FC2ブログ

最後のお泊りは会津の定宿、たつみ荘さんです~

辰ヶ湯旅館さん2日目の朝は、朝風呂ものんびりと・・朝食もゆっくりいただいて、8時過ぎにお宿を出発

この日は会津までゆっくりのんびりと移動の予定だったのですが・・実は前日の月山登山で探していたもう1種類のランがどうしても見つからず、心残りに~

月山までは我が家からは遠くて、今回を逃したら次回はいつ訪れることができるかわからない~・・ということで、この日もう一度、北側から前日反対側から下ってきた地点までの登山道を歩いて、ラン探ししてみることに


月山八合目駐車場に車を停めて、弥陀ヶ原から登山道を歩き始めます
木道のダラダラ登りの登山道をのんびりと・・観光客に混じって散策気分?で登り始めます
zd1 DSC_1947

しばらく登ると、風も出てきて・・お花畑はハクサンシャジンやハクサンイチゲ、ハクサンフウロといったお花たちに彩られているのですが、霧と風でゆっくりと写真を撮るのもためらわれて~・・
大急ぎでシャッターを押して、先に進みます~
zd2 DSC_1976

仏生池小屋に着きました~・・風を避けて小休止
zd3 DSC_1993

とりあえず前日引き返した地点まで、ランを探しながら進むのですが~・・
とうとう探し物は見つかりませんでした~・・
zd4 DSC_1985

八合目の駐車場まで戻ったのは、もう3時過ぎ・・大急ぎで会津へ移動です~
zd5 DSC_1999

会津到着は夜8時30分過ぎ・・大塩温泉の共同浴場は夜9時までなので、何はともあれ大急ぎ、温泉に飛び込んで汗を流します
お夕食を待ってくれていた女将さんに感謝です~・・遅くなってしまいましたが、女将さん手作りの美味しいお夕食にありつけました
zd6 P8034405

実は2週間ほど前、旦那さんが入院、今回のお泊りは、旦那さんのお見舞いと女将さん激励のお泊りだったのですが・・
女将さんに様子を伺いながら、一緒にお酒盛りです~
zd7 P8034406

今回のお酒は、山形で購入した「雪の茅舎」純米吟醸でした~・・さっぱりした嫌みの無いお酒で、す~っと胃に収まるお酒でした
zd8 P8034407

翌朝の只見川をお宿の窓から
zd9 DSC_2000

翌朝は一番風呂へ
zd10 P8044411

zd11 P8044412

今年何回目のお泊りかな~・・?たつみ荘さんはお宿というより、お友達のお家のようにくつろげて、落ち着けるお宿なのです
zd12 P8044414

朝風呂の後は美味しい朝食をいただいて、この日は入院中の旦那さんをお見舞いに行く予定です・・
zd13 P8044416

旦那さんをお見舞いした後、せっかく会津若松に来たのだから、お土産を買って帰りたいね~・・と・・ネットで美味しそうな和菓子屋さんを見つけて、訪れてみました
「白虎堂」さん・・お大福が美味しいお店ということでした・・
zd14 P8044420

どれにしようかな~・・いろいろ迷っているカッパです~・・
zd15 P8044418

お大福は保存料などの添加物を一切使ってないということで、賞味期限が当日限り・・そんなにたくさんはいただけないので、塩大福と豆大福を2個ずつ購入
その美味しさにびっくり!!・・もっと買っておけば良かった~・・
一緒に撮ったのは、山形のメロンと、柳津温泉の小池屋菓子舗さんの粟饅頭です
zd16 P8044424

長く楽しめるように、白虎堂さんで日持ちのするお菓子も一緒に購入してみました
zd17 P8044425

季節限定のお菓子、いちじくの水羊羹・・冷たくしていただくととっても美味でした~
zd18 P8054470


のんびりとお買い物ツアーなどしながら、夏休み最終日は終了・・午後4時過ぎには1週間ぶりの我が家に帰宅しました

入院していたたつみ荘の旦那さん、私たちがお見舞いした4日後に無事退院・・良かったですね
女将さんもほっとされたことでしょう~・・

スポンサーサイト

辰ヶ湯温泉、辰ヶ湯旅館さん

今回は2泊お世話になりました~・・

今回1年ぶりに訪れたのですが、やっぱり故郷に帰ったように、ほっこりとした和やかな気持ちになりました

最初は大女将であるお義母さんと、今の女将さんと2人で切り盛りしていたお宿ですが、今は、女将さんとお嫁さんの2人で切り盛りされています

いつもにこにこ変わらない笑顔で迎えて下さる女将さんと、一生懸命なお嫁さん・・以前も居心地の良い落ち着くお宿でしたが、お孫ちゃんたちも一緒に迎えてくれる、明るくて素敵なお宿でした


県道から細い林道を少し入った奥まった場所に、ひっそりと・・昔のままの佇まいの温泉旅館さんです
zc1 P8014317

廊下も階段もお掃除が行き届いた、気持ちの良いお宿・・まずはゆっくりと温泉を楽しみます
zc2 P8034392

ほんのりと硫黄の匂いがする、透明なお湯は、お肌にしっとりと・・やさしい肌触りです~
zc3 P8014319

湯口からはかけ流しの温泉が溢れています・・
zc4 P8014322

お部屋は新館2階のお部屋・・初めて泊まった時からずっと変わらず、このお部屋を用意していただいています
zc5 P8034393

zc6 DSC_1942

お風呂の後は楽しみなお夕食
女将さんとお嫁さん、2人の手作りのご馳走がテーブルいっぱいに並んでいます
zc7 P8014323

お刺身やお蕎麦は冷え冷えを運んでいただきました~
zc8 P8014329

お魚が多いので、ワインは辛口の白を用意・・今回は、道の駅「鳥海 ふらっと」で購入した、月山ワイン、「ソレイユ・ルバン・ヴェルデレー」
ヴェルデレー種のブドウを使って醸造したワインだそうです・・これがピリッとした辛口で、香も良くその美味しさにびっくり
もう1本買っておけばよかったと・・後悔しても後の祭りでした~・・
zc9 P8014326

こちらは2日目のお夕食・・1日目とはがらりと変わっていて、飽きさせない心使いが嬉しいです
zc10 P8024385

山形牛のローストビーフはとっても美味でした
zc11 P8024383

冷たいお素麺はお腹いっぱいでもさらりと入ってしまいます
zc13 P8024386

お味噌汁は庄内の郷土料理だそうで、具が鯨の皮とナス・・暑い時に元気が出るお味でした
zc14 P8024387

以前は食事室は座卓に座布団だったのですが、今回はテーブルと椅子になっていました・・膝の悪い私たちには嬉しい~
zc15 P8034389

2日目の朝・・朝風呂をゆっくりのんびりと楽しんだ後は、お宿の朝食をいただきました・・辰ヶ湯さんは、お夕食も美味しいけれど、朝食も楽しみなのです
zc16 P8034391

どっしりとした旧家の趣のあるお宿です
zc17 DSC_1943

可愛らしいお孫ちゃんと、女将さん、お嫁さんと総動員でお見送りしていただきました~・・
zc18 DSC_1945


この歳になると、全く初めてのお宿よりも、懇意にして何回も訪れるお宿が落ち着けて良いですね~・・

辰ヶ湯旅館さんでは、ほんとうにリラックスさせていただきました・・

何回もお泊りしたいお宿ですが、ちょっと我が家からは遠いかな~・・

月山で出会ったお花たち・・その2

実は今回の月山登山、目的のランが2種類ありました

1種類は何とか見つけることができたのですが、すでに時期が遅すぎて、お花は茶色く萎れていました~・・

もう1種類のランも、この日はとうとう見つけられませんでした~・・

1で紹介したお花以外にもたくさんのお花に出会えました・・ほとんどは飯豊山で出会ったお花と重複するのですが・・飽きずに見ていただけれ嬉しいのですが・・


地味だけど、よく見ると素敵なお花、モミジカラマツです
zb1 DSC_1994

マルバシモツケ、ポンポンのように丸くなって咲いているのが可愛いですね
zb2 DSC_1973

ミヤマアキノキリンソウはちょうど盛期のようです
zb3 DSC_1844

月山でもヤマハハコの群落があちこちで見られました
zb3 DSC_1875

zb4 DSC_1846

キバナノコマノツメがまだ見られたのは嬉しい出会いでした
zb5 DSC_1849

もう1種類スミレに出会えました・・ニョイスミレの高山型、ミヤマツボスミレです~・・
zb6 DSC_1930

この時期にスミレに出会えるのは嬉しい驚きでした
zb7 DSC_1857

ベニバナイチゴの紅色のお花は目立ちますね
zb8 DSC_1854

足元で目立たず咲いていたこのお花は、ヒメクワガタ
zb9 DSC_1859

ミヤマクワガタやテングクワガタといった他のクワガタソウ属のお花と違って、2本の雄しべが花冠の外に飛び出さないのが特徴のようです
葉や葉柄にまばらな毛が見えますね~・・
zb10 DSC_1861

黄色やピンク色のお花が彩る草原で地味に風にゆれていたのは、ハクセンナズナ
zb11 DSC_1869

北海道でお花を見て以来、何年かぶりの嬉しい再会です
zb12 DSC_1868

お花はほとんど終わっていて、穂の先のほうにちょっぴり残っているだけで、下部は実が膨らんでいました
zb13 DSC_1873

キオンもちょっとアップ気味に?撮ってみました
zb14 DSC_1870

頂上近くのお花畑で一番多く見られたのは、ハクサンシャジンです
zb15 DSC_1889

ほとんど白に近いお花や、青紫色の濃いお花、ほんのり優しい紫色のお花と、色とりどりのハクサンシャジンの見事な群落があちこちで見られました
zb16 DSC_1911

このお花はラベンダー色とでも表現したいような色あいですね
zb17 DSC_1878

東北地方南部の山ではハクサンイチゲとエゾノハクサンイチゲが混生しているすそうです・・どうやらこのお花はエゾノハクサンイチゲのようでした
雪渓が融けたばかりのお花畑で、群生していました
zb18 DSC_1895

こちらは、草丈も低く、1株に1花しかお花が付いていないので、ずいぶん花付きの悪いハクサンイチゲだな~・・と思っていたのですが、帰宅後調べてい見ると、エゾノハクサンイチゲと同種とされているイチリンハクサンイチゲだとわかりました
zb19 DSC_1817

今年はコバイケイソウの当たり年だそうです・・お昼のお弁当をいただきながら眺めたコバイケイソウの群落です
zb20 DSC_1893

とっても花付きが良いですね
zb21 DSC_1894

ミヤマキンポウゲの一群です
zb22 DSC_1914

ハクサンフウロも花盛りでした
zb23 DSC_1910

お花のアップです~・・新鮮で美しいお花ですね
zb24 P8024369

頂上から行者返しまでのお花畑で見られたトウヤクリンドウ
zb25 DSC_1902

霧に覆われていたので、開花していなかったのが残念
zb26 DSC_1907

エゾシオガマも何ヶ所で出会えました
zb26 DSC_1908

月山での目的のランの一つ、ガッサンチドリです・・始めに見つけた株は小さな株でした・・
zb28 DSC_1797

よ~く探して・・ちょっと大き目の株、2株を見つけたのですが、残念、すでにお花は終わっていました
zb29 DSC_1802

zb30 P8024349

お花のアップです~・・すっかり子房が膨らんで、お花は茶色く萎れていました
zb31 P8024354



目的のラン、ガッサンチドリは萎れていて・・もう1種はとうとう探し出せず・・ちょっと残念でしたが、可愛らしいヒナザクラや、久しぶりに会えたハクセンナズナ、その他たくさんのお花たちに出会えて、花の山月山を楽しむことができました

特に頂上一帯のお花畑は、ハクサンシャジンやハクサンフウロの紫色やピンク色、キオンやミヤマアキノキリンソウの黄色、ヤマハハコヤやハクサンイチゲの白と色とりどり・・素晴らしい眺めでした~

晴れていたら素晴らしかったでしょうね・・お天気がちょっと残念だったのですが・・

月山で出会ったお花たち・・その1

月山でもたくさんの素晴らしく美しいお花たちに出会うことができました

2回に分けて紹介します


月山でぜひ出会いたかったお花は、ヒナザクラ
姥ヶ岳への登りのお花畑からちらほらと姿を見せてくれたのですが、雪渓が融けたばかりのお花畑では、こんなにたくさんのお花を見ることができました
za1 DSC_1912

ちょうど咲き始めたばかりの新鮮なお花たちでした
za2 DSC_1738

ヒナザクラは、秋田駒ケ岳や鳥海山でも出会っていたのですが、月山のヒナザクラは特に草丈も低く、小振りで愛らしいお花でした
za3 DSC_1743 (2)

za4 DSC_1896

お花をアップ気味に・・
za5 P8024334

チングルマも花盛りでした
za6 DSC_1741

横並びのお花たちが可愛いですね
za7 DSC_1836

ここでもアカモノに出会えました
za8 DSC_1838

アオノツガザクラはちょっと遅かったようですが、何とかお花を見ることができました
za9 DSC_1850

ピンク色のお花が目立つのはコイワカガミ
za10 DSC_1829

イワイチョウも雪渓が融けたばかりのお花畑では、常連のお花ですね
za11 DSC_1833

za12 DSC_1834

今回は思いがけずキンコウカの素晴らしい群落に出会うことができました
za13 DSC_1774

お花をアップ気味に・・ちょうど盛期のお花ですね
za14 P8024342

飯豊山で出会ったイイデリンドウの母種のミヤマリンドウは、歩き始めてすぐに出会うことができました
za15 DSC_1905

登るに従って、新鮮なお花を見ることができました
za16 DSC_1768

za17 DSC_1763

お花のアップで~す・・花冠副片が平開しているのがよくわかりますね
za18 DSC_1784

シロバナトウウチソウの群生が見られました
za19 DSC_1939

シロバナトウウチソウのお花は上から下に咲くそうですが、タカネトウウチソウは、下から上に咲いていくそうです
za20 DSC_1938

月山で多く見られたセリ科の植物は、ハクサンボウフウ・・北海道ではハクサンボウフウの根がヒグマの大好物だそうですが、月山ではツキノワグマが食べるのかな~・・
za21 DSC_1755

ハクサンシャクナゲもまだ咲き残っていました
za22 DSC_1779

ウサギギクの黄色いお花はどこにいても目立ちますね
za23 DSC_1839

岩場に張りつくようにして咲いていた、ミヤマウスユキソウ・・ちょっと遅かったようですね
za24 DSC_1782

トゲトゲが痛そうなこのアザミは、ナンブタカネアザミ
za25 DSC_1758

それにしても、恐ろしくトゲトゲに切りこんだ葉ですよね~・・
za26 DSC_1825

キアゲハが吸蜜に訪れていました~
za28 P8024359

ナンブタカネアザミ以外のアザミでは、このウゴアザミが広く群生していました
za29 DSC_1814

za30 DSC_1785

お花をアップで撮ってみると、・・総苞部分のクモ毛がよくわかりますね
za31 DSC_1822

このお花は?・・もうお花は終わっているようですが、クロトウヒレンで良いのかな~・・?
za32 DSC_1843

トモエシオガマも何ヶ所かで群生していました
za33 DSC_1794

林床で見られたのは、ミヤマダイモンジソウです
za34 DSC_1801

タテヤマウツボグサもちょうど満開の時期でした
za35 P8024355

珍しい白花のタテヤマウツボグサにも出会うことができました
za36 P8024346

za37 DSC_1813


まだまだたくさんのお花に出会えた月山です~・・

残りのお花たちは、その2で紹介したいと思います

月山登山

夏休みの4泊目と5泊目は、辰ヶ湯温泉の辰ヶ湯旅館さんに連泊です

辰ヶ湯旅館さんは、渓流釣りに夢中になっていた頃に、年2回、ゴールデンウイークと秋の連休の時期に必ず訪れていた温泉なのです

昨年はご無沙汰してしまったので、今回久しぶりにお泊りさせていただいて、翌日は月山に登ってきました


辰ヶ湯旅館さんからはちょっと遠回りになるのですが、距離の短い姥沢登山口から登ることに
姥沢口の駐車場に車を停めて、月山リフト下駅から、上駅までリフトを利用します
リフトに乗って足元の草原を見ていると、もうたくさんのお花たちでした
yy1 DSC_1723

リフト上駅からは、観光客に混じって登り始めま~す
yy2 DSC_1726

登り始めのお花畑の草原にはニッコウキスゲがちょうど盛期でした
yy3 DSC_1735

前方にはこれから登る姥ヶ岳が見えているのですが、お花に引き留められてなかなか近づきませんね
yy4 DSC_1737

その先には月山が雲の中・・ここでもチングルマに出会えました
yy5 DSC_1753

木道は右側通行・・歩きやすいですね
少し登ってくるとお花畑にはキンコウカが群生していました
yy6 DSC_1765

yy7 P8024336

リフト上駅からお花を撮りながらのんびりと・・1時間ほどで姥ヶ岳頂上に着きました
yy8 DSC_1770

金姥までは気持ちの良い稜線歩きが続きます・・
yy9 DSC_1771

登山道沿いにはヤマハハコやタテヤマウツボグサといったお花たちが群生していました
yy9 P8024344

ちょっと下って・・湯殿山神社との分岐、金姥です
yy10 DSC_1815

金姥からは、雪渓が融けたばかりのお花畑の中の登山道を、お花たちを楽しみながら登って行きます
yy11 DSC_1830

雪渓と、イワイチョウの群落
yy12 P8024361

チングルマも雪渓脇では生き生き~・・新鮮なお花を見せてくれました
yy13 DSC_1831

牛首を過ぎると、次第に傾斜が急になってきました~・・
yy14 DSC_1864

植生も少し変わってきたようです・・キオンやハクサンフウロ、ハクセンナズナの姿も
yy15 DSC_1871

鍛冶小屋跡に飛び出しました~・・可愛らしいお地蔵様が迎えてくれました
yy16 DSC_1874

この辺りから風が強くなり、霧も出てきて寒くなってきました~・・・・お花畑もガスに覆われて遠くが霞んでいますね
yy17 DSC_1880

強風と霧の中の急登をヤッケを着込んで登り切ると、頂上の一角に飛び出しました
yy18 DSC_1887

頂上一帯は素晴らしいお花畑が広がっていました~・・キオンとハクサンフウロの群落のコラボです
yy19 DSC_1885

一面にハクサンフウロの群生が広がっています
yy20 DSC_1884

一番目を引いたのはウゴアザミの群生・・頂上小屋付近から月山神社にかけて広い範囲をびっしりと埋めていました~
yy21 DSC_1886

強風の中、頂上小屋から月山神社へ・・最後の登りで~す
yy22 DSC_1888

月山神社本宮に到着・・この先は撮影禁止でした
yy23 DSC_1890

神社の裏の風が弱まっている場所を探して、お昼ごはんで~す
yy24 DSC_1892

朝6時に出たい私たちのために、女将さんが早起きして作って下さったお弁当で~す
甘い卵焼きがとっても美味でした~・・お握りには焼鮭がぎっしり!・・普段お米はあんまり食べないカッパも、お握り2個ペロリと平らげました~
yy25 DSC_1891

お腹もいっぱいになって・・まだちょっと早い時間だったので、頂上から先に、探し物を求めて少し下ってみることに
yy26 DSC_1909 (2)

霧はどんどん深くなり、風も時々立ち止まるほど強くなってきました~・・
ちょっと下ってみたのですが、探し物は見つからず・・再び頂上へと登り返します
yy27 P8024374

月山神社から月山小屋へと・・元来た登山道を下山です
yy28 DSC_1917

牛首まで下ってきて・・雪渓が融けたばかりの巻道から下山することに
yy29 DSC_1918

一気に下ってくると、雪田跡のようなお花畑が広がっています~
yy30 P8024376

ここでもたくさんのお花たちに出会うことができました
ニッコウキスゲの群落です
yy31 DSC_1928

そのまま下山する登山道とリフト上駅へ登り返す道の分岐は、リフト上駅への道を登り返すことに
リフトの運行時間は下りは4時30分まで
ゆっくりしていたので、もう4時を過ぎています・・慌ててリフト乗り場へと急ぎます~
yy33 DSC_1940

なんとか下りのリフトに乗ることができました・・思わずピースのカッパです~・・
yy34 DSC_1941


ぎりぎりでしたが、なんとかリフト終了前に下山できました

標高が高い月山では、涼しいというより、寒いくらいの登山になりました・・やっぱり暑い時期は高いお山に登のが一番ですよね~・・

朝、車でいっぱいだった駐車場は、わたしたちの車の他数台しか残ってなくて・・ガランとした駐車場では子供たちがスケボーで遊んでいました~

この日ももう1泊辰ヶ湯旅館さんにお泊り・・お宿に帰るのは6時を過ぎてしまいました~・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる