山梨方面へ・・ラン探しで~す

再び高速に乗り、山梨方面に向かいます
談合坂のSAで、ゆっくりとランチタイムにしようね~・・といっていたのですが・・
目的のお花に会えると、離れがたくて、いつも長居してしまうわたしたち・・今回も予定時間を30分以上オーバー
手っ取り早くパンをテイクアウトして、ランチ終了です~


スミレも一段落・・ランの季節が始まりました~
エビネに続いて、やっぱり地味なランです・・サカネラン
1b DSC_0086

昨年はちょっと遅くて、下の方のお花は終わっていたのですが、今年は開花したばかりの新鮮なお花に会うことができました
2b DSC_0080

お花のアップで~す・・唇弁が二つに分かれているのが面白い
よく見ると、やっぱり蘭のお花ですね・・色が地味だけど、可愛らしい
3b DSC_0084

ササバギンランも、もう咲き始めていて・・これからお山で会えるようになるかな・・
4b DSC_0075

ギンランはほとんど終わっていたけれど、この2株はなんとか、綺麗なお花を見せてくれました
5b DSC_0076

そして、今回ぜひ会いたかった目的のランは、このスズムシソウです
最初に出会った小振りの株・・誰かに穂先を食べられたみたい?・・
6b DSC_0090

たぶんスズムシソウだと思うのですが・・何株か纏まって出ていました
お花が咲かないと、何蘭か?・・わかりませんね
7b DSC_0089

綺麗に整った、開花したばかりの新鮮で、綺麗なお花を付けた株発見
色合いが渋くて、すずむしみたいな花弁が趣があって・・大好きなお花です~
8b DSC_0098

もう一株、この株もお花をたくさん付けて・・綺麗に咲いていました
9b DSC_0101

お花のアップで~す・・やっぱり先が無い??
10b DSC_0099

もっとアップに・・スゥ~と伸びた2本の距が良いですね
11b P5241869

そして、今年も会えました!・・コアツモリソウ
ここには、何年か訪れてなかったので、場所わかるかな~・・と・・ちょっと心配していたのですが
なんとな~く、気配で探してみると・・見つけることができました
12b DSC_0128

まだ少し早かったようで、ほとんどが、蕾か小さな葉ばかりだったのですが・・
13b DSC_0125

こんな気持ちの良い林の林床で、ひっそりと・・俯いて咲いている姿・・惹かれます~
14b P5241878

下向きに咲いているので、なかなお顔が見えません~
14b DSC_0130

ちょっと葉っぱの上に、乗っけてみると・・やっとお顔が拝見できました
15b DSC_0120

16b P5241879

よく手入れされた杉林・・コアツモリソウは、少し木漏れ日の差す、下草の少ない綺麗な場所がお好みのようです
17b DSC_0132


前日のお天気予報では、お昼頃に雨・・ということだったのですが、午後からは時々薄陽も差すお天気に
登山道も、林の中も、初夏の風に吹かれながら、気持ち良く歩くことができました

目的のお花やランにも会えて、大満足のお花探索終了です~

この日は、お天気予報が悪め?だったので、高速道路はそんなに混雑しないかな~・・密かに期待していたのですが・・
事故渋滞・・ということで、期待はしっかりと裏切られて・・
それでもなんとか、9時前には帰宅できました
スポンサーサイト

先週の宿題・・高尾山へ

5月24日の日曜日は、お昼頃に雨マークが~・・
23日はピテカン君が、所用があり、お出かけできなかったので、仕方ありません・・少しくらいの雨なら・・とお出かけすることに。

なにしろ、先週残した宿題、今週こそはと・・再びの高尾山です
会えました・・美しすぎます
5a DSC 0020


1か所めは3株・・ちょっと早かったようです
それでも、初めて会った株に感激
1a P5241817

できたらこのお花たちが、開花する頃にもう一度会いに行きたいけれど・・ちょっと無理かな~・・
2a DSC_1105

この株はあと1週間くらいで、開くかしら~・・
3a P5241818

2か所目では、ちょうど見頃・・ほんわか~・・と開きかけた、一番美しい時期に会うことができました
4a DSCa_0044

曇り空だったのですが、少~し薄日が差してきて・・明るくなってきました
お花も、嬉しそうに微笑んでいるようですね
6a DSCa_0039

お花のアップで~す・・優しいピンク色の地色に、さっと刷毛で刷いたような紅色のラインがとっても美しい~
7a P5241841

同じ場所にもう2株・・こちらは、すこ~し小振りのお花です
8a DSC_0017

開花ももう一息かしら~・・
9a DSCa_0012

柔らかく巻いている花弁の姿が美しい~・・
10a P5241834

3か所めは、ちょっとわかりにくい場所にある株でしたが、もう遅くて・・花弁が散り始めていて・・
11a DSCa_0071

先週だったら、綺麗に咲いていたかも・・ですね~
12a DSCa_0070

サイハイランがちょうど開花していて、見頃のようです
13a DSCa_0006

開花しているお花をアップ気味に
14a P5241823

先週会ったエビネはほとんど終わっていたのですが、新しい場所で、ちょうど見頃の群生があり、思いがけない嬉しい出会いでした
15a DSCa_1116

先週見た株ですが、この株は、まだお花が綺麗な状態で残っていました
16aDSC_0002.jpg

先週、ぽつぽつしか目に付かなかったオカタツナミソウが、あちこちで、花盛り
行く先々で楽しませてくれました
17a DSCa_0050

お花の色が、白っぽいオカタツナミソウ・・優しい印象ですね
18a P5241849

フタリシズカが、こんな立派なお花を付けていました
19a DSCa_1118

ハナニガナも足元に
20a DSCa_0057

先週、気が付かなかったハコネウツギ・・頭上を見上げると、綺麗に開花していました
21a DSCa_1120

ちょうどジャコウアゲハの産卵を、写すことができました
オオバウマノスズクサの下の方の葉に、黒っぽい卵を数個産み付けて、別の場所に移っていきました
22a DSCa_0062


昨年、時期が合わず、会えなかったベニバナ・・・に、やっと今年会うことができました
それも、とっても美しい状態のお花に

この後、廻りたいところがあったので、かなり早目にお家を出たので、いつもたくさんの登山者で賑やかな高尾山ですが、この日は、早朝の静かで落ち着いたお山を楽しむことができました
やっぱりお山は、早出が一番ですね・・といっても、遠いお山では、なかなか難しいですけれど・・

さて、お昼ご飯はSAで済ませることにして・・さっそく次の場所に移動で~す

高尾山のエビネを楽しみました~

先週末17日の日曜日は、お天気マークが並んでいました
風邪の具合いはイマイチでしたが・・早朝から早起きして、出かけてしまいました~
グズグズ言ってても、出かけてしまえば、頑張るしかないカッパなのです~

目的地は高尾山、目的のお花はエビネです・・一般的な登山道は、登山者が多そうなので、なるべく登山者の少なそうなルートを探して歩くことに


新緑を通り越して、初夏を思わせるような雑木林の木々の下を、登山道が続きます・・爽やかな風が心地よい~
といいつつ・・風邪の具合いは・・寝不足もあって、けっこう調子悪い~
1 DSC_0985

最初に出会ったエビネの群落・・ここのお花たちは、ちょっと遅かったようで、お花がほとんど俯いていて・・
もう少し早く会いに来ればよかったかな~・・と・・
2 DSC_1000

2か所めで、やっと新鮮で綺麗な株に出会えました
3 DSC_1021

渋い色合いですが、地味派手的な?美しさですね~
4 DSC_1016

お花のアップで~す・・ラン科のお花の中でも、端正な顔立ちのお花ですね
魅かれるお花です
5 DSC_1017

3か所めでは、2株だけだったのですが、上部の花被片の色が薄めで、柔らかい印象の株でした
6 DSC_1028

7 DSC_1030

お花のアップで~す・・陽の光が花被片を透して美しいですね
8 P5171731

4か所めの株は、反対に上部の花被片の色が、濃いえんじ色で唇弁とのコントラストがとっても綺麗な株でした
9 DSC_1054

そのすぐ隣の株は、唇弁のピンク色が濃いめの株で、この株もとっても美し~
10 DSC_1057

アップにしてみると、唇弁のピンク色がより美しい
11 P5171743

5か所めでは、そこだけぽっかりと陽が射していて、浮き上がったように美しく数株が群生
写真に撮るにはコントラストが強すぎて、上手く撮れなくて・・良い写真がなかったのですが・・
12 P5171745

ここのお花は、唇弁がほとんど真っ白で、これはこれで、清楚な雰囲気で、なかなか良いですね~
13 DSC_1062

よく手入れされた杉林の中の登山道を、てくてくと・・エビネや、他のお花を探して進みます~
14 DSC_1008

綺麗に咲いたキンランとも出会えました
15 DSC_1052

この登山道では、行く手に次々と・・キンランが導いてくれました
16 DSC_1053

盛期は少し過ぎていたようて、触れるとはらりと落ちるお花が多かったのですが、なかには、綺麗に開花した、お花も
17 P5171739

ウツギのお花が花盛り・・ウツギの種類はよくわからなかったのですが・・
たまたま出会った方に、教えていただいて、とってもよくわかりました
マルバウツギ・・葉が少し丸いので、ウツギと区別するようです・・
18 DSC_1074

マルバウツギのお花のアップで~す・・よく見ると、きれいなお花です
19 DSC_1075

コゴメウツギは科が違って、バラ科だそうです
20 DSC_1084

とっても小さなお花ですが、可愛いお花です
21 P5171711

ガクウツギは匂いが強烈で・・
22 DSC_1076

今回のもう一つの目的のお花、オオバウマノスズクサです
遅かったようで、ほとんどお花は終わっていたのですが、数個、まだきれいなお花を見ることができました
23 DSC_1077

それにしても、面白い形のお花ですね
24 P5171752

歩き始めてすぐに、出会ったサイハイラン・・少し早かったのか・・それとももうお花が終わっていたのか・・
よくわからない状態だったのですが・・
25 DSC_0982

ツリバナもちょっと遅かったようで、ほとんどのお花は落ちてしまってました~
26 DSC_0995

フタリシズカは元気いっぱいにあちこちで
27 DSC_0999

オウギカズラは今まで気が付かず~・・・・初見のお花です~
28 DSC_1086

ヒメシャガは大きな群落を作って・・風に揺れていました
29 DSC_1090

お花は終わっていたのですが、ヤマシャクヤクの株もけっこう目にしました・・お花の時期に会いたかったです~
30 DSC_1027


もう一つ、お目当てのお花があったのですが・・けっこう真剣に探したのですが、見つけることができませんでした
まだ少し時期が早かったのかもしれませんね~

とりあえず・・たくさんのエビネに出会えて、満足できる高尾山でした

下野のトウサワトラノオ

ゴールデンウイークの終わりごろから、ピテカン君が風邪をひいてしまって・・その後、しっかりカッパにも伝染ってしまいました
先週はじめから、鼻水、咳、くしゃみ、倦怠感・・あらゆる風邪の症状を経験・・週末までには、かなり回復して、咳と倦怠感が残るくらいに
週末は、今度こそ、大人しくお家で静かに過ごしましょう・・のつもりだったのですが・・

16日の土曜日、前夜からの雨もまだ降り続いていて・・ゆっくり起きだして、ブランチとたっぷりのコーヒーを楽しみました~
と、ここまでは、予定通り・・そのうち雨も止んで・・カッパの風邪もそんなに悪くないし・・
ちょこっと出かけようか~・・
またもや、お出かけの虫が騒ぎ出しました~

そういえば、下野にトウサワトラノオなる絶滅危惧種の多年草がちょうど、見頃らしい・・ピテカン君が情報収集
そんなに遠くないし、管理保護されでいる場所だから、すぐわかるに違いないし、そこから渡良瀬遊水地にも回ってみようか~

ちょうど12時の時報とともに、お家を出発で~す


目的地に行く前にちょっと寄り道・・いつも時間が合わなくて、立ち寄れない「道の駅にのみや」で~す
イチゴを買い込んだ後は・・一番のお楽しみ・・とちひめジェラートで~す
いつもは、長蛇の列なのですが、この日は、お天気のせい?、全く並ばずに買えました
嬉しそうに、出来上がりを待つカッパで~す
1 P5161666

イチゴとジェラートを買い込んだ、真岡市の「道の駅にのみや」
1-2 P5161668

その後、トウサワトラノオの保全地に向かいます・・まずは、詳しい場所の情報を得ようと「道の駅しもつけ」へ
「道の駅しもつけ」は、びっくりするくらい大きな道の駅!・・観光案内地図で、場所を確認して保全地に向かうのですが・・
目星を付けた場所を探して、1時間ほどウロウロ歩いてみても、どこにもありませ~ん
諦めかけていたころ、やっと通りかかった人に教えていただけて・・なんとか辿り着くことができました
緑輝く湿原に、散りばめられた雪のような白いお花を見た時は、ほっと・・な~んだこんな場所だったのね~・・
1-3 DSC_0979

舗装道路から、奥への入り口には、ちゃ~んと群生地の看板が
2 DSC_0945

保全地には、大きな説明版があり、とってもよくわかります
トウサワトラノオは、サクラソウ科の多年草で、2007年に、50年ぶりに発見されたそうで、下野市と愛知県でしか、見られないそうです。
3 DSC_0946

湿原にびっしりと密集して、生育していました
4 DSC_0952

葦や、いろいろな湿地の植物と混生しています
自治会で、整備や保全をボランティアでされているとのことでした
5 P5161679

ちょっと遅かったようで、花穂の下のほうは、お花が終わっている株が多かったのですが・・
6 DSC_0958

なかには、まだまだ新鮮なお花も
7 DSC_0962

よく見ると、一つ一つのお花は、整っていて、とってもきれいですね
8 DSC_0948

お花のアップで~す・・5弁の花弁がふっくらと美しいですね
9 DSC_0954

10 P5161682

湿原の中には、木道が敷かれていて、歩いてゆっくり楽しむことができます
すぐ、目の前でお花を観察したり、写真を撮れるのが、嬉しいですね
11 DSC_0970

その他、この湿原で見たお花たちです・・どういうわけか、帰化植物のアメリカフウロが混じって咲いていました
12 DSC_0964

キンポウゲかな~・・と思うのですが・・
13 DSC_0968

こちらは、キツネノボタンでしょうか・・
14 DSC_0972

保全地の隣の畑地で、あぜ道に、ハハコグサなどの雑草に混じって咲いていたトウサワトラノオ
きっと発見された時は、こんな感じで咲いていたんでしょうね~
15 DSC_0975

さて・・トウサワトラノオの保全地では、なかなか場所がわからなかったうえに、ゆっくりの撮影で、予定外に時間がかかってしまいました
渡良瀬遊水地に回ってみると、駐車場が5時に閉門、ギリギリでアウト
偶然見つけた、道脇に咲くヒレアザミを観察するだけで、まっすぐ帰宅することに
16 P5161698

ヒレアザミのお花で~す
17 P5161702

にのみやで買ったイチゴ・・食べ比べしたかったので、3種類買いました
上の2箱がとちおとめ、下の左のがとちひめ、右側のがスカイベリーです
カッパ的には、とちひめが甘くてお味が濃くて一番好みかな~・・とちおとめも甘くて美味
スカイベリーは酸味もちょっとあってさっぱりのお味でした
18 P5161705


かっぱの風邪は・・やっぱり疲れが出て、調子悪~い

帰宅時間も、予想外に遅くなってしまって・・翌日、17日の日曜日は、お天気よさそうなので、早出してどこかお山へ・・と考えていたのだけれど・・
準備もしてなくて・・出かけなければ良かったかな・・反省です~

といいつつ・・しっかりと翌日も、朝4時起きしてお出かけしてしまったのですが・・

深山に交雑のスミレを探して・・

ゴールデンウイークが終了したばかりの、先週の週末・・さすがに大人しくお家で過ごすつもりだったのですが・・
お天気予報では、10日の日曜日は、快晴!・・絶好のお出かけ日和・・とのこと

こんな日はお家でじっとしてはいられませ~ん・・ということで、またまた出かけてしまいました~

交雑のスミレ、フギレミヤマスミレを探しに、出かけることに
今年は季節の進み方が全般的に早く、ぐずぐずしていると、お花が終わってしまいそう~・・
出かけられる時には、頑張ってでかけるしかないかな~・・なんて・・思ってしまいますね。

フギレミヤマスミレ・・美しく咲いていてくれました
エイザンスミレとミヤマスミレの交雑なので、お花がミヤマスミレより一廻り大きいのです
1 DSC_0903

10メートル四方ほどの場所に点々と・・咲いているスミレは、ほとんどフギレミヤマスミレなのです
これにはびっくり!!
2 DSC_0910

お花の色は、ミヤマスミレに似ていて、赤みがかった濃いめの紫色・・とっても美しい~
3 DSC_0912

4 DSC_0888

やっぱりハーフちゃんは、どの子も美人さんですね
5 DSC_0898

葉が見事にギザギザ
6 DSC_0900

日向の株も・・
7 DSC_0886

日影の株も・・可愛らしいですね
8 DSC_0883

少し遅かったようで、花弁が撚れている株も・・ちょっと残念
9 P5101613

お花のアップで~す・・お花の姿はミヤマ似?とも思えるのですが、とにかく大振りで艶やかです~
10 P5101624

片親のエイザンスミレです・・株はたくさんあるのですが、お花はほとんど終わっていました
なかにも、こんなに綺麗に咲き残っていた株も
11 P5101574

もう片一方の親、ミヤマスミレ
別の場所では、たくさん咲いていたのですが、不思議なことに、フギレミヤマスミレが咲くこの場所では、少なかったのです
12 DSC_0920

登山道は長い杉林を抜けると、明るい雑木林になり、芽吹いたばかりの木々が輝いていました~
14 DSC_0809

雑木林に出ると、やっとスミレです・・アカネスミレで~す
15 DSC_0824

アカネスミレもちょっと遅かったようで、花弁が傷んでいる株も多く、なかなか綺麗な写真が撮れなかったのですが・・
16 DSC_0818

かなり登ってくると、シコクスミレに出会えました
今年お初です~
17 DSC_0864

葉に特徴がありますね
18 DSC_0865

お花のアップで~す
花弁にシルクのような質感があって、美しいスミレ・・好きなスミレの一つです
19 P5101570

稜線に出ると、こんな見事なフモトスミレの群落も
21 DSC_0860

ちょうど見頃・・ここのフモトスミレは、花弁に薄~いピンク色がかかっていて、綺麗です~
22 DSC_0855

目的のスミレにも会えて、やっと遅いお弁当・・急遽のお出かけだったので、間に合わせのおにぎらずです
お腹がすいていると、なんでも美味?・・
23 DSC_0924

さて、急いで下山しま~す
24 DSC_0928

下山途中で会ったサクラスミレ・・一株だけでしたが、もう咲いていました
25 DSC_0932

こちらのコースでは、アカネスミレも咲いていたのですが、ウスアカネスミレっぽく、色が薄い藤色でした
ウスアカネスミレも綺麗ですね・・
26 DSC_0942

再びフモトスミレ・・距のピンク色が濃くて、横顔が美しいスミレでした
27 DSC_0940


長~い杉林をやっと抜けて・・車にもどりました・・けっこうお疲れです~

帰路、高速道路はかなりの渋滞・・と予想していたのですが・・
やっぱりゴールデンウイーク明け、まあまあ我慢できるくらいの渋滞?でした~

そろそろ、スミレも終盤にさしかかったようですね

ランのお花便りもあちこちで聞かれます・・これからは、ランのお花探索も忙しくなりそうです

今年も美味しくいただきました!・・山菜料理

今年は季節がかなり進んでいて、実は、山菜はあまり期待していなかったのです・・

確かに、ウドやコゴミといった、春一番の山菜は、もう大きくなりすぎて、ほとんど採れなかったのですが・・
反対に、例年なら、早すぎて芽吹いたばかりで、なかなか採り頃のが見つからない、アイコやシドケがたっぷりいただけました

ついつい夢中になって・・美味しそうな山菜が目に入ると・・手が止まりませ~ん
結果・・今週は毎日山菜料理・・それでも食べきれない分はどうしましょう・・

そろそろ対策を考えなくては~・・と・・思っているのですが・・


採れた山菜ぜ~んぶ・・一枚の写真に収まりませ~ン
ということで、以下の2枚になってしまいました~
2 P5061537

1 P5061536

早速、初日の山菜尽くしで~す
右手前から奥へ・・オオナルコユリのマヨ・醤油和え・・これだけしか採れなかった貴重品!・・そう思うと尚更美味
次のが、シオデのマヨ・醤油和え・・細めだったので、ちょっと筋っぽかったかな~
3 P5061547

ウド芽、タラ芽、ヤマブドウの芽、それにコゴミと釜揚げ桜海老のかき揚げ・・天麩羅が一番簡単にアクも抜けて、美味しくいただけます
4 P5061541

アイコのピーナッツ和え・・胡麻和えや、ごま味噌和えと、和え衣を少しずつ変えると、飽きずにいただけます
5 P5061542

ウルイは淡泊なお味なので、黒ゴマで和えてさっぱりと・・新鮮だったので、癖も苦味もなくて、とっても美味しかったです
6 P5061543

シドケは独特の香があるので、ピーナッツペーストに西京白味噌を入れた、ピーナッツ味噌和えでいただきました
7 P5061544

ヤマメのから揚げ・・福島の民宿で、岩魚を開きにして揚げたのが、カリカリでとっても美味しかったので、真似してみたのですが・・
姿が、いまいちでした~・・
8 P5061545

この日のお酒は、廣木酒造さんの、地元向けに出しているお酒、「泉川」の、純米吟醸ふな口本生で~す
飛露喜が有名なのですが、飛露喜ほどど~んとした重厚感がなく、穏やかでさらりとした飲み口
カッパは、泉川のほうが好きかな~
9 P5061551

2日めの山菜尽くし料理で~す
この日はピテカン君が軽~くひっかけて帰宅・・さっぱりと、お蕎麦にしてみました~
育ちすぎたタラ芽でも、釜揚げ桜海老と一緒にかき揚げにすると、美味しくいただけました
10 P5071552

3日目以降も・・ず~っと山菜です~
この日のメインは、薄切りの三元豚とミツバの炒め物で~す・・味付けは、お馴染み行者ニンニク醤油
飽きないお味です
11 P5081557

アイコと薩摩揚げの煮浸しです・・さっとゆでたアイコを最初にゴマ油で炒めると、水っぽくならずに煮上がります
12 P5071556

コゴミと、シドケを高野豆腐と一緒に卵とじにしてみました~
13 P5081558

ピテカン君の大好きなワラビの出汁醤油浸け・・あく抜きしたワラビを、濃いめの蕎麦つゆに漬け込むだけで、とっても簡単
盛り付けてから、赤唐辛子の輪切りと千切りの生姜をトッピング
14 P5081560

コゴミ、マイタケ、海老のバター炒め・・我が家は、バター醤油味に黒コショウを効かせてたのが大好き
15 P5091561

ウドの茎はゴマ油で炒めてから煮ものに・・ちょっと筋っぽかったかな~
16 P5111641

最後は〆の山菜炊き込みご飯です
山菜は、他の具材とは別に、味醂と薄口醤油で味付けしたお出汁でさっと煮ておき、炊き込みご飯が蒸し時間になった時に炊飯器に入れます
17 P5111638

山菜がくた~とならずに、美味しく出来上がりました
18 P5111643


まだまだ山菜生活続きます~・・

いつも同じような調理法になってしまって・・・・マンネリ気味かな~・・っとちょっと反省

また、いろいろトライして、美味しくできたものがあれば、ご紹介しますね

辰ヶ湯温泉さんと傘福

2泊3日でお世話になった、辰ヶ湯温泉、辰ヶ湯旅館さん・・もう○十年通っています
一番最初は、ピテカン君が、5万分の1の地図から探してきて、こんな所に温泉があるよ・・ということで、鳥海山での山スキーの後にお泊したのが、お付き合いの始まりなのです・・

その後、毎年春の山菜の季節と、秋の渓流釣りで、お世話になっています~
最近は、お花で忙しくて、なかなか秋は行かれなくなってしまったのですが・・
ゴールデンウイークには、欠かさずお泊りさせていただいてま~す


山形の庄内方面から見た、鳥海山
お天気が良かったので、くっきりと・・美しい姿を見せてくれました
1 P5051534

メインの通りからは、細い林道を少し奥に・・林道入り口には、こんな石の道標が・・古くからの温泉宿だったのですね
2 P5051532

やっとお宿が見えてきました~
3 P5051531

風情ある純和風の建物です
4 DSC_0804

お庭のクマガイソウ・・例年なら、まだまだ蕾なのですが、今年はちょうど見頃・・きれいなお花をみることができました
5 DSC_0803

辰ヶ湯温泉さんのお風呂です・・こじんまりしていて、とっても落ち着くのです~
5 P5041495

大きな窓の向こうに緑が見えて、安らぎます~
6.jpg

お湯は掛け流し、肌触りがとっても優しい、さらりとしたお湯です~
7 P5041492

お夕食は、日本海の海の幸と、庄内のお山の幸がいっぱい・・食べきれないくらい
おかずが全部で10皿!・・それに筍やきのこたっぷりのトン汁に炊き込みご飯、デザートにおしんこで、14品も
お腹いっぱいに・・美味しくいただきました~
8 P5031396

山菜がとっても美味しく調理されていて・・カッパはいつも参考にさせていただいてま~す
9 P5031399

この季節、お刺身には、オオバキスミレが添えられています
10 P5031401

デザートは、自家製の金柑の甘露煮を、エゴ練りという寒天のようなもので、固めたもの・・優しいお味でした~
11 P5031402

朝食も朝からたっぷりです~・・山菜の煮びたしが美味・・こういうの嬉しいのです~
12 P5051499

お孫ちゃんの誕生のお祝いに、手作りされた傘福・・素晴らしい~
13 P5051528

ひとつずつが、とっても凝っていて、可愛いのです~・・全部で200個・・気の遠くなるような数です~
14 P5051529

小さい方のでも・・作ってみたいな~・・なんて・・
15 P5051530


のんびりと~・・渓遊びしながらお世話になった、辰ヶ湯温泉さん

ちょっと遠くて~・・一年に一度くらいしか行かれないけれど・・また来年もお世話になりま~す

庄内のお山で、出会ったスミレやお花たち

毎年、庄内のお山や渓流では、たくさんのスミレやスプリングエフェメナルの綺麗なお花たちとの出会いを楽しみにしているのですが・・
今年は、ちょっと様子が違います・・庄内地方では雪がかなり少なかったということもあり、季節が思いのほか進んでいました

何種類か、会えるのを楽しみにしていたスミレたちは、すっかりお花が終わっていて・・
残念!・・萎んだお花と葉しか写真に撮ることができませんでした


お花に出会えるのを、一番楽しみにしていたスミレ、テリハタチツボスミレ・・ですが・・お花はすっかり終わっていました
1 DSC_0796

茎を伸ばして、そこから根を出して増えていくそうで、しばしば大きな群落を作るようです
2 DSC_0801

釣りをしながら渓を歩いていると、雪が融けた後の斜面に、大きなスミレの群落が・・オオタチツボスミレかな~と近寄ってみます
3 P5041477

よく見ると、距が紫色・・葉はオオタチツボスミレそのものなのですが、お花は・・距が白くない
どうやら、オオタチツボスミレとタチツボスミレの交雑、ムラカミタチツボスミレのようです
雑種強勢なのか、とっても大きな株でした
4 P5041475

ぽってりしたお花の雰囲気も、オオタチツボスミレそっくりなのですが・・
5 P5041434

この株も、ほとんどお花は終わっていたのですが、距が白くて長い・・どうやら、オオタチツボスミレとナガハシスミレとの交雑の、イワフネタチツボスミレのようです
6 P5041404

なんとか、それらしいお花を撮ることができました
7 P5041403

距が白くてふっくらしているので、この群落はオオタチツボスミレのようですね
8 P5041408

流れの脇には、オオバキスミレの群落です
10 P5041460

オオバキスミレはまだまだ、きれいに咲いていました
9 P5041405

ほとんど終わっていたのですが、雪渓脇で、何株か、きれいなお花に会うことができました・・スミレサイシンです
11 P5041424

一株だけ、増水すれば水を被るような場所に、ポツンと咲いていたスミレです
葉の感じだとテリハタチツボスミレのようなのですが・・お花がよれていて、形がよくわからない~
ケイリュウタチツボスミレかな~・・?・・わかりません
12 P5041471

渓流沿いでよく見られるラショウモンカズラは、ちょうど花盛り
13 P5041410

アズマシロカネソウもだいぶ草丈を伸ばしていました
14 P5041468

お花のアップ・・可愛いお花です
15 P5041467

シラネアオイは、例年なら、ちょうどお花盛りの時期なのですが、今年はもうすっかり終わっていて・・
なんとかお花が残っている株がありました
16 P5051507


スミレのお花がすっかり終わっていたのが、とっても残念なのですが、今年は仕方ありませんね
また、来年頑張って会いにいかなくては・・なんて・・

庄内で渓遊び

3日は思ったより早めに・・とはいっても、すでに午後6時過ぎでしたが・・無事に辰ヶ湯温泉さんに到着
長年通いなれた旅館なので、ほ~っと気持ちが安らぎます~

ゆっくりとお湯に浸かって疲れを取り、お疲れビールで乾杯・・おいしい夕食をたっぷりといただいて・・
この日は早目に就寝

翌日のお天気予報では、午後2時過ぎから雨予報・・ということで、早朝早目に入渓し、お昼過ぎには上がることにして、朝食はおにぎりを用意していただくことにしました

6時過ぎにお宿を出発
早朝の渓流は、爽やかで、吹く風もとっても気持ち良い~
1-1 P5041417

釣り始めてすぐに、ピテカン君の竿に可愛らしいヤマメです
2 P5041418

カッパは、山菜採りに集中・・腰の山菜袋がだんだんと重くなってきました~
3 P5041446

山菜採りの合間に、釣り女子してま~す
4 P5041447

この渓流は、小さめの渓なので、気持ちよく歩けます
5 P5041448

渓は次第に狭まってきて、よさげなポイントが続きます
6 P5041451

やっとカッパにもヤマメちゃんが釣れました・・って実はカッパはほとんど釣りしてません
ほとんどの時間は、山菜採りでした~
7 P5041450

このあたりから、ゴルジュが始まります・・このゴルジュは右岸を巻けるのですが、かなり時間がかかってしまいます
この日は、午後から雨予報・・雨になる前に渓を出ることに
8 P5041452

辰ヶ湯温泉さんで作っていただいたおにぎりを、美味しくいただきます・・お腹ペコペコです~
モーニングコーヒー付きで、朝ごはん終了
沢伝いに車まで戻って、この日の渓遊びは終了
車に戻った頃から雨がポツリポツリと・・グッドタイミングでした~
9 P5041455

翌日は、朝風呂もゆっくりまったりと~・・
温泉を楽しんだ後は、辰ヶ湯さんの美味しい朝食をたっぷりといただいて、昨日とは別の渓へ
この渓は、前日の渓より、少し大き目の渓・・渡渉がちょっと大変なのです
例年、どこかで渡渉できなくなって引き返すのですが、今年は、いつもより水量が少ないので、最後まで行けそうかな~
10 P5051500

雪代もほとんどないようで、真夏のような流れ・・こういう時には、お魚さんは食いが渋く、なかなか釣れません
11 P5051501

この日はカッパもけっこう竿を出しているのですが・・
12 P5051504

やっとピテカン君に待望のイワナちゃん・・遊んでいると逃げられちゃうよ~
13 p5051502

カッパの竿にも、イワナちゃんで~す・・しかも一番の大きさ・・8寸以上はありました
14 P5051516

お魚さんは、あんまり釣れなかったけれど、山菜はけっこう満足な量をゲット
林道への急な斜面をよじ登って、この日の渓遊び終了で~す
16 P5051526

2日間で採れた山菜たちです
タラノメ・・一番芽はほとんど採られていたのですが、採られなかった一番芽はすでに30センチほども伸びていました
P5041426.jpg

ウド・・すでに大きく育ったものが多く、雪渓脇で、ほんの数本、食べごろを採ることができました
P5041444.jpg

運良く見つけたオオナルコユリの新芽・・なかなか採れない、貴重な山菜です
P5041427.jpg

アイコ(ミヤマイラクサ)・・例年ならまだ小さくて採れないものが多いのですが、今年は丁度良く育っていて、たくさん採れました
チクチクと・・何回か痛い思いをしました~
P5041423.jpg

ウルイ(オオバギボウシ)も今回は食べごろのがたくさん・・癖のない美味しい山菜です
P5041420.jpg

シオデ・・杉林でけっこうたくさん採れます
P5051525.jpg

コゴミ(クサソテツ)・・雪が融けて一番に出る山菜なので、今回は雪渓脇でほんの少ししか採れませんでした
P5051511.jpg

シドケ(モミジガサ)はちょっと育ちすぎかな~・・と思ったけれで、なるべく柔らかそうなものを探していただいてきました
P5051506.jpg

ヤマブドウの新芽は天麩羅にすると美味・・ちょっと酸味があって、ブドウの香りがします
P5041481.jpg

ミツバは大量に・・柔らかな新芽の部分はとっても美味しそう~
P5041474.jpg


2日間、たっぷりと渓遊びを楽しみました~
辰ヶ湯温泉さんに戻って、再びの温泉・・渓の疲れをゆっくりほぐして・・温まりました~

庄内から我が家までは、ほぼ7時間・・思ったより渋滞も少なくスムーズに流れていたのですが・・
やっぱり遠いですね~

越後の春・・スミレを探して

2日の夜はたつみ荘さんで、大盛り上がりの宴会・・夜更かししてしまったのですが・・
翌朝は・・のんびりしてはいられませ~ん・・新潟まで出て、越後のお山のハイキングコースを、スミレを探しながら、歩く予定


朝ごはんもおにぎりにしてもらって、6時過ぎにたつみ荘さんを出発で~す
早朝にも関わらず、女将さんにお見送りいただきました・・女将さん、ありがとうございま~す
たつみ荘さんは、昨年11月からの1階部分と外装の改装工事が終了し、リニューアルオープンしたばかり
外壁もお玄関もピッカピカで~す
DSC_0681.jpg

目的のお山までは、距離は近いのですが・・・・ぐるっと大回りしないといけないので、けっこう時間がかかってしまいました
それでもなんとか9時前には駐車場に車を停めて、急いで準備を調えて、出発で~す
1 DSC_0684

歩き始めてすぐに、大きなオオタチツボスミレの株です
日本海側のこの山域では、タチツボスミレよりオオタチツボスミレが多く見られます
2 DSC_0683

いつもだと、歩き始めてすぐに、スミレサイシンの華やかなお花や、可愛いコシノコバイモのお花が目につくのですが、今年は、すでに終わっていて、ほとんどお花の姿がありません
雪渓脇で、やっとスミレサイシンの群落に出会えました
2 DSC_0789

大振りで、お花の色も濃く、スミレとは思えない艶やかさです
3 DSC_0702

しばらく登っていくと・・登山道沿いに、オオバキスミレが大きな群落を作って、足元を彩ってくれるようになります
4 DSC_0693

オオバキスミレは大きな群落を作るので、一際目立ちますね
5 DSC_0694

濃い緑色の葉に、鮮やか黄色のお花・・コントラストが綺麗です~
6 DSC_0699

お花はふっくらと・・ふくよかな印象です~
6 P5031347

日本海側で見られる、ナガハシスミレも姿を見せてくれました
7 DSC_0704

距がピーンと長くて、おもしろい~
8 DSC_0786

お花のアップで~す・・独特なフォルムですね
9 P5031351

登るに従って、日本海側のいろいろなお花たちが姿を見せてくれました
キバナノイカリソウ・・だと思うのですが・・トキワイカリソウかも・・
10 DSC_0726

オオイワカガミは登山道沿いに次々に、艶やかなお花を見せてくれます
11 DSC_0715

そして、お目当てのスミレ、アワガタケスミレですが・・残念!すっかりお花が終わってしまっていました~
この山域では今年はかなり季節の進み方が早かったようです
12 DSC_0727

もうアワガタケスミレには会えないかな~・・がっかりで、更に先に進むと・・なんとか次の群生場所で、お花が残っていてくれました
13 1 DSC_0749

土が剥き出しになった、急斜面の登山道脇に、咲いていました
13 DSC_0737

写真を撮るのが大変・・ズルズルとずり落ちそうで、ストックで体を支えながらの撮影です~
14 DSC_0736

お花は、少し遅かったのか、色が褪せているようです~・・ちょっと残念
15 DSC_0734

偶然に、花弁に虹のような光が射して・・面白い写真になりました
16 P5031371

何とかお花に会えて、良かったです~
17 P5031368

お目当てのスミレ、アワガタケスミレにも会えて、やっと落ち着いて朝ごはん
たつみ荘さんで、作っていただいたお握り弁当・・美味しくいただきました~
18 DSC_0724

お山には残雪が見られるものの、雪は昨年より随分少ないようですね・・緑も濃くなっていて、新潟では季節がかなり進んでいるようでした
18 DSC_0751

最後の登りで、とっても美しいマキノスミレに出会えました
19 DSC_0771

紅色が濃くて、とっても綺麗なマキノスミレです
20 DSC_0755

急斜面の登山道に点々と咲いていました
21 DSC_0756

お花のアップで~す
咲き始めたばかりの新鮮なお花たち・・うっとりです~
22 DSC_0763

こんなお花にも出会えました・・ほとんど白花と言って良いのかな~・・シロバナマキノスミレで~す
23 DSC_0768

登山道では、なんとヒメギフチョウが何頭も・・行く手の前後をひらひらと・・まるで道案内してくれているようでした
なかなか写真に収まってくれないのですが・・
24 DSC_0777

今回のスミレ探索、アワガタケスミレはちょっと遅くて、なんとか名残のお花に会えただけでしたが、マキノスミレはちょうど盛期の可愛いお花たちに会うことができました
すっかり緑濃い登山道を、車にもどります~
25 DSC_0783


2日、3日と二日間の春のお花三昧も、無事終了で~す
日本海側の春のお花たちをたっぷりと楽しめた2日間でした

車に戻って、山形での定宿、辰ヶ湯温泉さんに向けて出発で~す
翌日からは、山形の庄内方面の渓流で、山菜採りと渓流釣りを楽しむ予定です

奥会津・・只見の春を楽しみました~

5月2日から5日まで、3泊4日で、福島から、新潟を経由して、山形まで足を延ばし、東北の春を楽しんできました

大型連休ということで、東北道の渋滞予測は、前夜から渋滞が始まるようなのですが・・2日は奥会津までなので、わりあいにのんびり、早朝5時前の出発

なるべく渋滞を避けて一般道を使うことにしたのですが、もうすでにけっこうな車の数・・ちょっと出遅れたかな~・・少々焦り気味
高速道路は、いつもより車は多いものの、予測に反して渋滞もなく、スムーズに流れていて、ほっと一安心

この日はのんびりとお花を眺めながら、奥会津で、いつもお世話人なっているお宿、大塩温泉たつみ荘さんまで辿り着くだけなのです


駒止トンネルを越えて奥会津に入ると、急に残雪が多くなって・・奥会津は今年は例年になく雪が多かったと聞いていたのですが、これほどとは・・ほんとにびっくり
沢の流れも残雪を集めて、白波を立てて流れていました
1 DSC_0538

道路沿いの土手に何気にフクジュソウの群落
写真を撮ろうと、車を下りてみると・・ほんとにさりげなく、スプリングエフェメナルの群落が、杉林の斜面に続いていました
2 DSC_0554

雪が融けたばかりの斜面に、競うように・・咲きだしたばかりのフクジュソウです
3 DSC_0551

お花のアップで~す・・新鮮で生き生きしたお花・・黄色のお花からは、元気をもらえますね
4 P5021229

カタクリの群落も、ちょうどお花盛り
5 DSC_0532

カタクリとフクジュソウのコラボです
6 P5021239

アズマイチゲは一足早く咲いていたようで、見ごろはちょっと過ぎていたけれど、フクジュソウやカタクリと一緒に、大きなお花畑を作っていますした
7 DSC_0545

木漏れ日を浴びてキラキラで~す
8 DSC_0534

キクザキイチゲはやっと咲き始めたばかり
9 DSC_0566

顔をだしたばかりのアオイスミレと、仲良く一緒に・・アオイスミレが可愛いです
10 DSC_0543

畑はまだまだ雪の下だけど、所々開けた場所には、気の早いキバナノアマナが顔を出していました
11 DSC_0558

一昨年には、この場所はキバナノアマナの黄色で、埋め尽くされていて、素晴らしい眺めだったのですが、今年はまだまだ早かったようで、咲いていたのは、ほんの2~3株でした~
12 DSC_0563

キバナノアマナ咲く畑のあぜ道に咲いていた、エゾエンゴサクです
13 DSC_0565

この日の目的のお花に会いに、山に入ります
秋にはマイタケを探しに入るお山なのですが、秋にミスミソウの株をたくさん見ていたのです
どんなお花が咲くのだろう~?・・春に見てみたいね~・・ということで、マイタケ山に登ってみることに
14 DSC_0571

小さな沢の流れの脇に、ブルーのキクザキイチゲが涼しげです
15 DSC_0574

尾根に取り付くと、すぐにイワウチワのピンク色のお花が迎えてくれました
16 DSC_0590

尾根上には、点々とイワナシのお花も・・イワウチワと競って咲いています
17 DSC_0597

尾根を外れて斜面をトラバース気味に横切って行くと・・こんなに大きなイワウチワの群落に出会えました
18 DSC_0610

まだ雪の残る斜面を、お花を探しながら横切っていると・・
18 DSC_0613

うれしい出会いです・・どうやらアワガタケスミレのようです
19 DSC_0616

土がむき出しになっている急斜面にへばりつくようにして、咲いていました
20 DSC_0619

会津で、別のお山では、数株見たことがあるのですが、ここで会えるなんて思ってなかったので、びっくりで~す
21 P5021296

目的のお花ミスミソウです・・株が大きいわりには花付きが今一つ・・この白花の株が一番花付きが良かった株でした
少し時期が遅かったかな~・・場所によっては、お花が終わってしまっている株も・・スプリングエフェメナルは特に咲く時期が難しい~
22 DSC_0626

小さくて可愛いお花です
23 P5021304

24 DSC_0627

数は少ないけれど、ピンク色のお花も何株か
25 DSC_0628

お陽さまに向かって、嬉しそうですね~
26 P5021306

色飛びしているので、薄くなってしまっているけれど、ほんのり薄ピンク色のとっても可愛いお花です
27 DSC_0636

薄ピンク色に赤い葯がくっくりと・・良いアクセントですね~
28 P5021308

ブナはすっかり芽吹いていて、黄緑色も少~し緑濃くなってきています
29 DSC_0641

ナラはまだ眠たげですね・・枝先がちょこっと膨らんできているようですが、芽吹きはまだ先のようですね・・
30 DSC_0642

再び尾根に上がって・・遅いお弁当タイム
もうお腹ぺっこぺこです~・・
31 DSC_0643

お腹もいっぱいになって、下山で~す
目的のミスミソウのお花にも会えて、しかもアワガタケスミレとの思わぬ出会いもあって、大満足のお山でした
32 DSC_0648

場所を変えて・・いつもコシノコバイモに会える場所に
今年も咲いていてくれました・・ちょうど良いタイミングだったようです
夕陽を笠の中に閉じ込めて・・
33 DSC_0653

ほんのりピンク色の花萼が優しげで美しですね
34 DSC_0666

赤味のちょっと濃いめのお花も・・きりっとした印象ですね~
35 P5021336

只見の春をたっぷりと楽しんで、あっと言う間に夕方に・・
残雪の中に咲く、桜がとっても綺麗です
36 P5021315


この日は朝から好天・・気温もぐんぐん上がって、暑いくらい
こういう日はお風呂上りのビールが美味しいよね~・・ということで、急ぎ赤沢温泉に戻ることに
大塩温泉の共同浴場は、現在改装中で、入れないのです~

温泉の後は大塩温泉で、美味しいお夕食を頂きながら、ビール&お酒で・・いつもおなじみ宴会に突入
旅は始まったばかりなのですが・・・・思いっきり盛り上がってしまいました~

杉林でひっそりと・・フイリフモトシハイです~

きれいに手入れされた杉林で、美しく咲いていたフイリフモトシハイスミレ・・健在でした~
フイリフモトスミレとフイリシハイスミレの交雑です
1 DSC_0462



2か所目のスミレ探索を、やっと終了して・・大急ぎ、3か所目に移動
駐車場に車を停めて、ちょっと遅めのランチタイム
この日のランチで~す・・甘めのチキンライスを、薄焼き卵で包んで・・オムおにぎらずにしてみました
美味しくランチもいただいて・・スミレ探索出発で~す
2 P4291150

最初に訪れたのは、昨年時期が遅くて、お花に会えなかった、フギレシハイスミレの生息場所です~・・
今年はお花咲いていてくれるといいな~・・期待いっぱいだったのですが・・
残念!今年もお花は終わっていました・・
3 1 DSC_0425

ここの所、気温が高い日が続いたので一気に咲いてしまったのかな~
3 2 DSC_0426

この株は、フイリシハイスミレとエイザンスミレとの交雑、フイリフギレシハイスミレ・・やっぱり葉だけでした~
また、来年ですね~
3 3 DSC_0428


さて、本命のスミレ咲く杉林まで、とことこと~・・
昨年2度目に訪れた時に、探せなかったので、咲いていてくれるかどうか・・ちょっと不安だったのですが・・

狙いを付けた杉林の中の急斜面を上り下りしながら、しばらく探したのですが・・なかなか見つかりませ~ん
ちょっと移動して~・・おっと!咲いていました・・交雑のスミレらしく、一塊になって
3 DSC_0461

両親ともに、斑入りなので、班がくっきりですね
4 DSC_0464

フモトっぽいお花や、シハイっぽいお花・・お花のお顔が一輪ずつ違うのがおもしろい~・・どの子も美人です~
5 P4291187

どちらかというと、シハイが強めに出ているようですね
6 DSC_0463

お花のアップで~す
側弁には毛がはっきりですね~
7 P4291184

片親のフイリフモトスミレです・・ちょうど綺麗なお花を見せてくれました
班の入った葉もとってもきれいです~・・
8 DSC_0456

9 DSC_0469

この株は、フモトなのか・・フモト色の強いフモトシハイなのか・・ちょっと確信ありません
10 DSC_0474

もう片一方の親・・フイリシハイスミレで~す
ここのシハイスミレは、お花が大きくて、ふっくらした印象で、とっても美しい~・・
11 DSC_0452

可愛らしいく、ブーケのように咲いていました
12 1 DSC_0448

華やかな美しさですね~
12 DSC_0465

杉林を尾根伝いに少し登っていくと、マキノスミレも出てきました
13 DSC_0483

このお山のマキノスミレは、シハイスミレに比べると、ちょっと地味な印象です
14 1 DSC_0485

登って行くにしたがってマキノスミレがあちこちに
フモトスミレやシハイスミレも一緒になって、暗い杉林にすみれの園を作っていました
14 DSC_0488

フイリフモトスミレと、マキノスミレの交雑、ミツモリスミレのようです
15 DSC_0479

ミツモリスミレのお花のアップです・・やっぱりはっきりと毛が見えます
16 P4291198

この株は、フイリシハイスミレとマキノスミレの交雑?・・ちょっと確信はないのですが・・
17 DSC_0487

この株はシロバナマキノスミレ?・・だとするとお初のスミレなのですが~
19 DSC_0492

お花のアップで~す・・唇弁の筋もなくて、ほぼシロバナかな~・・と思うのですが・・
少し色が付いているような気もします~・・
20 P4291207



3か所目ではフギレシハイスミレはお花が終わっていて、残念だったのですが、フイリフモトシハイスミレは、ちょうど見ごろの愛らしくて、綺麗なお花に会うことができました

今回も、シラユキフモトスミレにはちょっと早かったし~・・、フギレシハイスミレには遅かったし~・・、やっぱりじたばたしてしまいました
ほんとうは何回か日にちをずらして訪れるのがベストなのでしょうが、なかなかそうもいきませんね
これも一期一会?・・また来年の一期一会に期待することにしましょう~・・

急ぎ、お家に
世間では、29日から連休の方も多いようですが、ピテカン君は暦通りの出勤・・翌日もお仕事なのです~

連休は5月2日から
今年も、東北方面で、スミレやスプリングエフェメナルの探索と、山菜採り、渓流釣りと、温泉の旅を予定してま~す
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる