甲信方面の亜高山帯でお花探索・・その1

7月8日の日曜日、花友さんにお誘いいただいて、甲信方面でランを中心としたお花探索に出かけてきました

今回のお花探索は、この山域の保護に向けての植物調査も兼ねていて、専門家の方々も交えて総勢9名の大パーティーになりました

ランの棲息地までは、本格的な山登りになります・・花友さんの事前の連絡に、この頃ちょっと体力に自信がなくなってきているカッパ、足手まといにならないか心配だったのですが、なんとか目的地に辿り着くことができました

登山口に着いた時は辺り一面霧の中・・雨具を付けないと濡れそうだけれど、着ると暑いし~・・とちょっと微妙な降り具合

ポツリポツリと雨粒が当たります・・仕方なく雨具を付けて登り始めます

今回のお花見登山では、目的地で、あるいは目的地までの登山道沿いで、たくさんのランや、ラン以外のお花たちにも出会うことができ、大収穫のお花見登山となりました

ランは後程まとめて紹介しますが、その1では、登山の様子と、ラン以外のお花たちを紹介したいと思います


歩き始めてすぐに・・足元に絨毯のようなイブキジャコウソウの群生です
yl1 DSC_0458

可愛いお花ですね・・ジャコウソウの名前通りに、タイムのような香りが辺りに漂っていました
yl2 DSC_0445

たくさんの果実をつけていたこの木は?・・ヤシャブシと教えていただきました
わたしたちは木はまだよくわかりません
yl3 DSC_0433

一面の霧の中・・お花を探しながら登山道を進みます
yl4 DSC_0465

花友さんが以前から出会っていたお花・・と教えていただいたケブカツルカコソウ・・わたしたちはもちろん始めての出会いです
yl5 DSC_0767

以前は何株か纏まって咲いていたらしいのですが、どうやら鹿に食べられてしまったようです~
yl6 P7083963

シソ科、キランソウ属のツルカコソウの毛深いタイプで品種だそうですが、ツルカコソウとの相違が今一つはっきりしていないようです
アップ気味に撮ってみると~・・たしかに全草がびっしりと毛に覆われていますね
yl7 P7083963 (2)

霧雨は止む気配もなく・・ミヤマカラマツのお花も雨に濡れてうなだれて
yl8 DSC_0470

このお花はヤマブキショウマでしょうか・・
yl9 DSC_0472

お花を探しながら一登りすると、やがて登山道は針葉樹と笹原の中の急登になります
針葉樹の中の登山道は、どんどん傾斜が急になり~・・
ここが頑張りどころ!!・・ですが・・息がきれて~ゼイゼイハーハーでした~
yl10 DSC_0473

なんとか急登を登り切ると、前方がパア~っと開けて、明るい稜線に飛び出しました

お花も亜高山帯のお花が見られるようになってきました・・タカネグンナイフウロの青紫色が霧雨に濡れて鮮やかですね
yl11 DSC_0479

岩礫地でたくましく咲いていたヨツバシオガマ・・全体にほっそりしてスマートな印象ですね
yl12 DSC_0481

yl13 DSC_0469

ムカゴトラノオも咲きだしたばかりのようですね
yl14 DSC_0487

こちらもちょっと地味め?なおはな、ネバリノギラン
yl15 DSC_0489

イブキジャコウソウはますます勢力を広げているようで、ちこちで纏まって大きな群落を作っていました
yl16 P7083878

霧雨が次第に弱まって・・雲海の上に富士のお山が姿を見せてくれました
標高が上がってきたため、雲の層を抜けて、雲の上に出たようで素ね
yl17 DSC_0539

足元には名残のキバナノコマノツメ
yl18 DSC_0749

標高が上がってくると、まだ新鮮なお花にも出会えました
yl19 DSC_0488

草原の叢に珍しい植物が・・ヒメハナヤスリ科ヒメハナワラビ属のヒメハナワラビです
栄養葉は大きく広がっていて、胞子葉はもう少し大きくなりそうですね
yl20 DSC_0705

コバノコゴメグサも叢の陰でポツリポツリと咲き始めていました
yl21 DSC_0757

アップ気味に撮ってみると~・・しっかりと毛に覆われています
yl22 P7083888

目的地でしっかりとお花観察と調査の作業を終えて、元来た道を戻ります・・標高が少し下がって・・再び雲の中に入ったようです~
再び霧に囲まれてしまいました~・・
yl23 DSC_0758

往きに・・何の木?・・とは思っていて・・下山時にミヤマイボタノキと教えていただきました
yl24 DSC_0771

小さな白いお花が集まっていて、なかなか豪華なお花ですね
yl25 P7083966

登山口近くの草原では、ちょうどニッコウキスゲが花盛り
yl26 DSC_0773

だいぶ下ってきました~・・この頃になってやっと雲も高くなり、うっすらと青空も見え始めました
もう少し早く晴れてほしかったな~・・
yl27 DSC_0770



生憎の霧雨の中の登山でしたが、この季節にカンカン照りよりかえって暑くなくて良かったかも~・・

9人のメンバーの中には初対面の方々も何人かいらっしゃったのですが、お花好きさんばかりなので、すぐに打ち解けて、行動中もお花談義でわいわいと~

とっても楽しいお花見登山になりました~・・

次からは、今回の目的、ランの観察と調査ということで、出会ったランのお花たちの紹介です
スポンサーサイト

ラン以外のお花にも会えました~・・

ここでは、この2日間で出会ったラン以外のお花たちを紹介します


ラン探索を終了して、車に戻る途中で出会ったこのお花・・なんと白花のウツボグサ・・ウツボグサにしてはちょっと小振りのこのお花は、セイヨウウツボグサという帰化植物だそうです
帰化植物ではあるのですが、なかなか目にする機会が少ない植物だそうです
yi1 DSC_0340

黄色のお花は目立ちますね~・・コナスビです
富士山麓では、ナガエノコナスビに出会っていました
yi2 DSC_0409

マルバフユイチゴは日本海性の植物だと教えていただきました~・・葉が小振りなので、別名はコバノフユイチゴ
yi3 DSC_0404

白いお花は涼し気で可愛いですね
yi4 P7013836

一面にツルアリドオシがびっしりと・・蕾がツンツンと、頭のピンク色が可愛い~
yi5 DSC_0393

ウワバミソウがいっぱい!・・と思っていたら、どうやら違う種も混じっていたようで、ヤマトキホコリだと教えていただきました~・・
yi6 DSC_0387

ヤマトキホコリは、トキホコリの日本海性の変種だそうです・・
ウワバミソウとの区別が難しい~・・葉が全体に丸っこい?ことと、葉脈がウワバミソウとはちょっと違うようですが~・・
yi7 DSC_0389

比較のためウワバミソウの葉も撮ってみました~・・葉がほっそりして咲きが尖っていて、葉脈も違っているのがわかるでしょうか~・・
yi8 DSC_0391

シダ植物もいくつか見ることができました~・・ヒカゲノカズラ科のマンネンスギと教えていただきました・・わたしたちはもちろん初めて見るシダ
まだまだシダ植物までは手が回りません~・・
yi9 DSC_0395

こちらもヒカゲノカズラ科の植物・・ヒカゲノカズラかアスヒカズラだということですが・・
yi10 DSC_0398

ランチタイム中に話題になったこのキイチゴ・・こちらはクマイチゴだそうです・・
yi11 DSC_0406

すぐ側に美味しいな実を付けたキイチゴ・・モミジイチゴだそうですが、ちょっと葉の形が違う?・・ナガバモミジイチゴ?
いろいろと論議が交わされて?いたのですが・・やっぱりモミジイチゴで良いのかな~・・
yi12 DSC_0408

ほとんど白花?と言って良いヤマホタルブクロです
yi13 DSC_0414

白花にはなかなか出会えないようですが、花冠の根元に少し色が残っているような~・・
yi14 DSC_0415

川を挟んだ対岸に真っ白な花を木いっぱいに咲かせていたのは、ユクノキかフジキ?・・区別は托葉の有無だそうなので、確認できませんでした
yi15 DSC_0417

それにしても見事な花付きですね~
yi16 DSC_0420 (2)

1日の最後の目的の樹木は、開田神社のシバタカエデ
以前は囲いがあったようなのですが、無くなっていて、ちょっと探すのに手間取ったのですが・・
yi17 DSC_0428

クロビイタヤの変種・・北方系古代の残存植物ということで、絶滅危惧種に指定されているそうです
かなりの大木で、高い位置でたくさんの果実を付けていました
yi19 DSC_0422

足元にはひこばえがたくさんあって、葉の形が確認できました
葉は、クロビイタヤと全く同様だということです
yi18 DSC_0431

クロビイタヤとの相違点としては、果実や花柄に毛がない・・クロビイタヤは有毛だそうですが・・ちょっと難しそう?ですが・・
yi20 P7013859


この日は素晴らしく美しいラン2種と、わたしたちだけではとても気がつかないいろいろな植物を教えていただき、大変に充実した1日でした

梅雨明け後初めての週末ということで、往きの高速道路もけっこう車が多かったのですが、帰路はゴールデンウイークか年末年始並み?の大渋滞・・覚悟はしていたものの・・さすがにまいりました~

なんとか10時過ぎには帰宅・・夏休みになるとますます高速の渋滞は激しくなるのでしょうか~・・


那須岳で出会ったお花たち

久しぶりの登山でしたが、ここでもたくさんのお花に出会うことができました


歩き始めから、一番多く見られたのはウラジロヨウラクとサラサドウダン・・ウラジロヨウラクはお花の形態や色あいが少しずつ違っていて、楽しめました
このお花は花冠の筒状の部分がほぼまっすぐで、先がパッと5裂していました
ye1 DSC_9997

こちらはいわゆる釣鐘型で、先端がつぼみながら5裂ですね
ye2 DSC_0128

ほとんど白色に近いお花も見ることができました
ye3 DSC_9974

先端部分だけがほんのり紅色でぼかしになっていて、とっても綺麗なお花でした
ye4 DSC_9972

ベニバナサラサドウダンは、ちょうど満開の盛期でした
ye5 DSC_0104

紅色が濃くて美しい~・・
ye6 DSC_0103

こちらはちょっと白っぽいサラサドウダン・・那須ではベニサラサドウダンのほうが多いようです
ye7 DSC_9976

もう咲き始めていたアカモノ・・今年初めての出会いです
ye8 DSC_9993

白地にさっと刷いたような紅色の筋が可愛らしいですね
ye9 P6243630

クロマメノキも花盛り・・すでに緑色の小さな実も付けていました
ye10 DSC_0002

地味なお花だと思っていたけれど、よく見ると可愛らしい~
ye11 DSC_0001

コケモモもポツリポツリと・・咲き始めたばかりのようですね
ye12 DSC_0100

ここでは2種類のイワカガミの仲間に出会えました・・白花のイワカガミはヒメイワカガミでしょうか~
ye13 DSC_0010

草丈も低く可愛らしいお花です
ye14 DSC_0012

岩陰に咲いていたのはイワカガミ・・濃いピンク色のお花をたくさん付けていました
ye15 DSC_0013

ミヤマカラマツはこれからのようです
ye16 DSC_0023

ベニバナニシキウツギは園芸種のようにも見えます・・
ye17 DSC_0024

ベニバナイチヤクソウは、ちょっと遅かったようで萎れているお花も・・
ye18 DSC_0094

ウスユキソウは群生していました
ye19 DSC_0086

咲き始めたばかりの新鮮なお花たちでした
ye20 DSC_0085

登山道の足元で目に付いた白いお花・・この日一番の嬉しい出会いでした・・オノエランです
ye21 DSC_0015

別の場所で、もう2株・・往きにはわからなかったのですが、帰路で見つけたオノエランです
ye22 DSC_0118

ye23 DSC_0118 (2)

お花のアップで~す・・真っ白なお花だと思っていたのですが、唇弁に黄色とオレンジの模様があって可愛らしい~
ye24 P6243636

ちょうど綺麗に咲いていたハクサンチドリ
ye25 DSC_0061

ちょっと遅いお花もあったのですが、新鮮なお花は綺麗ですね
ye26 DSC_0054

お花をアップ気味に
ye27 DSC_0053

ノビネチドリはもおうお花はほとんど終わっていて~・・
ye28 DSC_0039

テガタチドリはまだ蕾
ye29 DSC_0098

そして・・目的のお花、密かに開花を期待していたのですが・・残念!!まだ開花には少し早かったようです~
ye30 DSC_0092

可愛らしい蕾ですが・・あと数日で開花でしょうか~
ye31 DSC_0090

もう1度会いに行きたいけれど・・ちょっと難しいかな~・・
ye32 DSC_0093


今年は全般にお花の開花が早く、目的のお花もそろそろ開花しているのでは~・・?・・と、淡い期待を抱いて登ってきたのですが、残念ながら、まだ蕾でした

お花の開花時期はいつの間にか少しずつ例年並みに戻りつつあるのかな~・・開花時期は読めませんね

そろそろ標高の高い山でのお花探索も始まりますが、土日しか動けないわたしたちには、なかなかベストなタイミングでお花に会うのは難しそうです~

福島方面で花探索

先週末の6月23、24日は会津地方を中心に、福島栃木方面のお花探索の旅に出掛けてきました

初日の23日は3カ所を移動してのお花探索の予定・・ということで、朝は4時起きして5時前にはお家を出ます

最初の目的地の駐車場に着いたのは、8時30分過ぎ・・車中で慌ただしく朝食を済ませて、目的のお花の棲息地へと急ぎます

目的のお花は、クモイジガバチ・・この場所は昨年教えていただいて、訪れた場所・・昨年はちょっと早かったのですが、今年はちょうど良いタイミングで訪れることができたようです


1カ所間近で見ることができた株・・開花していた2株と脇に1株、小さな株・・昨年はもう少し小さな株が多かったような気がするのですが・・
yc1 DSC_9875

yc2 DSC_9881

こんなに小さな株だったかな~・・ここは目の高さでお花を見られる貴重な場所、目の高さで見てみると、浮き上がって見えました
yc3 DSC_9852

背の高い方の株には3花開花していて蕾が1つ
yc4 DSC_9854

小さい方の株は、2花開花で蕾も1つ
yc5 DSC_9855

どちらも新鮮でベストなタイミングでした
yc6 P6233566

派手さはないけれど、趣のある不思議で?素敵なお花ですね~
yc7 DSC_9863

横顔をパチリと~・・白い半透明の蕊柱がアクセント?
yc8 DSC_9868

更にアップで~・・ほんとに不思議な形態のお花ですよね~
yc9 P6233574

樹上には更にたくさんの株・・今回は高倍率のカメラを家に忘れてきたので、これが精いっぱいでした
yc10 DSC_9893

こちらはもう少し低い位置に着生していました・・元気も良くて、草丈も高めで、開花したお花もたくさん付けているようでした
yc11 DSC_9897

見上げるミズナラの大木に着生していました
yc12 DSC_9899 (2)

朝一にクモイジガバチの自生地を訪れた後、もう1つの目的のお花、タンザワサカネランに会いに移動です~・・

昨年棲息していた場所2カ所をよ~く探したのですが、見つかりません
別の場所を探してみると、10株ほど纏まって咲いていました
yc13 DSC_9909

菌従属性のランは神出鬼没?・・どこに出るかはわかりませんね~
見つけることはできたのですが・・残念、ちょっと盛期をすぎていたようです
yc14 DSC_9916

少し離れた場所に開花していたこの2株は、まだ新鮮だったようです
yc15 P6233580

この株は少し遅かったようで、クリーム色から少し茶色を帯びてきているようです
yc16 DSC_9912

新鮮な株は薄めのクリーム色・・先端のお花はアップ写真を撮れそうです
yc17 DSC_9925

ということで、先端のお花をアップで撮ってみました~・・大きく開くことはなく、お花の口が小さく半開している状態で開花しているそうです
yc18 P6233587

なんとかお花の中が撮れないかと頑張ったのですが・・この程度でした~・・
yc19 P6233584

最後にもう一度、昨年出現していた場所を探してみると、草丈が3~4センチほどの小さな株を見つけました
他にもないかと探したのですが、この1株だけしか見つけることができませんでした
今年も会えたタンザワサカネラン・・見つけるのに時間がかかり、撮影にも時間をかけてしまったので、すっかり遅くなってしまいました


最後に今回の一番の目的地、会津方面へ・・・
時間があれば、会津の地酒を取り揃えているお酒屋さんに寄りたかったのでが、今回は遅くなるので仕方なくパス
まっすぐ目的地へ

林道脇の空きスペースに車を停めて杉林の中を登り始めます
春にキンセイランらしき葉を確認していたので、まっすぐその株を目指しますが・・咲いていれば、黄色いお花が目立つはず・・
黄色いお花は見当たりません・・近づいてみると、残念!!蕾は付けていたのですが、花茎が黒く腐っていて、開花していません
yc21 DSC_9950

ランにはよく見られる現象のようです・・周りをよくさがしてみると、花芽を出していないまだ小さな株が1株見つかっただけて、キンセイランのお花はけっきょく会うことはできませんでした
開花を楽しみにしていたのですが・・残念
yc22 DSC_9962

周りにはナツエビネの株がたくさん・・お花の時期に訪れたいな~・・とは思うのですが、夏の会津の低山はちょっと辛いかも~・・
yc23 DSC_9953

下山の途中で出会ったウリノキ
yc25 DSC_9968

久しぶりにお花に出会いました
yc26 DSC_9969

下山後は、会津の定宿、大塩温泉のたつみ荘さんへ
女将さん手作りの美味しいお夕食をいただきま~す
yc27 P6233610

お酒のつまみにウナギの肝焼き
yc28 P6233612

日本酒と我が家の梅酒で宴会に突入で~す
yc29 P6233616

〆のお握りも美味しくいただきました
yc30 P6233617

翌朝、お宿から見る只見川・・この日も梅雨の晴れ間の良い天気
yc31 P6243622

まずは温泉へ・・ぬるめのお湯にのんびり浸かりお腹ペコペコでお宿に戻ります
yc32 P6243620


美味しい朝食をたっぷりと~・・食後のコーヒーもゆっくりいただいて、さて2日目はどこへ行こうか~・・

お天気が良いので、山登りしようか~・・ということになったのですが、それにしてもちょっとゆっくりし過ぎてしまいました~・・

お山は磐梯山か那須岳かと迷ったのですが、下山が遅くなっても、自宅までの距離が近い方が良いだろう、ということで、那須岳登山に決定

大急ぎ+大慌て?で那須岳登山口を目指して突っ走ります

青木が原でお花探索

山梨の草原でお花散歩の後、2時間ほどで富士山麓、青木が原へ移動

国道沿いの脇道に車を停めて歩き始めます


林道沿いに目的のお花が咲いているはず~・・トコトコと、お花を探しながら林道を登って行くと~・・
yb1 DSC_9784

以前、観察会で教えていただいた植物が目に入りました~・・纏まって群生していたトガスグリです
yb2 P6173512

細かく切り込みが入った葉が、切り絵のようで綺麗です~・・生き生きですね
yb3 DSC_9754

棘だらけの青い実が可愛らしい
yb4 DSC_9756

しばらく歩いて、目的のお花、ヒトツボクロを探します・・最初に目に付いた株は、もうすでにお花は終わっていて、果実になってしまっていました~
yb5 DSC_9761

その後、葉だけの株は何株かあったのですが、お花を付けた株が見当たりません
あきらめて、帰りかけた時、小さな株が目に入りました・・よ~く見ると、小さなお花を付けていました
yb6 DSC_9767

今まで何回か、蕾の株や、果実の株は見ていたのですが、綺麗に開花したお花を見るのは初めて
嬉しい初めての出会いでした
yb7 DSC_9770

やはり少し遅かったようで、綺麗なお花は一番上に咲いていたお花くらい・・下の方のお花はすでに子房が膨らんでいます
yb8 P6173515

小さなお花をアップで撮ってみたのですが、風に揺れてなかなか上手く撮れませんでした
ピンボケ写真でちょっと残念ですが、なんとか出会えただけでもラッキーでした
yb9 P6173523

車に戻る途中で見つけたのは、クモキリソウ・・今年初めての出会いでした
yb10 DSC_9790

ちょうど咲きだしたばかりの新鮮なお花でした
yb11 DSC_9798

こんなにたくさんのお花を付けた株も
yb12 P6173534

お花をアップで~・・ラン科のお花はほんとに個性ある形のお花が多いですよね
yb14 P6173528

yb15 P6173530

車に戻って・・青木が原の別の場所へ、再度移動です~・・
遊歩道を歩き始めます
yb16 DSC_9812

歩き初めてすぐ・・イタヤカエデの大木を見上げてみると、ベニカヤランが何株か着生しているのが、目に入りました
もう遅くてすっかりお花は終わっているようですが、花後の赤くなった花ガラのようなものが残っていました
yb17 DSC_9805

苔の上には可愛らしいキノコも
yb18 DSC_9810

このキノコはバライロウラベニイロガワリかと思われます・・富士山で多く見られるキノコです~・・
とっても綺麗なキノコで美味しそうですが、毒キノコ
yb19 DSC_9848

しばらく歩いて・・目的のお花、コアツモリソウに会えました
yb20 DSC_9817

今年は全般にお花の開花が早く、もう終わっているかと心配しながら訪れたのですが、なんとか数株、お花を残していてくれました
yb21 DSC_9822

ちょっと遅かったので、お花には元気がありませんが、今年も会えて良かった~・・
yb22 P6173540

そして、今年ぜひ会ってみたかったのはこの白花のコアツモリソウ、シナノコアツモリソウでした
yb23 DSC_9824

花友さんがこの辺りで出会っているので、探してみることに
とっても小さくて見落としてしまいそうですが・・全体が白い球のようなお花を付けた株を2株、見つけました~
yb24 DSC_9838

そお~っと持ち上げてみると・・小さなラン!!シナノコアツモリソウでした~
yb26 DSC_9830

お花全体が白・・というより薄緑?・・コアツモリソウにある赤い班や模様がありません
yb27 P6173558

白花は、まだ咲きだしたばかりという印象でした
yb28 DSC_9843

2株は近くに棲息していたので、ひょっとしたらその辺りの株は白花が多いのかもしれませんね~・・
yb29 P6173550

今回ぜひ会ってみたかったシナノコアツモリソウにも出会えて、大満足
すっかり遅くなってしまいましたが、急いで車へと戻ります・・途中大木の根元に赤い塊が~
なんだろう?・・近寄ってみると、なんと大きなマスタケの塊でした・・そろそろ夏キノコのシーズンですね
yb30 DSC_9846

すっかり遅くなって~・・遊歩道を急ぎます
yb31 DSC_9845



梅雨の晴れ間のこの日、山梨の草原から富士山麓青木が原と忙しいお花探索になりましたが、なんとか目的のお花にも出会うことができました

日帰りのお花探索にしては充実していたかな~・・

もう少し早めに帰路に就くつもりだったのですが、車に戻ったのはもう5時過ぎ、ちょっと遊び過ぎました~

しっかりたっぷりと~・・渋滞にはまって~・・・・帰宅したのはもう10時過ぎでした~
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる