高尾山でお花探し

ゴールデンウイーク翌週の週末は、GWのお疲れ休み?でお家でゆっくり~・・のつもりだったのですが・・

前日降っていた雨が止んで、14日はお天気回復・・それならちょっと高尾山でも行ってみようか~・・ということになり、やっぱり出かけてしまいました

お山は朝早い方が気持ち良いよね~・・と・・4時起き、5時前にお家を出ました


なんとか8時前には朝食も済ませて歩きだすことができました・・
高尾ではどうやら少し前まで雨が降っていたようで、まわりの草木は水滴をまとってしっとり~・・
rb1 DSC_7365

今回の高尾の一番の目的のお花は、コミヤマスミレです
ちょっと遅かったのですが、見事な群生に出会うことができました
rb2 DSC_7407

コミヤマスミレ独特の丸くて大きめの葉が、雨に濡れてとっても素敵です~
rb3 DSC_7408

重なるように咲いていて、とっても良い感じ・・今年は株が増えているようでした
rb4 DSC_7411

すらっと長い花柄の上にちょこんと乗った小振りのお花がとってもキュートで可愛い
rb5 DSC_7396

深緑に赤紫色の葉脈が渋くて素敵です~・・お花に比べて大きな葉ばかりが目立っているともいえるかも~・・?
rb5 DSC_7404

お花のアップで~す
rb6 P5144351

そしてこの時期の高尾でのお楽しみは、エビネ・・満開を期待していたのですが、ちょっと早かったようで、まだまだ蕾の株が多かった~
rb7 DSC_7468

それでもこんなに綺麗に咲いている株もあって、けっこう楽しめました
rb8 DSC_7478

rb9 DSC_7477

ちょっとアップ気味に・・エビネにもいろいろな色のお花があるようなのですが、わたしたちが出会えるのはこの赤紫色っぽいのか、次に見た茶色っぽいお花ばかり
緑色っぽいのや、黄色いお花もあるそうだけど・・なかなか会えないのかな~・・なんて
rb10 DSC_7474

別の杉林の中で見つけた、ちょうど満開の群落
rb11 DSC_7498

開花したばかりなのでお花はフレッシュで生き生きしていました
rb12 DSC_7486

お花のアップで~す・・木漏れ日を浴びて嬉しそうな表情にも見えますね
rb13 P5144394

杉林の中の登山道をウロウロと~・・
rb14 DSC_7465

キンランもお楽しみのお花だったのですが、例年綺麗に咲いているキンランロードでは、まだ蕾でした
下山時にやっと開花しているお花に出会えました
rb15 DSC_7509

rb16 DSC_7508

お花のアップで~す
なんだかいたずらっこが、わ~いわ~いと騒いでいるようで、可愛い表情ですね
rb17 DSC_7506 (2)

ギンランは少ないようで、出会えたのはこのササバギンラン一株だけでした
rb18 DSC_7447

オウギカズラはちょうど盛期の美しいお花に出会えました
rb19 DSC_7378

今年も綺麗なお花には会えなかったクマガイソウ・・なんとかお花の形だけはわかりましたが・・
rb20 DSC_7437

今年はオオバウマノスズクサは当たり年のようで、お花をたくさん付けていました
rb21 DSC_7433

お花のアップで~す・・奇妙な形態のお花ですね
rb22 P5144372

ヤマシャクヤクは、前日の雨で花弁を落としてしまったようです~・・
rb23 DSC_7452

ジュウニヒトエはまだまだ健在・・けっこう花期が長いようです
rb24 DSC_7501

ちょうどウツギが花盛り・・ガクウツギは独特の臭いですぐわかります
rb25 DSC_7419

マルバウツギのお花は金平糖のようで可愛いですね
rb26 DSC_7420

小さななお花はコゴメウツギ
rb27 DSC_7512

ゆっくりのんびりの高尾散歩・・たくさんのお花に出会って大満足で下山で~す
rb28 DSC_7503

下山中に出会ったこの子は?・・どうやら日本アナグマのようです
それにしても大胆不敵・・人間が近づいても悠々と道を横断していきました
rb29 DSC_7461



今年2回目の高尾の花散歩も楽しく終了で~す

もう一つ目的のお花があったのですが、残念!すでにお花は萎れてしまっていて・・綺麗なお花には会えませんでした
初見のお花で、カッパ的にはかなり期待していたのですが~・・ちょっと訪れるのが遅かったようです~

それにしても、高尾は花の名山・・どの季節も裏切られることがありませんね・・
スポンサーサイト

会津の春・・ スプリングエフェメナル  その2

山形から会津に移動して、会津に着いた夕方に、一番最初に出会ったスプリングエフェメナルはコシノコバイモでした


昨年は、雪が少なかったのでもうすっかりお花が終わっていたのですが、今年はたっぷりの雪のせいで、一番綺麗に咲き揃っている時期に訪れることができました
qp1DSC_7224

会津ではちょっとした杉林や、道路脇の斜面のどこにでも見られるのですが、この場所は、特に纏まって咲いている場所です
qp2DSC_7223

重なるようにしてごっちゃりと咲いていました
qp3DSC_7225

会津のコシノコバイモはかなり色白さんですが、花柄の下部に暗紫色が残っているので、全くの白花とはいえないようです
qp4DSC_7228

ずらりと一列に並んで、美しい姿を見せてくれました
qp5DSC_7236

お花をアップ気味に
qp6P5064234

内側をのぞかせてもらうと・・鮮やかな紅色の模様がぱっと目を引きます
qp7P5064238

帰路に立ち寄った畑のあぜ道では、ちょうど満開のフクジュソウ群落に出会うことができました
qp8DSC_7351 (2)

あちらこちらで小さな塊を作って群生していました
qp9 DSC_7343 (2)

qp10 DSC_7344

訪れた時間が夕方だったので、お陽さまも西に傾き、お花が閉じ気味だったのが残念ですが、それでも満開の一番美しい時期にであうことができたようです
qp11 DSC_7348 (2)

お花のアップで~す・・元気をもらえるお花です
qp12 DSC_7350

一段登った畑には、なんとキバナノアマナが雑草然と群生
qp13 DSC_7334

キバナノアマナはちょうど咲きだしたばかりで、まだまだ蕾も多かったのですが、それでも何株か綺麗に開花したお花を見せてくれました
qp14 DSC_7329

ひょろひょろ~っと花柄が細くて長いので、風に揺れてゆらゆら~・・なかなかカメラに収まってくれませ~ん
傘で風を避けて、なんとかパチリと
qp15 DSC_7324

qp16 DSC_7338 (2)

お花のアップで~す
qp17 P5074323 (2)

ちょっと移動して・・雑木林の脇の斜面にもフクジュソウの群落です
残雪とフクジュソウ、咲きだしたばかりの桜・・早春の風景ですよね~
qp18 DSC_7363 (2)

雪解けを追いかけるようにして咲き始めるお花たち・・たくましさを感じます
qp19 DSC_7364

雑木林を背にして綺麗に咲いていました
qp20 DSC_7354

フクジュソウと一緒にカタクリのお花も
qp21 DSC_7352

カタクリとフクジュソウのコラボです
qp22 DSC_7362

アズマイチゲとフクジュソウもコラボで
qp23 DSC_7359



帰路に就く前の夕暮れの慌ただしい時間でしたが、素晴らしいフクジュソウとキバナノアマナ、アズマイチゲやカタクリの群落を目にすることができ、会津の春を最後の最後まで満喫することができました

関東方面では、もうすでに初夏の趣ですが、会津はまだまだ春真っ盛りでしょうか~・・

初夏の会津にもたくさんのお花が見られます・・ぜひまたその時期に再訪したいな~・・と・・

会津の春・・スプリングエフェメナルを訪ねて  その1

お昼前に辰ヶ湯旅館さんを出発して、午後5時過ぎに大塩温泉たつみ荘さんに到着

会津では、ちょうど雪解けしたばかりの里山でスプリングエフェメナルを堪能します


翌朝は、朝風呂もゆっくりと、朝食ものんびりと・・すっかり出発が遅くなってしまいましたが、まずは水害で運行停止になっている只見線脇の、杉林の奥にお花探しに入ってみることに
只見線の線路はすっかり枯れ草に覆われていました~
qo1 DSC_7271

線路脇では、白花のキクザキイチゲが満開・・なかなか綺麗なキクザキイチゲに出会えなかったので、嬉しい出会いでした
qo2 DSC_7274

杉林の林床では、まだコシノコバイモが咲き残っていてくれました
qo3 DSC_7248

ここではスミレサイシンもやっと開花したばかり・・クルクルの葉も可愛いですね
qo4 DSC_7251

林床では、コミヤマカタバミがちょうど咲きだしたばかり・・新鮮なお花の群生を見ることができました
qo5 DSC_7257

エゾアオイスミレもグッドタイミングの出会いでした
qo6 DSC_7258

qo7 DSC_7261 (2)

杉林の奥には素晴らしいブナの森・・新緑が目に眩しいくらいにキラキラです~
qo8 DSC_7252 (2)

さて、車で少し移動して・・沢沿いの林道を少し奥まで入り、お花探索で~す
車を停めて、雪が融けたばかりの林道を、お花を探しながら歩きます
qo9 DSC_7277

雪が融けたばかりの林道脇の斜面ではショウジョウバカマが咲き始めています
qo10 DSC_7275

小滝の岩盤に、アズマシロカネソウがこんなに群生していました
qo11 DSC_7278

このお花もちょうど咲き始めたばかりの新鮮なお花です
qo12 DSC_7279 (2)

赤い帽子が可愛いですね
qo13 DSC_7280

エゾエンゴサクのお花は青紫色が美しい~
qo14 DSC_7321

雪が融けたすぐ後に、顔を出したばかりのキクザキイチゲです
qo15 DSC_7287

ブルーのキクザキイチゲも爽やかな印象で綺麗でした
qo15 DSC_7289

葉も地上に出たばかりで大きく展開する前・・ブルーのお花が引き立ちます
qo16 DSC_7291

対岸に渡って・・遠くてわかりませんが、周りはカタクリのお花畑
qo17 P5074307

雪が融けるそばから芽を出して、お花が咲くようです
qo18 DSC_7310 (2)

このカタクリの群生が見たくて、会津を訪れました
qo19 DSC_7293

素晴らしいカタクリの群生です
qo20 DSC_7296-2

あまりの美しさに、写真を撮るのも忘れているカッパです・・
qo21 DSC_7306

ベストなタイミングで出会えたようです
qo22 DSC_7299

お天気が良かったので、みんな花弁を反らせて精いっぱいに開いていました
qo23 DSC_7307 (2)

こんなアングルでも撮ってみました
qo24 DSC_7320

カタクリの花園の片隅では、お馴染みのオオバキスミレも顔をのぞかせていました
qo25 DSC_7316

オオバキスミレも咲きだしたばかりのようですね
qo26 DSC_7312 (2)

カタクリの花園でゆっくりとお弁当タイム
午後からは雪代が出始めて、沢水もだいぶ増えているようです・・この辺りで車にもどることに
qo27 DSC_7314 (2)


会津では今年は雪がかなり多かったようで、北斜面にはまだまだたっぷりの雪

春浅い会津で、カタクリの群生はじめ、咲き始めたばかりのスプリングエフェメナルをたっぷりと楽しむことができました

コバルトブルーのお花に出会えました

この時期に、新潟方面にコバルトブルーのとても美しいルリソウが咲くと知り、今回ぜひ会ってみたいと思っていました

お花見ハイキング終了後、まだ時間があったので、探してみることにして、大急ぎで車を出し、移動です

花友さんから場所を教えていただいていたので、まっすぐ棲息地に向かうことができました・・花友さんに感謝です


木漏れ日の差す明るい雑木林に、ひっそりと咲いていたエチゴルリソウ
ql0 DSC_7211 (2)

ql1 DSC_7207

新潟、福井、富山の日本海側と福島県のごく一部にしか棲息しないお花、ルリソウの変種だそうです
ql2 DSC_7205

この棲息地はあまり広くないのですが、こんなに纏まって咲いている場所もありました
ql3 DSC_7201

上品なブルーのお花と、大きめの葉の綺麗な緑色のコントラストがとっても美しいですね
ql4 DSC_7202

花色が濃いめのブルーの株と、ちょっと淡いブルーの株があるようです
花期が長いので、たぶん開花している期間によるのかな~・・
ql5 DSC_7200

この株のお花はちょっと薄めのブルーですね
ql6 DSC_7210

美しいお花にうっとりです~
ql7 DSC_7187

このお花はちょっと濃いめのブルーですね
ql8 DSC_7188

お花のアップです~・・
ql9 P5044046


貴重なお花に会うことができて、大満足

もう少しゆっくりとお花観察したかったのですが、この日は、いつもこの時期にお泊りする山形県の酒田市にある辰ヶ湯温泉さんまで移動しなくてはいけません

名残惜しいのですが、この場を離れ、日本海に沿って山形まで北上します

新潟県でお花見ハイキング

お宿で美味しく朝食を済ませ、目的のお山の登山口へと車を走らせます

ビジネスホテルだと朝食を早い時間から用意していただけるので、朝早く出掛けられて登山やハイキングには便利だということで、この頃よく使わせていただくようになりました


この日も9時前には登山口から歩き始めることができました~
足元には日本海側の黄スミレ、オオバキスミレが満開
qj2 DSC_6985

オオイワカガミが登山道沿いに
qj3 DSC_6990

名前通りに大きな葉ですね
qj4 DSC_6999 (2)

こんなに花付きの良い株も
qj5 DSC_7026

このお花はほとんど白花と言っても良いようですね
qj6 DSC_7001

この日も良いお天気・・青空に向かってどんどんと~・・急斜面を登って行きます
qj7 P5043927

タムシバがちょうど花盛り
qj8 DSC_7004

芽吹きの緑をバックに白いお花が鮮やか~
qj9 DSC_7110 (2)

qj10 DSC_7063

お花をアップで撮ってみると・・とっても面白い写真が撮れました
qj11 P5043969

お花に励まされながら急斜面をしばらく登ると・・
qj12 DSC_7061

気持ちの良い稜線に飛び出しました
qj13 DSC_7062 (2)

この日は真夏のような暑さ!・・日陰に入るとほっとします
綺麗なツツジのお花に目を止めて・・一休み
qj17 DSC_7066

枝先に1個のお花を付けるユキグニミツバツツジでしょうか~・・
qj18 DSC_7095

稜線上が蝶道になっているのか、ギフチョウが何頭もひらひらと飛び交っています
qj19 DSC_7090

なんと!オオミスミソウが1株、名残のお花を見せてくれました
qj14 DSC_7017

続いてオオイワウチワの群生です
qj15 DSC_7101

ちょっと遅かったけれど、まだまだ綺麗なお花でした
qj16 DSC_7065

タムシバと一緒に、白いお花が目立っていたオオカメノキ
qj22 DSC_7097

満開でした
qj21 DSC_7096

お花を探しながら、小さな登り下りを繰り返して、稜線歩きをしばらく楽しみ、小休止の後、急斜面を下ることに
qj23 DSC_7112

下山路には、ショウジョウバカマのお花も見られました・・やぱり今年は雪が多かったのかな~・・
qj24 P5043970

一気に登山道を下って沢沿いに出ると、コミヤマカタバミの群生も綺麗に開花したお花を見せてくれました
qj25 DSC_7129

コミヤマカタバミと一緒に咲いていたミチノクネコノメソウ・・お初のお花です
qj26 DSC_7132

チシマネコノメソウの変種だそうです
qj27 DSC_7130

沢沿いでは、コシノチャルメルソウの姿も・・このお花もお初のお花です
qj28 DSC_7153

コチャルメルソウと比べると、草丈が高くて、20個以上とたくさんのお花を付けるのが特徴のようです
qj29 DSC_7136

お花のアップです~・・風に揺れてなかなかカメラに収まってくれません~
なんとか撮れた一枚です
qj30 DSC_7142 (2)

最後に駐車場へと戻る林道では、山側の斜面にキバナノイカリソウの群生も見られました
qj31 DSC_7164


このお山でのお花見ハイキングでは、日本海側でしか見られないお花たち・・そのうちの数種類は初見のお花・・に出会うことができました

そして、一番のこのお山での目的はこの辺りに棲息するスミレ、アワガタケスミレのお花に会うことでした

このお山で出会ったスミレたちはまた次回に紹介しますね
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる