渓流で出会えたスミレたち

この日の渓流では、ちょうど良いタイミングだったのか、たくさんの美しく咲いているスミレたちに出会うことができました


最初に出会ったスミレは新潟のお山でも会ったテリハタチツボスミレです
車を停めた林道脇の斜面に何株か纏まって咲いていました
qn1 P5054104

脇枝を出して増殖していくので、1株から脇枝が何本も出ていて、あちこちに広がっていました
qn2 P5054091

例年お花が終わっていて、葉だけしか見られなかったのですが、今年は綺麗に開花したお花に出会うことができました
qn3 P5054090

qn4 P5054087

葉はぽってりと厚みがあり、照りがあります
qn5 P5054093

お花のアップです~・・ちょっと盛期は過ぎていますが、まだまだ綺麗なお花ですね
唇弁の紫条もさっぱりしていて、すっきりした美人さん
qn6 P5054102

この渓流沿いで一番目立っていたのは、スミレサイシンの群生です
岸辺や林床のあちこちで、大きな群落を作って咲き乱れていました~
qn7 P5054205

ちょうどベストなタイミングのお花です
qn8 P5054111

オオバキスミレも、スミレサイシンに負けないくらいに群生していました
qn9 P5054144

黄色のスミレは見ているだけで元気になりますね
qn10 P5054119

ナガハシスミレもあちこちで見られました・・ここでは、ちょっと盛期を過ぎていて、お花が萎れているようですが・・
qn11 P5054137

2年前にも出会っていたスミレの群落です
qn12 P5054153

今年も大きな群落を作っていました
qn13 P5054145 (2)

それにして素晴らしく大きな群落ですね!・・雑種強勢というけれど・・この群落のスミレはやっぱり雑種?
qn14 P5054160

お花や葉はオオタチツボスミレにそっくりなのですが、距が白ではなくて紫色
qn15 P5054158

しかも横から撮ってみると・・虚がオオタチツボスミレのようにぽってりしてなくて、細めでキュっと少し上向き加減
ということは・・どうやらオオタチツボスミレとナガハシスミレの交雑のイワフネタチツボスミレではないかと思われます
qn16 P5054159


大きな素晴らしいイワフネタチツボスミレの群落にも会えて、今年は渓流でのスミレ探索もなかなか充実していました

竿を持って釣りをしながら、スミレも山野草も写真に撮って、転ばないように沢を歩くのは至難の業
遡るのにたっぷり時間がかかってしまうのも、お魚さんがほとんど釣れないのも、仕方ないかもしれません~

あれもこれもと欲張りな?わたしたちでした~
スポンサーサイト

新潟県で出会ったスミレ

新潟でのお花見ハイキングで、出会ったスミレ、昨年は季節の進み方が早くほとんど残り花しか見ることができなかったのですが、今年はちょうど盛期のとっても綺麗なお花に出会うことができました


歩き初めてすぐに目に付いたのはオオタチツボスミレ、大きな群落があちこちに
qk1 DSC_7158

距が白くて、葉が大きいのが特徴のようです
qk2 DSC_6979 (2)

日本海側に咲くスミレ、スミレサイシン・・杉林の林床のあちこちで、ちょうど満開の綺麗なお花が見られました
qk3 DSC_6973

オオバキスミレは、明るい登山道沿いに群生していて、辺りをパァ~っと明るくしてくれます
qk4 DSC_6987

ちょっとお茶目さんの可愛らしいお花です
qk6 DSC_6976

そして、このお花見ハイキングの目的のスミレの一つ、ナガハシスミレです
qk7 DSC_7030

ナガハシスミレにもちょうど良いタイミングで出会うことができました
qk8 DSC_7125

距が長くてツンと上を向いているのが特徴・・やっぱり日本海側に見られるスミレです
qk9 DSC_7033

天狗の鼻のような距ですぐ見分けがつきますね
qk10 DSC_7034

そして・・一番の目的のスミレは、このアワガタケスミレです
qk11 DSC_7010

お花はナガハシスミレにそっくりなのですが、葉もお花もずっと小振り・・尾根沿いの、苔の間にポツリポツリと咲いていました
qk12 DSC_7016

この場所ではほとんどお花は終盤で、なんとか綺麗に咲き残っていたお花を撮影したのですが・・距が横を向いてしまってますね~
qk13 DSC_7012 (2)

2カ所めは雑木林の中の急斜面・・この場所ではまだ盛期の生き生きしたお花に出会うことができました
qk14 DSC_7040

お花だけではナガハシスミレと区別がつかないのですが、葉の基部が切型で、葉が厚めで照りがあるのが特徴のようです
qk14 P5043950

最初に出会った場所の株より少し草丈も高くて、大きめの株が多いような気がしました
qk15 DSC_7047

こんなに大きな株も
qk16 DSC_7053 (3)

盛期を少し過ぎていたようですが、まだまだ新鮮で可愛らしいお花たちでした
qk17 DSC_7054 (2)

お花のアップです~・・
qk18 P5043956

このスミレは、昨年も出会っていたのですが、お花がほとんど終わっていて、タチツボスミレの種であることしかわからなかったスミレです
今年は綺麗なお花が咲いていていくれました・・最初は、サンインタチツボスミレかな~・・と思ったのですが、どうやらテリハタチツボスミレのようですね
qk19 DSC_7069

別の場所では見ていたのですが、このお山では初めて開花しているお花に会えました
qk20 DSC_7080

葉は丸くてちょっと厚めで、葉の基部は切型です
このお花の唇弁は2枚に分かれていて、どうやら奇形のようですね
qk21 DSC_7075

お花のアップで~す
さっぱりと、涼し気なお花ですね
qk22 P5043961

このお山ではとっても美しいマキノスミレに出会えます
qk23 DSC_6994 (2)

qk24 DSC_7067

花色は赤味の強い紫色が濃くて、咲き始めたばかりのお花の美しさにはうっとりですね~
qk25 DSC_7086

見事に咲き揃った4つ子ちゃんですね
qk26 DSC_7108


今回は、ちょうど良いタイミングで日本海側に多く見られるスミレたちに出会うことができ、大満足のスミレ探索になりました

交雑のスミレ再訪

ゴールデンウイーク後半の初日、5月3日、前回会ったたくさん蕾を付けていた交雑のスミレがどうしても気になって、前回訪れた時から4日経過しているので、もう開花しているに違いない・・と・・再訪してみることに

ところが・・3日は早朝から高速の渋滞が40キロ以上という渋滞予測
そういうことなら、2日の夜のうちにお家を出てしまうことにして・・ピテカン君の帰宅を待って大急ぎ、夕食を済ませてお家を出ます

登山口の駐車場に車を停めて、この日は車中泊
翌日は、早朝のすがすがしいひんやりとした空気の中、歩き始めます・・お山はやっぱり早朝が気持ちが良いですね~・・


前回訪れた時にはまだ咲き始めたばかりで、蕾が多かったアカネスミレ・・すっかり咲き揃っていました
qi1 DSC_6889

小さなクルクル巻いた葉が、地面から顔を出したばかりだったアケボノスミレは、やっとお花が咲き始めていました
qi2 DSC_6897

蕾だったフモトスミレもしっかり開花していて、交雑のスミレの開花も期待できるかな~・・
ここのフモトスミレはキュっとしまったお顔の、とってもキュートなスミレです
qi3 DSC_6923

前回、ちょうど綺麗に開花していた交雑のスミレ、スルガキクバスミレは、盛期をちょっと過ぎていましたが、まだまだ綺麗に咲き残っていてくれました
qi4 DSC_6928

前回、もう少しで開花しそうだったもう一カ所の交雑のスミレ・・う~ん・・どうやらまだ少し早かったようでした
qi5 DSC_6922 (2)

一番上のお花が1輪、やっと咲き始めたようですが・・虫にでも齧られたのか、正常花ではないようです・・
qi6 DSC_6913

その下に5~6個の今にも開花しそうな蕾・・この日の午後か、翌朝には開花したようですが、残念!わたしたちは綺麗に開花したお花には会うことができませんでした
qi7 DSC_6911

↑の株のすぐ近くにあった株・・この株の蕾が一番多かったのですが、こちらもどうやら虫に齧られたようで、正常花が開花するかどうかちょっと心配
qi8 DSC_6914

qi9 DSC_6916


もう少し待っていれば開花が見られたかもしれないのですが、登山道沿いなので登山者も多く、ゆっくり待つこともできないので、開花したお花に会うのは諦めて、下山することに

この日は、もう1カ所、別のお山で交雑のスミレ探しを予定・・午前中にスルガキクバスミレのお山を下りて、午後から移動です

この辺りに目的の交雑のスミレがあるはず・・フイリフモトスミレが綺麗に開花していて・・
qi10 DSC_6933

たくさんのお花を付けた綺麗なフイリフモトスミレも
qi11 DSC_6944

傍らにはマキノスミレがたくさん
qi12 DSC_6935

で、交雑のスミレですが・・こちらはミドリミツモリスミレのようですが、小さな株で、しかもお花は終盤
qi13 DSC_6941

ミツモリスミレも葉だけしか目につかず・・
qi14 DSC_6958

お花が見られませんでした~
qi15 DSC_6960

美しいフモトスミレに慰められて、お山を下ります
qi16 DSC_6961



翌日は新潟方面のお山を歩く予定・・この日は新潟のビジネスホテルにお泊り予定

かなりの長距離の移動になってしまい、しかもゴールデンウイークの初日とあってあちこちで渋滞・・すっかり遅くなってやっとお宿のビジネスホテルに到着でした~

更に交雑のスミレ探しです~

今年のGWは、カレンダー通りにお仕事のピテカン君も、3日から7日までの5連休になりました
ということで、目いっぱい3日から4泊5日で予定を入れてしまいました・・

GW中の渋滞予測を見てみると・・3日は早朝から40キロ以上の渋滞の予測
仕方なく2日にピテカン君の帰宅を待って、大急ぎで夕食を済ませて、出かけることに・・

7日夜遅くに帰宅・・ピテカン君は8日からお仕事・・元気です~

遅くなりましたが、やっと29日の交雑のスミレ探しの続きです~・・
スルガキクバスミレのお山から下山して、次に向かったお山は、一昨年まで素晴らしいミドリミツモリスミレのお花が見られたお山です
昨年はかなり株が衰退していて、お花を数輪しか付けなかったらしいのですが・・今年はどうなっているかな~

気になっていたので、様子を見に行ってきたのですが・・


ちょうどマキノスミレが咲き始めていて・・
ミドリミツモリスミレにはちょっと早かったかな~・・株は残っているかな~・・急いでお山を登ります
qg1 DSC_6727

マキノスミレは綺麗に開花していました・・が・・探し物はなかなか見つかりません
株があったと思われる場所を行ったり来たりして探してみると~・・
qg2 DSC_6728

どうやらこの株らしい・・?
蕾が1個だけで、葉が2枚・・雑種はいずれ衰退して、消えてしまうとは聞いていたけれど・・なんだかこの1株が愛おしく感じられました
qg3 DSC_6731


再び移動して~・・
次の目的地はハグロスワスミレの棲息地です~
移動時間が長く、明るいうちに目的地に着けるか心配したのですが、なんとかギリギリ間に合いました

車を駐車場に停めて、大急ぎでハグロスミレの群生地に向かいます・・一面のハグロスミレの群生している中に、ギザ葉の株が何株か目に入りました
qg4 DSC_6750

その中にお花を付けた株が3株・・2株はちょうど綺麗に開花していました
qg5 DSC_6749

qg6 DSC_6739

暗紫色の葉の中に、浮き上がるようにして咲くお花が可憐ですね
qg7 DSC_6740

蕾の株は、翌日には開花しそうですね
qg8 DSC_6742

お花は色白のエイザンスミレのように、ふっくらさんですが、唇弁の紫条がハグロスミレ似でくっきり・・薄っすらとピンク色がぼかしになっているのが、交雑のスミレらしいですね
qg9 P4293859

横顔もパチリと~・・
qg10 DSC_6762

ハグロスミレもちょうど花盛り
qg11 DSC_6756

新鮮で綺麗なお花を見せてくれました
qg12 DSC_6758


大急ぎで3カ所の交雑のスミレを訪ね、最後の駐車場から車を出したころには辺りは暗くなりはじめていました~・・

この日は急遽お泊まりすることにしたので、ビジネスホテルを予約・・翌日は別のお山で、お花探索の予定です

まだまだ交雑のスミレ探しです~!

4月の最終週末、4月29、30の土日、1泊2日で交雑のスミレ探しと、この季節に見られるお花探索の旅に出掛けてきました

ゴールデンウイークの初日ということで、遅くなると高速の渋滞が始まるので、なるべく早く・・といっても、いつも通り?4時起き5時出発でお家を出ました

まだまだ高速はスイスイ余裕かな~・・と思っていたのですが、やっぱりゴールデンウイーク!・・なんとか渋滞にはならないまでも、車は多め
いつもの早朝のようにのんびりとはいきません

それでもなんとか目的地の駐車場には8時過ぎに到着

さっそく朝食を済ませて歩き始めます~


春のお山は芽吹きの季節~
秋の紅葉も素敵だけれど、春の芽吹きも生気が溢れていて、大好きです~
qf1 DSC_6632

歩き始めは杉林の中の急登・・ここのところ山登りから遠ざかっていたので、久々の山登りは疲れます~
qf2 DSC_6647

やっと杉林の急登が終わって一休み・・なかなか気持ちのよい雑木林で~す
qf3 DSC_6651

その後は緩い傾斜のトラバース道・・杉林が終わると、岩場も出てきて、ちょっと緊張します・・
qf4 DSC_6656

少し進むと、パッと目に飛び込んできました~・・この日の目的のスミレ、スルガキクバスミレです
qf5 DSC_6678 (2)

大きなギザギザの葉と、フモトスミレのお花を一回り大きくしたようなお花・・一目で交雑のスミレだとわかりました
qf6 DSC_6687

qf7 DSC_6669

その美しさにびっくり~・・!
qf8 DSC_6686

ちょうど満開の綺麗なお花に出会えたようです
qf9 DSC_6689

柔らかでふっくらと優しい表情で、艶やかで華やかな印象のお花に、うっとりです~
qf10 DSC_6681

お花のアップです~・・ほんとに美しい~
qf11 P4293827

カッパ、美しいお花を激写中?!
qf13 DSC_6697

そしてなんと~・・近くでもう1株見つけてしまいました~
残念ながら、まだ蕾・・もう数日で開花しそうなんだけど・・
qf14 DSC_6704

更に同じ場所でもう2株・・こちらもまだ蕾・・開花しているお花に会いたかったな~・・
qf15 DSC_6707

すぐ横には、たくさんの蕾を持った片親のフモトスミレ・・こちらも、もうすぐ咲きそうですね
qf16 P4293833

こちらはもう開花しているフモトスミレ
qf17 DSC_6668

もう片親のエイザンスミレも、まだいくつかお花を見ることができました
qf18 DSC_6701

その他では、ナガバノスミレサイシンがいっぱい
qf19 DSC_6663

このお花は、白い花弁にさっと筆で刷いたような紫色の筋が美しい
qf20 DSC_6667

おやおや~・・ナガバノスミレサイシンの傍には可愛らしいフデリンドウのお花です~
qf21 DSC_6661

この日は素晴らしい好天だったので、フデリンドウの鮮やかなブルーが輝いているようですね
qf22 DSC_6659

途中の杉林の中に纏まって咲いていた、ほとんど白花といっていい?タチツボスミレでした~
qf23 DSC_6641

↑のタチツボスミレをアップで・・距がほんのりとピンク色なので、やっぱりオトメスミレのようですね
qf24 DSC_6640

こちらはフイリヒナスミレですね
qf24 DSC_6648

アカネスミレもまだまだ綺麗に咲いていました
qf25 DSC_6637

ヒゲネワチガイソウは風に揺れてなかなかカメラに収まってくれませ~ん
qf26 DSC_6654

この辺りでは多く見られるセリバヒエンソウ
qf27 DSC_6722

帰化植物だけれど、よく見ると可愛くて、ちょっと変わったお花の構造をしていますね~
qf28 DSC_6633

いかにもスミレが好みそうな気持ちの良い雑木林・・今回は、もう一カ所廻る予定があるので、時間に余裕がなかたのですが、時間のあるときに、ゆっくりスミレ探索するのも良いですね~・・
qf29 DSC_6714



目的の交雑のスミレ、それもとびきりの美人さんに会えて、大満足でお山を下ります

車に戻って・・さて、午後からもう一カ所、やはり交雑のスミレに会うために移動です~・・

この日のスミレ探索はまだまだ続くのですが・・ゴールデンウイーク後半もお出かけするので、続きはゴールデンウイーク明けに記事にします
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる