志方面へ

久々に「道の駅道志」に立ち寄って、「ほたる」のお豆腐や、吉田のうどん、群馬名月のりんごなどを見つけてお買い物です

土曜日ということで、高速道路はスムーズに通過できたのですが、早目だとかえって一般道が混雑

それでも道志からは3時間ほど、6時過ぎには帰宅できました~・・

この日の夕食は、近くのスーパーですき焼き用のお肉とお野菜を買い込んで、さっそく下仁田葱をたっぷり使ったすき焼き・・下仁田葱が美味でした~・・

裏妙義で紅葉狩り

11月最終週・・11月29日に開催されるヨッシーさんの上映会に参加するため、ピテカン君が休暇を取ることに・・上映会は夜開催されるので、せっかくお休みを取ったので、朝ちょっと早めに出掛けて山登りしようか~・・ということに

上映会会場までの移動時間もあるので、余裕をみて、朝は4時起きして5時過ぎにはお家を出ました・・

平日ということで、幹線道路はけっこう車が多く、渋滞も所々に・・思うように走れず、裏妙義への入口、元国民宿舎の建物前の駐車スペースに車を停めたのはすでに9時前・・予定時間を少し過ぎてしまいました・・


この日は今年一番の冷え込みだそうで、陽の差さない駐車場は寒くて~・・!
カッパの苦手な寒い季節になってしまいました~・・
hn1 DSC_6651

道沿いに少し登り、杉林の中の登山道に入ります・・暗い杉林の中の沢沿いの登山道をしばらく辿り、沢を離れて登りになると、次第に前方が明るくなってきました・・
hn2 DSC_6655

杉林を抜けて・・まだかまだかと楽しみにしていたカエデの群落に飛び出しました・・
素晴らしい紅葉のトンネルを潜って先へ進みます・・
hn3 DSC_6666 (2)

鮮やかな黄色に黄葉したカエデの樹も・・
hn4 DSC_6667

カエデの群生は谷沿いの斜面一面にしばらく続きます~・・
斜面を横切って・・トラバース気味に登り下りを繰り返します・・
hn5 DSC_6672 (2)

撮影に夢中のピテカン君で~す
hn6 PB290271

こんな画像を撮っていたようです・・素晴らしい紅葉ですね
hn7 DSC_6658 (2)

ズームして撮ったものですが・・オオモミジの紅葉のようですね・・
hn8 DSC_6673 (2)

紅葉の樹々は谷沿いにしばらく続きます・・この辺り、「もみじ谷」と呼ばれている所以でしょうか~・・
hn9 DSC_6677

あまりの美しさに思わず立ち止まって・・
hn10 DSC_6679 (2)

紅葉の赤が青空に映えて美しい~・・
hn11 PB290274

紅葉の間から遠くに望めるのは妙義山・・
hn12 DSC_6693 (2)

振り返ると・・斜面一面に広がる紅葉~・・
hn13 DSC_6689 (2)

美しすぎですよね~・・まるで絵のよう?・・カッパも絵の中に溶け込んでいるような~・・?
ってちょっと厚かましすぎでしょうか~・・?
hn14 DSC_6694 (3)

しばらく続く「もみじ谷」をたっぷりと楽しみ・・やがてどんどんと稜線に向かって高度を上げていくと、紅葉もすっかり終わって、裸樹が多くなり、足元には色とりどりの落ち葉・・サクサク踏みながら登って行きます
hn15 DSC_6699

しばらく登って・・この日の目的地三方境に到着で~す・・
三方から?風が吹き寒い~・・・・ゆっくり休んでいられません・・写真を撮ってすぐに退散です~・・
hn16 DSC_6704

三方境から数分下ると、谷急岳、三方境、女道との分岐です・・わたしたちは女道へと下って行きます・・
hn17 DSC_6707

しばらくは陽だまりハイキングらしく、お陽さまぽかぽかの稜線歩きが続きます・・
hn18 DSC_6708

しばらく下ると、次第に風が強くなってきました~・・風当たりが弱い陽だまりを見つけてランチタイム
寒い時期は暖かいカップ麺が一番かな~・・温まります~・・
hn19 DSC_6713

ランチ終了・・沢に向かって落ち葉で滑る急斜面を下ります・・
この辺り、メグスリノキがいっぱいで、昨年はまだ真っ赤な紅葉が見られたのですが、今年はほとんど落葉していて、ちょっと寂しい風景でした・・
hn20 DSC_6716

急斜面を下り切って沢に出ました・・ここからは何回か渡渉を繰り返して、しばらく沢沿いに下ります・・
hn21 DSC_6717

沢から離れて稜線に出ると、前方には再び妙義山の姿が・・
hn22 DSC_6723

稜線からは林道に向かって下ります・・しばらく下り、女道入口に到着で~す
hn23 DSC_6725

林道を30分ほどで国民宿舎まで戻ってきました~・・この日の紅葉ハイキング終了で~す
hn24 DSC_6727

紅葉ハイキング終了後は、この日のもう一つの目的地、「道の駅下仁田」へ・・
改装されてすっかり様変わりした道の駅・・駐車場も広く、綺麗になりました~・・
hn25 PB290284

そうなんです~・・カッパの一番の目的は下仁田葱を購入すること・・しっかりと5束購入しました~・・
hn26 PB290283


この日の上映会会場は、山梨県の甲府・・ということで、下仁田葱購入後は甲府に向けて移動です~・・

ハイキングが予定より早めに終了できたので、のんびりと下道を使って移動・・この日のお泊り予定の温泉掛け流しの甲府のホテルにチェックインも済ませて・・

余裕で?・・上映会会場へ

晩秋のブナの森を歩く・・会津2日目

会津2日目の朝・・冬場の共同浴場は8時30分開場なので、朝はゆっくり朝寝坊・・

朝食を美味しくたっぷりいただいて・・とにかくお米が美味しい~・・共同浴場へ・・


大塩温泉の共同浴場前でパチリで~す
hm1 PB170209

浴室の広い窓から朝陽が差して暖かそう~・・冬の温泉の醍醐味ですよね~・・
女湯にはいつもの常連のおばあちゃんの先客さん・・お話しながらゆっくり温まります~・・
hm2 PB170208

前日から降り続いた雨は朝方に一段とひどくなり・・どうなることかと心配したけれど、8時前にはすっかり止んで、青空が広がってきました・・
いつものように女将さんにお見送りいただいて、たつみ荘さんを後にします・・
hm3 PB170210

ブナの森近くの駐車スペースに車を停めて・・ブナの森へ・・入口近くはまだ若いブナが多いようですね・・
敷き詰められたふかふかの落ち葉が美しい~・・
hm4 PB170215

進むに連れてブナの木がだんだん太くなっていました・・
hm5 PB170216

見上げた巨木にはまだ黄葉が残っていて、青空に映えていました・・
hm6 PB170213 (2)

気持ちの良いブナ林が続きます~・・
hm7 PB170217

見晴らしの良い場所に飛び出しました・・向かいのお山の紅葉も、やはり終盤のようですね・・
hm8 PB170218 (2)

すっかり葉を落としたブナを見上げてみると・・なんとたくさんのヤドリギが!!・・葉が残っている時には気が付がなかったようです・・
hm9 PB170230 (2)

一番大きなヤドリギの株・・黄色い実がたわわに実っていました・・
hm10 PB170225 (3)

この斜面のブナには、あちらにもこちらにも・・ヤドリギが見られました・・
hm11 PB170226 (2)

黄色い実が多かったのですが、このヤドリギはオレンジ色の実と黄色い実が混じっていました~・・
hm12 PB170228 (3)

ブナの倒木にはナメコもびっしりと~・・
hm13 PB170237

葉を落としたブナの樹肌が美しいですね~・・
ブナの森で一休み・・癒されます~・・
hm14 PB170241

ゆっくりのんびり~・・サクサクの落ち葉を踏んで・・お散歩は気持ち良いです~・・
hm15 PB170232 (2)

hm16 PB170243

コゴミを取りにここまで来たのかな~・・以前にはこの辺りで「クマ取った」・・の樹もあったような~・・?
hm17 PB170246

りっぱなブナの樹に見送られて下山しま~す・・
hm18 PB170248 (2)

途中で見つけたコシアブラのひこばえ・・そこだけスポットライトを浴びたようにお陽さまに照らされていて、ちょっと面白い写真になりました~・・
hm19 PB170249

お山の紅葉はすでに終盤・・紅葉はだんだんと山を下って、ちょうど里の樹々が紅葉真っ盛りでした・・
hm20 PB170253 (2)



冬型の気圧配置で、初日は会津ではお天気があまり良くなかったのですが、お天気が良かった茨城の海岸で、ゆっくりとお花探索してから向かったので、雨も気にならず、のんびりゆっくりの温泉旅を楽しめました

2日目は打って変わって良いお天気に・・風が冷たくてちょっと寒かったけれど、ブナの森に癒された半日程のお散歩を楽しめました・・

2時頃にはお散歩終了・・ちょっと早目ですが、帰路に付きました・・

会津から我が家まではやっぱり遠くて~・・帰りは6時間ほどもかかってしまい、帰宅は8時前になってしまいましたが・・

茨城の海岸から会津へ・・晩秋ののんびり旅

先週末、11月16、17日は冬型の気圧配置になり日本海側では雨又は雪の予報・・反対に太平洋側では小春日和の良いお天気になるとのこと・・

最初の予定ではお天気が良ければ、会津方面で、2日で別々のお山の晩秋のブナ林を楽しむつもりだったのですが・・初日の16日の土曜日は、茨城の海岸で、海岸のお花たちを楽しみ、お買い物ツアーしながら会津に廻るのんびり旅に変更しました・・

ゆっくりと茨城の海岸でお花探索したいね~・・ということで、のんびり旅にしては早起きして、6時過ぎにお家を出ました・・

宿泊施設の一般車用の駐車場に車を停めたのは、8時前・・車内で軽く朝食を済ませ、海岸線に沿って続いている遊歩道を歩き始めます


この辺りの海岸線は切り立った断崖絶壁と砂浜でできていて、断崖絶壁は荒々しい印象ですが、その絶壁に真っ白なハマギクが群生していました・・
hl1 DSC_6593

岩肌にしっかりと根を張って開花している姿は健気ですね・・
hl2 DSC_6590

波間に海鳥・・ウミウだと思うのですが・・飛び立つ瞬間を捉えることができました・・
hl3 DSC_6594 (2)

遊歩道沿いでも大きなハマギクの株を見ることができました・・
hl4 DSC_6605ハマギク

ちょうど満開の美しいお花たちでした・・
hl5 DSC_6609ハマギク

お陽さまをいっぱいに浴びてお花もうれしそうですね~・・
hl6 DSC_6606ハマギク

今回一番会いたかったお花は、コハマギク・・ちょっと遅かったようですが、何株か綺麗なお花に出会うことができました
hl7 DSC_6585コハマギク

かなり小振りで、ハマギクより華奢な印象です・・遊歩道沿いに、たくさんの株が群生していましたが・・
今年は花付きがあまり良くなかったようで、お花の数は少なかったようです・・
hl8 PB160153コハマギク

開花して日にちがたつと、ピンク色帯びてくるのも可愛らしい~・・
hl9 DSC_6598コハマギク

砂浜に下りてみると・・ウンランのお花も見られましが・・昨年はたくさんのお花が見られたのですが、今年はほんの2~3株だけ、まだお花の季節には早かったのかな~・・?
hl10 DSC_6579 (2)ウンラン

砂浜ではコマツヨイグサの姿も・・
hl11 DSC_6581コマツヨイグサ

遊歩道をぐるっと廻ってお花探索してみました・・秋の里山でよく見られるキッコウハグマは大株はすでに終わっていたのですが、小さな株にお花が残っていました・・
hl12 DSC_6613キッコウハグマ

小さくてもくるくるのお花は可愛らしいですね~・・
hl13 DSC_6636 (2)

こんなに大きな株も・・たくさんのお花はみんなほわんほわんの綿毛に・・
hl14 DSC_6619キッコウハグマ

コウヤボウキも名残のお花だったのですが、くるっと丸まっている花弁が可愛いい~・・
hl15 PB160170 (2)コウヤボウキ

センブリの大きな株もいくつか出会ったのですが、陽当たりの悪い場所だったので、開花していなかったのが残念・・
hl16 DSC_6625センブリ

遊歩道をぐるっと一回りして、砂浜に戻りました・・この海岸でのお花探索はここで終了・・車に戻ります・・
hl32 DSC_6628

1ヶ所目の海岸から移動して・・場所を変えて、もう1ヶ所、別の海岸でお花探索することに・・
別の海岸で・・駐車場に車を入れて・・遊歩道を歩き始めます・・1ヶ所目の海岸で開花したセンブリのお花に出会えなかったので、開花したお花にぜひ会いたくて・・の移動でした・・

遊歩道沿いの法面で小さな開花している株が目にはりました・・刈り払いされていたので、2番芽にお花を咲かせたようです・・
hl19 DSC_6639センブリ

小さくて楚々とした印象のとても素敵なお花でした・・房総方面の海岸段丘で出会ったヒロハセンブリとはまた違った印象のお花でした・・
hl18 PB160180

花弁の裏側がピンク色がかったお花もあって・・横顔を撮ってみました・・透けるような淡いピンク色が綺麗です・・
hl20 PB160184

この海岸でもハマギクが花盛り・・海辺の岩場に咲いていました・・
hl21 DSC_6650

海と断崖をバックにパチリです~・・高所恐怖症のカッパ、これ以上は前に出られませんよ・・
hl22 DSC_6645

のんびりと・・2ヶ所の海岸で、晩秋の海岸型の菊、ハマギクとコハマギクを撮影・・お花散歩を楽しみ、茨城の海岸を後にします
再び高速に・・会津方面に向かうのですが・・
太平洋側は良く晴れて、紅葉もお陽さまに照らされて美しく輝いていたのですが、新潟方面に向かうに従って、次第にお天気が悪くなり・・いくつかトンネルを潜り、会津に近づくにに連れて、小雨がフロントガラスをポツポツと・・
やっぱり、日本海側は雨でした~・・
会津の道の駅でお買い物ツアー・・お買い物の目的は「みしらず柿」・・すっきりとした上品な甘さの柿で、柿はあまり好まないピテカン君が、唯一美味しいと言って食べる柿です・・
その他、リンゴやトマト、餅菓子などを買い込んで、お宿に向かいます・・

会津の紅葉はすでに終盤・・紅葉というよりは枯葉色?という趣でした・・
お宿にまっすぐ行くには早すぎたので、小雨の会津のお山を傘を差して、ちょこっとお散歩することに・・
hl23 PB160194

2週間前には、立ち枯れの木にびっしりと付いていたムキタケも変色して哀れな姿に・・冬近し~・・と感じさせてくれますね・・
hl24 PB160195

ムキタケとは反対に元気が良かったのは、ナラの立ち枯れに出ていたナメコでした・・雨に濡れてぬめぬめと・・まだまだこれからたくさん出そうですね・・
蝕まれていくナラの木が哀れですね・・
hl25 PB160187

雨も次第に本降りになり・・お散歩を終了して、いつもの会津の定宿、大塩温泉の「たつみ荘」さんへ
荷物をお部屋に置いて、まず共同浴場へ・・ゆっくりと温まって、お宿に戻ります・・お宿では美味しいお夕食が待っていました

何はともあれ、お疲れビールで乾杯で~す・・
この日は冷凍していた山取りの鴨を使っての鴨鍋がメイン・・鴨のガラで取ったお出汁がとっても美味~
このお味は女将さんにしか出せないお味なのです~・・
hl26 PB160196

綺麗に捌かれた鴨の正肉をさっとお出汁に潜らせて~・・いただきます・・
hl27 PB160199

お野菜もお豆腐もお出汁が浸みて美味なことこの上なしです・・
hl28 PB160197

この日はカッパもトマトの白バルサミコ酢和えと、サーモンの昆布〆を作ってきました・・けっこう評判良かったですよ・・
hl29 PB160201

お酒は4合瓶が2本に1升瓶が1本、プラス赤ワインとシャンパン・・同宿の常連さんお2人と女将さん、わたしたちの5人で盛り上がりました~・・
hl30 PB160204


夜も更けて・・翌日は本格的にブナ林を歩きたいので、ちょっと早めに?お布団へ・・

翌日の様子は次回に
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる