浅草岳登山

前日のキノコ採りも、まあまあ満足のいく成果

キノコ採りもそろそろ飽きた~・・とピテカン君・・せっかくのお天気だから、山登りしたい~
ということで、山登りすることに

だけど、せっかく会津まで来たのだから、キノコもあきらめきれません
キノコも採れて・・登山もできるお山・・浅草岳に決定で~す

早朝は朝靄がかかっていて、快晴の予感で~す
1 DSCN8486

入叶津から叶津川に沿って少し遡り、浅草岳の福島県側の登山口の駐車場に車を停めます
登山口を、8時前には歩き始めます
2 DSC_0595

ここのところ、キノコ採りと花散歩に忙しく、久しぶりの登山で~す・・長丁場になりそうなので、気を引き締めて?・・
3 DSC_0598

少し登ってくると、カエデもきれいに紅葉してます
4 DSC_0602

山神の杉までは、しばらく気持ちの良い九十九折りの坂道が続きます
5 DSC_0605

登山口から1時間ほどで、山神の杉に到着で~す・・小休止で~す
ここから、ブナ平新道と、沼の平コースに分かれるのですが、わたしたちは、ブナの巨木に会いたいので、沼の平コースを取ることに
6 DSC_0609

山神の杉から、少し下って、しばらくは、ブナの巨木が続く、平坦な登山道を辿ります
7 DSC_0611

ピテカン君が突然藪の中に・・っと、「あったよ~
倒木には小粒ながらきれいなナメコ・・今回の登山のもう一つの目的、ナメコ採りで~す
8 DSC_0612

ブナの森の中にはきれいなチャナメツムタケもぽつりぽつりと
でも、のんびり遊んでばかりでは、頂上に着きません・・先を急ぎますが・・やっぱりナメコが気になって、どうしても、辺りをきょろきょろ、倒木を探してしまいます
9 DSC_0613

しばらく進み、崩壊した小三本沢を渡ります
10 DSC_0615

渡った先が沼の平です。ちょうどブナの黄葉が美しく、見上げると、青空に黄葉が映えてコントラストがほんとうに美しい~
11 DSC_0616

笹沼に出ました・・以前はもっと水量豊かな沼だったように思うのですが・・
12 DSC_0617

ブナの巨木はどこまでも続いているようですね~
13 DSC_0618

そして・・ブナ倒木にはやっぱりナメコが・・
14 DSC_0620

この倒木には、ブナシメジも
ブナシメジはそんなに珍しいキノコではないのですが、ぽつぽつしか採れず、なかなかまとまった数を集めるのが、難しいキノコです
今回は、数ヶ所で10個ほど採れました
15 DSC_0623

真剣にナメコを採っているカッパで~す・・こんなことしていて、山頂に着くのかな~
16 DSC_0624

開けた場所で、小休止
17 DSC_0626

小三本沢を渡り返します
ここから、ブナ平新道との分岐までは、しばらく急登が続きます
この辺りも美しいブナの森になっていて、やっぱりナメコの気配が・・
18 DSC_0631

沢からは1時間程の急登で、やっとブナ平新道との分岐に到着しました
19 DSC_0640

分岐からは、穏やかなつま先上がりの登りがしばらく続きます
景色もひらけて・・遠くの山々も青空の下に、くっきりと
20 DSC_0643

やがて行く手には、浅草岳の頂上下のなだらかな稜線が見えてきました・・優しげな山容ですね
21 DSC_0645

山頂近くになると、一面の草原が広がっています。
天狗の遊び場・・と呼ばれれているようですが、もうすっかり草紅葉ですね
22 DSCN8492

「福島緑の百景、浅草岳の大草原」と書かれたプレートが設置されていました
23 DSC_0648

浅草岳山頂到着で~す
田子倉ルートからの登山者が多く、狭いピークは大混雑・・記念撮影をそそくさと済ませて、退散です~
24 DSC_0651

田子倉湖が眼下に・・すばらしい眺めですね~
25 DSC_0655

天狗の遊び場まで戻ってきて、やっとランチタイム
たつみ荘の女将が作ってくれたお弁当を、美味しくいただきました
26 DSC_0658

食後のコーヒーものんびり~・・お陽さまもぽっかぽっかで温かく~
至福の一時ですね~
27 DSCN8498

とはいうものの、そんなにのんびりとはしていられませ~ん
時刻はもう午後2時前・・急いで下山にかかります~
左前方に見える山は、5月に登った粟ヶ岳です・・
28 DSCN8499

標高の高い所のブナの木は、もうすっかり落葉していました・・冬近し~ですね
29 DSC_0661

最後に、予期せぬ出会い
なんと登山道に横たわっていた倒木に、びっしり採り頃のナメコが
誰も気が付かなかったのが不思議です・・もちろんわたしたちは、しっかりいただきました
この倒木には、きれいなキナメツムタケと、ブナシメジも発生していて、うれしい驚きでした
30 DSC_0670

天狗の遊び場から大急ぎ、2時間ほどでやっと山神の杉まで戻ってきました
32 DSC_0674


山神の杉から40分ほどで、登山口に帰り着きましたが・・もう夕日はすっかり西に傾いて・・
駐車場には、ほとんど車の姿はなく・・
ちょっと遊びすぎたようですね

でもナメコもけっこうたくさん採れて、ブナの黄葉もたっぷり楽しめて、とても充実した、楽しい登山になりました

お花を求めての登山も楽しいけれど、この時期の黄葉や紅葉を楽しむ登山も、なかなか良いですね~

今回歩いたルートです。
浅草岳 1
スポンサーサイト

奥会津のキノコ採り・・その4

秋もすっかり深まってきた10月25日、26日、1泊2日で、3回目の奥会津キノコ採りに出かけてきました
2日ともお天気は快晴・・雲ひとつない青空の下、のんびりと秋を存分に楽しみながらのキノコ採りになりました

里の紅葉は、まだこれからかな~・・という感じでしたが、少し標高を上げると、お山は、広葉樹の紅葉で輝くような美しさです

例年なら、この時期がキノコも一番良い時なのですが・・今年のキノコは、どうも様子が違っているようで・・
早くに終わってしまったキノコあり、けっきょく出てこなかったキノコあり・・それでもなんとか、お目当てのキノコもいただくことができました


道の駅でちょっとお寝坊・・車を停めて林道を歩き始めた頃には、すでに林道には朝日が差し込んでいます
お陽さまぽかぽか~・・で暖かくてうれしいのはうれしいのですが・・
ちょっと出遅れましたね~
1 DSC_0515

この辺りでは、紅葉にはまだ少し早いようで、黄色から赤に色が変わり始めた・・というところでしょうか~
2 DSC_0523

やっぱり出遅れてました・・すでに林道に車が2台
もうキノコ残ってないかな~・・と思いながら、急斜面をガシガシ登って行くと・・
3 DSC_0524

それでもありましたよ~・・可愛らしいまん丸頭のクリタケで~す
4 DSC_0528

もちろんしっかりいただきました
5 DSC_0529

次に姿を見せてくれたのは、出始めのチャナメツムタケ・・美味しいキノコだけれど、毒キノコのカキシメジと間違えやすいので気をつけないと・・
6 DSC_0531

急斜面を登り切ると、いつもの休憩場所、ナラのきれいな林に到着
ここからが、キノコ採り本番で~す
7 DSC_0536

いつものムキタケの倒木に、今年も出てましたよ
でも年々少なくなっていくようで・・そろそろこの木もお終いかな~
8 DSC_0544

そして、このお山での狙い目キノコ、シモフリシメジです
2週間前にもう顔を出していて、びっくりしたのですが・・まだまだ残っていました
とはいえ、かなり以前から出ていたようで、傷みもあり、虫も多く、持ち帰ってみたものの・・ほとんど食べられる状態ではありませんでした~
9 DSC_0550

木の葉に隠れてこんなにいっぱい・・いくつ出ているかわかりますか?
う~ん、カッパにもわからなくなりました~・・・・8個くらいは出てると思うのですが・・
10 DSC_0551

枯れ木には、こんなにきれいなクリタケも
11 DSC_0555

この辺りまで登ってくると、紅葉もすっかり色付いていて、とってもきれいでした
ちょっと古かったけれど、狙い目キノコのシモフリシメジもなんとかゲット
紅葉を眺めながらの、下山です
12 DSC_0557

車に戻って、2つ目のお山に移動です
登り口に車を停めて、お昼のお弁当タイム・・いつもおにぎりは美味しい~
14 DSCN8454

さて、食後は、急な斜面に取り付いて、目的地まで急ぎます
15 DSCN8455

眼下に街並みを見下ろせる、見晴らしの良い場所で、小休止
汗を拭いて、もう一頑張り
16 DSC_0571

やっと目的の、シモフリシメジのシロに到着で~す
出てます、出てます・・ちょうど良い時期に訪れたようです
17 DSC_0574

落葉を頭に乗せて、こんなにたくさん・・しかも、状態の良いキノコばかり
うれしくなります~
18 DSC_0578

掘り出してみると、茎がこんなに長~いので、びっくり~
19 DSC_0584

この辺りにはに見事なブナの木がいっぱい・・ブナの黄葉が青空に映えて美しいですね~
20 DSC_0587

このお山では、新鮮なシモフリシメジをたっぷりいただいて、大満足
今年は、お山によって、キノコの出る時期が、かなりずれているようでした
夕陽に染まる、向こうのお山を眺めながら下山で~す
21 DSC_0592

そして~・・お泊まりは、たつみ荘さん・・今月三回目のお泊まりです
今回も、いついただいても飽きない馬刺しと、にしんの山椒漬が美味でした~
22 DSCN8465

でも、一番美味しかったのは、なんといっても、このモツ煮でした
女将さん、今度作り方教えて~
この夜は、以前もご一緒したことがあるご夫妻と再会・・わいわいと楽しくお酒もいただいて、またもや大宴会になってしまいました~
23 DSCN8462

温泉は~・・
只見川が、満水になっていて、河原の湯は水没・・水面下3メートル下に沈んでしまったそうです~
ということで、朝風呂に露天風呂を楽しみました・・眼下に只見川を見下ろしての朝風呂もなかなかです~
24 DSCN8479

炭酸が一段と多くなったようで、湯口に顔を近付けると、むせて呼吸困難になりそうなほど
あったまりますね~
25 DSCN8484


2日目26日は、キノコもそろそろ一段落したことだし、お天気も良さそうなので、急遽登山に予定変更
ひょっとして、ナメコなんかも採れるかな~なんて・・一石二鳥を狙って浅草岳に登りに行くことにしました

ということで、朝早起きして、露天風呂をゆっくり楽しんだ後は、女将さんに作ってもらった朝食のお弁当を持って、浅草岳登山に出発で~す

ムラサキセンブリ咲くお山へ

湯の沢峠から、ムラサキセンブリの咲くお山まで車で移動

車止のゲート前に車を停めたのは、もうお昼をすっかり過ぎていて・・・・お腹ぺっこぺこ~

車の中で、お弁当タイムで~す
気温もだいぶ低くなってきたので、温かいお味噌汁が美味でした~
食後のコーヒーも美味しくいただいて、さて、目的のムラサキセンブリに会いに出発で~す
1 DSC_0426

昨年も同じ場所に咲いていたので、すぐ会えました
双子ちゃんのように2株並んで咲いていました
2 DSC_0463

ちょうど咲き始めたばかりの、新鮮で、とってもきれいなお花です~
3 DSC_0464

こちらでは草むらに隠れるようにして一株
4 DSC_0442

お花をアップ気味に・・薄紫色の地に、柔らかな紫色のラインが美しいですね
5 DSCN8371

穏やかな午後の陽を浴びて、輝くような美しさです
6 DSC_0461

あちこちに10株以上も咲いていたでしょうか~
この株は、草陰の、目立たない場所でひっそりと咲いていました
7 DSC_0503

一番大きな株です・・草丈30センチ以上もあったでしょうか~
8 DSC_0504

お花もたくさん開花していて・・まだまだ蕾もいっぱい・・全て開花したら、すばらしい美しさでしょうね~
9 DSC_0505

こちらの株も、かなり開花していて、見事です
10 DSCN8377

真剣に撮影中のカッパです~・・コンデジですが・・
11 DSC_0506

その他でも、秋のお花がいろいろ咲いていました
ヤマラッキョウは、あちらこちらで、ぽつぽつと・・濃いピンク色のお花が草原に良く目立ちます
12 DSC_0428

ナギナタコウジュも小振りながら頑張って咲いていました
13 DSC_0431

一番多く見られたお花は、リンドウです~・・ちょうど盛期のようで、たくさんのお花を付けた株が、登山道沿いにず~っと咲いていて、目を楽しませてくれました
14 DSC_0479

ススキ野原に揺れていた、ハバヤマボクチです
15 DSCN8385

遠くに街並みを見下ろして・・
16 DSC_0492

秋は菊の仲間もいっぱい見られますね・・これはリュウノウギクでしょうか~
17 DSC_0476

こちらはノコンギク・・菊の仲間は区別するのがむずかしいですね
18 DSC_0483

ヤクシソウもまだ咲き残りのお花を、見せてくれました
19 DSC_0494

夕陽に輝くススキの原を、車へと戻りました
20 DSC_0509


一日で何ヶ所かまわったので、落ち着かない?お花散歩になったのですが、午後からは、ちょうど最盛期の美しく咲いているムラサキセンブリに会えて、大満足でした

ムラサキセンブリは大好きなお花です
いつまでも変わることなく、この場所で咲き続けてほしいと、願いながらの下山でした

大蔵高丸へ紅葉ハイキング

キノコ採りも一段落した、10月19日の日曜日、快晴のお天気に誘われて、この秋、気になっていた秋のお花を探しに、山梨方面に出かけました


うまくいけば、ちょっと下の方で、キノコなんかも探せるかな~・・と、淡い期待を抱いて、早めにお家を出発
数年前にムラサキシメジや、コウタケ、ホンシメジなんかも少々いただけたポイントに、様子見で入ったのですが、残念ながら、キノコの姿はまったくなし
DSC_0393.jpg

お花を探しに、湯の沢峠へと向かいます
目的のお花は、まだ未見のお花・・今年ぜひ会いたかったお花なのですが、なかなか都合が付かず延び延びに

峠の辺りを丁寧に探したのですが・・目的のお花の姿はありませ~ん
せっかくここまで来たのだから・・それにお天気も良くお陽さまぽかぽか・・ということで、そのまま大蔵高丸まで紅葉ハイクすることに
1 DSC_0394

湯の沢峠のお花畑から、振り返ると黒岳の姿も青空に映えて、くっきりと~
2 DSC_0395

行く手は、これから登る大蔵高丸で~す
3 DSC_0411

この辺り、もう紅葉は遅かったのかな~・・色あせた感じのカエデの木が多かったのですが、1本だけ、色鮮やかに紅葉したカエデが、目を楽しませてくれました
4 DSC_0397

すっかり落葉して、明るくなった雑木林の中を気持ちよく登っていきます
5 DSC_0408

雑木林の登りが終わると草原状のお花畑に飛び出しました
ススキと富士山!・・秋ですね~
6 DSC_0399

峠からゆっくりゆっくり・・残り花を探しながら歩いても、40分弱で、大蔵高丸の頂上に着きました
7 DSC_0400

このピークは、富士十二景の三番山頂だそうで~す
ということで、看板と富士山を一緒にパチリです~
8 DSC_0406

初冠雪後の富士山の姿・・やっぱり雪を冠した富士山は良いですね~
9 DSCN8347

マユミの実ももうすぐ弾けそう・・青空に赤い実が良く映えます~
10 DSC_0401

とっても気持ちの良い紅葉ハイクだったので、もう少し先、ハマイバ丸まで行きたかったのですが・・
目的のお花にもまだ会えてないし・・
今回、もう一つ、会いたいお花があったので、お山登りはここで終了・・急いで下山です~

湯の沢峠からの林道を走っていると・・林道沿いに、ヤマブドウの木がたくさん目に入ってきます
ほとんどの木は実を付けてなかったのですが、1本、手の届く高さの木に、けっこうたくさんの実を付けたヤマブドウの木発見
11 DSC_0414

さっそく車を停めて、近付いてみると・・生ってます、生ってます~
もうけっこう色付いたヤマブドウの実・・ジャム用にと、いただくことに
12 DSC_0416

ピテカン君が大張りきり
木に登って~、つるを引っ張って~・・チンパン君かミスター・オランウータン?・・な~んて
翌日、腕が痛い痛い!・・と嘆くことしきり~
13 DSCN8359

もう一ヶ所、目的のお花を探しに訪れたお寺でしたが、残念ながら、ここにも目的のお花の姿はありませんでした
ここまでで、午前の部終了
午後からは、二つ目のお花探しで~す
14 DSC_0424

湯の沢峠では、目的のお花には会えなかったけれど、思いがけず、ヤマブドウの実が大漁
ここのところ、ヤマブドウの実はほとんど採れなかったので、カッパ的には大満足かな~
15 DSCN8406

おまけですが・・・・2ヶ所目に立ち寄ったお寺の、庭先の藪に絡まっていたヤマイモの蔓に、ムカゴがたくさ~んに付いていて・・もちろんしっかりといただいて帰りました~
簡単にオリーブオイルを少し垂らして、レンジでチン・・岩塩を振りかけて・・ビールのおつまみ
ポクポクで、最後にねっとり~・・美味でした
16 DSCN8411

残りのムカゴはムカゴご飯に
我が家ではもち米と粳米と同量で、もっちりおこわ風に炊きます
味付けはお塩とお酒のみ・・昆布を一切れ入れると美味しく炊きあがりま~す
DSCN8413.jpg

ムカゴの風味と、もちもちのおこわご飯の相性がぴったり~・・とっても美味でした
DSCN8416.jpg


午後の部は、ムラサキセンブリに会いにいきます~
また後日、書きますね

キノコを美味しく料理して

今回のキノコ採りは、ちょっと淋しい収穫でしたが、それでも美味しいキノコのシモフリシメジが思いがけずに手に入り、さて、どう料理しようかな~・・
といいつつ・・けっきょくシンプルが一番かな~・・と・・いつもの料理になってしまいました


1株だけ採れたマイタケです
どうやら会津では今年はマイタケは不作だったようなので、前回は2株、今回1株と、採れただけでもラッキーだったかな~
1 DSCN8291

今回も、採れたキノコの篭盛りで~す
シモフリシメジ、ナラタケ、クリタケ、ムキタケ、そしてどういう訳か1本だけ採れたハナイグチです
2 DSCN8295

ナラタケは出たばかりで、とってもきれい
新鮮なうちに蒸し煮にして、下拵えです
3 DSCN8298

クリタケはオリーブオイルで炒めて、デュクセル作り
タマネギのみじん切りとニンニク少々と一緒に炒めます・・生のキノコを炒めると、水分がたくさん出てくるのですが、その水分を再びキノコに戻すつもりで、じっくりと炒めます
水分が無くなって、キノコに艶が出てきたら、塩とコショウで味を整えて、出来上がり
4 DSCN8302

後は冷まして、保存容器に
そのままでも美味しいのですが、我が家ではオムレツのフィリングに重宝してま~す
5 DSCN8301

下ごしらを済ませたキノコたちで~す
食べきれない分はジップに入れて冷凍庫へ・・1~2カ月なら美味しくいただけます
6 DSCN8304

大きめのシモフリシメジを使って、キノコ鍋に
シモフリシメジのお味を生かしたいので、鰹節と昆布でお出汁をとって、鶏の胸肉を使ってさっぱり味に仕上げました
最後にピテカン君の大好きなすいとんを入れます
7 DSCN8305

マイタケとシモフリシメジを網焼きに・・シンプルですが一番おいしいかも~・・
マイタケにはカボス2~3滴と生醤油をかけて
シモフリシメジは醤油と味醂を併せた調味液で付け焼きにすると美味で~す
8 DSCN8308

これも定番のキノコ天麩羅
マイタケ、クリタケ、シモフリシメジを天麩羅に・・マイタケの天麩羅はコリコリでほんとに美味しい~
シモフリシメジは滋味がじわ~・・っと
9 DSCN8312

小粒のシモフリシメジはお出汁とお醤油、味醂で佃煮風の煮浸しに・・おろし和えや、麺類の具にと、何にでも使えてとっても便利な一品です
10 DSCN8321

ちょっと寒くなってきたので、この日は釜揚げうどん・・シモフリシメジの煮浸しを美味しく味わえました
11 DSCN8322

クリタケのデュクセルを使ったオードブルで~す
フランスパンに乗せて、パルミジャーノチーズをスライスしたものをトッピング
12 DSCN8325

オーブントースターでカリッと焼いて、出来上がりで~す
クリタケのシャキシャイ感が残っていて、とっても美味でした~
13 DSCN8327

この日のメインはブィヤベース・・たまたまムール貝が手に入ったので、がんばって作りました
南郷トマトをたっぷり使ったので、スープが甘くなりとっても美味しかったです~
14 DSCN8333

この日も、もちろんワイン1本空に・・軽めの赤をチョイスしたので、グイグイ~・・でした・・
15 DSCN8336


キノコは採るのも楽しいけれど、この時期限定のお味が楽しめて、それも又うれしいですね
ただ・・どうしても、日本酒に合うお料理になってしまうので、この時期酒量が増えて・・ついでにカッパの体重も増えて?・・

そろそろダイエットに励まないと、大変なことになりそうです~

奥会津の秋を楽しんで・・

すっかり遅くなって、そろそろ暗くなりかかった頃に、やっとたつみ荘さんに到着です

明るいうちに河原の湯を楽しみたかったのだけど・・河原に下りる頃には、もうすっかり陽も落ちて
ランタンを借りて、夜の露天風呂を楽しみました

辺りは真っ暗・・見上げると、夜空にはお星さまがキラキラと輝いて・・夜の露天風呂も趣があって良いものですね~
1q DSCN8266

湧き出したばかりの新鮮なお湯は、透明で明りに照らされてきらきらで~す
2 DSCN8268

河原の湯をたっぷり堪能した後は、お楽しみの夕食で~す
女将さん手作りのおいしいお料理が並びました
キノコ汁が絶品・・真似をして作ってみても、どうしても女将さんのとはお味が違うのです~
3 DSCN8279

二人とも大好きな馬刺しで~す・・お肉の質が良いので、赤身でも甘味があって柔らか~い
4 DSCN8274

翌朝、お部屋から只見川を見ると・・かなり水量が少なくて、河原の湯日和のようですね
もちろん朝食前に、しっかりと河原の湯を楽しみました~
5 DSC_0355

たつみ荘さんの玄関前で、女将さんとツゥーショットで~す
6 DSC_0357

さて、奥会津2日目もやっぱりキノコ採り・・ホンシメジ狙いのお山ですが、このお山も最初は雑木林の急登が続きます
30分程でやっと稜線に出て、そこからは平坦な山菜道をキノコを探しながら、のんびりと・・
ホンシメジのシロは・・残念ながら今年は出てないようです~・・未だ早いのかな~?
どうも今年のキノコはよくわかりません~
7 DSC_0359

ミズナラの大木が所々に・・マイタケを探しながら斜面を登ったり下ったり・・けっこう疲れます
ってピテカン君はカッパの倍以上歩いているのですが・・
8 DSC_0362

道から外れて、藪漕ぎしながらのマイタケ探し・・何とか一株探したいな~・・なんて・・
カッパも頑張ってます~
9 DSC_0363

ブナとナラの大木に挟まれてま~す・・それにしても巨大な木です
ナラや栗の巨木を廻ってマイタケ探しだったのですが・・残念ながら、見つけられませんでした
この日の収穫は、ナラタケ少し・・まあこんな日もあるでしょう・・と・・
10 DSC_0370

秋の名残りのお花に慰められながら・・下山で~す
まだ咲いていたママコナ
11 DSC_0358

ホツツジも2~3輪お花を残していてくれました
12 DSC_0365

木々の紅葉も少しずつ進み・・
13 DSC_0367

のどかな奥会津の秋の景色です~・・のんびり~・・も良いですね
14 DSC_0372

帰路、少し時間があったので、駒止湿原に立ち寄ってみることに
実はわたしたち、?十年も会津に通っているのですが、ここには来たことがなかったのです
15 DSCN8289

駐車場からは、色付き始めた明るい雑木林を抜けて湿原へ
16 DSC_0374

草紅葉の湿原に飛び出しました
秋のお花たちに会えるかな~・・と期待して、湿原の中を探してみたのですが、お花はすっかり終わってしまって・・
リンドウも、お花が終わった花穂がさびしく秋風に揺れているだけでした
17 DSC_0375

湿原にはただただ草紅葉が広がっているだけ~
お花の時期にはいろいろな湿原のお花達に会えるようなので、機会があれば、もう一度訪れてみたいな~
18 DSC_0378

ということで、もうすぐ日没・・帰りはススキの原を通って駐車場に戻ります
20 DSC_0386


2日目の会津では、キノコはほとんどボーズ状態だったのですが、のんびりと湿原散歩のおまけが付いて、これはこれで、秋を楽しんだ、なかなか楽しい一日でした

会津のリンゴと南郷トマトをお土産に、帰路に就きました
連休の2日目ということで、車は多かったものの、そんなにひどい渋滞には会わずに、比較的スムーズに我が家に辿り着くことができました

さてさて、次回はどこに?・・そろそろ終盤戦のお花散歩かな~?・・それともリベンジのキノコ採り?
悩むところですね~・・

奥会津のキノコ採り・・その3・・2

お腹もいっぱいになって、次なる目的地、マイタケのお山に移動で~す

実はこのお山では、この季節は見事なリンドウのお花たちに会えるのです
毎年、今年も咲いているかな~・・と・・今年は、例年になく見事に開花していてくれました


踏み跡を辿って、しばらくはリンドウのお花を撮りながら、取り付き地点まで
1 DSC_0334

今年は、すばらしいお花を見せてくれました
2 DSC_0327

リンドウはお陽さまが射さないと咲かないのですが、高く昇ったお陽さまに、誘われるように開花していました
3 DSC_0324

青紫色が美しい~
4 DSC_0323

お花をいっぱいに付けた、見事な株ですね~
5 DSC_0328

優しい表情のリンドウですね~・・
6 DSC_0329

お花のアップで~す・・青紫色の地に白い粉を拭いたような花弁が美しい~
このお花に会うためにこの道を選んだのですが・・実は、マイタケポイントにはけっこう遠いのです~
7 DSC_0332

左側の斜面から、取り付くのですが・・これが踏み跡もない急斜面・・大変なのです~
8 DSC_0335

ナラ芝もかなり育ってきて、藪漕ぎは毎年大変になってきました~
9 DSC_0337

急斜面の藪漕ぎ一時間ほどで、やっと稜線に出ました~
木々の切れ間から、向こうのお山が見えて、絶景で~す
この辺りはマツタケポイントなのですが、もう出てないようです~
10 DSC_0339

ここからはナラの巨木の林を、マイタケを探しながらトラバースして行くのですが~・・
11 DSC_0343

大きなナラの木の周りをぐるりと~・・マイタケを探して~・・
なかなか見つからな~い
12 DSC_0344

やっと一株、倒れた木のウロの中に、ぽっこりと
13 DSC_0346

ピテカン君ががんばってま~す・・マムシ出てこないでしょうね~
14 DSCN8263

そんなに大きな株ではなかったのですが・・
それでもあきらめかけていた時だったので、尚更のうれしさで~す
15 DSC_0348

マイタケのお山に取り付いたのは、午後一時をすっかり過ぎていたので・・
マイタケ探しに夢中になっていて、下山した時には、すでにこんなに陽も傾いて~
16 DSC_0354


この日の(この日も・・ですが~)、お泊まりは、もちろんたつみ荘さん
大急ぎで移動で~す

奥会津のキノコ採り・・その3・・1

10月11~12日、1泊2日で、再びキノコ採りに奥会津を訪れました

10日のうちに我が家を出発・・いつものように、道の駅で仮眠です~
車中での仮眠も、2回目ともなれば、だいぶ慣れてきて、車を停めると同時に爆睡・・カッパは、いつでも、どこでも、たいていの場合は、爆睡できるのですが・・
明るくなり始める頃、目的地まで移動で~す


目的のお山は、林道を小一時間ほど奥まで歩いてから取り付きます
林道脇には秋の名残のお花達が咲いていて、単調な林道歩きを楽しませてくれました
1 DSC_0289

返り咲きのスミレです~・・オオタチツボスミレのようですね
返り咲きにしては、お花がしっかりしていて、とっても新鮮で美しいスミレでした
2 DSC_0286

林道沿いにず~っと咲いていたシロヨメナ(だと思うのですが・・)
3 DSC_0280

青紫色が鮮やかなノコンギクもあちこちに
4 DSC_0290

美味しそうに熟したアケビの実発見・・実も皮も美味しいので~す
皮は苦いので、どう調理しても、我が家の男子は食べてくれないのですが・・
5 DSC_0288

杉林を抜けると、雑木林の急斜面が続きます・・踏み跡もほとんど無いので、とにかくガンガンと・・木の枝に掴まりながら登って行きます~
6 DSC_0292

小一時間ほどで、やっと急な登りが終わり、傾斜のない開けたナラ林に出ました~
ここで小休止・・汗もやっと引いてきました
7 DSC_0294

もう一登りして尾根に出ると、辺りはすこ~し色付き始めていました・・もう秋も深まってきましたね~
8 DSC_0296

このお山では、今回もホンシメジ狙いだったのですが、ホンシメジの姿は無く~
なんと、シモフリシメジが顔を出していたのです
前回のホンシメジにもびっくりだったのですが、今回のシモフリシメジにも、再びのびっくりなのです~
9 DSC_0303

出たばっかりのきれいなシモフリシメジちゃんで~す
このお山では、キノコの出方は例年よりかなり早まっているようです
10 DSC_0306

シモフリシメジは落葉に隠れていてい、どこにいるのかよくわからないのです~
11 DSC_0304

なので、座り込んで、目皿状態でシモフリちゃん捜索中のカッパです~
まだ出始めたばかりで、小さいものが多く、採るのもけっこう大変
12 DSC_0309

まだまだお山は乾燥していて、新しく出たキノコはすくなかったのですが・・
なんとか状態の良いナラタケを、すこ~し採ることができました
13 DSC_0293

ムキタケはやっと出始めたばかり・・晩秋の狙い目キノコですね
14 DSC_0300

クリタケも新しく出たものは少ないようです
やっと出たばかりの小さなクリタケです
15 DSC_0310

一番きれいなクリタケの株で~す
クリタケは、くりくり坊主頭が可愛いですね~
16 DSCN8255

お山はまだまだ乾燥していて、新しいキノコは少なかったけれど、思いがけないシモフリシメジの収穫に、ちょっぴり満足
林道を車まで戻ります~・・お昼近くなってもう腹ペコです~
17 DSC_0315

やっとお弁当タイム・・時間がなかったので、おにぎりだけ作って、後はコンビニで購入
18 DSC_0316

パリパリの海苔が美味・・中身は明太子と焼き鮭・・たっぷりと
ピテカン君のごっつい手で持つと、おにぎりも小さく見えますが・・
19 DSC_0320


お腹もいっぱいになって、次の目的地、マイタケ狙いのお山に移動で~す
マイタケのお山はその3の2に続きます~

房総のお花散歩・・その2

我が家からは反対方向に、少し遠回りして、海岸の風衝草原に咲いているソナレマツムシソウに会いに行くことに

目的の海岸に着くと・・いつも誰もいない海岸に、台風の影響で高くなった波を目当てのサーファーがいっぱい
車を止めるスペースをやっと探して、海岸に下りていきます~


海岸からは、背丈よりも高い、ハチジョウススキや、トベラ、テリハノイバラやイガアザミの群生を掻き分けて、あっちこっち引っかき傷だらけになりながら、一段高い、風衝草原へと登っていきます
やっと草叢を脱出・・少し歩きやすくなった踏み跡を辿って目的地へ
1 DSC_0219

登り切ると~・・気持ちの良い草原が広がっています~
足元には、もうソナレマツムシソウがあちこち点々と咲いていました
2 DSC_0255

まだ少し早いかな~・・と思ったけれど、ちょうど開花したばかりの、良い時期に会えたようです
3 DSC_0223

すぐ目の下には、海岸線が広がっています
4 DSC_0258

今年は、開花している株が、昨年より多いようです~
5 DSCN8217

開花したばかりで、とっても新鮮なお花達
6 DSC_0222

マツムシソウより、かなり草丈が低く、せいぜい20センチくらい・・潮風に耐えられるように、丈夫そうですね~
7 DSC_0257

葉も、厚くてゴワゴワしていて、乾燥にも強そうです~
8 DSCN8216

お花のアップで~す・・お花はやっぱりマツムシソウ・・可憐で華奢な印象ですね
9 DSC_0226

ハナムグリ君が一生懸命お花を食べてました~・・可愛いツゥーショット
10 DSCN8235

その他この風衝草原では、たくさんのお花たちが咲いています・・秘密の花園?・・な~んて・・
マルバハマシャジンは少し遅かったようですが、まだ何とか咲いていてくれました
11 DSC_0230

ヤマハッカの海岸型のようなのですが・・ちょっと自信ありません
12 DSC_0231

イガアザミにはけっこう引っかかれました~
13 DSC_0242

コマツナギだと思うのですが・・
14 DSC_0259

一面に広がっているワレモコウの群落で~す・・やっぱり海岸型?・・背が30センチほどと、かなり低いのです
15 DSCN8231

草叢を掻き分けると・・やっときれいな株が見つかりました・・ナンバンギセルで~す
昨年は、ちょうど満開のきれいなお花が群生していたのですが、今年はもう遅かったようで、ほとんどのお花は萎れてしまっていました
16 DSCN8232

ハマサワヒヨドリもやっぱり、少し遅かったようです
17 DSCN8239

ミヤコグサはこれからでしょうか~・・
18 DSCN8246


その他、この草原では、もう少しすると、センブリが満開になって、とってもきれいなのですが、残念ながら、まだ小さな蕾でした
センブリが満開になる頃まで、まだソナレマツムシソウが咲き残っているので、草原がいっそうお花でいっぱいの、すばらしい花園になるのですが・・なかなか時期を合わせて訪れるのはむずかしいですね・・
そしてその頃には、海岸では、イソギクの鮮やかな黄色のお花も満開になるのですが・・

海岸のお花といえば、ソナレセンブリもそろそろ咲くころかな~・・次はソナレセンブリと伊勢海老をセットで・・
な~んて・・カッパは企んでいるのですが・・

房総のお花散歩・・その1

10月5日は、富士山方面で観察会に参加予定していたのですが、前日のお天気予報では、台風18号に伴い、早朝から雨の予報・・ということで、リーダーの先生から、4日の午前中のうちに、観察会は、中止の連絡が入りました

それなら・・と、4日の土曜日、午後から急遽、房総半島に咲くお花を見に行くことに
まずは、昨年始めて会ったお花、アケボノシュスラン・・昨年より、少し時期が早いのですが、もう咲いているかな~・・と・・様子見兼ねて行ってみました

咲いていましたよ
昨年よりは少し花付きの株が少ないようですが・・それでも、可愛らしい姿をあちこちで
目を楽しませてくれました

暗い杉林の林床で、ひっそりと咲いているアケボノシュスランで~す
1 DSC_0200

よ~く目を凝らして見ないと、下草に埋もれているように咲いているので、なかなか見つけられませ~ん
2 DSC_0209

1株見つけると、だんだん見えてきて・・・・あちらにも~こちらにも~っと、目に入ってきますね
3 DSC_0187

ほんの~り、桃の色のピンクのお花がとっても可愛いですね
4 DSC_0191

けっこう花付きの良い株で~す
葉だけの株は辺り一面に、絨毯のようにひろがっているのですが、今年は、花付きの良い株は、昨年より少ないようです~
5 DSC_0201

それでもぽつりぽつりと飽きない程度に目を楽しませてくれました
6 DSC_0188

桃色が濃いめで、きれいなお花を付けた株です
7 DSC_0178

反対に、ほとんど白に近いようなお花の株も・・これも清楚な感じがして、きれいでした
8 DSC_0207

アップにすると~・・親鳥に餌をねだっている雛鳥のようですね~
思わず微笑んでしまいそう~
9 DSCN8198

オオハナワラビでしょうか~・・花が咲いたばかりのようですね~
10 DSC_0211

大小のホトトギスの株が、秋を感じさせてくれました
11 DSC_0212

微笑ましい写真をもう一枚
寝っ転がって、おくつろぎ中の猫ちゃんで~す・・気持ちよさそうにのびのび~・・ですか~
っと、頭の上を大きなアオダイショウが通過し始めているのですが・・・・全く気づきません
教えてあげると・・?・なんと猫ちゃん、ハンターに変身・・大きなアオダイショウを追う素振り
一足早く、アオダイショウは側溝に逃げ込んで、直接対決はなかったのですが・・
12 DSC_0213


ここではほんの2時間程の花散歩でしたが、可愛いアケボノシュスランに会えて大満足・・でしたが・・

夢中になって写真を撮っていて、気が付かなかったのですが・・長袖長ズボンにもかかわらず、服の上から?藪蚊に何ヶ所か攻撃されていて~

まだまだ藪蚊には油断大敵のようです~

ここまで来たのだから・・と・・足を延ばして、もう一ヶ所、まわってみることにしました~

大塩温泉でダブル露天風呂!

今回もお世話になった大塩温泉たつみ荘さんでは、今ダブル露天風呂が楽しめま~す

というのは、大塩温泉の共同浴場が、現在建て直中で、共同浴場に引いている温泉を、たつみ荘さんの、季節限定の露天風呂に引き湯しているのです
季節限定露天風呂に出るお湯とは、ちょっと違うのですが、それでも、解放感あふれる露天風呂に入れるのは、なんといってもうれしいのです~

そして・・河原の湯も、健在
湯守さんたちのお陰さまで、只見川の水位が上がって水没しない限りは、シュワシュワの炭酸泉を楽しめます

お宿には早めに着いたので、両方の露天風呂を堪能することができました


季節限定の露天風呂は河原より一段高いので、見晴らしが良く、解放感がありますね
1 DSCN2119

う~ん、気持ち良い~
2 DSCN2122

お湯は共同浴場と同じ・・鉄分を含んでいて、酸化して少し赤みを帯びています・・炭酸も少し弱めのようです
3 DSCN2125

こちらは河原の湯・・まだこの時には川の水位もそんなに上がってないのですが・・
4 DSCN2128

ぼこぼことお湯が湧き出している湯口・・新鮮そのもののお湯です
新鮮なので、濁ってないですね
5 DSCN2129

気持ちの良いお湯にカッパもご満悦
6 DSCN2130

炭酸泉なので、こんなにアワアワ、プチプチ、シュワ~シュワ~
7 DSCN2144

一瞬で、アワアワが身体にまとわりつきます
8 DSCN2134

っと、遊んでいると・・なんだか急に水嵩が増えてきたような~・・
と思っていると、瞬く間に、湯船の下の方がチャプンチャプンと・・・・なんと水没し始めてます~
大慌てで湯船から上がって、お宿に戻りました
9 DSCN2138

そして、お夕食も美味しくいただいて・・がっついていて、お夕食の写真を撮るのを忘れてました・・
宴会に突入です~・・お酒の写真はしっかりと撮りました~
10 DSCN2140

翌朝の河原の湯です・・昨夜水没したのですが、早朝から湯守さんたちが砂をかき出して、整備してくださったので、気持ち良く入ることができました
湯守さんたちに感謝です~
川の水位も、かなり低くなっていました・・上の写真と比べてみて下さい
11 DSCN2150

お待ちかねの朝食は、マツタケご飯・・採れたマツタケを、女将さんに美味しい炊き込みご飯に調理[してもらって、大満足でした~
女将さん、いつもご馳走さまで~す
12 DSCN2153

只見川の対岸から見たたつみ荘さん
今回もお世話になりました~
13 DSC_0170


今回はぜいたくにも、ダブル露天風呂を堪能
美味しいご飯に、美味しいお酒もたっぷりと・・大満足の1泊でした

また2週間後にお世話になりま~す

奥会津のキノコ採り・・その2

前夜、たつみ荘さんでは恒例の宴会・・けっこう夜更かしに

翌朝はゆっくりまったりと~・・朝露天風呂と朝ごはんも美味しくいただいて
さて、会津二日目、もう少しキノコ採りを楽しみたいね~・・ということになり、いつも帰りに寄るキノコ山に


杉林を抜けて、急斜面を登り切り、少し傾斜も穏やかになった広葉樹の林の中を、キノコを探して登って行きます
1 DSCN2167

まだ盛期のキノコにはちょっと早い様子・・いつも見かけるシャカシメジやウラベニホテイシメジといった、雑キノコが見つかりません
しばらく進むと、大きな栗の木が目に付きはじめます・・早い時期に出るシロフのマイタケは栗の木から出ることが多いのです
何回か出ていた栗の木は今年は外れ
今回はマイタケは採れないかと、あきらめかけていると・・例年必ず見回るのですが、今まで出たことが無かった栗の木に、今年は2株出ていました
2 DSCN2174

太い栗の木の根元に出ていた、マイタケを、そお~っと壊さないように慎重に頂戴しました~
3 DSCN2178

ちょっと遅かったので、けっこう虫が入っていたのですが、このくらいなら、まだ何とかなりそう・・良かったです
4 DSCN2179

そして・・なんと、すぐ隣の栗の木にも
こちらは、アメフだったので、まだまだしっかりしていて虫も全く付いてません
5 DSCN2182

この栗の木の根元に、2株目のマイタケが出てました~
6 DSCN2186

このお山は、ホンシメジ狙いで入るのですが、9月末ではまだ少し早いよね~・・と言いつつ・・
いつものホンシメジポイントをチェックしてみると・・
なんと、可愛らしいホンシメジの幼菌がぽつりぽつりと顔を出していたのです
今年はやっぱりキノコはかなり早いようですね
7 DSCN2190

まだまだ小さな幼菌ですが、たぶんこの時期の幼菌は、大きくならないまま終わってしまうので、次回までは待てません
ということで、すっかり全部いただきました~
8 DSCN2192

お山は乾燥気味だったので、その他のキノコたちも、まだあまり見当りません
出始めたばかりのナラタケも、乾燥していて、ポキポキです
9 DSCN2173

キシメジも例年より少ないようです~
10 DSCN2189

美味しいキノコ、クリフウセンタケで~す・・出たばかりのも、やっぱり乾燥していて、大きくなれないようですね
11 DSCN2194

思いがけず、マイタケとホンシメジをゲット
ブナの林に下りて下山で~す
12 DSCN2195

木漏れ日を浴びて、しばし休憩
13 DSCN2196

思わぬ収穫に、大満足・・林道を車まで戻ります~
14 DSCN2199

まだまだ秋のお花たちも、目を楽しませてくれました
アキノウナギツカミはミゾソバに混じって、林道沿いに群生
15 DSCN2160

ウドのお花は線香花火のようで、可愛い
16 DSCN2161

キツリフネは、少し遅かったかな~
17 DSCN2164

サラシナショウマもきれいに咲いていました
18 DSCN2187

穂状に咲く紫色のお花が艶やかな、カワミドリ・・今まであまり気にしなかったお花ですが・・
19 DSCN2197

今回2日間で採れたキノコたち
まずはマツタケ・・計ってみると・・1キロ以上ありました
DSCN2200.jpg

マイタケさんも1キロ弱
DSCN2203.jpg

可愛いオマツさまの幼菌で~す
DSCN2210.jpg

ホンシメジは、次回に期待ですね
DSCN2216.jpg

そして・・採れたキノコいろいろで~す
マイタケ、キシメジ、クリフウセンタケ、ナラタケ、ホウキタケです
DSCN2219.jpg


2日目に入ったお山は、この時期はいつも乾燥気味で、あまりキノコは期待できないのですが、今回は、マイタケ3株と、思いがけずホンシメジを少しと、大収穫でした

ただ、いつもこの時期にかなりたくさん出ているシャカシメジの姿が無かったのが不思議
流れているものも無かったので、今年は出てないのかな~・・と・・

キノコの出方は毎年少しずつ様子が違うのですが、今年は早いのか、遅いのか・・良く分かりませんね
早い時期のシャカシメジがまだ出てなくて、もう少し先に・・と思っていたホンシメジがもう顔を出しているのですから

また、何回か通うことになる奥会津ですが、次回は何が採れるかな~・・なんて
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる