再会!シラユキフモトスミレ

昨年、案内していただいて、初めて会ったシラユキフモトスミレ
まだ少し早いかな~・・と、思いながら、我慢できずに会いに出かけてしまいました~

予想通り、まだ少し早くて、小さな株が多かったのですが、それでも何株か、綺麗なお花を見せてくれました
1 DSC_0358

4月29日の祭日、ここの所、気温が高い日が続いていたので、そろそろ咲いているのでは?・・と・・
ゴールデンウイーク初日に予定していたのですが、急遽前倒しで、会いに行ってきました

綺麗な雑木林の中を、丹念に探しますが・・探し物はなかなか見つかりません
小さな緑色の葉は、何株か見つかるのですが・・まだまだ小さくてお花を付けていません~
そろそろ、諦めかけていると・・
2 DSC_0394

あっ!・・見つけた~
小さな株です~・・
3 DSC_0353

葉も花柄も綺麗な緑色・・お花は真っ白・・美しい~
4 DSC_0325

お花のアップで~す・・唇弁まで真っ白
5 P4291095

目が慣れてくると、ポツリポツリと・・目に入り始めました
2株目です
6 DSC_0340

7 DSC_0344

3輪並んで・・おしゃべりしているようですね
8 DSC_0355

こちらは、仲良く2株並んで・・綺麗なお花たちです
9 DSC_0368

清楚な美しさは、すがすがしい気持ちにさせてくれます
10 DSC_0365


こちらはフモトスミレの大きな株・・葉には斑がくっくりと・・お花も新鮮で、こちらも綺麗ですね
11 DSC_0382


12 DSC_0392

唇弁には紫線がくっきり、距も紫色で、お花がシラユキ姫に比べると、ちょっとふっくらした印象です
13 DSC_0390

シラユキフモトスミレもフモトスミレもどちらも、とっても小さくて・・こんな撮影になってしまいます~
14 P4291136

少し場所を移動して・・ヒメミヤマスミレです・・今年お初です
15 DSC_0397

つんと伸びた花柄の先に、キュートな小顔のお花が、ちょんと乗っかってます
16 DSC_0412

フモトスミレよりまだ小さいのです~
17 DSC_0415

お花のアップで~す・・唇弁が側弁より短いのが特徴のひとつのようです~
18 P4291142


少し足を伸ばして・・2週間前に見つけた、オクハラスミレらしき株の稔性を確かめに行きました
お花はすでに終わっていて、花後には、マキノ似の大きな葉が茂っていました
19 DSC_0317

やはり不稔!・・交雑の可能性が高く、やっぱりオクハラスミレかな~・・と・・
20 DSC_0310

オクハラスミレが咲いていたお山では、大きな株のマキノスミレとフモトスミレが咲くのですが・・
残念ながら、マキノスミレは、もうすっかり咲き終わっていて・・
フモトスミレの大株だけが、名残のお花を見せてくれました
21 DSC_0305

それにしても、見事な大株・・こんな株がぼこぼこと何株か纏まって咲いている様子は壮観です~
22 P4291089


この日のスミレ探索、目的は3つ!!
シラユキフモトスミレに再会・・オクハラスミレの稔性の確認・・この2つの目的は達成

ここまで、かなりの時間を使ってしまいました~
スミレさんたちを撮り始めると時間の経過も忘れてしまいます~

のんびりしてはいられません・・最後の目的のお花探しに出発します~
スポンサーサイト

ミドリミツモリスミレ咲く尾根

ここ何年か毎年、奥多摩方面に会いに行っている、ミドリミツモリスミレの大きな株です
今年も美しく咲いているお花たちに会うことができました
3 DSC_0242


4月25日の土曜日、この週末を逃したら、お花が終わってしまうかも~・・
ピテカン君の必死の訴えに、午前中だけなら~・・カッパが折れて、出かけてしまいました
実は、翌26日は、カッパの習い事の発表会、25日は夕方から舞台稽古なのです~

朝早くにミドリミツモリ咲く尾根に駆け上がり、ゆっくりお花を見て、お昼過ぎにはお家に帰る予定・・
早朝4時過ぎ、お家を出ます


木漏れ日の差す杉林の尾根で、美しく咲いていてくれました
1 P4251054

尾根に上がった時には、まだ朝日が届く前・・ひっそりとした静寂の中で、美しく佇む姿を見た時は感激でした
5 DSC_0236

6 DSC_0202

やがて陽が差してきて~・・朝日を浴びて、輝き始めました
2 DSC_0243

4 DSC_0247

ここには何年か通っていますが、こんなに、纏まって美しく満開に咲いている姿には、今年初めて会うことができました
7 DSC_0238

8 DSC_0206

お花をちょっとアップ気味に
マキノスミレとフモトスミレの交雑・・お花は、両親の良いとこ取りで、素晴らしい美しさです
側弁に毛があるのが、わかりますね
9 DSC_0250

ここからは、カッパのTG-3で、深度合成で撮影したものです
ピテカン君のマクロレンズで撮ったものとは、またちょっと感じが違います
10 P4251044

隅々まで、ピントが合うので、とっても鮮明な写真になります
11 P4251056

お花のアップもこんな感じ・・ただ手振れしないように撮るのが難しい~
12 P4251041

片親のフモトスミレ・・この大株の咲く尾根では、不思議なことにフモトスミレが見当たらないのですが・・
このフモトスミレは別の尾根で、撮ったものです
13 DSC_0270

フモトスミレの綺麗なお花たち
14 P4251067

片親のマキノスミレで~す
15 DSC_0260

別の尾根で会った、ミドリミツモリスミレです
この尾根では、小さな株のものしか見つからず、ちょっと期待外れだったのですが・・
16 DSC_0266

お花のアップで~す・・側弁の毛がはっきりですね~
17 P4251070

もう1株・・丁寧に探して、やっと見つけたミドリミツモリです
以前は数株見つけられたのですが、今年は、ちょっと遅かったのかな~・・
18 P4251074

そろそろ下山することに・・綺麗に手入れされた杉林を後にします
19 DSC_0288


駐車場から車を出したのは、10時過ぎ・・午後の1時前には、帰宅する予定・・
だったのですが・・なんと中央高速が事故渋滞・・10キロ100分
一般道に下りて何とかクリア・・舞台稽古の集合時間には何とか間に合いました

ちょっと無謀なスケジュールだったのかな~・・と反省
無理をして出かけた甲斐があって、素晴らしく美しいミドリミツモリスミレのお花たちに出会うことができました

ちなみに、カッパの発表会も無事に終了しました~

山梨、ゲンジの里でスミレ探索

霧雨が降ったり止んだり・・どうやら本降りにはならない様子

次の目的地、山梨方面に向けて、高速道路で移動です

駐車場に車を停めて、とりあえず遊歩道の入口まで、舗装道路をとことこと・・向かいます~


すると~・・歩き始めて10分くらい・・なんの変哲もない道路脇で、スミレの群落に出会えました
アカネスミレ、ウスアカネスミレ、マルバスミレ、タチツボスミレが入り乱れています
特にアカネスミレとウスアカネスミレの大きな株が目立ちます
1-1 DSC_0105

ウスアカネスミレはお花を見るのは初めて
大きな株が纏まって咲いていて、大きなブーケのよう・・綺麗です~
2 P4190977

アカネスミレと比べると、お花の色合いは、赤みが少なくて、薄紫色・・濃淡ぼかしのようで、柔らかい印象です~
お花のアップで~す
4 P4190987

アカネスミレの大きな株・・草丈もお花の大きさも、他の株より一回り大きくて、とっても目立っていました
5-1 DSC_0104

赤みが強く、アカネスミレらしい株です
6-23 P4190978

お花のアップで~す
7-23 DSC_0119

自然が作ったスミレのブーケ・・ウスアカネスミレとマルバスミレが一か所に固まって、ブーケを作っていました
8-23.jpg

タチツボスミレとアカネスミレのブーケも
9 -23DSC_0114

やっと遊歩道の入口に着きました
10-23 DSC_0123

今回の一番のお目当てのスミレ・・ゲンジスミレです
11-1 DSC_0175

シックな色合いが通好み?のスミレですね~・・
12-1 DSC_0164

お花が、あっちを向いたりこっちを向いたり・・なかなかうまくカメラに収まってくれませ~ん
13 -1DSC_0178

葉っぱも丸っこくて可愛いです
14-1 DSC_0191

お花のアップで~す・・ちょっと遅かったのか、花弁が少し傷み気味だったのですが・・
今年、ゲンジスミレは、何か所かで数株ずつ出会うことができました・・以前より増えているような気がします~
15-1 DSC_0156

傘を差しながら、のんびり~の里山スミレ探索です~
16 DSC_0193

ここのイブキスミレ、株はたくさんあったのですが、ちょっと遅かったようで、ほとんどの株はお花を落としてしまっていました
咲いていたのは10株くらいかな~
この株は綺麗なお花を残していてくれました
17-1 DSC_0130

ノジスミレはちょうど花盛りのようで、あちこちに群生していました
18-1 DSC_0129

水しぶきがかかる、水路の石垣には、なんとケイリュウタチツボスミレです
19-1 DSC_0149

お花のアップ・・ほっそりした花弁が涼しげで、けっこう好きなスミレです~
20 P4191005

あっちこっちで、スミレさんたちに足止めされて・・ちっとも先に進めません
この先にも、いくつか会いたいスミレがあるのですが・・・・この調子ではいつになったら終着地に着けるかわかりません
だんだんと寒くなってきたし・・この辺りで出発地に戻ることにしました
21-1 DSC_0143

最後にコンクリートの隙間で、マンジェリカの群生に出会いました
往きには全く気が付かなかったのですが・・・・一列になってかなりの株数でした
22 P4191032


午後からは雨、雷雨も・・のお天気予報・・外れてくれました
時々傘を差す程度の霧雨、車に戻るころにはすっかり止んでくれました

車に戻って遅い昼食・・この日のお昼はコンビニで購入、簡単に済ませて・・4時過ぎには帰路に着きました

この日はお天気が悪かったので、中央高速もそんなに渋滞しないだろうな~・・と思ったのですが・・
な・な・なんと~事故渋滞・・つかまってしまって~

帰宅したのはもう夜11時前でした~

諏訪湖周辺でスミレ探し

翌日19日、ゆっくり起きだして、のんびりの朝風呂・・なんといっても朝風呂が温泉の醍醐味ですよね~
美味しく朝食もいただいて、もちろん朝食後も温泉へ

この日は、諏訪湖周辺の里山で、スミレ探索する予定・・初めてのお山なので、どんなスミレが咲いているか、とっても楽しみなのですが・・ちょっと時期が早いような気もします


移動距離が短いので、お宿の売店でゆっくりお土産選びもできました
DSC_0045.jpg

ゆったりとした登山道を、ゆるゆると登り始めます
1 DSC_0046

登り始めてすぐに会えました
登山道脇にも・・明るい雑木林の林床にも・・あちこちにアケボノスミレの群落です
2 DSC_0051

咲き始めたばかりの新鮮なアケボノスミレのお花です
3 DSC_0050

暗紅色のスミレ・・クロバナアケボノスミレといっても良いのでしょうか
信州では、お花の色が濃い、クロバナっぽいアケボノスミレが多いようですね・・
4 DSC_0060

お花のアップで~す・・鮮やか暗紅色ですね
4 P4190947

登山道脇で、なんとヒゴスミレ・・お花が開いてなかったのが残念!
やっぱりちょっと早かったのかな~
5 DSC_0055

頂上からは、諏訪湖と諏訪の街が一望できました
6 DSC_0062

頂上からは、お山の周りをぐるっと回る予定で、登山道を更に先に進みます
足元には、マキノスミレの葉がいっぱい!・・残念ながら、まだ時期が早くてお花は咲いていません
そちら側は道もはっきりせず、踏み跡程度になってしまい、大丈夫かな~・・と思っていると
なんとニホンカモシカ君と遭遇・・人馴れしているのか、強気なのか・・逃げようとしません
7 P4190948

この後登山道を外れて、雑木林の中を、スミレを探して彷徨ってみると・・素晴らしいスミレの園に出会いました
一番多かったのが、ヒナスミレです
8 DSC_0065

丁度、盛期の新鮮で美しいお花たちです
9 DSC_0087

ヒナスミレに混じって、なんとイブキスミレも点々と咲いているではありませんか
10 DSC_0072

小沢の岸部の樹林下で、ひっそりと咲いているひたむきさが、素敵です~
11 DSC_0077

それも今まさに開花したばかりの新鮮なお花です
12 DSC_0076

ここのイブキスミレは少~しピンク色が強めのようですね
13 P4190967

沢近くの岸部では、紅色の濃いアケボノスミレが、一か所に纏まって群生していました・・美しい~
14 DSC_0084

まだまだ蕾もたくさん・・満開になれば綺麗でしょうね~
15 DSC_0082

すっくと立ち姿も美しいです~
16 DSC_0080

こんなにいっぱい纏まって咲いていて、ほんとに綺麗でした~
17 P4190969

最後は遊歩道に飛び出して・・午前の部のスミレ探索終了で~す
18 DSC_0089


丁度、遊歩道に上がった頃から、ぽつぽつと降りだしてきました
雨は午後からの予報だったのに~・・早すぎるよ~

これからもう一か所、スミレ探索を予定しています・・・・雨だと、ちょっとメゲますね
なんとか大降りにならないように願いながら、車に戻り、次の場所に移動で~す

富士山周辺のスミレ探索

4月18日~19日、1泊2日で、山梨から長野に、スミレ探索に出かけてきました
ここの所、スミレ探索が続いています・・

短い期間で、あちこちで咲き始め、早すぎるとな~んにもなし!・・なんてことになり、ちょっと時期が遅れると花弁がヨレヨレになってしまっていて、美しさ半減!・・ということで、会いに行く時期がとっても難しい

初日は、富士山周辺のスミレ探索です
今回も、中央高速利用なので、4時起き、5時出発・・なんとか渋滞前に高速を抜けることができました

無事に、駐車場に車を停めて、歩き始めるのですが・・・・どうも昨年とは様子が違います
「工事のため通行禁止」の立札が~・・登山道が閉鎖されているのです

登山道を入ってすぐに、イブキスミレやヒナスミレが群落を作っていた場所があったので、そこまで歩いてみたのですが・・
登山道はコンクリートの林道になり、スミレたちが咲いていた場所は、裸地の法面になってしまっていて、すっかり様変わり
仕方なく、少し戻って下の方でスミレを探すことに


なんとか出会うことができました・・今回のスミレ探索の目的のスミレの一つ、イブキスミレで~す
ここのイブキスミレのお花は、青みが強いようですね
1 DSC_0384

気品のある、優しい印象のスミレです
2 P4180867

DSC_0394.jpg

車に戻り、林道を少し登って、別のスミレに会いに移動です~
駐車場からは、前方に、春霞ののどかな富士山で~す
ここでは、目的のスミレは小さな葉が出たばかりのようでした~・・その他のスミレさんたちも、全く見当たらず、やっぱり早すぎたようです
4 DSC_0408

こうして、ほとんどスミレ探索できずに、一か所目は終了
急いで、次の場所へ、移動です~
野焼きの後の草原では、キスミレが咲きだしたばかり
5 DSC_0411

冷たい風に吹かれながら、懸命に咲いている姿は、健気で可愛い
6 DSC_0042

ここでの目的のスミレ、オクタマスミレ、昨年は葉だけしか会えなかったので、今年は・・と楽しみにしていたのですが・・
ちょっと訪れるのが遅かったようです~
なんとか一輪だけ、咲き残っていてくれました
7 DSC_0417

周りには、たくさんのオクタマスミレの小さな株・・来年は咲いていてくれるといいな~・・なんて・・
8 DSC_0418

もう一か所、大きな株を見つけたのですが、こちらも、どうやら今年はお花を付けなかったようです~・・残念
9 DSC_0428

この辺りはヒナスミレが花盛り・・フイリヒナスミレの美しいお花たちで~す
10 DSC_0425

斑がくっきり入っていて、葉も美しですね
11 DSC_0427

斑のないヒナスミレも美人さん
12 DSC_0423

お花のアップで~す・・可愛いスミレですね
13 DSC_0433

エイザンスミレも負けずに美しい~
14 DSC_0431

咲きだしたばかりの新鮮なお花・・
15 DSC_0036

花弁の色が濃い株が多く、とっても美しい
16 DSC_0454

ちょっと早かったようですが、木々は、所々に浅緑の芽吹きが見られます・・春ですね~
17 2 DSC_0443

ここでは、もう一つ可愛いスミレ、トウカイスミレに会えました
小さいスミレですが、ここのトウカイスミレは、特に小さいような気がします・・
18 DSC_0002

くるっと巻いている上弁が、とっても可愛い
19 DSC_0025

すこ~し遅かった?ようで・・花弁がちょっと寄れてるお花も・・
20 P4180912

お花のアップで~す
21 P4180923

昨年見つけた、このちょっと怪しい?葉の株・・健在だったのですが・・今年もお花は付けていないようでした
22 DSC_0009

日当たりの良い所では、フモトスミレも、咲いていました・・斑がくっきり入ったフイリフモトスミレ
23 DSC_0020

唇弁の紫線がくっきりです
24 P4180920

ハナネコネメも赤い葯が、まだ残っていました
25 DSC_0434

お花のアップで~す・・やっぱり赤い葯が可愛い
26 P4180890

ヨゴレネコノメも開花したばかり・・こちらも赤い葯が見られます
27 DSC_0440

ヤマエンゴサクも所々で
28 DSC_0448

お天気予報では、晴れマークだったのに、どんよりとした曇り空、おまけに、霧雨が降ってきて~
とにかくとっても寒い~
目的のスミレにも会えて・・早々に下山します~
29 P4180899

富士山周辺のスミレはまだ少し早いかな~・・と思っていたのですが・・遅かったり、早かったりで、なかなかドンピシャのタイミングで、会うのは難しいですね


今回のお泊りは諏訪の国民宿舎、ホテル山王閣さんで~す
珍しく時間に余裕があるので、ゆっくりとSAでお土産選びの時間もあって、カッパにはうれしい移動で~す

山王閣さんの温泉は、源泉掛け流し・・冷えた体を温めて、ゆっく~り気持ちの良いお湯を堪能しました~
お風呂上りは、冷えた生ビール・・なんと大ジョッキー
温泉の後は、美味しいお夕食・・カッパの大好物の馬刺し・・美味でした~
P4180936.jpg

奥多摩、高水三山

4月12日の日曜日、久しぶりのお天気に誘われて、奥多摩は高水三山を、スミレを探索しながら歩くことに

晴れの日曜日となれば、中央高速の混雑は必須・・奥多摩方面は近いからと、いつも油断して、のんびり~の出発になり、渋滞につかまって痛い目にあっています

今回は、気合を入れて、4時起き、5時前には出発~・・高速道路は、車は多いものの、順調に流れていて、7時過ぎには奥多摩柚木苑地の駐車場に、無事車を停めることができました


駐車場を、軍畑駅に向けて出発で~す
1 DSC_0309

平溝川沿いでは、山桜や枝垂桜がちょうど花盛り・・うれしいお花見ができました
2 DSC_0312

30分ほどで高源寺に到着・・ちょっと一休み
3 DSC_0314

高源寺からは、急な坂道を更に登ると~・・やっと登山口に到着しました
4 DSC_0315

良く手入れされた杉林の中を、高度を上げていきます~
5 DSC_0319

スミレを探しながらのんびりと・・高源寺から1時間ほどで、常福院に到着
6 DSC_0323

常福院から10分くらいの登りで、高水山頂上で~す
常福院から高水山に向かって登っていると・・「カッパさ~ん」・・呼ぶ声が~
なんと、観察会で偶然にお会いしたcyu2さんご夫妻でした・・ここからは楽しい4人旅になりました
7 DSC_0324

高水山からは、稜線を、景色を眺めながら、小さな登り下りを繰り返して40分ほどで岩茸石山に到着で~す
真っ黒な甲斐犬が出迎えてくれました
8 DSC_0348

岩茸石山からは、少し下って、山腹を巻くようにして、さらに先の惣岳山に向かいます
杉林の中は、日当たりが悪いせいか、スミレはほとんど見当たりませんでした~
DSC_0350.jpg

惣岳山の頂上は、平らな広場になっていて、お昼休憩に絶好の場所
9 DSC_0355

ちょっと早いけれどお弁当タイム・・いつものおにぎらずにお味噌汁で~す
美味しいコーヒーも淹れてもらって・・のんびりのお山登りは良いですね~
この後、またまた楽しい出会いが~・・スミレの写真を撮っていると、花・花・花さんが~
下山は5人パーティーになりました
10 DSC_0358

この日出会ったスミレさんで~す
歩き始めてすぐ、軍畑駅ちかくで、見つけたアリアケスミレで~す
コスミレや、ヒメスミレの姿も
DSC_0375.jpg

お山のスミレは、ここのところの低温と雪で、お花が少なく、咲いていたお花も傷んでいて、ちょっと残念
それでも、元気なナガバノスミレサイシンが、ポツリポツリと
11 DSC_0360

開花したばかりのお花は新鮮で、良いですね~
12 DSC_0362

シロバナナガバノスミレサイシンは、花弁が透き通るように薄くて、美しい~
13 DSC_0368

ヒナスミレも咲き始めたばかり、ほんとに可愛い
14 P4120856

アケボノスミレも何株か・・開花した株もありました
15 DSC_0351

マキノスミレもまだまだ早かったようで、開花していたのは、ほんの数株
16 DSC_0340

フモトスミレは、やっと葉が出てきたばかりのようでした
17 DSC_0370

岩場の急な斜面には、イワウチワも咲いていました
20 DSC_0354


今回、会いたかった目的のスミレは、2種類・・一種類のスミレは、昨年より、随分小さな株になってしまっていたのですが、なんとかお花も見ることができました

もう1種類は、ちょっと早すぎたのか、葉も確認することができませんでした

5人で楽しく御嶽駅まで、下山
電車で帰宅される3人を見送って、わたしたちは、もう一つ、会いたいスミレがあって、そちらに向かいます

高水三山で、スミレはかなり遅れているようなので、まだまだ早いかな~・・と思っていたのですが・・
やっぱりお目当てのスミレは、葉もはっきりとは確認できませんでした
また、時期を見計らって訪れてみようと思っています

さて・・中央高速の渋滞覚悟で・・家路に就きます
少し時間が早かったのが幸いして、渋滞も思ったほどにはひどくなく、なんとか7時過ぎには帰宅できました

cyu2さん、花・花・花さん、楽しい山旅をありがとうございました

栃木でスミレ散歩・・美しいスミレ姫に出会えました~

今回のスミレ探索は、思いがけず素晴らしく美しいスミレ姫さまに出会うことができました
DSC_0274.jpg

4月11日の土曜日、お天気予報では、午前中は雨が残るけれど、午後からは雨も止んで、曇マーク

この時期は、お天気が少しくらい悪くても、スミレさんの開花は待ってくれないので、午後からのお天気回復に期待して、栃木方面のスミレ探索に出かけることに

いつもより、少し遅めの出発です~・・とはいえ、まだしょぼしょぼと小雨が降ってます
目的の場所に着くまでに何とか止んでくれるといいな~・・

願いが通じたのか、目的地に近づくにつれて、お空はしだいに明るくなって・・駐車場に車を停める頃には、ほとんど雨は感じないくらい

その後も降られることなく、一度も傘を開かないですみました


今回会ったスミレさんたちで~す
最初に出会った石垣コスミレ・・駐車場近くの車道の石垣に、こんな大きなコスミレの株がいくつも、たくさんのお花を付けていたので、びっくりです!
1 DSC_0196

ここで、一番多く見られたのは、エイザンスミレ
お花の色の濃いピンク色から、薄いピンク、ほとんど白に近いピンク色のや、真っ白なお花まで、ほんとにたくさんのエイザンスミレに出会えました~
このお花は、濃いピンク色・・蕾からふんわり~と開きかけたこのくらいの時が一番綺麗かな・・
2 DSC_0202

この株は真っ白で、中心がレモンイエロー・・ヒゴスミレ?と思ったけれど、葉は3つに枝分かれしているので、やっぱりシロバナエゾスミレなのかな~・・と
距も花柄も緑っぽいものでした・・けっこう纏まって群生しています~
3 DSC_0208

こんな大きな株がたくさん群生していて、見事な咲きっぷりでした
4 DSC_0291

エイザンスミレのアップで~す、ふっくらで、大振りな印象ですね・・
3 P4110793

ヒナスミレはもう、少し盛期を過ぎていて・・雨にも打たれて、ちょっと可哀そうな状態
5 DSC_0216

咲きだしたばかりのアケボノスミレ・・~
6 DSC_0211

そして、この場所には、ニオイタチツボスミレがいっぱい
ちょっと小振りだけど、可愛いですよね・・ちょうど開花したばかりのようでした~
7 DSC_0248

ニオイタチツボスミレのアップで~す
花びらが重なっていて、きれいな色ですね
7 P4110822

杉林のマキノスミレは、まだこれから・・ちょっと会いに来るのが早かったようですね
8 DSC_0228

蕾がいっぱいで~す・・満開になったら綺麗でしょうね~
9 DSC_0234

フモトスミレのこんなに大きな株!・・残念ながら、まだ固い蕾・・満開時はさぞかし綺麗でしょうね~・・
22 DSC_0242

フモトスミレとマキノスミレとくれば・・ミドリミツモリスミレ
よ~く辺りを見回してみると・・一株だけでしたが、それらしき葉の株がありました
23 DSC_0239

陽射しがいっぱいの雑木林では、もうすっかり開花していていました
10 DSC_0293

可愛い、4つ子ちゃん
11 DSC_0258

マキノスミレのアップ・・可愛らしく整ったとっても綺麗なお花ですね
12 DSC_0262

マキノスミレが群生する日当たりの良い雑木林の林床で、とても美しいスミレを発見
この辺りはサクラスミレも咲くので、最初はサクラスミレの大株かと思ったのですが・・
13 DSC_0267

20~30ほどもお花を付けた大きな株・・いかにも交雑のような気がするのですが・・
他にはサクラスミレらしきお花はまだ咲いていません・・廻りをぐるっとマキノスミレに取り囲まれていました~
24 DSC_0270

マキノスミレに似たお花の形状ですが・・マキノスミレの花の1.5倍ほどの大きさ
15 DSC_0275

お花の色あいもサクラスミレともちょっと違って赤みがあるような・・
26 DSC_0272

マキノスミレとサクラスミレの交雑、オクハラスミレではないかと思うのですが・・
葉の裏側は、薄っすらと紫色がかっていて、葉柄や花柄には、サクラスミレでは目立つ、毛がないのです~
27 DSC_0266

28 DSC_0269

お花をアップに・・とにかく素晴らしい美しさです~
18 DSC_0280

日当たりの良い雑木林では、気の早いフモトスミレも、綺麗なお花を見せてくれました
19 DSC_0284

草原にはアカネスミレの姿もちらほらと・・
20 DSC_0254

どんよりとした空ですが、何とか雨にはならずにスミレ探索を、終えることができました!
21 DSC_0304


今回は思いがけず、大きな交雑かと思われる株を見つけたのですが、果たして、交雑かどうか・・
どちらにして、素晴らしい大株の、とんでもなく美しいスミレのお花に出会えて、大感激の一日でした

翌日12日はお天気回復して、久しぶりの晴れ予報・・ちょっとお山に登りたいね~・・ということで、早目に帰宅です~

シハイスミレ咲く丘陵

高尾山でのスミレ散策を終えて、シハイスミレの咲く丘陵に移動で~す

今年のシハイスミレは、どんなお花を見せてくれるかな~・・期待いっぱいで、歩き始めます
昨年は、歩き始めるとすぐに、ニオイタチツボスミレのお花が何株か、姿を見せてくれるたのですが・・今年は、少し早かったのか、固い蕾
カッパの好きなスミレなのに~・・今年はまだニオイタチツボスミレの綺麗なお花に出会っていないのです~・・

しばらく遊歩道を歩くと、足元に小さなシハイスミレのお花が目に入りました
ここのシハイスミレは、いつ見ても小さくて可愛い

ちょうど見ごろのお花に、出会うことができました~
1 P4050781

落ち葉の間から、点々と顔をだしているお花たち~・・ほんとにかわゆい~
2 DSC_0169

今年は、花付きが良い株が多いようですね・・
3 DSC_0181

シハイスミレは、ピンク色も濃く、華やかで美しいスミレさん
4 DSC_0177

その美しさにうっとり~・・
5 DSC_0172

そんなにじっと見つめないで~・・なんて・・
6 DSC_0176

美しすぎます~
7 DSC_0161

ちょっとアップ気味に~
8 P4050770

シハイスミレをたっぷり楽しんで、車に戻る途中で、やっと何株か、開花しているニオイタチツボスミレに会えました
9 DSC_0186

アップで撮ると、唇弁がくっきりと白く抜けているのが、よくわかりますね
10 P4050787

ニオイタチツボスミレの咲く場所には、タチツボスミも群生していて・・大きな株も・・
ニオイタチツボスミレとタチツボスミの交雑のマルバタチツボスミレではないかと、思うのですが・・
ちょっと自信ありません~
11 DSC_0192

シュンランも何株か、見ることができました・・
12 DSC_0154

歩きやすい丘陵地に点々と咲いているシハイスミレは、とっても小さくて・・こんなスタイルの撮影になってしまうのです~
13 DSC_0182


美しいシハイスミレとの再会もたっぷりと楽しんで・・それでもまだまだ名残惜しいけれど・・
中央高速の渋滞も心配なので、このあたりで切り上げて家路に就くことに

心配していた渋滞も、お天気が悪かったせいかそんなにひどくなくて・・
7時過ぎには無事に帰宅できました

高尾山のスミレと、早春のお花たち

4月5日の日曜日、お天気予報は朝から☔マークだし・・気温もとっても低いらしい・・

こんなに寒い日が続いていて、スミレ咲いているかな~・・とちょっと心配だったけど、とりあえず行くだけ行ってみようか~・・
ということで、高尾山に出かけてきました

お天気は、予報ほどは悪くはならず、気温も前日の土曜日よりは、まだ高めで凌ぎやすく、まあまのハイキング日和となりました

何より良かったのは、お天気が悪かったので、登山者が少なく、高尾山にしては珍しく、静かなお山を楽しめたことです
高尾山は、雨予報の日がねらい目かも~?・・


中央高速も、日曜日にしてはスムーズに流れていて、8時前には、日影沢の駐車スペースに無事に車をいれることができました
芽吹いたばかりの木々の下を、スミレや早春のお花を探しながら日影沢林道を歩き始めます
1 DSC_0029

キャンプ場の前を左に折れて、日影沢林道から別れ、いろはの森コースへ
いきなり階段の急登です~
2 DSC_0043

足元にはたくさんのスミレたち~・・なかなか先に進めません
それでも直登コースなので、どんどん高度を上げていきます
3 DSC_0053

最後にど~んと!・・長い階段登り・・登り切ると1号路に合流です
4 DSC_0065

薬王院まで少し下って、トラバース道から、頂上に向かいます
5 DSC_0067

トラバース道でも、たくさんのスミレたちが迎えてくれました・・ここはタチツボスミレが群生ですね!
6 DSC_0073

高尾山の山頂で~す・・ほんとに人が少なかったのです
7 DSC_0098

日影沢林道へは、萩原作業道を下ることに・・ミツバツツジを眺めながら下山です
8 DSC_0107

日影沢林道で会えたヒカゲスミレ・・まだ咲きはじめなのか、開花したお花は数株でした
9 DSC_0145

タカオスミレの咲きだしたばかりの新鮮なお花に、あちこちで会うことができました
10 DSC_0130

まだまだ蕾もたくさん・・これからどんどん開花しそうですね~
11 DSC_0139

凛とした、たくましさを感じさせるお花ですね
12 DSC_0026

ピンク色の濃いヒナスミレにも会えました!
13 DSC_0082

ヒナスミレの大きな株はうっとりの美しさですね~
14 DSC_0087

ヒナスミレをアップで、パチリと
15 P4050730

シロバナのヒナスミレにも会うことができました
16 DSC_0093

唇弁にも筋がなく、ほぼ真っ白な花弁でした
17 P4050737

一株だけ会うことができたフイリヒナスミレ
18 DSC_0059

今回は、たくさんのナガバノスミレサイシンのお花たちに、会うことができました
19 DSC_0050

こんなにたくさんのお花を付けた株も、あちこちで見られました
20 DSC_0032

ちょうど開花したばかりの新鮮なお花です~
21 DSC_0110

木の根っこで、ちょこんと咲いていた可愛い双子ちゃん
21 DSC_0046

シロバナナガバノスミレサイシンも所々で、見られました
22 DSC_0040

エイザンスミレも、咲き始めたばかりのお花は可愛いですね
23 DSC_0076

マルバスミレもあちこちで咲き始めていました
24 DSC_0140

アオイスミレもここでは、まだ生き生きしたお花を見せてくれました
25 DSC_0116

その他、早春のお花たちも、可愛らしい姿を見せてくれました
地味だけど、けっこう探してしまう、好きなお花・・トウゴクサバノオです
曇り空だったので、お花は最後まで開いてくれませんでした・・
26 DSC_0030

日影沢沿いに群生していたコチャルメルソウ
このお花も、見つけたら必ず撮りたくなってしまうのは、どうしてかな~
27 DSC_0121

それも、どうしてもアップで撮りたくなってしまうのです~
28 DSC_0117

ミヤマエンレソウも咲きだしたばかりのようですね
29 DSC_0138

ヤマルリソウも、だいぶ咲きだしましたね~
30 DSC_0070


お天気予報では一日雨だったのですが、薬王院の周りで少し降られただけで、ほとんど雨に会わずに、高尾山でのお花散策ハイキング終了で~す

ちょっと早いかな~と思っていたのですが、なんとか開花しているタカオスミレにも会えて、ヒナスミレの素晴らしい大きな株にも会うことができて、満足
ただ、もう一つ、目的のスミレがあったのですが・・見つけることができなかったのが、ちょっと残念~・・

車の中で、暖かいお味噌汁と、いつもお馴染みおにぎらずで、遅いランチを済ませます

もう一か所、会いたいスミレが咲く場所に慌ただしく移動で~す

ヒメアマナ・・茨城の河川敷を散策

大急ぎ、筑波山から茨城の河川敷に移動です~
車を河川敷の広場に停める頃には、空はどんより曇り空ですが、何とか雨は止んでくれていました
相変わらず気温は低く、寒い~

ここの河川敷は、ボランティアの方々が、火入れをして、貴重な植物を保護している場所です
目的のヒメアマナを探すのですが・・どこにも見当たりませ~ん
絶対この辺り!・・とピテカン君

ちょうど川の様子を見に来られていた地元の方に、ヒメアマナの咲いている場所を尋ねてみました
お花には興味なさそうなのですが、それでも・・あの辺りかもね、行ってみたら~・・と・・教えていただきました
さっそく教えていただいた場所に行ってみると、ドンピシャリ・・咲いてましたよ~

ちょっと遅くて、もう散り始めている株も多かったのですが、場所によっては、こんなに綺麗なお花が群生していました
8 DSC_1100

キバナノアマナを小さく華奢にしたようなお花です
9 DSC_1113

緑色に黄色が映えて目立ってますね
10 DSC_1101

11 DSC_1097

繊細な美しさですね~
12 DSC_1115

13 DSC_1116

仲良く3輪並んで、三つ星のようです
14 P4040685

お花のアップで~す・・すっきりと、整ったお花ですね
15 P4040690

野焼きで保護された場所には、ノウルシが大きな群落を作っていました
16 P4040692

びっしりと密集して咲いているノウルシ・・壮観ですね~
17 DSC_1121

ちょうど満開状態のようですね
18 DSC_1122

お花を真上からパチリで~す・・芸術的な咲き方?ですね~
19 DSC_1127

ヒキノカサはあちこちで、ポツリポツリと咲いていました・・
20 DSC_0006

ちょうど開花したばかりのようで、新鮮なお花です
21 DSC_0008

ノウルシの間には、隠れるようにして、アマナも生息しているのですが、もう遅かったようで、お花はすっかり終わってしまっていました
DSC_0013.jpg

野焼きの後の河川敷で見られる、珍しいシダ、トネハナヤスリもだいぶ育ってきたようです
トネハナヤスリも絶滅危惧Ⅱ類だそうです
24 DSC_0015

土手には、白花のアリアケスミレの大きな株が群生
22 DSC_0001

お花を、超アップにしてみると・・真っ白な花弁に紫色の筋がくっきり!側弁にも筋があります
P4040708.jpg

ちょっと湿気た場所には、ニョイスミレも咲きだしていました~
23 DSC_0012

ノジスミレも土手に数株
DSC_1124.jpg

どこにでも見られるムラサキケマンですが、咲きだしたばかりの頃は、可愛いですね
DSC_1117.jpg

今にも泣き出しそうな空・・土手の桜も寒そうです
もう少し暖かかったら、わたしたちも、お花見したかったのだけど・・なにせ寒すぎ~
25 DSC_0016


ヒメアマナのお花たちを、夢中になって撮っている時は、寒さも忘れていたのですが、帰り道では急に寒さが身に染みて・・
ピテカン君は、他のお花たちもいろいろ撮っていたのですが、カッパはとっても耐えられず、大急ぎで車に戻ります~

車中で、暖かいお味噌汁とおにぎらずの遅いお昼にしました

筑波山で雨に降られた時は、一日雨を覚悟したのですが、河川敷に移ってからは、雨には濡れずに済みました
それでも冬に舞い戻ったような寒さには閉口・・風邪ひきそうです~

さて、のんびりしてはいられません、夕方からはピテカン君がお出かけ・・急いで帰宅で~す

筑波山でヒナワチガイソウ

4月4日の土曜日、お天気予報も雨予報だし・・ピテカン君が夕方から用事があるので、どこにも出かけないで、久しぶりにお家でゆっくり・・のつもりだったのですが・・
前夜の予報では、なんとか午前中はお天気持ちそう・・それなら朝早く出かけて、雨が降る前に帰れば良いね~・・と・・
やっぱり出かけることに
遠出はできないので、一番近いお山、筑波山に登りに行くことにしたのですが、駐車場に車を停めた頃から、雲行きが怪しくなり始め・・
歩き始めて30分ほどすると・・ポツリポツリと冷たい雨です~・・まだ朝早いのに・・
それでもめげずに、しばらく登っていたのですが、雨は止む気配もなく・・・・おまけにどんどん気温が下がってきて・・寒い~

そのうえ、少し登ってくると、カタクリもまだまだ蕾・・他のお花たちも、このお天気では、開花してくれませ~ん
筑波山の頂上付近は、春はまだまだ先のようですし・・こんな日はてっぺん行ってもつまらないし・・ということで・・
軟弱者のわたしたちは、さっさと途中から引き返しました~


キャンプ場の駐車場に車を停めて、女の川から登り始めるのですが・・もうすでに、ぽつぽつと・・
1 DSC_1038

お陽さまが出ないと、ニリンソウもお花を閉じてしまって・・うつむいている姿も可憐です
2 DSC_1050

登り始めてしばらくは、沢沿いにカタクリの群落がず~っと続いているのですが・・あいにくの曇り空に、やっぱり硬く閉じたまま~・・
お天気が良ければ素晴らしい眺めでしょうね~・・残念です~
3 DSC_1046


顔をだしたばかりの、小さなキクザキイチゲとカタクリで~す
DSC_1042.jpg


アズマイチゲも、すっかりうなだれて・・
DSC_1044.jpg


ツルネコノメソウは、雨に濡れても、元気よく咲いていました
DSC_1057.jpg


咲き始めたばかりのハルトラノオもかわゆいです~
4 DSC_1089

今回の筑波山での目的のお花は、実は登山道沿いではなくて、キャンプ場で見られます
見逃してしまいそうなほどに小さくて、お星さまのように可愛い、ヒナワチガイソウです
DSC_1070.jpg

咲きだしたばかりの新鮮なお花を見せてくれました
6 DSC_1066

DSC_1069.jpg

お花のアップです・・赤い葯がチャームポイント・・可愛いお花です~
7 P4040667


今回は、目的のスミレがあって・・様子見で、登ってみることにしたのですが、スミレはまだまだ早かったようです

ということで、予定外だったのですが、筑波山から、茨城の河川敷に移動して、別のお花に会いにでかけることに
キャンプ場を後にしました・・


交雑のスミレに出会えました~

交雑のスミレ2種類、今年のスミレシーズンが始まったばかりなのですが、もう出会うことができました


最初は、昨年会ったお山とは別の場所で、出会えたカワギシスミレで~す8 DSC_0996

交雑は纏まって群生すると言われているようですが、確かに、数株が一か所に纏まって咲いていました
9 DSC_0991

交雑らしく、大きな株で、お花もたくさん付けていて、蕾も多く、まだまだこれから咲き揃うようですね
10 DSC_0986

小さな株も頑張って咲いてますね
11 DSC_0994

お花をアップ気味に・・マキノ似の美人さんです~
葉もお花も両方の特徴を併せ持つなんて、不思議ですよね~
12 DSC_0990

横顔もパチリで~す・・距はエイザン似で、ふっくらしてます
13 DSC_0997

お花のアップで~す、上弁はマキノに似て、くるっと上に向いているのですが、側弁には、マキノには無い毛がありました
14 DSC_0985

もう一種類の交雑は、マキノスミレとヒナスミレの交雑、マキノヒナスミレです
1 DSC_1006

横顔はマキノ似?のようですね
2 DSC_0896

お花のアップで~す
側弁には、やっぱりマキノには無い毛が、しょぼしょぼと・・見えますね
3 DSC_0894

少し離れた場所で、もう一株、マキノヒナスミレで~す
4 DSC_0977

お花の色や形はマキノ似なのですが、唇弁がヒナっぽい・・
5 DSC_0975

このお花もアップで撮ってみました・・やっぱり側弁には、数本の毛がありました
6 DSC_0976

距はやっぱり、ぽっちゃりした感じですね
7 DSC_0978

最後にちょっと不思議な株です・・
カワギシスミレかな~・・と思うのですが・・お花の色がカワギシにしては白っぽいし・・お花の形がちょっと違うような・・
15 DSC_0971

お花のアップですが・・何となくフモト似?・・側弁には、割合密に毛がありました
周囲には、フモトスミレは見当たらなかったのだけれど・・
16DSC_0968.jpg

片親のマキノスミレもあちこちで、開花したばかりの、新鮮で綺麗なお花を見せてくれました
18 DSC_0964

木の株の窪みに、ちょこんと乗って咲いていた可愛い株です~
19 DSC_0958

お花のアップで~す・・側弁には毛がありません
20 DSC_0952

エイザンスミレはちょっと盛期を過ぎているようですが、まだまだ艶やかですね
21 DSC_0927

ヒナスミレはあちこちで、花盛り・・可愛いすみれですね
1 DSC_0926



交雑のスミレはどれもとびっきりの美人さんですね・・ますます虜になってしまいました~
でもなかなか同定が難しくて・・スミレ駆け出しのわたしたちには、かなり手ごわい?かな~

ここは、一か所で、交雑のスミレを始め、たくさんの種類のスミレに会える、素晴らしい所でした
教えていただいたKさんに感謝です
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる