久しぶりに出会えました~

白馬登山とお花巡りの旅から帰宅して1週間、先週末はさすがにお家でゆっくり~・・のつもりでしたが、お天気予報ではピカピカの秋晴れ予報
せっかくのお天気なのにお出かけしないわけにはいきません~・・ということで、お花探索に出かけてしまいました~・・

久々の週末の晴れお天気・・高速道路の渋滞はきっと早くから始まりそう~・・わたしたちもなるべく早くお出かけすることに
4時起きで5時前にお家を出ます

それでも高速道路は予想以上に車が多く、何ヶ所かで短い渋滞に遭遇

目的地のお山の登山口の駐車場に車を停めたのはもう9時をすっかり過ぎていて・・大急ぎで朝食を済ませ、用意をし、目的地に向かってお山を登り始めます


歩き始めて30分ほどの林床で、全草がちょっと濁ったような薄黄色の植物が目に入りました
お目当てのラン、アオキランです
ud1 DSC_2152

何年か前に、別のお山に登山した時に、偶然目にして以来、久しぶりの出会いでした
ud2 DSC_2151

近づいてみると・・ちょっと盛期は過ぎていたけれど、飴色の地に赤い斑点がなかなか綺麗なお花でした
ud3 P9096628

近くに、20株ほどが一塊になって咲いていたのですが、こちらはかなり盛期を過ぎていて、お花が萎れてしまっていました
ud4 DSC_2147

訪れる時期としては、少し遅かったようですね
ud5 DSC_2144

別の場所には10株ほどの群生・・こちらはちょうど盛期のようで、綺麗なお花を見せてくれました
ud6 DSC_2166

木漏れ日を浴びて、不思議な輝きを放っていました・・葉緑素を持たないランは独特の雰囲気がありますね
ud7 DSC_2179

お花はまだまだ新鮮
ud8 DSC_2169 (2)

正面からのアップ写真です・・開花したばかりでしょうか・・まだ花粉塊を付けています
ud9 P9096645 ○

斜め横からアップしてみると、唇弁の奥に穴があり、距につづいているのがよくわかりますね
ud10 P9096651

別の場所では、こんな珍しいお花に出会うことができました
ud11 DSC_2182

全草が黄金色のアオキランです
ud12 DSC_2191

唇弁にあるはずの赤い班が全く見当たりません・・無班のお花でした
ud13 DSC_2184

開花してかなり時間がたっているようで、お花は萎れ初めていたのですが、それでも透けるような黄金色は、目を引く美しさですね~
ud14 DSC_2187

お花のアップで~す・・花粉塊も落ちていて、撚れ気味です・・新鮮で綺麗なお花に会いたかったな~・・
ud15 P9096671 ○



前回別のお山で出会っていたアオキランは、綺麗?という印象はなく、みすぼらしい?お花だな~・・なんて思っていたのですが、今回、新鮮なお花に出会い、琥珀色のような地色に赤い斑点が美しいランだと再発見でした

黄金色の株は、ちょっと遅かったのが残念・・次回は新鮮で輝くようなお花を見たいな~・・なんて思ってしまいました~

アオキランのお花を楽しんで、午前のお花探索は終了
午後からは、別のお花に会いに移動です~
スポンサーサイト

開花したお花に会いに・・再訪しました~

東京近郊の里山で、綺麗に開花したクロムヨウランを堪能した後は、7月末にヒナチドリと一緒にご案内いただいたツリシュスランの、開花したお花に会うために、富士山麓に移動です~・・



けっこうな距離の移動・・目的地の駐車スペースに車を停めたのは、もうお昼を過ぎていました・・お天気予報では午後から雨の可能性も・・ということで、取りあえず目的のツリシュスランに会いに、大急ぎで樹林帯の中へ
tl1 DSC_1006

樹林の中をGPS頼りで、1時間ほど登って行くと、目的のイタヤカエデの木に着きました
tl2 P8196058

3週間前にはやっと花茎をだしたばかりだった株は、見事にかいかしていました
見上げると・・なんと19株のツリシュスランです
tl3 DSC_0972

そうなんです!・・今回の撮影のため、脚立を担ぎ上げてきました~・・
tl4 DSC_0971

手の届く距離に綺麗に開花したお花です~
tl5 DSC_0946

tl6 DSC_0990

少し上にあった株は、下からかなり開花が進んでいて、綺麗なサーモンピンクに染まっています
tl7 DSC_0948

tl8 DSC_0949 (2)

この株はちょうど咲き始めたばかりのフレッシュなお花ですね
tl9 DSC_0955

3株横一列に並んで、着生していました
tl10 DSC_0958

tl11 DSC_0992

別の角度から撮ってみると、こんな感じで~す
tl12 DSC_0982

別の場所では5株纏まってさいていました
tl13 DSC_0994 (2)

一番近くの株をアップ気味に・・少し遅かったようで、下の方のお花は、茶色っぽくなっていましが、まだまだ上の方は蕾でした
tl14 P8196048

お花のあっぷで~す・・シュスラン独特の、歌うようなお花の表情が可愛いですね
tl15 P8196050

脚立を背負って・・なんとも滑稽な?格好で撮影中のピテカン君です~
tl16 P8196068

別の木の、かなり高い位置に、1株ツリシュスランの姿・・↑でピテカン君が狙っているのですが、ちょっと高過ぎでした~
tl17 DSC_0935

この樹林では、その他いろいろな着生植物に出会いました・・ちょうど花盛りだったイワギボウシ
tl18 DSC_0938

ギボウシが気に着生しているなんて、びっくりですよね~
tl19 DSC_1007 (2)

また別の木には、トガスグリヤシャビシャクが着生
tl20 DSC_1002

可愛らしい実ですね
tl21 DSC_1004

マツノハマンネングサのお花がちょうど花盛り・・綺麗なお花でした
tl22 DSC_1005

こんな大木も見られ樹林の中・・他にのもツリシュスランがないかな~・・ちょっと探してみたのですが・・
首が痛くなって・・早々に諦めました~
tl23 DSC_1000


車に戻って、遅いランチ・・って3時過ぎていたので、お茶の時間ですね
その後、もう一カ所、まだ少し時間が早かったので、マネキグサの群生地に立ち寄ってみることに

ちょっと早いかな~・・とは予想していたんですが、やっぱり早過ぎました
よ~く探して・・なんとか数株の開花しているお花に会えました・・愛嬌のある可愛らしいおはなですね
tl32 DSC_1021

この株は2花開花していました
tl33 P8196074


この日は盛りだくさんのお花探索だったのですが、目的のお花たちに会えて、大満足でした・・

この日は、急遽お泊りの予定に・・富士宮のビジネスホテルに、なんとかお部屋を取ることができました・・翌日は梨ケ原でお花探索を予定で~す

明日26日からピテカン君の夏休みで、数日お出かけしてきます
梨ケ原のお花探索の記事は、また帰宅後にアップしますので、よろしくお願いいたします

里山でラン探し

8月19日の土曜日は、棲息地の情報をいただいて、東京近郊の里山に、お初のランに会いに出かけてきました

道路脇の空きスペースに車を停めて、里山を登り始めるのですが、この日も湿度が高く、気温も上がってきて、蒸し暑い~
しばらく踏み跡を辿って・・この辺りかな~・・と思われるところから、竹林の中へ


暗い竹林に目が慣れてくると、やっとお目当てのランが目に止まりました・・クロムヨウランです
最初に目に付いたこの株は、まだ開花していないようでした
tk0 DSC_0923

小さくて、名前のように全草が黒っぽいランなので、踏まないように気をつけながら辺りを探してみると・・少し先に、白いお花が見えます・・どうやら開花しているお花のようです
tk1 DSC_0859 (2)

近づいてみると・・黒っぽい花茎の先端に、白く輝く小さなお花が綺麗に開花していました
tk2 DSC_0862

唇弁は匙状で先端が薄っすら紫色・・ぜひ会ってみたいランでした~
tk3 DSC_0866

菌従属栄養植物なので、もちろん葉はないのですが・・棒っきれのような花茎の先端に、こんなに美しいお花が咲くなんて、不思議ですよね~
tk4 DSC_0872

唇弁の紫色は、咲きはじめて時間がたつと薄くなってくるように感じるのですが・・
tk5 DSC_0874

この株はまさに満開に開花しているようですね
tk6 DSC_0877

tk7 DSC_0882

どうやら朝開花して、10時頃には萎んでしまうようで、開花は1日だけのようです~・・
tk8 DSC_0893

TG-3の深度合成で撮ってみました・・ピテカン君の単焦点のマクロレンズとは、またタイプの違った写真になりました
tk9 P8196009

これからまさに開花しようとしている株・・8時頃に訪れて、1時間ほどの滞在の間に、開花しているお花が増えているような気がします
tk10 DSC_0914

唇弁の先端の紫色が鮮やかですね
tk11 DSC_0916

↓のアップ写真はTG-3の深度合成で撮ったものです・・陶器のような質感がよくわかりますね
tk12 P8196037

tk13 P8196029

tk14 P8196046

tk15 P8196011

tk16 P8196021

唇弁をアップしてみました・・透き通ったガラス細工のようですね~
tk17 P8195992

蒸し暑さと、蚊の襲撃に耐えて・・撮影風景です~
tk18 P8196025

しっとりした里山では、キノコがあちこちニョキニョキと~・・白で目立っていたシロオニタケです
tk19 DSC_0932

赤くてオニイグチのようだたったので、赤鬼イグチと勝手に命名・・帰宅後調べてみるとキクバナイグチというキノコでした~
tk20 DSC_0933

ブルーで綺麗だったので、パチリと・・不明のキノコです
tk22 P8196040



クロムヨウランは、午前中しか咲かないお花のようで、わたしたちが訪れた時間からちょうど開花が進むようで、目が慣れてくると、あちらこちらで、開花しているお花が目に入りました

竹林の中は蚊の天下?・・蚊取り線香でなんとか我慢・・十分にお花を堪能して、里山を下りました

さて、もう一カ所、開花したお花に会いに移動です

尾瀬ケ原で花散歩・・その3 出会ったランのお花たち

ここでは尾瀬ケ原で出会ったランを紹介します


尾瀬に小さなこのランが咲くと教えていただいて、ぜひ一度会ってみたいと思っていた目的のラン、ヤチランです
tj1 DSC_0707 (2)

じっくりと湿原の中を目皿状態で探して、やっと見るけることができた時は感動でした
tj2 DSC_0700 (2)

草丈は思っていたより高目だったのですが、周りの草に紛れていて、なかなか見つりませんでした
tj3 DSC_0683

根元には、ちゃんと2枚の葉がわかりました
tj4 DSC_0686

小さなお花をアップ気味に撮ってみると、ラン科のお花だとわかりますね
tj5 DSC_0694

よく見ると端正なお花ですね
唇弁が上にあり、いわゆる子房に捻じれのないタイプのランだそうです
tj6 P8145902 (2)

そしてこの湿原でのもう一つの目的のお花は、オゼノサワトンボです
tj7 DSC_0776

湿原にぽつりぽつりと涼し気に風に揺れていました
tj8 DSC_0743 (2)

tj9 DSC_0748

ミズトンボ属でオオミズトンボの変種だそうです・・
tj10 DSC_0722

お花をアップ気味に・・ちょうど見頃のようで、先端まで綺麗に開花していました
tj11 DSC_0726

更にアップで~す・・唇弁の十字がミズトンボ属の特徴だそうです・・それにしても面白い形態のお花ですよね~
tj12 P8145940

オゼノサワトンボに混じって、ほっそりとした姿を見せていたのは、コバノトンボソウ・・ピンと跳ね上がった距がトンボのようで、可愛いですね
tj13 DSC_0664

湿原で見られたオオヤマサギソウ・・オゼノサワトンボかと思っていたのですが、よく見るとお花の形が違っていました
tj14 DSC_0759

お花をアップ気味に・・ツレサギソウ属の特徴のあるお花ですね
tj15 DSC_0764

このお花も同じオオヤマサギソウですが、この株は湿原と湿原の間に点在している樹林帯の林床で見たものです
根元ちかくに大き目の葉が2枚付いているのがよくわかりました
tj16 DSC_0781

この株は、ちょうど咲き揃った見頃のお花ですね
tj17 DSC_0784

お花のアップです~
tj18 P8145946

コイチヨウランは、往路では見過ごしていたのですが、帰路に目に止まりました
tj19 DSC_0834 (2)

ひょろひょろした花茎の先端にちょこんと乗った小さなランのお花ですね
葉が紫色のタイプのコイチヨウランです・・緑色のものもあるそうですが、今回は見つけられませんでした
tj20 DSC_0828 (2)

tj21 DSC_0824

お花のアップです~・・・・整ったランらしいお花ですね
tj22 P8145960

アリドオシランは、林床で目立たずひっそりと咲いていました
tj23 DSC_0842 (2)

tj24 DSC_0838 (2)

お花のアップです~・・まだまだ新鮮で綺麗なお花でした
tj25 P8145976



今回の尾瀬ケ原のお花探索での目的のランはヤチランとオゼノサワトンボ・・ヤチランは1株だけでしたが、なんとか見つけることができ、オゼノサワトンボは点々と散在している姿を見ることができました

おまけに、予想していなかったオオヤマサギソウとの出会いもあり、コイチヨウランやアリドオシランといった可愛らしいランにも出会うことができました

尾瀬にはたくさんのランが棲息していると、つくづく感じさせる今回の尾瀬ケ原のお花探索でした

やっぱり尾瀬は素晴らしいお花天国・・しばらくご無沙汰だったのですが、また季節を変えてぜひ訪れたいと思いました

夏に咲くランを探して・・その2

初日のお泊りは、会津の定宿、たつみ荘さん・・夕食の後は、夜更けまで女将さんと旦那さんと一緒に美味しいお酒を酌み交わします・・旦那さんはお酒が飲めないので、お茶けですが~・・

翌朝は、ゆっくりと起きだして、すぐ隣にある大塩温泉の共同浴場へ・・露天風呂には湧きだした源泉がそのまま引きこまれているので、炭酸のシュワシュワ~が存分に味わえます~
朝風呂の後は、美味しい朝食もたっぷりといただいてお宿を出ます・・この日の目的地へと車を走らせるのですが・・

お宿を出てしばらくすると、ぽつりぽつりと雨が降り始め、目的地に近づくに連れて、次第に本降りになってきました~
林道脇のちょっと広くなった場所に車を停めたのですが、その頃にはザ~ザ~と雨音も激しく、土砂降りに
仕方なく1時間ほど雨の様子を見ながら、車の中で停滞です~

1時間ほどすると、なんとか小雨程度になってきたので、上下雨具に身を固めて、急な杉林を登り始めます
ひと登りして少し平らになった杉林の林床に、目的のラン、ナツエビネが自生しているはず・・あたりをキョロキョロ見回してみると・・


花芽を付けた大きな株が目に入ったのですが・・残念!少し早かったようで、やっと花茎を伸ばしたばかりです
tg1 DSC_0584

tg2 DSC_0592

昨年も見た一番たくさんの株がまとまって咲いていた場所も、花茎は何本か見られるものの、開花しているお花はなく・・がっかり~
今年は雪が多く、雪解けが遅かったようなので、やはりナツエビネも開花がかなり遅れているようです~
tg3 DSC_0548

どこかに1花でも咲いているお花に会えないdかと、あちこちウロウロ探していると・・シダの葉の間にチラリとピンク色が覗いていました~
なんと咲いていてくれました・・それも3株も
tg4 DSC_0531

雨の中を急な杉林を登ってきた甲斐がありました
tg5 DSC_0527 (2)

tg6 DSC_0530

やっと下から咲き始めたばかりのようですね・・先の方には蕾がたくさん纏まって付いていてい、これからどんどんと花茎を伸ばして、たくさんのお花が咲くのでしょうね~
tg7 DSC_0529

満開の状態も見てみたいけれど、咲き始めたばかりのフレッシュで初々しいお花も美しいですね~
tg10 P8135863

雨に濡れたしっとり感も、美しさを際立たせているようですね
tg8 DSC_0537

お花の上に色鮮やかな虫さん・・蜜を吸っているのかな~・・?
tg9 DSC_0534

他にも開花している株はないかな~・・あたりをウロウロ~
この株はやっと1花、一番下のお花が開花したばかりのようですね
tg11 DSC_0594

あと数日で、すぐ上の蕾も開きそうですね
tg12 DSC_0597 (2)

更にもう一株・・この株は↑の株よりまだ少し開花が進んでいるようですね
tg13 DSC_0575

tg14 DSC_0571

美しいお花です・・暗い杉林に咲く「夏の妖精」・・といったところでしょうか~
tg15 DSC_0574

お花のアップで~す・・会津のナツエビネは、前日見た里山のナツエビネと比べて、お花の色合いが濃いような気がします
tg17 P8135859

後ろから写してみましたが、なかなか可愛らしい表情が撮れました
tg18 P8135884

ナツエビネの撮影に夢中になっていると、いつの間にか雨も止んで・・空も明るくなってきました
tg16 DSC_0601

この杉林では、こんなお花も見つけてしまいました・・どうやらハクウンランのようですね・・
tg19 DSC_0557

お花のアップです・・ハクウンランには赤みを帯びるものもあるらしいのです
tg20 P8135867

自生のナツエビネ、少し早かったのですが、なんとか開花しているお花に会えました・・大満足で杉林を下り、車に戻ります
お宿をゆっくり出た上に、雨で1時間以上も停滞し、ナツエビネも開花しているお花探しに思わぬ時間を費やしてしまい、車に戻ったのはもう1時過ぎ
もう1ケ所、会いたいお花があり、しかもかなり移動に時間がかかります~
ということで、大急ぎ移動です

2ケ所目での目的のお花は、湿原や水辺近くに咲くオオアカバナ・・昨年も探したのですが、時期が遅くお花は終わっていて見ることはできなかったので、今回お初のお花です
tg21 DSC_0629

小川の流れのすぐ脇の、葦原に草丈1.5メートルほどもある、大きな株が何株か自生していたのですが、遠すぎるうえ、足元は湿地のため近づけません
ズームしてやっとお花の姿を捉えることができました
tg22 DSC_0630

更にもう少しズームです
tg23 DSC_0636 (2)

どこかに近くで見られるお花はないかな~・・探していると1ケ所、道路脇で何株か見ることができました
ただ開花しているお花は2花のみで、この場所はあまり条件が良くないようですね・・
tg24 DSC_0607

お花のアップです・・雌しべの柱頭が4裂するのがオオアカバナの特徴だそうだそうです
なかなか面白いですよね~
tg25 P8135892


なんとかお花のアップも撮ることができて、この日も満足のお花探索になりました

さて、翌日は尾瀬のラン探しを予定、尾瀬の登山基地、片品まで移動です・・車中泊を覚悟だったのですが、急遽素泊まりの民宿を予約することができ、何とかお布団で寝ることができます

この日は朝の出発が遅かったうえに、雨による1時間ほどの停滞、オオアカバナの自生地では、近くで見られるお花を探すのに時間を取られて、予定よりかなり遅くなってしまいました

高速は、この日からUターンラッシュが始まっていて、上りがノロノロの激しい渋滞・・移動距離もかなりあり、予想外に時間がかかってしまいました

途中のコンビニで食糧を買い込んで、片品の民宿に辿り着いたのはもう10時前・・大急ぎ、お風呂で汗を流し、ビールで軽めに夕食を済ませ、翌日に備えてお布団の中に
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる