茨城の海岸で花散歩・・

11月も半ばとなって、見られるお花もだんだんと少なくなり、お花のシーズンも終盤になってきました

先週末は、特に予定を入れてなかったのですが、12日の日曜日、お天気予報では☀マークが並んでいて、絶好の紅葉狩り日和、とのこと・・それならどこかお花散歩に行きたいね~・・

ということで、毎年この時期に、一度は訪れる、茨城方面の海岸のお花に会いに出かけることにしました


まず訪れたのは、毎年訪れている浜辺の公園・・荒々しい断崖絶壁の海岸線がなかなかの眺めです
お天気予報通り、雲一つない青空が広がっていました~・・
ud1 DSC_3323

高潮になれば波をかぶりそうな海岸の岩場に、しっかりと根を張って咲いていたハマギク
ud2 DSC_3290

今年は盛期に訪れることができました・・どの株もたくさんのお花を付けて満開
ud3 DSC_3282

青森から茨城の太平洋側の海岸に咲く菊・・茨城が南限だそうです
ud4 PB127496

大振りで、舌状花の白色と筒状花の黄色のコントラストが鮮やかです
肉厚の葉は、強い日差しにも潮風にも強そうですね
ud5 PB127501 (2)

砂浜のコンクリートの隙間に、健気にまだ咲き残っていたハマボッス
初夏に咲いたお花は、もうすっかり実になっています
ud6 DSC_3296

小さくて可愛らしいお花ですね
ud7 DSC_3294

公園内の遊歩道を進むと、小さなキッコウハグマに出会いました
ud8 DSC_3306

いつもならもう少したくさんの株が見られるのですが、どうも今年は様子が違います~
咲いている株もとっても小さい・・懸命に咲いているお花はそれでもクルクルと可愛らしいのですが・・
ud9 DSC_3305 (2)

遊歩道の両側1メートル程がすっかり刈り払われてしまっています
ノハラアザミも刈られた後の2番花のようですね・・
ud10 DSC_3419

このふわふわの綿毛はセンボンヤリかな~・・
ud11 DSC_3420

この浜辺の公園では、もう1種類、海岸に咲く菊、コハマギクに出会えるのですが、今年は遊歩道周りがすっかり刈り払われていて、ほとんど姿が見当たりません
お花を付けていない小さな株の姿はあったので、消滅してはいないようですが、お花を付けていたのはほんの2~3株・・
そのお花たちも、もう傷んでいて、写真には撮れませんでした

ということで、コハマギクのお花を求めて、別の浜辺に移動しました
この浜は、波の浸食を受けた大岩や断崖絶壁の海岸線が美しく、観光客も多い浜辺です~
ud12 DSC_3352

ほとんど垂直の岩肌いっぱいに咲いていたハマギクの群生
ud13 DSC_3342

こんな岩の隙間にも・・ハマギクはこういった岩場が好きなようですね
ud14 DSC_3348

ツワブキはこの辺りが北限だそうで、南限のハマギクと同時に同じ場所で咲いているのも、面白いですね
ud15 DSC_3346

やっと綺麗に咲いているコハマギクに出会うことができました
手前に咲いている小振りのお花がコハマギク・・奥の大き目のお花はハマギクです
ud16 PB127539

こちらもハマギクとコハマギクのコラボ・・
ud17 DSC_3334 (2)

海岸によく見られるシャリンバイ・・街路樹にも使われていて、よく目にします
ud18 DSC_3351

トベラも白い実を付けていました・・熟すと3裂し、中から粘りのある赤い種が出てくるそうです
ud19 DSC_3381

コハマギクは、例年のような群生はみられなかったのですが、なんとかその姿を目にすることができたので、とりあえず満足
帰路につくことにしたのですが・・まだちょっと物足りな~い・・という気持ちも・・
この日は時間の余裕もあったので、以前からカッパが一度訪れてみたかたった場所に立ち寄ってみることにしました

夏場は海水浴場になる浜辺・・のんびりお散歩でも~・・と海岸線に沿って歩き始めます
ud20 DSC_3422

海岸線に沿って続く叢に何かお花が咲いてないかな~・・探しながら歩いていると、こんなお花が目に止まりました
なんと初見のお花、ウンランでした
ud21 DSC_3374

昨年、房総方面で探したのですが、見つからなかったお花、まさか今回茨城の浜辺で会えるとはおもいませんでした~・・
少し遅かったようで、ほとんどお花は終わっていたのですが、この株はまだ新鮮なお花を付けていました
ud22 DSC_3359

こんなにたくさんのお花を付けた株も
ud23 PB127575

ウンランの黄色のお花を探していると、よく似た黄色のお花が目に付きました・・コマツヨイグサです
ud24 DSC_3377

このお花もちょっと遅かったようですね・・
ud25 PB127516

しばらく歩くと・・なんとコハマギクがこんなに群生している場所がありました~
ud26 DSC_3390

まさかここで、こんなに素晴らしい群生にであえるなんて・・期待してなかっただけに嬉しい出会いでした
ud27 DSC_3383

真っ白なお花の中に、何輪かピンク色のお花が混じっていました
ud28 DSC_3392

まだ開花したばかりのようで、ピンク色も濃く、新鮮で美しいお花でした~
ud29 DSC_3387

コハマギクの群生を十分に楽しんで、更に遊歩道を先に進みます
ud30 DSC_3414

遊歩道沿いにも、何ヶ所かでハマギクの大きな群落が見られました・・見事に満開のお花です
ud31 DSC_3415

コハマギクも点々と見られ、しかもまだまだ新鮮なお花たちでした
ud32 DSC_3409

海をバックに、お陽さまいっぱい浴びて嬉しそうですね~
ud33 DSC_3408

海辺のお花をたっぷりt楽しんで、この辺りで、車に戻ることに
ud34 DSC_3421 (2)



この浜辺では、思わぬ初見のお花との出会いもあり、期待していなかったコハマギクの群生も見つけることができ、思いがけず充実した花散歩になりました

ということで、「久々早めに帰宅できると思っていたのですが、やっぱりいつも通り、目いっぱい遊んでしまいました~・・

高速は、車は多かったものの、まだ渋滞するほどではなく、我が家からさほど遠くないことも幸いして、6時前には帰宅できました
スポンサーサイト

名物に旨い物あり!・・お土産シリーズです~

長野、岐阜、愛知、静岡と、4県を1泊2日で巡った今回の花旅・・慌ただしい花旅ではありましたが、食いしん坊のわたしたち、その土地土地で、目に付いた美味しいものをゲットすることは忘れませんよ~

とはいっても、時間も予備知識もないので、SAや道の駅でのお買い物になってしまいますが・・

お土産シリーズの前に、まずは下田の道の駅内の回転寿司で、下田といえばキンメダイ!・・のキンメダイと地魚のお寿司です
時間が午後2時前と中途半端な時間だったのが幸いして、ほとんど待たずにカウンター席に着くことができました

地魚好きのピテカン君がまずオーダーしたのは、地魚三昧・・サゴシ、メダイに鰤の三種類の地魚の握りでした
uc1 PB057474

下田といえば、キンメダイ!・・ということで、カッパはキンメ三昧
キンメのお刺身、西京漬け、燻製の3種握りでした
uc2 PB057475

駿河湾二種盛りは、生サクラエビと生シラスの軍艦・・生サクラエビは超美味でした
生サクラエビは冷凍のを、お土産に買うのですが、やはりお味が違いますね
uc3 PB057476

他にはお勧めの地魚シリーズの中から、アオダイとメジナをオーダー・・アオダイは初めてだったのですが、なかなか美味しいお魚でした
uc4 PB057477

生ものつながりで・・東名のSAで購入したお刺身サクラエビ・・生のサクラエビの冷凍はなかなか手に入らないのですが、このSAでは、比較的安価で購入できます
生ワサビは、天城の道の駅で500円でつかみ取りでゲットしたもので~す・・ちょっとしたコツを教えていただいたので、けっこうたくさんゲットできました
uc5 DSC_1574

リンゴは長野のSAで購入・・この時期一番旬のリンゴ、シナノスィートです
柿は、愛知県のお山へと、一面の柿畑の間を通って向かっている途中に、無人の即売所が目に付いたので、車を停めて購入したものです
とってもお安かったので、味は期待できないかな~・・と思っていたのですが、これがとっても甘くて美味しくてびっくり
種類は次郎柿だそうです
uc6 PB097487

どういうわけか、岐阜のSAで販売していた伊勢の「赤福餅」・・いつも変わらない美味しいお味でした
uc7 PB057479

天城の道の駅で、出張販売していた桜葉餅・・いつも松崎町で購入するお店ではないのですが、お試しに購入してみることに
周りのお餅が道明寺のお餅だったので、又違った味わいで、楽しめました
uc8 PB057480

岐阜のSAでは、この時期ならではの栗きんとんを購入
uc9 PB087484

栗きんとんと一緒に買った「くり壱」という栗のお菓子と、愛知の梅ゼリー・・梅ゼリーは、可愛らしさに思わず買ってしまいました~
uc10 PB097492

「くり壱」は、栗きんとんの周りを羊羹で巻いた、やはり季節限定のお菓子でした
シンプルな栗きんとんも好きですが、羊羹の甘みも加わってとっても美味でした
uc11 PB107494


欲張ってあれもこれもと購入してしまい・・帰宅後、賞味期限順にいただいていくのが大変でした~

柿とリンゴはまだ残ってます~・・

ダイエットしたいカッパですが・・当分痩せられそうにありません~

ちょっと遠出の花旅でした~・・その4

今回の花旅、けっこうハードなスケジュールのため、翌朝は、やっと明るくなってきた朝6時前に、お宿を出発

というのは、2日目は、急遽予定変更して、静岡の下田方面で、ソナレセンブリの自生地を訪れることにしたため、愛知から静岡の下田への大移動になってしまったからなのです

当初の予定では、1日目に廻った3カ所目を2日目に、半日かけてゆっくり花散歩し、まっすぐ帰宅するするつもりだったのですが・・

欲張りなわたしたち、センブリ4姉妹を1回の花旅で廻ってしまおうということに・・


一晩お世話になった「東栄健康の館」・・明るくなり始めたころに出発です
ub0 PB057424


愛知から静岡の下田まで大移動・・途中のSAや道の駅でお買い物しながらのロングドライブだったので、目的地まではかなりの時間がかかってしまいました~・・
何はともあれ、目的のお花を目指します
陽当たりの良い、一番のお花ポイントには先客さんがいたので、遠慮して、日影になってしまっている別のポイントへ

この自生地には、2年ぶりに訪れたのですが、株数が激減しているのにびっくりです・・以前は見事な大株が何株か、美しいお花を咲かせていたのですが、全く見当たりません
残っていたのは小さな株ばかりでした・・
それでも、なんとか半開しているお花を何輪か目にすることができたのですが・・
ub1 DSC_3190

少し遅かったので、ほとんどのお花は終わっているようです
ub2 DSC_3194

日陰のこの場所では、このお花が一番綺麗に開花していました・・少し前までお陽さまが当たっていたようですね
ub3 DSC_3222

しばらくして、陽当たりの良いお花ポイントへ移動・・やはりここでもお花はほとんど終わっていました
ub5 DSC_3242

ub7 DSC_3239

やっと開花しているお花に会えました
ub8 DSC_3217

もう少したくさん開花しているかと思ったのですが、開花しているお花は、ポツリポツリと数輪でした
ub9 DSC_3216 (2)

ub10 DSC_3229

お花のアップです~・・
鮮度は落ちていても、美しお花です・・
ub11 DSC_3209 (2)

透き通る陶器のような質感と、白地にさっと・・刷毛で刷いたような紫色の筋が素敵です~
ub12 PB057438 (2)

もう一カ所、別の自生地を訪れたのですが、以前はたくさんの株が綺麗なお花を咲かせていたのですが、今回はほとんど見当たりません
貧弱な小さな株を2株ほど、やっと見つけることができただけでした・・

別の場所では、イソギクが開けた岩場を覆っていました
ub13 DSC_3250

そこでは、こんな素敵な景色が広がっていました
ub14 DSC_3251

イソギクはちょうど咲き始めたばかり・・これからどんどん華やかになりそうですね
ub15 DSC_3247

開花したばかりの新鮮なお花です
ub16 PB057451

ここは私たちのお気に入りの場所・・こうしているとほっこりと気持ちがやすらぎます~
ub17 DSC_3252

海岸の岩場にはこんなお花も咲いていました~・・アゼトウナです
ub18 PB057454

今年はちょうど盛期のお花に会えました
ub19 DSC_3257

タイトゴメもびっしりと岩場をおおっていました
ub20 DSC_3262

このお花は、ノコンギクの海岸型、ハマコンギクでしょうか~・・
ub21 DSC_3254

このお花はヒヨドリバナでしょうか~・・
ub22-2 DSC_3264

ツルソバの大きな株・・ツルを長く伸ばして元気よく、真っ白なお花をたくさん付けていました
ub23 DSC_3267

お花をアップで撮ってみると・・なかなか可愛らしいお花ですね
ub24 PB057470

ツワブキの黄色も鮮やかです~・・
ub25 DSC_3273


最後に、ソナレセンブリをはじめ、海岸に咲くお花たちを楽しんで、長野から岐阜、愛知、静岡と大移動の花旅は終了

センブリ4姉妹探しの旅も・・完結しました

それにしても、よく移動したものです~・・・・お花探索している時間より、車に乗っている時間のほうが長かったかも~・・

この日は昼食を取るのも忘れてお花探索・・車に戻ったのはもう2時前で、お腹ペコペコ~
下田の道の駅で回転寿司のお昼にすることにして、急いで車を出しました

ちょっと遊び過ぎ?て・・帰路の高速の渋滞は半端なく、40キロ以上のノロノロ~・・

お家にはなんとか10時過ぎに辿り着きました・・


ちょっと遠出の花旅でした~・・その3

3カ所目で訪れたお山では、ムラサキセンブリの他にもたくさんのお花たちに出会うことができました


最初に出会ったお花は、エンシュウハグマ・・もう遅いと思っていたので、お花は期待していなかったのですが、、遊歩道沿いにたくさんの名残のお花を見ることができました
va1 DSC_3099

開花して時間がたっているので、お花のピンク色はかなり色褪せているのですが、クルクルの風車のお花は可愛らしいですね
va2 DSC_3104

お花のアップで~す・・まだほんのりとピンク色が残っていました
va3 DSC_3101

たくさんの風車がくるくる回っていて、素敵です~
va4 DSC_3105

このお山ではたくさんのリンドウのお花も見られました・・夕方になってきて、綺麗に開花しているお花が少なかったのが残念
va5 DSC_3125

蛇紋岩地性の植物、ヤナギノギクもまだ名残のお花を見せてくれました
va6 DSC_3162

ヤナギノギクは、ヤマジノギクの蛇紋岩地性変種だそうで、葉も花も全て貧弱な印象です
va7 DSC_3145

舌状花も小さくて花弁も細く、華奢な印象ですね
va8 PB047399

所々で白花のリュウノウギクの姿も見られました
va9 DSC_3143

夕暮れ間近の山並みと集落・・のどかですね~・・
va10 DSC_3155

ヤマラッキョウはちょうど花盛りでした
va11 DSC_3165

午前中に見たキイイトラッキョウとは、お花の付き方も色合いもかなり違いますね
va12 PB047406

珍しい白花も・・ピンク色のお花とコラボで咲いていました
va13 DSC_3158

白花も、咲きだしたばかりの新鮮なお花でした
va14 DSC_3161

横顔のアップです~・・黄色の葯がよくわかりますね
ちなみにピンク色のお花の葯はオレンジ色だそうですが、ここではよくわかりませんでした
va14 PB047410

こんなお花も見つけてしまいました~・・オケラのドライフラワーです
va15 DSC_3170

もう遅いかな~・・と思ったのですが、このお花に会いたくて、下山は別ルートを辿りました
va16 DSC_3184

マツムシソウの変種で、やはり蛇紋岩地性のミカワマツムシソウです
va17 DSC_3174

お花は全体に小振りで、舌状花は3~5個と少なく、かなり地味な印象のマツムシソウです
va18 PB047416

このお花は舌状花が無いタイプのお花のようですね
va19 PB047420

蛇紋岩地のこのお山では、やはり他の植物の生育が抑えられているようで、荒地っぽいのですが、実は珍しいお花の宝庫
近くにこんなお山があるなんて、花友さんがうらやましいな~・・
va20 DSC_3182


ここでは、もうお花は遅いと思っていた、たくさんの名残のお花にも出会うことができました・・
今回のお花探索では、秋のお花は意外に花期が長いことに驚かされました

さて、夕暮れ迫る時間になってきました~・・大急ぎでお宿に向かいます

この日のお泊まりは、急遽予約を入れた、東栄温泉の「健康の館」・・公営の施設なので、お値段リーズナブルで、隣にある温泉施設も無料で利用できます

2年前にも利用させていただいて、今回は2回目・・お宿に着いたのはもう6時過ぎでした~

ちょっと遠出の花旅でした~・・その2

車中で簡単に昼食を済ませ、3カ所目のお花探索目的地へ・・やはり大移動になってしまいました~・・

車を駐車場に停めて、歩き始めようとしたちょうどその時、お花観察を終えて下山してきた女子たちの話し声・・下山してきたのは、なんとこの地方にお住まいの花友さん

2年ぶりに訪れたこのお山で、2年ぶりの再会・・しかもぴったりのタイミングだったので、お互いびっくり

しばし歓談の後、花友さんに、1カ所漠然としかわからなかったお花の棲息地に案内していただけることに

嬉しくラッキーな出会い・・花友さんに感謝です

ここでの目的のお花たちはセンブリ3姉妹・・翌日時間が許せば、4人目に会いに静岡方面へ行くつもりにしていて、会えればセンブリ4姉妹揃い踏み?・・という魂胆なのでした~・・


花友さんに棲息地を案内していただいたお花は、このイヌセンブリでした
目星は付けていたものの、詳しい棲息地がわからず、時間切れで会えない可能性もあったのですが、花友さんのお陰で苦労無しで出会うことができました
uu1 DSC_3066 (2)

お陰さまで、間近で写真に収めることができました~
uu2 DSC_3081

イヌセンブリ・・役に立たないセンブリ?・・名前は可哀想ですが、この地のイヌセンブリはなかなか綺麗なお花でした
uu3 DSC_3071

お花のアップで~す・・花弁に入っている青紫色の筋が濃くて綺麗ですね
uu4 DSC_3071 (2)

細いヒゲのようなもじゃもじゃが目立ちますね
uu5 PB047356

ちょっと移動して、別の場所で出会ったのはセンブリ
uu6 DSC_3107

ひょろひょろした株だったうえに、風に揺れてなかなか上手くカメラに収まってくれなかったのですが、何とか撮れたアップです
uu7 DSC_3110

3種類めのセンブリはムラサキセンブリ
uu8 DSC_3123

富士山麓の草原でも出会ったお花ですが、こんなにたくさんのお花たちに出会ったのは初めて
uu9 DSC_3134

遊歩道をどこまで進んでも、途切れることなく楽しませてくれました
uu10 DSC_3132

uu11 DSC_3121

集落を見下ろす高台で、傾き始めたお陽さまを浴びて咲いている姿は素敵ですね
uu12 DSC_3128 (2)

uu13 DSC_3126

カッパも集中して?・・アップ写真に挑戦中
uu14 DSC_3131

たくさんのお花を付けたこの株は、草丈40センチほどの大きな株でした
uu15 DSC_3115

まだまだ蕾もたくさん・・新鮮で美しいお花ですね
uu16 DSC_3124

この株は満開・・たくさんの開花したお花を付けていました
ちょうど良いタイミングで訪れることができたようです
uu17 PB047395

お花のアップです・・お陽さまを受けて、輝いていますね
uu18 DSC_3118

薄紫色の花弁に少し濃いめ紫色の筋が美しい~・・カッパの大好きお花です
uu19 PB047398

下山途中、最後に出会ったこの株は、ほとんど白花といっていいかな~・・このお花も美人さんでした
uu20 DSC_3180


たくさんのムラサキセンブリのお花たちと出会い、時間を忘れて楽しんでいるうちに、お陽さまはどんどん西に傾き、辺りには夕方の気配が濃くなってきました~・・

11月のこの時期は5時過ぎには暗くなってしまいます・・
大急ぎで下山して、車に戻りました

3カ所目では、短時間でセンブリ3姉妹に出会うことができ、大満足のお花散策でした
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる