ミドリミツモリスミレ

先週末、26,27日、晴天の絶好のお出かけ日和だったのですが、カッパのバレエの発表会のため、2日ともお出かけできなかったので、29日の祭日は、お待ちかねでスミレ探索を予定
先々週、会うことができなかった、または、まだ早すぎて咲いていなかった3種類のスミレに会うという宿題を、一日で片づけなければいけないのです。
スミレは待ってはくれませ~ん・・今年は咲き始めるのはかなり遅れたようですが、咲き始めると一気に終わってしまうようなのです

ということで、一日で全部廻ってしまおうと欲張りな計画をたて、早朝4時に我が家を出発

最初に、先々週やっと蕾が色付き始めたばかりだった大株のミドリミツモリスミレに会いに、奥多摩方面へ
先々週は蕾もまだまだ小さくて・・まだ開花していないかな~・・と心配だったのですが・・


今年もきれいに咲いていてくれました
まだ少し早かったようで、蕾もいっぱい
1p DSC_0748

生憎の曇り空だったのですが、そこだけ明るく輝いているようでした
2p DSC_0745

去年より花数が増えたようで、蕾も併せると20以上もお花を付けていたでしょうか
株も少し大きくなっているようなのですが・・気のせいかな~
3p DSC_0759

4p DSC_0756

お花はどちらかというとマキノの雰囲気が強いようですが、側弁にはしっかりと毛がありました
5p DSC_0753

6p DSC_0750

お花のアップです・・霞んだような、ピンクの濃淡が美しいですね
やっぱり、交雑は美人さん
7p DSCN8211

一株だけぽつんと・・こんな感じで咲いていました
8p DSC_0762

周りにはマキノスミレがいっぱい・・でも不思議なことに、片親のフモトスミレが見当たらないのです
9p DSC_0768

しばらく美しい大きな株のミドリミツモリを堪能した後、少し離れた別の場所に移動しました。
杉林の尾根を少し登ると、フモトスミレが次々に登場
10p DSC_0825

ちょうどきれいに咲いているフモトスミレに会うことができました
11p DSC_0832

そして、マキノスミレも
ミドリミツモリスミレかと思ったマキノスミレの大きな株です・・よく見ると側弁に毛が無いので、マキノスミレだとわかりました
12p DSC_0829

マキノスミレとフモトスミレが並んで咲いています・・ということは
13p DSC_0809

やっぱりミドリミツモリスミレに会えました
大きな株は無かったのですが、側弁に毛もあり、葉の形からもはっきりとミドリちゃんだとわかりました
14p DSC_0811

二株めのミドリちゃんで~す
15p DSC_0814

三株目も・・ここでは一ヶ所で5株も見つけかりました
16p DSC_0816

お花のアップです・・お花の形はフモトスミレに似ているような・・
17p DSC_0802

杉林の中の道沿いに・・点々とマキノスミレとフモトスミレが咲き競っていました
18p DSCN8233


今年も美しいミドリミツモリスミレに会えました
ミツモリスミレにも会いたかったのですが、時間が足りない~・・・・ということで、今回は断念

二つ目の宿題、今年まだ会っていないスミレに会いに、山梨方面に移動で~す
スポンサーサイト

富士周辺のスミレ探し

19日は奥多摩から山梨に移動・・甲府のホテルにお泊まりで~す
この甲府のホテルは、源泉掛け流しの温泉付き・・料金も格安なので、山梨方面に出かけた時は時々利用します・・
ゆっくりと、温泉で手足を伸ばして、山の疲れを取り、翌日に備えます

翌20日は、最初に山梨方面の山を、まだ少し時期が早いかも~・・と思いながら・・様子見で歩いてみることに


ここでも最初に迎えてくれたのはアオイスミレです・・大きな株にご挨拶で~す
2o DSC_0662

歩き始めてすぐに出会ったイブキスミレ・・冷たい雨に打たれて、ちょっと俯き加減?ですが・・
3o DSC_0665

いつもなら、この時期、この辺りのイブキスミレはもうすっかり咲き終わっているのですが、今年はずいぶん遅いようですね
まだまだ蕾もたくさん・・新鮮なお花が楽しめました
4o DSC_0678

三人ならんで、ご挨拶で~す
5o DSC_0685

お花のアップです・・スミレらしい整った、品の良い、美しいすみれですね
6o DSC_0686

ここではヒナスミレもまだまだこれからのようです・・咲き始めたばかりのヒナちゃんは可愛い~
7o DSCN8166

やっぱりちょっと早かたようです~
少し登ると、沢筋にはまだ雪が残っていて、斜面は雪が開けたばかりのようです
まだまだ冬の佇まい・・スミレの姿も少なくなってきたので、この辺で引き返すことに
1o DSCN8159

静岡方面にちょっと移動して・・
ここもやはり、まだまだ時期が早かったようで・・キスミレもやっと一輪二輪、咲き始めたばかりです
8o DSC_0693

もう少しで咲きそうなのですが・・冷たい雨では開いてくれませんね・・
9o DSC_0694

今年、お初のスミレ、トウカイスミレです・・ここで会ったのは初めて
予期せぬ出会いだったので、うれしい~
10o DSC_0710

小さくて可愛いスミレです
11o DSCN8184

せっかくきれいに咲いたのに・・冷たい雨に打たれて、ちょっと汚れてしまってます~
12o DSC_0714

ここのエイザンスミレは色も濃く、お花も大きく・・咲き始めたばかりでとってもきれいです
13o DSC_0709

一ヶ所だけですが、ヒカゲスミレも咲いていました
14o DSC_0734

もうきれいなハナネコノメソウには会えないだろうな~・・と思っていたら・・小さな沢沿いに、ちょうど見頃のお花が咲いているのを発見
15o DSC_0705

咲きだしたばかりのようで、赤い葯がとっても可愛い
16o DSC_0707

とうとう最後まで雨の中のスミレ探しになってしまいました
17o DSCN8188


この日は、気温も低く、朝から霧雨がショボショボと・・傘が手放せない寒~い一日
前日には、会いたいスミレにすんなりと会えたのに、この日はお目当てのスミレも、とうとう最後まで姿を見せてはくれませんでした
けっこう真剣に探したのですが・・・・どこかの山で、偶然の出会いを期待するしかないのかな~

奥多摩に交雑のスミレを探して

あちこちから、スミレ便りが次々に届くようになり、あの山この山のスミレ達が気になりだして、気もそぞろ
週末になるのが待ち遠しくて・・
先週末の19日は、ぜひ一度会いたいとず~っと思っていた、交雑スミレを探しに、奥多摩へ出かけてきました


今回の一番のお目当てのスミレ、カワギシスミレです
お初の交雑スミレです・・お初のスミレに出会えると、ほんと~にうれしい
1n DSC_0591

エイザンスミレとマキノスミレのハーフさん
交雑は大きな株になると聞いているけれど、ほんとうですね・・でも何年か前は小さな株が一株だけだったそうです~
2n DSC_0605

なんといっても、この切れ込みのある葉が特徴・・初めてでも、見ればすぐわかりました
3n DSC_0604

色あいも花姿も美しいスミレですね・・交雑種って両親の良い所を、全部併せ持っているんですね
4n DSC_0592

周りにはまだ開花前のマキノスミレの葉がいっぱいあったのですが、どうもエイザンスミレの姿が見当たりません
不思議ですね~・・
5n DSC_0595

お花のアップです・・華やかで、上品な美しさ・・たとえようもありません~
しばし魅せられてしまいました
かなり長時間眺めたり、写真を撮ったり・・もっと眺めていたかったけれど、それでは日も暮れてしまうので・・後ろ髪引かれながら・・先を急ぎます
6n DSC_0600

二つ目のお目当ての交雑スミレはミドリミツモリスミレです
この株は、最後の最後、かなり山を下ってきた所で、見つけることができました
7n DSC_0635

フモトスミレとマキノスミレのハーフちゃんですが、この株はフモト型のようで、よりフモトの特徴が色濃く出ているようです
8n DSC_0645

お花も10輪ほども付けた大きな株です~
9n DSC_0649

お花のアップです・・やっぱり交雑は美人さんですね
10n DSC_0640

白地に、ほんの~り薄紫桃色がす~と刷毛で刷くように乗っていて、その色彩にうっとり~
11n DSC_0646

奥多摩で出会ったその他のスミレ達です
まず最初はエイザンスミレ・・行く先々で咲いていました
12n DSC_0588

マキノスミレはやっと開花したばかり・・もう一息で咲きそうな蕾がいっぱいでした
13n DSC_0611

フモトスミレは、山を下ってくると、けっこうきれいに開花していて、疲れを癒してくれました
14n DSC_0583

アケボノスミレももう咲きだして・・大振りのあでやかな姿を見せてくれました
15n DSC_0617

ヒナスミレのまだまだきれいな株が残っていてくれて、うれしい~
16n DSC_0624

一番多く目に付いたのが、ナガバノスミレサイシン・・シロバナの姿をよく見かけました
17n DSC_0628

ミツバツツジがきれいに咲いている登山道を、スミレを探しながら登って行きます
18n DSCN8112

ミツバツツジはちょうど満開・・新鮮な姿を見せてくれました
19n DSC_0620

お山のてっぺんでお弁当タイム・・寒かったのであったかいお味噌汁が美味でした
お腹もいっぱいに・・スミレ探索しながら下山開始です~・・
21n DSCN8140

下山途中で遠くのお山を眺めると、桜がまだまだ花盛り
山肌をピンク色に染めていました
20n DSC_0619

山を下りてから、まだ少し時間があったので、少し時期が早いかな~・・とは思ったのですが、ちょっと気になるスミレを見に行きました
ミドリミツモリスミレの大きな株です・・今年もちゃんと蕾をたくさん付けていました
22n DSC_0654


この日は、午前中こそ薄日が差してきたものの、どんよりした肌寒い一日
ゆっくりのんびり、スミレを探しながら、たっぷり時間がかかった山登りでしたが、何とか雨粒が落ちずに、保ってくれました

仙人ヶ岳のスミレ達

仙人ヶ岳での、一番のお目当てのスミレはマキノスミレです
小さな可愛いお花が、登山道沿いに次々に・・目を楽しませてくれました


ここのマキノスミレはとっても小さくて、気を付けて見ないと、見過ごしてしまいそう
1o DSC_0485

すっくと・・立ち姿も美しいスミレです
2o DSC_0500

葉がピ~ンと立って、マキノスミレの特徴をよく現している株ですね
3o DSC_0484

一輪だけのマキノスミレ・・ちょっと淋しそう・・?
4o DSC_0478

一番大きかった株です・・お花が7輪、ちょうど見頃の可愛らしいお花でした
4o DSC_0520

まさに花盛り、ほんとに愛らしいスミレですね
5o DSC_0522

お花のアップで~す
6o DSC_0487

小ささではマキノスミレに負けない?・・フモトスミレで~す
7o DSC_0495

ニオイタチツボスミレもポツリポツリとあちこちに
8o DSC_0486

咲き始めたばかりのエイザンスミレです
エイザンスミレはこれくらいが一番かわいいかな~
9o DSC_0524

ヒトツバエゾスミレも何株かありました
10o DSC_0528

少し下ってくると、ヒナスミレの姿もあちこちで・・ちょっと遅かったようで、お花が傷んでいるものも
フイリヒナスミレの姿もありました
11o DSC_0569

コスミレです~・・
12o DSC_0541

ケマルバスミレは数ヶ所で群生
13o DSC_0564

スミレ、マンジェリカは、今年お初です
15o DSC_0458

車を停めた場所の近くには、アカネスミレの姿も
14o DSC_0570


この他には、タチツボスミレが、あちこちに大きな群落を作って、またアオイスミレには最初にご挨拶
今回は、特に珍しいスミレには出会えませんでしたが、なんと12種類ものスミレ達に会うことができました

スミレ追っかけもいよいよ佳境に?・・まだまだ忙しい週末が続きそうです~

仙人ヶ岳登山とアカヤシオ

4月13日、満開のアカヤシオに囲まれながら、仙人ヶ岳の尾根歩きを楽しんできました

マキノスミレをはじめ、スミレ達も探しながらの、ゆっくりのんびり登山になりそうなので、時間に余裕をもって、朝5時過ぎには我が家を出発
とにかく、写真を撮りながらだと、標準コースタイムの1.5倍以上の時間がかかってしまい、遅くなってしまうのです


車道を少し歩いて、杉林の脇から登り始めます。
まだまだ桜が満開・・杉林ではさっそくアオイスミレが出迎えてくれました
1n DSC_0460

暗い杉林の中をしばらく登っていくと、猪子峠に出ます・・分岐を左に、仙人ヶ岳方面へと進みます
2n DSCN8028

しばらくは明るい雑木林と、暗い杉林が交互に現れる急な登りが続きます
杉林の林床ではシュンランがちょうど花盛り
3n DSCN8035

やがて、明るい雑木林の中の、気持ちの良い尾根歩きが始まります
4n DSCN8041

岩場の痩せ尾根になると、アカヤシオが迎えてくれました
5n DSCN8061

ちょっと遅かったようですが、まだまだ美しい満開のアカヤシオです
6n DSC_0504

岩場のアップダウンをくり返すと、やがて8mの岩場・・犬帰りの岩場です
見上げると垂直の岩場なのですが、しっかりとした鎖が設置されていて、苦労なく登れてしまいました
7n DSC_0505

一番きれいだったアカヤシオです
8n DSC_0511

透けるような、はかなげな美しさですね・・色あいも、ほんのりとやわらかなピンク色で、癒されます~
9n DSC_0509

振り返ると、歩いてきた尾根が眼下に・・けっこう登ってきました
10n DSC_0512

やがて沢コースとの出会い、熊ノ分岐に出ます・・ここまでくれば頂上まであともう一息
11n DSC_0513

熊ノ分岐からは、陽当たりの良い尾根なのですが、左側斜面広範囲に山火事があったらしく、枯れた木々の幹には黒く焼けた跡もあり、殺風景な景色がしばらくづづきます
頂上近くなると、山火事の跡も無くなり、明るい気持ちの良い尾根歩きが楽しめます
12n DSCN8068

着きました・・仙人ヶ岳頂上で~す
広々とした気持ちの良い頂上で、ゆっくりとランチタイム・・時間がなかったので、コンビニおにぎりですが・・
途中で声をかけていただいたスミレ好きの方と、しばしスミレ談義に
とっても楽しい一時を過ごして・・下山開始です
13n DSCN8070

熊ノ分岐まで戻り、分岐からは沢沿いのコースを下ることに・・しばらくはザレ場の急な斜面をジグザグに・・滑らないように気を付けて下ります
やがて狭まった枯沢になり、左右に沢を渡り返しながら、下ってきいきます
ロープが張ってある沢を慎重に・・
14n DSCN8077

沢に入るとトウゴクサバノオがちょうど見頃
あちこちで、小さく可愛く咲いていました
15n DSC_0546

なかなかきれいに開花した姿を見せてくれないのですが・・ちょっとだけ顔を見せてくれました
16n DSC_0553

沢に水が流れ出すと、ハナネコノメの姿も・・
ハナネコノメは、もうすっかり赤い葯を落としてしまって・・ちょっと遅かったようです・・残念
17n DSC_0554

マンガン採掘跡をいくつか過ぎると、生不動尊に出ました
18n DSCN8079

沢沿いでは、ぽつりぽつりとニリンソウが行く先々で・・まだ咲き始めたばかりかな~・・
以前はもっと群生していたような気がするのですが・・
19n DSC_0559

ヤマルリソウもだいぶ草丈が伸びてきたようで、花盛り
20n DSC_0562

ヒトリシズカは控えめに?
21n DSC_0567

穏やかな杉林の中の道を下り切ると、木の鳥居を潜り、岩切登山口に到着で~す
22n DSCN8099


アカヤシオは、ちょっと盛期を過ぎていて、散ってしまっているお花もあったのですが、まだがんばって咲いていてくれたお花を眺めながらの、楽しい低山歩きになりました

途中でお会いしたスミレ好きの方は、とってもスミレに詳しい方で、珍しいスミレのカメラの映像を見せていただいたりしたので、ピテカン君はいよいよスミレ探しの虫が騒ぎだしたようです~

仙人ヶ岳でもマキノスミレをはじめ、たくさんのスミレ達に出会うことができたのですが、それはまた次回に書きますね

シハイスミレ

4月12日、昨年よりほぼ2週間遅れで、東京都西部に咲くシハイスミレに会いに行ってきました

やはり、今年は雪のせいか、少し開花時期が遅れているようで、ちょうど良いタイミング
遊歩道の両脇で、たくさんの可憐なシハイスミレ達が、満開の姿を見せてくれました


歩き始めてすぐに出会ったニオイタチツボスミレ達です
今にも咲きそうな表情がとっても可愛くてパチリです~
1m DSC_0407

すっくと立ち上がった姿と、濃く鮮やかな紫色のお花に魅かれます・・
2m DSC_0400

タチツボスミレも花盛りで、ニオイとの交雑種のマルバタチツボスミレの大きな株も
スミレの爽やかな香りが漂っていました・・
4m DSC_0440

タチツボスミレ?・・それともマルバタチツボスミレ?・・判断に迷ってしまうこんな株もたくさん・・
3m DSC_0439

ほんの2~3株しか開花していなかったツボスミレです
やっぱり、今年はかなり遅れているようですね・・
5m DSC_0406

開花したばかりのようですね
6m DSC_0405

遊歩道をしばらく歩いていると、見落としそうな小さなシハイスミレのお花達が、ぽつりぽつりと姿をみせてくれました
7m DSC_0433

ほんとに愛らしいスミレですね
8m DSC_0415

お花を何輪も付けて華やかな株です
9m DSC_0416

お陽さまをいっぱいに受けてきらきら輝いてますね
10m DSC_0419

まだ咲きだしたばかりのようですね・・新鮮なお花がこんなにたくさん
11m DSC_0424

ここでは群生とまではいきませんが、遊歩道沿いに数株ずつ・・ず~っと続いています
12m DSC_0434

ちょっとアップ気味に・・
13m DSCN7976

ここでも木々はまだ芽吹いたばかり・・木々の一番美しい時期かな~
14m DSCN7952

遊歩道沿のシハイスミレを撮影中のピテカン君です・・小さくて撮影も一苦労?
15m DSCN7984



この日はカッパの習い事の、発表会の打ち合わせが、夕方から予定されていたため、短めのコースを選んで歩いたので、ゆっくり時間をかけてスミレ達を楽しむことができました

それでもまだ少し帰宅時間に余裕があるかな~・・ということで、もう一ヶ所、横沢入の里山を歩いてみることに
横沢入では、ノジスミレやマンジェリカ、アカネスミレといったスミレ達と、まだきれいに咲いていた桜を楽しんで、車に戻りました

中央高速の渋滞が始まる前にと、大急ぎで出発したのですが・・しっかりと渋滞に捕まってしまい・・
予定時間を少しオーバーしてしまいましたが、何とか打ち合わせに滑り込みセーフ?・・でした・・

吉高の大桜

4月10日、今月最初の香港ハイキングクラブの例会で、千葉県の「吉高の大桜」近辺を歩いてきました

ソメイヨシノの花弁がひらひらと舞い始めてきたので、山桜はちょうど満開の時期では?・・と期待していたのですが、まさに予想通り、満開のすばらしい大桜を観賞することができました


印西市の北総線、印旛日医大前から松虫寺方面に向かって歩き始めます
この日は5月上旬なみのポカポカ陽気・・歩いているとじんわり汗ばむくらいでした
1n DSCN7893

タチツボスミレがあちこちで花盛り
2n DSCN7926

タチツボスミレに混じってオトメスミレも控えめに咲いていました
昨年はもっと大きな株がいくつも咲いていたのですが、今年のオトメはちょっと淋しそう~・・
3n DSCN7920

ケマルバスミレも何株か・・まだ咲き始めたばかりのようですね
4n DSCN7936

アップ気味に・・花弁もふっくらふっくら・・全体に優しげです
5n DSCN7933

タロボウの次にはジロボウエンゴサクが姿を見せてくれました
ジロボウエンゴサクは貧弱なお花が多いのですが、ここのはかなりしっかりしたお花でした
6n DSCN7897

野生化した?ツルニチニチソウも、元気よくお陽さまに向かって開いていました
7n DSCN7899

数週間まえには2~3株しか開花してなかったホタルカズラは、大きな群落になって咲き誇っていました
9n DSCN7903

お花のアップです・・ちょうど花盛りの新鮮なお花です
8n DSCN7902

カテンソウの雄花は、花火のようにおしべを突き出しているのがおもしろい~
10n DSCN7925

竹林の中にニョキニョキと顔を出していたアミガサタケ・・見た目は悪いのですが、バター炒めにすると美味しいです
11n DSCN7927

満開の「吉高の大桜」・・表からの眺めです
黄色の菜の花が、山桜の美しさを引き立てていますね
12n DSCN7906

裏側から・・樹の幹の枝ぶりもなかなかですね・・さすが樹齢300年以上の大木です
13n DSCN7911

平日にもかかわらずかなりの人出でした・・皆さん見頃をよくご存知ですね
14n DSCN7914

ぴったり満開でした・・葉がまだそんなに展開していないので、まだもう少し見頃が続くかな?・・
15n DSCN7916


千葉県ではかなり有名?なのか、平日なのにかなりの人出で賑わっていました
毎年見に行っているのですが、今年は特に人が多いような気がします・・
せっかくの里山なので、静かなハイキングを楽しみたいわたし達は、写真を撮って、早々に退散

駅とは反対側の静かな畑のあぜ道で、お弁当タイムを楽しんで、小川の芹もすこ~し頂いて・・
里山歩き終了・・駅に向かいました

南高尾のその他のお花達

南高尾は、芽吹きの季節・・若葉の若草色に、萌えだしたばかりの新芽の薄紅が色を添えて、とても美しい景色です
秋の紅葉もきれいだけれど、春のこの季節が一番好きかな~・・

遊歩道では、スミレ以外にもたくさんのお花達に会うことができました


りっぱなダンコウバイの木が、枝いっぱいにお花を付けて華やかに出迎えてくれました
1n DSC_0309

クロモジの木も花盛り
2n DSC_0310

ジュウニヒトエはまだまだ蕾・・
3n DSC_0338

ウグイスカズラも雨に濡れてしっとりと・・
4n DSC_0339

ナツドウダイは元気に群生していました
5n DSC_0362

休憩中に見つけたホタルカズラで~す
6n DSC_0369

何ヶ所かで見つけたシュンラン・・シュンランも新鮮で生き生きしたお花を見せてくれました
7n DSC_0371

ミツバツツジはまだまだこれから?・・蕾もいっぱいです
8n DSC_0374

甘~い良い香りがするミヤマシキミ
9n DSC_0375

最後に見つけた、ヒメウズは華奢で細くて・・ピントを会わせるのが大変
10n DSC_0387


駐車場に戻って、まだ少し時間があったので、裏高尾方面のスミレの様子を見に行くことに
裏高尾の日影沢沿いの駐車スペースに車を停めて、沢沿いの林道を歩きはじめるのですが・・裏高尾では、まだまだ春は遠いようで・・アズマイチゲやニリンソウのお花は見ることができたものの、ほとんどスミレの姿は無し
咲いていたのは、ナガバノスミレサイシンとタチツボスミレがほんの数株くらいで、ヒカゲスミレもタカオスミレもまだお花の姿はありません

沢沿いで纏まって咲いていたヤマルリソウで~す
11n DSC_0393

バス道の石垣で咲いていた、ヒメスミレです・・すっかり有名になっているようです
12n DSC_0394

石垣のオキナグサはまだちょっと早かったかな~・・
13n DSC_0398


日影沢を後にする頃に、やっと雨も上がってきたのですが・・ますます気温は低くなり・・
夕暮れに追われるようにして、帰路につきました

南高尾のスミレロード

今年は開花がかなり遅れているスミレ達も、もうそろそろ可愛い満開の姿を見せてくれるかな~・・ということで、4月6日の日曜日、南高尾のスミレロードに出かけることに
冬型になり、寒くて不安定なお天気・・山間部では雪?との予報だったので、防寒と雨対策しっかりして、早朝6時前に我が家を出発です


城山湖コミュニティー広場駐車場は9時開門かと心配していたのですが、8時30分前にはもうすでに開いていて、車を停めることができました
軽く朝食も済ませ、9時前にはゲート前から歩き始めます
1m DSC_0307

遊歩道からショートカットの山道に入って、30分ほどで三沢峠です
ここから城山方面への尾根道歩き・・ここからスミレロードが始まります
2m DSCN7840

スミレを探しながら、のんび~りの尾根歩き
3m DSCN7859

眼下に津久井湖を見下ろす、眺望の良い場所で一休み・・所々に木のベンチが設置してあるので、ついつい腰を下ろしてしまいます
4m DSCN7868

スミレを探しながら、とうとうコンピラ山まで来てしまいました
寒くなってきたし、この辺で折り返すことに・・暖かいテルモスの紅茶で温まります
5m DSCN7879

下山途中は、雨になったり雹になったり、晴れたりと目まぐるしく変わる空模様
それでも大降りにならずに傘だけで済んだのは、ラッキーだったかな~
道路脇の桜もまだもう少し、目を楽しませてくれるようです
6m DSCN7888


スミレロードで出会ったスミレ達で~す

ここでも春一番のスミレ、アオイスミレに最初にご挨拶
7m DSC_0368

ヒナスミレが、ちょうど開花したばかりの新鮮なお花の姿を見せてくれました
8m DSC_0351

雨粒に濡れてしっとりと・・ここのヒナスミレはピンク色が濃く、とっても可憐です
9m DSC_0353

シロバナヒナスミレに近い、色の薄いお花も・・ほんの~りピンク色?
10m DSC_0316

ナガバノスミレサイシンは、三沢峠から尾根道に入ってから、ず~っと次々に・・遊歩道沿いに、足許を彩ってくれました
11m DSC_0349

シロバナナガバノスミレサイシンはきりっとした印象ですね・・けっこう見かけました・・
12m DSC_0334

オカスミレとアカネスミレもちょうど見頃・・大小の株が群生して、新鮮なお花を見せてくれました
こちらは、オカスミレ・・毛の無いタイプです・・茜色が鮮やかできれいです~
13m DSC_0345

毛があるタイプのアカネスミレです
ちょっと見ただけではオカスミレと区別がむずかしい~・・ルーペの出番です
14m DSCN7854

アカネスミレ・・アップ気味に・・
15m DSC_0325

エイザンスミレもこんなに群生していました
16m DSC_0358

ちょうど開いたばかりで可愛い
17m DSC_0373

今回一番会いたかったヒゴスミレです
実ははっきりとヒゴスミレと確認できたのは、今回が初めて・・あちこちで探していたのですが、なかなか目に入らず・・やっときれいに咲いているヒゴスミレに会うことができました
18m DSC_0383

真っ白なお花の中心部がちょっと黄色味を帯びているのが、素敵なスミレです
花弁がふっくらしていて優しい印象です
19m DSC_0380

タチツボスミレもあちこちで群生していて、こちらも満開
20m DSC_0379

カッパの大好きなニオイタチツボスミレ
以前はたくさん見つけられたのですが、今回見たのは、この一株だけでした・・もっと見たかったな~
21m DSC_0343

おおきな株のタチツボスミレ・・と思ったら、どうも花柄の立ち方や、葉の形がちょっと違うみたい
どうやら、ニオイタチツボスミレとの交雑種、マルバタチツボスミレのようですが・・
確信はありません・・タチツボスミレもむずかし~
22m DSC_0332


南高尾はほんとにスミレロード
今回の目標は、スミレの種類2桁に会うこと・・だったのですが、見事11種類のスミレ達に出会うことができて、目標達成
他にもコスミレや、オトメスミレも咲いているそうなのですが、残念ながらわたしたちは会うことができませんでした
たぶん見落としていたかな~・・

今回一番会いたかったヒゴスミレ・・もっと大きな株を・・と探して、どんどん先へ、先へと・・
結局は最初に出会った場所でしか、見つけることができませんでした

お天気が崩れる前に、半日程のスミレ散歩のつもりが、すっかり遅くなり、とうとう、雨に・・
気温も一気に下がってきて・・大粒の雹まで落ちてくる始末
大急ぎで車に戻りました

スミレの他にも何種類かのお花達との出会いも・・次に書きますね

筑波山の花散歩・・その2

今回の花散歩では、筑波山に咲くスミレ達に会うのも、もう一つの目的でした
今年はお花の時期が遅れているようなので、会えるかな~・・と心配だったのですが・・
何種類かのスミレ達に会えて、今年初の、山のスミレ観察を楽しむことができました


春一番のスミレはなんといってもアオイスミレですね
開花したばかりのアオイスミレは、上弁がウサギさんの耳のようにピーンと立って可愛い~
1m DSC_0217

ちょっと開いたアオイスミレです・・お陽さまいっぱい浴びて、元気いっぱい
2m DSC_0200

こちらも開花したばかりのナガバノスミレサイシンです・・林床の落葉の中から、やっと顔を出したばかりのようで可愛いです
3m DSC_0212

お陽さまがまぶしいのかな~
4m DSC_0214

ヒナスミレです・・筑波山では珍しいそうですが、キャンプ場の周りで何ヶ所かで見ることができました
この株は開花して、少し時間がたっているようですね・・
5m DSC_0301

ヒナスミレはスミレのプリンセス・・可憐ですね
6m DSC_0261

咲きだしたばかりで、ちょっと恥ずかしそう?な表情がなんともかわゆい~
7m DSC_0299

一列に並んだニリンソウは、開花までもう一息?
DSC_0232 15l

やっと開花したばかりのトウゴクサバノオ・・なかなか開いたお花がなくて・・
8m DSC_0247

沢沿いではネコノメソウの仲間も・・ニッコウネコノメソウだと思うのですが・・ちょっと確信が持てません
ネコノメソウの仲間はむずかしです
9m DSC_0254

ネコノメソウも大きな群落を作って咲いていました
10m DSC_0245

満開のハルトラノオ
11m DSC_0252

一番多く見かけたユリワサビ・・
12m DSC_0237

雑木林の林床で咲いていた、大きなシュンランの株です・・お花を5~6輪も付けてました
13m DSC_0218

地味だけど、趣のあるお花で、林床ではついつい探してしまいます
14m DSC_0219


スミレやカタクリは期待通り咲いていてくれて、うれしかったのですが、キャンプ場の中を流れる小さな沢沿いで、思いがけず、ネコノメソウの仲間や、トウゴクサバノオに会えて、期待していなかっただけに、うれしい驚きでした

今回の筑波高原キャンプ場からの登山コースは、手軽に短時間で登れて、しかもたくさんのお花に出会えるなかなか楽しいコースでした

筑波山の花散歩・・その1

4月に入ってやっと春らしく暖かな日が続き、山ではいろいろなお花達がそろそろ見頃かな~
ということで、4月5日の土曜日、夕方6時からは、ピテカン君の運動療法の日なので、それまでの時間、ひとっ走りで、筑波山に咲くお花に会いに行くことに

時間に制限があるので、近場にもかかわらず、5時半過ぎに我が家を出発
筑波山高原キャンプ場の駐車場に車を停め、朝食も済ませて、8時前には歩き始めました
とりあえず、山頂を目指しま~す


関東平野を眼下に望み、キャンプ場の中を登り始めます
キャンプ場の斜面にはもうすでにカタクリがいっぱい・・なのですが・・時間が早すぎて
まだだ~れも開花してません
1l DSCN7747

キャンプ場を過ぎると、しばらく暗い杉林が続きます・・
前日までは暖かい日が続いていたのに、この日は一気に気温が低下、陽の射さない杉林ではプルプルです~
やっと寒い杉林を抜けだして、明るい雑木林に出ました~・・お陽さま暖か~い
2l DSCN7750

雑木林を一登り、あっという間に女体山頂上に着きました
キャンプ場から一時間ちょっとでした
3l DSCN7757

頂上からは遠くに霞ケ浦も望めます
4l DSCN7759

まだケーブルカーの営業前なのか、とても静かな御幸ヶ原です
5l DSCN7763

風が強くて寒いし~・・お花も頂上付近はまだ季節が早すぎて、何も咲いてないし~
お花はキャンプ場の周りの方がきれいに咲いてそうなので、下でゆっくり時間を使うことに
後ろに見える男体山はパスして・・すぐに下山することに・・
下山路は深峰歩道です
6l DSCN7767


筑波山で出会ったお花達で~す

深峰歩道の途中の雑木林で、すばらしいカタクリの群落に出会えました
7l DSC_0207

それにしても見事な群落です
8l DSC_0213

きらきらと木漏れ日を受けて、林床に咲くカタクリが一番好きです
9l DSC_0281

纏まって咲いていた濃い青色のキクザキイチゲ・・新鮮なお花です
10l DSC_0277

ほんの~り色づいていて優しい色あいのキクザキイチゲです
11l DSC_0276

白色のもありました・・開花したばかりのようですね
12l DSC_0225

ちょっと紫色っぽいものも・・お花も葉も、ほんの少し前に開いたばかりの風情がとっても可愛い
13l DSC_0239

今回のお目当てのお花、ヒナワチガイソウです。筑波山のほか限られた所でしか見ることができません
キャンプ場の周りで、小さな群落を作って咲いていました
14l DSC_0305

お花のアップです・・小さくて目立たないお花ですが、よく見ると、品の良い美しさですね
15l DSC_0295

草丈7~8センチ程で華奢なので、なかなかピントが合わず撮るのががむずかし~
16l DSC_0282


カタクリがきれいに咲いている雑木林で、ゆっくりとカタクリの写真を撮ったり、林道をお花の撮影しながゆっくりのんびりとキャンプ場まで戻ったのですが、それでもまだ11時過ぎ
この頃になると、朝にはしっかりと閉じていたキャンプ場の周りのお花達も、柔らかな陽射しにほころび始め、ゆっくりと写真に収めることができました

まだまだたくさんのお花達に、出会ったのですが、続きはまた次回に紹介しますね

ひと月遅れの雛祭り

ほぼ一カ月遅れで、雛祭りの食事会を、3月末に香港ハイキングクラブのメンバーで楽しみました

香港ハイキングクラブは、香港で活動していたサークルですが、一人また一人とメンバーが帰国し、とうとう当時の親しいメンバーのほとんどが帰国
そのうちなんとなく集まって歩くようになり、自然発生的に再結成されたのです
活動は月2回、遠くは横浜、都内や千葉県内と、あちこちから集まってくるのですが、いつもほとんど全員参加です

毎年定例で楽しんでいる雛祭りの食事会、今年も開催しました


熟女?達の雛祭りにふさわしい、地味めのお内裏様・・品があってとっても素敵
1l DSC_0458

今年もごちそうが並びました~
2l DSC_0465

メインはちらし寿司・・具材は全員で分担して持ち寄ります
カッパの分担は、干し椎茸と高野豆腐です・・その他、ゴボウ、ニンジンといった根菜類、イカやエビ等の魚介類、錦糸卵に青みの絹さや、とびっこと、具沢山のちらし寿司・・美味でした
3l DSC_0459

カッパ作の、静岡で購入した干し桜えびと、高草山で採った野三つ葉入りの、出汁巻き卵です
4lDSC_0460.jpg

別のメンバー作の、菜の花のわさび醤油和え・・毎年同じものを担当するので、皆さんいろいろ工夫を凝らしてくるようで、今年はわさび醤油和えでした
5l DSC_0461

いつも、お宿はリーダーのお宅・・お宅を提供していただくだけでも大変なのに、お料理もいろいろ作って下さいます・・いつも有り難いです~
その一つ、りんごの生ハム巻きです
6l DSC_0462

自家製おしんこ・・大根の浮き漬けです・・ほんのり甘くて美味しい・・これもリーダー作
7l DSC_0463

土筆の佃煮(リーダー作)・・こんなにたくさん作るのは大変
きれいな土筆を集めるだけでも大変なのに、袴を一本一本取り除くのがとても大変なのです~
カッパにはとても真似できません
8l DSC_0464

お料理上手なリーダーの力作・・手作りの蝦真薯のお吸い物・・やさしいお出汁のお味と、蝦真薯のフワフワ感がよく合ってほんとに美味しかったです~
9l DSC_0469

お菓子とパン作りの腕前がプロ並のメンバー・・デザート担当なのですが、今年は調理器具持参で、「季節のフルーツのサヴァイヨンソース グラタン仕立て」なるものを作ってくれたのですが・・
これがすごい・・持参したバーナーで焼き目を付けているところです
11l DSC_0472

きれいな焦げ目が付いて、出来上がりました
19l DSC_0475

もちろん雛祭りにふさわしく和菓子も、たぶん虎屋さんのだと思うのですが・・・・上生菓子です
上品な甘さは、和三盆糖入りかな~・・
12l DSC_0479


お腹もいっぱいになって・・例年は、食事会の後は、軽いハイキングに出かけるのですが、今年は、気温も低く、小雨がぱらつく生憎のお天気で、外には出たくな~い
ということで、そのままのんび~りぬくぬくのお部屋で、ティータイムに突入
おしゃべりもたっぷり楽しんで、解散しました


おまけですが~
今日(4月3日)珍しく何の予定もなく、ぽっかりと一日フリーに
自宅周辺のスミレ探索に、出かけることにしたのですが・・生憎の雨・・それでも小雨になるのを待って、ちょこっと近所を歩いてきました

バス通りの、車道と歩道の間のわずかな隙間に、健気に咲いているヒメスミレ
どうしてヒメスミレはこんなに悪条件の場所に咲くのかな~・・といつも不思議に
13l DSCN7718

お花のアップです・・小さくて可愛い
14l DSCN7721

道路と石垣の隙間で咲いていたヒメスミレ・・雨水が溜まってるのに平気なのかな~・・心配になります
15l DSCN7723

この隙間にはけっこう何株も咲いていました
ここはピテカン君の通勤路です・・「きれいに咲いているよ!」と、教えてくれました
16l DSCN7725

頭でっかちのアリアケスミレ・・芝生の上で咲いていました
草取り作業で抜かれてしまわないか、心配になります
17l DSCN7727

蕾も雨粒を受けて、重たそ~・・明日お陽さまが出たら、咲くつもりかな~
18l DSCN7729


短時間のスミレ探索散歩でしたが、毎年同じ場所で健気に咲いている、ヒメスミレとアリアケスミレに、今年も会うことができました
遠出をして、珍しいスミレ達に会いに行くのも楽しいけれど、すぐ近くで、ひっそりと咲いているスミレ達も可愛くて、愛おしいですね

お買いものツアー

大満足のBCスキーも終了
後は、お楽しみ!・・温泉とお疲れビールで~す
この日のお泊まり予定、関山の休暇村妙高に向かいます

スキー場から近いので、早めの到着
温泉でゆっくりと筋肉の疲れをほぐします・・太腿とふくらはぎの筋肉がパンパン・・かなり張ってます~

そして・・お風呂上がりのビールは最高・・お疲れ様~
この日のお夕食は「越後会席」コースです
1k DSCN7689

春野菜のサラダです・・コゴミや姫タケノコ、春らしいお野菜がいっぱい
2k DSCN7690

揚げ物です・・小さい蟹は殻もパリパリと
3k DSCN7692

早出で朝が早かったので、ぐっすり爆睡
翌朝起きて窓から見ると・・空はどんより・・雨が降ってます~
しかも風がかなり強く吹いてます~・・まるで春の嵐?のよう
即刻、この日のスキーは取り止め決定・・お買いものツアーしながらまっすぐ帰宅することに
温泉も朝食前後に2回・・ゆっくりまったりコースで~す
4k DSCN7695

早速休暇村妙高の売店でお買いもの
ここでの一番の目的の品は、この「生かんずり吟醸六年仕込み」です
6年間熟成発酵させたものだそうで、辛いけど、独特の香りとコクがあり、お鍋の友にとっても美味なのです
我が家では欠かせない香辛料なのですが、この「吟醸六年仕込み」は、他ではなかなか見かけないのです
5k DSC_0186

「季節限定」の文字に弱いピテカン君が売店の棚から見つけてきた日本酒です・・学生時代に飲んだ記憶があり、懐かしさもあって購入
6k DSC_0193

雨の朝の休暇村です・・関山ではまだこんなに雪が残ってました
7k DSCN7697

妙高高原ICから上信越道に入り、小布施スマートICで途中下車・・小布施で観光客して、お買いものツアーで~す
最初に立ち寄ったのは栗菓子の竹風堂さんの本店です・・他にも桜井甘精堂さんや小布施堂さんも有名ですが、今回はここで購入することに
8k DSCN7700

3月いっぱいの季節限定販売の「栗なっと」です・・名産の栗をていねいに蜜ふくませにしたもので、とっても美味でした
9k DSCN7717

栗の餡が入った「きんつば山」と「栗もなか」、栗の生菓子の「栗ん子」です
10k DSC_0187

そして定番の「栗かのこ」です・・他のお菓子も、この栗かのこも、全て使っている栗は国産だそうです
お茶の友に赤えんどうの落雁、「方寸」も一緒に買いました・・落雁はカッパの大好物
11k DSC_0189

最後に立ち寄ったのは、小布施酒造株式会社さんです
国道からちょっと脇道に入り、わかりずらい場所にあるのですが、とっても趣のある建物でした
ワイナリーなのですが、わたしたちのお目当てはワインではないく、日本酒なのです~
ところが・・本店のワインショップには在庫が無いとのこと・・近くのお酒屋さんを紹介していただきました
12k DSCN7702

ワイナリーで教えて頂いたお酒屋さんに行くと・・ありました
お目当てのお酒、「ソガ・ペール・エフィス」です
1種類につき1本しか買えないということで、マグナムビンを3本・・アンとシス、それにヌフを1本ずつ購入
う~ん、帰宅後に、なんで全種類買わなかったかと深く後悔
13k DSC_0177

夕方6時前に帰宅できたので、さっそくこの日のお夕食時に、飲んだことのないシスを開封してしまいました
しっかりしたお味で、麹の残り香がほんわりと・・大正ロマン?の香りでしょうか・・
華やかなお味です~
14k DSC_0178

大急ぎ!・・お酒に併せて、買い置きの材料で作ったオードブルです
15k DSC_0181

途中立ち寄った、スーパーで買った和牛ロースの、簡単たたき風です
お肉をさっと焼いて、調味料・・お酒とみりん、お醤油をかけるだけで、とっても簡単だけど、けっこう美味しいのです
16k DSC_0183


他にも長野の名産のりんご、シナノゴールドやサンふじも購入
カッパはお買いものツアーをたっぷりエンジョイしました
ピテカン君、お付き合いありがとうで~す
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる