奥会津のスミレ

今年は雪解けが早かった奥会津ですが、奥山の沢沿いや、雪が融けたばかりの雪田跡などでは、まだまだ新鮮なスミレに出会うことができました


林道終点のちょっと湿った場所に群生していたのはニョイスミレ
xm1 DSC_8633

なかなかメイン?の被写体になれないスミレだけれど、群生していると目を引きますね
xm2 DSC_8600

よく見ると、きりっとして凛々しい印象のスミレですね
xm3 P5263053

杉林の雪田跡では咲きだしたばかりの初々しいスミレサイシンのお花です
xm4 DSC_8589

雑木林ではちょうど見頃のスミレサイシンが花盛り
xm5 DSC_8644

新鮮なお花です
xm6 DSC_8647

日当たりの良い草原に群生していたオオバキスミレ
xm7 DSC_8656

オオバキスミレも新鮮なお花たちに会えました~
xm8 DSC_8678

大きな緑濃い葉に、鮮やかな黄色のお花が映えて綺麗ですね
xm9 DSC_8599

上弁がウサギさんの耳のようで可愛らしい~
xm10 DSC_8598

会津で出会えるのを楽しみにしていたナガハシスミレ・・歩き始めてすぐに、林道脇で早速出会えました
xm11 DSC_8585

林道沿いのナガハシスミレは、ちょっと色合いが薄めのようですね
xm12 DSC_8586

このお花は、滝近くの岩場に咲いていたのですが、林道で見たものと違って、赤味を帯びた紫色の濃いとっても美しいスミレでした
xm13 DSC_8662

苔むした岩場にひっそりと咲いている姿は素敵ですね~・・
xm14 DSC_8666

お花をアップ気味に・・うっとりの美しさです~
xm15 DSC_8663

林道沿いに一番多く見られたのは、オオタチツボスミレ
xm16 DSC_8618

ちょっと遅かったようですが、5月の連休あたりから咲き始めているので、かなり花期が長いようです
xm17 DSC_8619

お花のアップで~す
xm18 P5263064

横顔も・・距が真っ白ですね
xm19 P5263051

林道沿いで出会ったこの群落は、一見オオタチツボスミレとナガハシスミレに見えたのですが~・・
xm20 DSC_8629

一緒に咲いていたナガハシスミレをよく見ると・・うん?距が白い~・・?
xm21 DSC_8624

お花の形態もなんとなくナガハシスミレとは印象が違うような~・・?
xm22 DSC_8626

横顔を撮ってみると、距はきっぱりと白・・ということで、オオタチツボスミレとナガハシスミレとの交雑のスミレ、イワフネタチツボスミレではないかと思ったのですが・・
xm23 P5263049

お花のアップで~す・・平面的な印象が、ナガハシスミレとはちょっと違い、イワフネタチツボスミレかな~・・と・・
xm24 P5263048


今回は、関東方面ではなかなか出会えないスミレ、オオバキスミレやナガハシスミレ、ナガハシスミレとオオタチツボスミレとの交雑のスミレ、イワフネタチツボスミレに出会うことができ、スミレ探索的にも満足できる花旅でした

たつみ荘さんにお泊りした翌日は、いよいよ今回の奥会津の花旅の一番の目的、ランのお花探しです~
スポンサーサイト

奥多摩の山でスミレ探し・・

翌20日の日曜日・・お天気予報は快晴のお出かけ日和

前日の筑波での花散策が不発?に終わったので、翌日は綺麗なお花たちに出会いたいということで、早起きして、奥多摩方面の山に出かけました

標高が高いこの山では、この時期にスミレに会えるのが嬉しい~・・

朝は4時起き5時出・・登山口近くの林道脇に車を停めて歩き始めます


杉林の中の急斜面をジグザグに・・息を切らせて登り切ると、やっと気持ちの良い雑木林の広い尾根に出ました
xk1 DSC_8465

木漏れ日を浴びて緩く登り下りしながらの尾根道歩きがしばらく続きます・・吹く風が爽やかで日陰では寒いくらい
xk2 DSC_8469

ヤマツツジは咲き始めたばかり
xk3 DSC_8470

トラバース気味にしばらく登ると、2つの山の分岐に・・まずは右に折れて草原をスミレ探索しながら頂上へ
xk4 DSC_8473

頂上直下の急登は、満開のトウゴクミツバツツジに励まされて何とか登り切りました
xk5 DSC_8485

頂上からは富士山がバッチリ望めました・・この日の富士山は、まるで額縁に収まったようにくっきりと美しい姿を見せてくれました
xk6 DSC_8489

分岐まで下ってきて、遅いランチタイム・・風が爽やかなので、日向が気持ち良い~
xk7 DSC_8525

ランチの後は、分岐を直進方向の山へ・・途中の草原にもたくさんのスミレが見られます
xk8 DSC_8568

草原のスミレを楽しんだ後は、分岐に戻って元来た道を下山です~
xk9 DSC_8575

スミレ探しにたっぷり時間がかかってしまったので、けっこう遅くなりました~・・この時期は日の入りが遅く、いつまでも明るいのが嬉しい~
車に戻った時には、駐車スペースのたくさんの車はほとんどなくなっていて・・我が家の車がポツンと・・
xk10 DSC_8582

コンクリートの道脇や、側道が似合うスミレですが、この標高の高い草原に多く見られます
xk11 DSC_8478

この日はスミレが盛期のようで、あちこちで新鮮なお花が見られました
xk12 DSC_8476

新鮮なお花は、紫色が濃くて、とっても綺麗ですね
xk13 DSC_8479

サクラスミレはもう終盤・・ほとんどお花が残っていなかったのですが、何とか名残のお花を何花か見ることができました
xk14 DSC_8480

かなり色褪せたお花ですね~・・
xk15 DSC_8527

この草原で会いたかったのは、シロスミレ・・咲き始めたばかりのようですね
xk16 DSC_8490

青空をバックに
xk17 DSC_8502

4つ子ちゃん?・・可愛いですね~・・
xk18 DSC_8564

お花のアップです~・・
xk19 P5203024

スミレとシロスミレがお隣さんで・・
xk20 DSC_8566

シロとスミレが混在するこの草原では、両種の交雑らしい怪しい?スミレも何株か見ることができました
xk21 DSC_8481

たぶんこの株は、交雑だと思うのですが・・怪しい??と思われるお花が多くて、今一つ断定できないのです~・・
xk22 P5203017

このお花は・・?・・色褪せただけかも~・・?
xk23 DSC_8532

この株は、やはりシロとスミレの交雑だと思われるのですが・・
xk24 DSC_8534

この株も・・?
xk25 DSC_8538

この株は、スミレとサクラスミレの交雑・・?
xk26 DSC_8507

サクラスミレにしては、花の色が濃くて、葉も立ち上がっているのですが・・
xk28 DSC_8509

側弁の基部の毛が多く、花弁の形はサクラスミレのようですが、色合いがスミレのようですね~・・
xk27 DSC_8506

草原でのスミレ探しは、お陽さまを遮るものがなくて・・風は爽やかなのですが、午後の日差しに暑くなってきました
xk29 DSC_8541

スミレ以外では、クワガタソウがちょうど綺麗に開花していました
xk30 DSC_8523


この山で嬉しい出会いが~・・

以前からニアミスしていたり、あるいは1~2日違いで同じ山を歩いていたりと、ご縁があるな~・・と思っていたてばまるさんと、なんとスミレを探してウロウロしていた草原でバッタリ!!

てばまるさんはドローンを使って良い写真をいっぱいと撮影されているので、機械音痴のわたしたちには、とっても羨まし~

お会いできてとっても嬉しかったです・・またどこかでお会いできると良いですね~・・

交雑のスミレ、再訪しました~

四国から帰宅した翌日の5月6日、どうしても開花した交雑のスミレに会いたい・・ということで、早朝から出かけてしまいました~

実は、4月の29日、ウラジロヒカゲツツジをご案内いただいた時に、交雑のスミレの自生地も案内していただいたのですが、その時にはまだまだ固い蕾だったのです~

それから1週間・・4日に様子を見に行かれた大先輩から、「咲き始めたばかりですよ~」・・という連絡をいただいていました

お花は更に1週間は保ちそうになく、土日しか動けないわたしたちは、6日しかこのスミレを見られるチャンスはなかったのです

6日は朝はなるべく早く・・といっても5時起き、6時出がやっとでしたが・・お家を出ました~


4月29日には、まだまだ固い蕾でした~
xf0 DSC_7470

車を道脇に停めて、目的地へと向かいます~・・どんなお花に会えるかな~・・期待いっぱいで、ドキドキ、ワクワクです~
遠くに紫色のお花がチラリと~・・あ~!あそこに咲いてる~・・
サクラスミレとフイリフモトスミレとの交雑のスミレ、フイリヤシュウスミレです
xf1 DSC_8094

前回蕾を付けていた2株が、2株とも綺麗に開花していました・・
xf2 DSC_8098

少し大きめの株は、先に開花していたらしく、ちょっと遅かったようですが、まだまだ綺麗なお花です~
xf3 DSC_8106

こちらは、少し小さ目の株に開花していた1花
xf4 DSC_8109

咲きだしたばかりの色も鮮やかな新鮮なお花でした
xf5 DSC_8081

xf6 DSC_8101

お花の色合いが、青みが強いとても美しい紫色・・うっとりです~
xf7 DSC_8086

葉裏がフモトスミレのように赤紫色を帯びていました
xf8 DSC_8100

葉は、サクラスミレのような形ですが、班が入っていて、やや厚みがあり、サクラスミレの葉よりしっかりとした印象ですね
xf9 DSC_8107

横顔も・・青紫色が美しすぎです~・・距はぽってりとしてフモトスミレ似のようですね
xf10 DSC_8103

お花のアップです~・・側弁の基部の毛が柱頭部分を覆うようにもじゃもじゃ
xf11 DSC_8110

xf12 P5062784

周りにはフモトスミレがいっぱい・・この株は班のないタイプです
xf13 DSC_8120

この株は、班のあるフイリフモトスミレ、フイリヤシュウスミレの片親のスミレです
xf14 DSC_8126

もう片親のサクラスミレがなかなか見つからなかったのですが、少し離れた場所で、数株咲いていました
xf15 DSC_8127

最後に見たこの株はオカスミレのようですね
xf16 DSC_8125


今年はスミレの開花がほんとに早い

交雑のスミレもほとんどお花が終わっていて、ことごとく外れだったのですが、最後に素晴らしく美しい、フイリヤシュウスミレを見ることができ、大感激です

ご案内いただいたお陰様で素晴らしい交雑のスミレを見ることができました
大感謝です~

さてこの日はもう1カ所・・このお花もこの日を逃したら、もう終わってしまうお花です~

車に戻って移動です・・長距離移動になるので、覚悟して?車を出します

四国、中国地方の花旅・・その8 最後はスミレで締めくくります

目的のお花は、ダイセンキスミレ・・オオバキスミレの変種で、中国地方に棲息するキスミレです

帝釈峡近くの山で見られるということで、急いで移動で~す


登山口の駐車場に車を停めて、しばらく遊歩道を辿り、登山道に出ます
xe1 DSC_8016

遊歩道では、タチツボスミレらしいスミレが群生しています・・近寄ってみると、距が白く、やや大振り・・ということで、オオタチツボスミレでした
xe2 DSC_8077

ちょうど開花したばかりの新鮮なお花たちでした
xe3 DSC_8033

遊歩道から開けた牧草地の中の登山道を辿ります・・青空の下、新緑が目にまぶしい~・・
気持ちの良い登山日和です~・・
xe4 DSC_8018

黄色いお花の群生が目に入り、やや~!もうダイセンキスミレ!?・・と思ったのですが、残念ながらミツバツチグリの群落でした
xe5 DSC_8035

ミツバツチグリは牧草地にあちこちで群落が見られました~・・ニョイスミレの群落の中にも仲良く一緒に咲いていました
xe6 DSC_8021

しばらく登っていくと、やっとダイセンキスミレの群落が目につきました
xe7 DSC_8037

オオバキスミレの変種だそうですが、葉に照りがありますね
xe8 DSC_8048

ちょっと遅かったようですが、登るに連れて新鮮なお花が見られるようになりました
xe9 DSC_8049

xe10 DSC_8041

小さいお花を撮る時にはこんなスタイルになってしまいます~・・
xe11 DSC_8066

唇弁が小さくて先がちょこんと尖っているのが、可愛らしいお花ですね
xe12 DSC_8040

お花のアップで~す・・側弁の基部の毛がもじゃもじゃ~・・ですね
xe13 P5052754

横顔も・・距がほとんど目立ちませんね
xe14 P5052765

ダイセンキスミレに混じって何ヶ所かで見られたニオイタチツボスミレ
xe15 DSC_8062

紫色の濃い美しいニオイタチツボスミレでした
xe16 DSC_8070

カッパの見上げている先が頂上なのですが、わたしたちは時間切れ
ここから引き返すことに
xe17 DSC_8073

この日は午後8時の高松空港からのLCC便・・3時過ぎには駐車場を出て、一路高松へ
途中の余島SAでちょっと休憩・・瀬戸大橋をバックに記念撮影?です~
xe18 P5052772

レンタカーを返却後、空港まで送っていただきました
xe19 P5052775

まだ時間が早かったので、軽く讃岐うどんの夕食です
xe20 P5052776

最後はもちろんお疲れビールで~す・・3泊4日の四国・中国の花旅の無事終了を祝って乾杯です~
xe21 P5052778

LCCは定刻に高松空港を飛び立ち、あっという間(ほとんど爆睡してました~)に成田空港に到着です
xe22 P5052779


成田空港からは、パーキングに預けていた車をピックアップして、4日ぶりの我が家へ
辿り着いたのはもう11時過ぎでした~

さすがに4日間で、車の移動距離だけでも1000キロを軽く越えて、フルに動いていたので、かなり疲れました~・・

とりあえず荷物はそのままに・・シャワーを浴びて、ベッドへ~・・
(実は翌日もお花の予定があるのです~・・

信州のスミレ探訪・・その2

翌22日、温泉お泊まりの朝、お決まりの朝食前と後の温泉三昧・・ゆっくりの出発です~・・


前日にほとんどの目的地を廻ってしまったので、2日目はどこでスミレ探索しようか~・・ちょっと悩みましたが、まずはお宿からそんなに遠くない小諸市内のお寺へ
wr1 DSC_7235

このお寺で最初に発見されたという、コモロスミレです
wr2 DSC_7218

石と石の間のわずかな土から健気に茎葉を伸ばして、お花を咲かせていました
wr3 DSC_7226

コモロスミレはスミレの八重咲きの品種ということで、最初はヤエスミレと呼ばれていたそうです
小諸市の市の花に指定されています
wr4 DSC_7222

お花のアップです~・・花弁が複雑に重なっていて、左右非対称性・・なんとも面白いお花の咲き方ですね
wr5 P4222302

横顔は・・距が極端に短いですね~・・
wr6 DSC_7229


小諸市内のお寺から、移動して・・キクバヒナスミレの自生地を再訪してみました・・3度目の正直?でひょっとしたらたくさんのお花が開花しているかも・・わずかな望みを抱いていたのですが・・
前回蕾だった株のお花は、やっぱり誰かさん(たぶんウサギさん?)にしっかりお花だけ食べられていました~

この場所では、前回とはまた違ったスミレたちが花盛り・・それはそれで楽しめました
アカネスミレです
wr6 DSC_7238

咲き残りのヒゴスミレです
wr7 DSC_7252

アケボノスミレは今回も花盛り
wr8 DSC_7248

ピンク色のアケボノスミレに混じって白花のアケボノスミレにも出会えました
wr9 DSC_7266

1カ所で数株・・すこ~し薄いピンク色がかかった株もあったのですが、数株はほとんど白色に近いお花でした
wr10 DSC_7260

紫条が残っているので、完全な白花とはいえないかも~・・ですね~・・
wr11 P4222316

なんとここで、お初のスミレに出会えました・・チシオスミレです
サクラスミレの葉の葉脈が赤紫のスミレ・・群馬方面では多く見られるそうですが、わたしたちは初見のお花でした
wr12 DSC_7245

咲き始めたばかりの小さな株、2株見ることができました
wr13 DSC_7240

お花のアップです~・・お花はサクラスミレと全く変わりませんね
wr14 DSC_7251

普通のサクラスミレもあちこちにちらほらと~・・
チシオスミレと混生しているようですね
wr15 DSC_7264

先週から比べると、ずいぶん木の芽が育ってきています・・春がどんどんと進んで・・この日も初夏の気温でした~・・
wr17 DSC_7268

次に訪れたのは、昨年も開花したお花に出会えた、ハグロスワスミレの自生地
開花したお花を期待したのですが、なんと!!・・ここでもすでにお花は萎れていました~
wr18 DSC_7274

お花を付けた株が数株あったのですが、全部萎れていて・・ここでもがっかり~・・
wr19 P4222319

周りのハグロスミレは、たくさんの綺麗なお花を残していたのですが・・
wr20 DSC_7278

こんなにびっしりと密集して咲いていた場所も
wr21 DSC_7281

ハグロスミレの葉の裏まで赤褐色を帯びているのをタカオスミレとしていたようですが 今は区別せず全てタカオスミレというようになっているようです
wr22 DSC_7284

お花はヒカゲスミレです
wr23 DSC_7286

お花のアップです~・・
wr25 P4222329

周囲の藪の中にコガネネコノメソウの群生
wr26 DSC_7297

ちょうど盛期のようですね・・
wr27 DSC_7295

何ヶ所か予定していたスミレ探索を終了しても、まだ時間があったので、最後に、全く初めての場所に立ち寄ってみることに
ゆっくりと時間をかけてスミレ探索すれば面白そうな場所でしたが、それほどに十分な時間はありませ~ん
咲き始めたばかりのヒナスミレです
wr27 DSC_7298

エイザンスミレもここではまだほんの咲き始め
ヒナとエイザン・・ということで、オクタマスミレも期待できるかな~・・来年以降、ゆっくりとスミレ探ししてみたい場所でした
wr28 DSC_7301

実は、今回の信州の花旅、お目当ての交雑のスミレがあったのですが・・一番のお目当ての交雑のスミレは、なんと!お花はすっかり萎れていました~
残念ながら、綺麗なお花を見ることができませんでした
wq28 DSC_7071

先週訪れるつもりだったのですが、大雨のお天気予報に、1週間延期してしまったのですが、こんなに早く終わっているなんて、予想外
また来年の宿題になってしまいました~
wq29 DSC_7065

もう一つのお目当ての交雑のスミレは、今年はお花を付けないようで、花芽を見ることができませんでした
wq30 P4212199

なかなかお花を付けない交雑種なので、来年も難しいかも~・・こちらも、とりあえず来年の宿題ですね・・
wq31 P4212206


信州方面でのスミレ探訪・・目的の交雑のスミレは、遅かったり、お花が全く見つからなかったりと・・ちょっと残念だったのですが、1日目には花友さんともご一緒できて、楽しいスミレ探しになりました

2日目は長野から群馬へと移動しながらの忙しいスミレ探しでしたが、最終的には2日間でお初のスミレ4種類とお初のラン1種類に出会うことができ、なかなか実りの多い花旅でした

高速が渋滞する前に・・と早めに現地を出発したのですが・・それでもすでに渋滞があちこちで
どのコースを取るのが一番渋滞が少ないかな~・・群馬方面からの帰路も選択肢が増えて以前よりは時間がかからなくなりました

この日も8時前には帰宅できました~・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる