カタクリは満開・・春です~!

スミレのお花たちをゆっくりのんびり堪能した後は、別の場所に移動して、春爛漫を楽しみました

登山道沿いの斜面はカタクリが満開・・お陽さまもいっぱい降り注ぎ、嬉しい春の訪れで~す


広い斜面いっぱいに咲いているカタクリ・・良く見ると、ショウジョウバカマが隠れていますよ
カタクリと同じ色合いなので、区別がつきませんね~
1ec DSC_0125

ちょうど満開の時期ですね
2ec DSC_0126

お陽さまを浴びて、精いっぱい開いています
3ec DSC_0127

2輪並んで、仲良く咲いていますね~
4ec P3272365

花弁の内側の赤紫色の模様がくっきりで、綺麗です~
5ec DSC_0133

カタクリの群生地に、カタクリに混じってヒナスミレの群落も
8ec DSC_0118 (2)

こんなにたくさんのヒナスミレに会えると思っていなかったので、嬉しいびっくりです~
9ec DSC_0132

ここのヒナスミレは、花弁がふっくらさんで、優しい印象ですね
10ec DSC_0112

咲きだしたばかりの新鮮なお花・・木漏れ日を浴びて綺麗です~
12ec P3272366

まだ満開の時期には少し早かったようで、蕾もたくさん・・もう少しして、満開になると素晴らしい景観が広がることでしょうね~
11ec DSC_0108

登山道沿いにはアオイスミレの姿も
16ec DSC_0120

ヒゴスミレかと見間違うような、シロバナのエイザンスミレっぽいスミレも何株か、見られました
13ec DSC_0121

このお山のエイザンスミレは、白花っぽい、薄い色のお花が多いようです
14ec DSC_0094

沢沿いの林床にもカタクリの群生です・・キクザキイチゲも咲いていて、一緒にカメラに収まってくれました
7ec DSC_0102

咲き始めたばかりの白花のキクザキイチゲ・・清楚で美しいお花です~
6ec DSC_0104

カタクリに、キクザキイチゲ、スミレもいっぱ~い・・夢中でシャッターを切るカッパで~す
15ec DSC_0095 (2)



カタクリとヒナスミレの群生を眺めながらランチタイム

楽しい時間もあっという間に過ぎ、お陽さまの暖かさも、午後になると、すこ~し弱まってきたようで・・風の冷たさを感じる時間になってきました~

この辺りでお山を下りて・・帰路につきます

半日ほどのスミレ散歩でしたが、たくさんの交雑のスミレにカタクリ、ヒナスミレと盛り沢山のお花たちに出会え、大変に充実した花散歩でした~

ご案内いただいた花友さんに感謝です
スポンサーサイト

今年も交雑のスミレたちに出会えました~・・その2

昨年初めて見つけたカワギシスミレ、今年も咲いているかな~・・

昨年のおぼつかない記憶を辿って探してみると・・今年も無事に咲いていてくれました


昨年と同様2株・・昨年より花数が減っているものの、無事に会うことができただけでも嬉しい~
1eb DSC_0055

マキノ似で、紅色が濃く、ちょっと紫かがったような色合いがとっても綺麗
2eb DSC_0054

横顔で~す
3eb DSC_0056

側弁に毛があるタイプです
4eb DSC_0063

TG-3の深度合成で撮ってみました~
5eb P3272345

アップで~す
6eb DSC_0058

なかなか見つけられずに、諦めていたのですが、最後に見つけることができました・・マキノヒナスミレ
7eb DSC_0075 (2)

マキノがまだ開花していないこの時期に、きれいに開花していました
やっぱり交雑のスミレは開花が早いようですね
8eb DSC_0077

アップにしてみると・・お花の色合いは、マキノ似で濃いめの紅色、花弁は、マキノとヒナの良いとこ取りのようで、端正でバランスの取れた美しさです~
9eb DSC_0081

お陽さまをいっぱいに受けて、嬉しそう
10eb P3272355

マキノスミレは、まだまだ固い蕾・・陽当たりの良い尾根で、一株だけ、あわてんぼうさんのお花が咲いていました
11eb DSC_0085

雑木林の中を、スミレを探しながらのんびりで~す
12eb DSC_0080


歩き始めは、どんより曇り空で、寒い朝だったのですが、だんだんと雲が取れてきて、お陽さまが顔を出してくれました
ぽかぽかと暖かい日差しの中をわいわいと、スミレ探しの楽しいお散歩

早春の温もりを堪能できました

会いたかった交雑のスミレたちにも会えて、大満足・・春のお花探しは続きます
次のお花を求めて別の場所へ移動で~す

今年も交雑のスミレたちに出会えました!・・その1

27日の日曜日、寒の戻りで、気温が低めだったのですが、そろそろ咲き始めているかな~・・と・・
交雑のスミレたちの様子を見に出かけてきました

一番のお目当ての交雑のスミレは、オクタマスミレ
昨年より少し開花が遅れているようですが、咲き始めたばかりの新鮮で美しいお花たちに出会うことができました

今年も会えて良かった~
やっぱり交雑のスミレは、美しいです~


一番大きな株・・たくさんお花を付けて華やかです~
1ea DSC_0040

蕾もまだまだいっぱい・・もう少し楽しめますね~
2ea DSC_0037

ヒナ似の可憐なお花たちです~
3ea DSC_0038

今年は小さ目の株が多かった気がしますが・・
4ea DSC_0033

やっと開いたばかりのとっても新鮮なお花
5ea DSC_0027

お花をアップ気味に・・綺麗ですね~
6ea DSC_0029

落ち葉をかき分けて・・やっと顔をだしたばかりかな~・・?
7ea DSC_0047

8ea DSC_0064

横顔も可愛い~
9ea DSC_0069

うっとり~・・の可憐さですね~
片親がエイザンなので、大振りで華やかな美しさですね
10ea P3272343

咲き始めのエイザンスミレは、あちこちで多く見られたのですが、片親のヒナはここでは2~3株しか開花してなかったようです
11ea DSC_0072



今年も無事に咲いていてくれて、ほっとしたのですが、昨年より、株が小さくなっていて、株数も減ってきているような気がします

イノシシの掘り返した跡もあったりして、このまま咲き続けてくれるかちょっと心配になってしまいました・・

美しいオクタマスミレたち・・いつまでもこのままで咲き続けてほしいですね

春の野草もだいぶ育ってきました~

3月19日、三連休の初日、朝起きてみる・・雨がしとしと~・・たまにはお家でのんびりと~・・と思っていたのですが・・

お昼前には、しとしと雨も止んだようで、一日何もしないのも運動不足になるし・・と夕飯の材料集め?を兼ねてご近所散歩にでかけることに


最初に訪れたのは、クレソンの群生地
きれいな湧水が流れている小さな小川に群生しています・・すぐ横に水道施設があり、農薬などで汚染されることもないので、安心して摘めます
1 P3192187

カンゾウの芽は、梅林横の陽当たりの良い斜面にたくさん芽を出していました
ちょうど食べごろに育っていて、芽吹きの若草色が鮮やかでとっても綺麗
2 P3192189

落ち葉の中のノビルは、引っ張っただけで、すっぽり抜けて、とっても面白い
3 P3192192

面白いので、どんどん抜いて・・スコップ使わなくても、こんなに採れました
4 P3192193

採るのは面白いのですが・・洗い上げが大変
ゴミを取り除き、泥を落として、根を切って・・洗い上げると、こんなに綺麗になりました
採りたては新鮮で、つやつやですね~
5 P3172173

クレソンも、洗い上げるとこんなに緑鮮やかになりました~
6 P3192197

いつもお馴染みの料理ですが・・野草料理も何品か紹介しま~す
癖もなく、ほんのり甘いカンゾウの新芽は、胡麻味噌和えに
7 P3172175

カンゾウは、マヨネーズとも相性が良いので、茹でた海老と一緒にマヨ醤油和えにしてみました
8 P3192198

一番たくさん採れたノビル・・まずはシンプルにさっと湯通しして酢味噌を付けていただきます~
お酒がすすみます~・・
9 P3192204

これもやっぱりお酒の肴ですね~・・ホタルイカと、ノビル、ワカメのヌタで~す・・和辛しを天盛にして
10 P3172177

ノビルは天麩羅にしても美味・・菜の花も天麩羅にすると、ほろ苦くて、けっこう美味しかった~
11 P3172178

ノビルの青い葉の部分や、小さな根茎を刻んで、豚ミンチや白菜、干しシイタケなどと一緒に餃子を作りました
ニンニクも、ニラも使わないので、お出かけ前でも大丈夫・・生姜の搾り汁をたっぷり入れると美味しくなります~
P3282384.jpg

クレソンは、一番野草っぽいお味なので、ピーナッツ和えに
13 P3192201

採ってきた日のお夕食で~す
メインは、和牛の焼きしゃぶ風・・さっと炒めた和牛の薄切りに、カイワレ大根と、小口切りの万能ねぎ、細切りの大葉をさっと和えて、お皿の中で、味醂、お酒、お醤油で調味する簡単料理
簡単だけど美味しいのです~
14 P3192206



どんどん春が進んでくると、お花探索に忙しくなり、なかなか野草摘みにでかけられなくなるので、野草料理は今回が最後かな~?

もう少し暖かくなると、雪の多い地方では、雪解け後に山菜が顔を出し始めて・・それはそれで楽しい季節になりますね~

お花探索の合間に、ちょこちょこっと・・山菜も採れると良いな~・・なんてちょっとあつかましいかな~

南高尾・・スミレの季節が始まっています~!

2日目の朝、ちょっとお寝坊して・・大慌てで朝食をいただいて・・この日の目的地に移動です

2日目は、東京方面に少し戻り、南高尾山稜のスミレ探索にでかけることに

高尾では、スミレの季節には、まだ早いよね~・・とは思ったのですが、気の早いお花に1輪、2輪でも会えたら嬉しいな~・・と・・歩いてみることにしました

城山発電所脇の駐車場に車を停めて、発電所の門を抜けて車道を歩き始めます
3月末までは、駐車場のゲートが4時には閉まるので、遅れないように要注意です~


車道から見晴台方面に上がっていき、遊歩道をしばらく辿ります
1dd DSC_1123

三沢峠の分岐を大垂水峠方面に進みます
2dd DSC_1130

ぽつりぽつりと・・お目当てのスミレたちが登場し始めました
3dd DSC_1159

時々陽も差す高曇りのお天気・・陽が差すと暖かです~
4dd DSC_1170 (2)

見晴らしの良い休憩スペースで一休み・・眼下には津久井湖と相模原の街並みです
5dd DSC_1172

飽きない程度に咲いているスミレたちを撮りながら、ゆっくりのんびり歩いていると、あっという間にお昼になってしまいました~
テーブルと椅子が据えられている休憩所で、ランチタイムで~す
SAで買ったサンドイッチと甘いパンに、コーヒーと、なぜかお味噌汁?・・美味しくいただきました
6dd DSC_1175

ここからUターン・・折り返して帰路につきます
陽当たりの良い斜面の草叢にも、スミレです~
7dd DSC_1180

帰路もスミレを探しながら・・でも急がないと、ゲートが閉まると大変です~
8dd DSC_0012

南高尾山稜で出会ったスミレたちで~す
まずはヒナスミレ・・盛期には、ヒナスミレが大きな群落を作って見事なのですが、やはり早すぎたようで、咲いていたのは、この株含めて2~3株だけ~・・ちょっと寂しいかな~
9dd DSC_1128

咲き始めたばかりの新鮮なお花たち・・ヒナスミレはほんとに可愛い
10dd P3212294

もう少しすると、あちこちで見飽きるくらいにたくさん咲くナガバノスミレサイシンですが、この日はまだ数株、顔を出したばかりのようでした
11dd DSC_1154

大きなお花を咲かせているこの株は、葉はまだクルクル巻いたまま
12dd P3212295

エイザンスミレはやっと地上に出てきたばかりのようで、お花を見たのはこの1輪だけでした
13dd DSC_1138

花柄や萼片に毛があるので、アカネスミレ
14dd DSC_1141 (2)

こちらは毛がないので、オカスミレでしょうか~?
15dd DSC_1162
 
もうこんなに咲きだしていました
16dd DSC_0014

今回一番見事に咲いていたのは、アオイスミレです
大きな株には、たくさんのお花たち・・小さくて愛らしいスミレですね~
17dd DSC_0021

上弁がうさぎさんのお耳のように、上方に反り上がっているのが可愛い
18dd DSC_1158

アップ気味に・・柱頭が象さんのお鼻のように曲がっているのですが・・なかなか上手く写せません~
19dd P3212313 (2)

咲き始めたばかりの可愛らしいコスミレ、新鮮で綺麗なお花でした
20dd DSC_1149

陽当たりの良い岩場では、もう咲き終わっているお花も
21dd P3212328

う~ん??・・なんか変です~
タチツボスミレの葉の中に、タチツボスミレとコスミレ両方のお花が咲いている~?
よ~く見ると、コスミレの葉もありました~・・タチツボスミレとコスミレが、まるで一株のように一緒に咲いているのです・・仲良しさんですね~
22dd DSC_0018

陽当たりの良い斜面では、ヒゴスミレが満開でした
23dd DSC_0007

ふっくらしたお花がとっても可愛い・・大好きなスミレです~
24dd DSC_0009

辺りに爽やかな香りが漂っています
25dd DSC_0010

まだまだ蕾もたくさん・・しばらく楽しめそうですね
26dd DSC_1176

お花のアップで~す・・真っ白な花弁の中心に、ちょこんとレモンイエローの差し色がお洒落さん
26dd P3212325

スミレ以外にもいろいろなお花が咲き始めていました
けっこう多く見られたシュンラン
27dd DSC_1136

地味なお花だけれど、ついつい目が向くヒメウズです
28dd DSC_1163

ヒメウズのお花をアップで・・風で揺れるので撮るのが大変でした~
29dd P3212333

咲き始めたばかりのダンコウバイ・・梅の香りをきつくしたような香りがします
30dd DSC_1165

キブシはちょうど満開・・よく見ると小さなお花一つ一つ開いているのですね~
31dd DSC_0023



まだまだスミレは早いよね~・・と思っていた南高尾山稜でしたが、予想外にたくさんのスミレたちに出会うことができました
特に、今回はちょうど最盛期だったアオイスミレの群落が素晴らしくきれいで、感激・・新鮮で可愛いいお花たちを楽しみました

南高尾のスミレシーズンは、もう始まっています
また少し、時期をずらして訪れると、違ったスミレたちの満開の群落に会えることでしょうね~

ゆっくりのんびりでも、3時過ぎには車に戻ることができました

三連休最終日・・高速は渋滞覚悟・・
だったのですが・・ちょっと早かったのが幸いして、渋滞はしているものの、比較的スムーズに流れていて、ラッキー

なんとか7時前には帰宅できました

キスミレに会いに・・高草山登山

今回のお花旅、一日目のメインイベントは、静岡県の高草山登山・・お目当てのお花はキスミレで~す

ちょっと早いかな~・・とは思ったのですが、なにしろ急遽思い立った花旅・・他のスミレにも会いたいし・・ということで、とりあえず、高草山に登ってみることにしました

予想通り、一面が黄色く染まるような満開の時期には、ちょっと早かったのですが、それでも、気の早い何株かが、もう咲き始めていて、新鮮で可愛らしい姿を見せてくれました


この黄色いスミレに会いに、高草山に登ります・・花弁の外側の紅色が可愛らし
0dc DSC_0999

林叟院さんの駐車場に車を停めさせていただいて、墓所の脇から登り始めます
1dcDSC_0966.jpg

登り始めは雑木林の中の急登・・登山道脇に咲いているフラサバソウやナガバノタチツボスミレといった小さなお花たちに励まされながら登って行きます~
2dcDSC_0975.jpg

きれいに手入れされた茶畑の中を縫って、登山道は続きます
3dcDSC_0990.jpg

何回か道路を横切って、見晴らしの良いベンチで一休み
眼下には焼津の街と駿河湾・・春霞がかかって・・春ですね~
4dcDSC_0998.jpg

ひと登りで高草山頂上到着で~す
5dcDSC_1021.jpg

お社にもお参りしました
5dc P3202252

お陽さまもやっと顔を出して、暖かくなってきました~
焼津の街を眺めながら、ゆっくりのんびりのランチタイム
6dcDSC_1024.jpg

ピテカン君制作のサンドイッチです
この頃サンドイッチ作りにはまっているピテカン君、材料を揃えておくと、きれいに作ってくれま~す
7dc DSC_1023

お腹もいっぱいになって・・別の登山道から、ぐるっと周遊コースで下山します
8dc DSC_1052

下山路もお茶畑の中・・さすがお茶処の静岡ですね~
9dc DSC_1057

沢コースから林叟院さんに下ってきました・・緋寒桜が地面に散り敷かれているのも、風情がありますね
10dc DSC_1062

暖かい焼津のお山、高草山では、もう春が訪れていて・・キスミレをはじめ、たくさんのスミレたちが咲き始めていました
お目当てのキスミレは、開花しているお花はまだ少ないようで、ぽつりぽつりと地面が黄色くなっています
11dc DSC_1012

もう少しで開花しそうなお花たち・・あと何日かで満開になりそうですね~
12dc DSC_1001

13dc DSC_1007

一番たくさん開花したお花を付けていた株ですが・・雨粒が跳ねて、花弁や葉に黒い炭が点々と・・せっかく咲いたのに、ちょっと可哀想なお花たちですね
14dc DSC_1004

お花のアップで~す・・鮮やかな黄色の花弁が美しい~
15dc DSC_1000 (2)

今回は、思いがけずたくさんのニオイタチツボスミレのお花たちに出会うことができました
ブーケのように、たくさんのお花を付けた株・・綺麗です~
16dc DSC_1050

カッパの大好きなスミレです
17dc DSC_0994

面白いニオイタチツボスミレの株発見・・どうやら一卵性双生児のようです~
18dc DSC_0987

距はひとつなのに、その先が2つに分かれていて、お花が2輪になっています
19dc DSC_0986

登山道沿いに一番たくさん咲いていたナガバノタチツボスミレ
20dc DSC_0970

アカフっぽいタチツボスミレは、ほとんど白花と言っても良いほどですが・・うっすら~と紫がかっているようですね~
21dc P3202250

オカスミレは咲きだしたばかり・・小さな株が見られました
22dc DSC_0979

フモトスミレもまだ咲き始め・・小さな蕾がたくさん見られました
23dc DSC_0996

エイザンスミレもやっと咲きだしたばかり・・このくらいのお花のほうが、可愛らしくて良いですね
24dc DSC_1044

残念!・・ヒゴスミレはまだ蕾でした
25dc DSC_1039

今回一番驚かされたのは、コスミレの群生・・広い範囲一面に点々と・・大きな群落を作って咲いていました
26dc DSC_1082

ちょうど最盛期の美しく新鮮なお花たちです
27dc DSC_1076

特に花付きが良かった大きな株です・・綺麗です~
28dc P3202272

ピテカン君も、あまりの美しさに、夢中になって撮影中
29dc P3202263

高草山で、なぜか見られるコシノコバイモ・・残念ながら、今年はもう遅かったようです
30dc DSC_1033



静岡はやっぱり暖かいのか、高草山では、もうすっかり春の風情

キスミレ始め、たくさんのスミレたちが、もう咲きだしていました・・これからどんどんと春が進むと、お花の追っかけもますます忙しくなってきそうですね~

やっと待ちかねた春です

最後にもう一か所、明るいうちに、カイコバイモの群生地に向かわなくてはいけません
大急ぎ、車を出して移動で~す

東海地方でお花探索・・その2 カイコバイモ

お花探索2つ目の目的のお花は、カイコバイモ・・カッパの大好きなお花です

ピテカン君が、一日目の予定の一番最後に入れたので、時間がなくなってしまって・・それでもなんとか明るいうちに群生地に到着

暗くなる前に・・と大急ぎの撮影でした~


実はカッパが、このカイコバイモにぜひ会いたかったので、今回のお花旅をピテカン君に提案
12db DSC_1106

車を停めて・・とことこと・・陽当たりの良い斜面に向かいます・・が・・
あれれ!お花が咲いてない!!・・よくよく探して・・やっと見つけた一株一輪です~
目が慣れると、周りにある株も目に入りましたが、なんともうすっかりお花が終わって、落ちてしまっていました
1db DSC_1099

ちょっと遅かったようですが、やっぱり優しい美しさです~
2db DSC_1097

3db DSC_1101

ちょっと内側を覗かせてね~
4db DSC_1105

花被片が作る釣鐘の曲線が、丸みを帯びて柔らかいですね~
5db DSC_1112

別の場所に移動します・・ここは杉林の明るい林床・・ちょっと開花が遅れるようで、何株か綺麗なお花が咲き残っていてくれました
6db DSC_1115

立ち姿もすっくと美しい~
7db DSC_1117

控えめにうつむいて咲いているのが、何とも愛らしい~
8db DSC_1121

だんだん暗くなってきて・・杉林では、暗くなるのも早そうです~
9db P3202287

TG-3でアップで~す
10db P3202285

花被片の外側の模様も渋めで素敵です
11db P3202289


時間を忘れて撮影に没頭しているうちに、周りがだんだんと暗くなってきました~

今年はほんとにお花の開花が早いですね~・・この時期でもカイコバイモはもう遅かったようです!
なんとか残っているお花に会うことができ、とりあえず良かった~

盛り沢山だった一日目の予定も、やっと終了です

寒くなってきて・・さて、お泊り予定のホテルに移動です~・・

東海地方でお花探索!・・その1 キバナハナネコノメ

3月20、21日・・3連休の後半は、雨と曇マークだったお天気予報が、曇と晴れマークに変わり、急遽東海地方に、お花探索にお出かけすることに

連休中・・ということで、お宿はどこもいっぱい・・お泊りは諦めていたのですが、3日前にビジネスホテルのキャンセルを見つけて、なんとかお泊りできることに

ということで、1泊2日で出かけてきました~

東海地方はわたしたちにしては、かなりの遠出・・せっかく遠出するのだったらと、ピテカン君が盛りだくさんの予定をぎっしり詰め込みます

早朝かなり早く出ないと、予定をこなせそうにない~・・仕方なく、早朝の3時に起きて、4時前には出発です~

曇のはずだったのに、東名高速をしばらく走っていると、ぽつぽつ雨が~・・弱くなったり、ひどくなったりだけど、けっこうマジ降り~

目的地に着くころにはなんとか止んでくれて、一安心


今回の目的のお花は、まずこのキバナハナネコノメ・・ハナネコノメと同様、シロバナネコノメソウを母種とする変種だそうです
6da DSC_0949

雨に濡れて滑りそうな遊歩道を辿って、沢に降りていくと、明るい黄色のお花の群生が目に入りました
1da DSC_0944

濡れた岩場の一角にキュッとまとまって・・狭い範囲に、けっこう密に群生していました
2da DSC_0962

ぱっと目を引きますね~
3da DSC_0960

4da DSC_0941

ちょっと盛期を過ぎていたようで、葯の黄色が色褪せて白っぽくなっていたお花が多かったのが、ちょっと残念ですが・・
このお花たちは、葯の黄色が鮮やかで、まだ新鮮でした
5da DSC_0939

足元の岩が濡れていて・・ピテカン君夢中になり過ぎてずっこけないでね~
7da P3202224 (2)

可愛くて綺麗です~
8da P3202213

お花のアップで~す・・葯がくるくる丸くて愛らしい~
9da P3202218

カッパも夢中で撮影中・・足元にもお花が広がっているので、気を付けないと踏んでしまいそう~
10da DSC_0958


さて、朝一番で訪れたキバナハナネコノメを十分に楽しんで、写真に収め・・次なる目的地へと移動です

BCスキーの後は、お楽しみの温泉

ヨレヨレになったBCスキーもなんとか無事終了・・車に戻って息子との待ち合わせ場所、二本松駅へ向かいます

息子も予定時刻通りに到着・・ピックアップして・・カッパの一番のお楽しみ、岳温泉の碧山亭さんへ


チェックインを済ませて、まずは温泉で~す
内湯のお湯は入った時はちょっと熱めに感じますが、次第に身体に馴染んできて気持ち良い~
踏ん張り過ぎてこわばっていた筋肉が、お湯の中で、ゆっくりと緩んでいくのがわかります~
1 P3142123

露天風呂は、外気で少し冷やされてやや温めだけれど、長く浸かっていられます~
2 P3142126

源泉掛け流しのお湯は、PH2.48の単純酸性温泉で、7.8キロ先の安達太良山の麓、くろがね温泉からの引き湯
山のいで湯を楽しめるのですね~
3 P3142127

この足は・・誰のですか~?
4 P3142128

温泉の後は、お夕食です~・・碧山亭さんの食事は、一皿の量は少なめで、品数が多く、味付けも薄めなのが、気に入ってます
まずは生ビール
前菜四種盛りと焼き物・・筍の蕗の薹味噌焼きが美味でした~
5 P3132107

蓋物は、道明寺蒸しでした
6 P3132108

お造りは、春らしく鰆のあぶり・・季節感があって良いですね~
7 P3132110

小鍋は、麓山高原豚のしゃぶしゃぶ・・柔らかくて美味しい豚肉でした
8 P3132113

揚げ物は白魚の唐揚げ・・揚げたてが運ばれてきます
お酒は福島の地酒、奥の松の吟醸をオーダー・・辛口の美味しいお酒でした
9 P3132114

あだたら酵母牛のローストビーフは、地元野菜も添えられていて、ボリュームもあり、大満足の美味しさでした
10 P3132116

デザートは、若桃甘露煮のクレープ・・もうお腹いっぱいだけど・・甘いものは別腹~?
11 P3132119

母子の食事風景・・美味しく頂いてま~す
12 P3132118

就寝前にはもう一度温泉へ
その後は、昼間の疲れでぐっすりと~・・爆睡!

翌朝は気持ち良く目覚めて・・やっぱり温泉へ・・朝風呂が温泉お泊りの醍醐味ですね

朝食はバイキング形式・・カッパは少々控えめにしたつもりだったのですが、やっぱり食べ過ぎてしまいました~
13 P3142132

食後のコーヒーは、鏡が池を眺めながら、ロビーでゆっくりいただきます
窓の外は朝から降っていた雪が雨に変わっていました・・この日は一日雨予報
お土産ツアーして、まっすぐお家に帰ることにしました
14 P3142133

出発前に、碧山亭さんの前でパチリで~す
15 P3142138

お土産ツアー・・まずは那須のICで下りて、いつも和菓子を購入する扇屋さんへ立ち寄り、美味しい和菓子をたっぷり買い込みました
再び高速に乗り、次の目的地、道の駅にのみやへ

せっかく立ち寄った道の駅にのみやですが、なんと苺がほとんど置いていない~
お店の方に訊いてみると・・今日は入荷が少なかったので・・とのこと
それでもなんとか、ラストの一箱ゲット・・良かった~
ちょっと小粒だけど、やっぱり甘くて美味しい苺でした~
20 P3152157

もちろん、とちひめジェラートもしっかりゲット
平日で、冷たい雨の日・・ということで、行列なし・・特に盛りが良いような~?
雨でも、寒くてもやっぱり美味しい~
19z DSC_7785

あちこちで道草たっぷり、最後は下道で帰ったのですが、夕方4時前には帰宅
さっそく、購入したばかりの扇屋さんの和菓子でティータイム
バラ売りしてなくて、いつも買えない「皇の杜」・・今回は10個の箱入りのを大人買い
16 P3142143

お抹茶の緑に、金粉のきらきらが可愛いお菓子です
17 P3142146

柔らかい求肥の皮に、和三盆糖と抹茶をまぶして金粉をトッピング
餡は白餡に、百合根の甘露煮を刻んだのが練りこんであります・・和三盆糖の優しい甘さと、上品なお味の白餡がとっても美味~
18 P3142152


月曜日は、お天気が良ければ、もう一度栃木方面のお花探索も良いね~・・と思っていたのですが、あいにくの雨
ということで、やっぱりお買い物ツアーになってしまいました

お腹の風邪がカッパにも伝染ってしまった時は、ほとんど諦めかけていた、今回のスキーと温泉旅でしたが、一泊目をキャンセルしただけで、なんとか出かけることができました

気温が急激に高くなった後、真冬の寒さになり、一度融けた雪が凍ったようで、お山の雪は、最悪状態
前日降った雪がオブラートになってくれたので、まだ良かったのですが・・・これからは、花の追っかけで忙しくなり、今年のスキーは今回が最後になりそうです

西大巓BCスキー

ピテカン君が、久し振りに休暇を取って、3月12日から、14日まで2泊3日でBCスキーと温泉旅を計画

お宿は、12日の土曜日は、一度泊まってみたかった米沢白布温泉、藁ぶき屋根のお宿、「西屋」さんを予約
13日の日曜日は、以前から時々利用している岳温泉の「鏡が池 碧山亭」さんに予約をいれました

スキーには気乗りのしないカッパも、温泉2泊に釣られてけっこうノリノリだったのですが・・

9日の水曜日、ピテカン君が元気なく帰宅・・胃がしくしく痛んで気持ち悪い~・・食い意地の張っているピテカン君も、さすがに食欲もなく・・
翌朝は酷い下痢・・勤務先近くの診療所で診察を受けると・・お腹の風邪と・・胃腸薬を処方してもらって帰宅

週末までに治りそうだね・・と安堵していたのですが・・
2日後の11日の金曜日になって、カッパにも全く同じ症状が~・・翌朝は3時起きで出掛けるつもりだったのですが・・
カッパは胃痛と下痢、微熱もあり、とても起きられませ~ん

ということで、白布温泉の「西屋」さんにキャンセルの連絡を入れ、土曜日は近くの医院で診察してもらい、お家で安静に・・
翌朝、少し良くなるようだったお泊りだけでも出掛けようか・・ということに

翌朝3時起き・・起きてみると・・カッパかなり快方に向かってます~・・なんとかスキーもできそう~
ということで、早朝4時に我が家を出発

カッパがまだ本調子ではないので、無理をしないコースでBCスキーを・・ということで、グランデコスキー場から西大巓往復のショートコースを滑ることに


グランデコスキーリゾートの駐車場には8時半過ぎに到着
思っていたよりお天気も良く、気温も高め・・気持ちの良いBCスキーが楽しめそうです
P3132053.jpg

登山届もしっかり提出して、ゴンドラとリフトを乗り継いでスキー場トップ到着
P3132056.jpg

針葉樹林帯の中を、シールを付けて登り始めます・・すでに何組かのスキーやスノーシューの登山者が先行しているようで、しっかりとトレースが続いています
P3132057.jpg

風もなく穏やかな暖かい日です~・・登り始めると暑くなってきました~
針葉樹の枝には、昨夜降った雪が綿帽子のようにふんわりと~
P3132061.jpg

歩き始めて1時間・・かなり登ってきました
後ろには磐梯山がぼんやり霞んで見えてますね~
P3132062.jpg

急な登りを終えて、少し楽になってきました
前方のコブをトラバース気味に巻いた向こうが西大巓のピーク
P3132065.jpg

この辺りまで標高を上げてくると、樹々は雪を被ってモンスターもどき?・・今年はこの程度だったようですね
P3132067.jpg

広い雪原に上がってくると、ちびっこモンスターもどきたちが迎えてくれました
P3132068.jpg

後ろには磐梯山がくっきりと雄姿を見せています・・下には登ってきたグランデコスキー場が見渡せて~・・絶景ですね~
P3132072.jpg

もう一息で西大巓のピークで~す・・カッパ頑張ってます
P3132074.jpg

到着で~す・・三角点にタッチ
P3132075.jpg

西吾妻山をバックにパチリ・・左に小さくポチっと見えるのが西吾妻小屋
P3132077.jpg

頂上はたくさんのスキーヤーや登山者で、けっこう賑やかです
風と人を避けて、一休み・・暖かい紅茶で温まります
P3132080.jpg

ゆっくりのんびり景色も楽しみ、さてシールを外して滑り始めます
滑り始めは無木立の広い雪原・・気持ちの良いスタートでしたが・・
雪はというと・・昨日降った新雪が数センチ積もった下は、カチカチのアイスバーン・・この辺りはまだ良かったのですが・・
やがて傾斜のある、密な針葉樹の樹林帯の下りが始まります~
P3132082.jpg

樹林帯では、40度近い傾斜がある場所もあり、しかも雪は数センチの新雪の下は、波打つアイスバーンで、ガチガチ~
思いっきり制動を効かせて、ヴォーゲンや横滑りを駆使して慎重にターンを繰り返します~
とても写真を撮る余裕などありませ~ん
なんとか密集している針葉樹林帯を通過・・ちょっと開けた斜面に出ましたが・・やっぱりこの傾斜です~
トラバース気味に横切り、再び樹林帯へ
P3132083.jpg

相変わらず、薄い新雪の下は波打つガリガリのアイスバーンですが、傾斜がやや穏やかになってきたので、だいぶ滑りやすくなってきました~
P3132084.jpg

この辺りまで下ってくると、陽当たりの良い場所では雪が緩んできて、やっと気持ちの良い滑りが始まりました
P3132087.jpg

やや重の雪ながら、快適なツリーランです~
P3132089.jpg

やがてブナ林に変わり・・雪はどんどん重くなってきたものの、傾斜は緩くなって、ブナを眺めながら、のんびりの滑りが楽しめました
P3132097.jpg

この辺りで、踏ん張り続けた足が悲鳴を上げ始めて・・カッパはとうとう両方の大腿四頭筋が攣ってしまいました
漢方薬でなんとか立ち直り、しばし小休止です~
P3132099.jpg

デコ平では、少しずつ雪が融け始めていて・・湿地が見えている場所もあり、慎重に横断します
なんとか残っていたスノーブリッジで小沢を渡ると、グランデコのゲレンデは、もうすぐ近くなのですが・・
最後に辛い登りが待っています~
P3132100.jpg

緩い登りをなんとか登り切り、グランデコスキー場のゲレンデに飛び出しました
P3132102.jpg



カッパは踏ん張り過ぎてもう足はヨレヨレ~・・・それでもなんとかスキーセンターに滑り込み、BCスキー終了で~す

さて、後はお楽しみの温泉です
電車で二本松まで出てくる息子を、二本松駅でピックアップして、岳温泉の「鏡が池碧山亭」へ向かいます~

ハナネコノメ・・裏高尾

初見のお花、マルミノウルシを充分に楽しんだ後、急いで向かった先は、裏高尾・・日影沢のハナネコノメがそろそろ見頃かな~・・と・・立ち寄ってみることに

裏高尾に向かうバス道路では、下山してきたたくさんの登山者の方が、歩いて駅に向かわれています・・高尾山はきっと大賑わいだったのでしょうね~

日影沢沿いの駐車スペースに車を停めて、遊歩道を歩き始めます

しばらく歩いていると・・前方から賑やかな声・・こんな時間でも、まだまだハナネコノメのお花に人々が集まっているようです


急いで沢に下りてみると・・岸辺の斜面一面に、雪が舞い降りたように白いお花が咲いていました
2da DSC_0880

ちょうど見頃の、美しく咲いている時期に訪れたようです
1da DSC_0867

3da DSC_0864

まだまだ蕾もいっぱい・・もうしばらくは楽しめそうですね~
4da DSC_0878

これまでは、早すぎたり遅すぎたりで、なかなか綺麗なお花に出会えなかったハナネコノメ・・こんなに綺麗なお花に会えたのは初めてかも~
5da DSC_0865

ほんとに愛らしいですね~
6da P3052029

真っ白な花被片に赤い葯が映えて・・可愛すぎ~
7da P3052012

ちょうど咲き始めたばかりの、開きかけたお花・・恥ずかしそうに、そっと赤い葯を見せているのが、初々しくて良いですね~
8da P3052005

アップ気味に
9da P3052007

思いっきりのアップで~す・・
10da P3052009

遊歩道沿いでは、他のお花たちも咲き始めていて・・いよいよ春ですね~
ヤマネコノメです
11da DSC_0899

コチャルメルソウもやっと咲き始めたようですね
12da DSC_0885

いつもお花のアップに挑戦するのですが・・どうも上手く写せません
13da P3051997

ユリワサビも、お花の少ないこの時期には、ちょっと目を引きますね
14da DSC_0901 (2)

アズマイチゲは、夕方なので、もうお花を閉じてしまって・・ちょっと残念
15da DSC_0907

キクザキイチゲも、もう咲き始めているのですね
16da DSC_0911



お山の沢沿いだったら、あちこちで目にするハナネコノメですが、なかなか赤い葯が揃った綺麗な姿を見る機会がありませんでした
今回の日影沢では、ちょうど咲き始めたばかり・・新鮮で可愛らしい姿をたっぷりと楽しむことができました

欲張りのわたしたち・・できたら水の流れと一緒に撮りたいな~・・なんて思ってしまいました~

さて・・ハナネコノメちゃんと、ゆっくり遊び過ぎて、遅くなってしまい・・残念!するさしのお豆腐屋さんはもう店じまいでした~

都心は渋滞・・思っていたより遅い帰宅になってしまいました~

奥多摩でお花探し・・マルミノウルシ

3月に入って最初の週末・・以前から一度会ってみたいと思っていたお花を探しに、奥多摩方面へ出かけてきました~

5日の土曜日は、ちょっと用があり、日曜日にお出かけしようと思っていたのですが、どうやら日曜日は雨模様・・
急遽予定変更して、土曜日に出かけることに・・

バタバタと用意して、7時過ぎの遅い出発になってしまいました
ちょうど出勤時間と重なったようで、車の流れは悪く、ちょこちょこと渋滞にも捕まってしまい・・

目的地の駐車場に車を入れたのは、予定時刻より1時間ほども遅くなってしまいました


陽当たりの良い多摩川沿いの遊歩道を、のんびりと・・どんなお花が咲いているかな~・・
すっかり春の陽気です~
1cc DSC_0784

遊歩道沿いにたくさん咲いていたカキドオシ
ありふれたお花でも、この時期に見つけると、ちょっと嬉しいかな~
2cc DSC_0785

キランソウもちょうど咲き始めたばかりですね
3cc DSC_0796

タチツボスミレは花盛り・・ブーケのように咲いていました
4cc DSC_0791

オトメチックなタチツボスミレも
5cc DSC_0792

この時期のタチツボスミレ、初々しい印象もありますね
6cc DSC_0797


実は、多摩川沿いの遊歩道に、今回ぜひ会いたかったお花があったのです・・遊歩道沿いの石垣に、咲いている・・ということで、目ぼしい場所を、丁寧に探したのですが・・
とってもちいさなお花なので、咲いていても、見つけるのは大変なのですが、どうやらお花が咲いていなかった?らしく、お手上げ状態
残念ながら、見つけることはできませんでした~

渓谷沿いの遊歩道から、ちょっと山に向かって行き、次の目的のお花探しに切り替えたのですが・・
とはいうものの・・だいたいあの辺りの山中だろうという漠然とした情報しかなく・・どこへ向かって登って行けば良いものやら~

なんとな~く歩いていると、町の集会所があり、何やら宴会中?・・あつかましくお尋ねしてみると、わざわざ外まで出て下さり、懇切丁寧に生息している場所を教えて下さいました

教えていただいた場所近くで、庭仕事されていた方に、再びお尋ねしてみると・・
「ベニタイゲキなら、うちの裏の山にもあるよ~・・良かったら見てくれば~」・・との有り難いお言葉
お言葉に甘えて、その方のお家の裏山に登って見ると・・


会えました~・・初見のお花です・・マルミノウルシ、別名ベニタイゲキ
7cc DSC_0806

芽出しの頃は葉が鮮やかな紅色で、葉が展開していくに連れて、次第に緑色が勝っていくようです
少し遅かったようで、鮮やかさはないものの、紅色と緑色が混じって、とっても複雑な色合いですね
8cc DSC_0818

もう一株・・この株は、もうお花を付けていました
9cc DSC_0812

上から覗いてみると・・4つの楕円形の腺体はっきりわかりますね
10cc DSC_0820

見せていただいた方にお礼を言って、教えていただいた2か所目の自生地に向かいます
ここではこんなに群生・・陽当たりの良い場所だったので、たくさんの株がお花を付けていました
11cc DSC_0839

紅色が一番鮮やかだった株で~す
12cc P3051985

オオイヌノフグリの群落の中にも3株並んで咲いています
13cc DSC_0834

目玉のお化け?・・みたいな株も・・
14cc DSC_0841

お花の咲き方も、葉の色あいも、いろいろと個性があって面白いですね
15cc DSC_0826

アップ気味に写してみました
16cc DSC_0830

こんなに元気よく咲いているのに、夏には地上部分は枯れてしまい、翌年まで休眠してしまうそうです
17cc P3051978

お花のアップで~す・・子房が滑らかな丸い実になることから、マルミノウルシという名前が付いたらしいのです
18cc P3051982 (3)

帰路は、橋を渡って駐車場へ
19cc DSC_0851


奥多摩でのお花探しは、一勝一敗・・っと下手をすれば全敗になる可能性もありました~
マルミノウルシは、地元の方々のご親切で、なんとか会うことができました

さて、午後になってしまいましたが、もう一つ会いたいお花があります・・大急ぎ車を出して、移動で~す

スハマソウの里再訪

渓でのお花探し終了後は、前回も訪れた、明るい草原に咲くスハマソウの群落を、再び訪れました

前回はやっと咲きだしたばかりの初々しいお花たちとの出会いを、充分に楽しんだのですが・・やっぱり、満開のお花たちにも会いたいね~・・と・・

そして、前回は、まだ早すぎて会えなかった濃いピンク色のお花に会うのが、一番の目的だったのです


今回は、遠くからでも、ぽつぽつと白いお花が咲いているのが目に入りました
1cb DSC_0769

ちょうど満開の時期に訪れたようです
前回は蕾が多かった株も、すっかり開花しています
2cb DSC_0775

どのお花たちも精いっぱいに開花してますね~
3cb P2281943

薄いピンク色のお花は優しい印象ですね
4cb DSC_0761

清楚な印象の真っ白なお花たちも、纏まって咲いていると華やいでますね
5cb DSC_0723

このお花は、ピンク色に白のストライプがはっきりしていて、とってもお洒落
6cb DSC_0731 (2)

ちょっと濃いめのピンク色のお花も、点々と・・数株会うことができました
7cb DSC_0742

一番美しかったピンク色のお花・・三輪纏まって咲いていて綺麗です~
8cb DSC_0737

お陽さまいっぱい浴びて嬉しそう~
9cb P2281927

お花のアップで~す
10cb DSC_0738 (2)

この株は花被片が7枚ありました
11cb P2281923

このお花は小さいけれど、一番ピンク色が濃いお花でした・・その美しさにうっとりです~
12cb P2281937

お花に囲まれていると、ついつい時間のたつのを忘れてしまい・・お陽さまはだいぶ西に傾いてきました
元気いっぱいだったお花たちも、西陽を浴びて、また違った表情を見せてくれました
13cb DSC_0751

14cb DSC_0780

15cb DSC_0781


ゆっくり、のんびりスハマソウを充分に堪能しました

いつまでもお花たち囲まれていたいけれど、そうもいきませんね
名残惜しいけれど、車に戻ります

車に戻る途中に嬉しい出会いです・・なんと別の道から、観察会で何回かご一緒したHiroKenさんご夫妻が下って来られるではありませんか
こんな所でバッタリなんて!!・・やっぱりスハマソウに会いに来られたということでした

しばしお花談義・・楽しい一時はあっという間に過ぎて・・車に戻って帰路に就きました

さて・・SAで夕食用に干物でも買って帰りましょう~

房総の渓でお花探し

千葉県に住んでいながら、今まで県内でお花探しする機会は少なかったのですが、いろいろ調べてみると、房総方面では、なかなかお目にかかれないお花たちが、密かに生息しているということがわかりました

とはいうものの・・房総では、暖かくなると、ヒルという大敵が出現
ゆっくりとお花探ししていたら、大変なことになりそう・・それなら、まだヒルが出現しない寒いこの時期に、お花の株を探しておいて、お花の季節には、まっすぐお花の元に走って行きましょう!!

2月最終日曜日、お花探しに房総の渓を歩いてきました~


房総らしい広葉樹の雑木林に覆われた、渓に降り立ちました
早朝だったので、渓にはまだお陽さまは差さず、暗くて寒々です~
1ca DSC_0641

渓は倒木に覆われて歩きにくい所もあって、なかなか前に進めませ~ん
どっこいしょ!・・足の短いカッパはなかなか大変です~
2ca DSC_0646

しばらく進んで、ふと左手の斜面を見ると・・あれれ!!・・なんとサツマイナモリの群生が
前回見たものとは比べものにならないくらい、素晴らしく大きな群落です
まだ満開にはちょっと早かったようで、蕾がいっぱい
3ca P2281868

一株にこんなにたくさんお花を付けた株もありました
4ca DSC_0653

やっと差し始めたお陽さまに照らされて、生き生きですね
5ca DSC_0660

サツマイナモリは異形花柱花ということで、こちらは短花柱花で、花冠から暗紫色の葯が見えています
6ca P2281865

雌しべの柱頭は細長い管状の部分に入っているらしいのです
7ca P2281861

こちらは長花柱花で、紅色っぽい雌しべの柱頭が花冠から飛び出ていて、雄しべは、管状の部分の中にしまわれているらしいのです
おもしろい形状のお花ですね~
8ca P2281860

反対側の斜面ではシュスランのりっぱなガラも
周りをよ~く探したのですが、シュスランはこの2株だけ・・上方から落ちてきた株が着床したのかな~・・
9ca P2281884

しばらく遡って行き・・ふと視線を上げると、今回のお目当てのお花の株が
やっと出会うことができました~・・ナツエビネの株で~す
10ca DSC_0680

長年会いたいと思っていたナツエビネ・・一株出会えただけでも感激だったのですが、目線を上方の、陽当たりの良い斜面に移していくと・・なんとそこには数株まとまったナツエビネの株です
11ca DSC_0682

更にその上の倒木の上下にも、連なっています~・・もう大感激
ここはナツエビネの天国?・・ある所では、こんなにまとまって生息しているのですね~
夏に会いに来るのが楽しみ~・・ってヒルが怖いのですが~
12ca DSC_0684

だいぶ遡ってきました・・渓もこんなに狭まってきました
13ca DSC_0686

急斜面を登って尾根筋に出ると、視界が開けます・・房総のお山もけっこう深いですね~
14ca P2281897

ふと足元を見ると・・ケサランパサラン?・・ガガイモの綿毛です
風に吹かれてフワフワ~っと・・可愛いですね
15ca DSC_0700

近くには鞘も見つかり・・フワフワのケサランパサランもまだ少し残っていました~
16ca P2281900

大きなカンアオイの株は、根元にたくさんお花を付けていました
17ca P2281892

尾根筋は陽当たり良く暖かなので、タチツボスミレもたくさん咲いていました
18ca DSC_0697

足元の岩には、苔の中に可愛らしいベニシュスランの株も顔をだしています
19ca DSC_0704

棘が鋭いアリドオシも・・知らずに触ると痛そうですね~
20ca DSC_0676

気持の良い場所を見つけてランチタイム・・風も穏やかで暖かい~
コンビニおむすびでも、美味しく感じますね~
21ca DSC_0710

下山も渓の中~・・
22ca P2281901

しばらく下ると水の流れも出てきました
23ca DSC_0721


難しいかな~・・と思っていたナツエビネの株を見つけることができ、予定外のサツマイナモリの素晴らしい群生にも出会うことができた、大満足の渓歩きでした
倒木が多く、荒れた渓ではありましたが・・

さて、もう一か所、ぜひもう一度会いたいお花があります~・・大急ぎ移動です~
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる