北アルプス、花と温泉の山旅・・その5 黒部川源流散策

翌8月5日も、三俣山荘のテント地で連泊予定
ということで、この日は、ゆっくりと黒部川の源流で、沢遊びと渓流釣りを楽しむことに
この日のために、渓流シューズとヘルメットを持ってきたのです~・・と言いたいのですが

実は、当初のピテカン君の予定では、前日、8月4日は高天原から雲の平を経て三俣山荘へ、山荘でテント用の荷物をピックアップし、そのまま黒部五郎小屋に向かい、黒部五郎小屋で、テント泊
翌日は、黒部川源流赤木沢を遡って黒部五郎岳を越えて、黒部五郎小屋に戻るという、けっこうハードなスケジュールだったのです~

ところが、カッパが初日の暑さでバテてしまい、気力が回復せず、予定変更して、黒部川源流散策して、のんびりすることになってしまった・・ということなのです~

ピテカン君は赤木沢の沢登りを楽しみにして・・さかんに残念がるのですが・・カッパは、赤木沢を詰めて黒部五郎岳を越える自信がなく・・やむなく中止の決断をしてしまいました~


この日も快晴・・テント地のすぐ脇から黒部川の源流を目指して下り始めます
1y DSC_0011

枝沢を辿って本流へ
2y P8052984

しばらく下って、本流に出会いました・・ここから竿を出すことに
3y P8052987

カッパに最初のお魚さんで~す
4y P8052994

小型ではありますが、美しい居付きのイワナさんで~す
5y P8052995

しばらく下っていくと、雪渓に出会いました・・
6y P8052996

雪渓を通過・・冷たい風が気持ち良い~
7y P8052998

澄み切った美しい流れに竿を出すと・・
8y P8053006

すかさずお魚さんが釣れました・・雪渓を超えると、ほとんど入れ食い状態に
9y P8053007

ピテカン君にも岩魚さん
10y P8053004

立て続けに釣れました
11y P8053043

美しい姿の岩魚です
12y P8053031

TG-3で水中撮影・・鰭が大きくて綺麗ですね~
12y P8053032

泳ぐ姿は躍動感があって、さすが居付きのお魚さんです
釣ったお魚さんは、全てリリース・・楽しませてくれてありがとね~
13y P8053029

お魚さんとたっぷり遊んだ後は、コーヒーブレイク・・甘い一口羊羹が美味しい~
14y P8053046

お昼も美味しくいただきました~
15y P8053047

もちろんお花探索も忘れずに・・キバナノコマノツメが群生してました・・
16y P8053020

整った美しいお花です・・咲き始めたばかりの、新鮮なお花のアップで~す
17y P8053023

オオバキスミレかな~・・と思ったのですが・・ミヤマキスミレでしょうか・・?
18y DSC_0015

葉が3枚、一か所から出ているようなので、ミヤマキスミレかと思ったのですが・・ちょっと自信ありません~
19y P8053073 (2)

お花のアップで~す・・ふっくらした、艶やかお花です~
写ってないのですが、花弁の裏側が朱赤で、鮮やか色合いです
20y P8053075

中洲には、大きなミソガワソウの群落がデ~ンと
21y DSC_0019

涼しそうな色合いのお花です
22y P8053049

あちこちに見られたヤマガラシ
23y P8053068

キヌガサソウも大きな葉を元気いっぱい広げて咲いていました
24y DSC_0022

雪渓まで戻ってきて・・冷たい風に生き返ります~
24y P8053069

大岩をよじ登って・・登山道まで本流を遡ります
25y DSC_0021

雲の平からの登山道に出ました・・一登りで三俣山荘のテント地です
26y DSC_0024

この日も、夕立になる前には、テントの中
お疲れビールも美味しくいただいて・・お夕飯で~す
27y P8053084

夕立が通り過ぎた後には、三俣蓮華岳が夕焼けに染まっていました
28y DSC_0029


この日は、のんびりと沢を楽しんで、移動のない一日でした~

いよいよ翌日は最終日、新穂高温泉に向けて下山で~す
連日、陽が昇ると暑すぎる日が続いているので、早朝の涼しいうちに登りを済ませてしまおうということで、朝は3時起き、4時出発を予定

早々にシュラフに潜り込みましたが・・7時前からなんて、とてもじゃないけれど眠れませ~ン
スポンサーサイト

庄内で渓遊び

3日は思ったより早めに・・とはいっても、すでに午後6時過ぎでしたが・・無事に辰ヶ湯温泉さんに到着
長年通いなれた旅館なので、ほ~っと気持ちが安らぎます~

ゆっくりとお湯に浸かって疲れを取り、お疲れビールで乾杯・・おいしい夕食をたっぷりといただいて・・
この日は早目に就寝

翌日のお天気予報では、午後2時過ぎから雨予報・・ということで、早朝早目に入渓し、お昼過ぎには上がることにして、朝食はおにぎりを用意していただくことにしました

6時過ぎにお宿を出発
早朝の渓流は、爽やかで、吹く風もとっても気持ち良い~
1-1 P5041417

釣り始めてすぐに、ピテカン君の竿に可愛らしいヤマメです
2 P5041418

カッパは、山菜採りに集中・・腰の山菜袋がだんだんと重くなってきました~
3 P5041446

山菜採りの合間に、釣り女子してま~す
4 P5041447

この渓流は、小さめの渓なので、気持ちよく歩けます
5 P5041448

渓は次第に狭まってきて、よさげなポイントが続きます
6 P5041451

やっとカッパにもヤマメちゃんが釣れました・・って実はカッパはほとんど釣りしてません
ほとんどの時間は、山菜採りでした~
7 P5041450

このあたりから、ゴルジュが始まります・・このゴルジュは右岸を巻けるのですが、かなり時間がかかってしまいます
この日は、午後から雨予報・・雨になる前に渓を出ることに
8 P5041452

辰ヶ湯温泉さんで作っていただいたおにぎりを、美味しくいただきます・・お腹ペコペコです~
モーニングコーヒー付きで、朝ごはん終了
沢伝いに車まで戻って、この日の渓遊びは終了
車に戻った頃から雨がポツリポツリと・・グッドタイミングでした~
9 P5041455

翌日は、朝風呂もゆっくりまったりと~・・
温泉を楽しんだ後は、辰ヶ湯さんの美味しい朝食をたっぷりといただいて、昨日とは別の渓へ
この渓は、前日の渓より、少し大き目の渓・・渡渉がちょっと大変なのです
例年、どこかで渡渉できなくなって引き返すのですが、今年は、いつもより水量が少ないので、最後まで行けそうかな~
10 P5051500

雪代もほとんどないようで、真夏のような流れ・・こういう時には、お魚さんは食いが渋く、なかなか釣れません
11 P5051501

この日はカッパもけっこう竿を出しているのですが・・
12 P5051504

やっとピテカン君に待望のイワナちゃん・・遊んでいると逃げられちゃうよ~
13 p5051502

カッパの竿にも、イワナちゃんで~す・・しかも一番の大きさ・・8寸以上はありました
14 P5051516

お魚さんは、あんまり釣れなかったけれど、山菜はけっこう満足な量をゲット
林道への急な斜面をよじ登って、この日の渓遊び終了で~す
16 P5051526

2日間で採れた山菜たちです
タラノメ・・一番芽はほとんど採られていたのですが、採られなかった一番芽はすでに30センチほども伸びていました
P5041426.jpg

ウド・・すでに大きく育ったものが多く、雪渓脇で、ほんの数本、食べごろを採ることができました
P5041444.jpg

運良く見つけたオオナルコユリの新芽・・なかなか採れない、貴重な山菜です
P5041427.jpg

アイコ(ミヤマイラクサ)・・例年ならまだ小さくて採れないものが多いのですが、今年は丁度良く育っていて、たくさん採れました
チクチクと・・何回か痛い思いをしました~
P5041423.jpg

ウルイ(オオバギボウシ)も今回は食べごろのがたくさん・・癖のない美味しい山菜です
P5041420.jpg

シオデ・・杉林でけっこうたくさん採れます
P5051525.jpg

コゴミ(クサソテツ)・・雪が融けて一番に出る山菜なので、今回は雪渓脇でほんの少ししか採れませんでした
P5051511.jpg

シドケ(モミジガサ)はちょっと育ちすぎかな~・・と思ったけれで、なるべく柔らかそうなものを探していただいてきました
P5051506.jpg

ヤマブドウの新芽は天麩羅にすると美味・・ちょっと酸味があって、ブドウの香りがします
P5041481.jpg

ミツバは大量に・・柔らかな新芽の部分はとっても美味しそう~
P5041474.jpg


2日間、たっぷりと渓遊びを楽しみました~
辰ヶ湯温泉さんに戻って、再びの温泉・・渓の疲れをゆっくりほぐして・・温まりました~

庄内から我が家までは、ほぼ7時間・・思ったより渋滞も少なくスムーズに流れていたのですが・・
やっぱり遠いですね~

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる