春の恵みをいただきました~!

ほんの半日のスミレ探索だったのですが、春の恵みを見つけてしまいました~

カッパの見上げる先には、なんと立派なタラノメが~
でも、ちょっと木が高過ぎです~・・手が届きませ~ん・・仕方なくあきらめました~
ff1 DSC_0880

大きくて立派なタラノメが、ちょうど目の高さに
まずはカメラに収めて、その後しっかりといただきました
ff2 DSC_0881

沢沿いの倒木に何やらキノコです~・・近寄ってみると、なんと春子のシイタケ
天然のシイタケに出会うのは久しぶりです
ff3 DSC_0922

カッパさっそく頂戴します
ff4 DSC_0923

細い倒木なのですが、こんなに大きなシイタケが採れました
ff4 DSC_0924

採れたタラノメとシイタケで~す
シイタケの大きさに改めてびっくりぽんです~
実はもう2枚大きなシイタケが採れたのですが、その日の夕食で、キノコ汁にして、食べてしまったので、ここには写っていません~
ff5 P4242788

この日のメニューで~す
天麩羅は、3枚下ろしにしたアジ、タラノメ、シイタケ、サクラエビと春菊のかき揚げです
その他は、鶏手羽もとと、新ジャガイモ、ニンジン、昆布の煮物、ホウレンソウのお浸し、はしりのソラマメの塩茹でで~す
ff6 P4252795

タラノメと小振りのシイタケの天麩羅・・タラノメはサクサクしっとり~、シイタケも香りが良くて・・春を感じま~す
ff7 P4252791

そして大きな春子のシイタケは焼きシイタケに
餅焼き網で焦げ目がついたらひっくり返し、お酒を振って出来上がり
ff8 P4252797

レモンをキュッと絞って、お醤油をかけて・・美味でした~
天然のシイタケは、キノコの香がとっても強くて、びっくり・・焼くとひときわ強くなるようですね~
ff9 P4252799




おまけですが・・
4月になってから、膝が悪化し、本番を迎えられるか、ちょっと不安だったのですが、なんとか無事に本番を迎えることができました
楽屋で撮った一枚・・いつも、ピンクやブルーといった膨張色の衣装が多く、小デブのカッパはちょっとつらかったのですが、今回の衣装は、上半身のベルベット部分が濃いエンジで、とっても気に入りました~
ff10 P4242785


PS:
このブログで紹介している料理は、山菜や、キノコと、お誕生日やクリスマスといった特別な日のお料理だけなのですが、実はここ3年以上、毎日カッパが調理したものを、スマホに撮りためていました

その写真を使って、息子が写真の整理用に新しくseasaaブログを立ち上げてくれました
整理用のブログなので、簡単に写真と料理名くらいしか載せていませんが、よろしければこちらにもお立ち寄りください

書いているのも息子なので、料理名など、ちょっと怪しいものもあるかもしれませんが、ご容赦くださいね
http://qewmew.seesaa.net/
スポンサーサイト

出かけてしまいました~・・交雑のスミレ再訪

4月24日の日曜日は、カッパの習い事の発表会でした・・
前日、23日は会場で通しの舞台稽古・・ということで、23、24両日が潰れてしまいます~

スミレの一番良い時なのに~・・ピテカン君がぼやいてます~

実は23日の舞台稽古は、午後4時集合、5時30分からの開始と、指示されていたのです・・

それを知ったピテカン君・・午前中にスミレ見に行こう!!・・強引なお誘い?!
仕方ありません~・・朝4時起きで出かけてしまいました~

カッパは疲れたくなかったのに~・・でもやっぱりスミレには会いたいし~
ほんとジレンマ?ですよね~


ちょうど1週間前、まだ」開花には数日早かった、交雑のスミレ、フギレシハイスミレ・・1週間たって、綺麗にお花を咲かせていました~
手前に2輪、奥に1輪・・なかなかタイミングが合わず、3年目にして、やっと開花しているお花に会えました
昨年は、もっとたくさんのお花を付けていたらしいのですが・・やはり、少しずつ衰退しているのでしょうか・・
fe1 DSC_0836

この株のお花は、どちらかというと、エイザン似のような気がするのですが・・
fe2 DSC_0838

色もちょっと青みがあり、奥行きのあるお顔ですね
前夜降ったのでしょうか・・? 雨粒を花弁に乗っけて、可愛いですね~
fe3 DSC_0841

ここのシハイスミレには葉に班のあるものが多いのですが、このフギレシハイの葉には班がありませんね
お花をアップ気味に・・エイザンとシハイの良いとこ取りの美しいお花ですね~
fe4 P4232741 (2)

横顔をパチリ・・距はぽってりですね~
fe5 DSC_0847

周りにたくさん咲いていた、フイリシハイスミレ・・ちょうど咲きだしたばかりの美しいスミレたちです
fe6 DSC_0854

雨粒をいっぱい乗せて、キラキラで~す
fe7 DSC_0856

小さくて可愛い~
fe8 DSC_0863

お花のアップで~す・・ふっくらさんの美人さんですね
fe9 P4232753

3年目にして、やっと会えたフギレシハイスミレに大満足・・次の場所に向かいます~
fe10 DSC_0861

林道に車を停めて、歩き始めるとすぐに目に入りました~・・杉林の林床に、たくさんのフイリシハイスミレです
fe11 DSC_0873

ここでは、まだやっと咲きだしたばかり・・蕾もいっぱいでした~
fe12 DSC_0872

お花をアップ気味に
朝早出だったので、2か所目でも、まだ花弁には雨粒が残っています
fe13 P4232758

そして、エイザンも群生・・ということは?・・じっくりと探したのですが、残念ながらここでは見つかりませんでした
fe14 DSC_0878

少し先に進むと、フモトスミレです・・まだ早かったようで、ほとんどの株は蕾を付けたばかりでしたが、日当たりの良い斜面では、気の早い株が開花していました
fe15 DSC_0885

そしてここでの目的のスミレ、フイリフモトシハイ・・フイリフモトスミレと、フイリシハイスミレの交雑のスミレです~
が・・やっぱりちょっと早かったようです~・・次回のお楽しみですね~
fe16 DSC_0894

ここでは、シハイスミレに混じってマキノスミレも咲いていて~・・フモトの株もぽつりぽつりと点在していて~・・
fe17 DSC_0908

なんとな~く怪しげな株もあり~・・・・ただお花が咲いていないので、確認できません
これも次回の宿題ですね~
fe18 DSC_0906

スミレばかりに気を取られていたのですが・・何やら怪しい葉が・・裏側は綺麗な紅色
ひょっとして、ヒトツボクロ?・・お花の時期に確認しなければ・・ってまた宿題ですか~
fe19 DSC_0897

最後に訪れた場所、3か所目ですが、やはり、フイリシハイスミレです
fe20 DSC_0926

シハイスミレとエイザンスミレが並んで咲いています
fe21 DSC_0925

そして・・よ~く探していると・・見つけました
が・・ここでも残念さんです~・・お花も、蕾らしきものもありません
以前この辺りで咲いていたらしいのですが・・やはり衰退して、小さな株しか残っていなかったようですね
また、来年の宿題を増やしてしまいました~
fe22 DSC_0927

林床ではフモトスミレ・・ここでは、もう満開のようでした・・そしてここのフモトは、斑入りではないようです
fe23 DSC_0931

木々は芽吹いたばかり・・新緑が美しい~
お山は、紅葉の時期も美しいけれど、新緑の時期のほうが好きかな~・・生きてる!って感じさせてくれます
fe24 P4232778


新緑の木々に囲まれて、ちょうど見つけた東屋で、パンとテルモスのコーヒーで簡単にランチです~
ランチを済ませて、さてお家に向かって車を走らせます

スミレ探索に時間をかけ過ぎて、予定時間をわずかにオーバー・・ですが、なんとか余裕時間の範疇?・・のつもりだったのですが・・

予想外に車が多く、渋滞にはならないものの、思ったスピードで走れませ~ん・・かなり時間がかかってしまいました~

どうやら、のんびり新緑を楽しんでいる暇はなかったようです

帰宅したのは3時30分・・集合時間は4時・・大急ぎで準備して、なんとか4時30分過ぎに会場へ滑り込みました~

3度目の高尾散策

午前中のスミレ探索を終了し、車に戻ったのですが、雨は小降りになったものの、止む気配はありませ~ん

お天気予報では、午後からは、風雨も益々強まってくる・・らしいので・・雨でも風でも、傘をさしてぶらりと林道歩きできる高尾山方面に向かうことに

こんな時間からだと、日影沢の駐車スペースは車がいっぱいかも・・・・心配しながら日影沢に向かったのですが、この日は珍しく、2~3台しか停まっていませんでした

楽勝?で車を停めて、まずは腹ごしらえ・・途中のPAで買ったサンドイッチと、テルモスのコーヒーでランチタイム
この頃ここのサンドイッチがちょっとお気に入り・・パンが美味しいので~す


お腹もいっぱいになって・・傘をさしての林道歩き開始で~す
ニリンソウがちょうど花盛り
fd1DSC_0760

雨の日は開花しないと思っていたのに、こんな雨の日でも咲いているのですね~
fd2 P4172730

今回、日影沢で会いたかったお花は、このミドリニリンソウ・・実は、他の方のブログで、よく写真は拝見していたのですが、わたしたちは、実物に会ったことがなかったのです~
ゆっくりと探す時間がなかったのですが、今回のようにのんびり歩ける機会にぜひ探してみようということに
咲いていましたよ~・・思いもかけなかった場所で、出会うことができました
fd3 DSC_0751

白い萼片が、萼片元来の緑色にもどったのかも~・・?・・なんて思ってしまいますね~
fd4 DSC_0753

ミドリニリンソウ・・という名前があるようなのですが、株全部のお花が緑色なのではなく、一部の茎のお花だけが緑色になっているそうです
fd5 P4172696

タカオスミレはもう遅かったのですが、それでもまだまだ元気なお花も残っていました
fd6 DSC_0829

雨に濡れて・・花弁が汚れてしまって・・
fd7 DSC_0830

一番元気よく咲いていたのは、マルバスミレ・・あちこちで群生していました~
fd8 DSC_0738

前回は固い蕾だったラショウモンカズラも、だいぶ開花してきているようですね
fd9 DSC_0743

ヤマルリソウも大きく枝を伸ばして、お花もたくさん
fd10 DSC_0746

素晴らしいナガバノアケボノスミレの群落に出会えました~
fd12 DSC_0802

ちょうど満開の、素晴らしく美しいお花たちです
fd13 DSC_0803

fd14 DSC_0806

雨に打たれてちょっと可哀想な様子ですね
fd15 DSC_0801

こんなに纏まって咲いていて・・ほんとに綺麗ですね~
fd16 P4172722

アケボノスミレ似のふっくらと柔らかな印象のお花ですね
fd17 P4172724

雨も上がって、やがて陽が差し始めると・・こんなに可愛いスミレちゃんも・・お陽さまを浴びてうれしそうですね~
fd18 DSC_0778



日影沢では、ミドリニリンソウに会えれば良いね~・・と思っていた、高尾散策でしたが、すばらしいナガバノアケボノスミレの群落にも出会うことができ、大満足でした~

やっと雨も止んで・・あとはのんびりと林道を下って車に戻ります

そして、なんとこんな雨の日でも、やっぱりお花探索に訪れる元気な花好きさんたちと、驚きのバッタリ×2

お花を探しながらぶらぶらと、日影沢の林道を登っていると、上からお花探索を終えたはなねこさんが下りてこられるではありませんか
はなねこさんとは今回、2回目のバッタリで~す・・やっぱり前回もスミレポイントでした

そして、わたしたちも花散歩終了して、林道を下っていると・・何やら真剣に撮影中のご夫婦・・なんとsanaeさんととしちゃんのお二人でした~
しばしお花談義

往きも帰りもと、2回も楽しい時を過ごせたなんて、超ラッキーな午後でした~

それにしても、よりによってこんな雨の日に!?・・お互い物好き?かも・・

交雑のスミレを探して・・その3

翌17日の日曜日も、スミレ探しを予定・・お天気予報は、早朝から11時くらいまでは曇☁マーク、11時以降は雨☔のマークが出ていました

朝、少し早めに出れば、雨に会わないでなんとかお山に登れるかな~・・ということで、ほんとはもっとゆっくり寝ていたかったけれど、2日続きの5時起き、6時出です~


ところが・・目的地が近づく頃からフロントガラスにぽつりぽつりと雨粒が・・
登山口の駐車場に車を停める頃には、しっかり雨になっていました~
仕方ありません・・雨具上下を着込んで、傘をさして・・登山道を歩き始めます
1 DSC_0692

歩き始めてすぐに、登山道脇の林床では、咲き始めたばかりのエイザンスミレが姿を見せてくれました
2 DSC_0699

しばらく登っていくと、顔をだしたばかりの、小さくて可愛らしいアカネスミレです
3 DSC_0701

開けた草原に出ると、ヒゴスミレの素敵なお花も咲いています
4 DSC_0703

ヒゴスミレも咲き始めたばかりのようです・・まだまだ蕾をたくさん付けていて、満開の姿も見たかったな~
5 DSC_0722

そして~・・ヒゴとエイザンとくれば・・両種の交雑、ヒラツカスミレ、今回の目的の交雑スミレで~す
6 DSC_0717

5葉で、お花の色が淡いピンク色・・遠目からでもヒラツカスミレとわかりました
7 DSC_0711

交雑のスミレは、大株が多いようですが、この株もヒゴやエイザンの株と比べると、やや大きめのようでした
8 P4172675

お花のアップで~す・・ほとんど白に近い、薄いピンク色が、中心に向かって濃いめになって・・ぼかしがとっても綺麗ですね~
中心部分には、薄いクリーム色がほんのりと~・・・・やっぱり交雑のスミレは綺麗ですね~
9 P4172673

雨は止む気配はありません
スミレ探しも早々に切り上げて・・茶屋の中に入れていただいて、温かいお蕎麦で暖まります
茶屋のご主人と、しばしスミレ談義・・楽しい時間を過ごして、下山しました
美味しいお蕎麦、ごちでした~
10 DSC_0727


実は、今回、もう1種類、交雑のスミレを探したのですが・・残念ながら、見つけることができませんでした~

交雑のスミレ探しはやっぱり難しいです~

交雑のスミレを探して・・その2

さて、三か所目ですが、最初の予定では、ちょっとお山を登らないと探せない交雑のスミレを探しに行くつもりだったのですが、2か所目のスミレポイントで、のんびりし過ぎたわたしたち・・お山に登る時間がなくなってしまいました~

ということで・・車を停めて、短時間で探せる場所に、急遽変更です~

車を停めて歩き始めるのですが・・ここでは春の訪れがまだ少し遅れているようです
周りの木々は、やっと芽吹いたばかり・・スミレの季節にはまだ早いようですね

「ちょっと早かったね~」・・会話を交わしながら遊歩道を歩いたのですが・・足元に可愛いスミレ発見
シハイスミレです
fc1 DSC_0629

咲き始めたばかりのシハイスミレが、遊歩道に沿ってぽつりぽつりと姿を見せてくれました
2輪並んで、可愛いですね~
ひょっとして、お目当ての交雑のスミレちゃんも咲いていてくれるかしら~・・期待が高まります
fc2 DSC_0634

今回の交雑のスミレ、フギレシハイスミレ・・株は今年もちゃんとありました
が・・残念・・まだ蕾
fc3 DSC_0638

開花するには、あと数日かかりそうです~
fc4 DSC_0637

気を取り直して、別の場所へ
よ~く目を凝らしてみると・・咲いていましたよ~
fc5 DSC_0669

シハイスミレとエイザンスミレとの交雑、フギレシハイスミレ・・なんとこの場所の株は斑入りでした
fc6 DSC_0672

今年初めてお花を見せてくれたようなのです・・初めて咲かせてくれたお花を見ることができて、感激です~
fc7 DSC_0659

お花のアップで~す
やっぱり交雑のスミレは美しい~・・ふんわり優しい印象はシハイ似?のようですね~
fc8 P4162660

横顔もパチリと・・
fc9 DSC_0663

もう一株!こちらもフイリフギレシハイスミレ・・斑入りの綺麗な葉をたくさん展開していました
来年は、もっと大きな株に育ってくれるといいな~・・
fc10 DSC_0687

この株も今年初めてお花を咲かせたようです
fc11 P4162665

お花をアップ気味に
シハイ似ですが、奥行のあるお花の感じは、やはりエイザンの血筋でしょうか~
fc12 DSC_0667

この場所で、ちょっと怪しい?スミレを見つけてしまいました~
シハイスミレだと思ったのですが・・どうも葉の様子がシハイとは違うようなのです・・ここではマキノスミレも咲くようなので、マキノとの交雑かも~・・
全く確信はないのですが・・
fc15 DSC_0644

近くにはこんな株も・・マキノかな~?・・マキノとシハイの交雑かな~?
う~ん・・首をひねってしまいます~
fc16 P4162649


今回も、お目当ての交雑のスミレに会えた、満足のスミレ探索になりました

ちょっとわからないスミレにも出会ってしまい、頭の中は???です~

スミレの交雑はほんとに奥が深い・・つくづく感じてしまった今回のスミレ探索でした

交雑のスミレを探して・・その1 

4月16日の土曜日、週末の一日を、春の爽やかな陽気の中でスミレ探しを楽しみました

この日は何ヶ所か廻る予定をしていたので、できるだけ早くお家を出たかったのですが、前日いろいろバタバタしてしまって・・
ベッドに入ったのはもうとっくに日付が変わってから・・

なんとか5時起きで6時前に我が家を出発


林道脇の駐車スペースに車を停めて、林道を歩き始めます
なかなかスミレに出会えません・・しばらく歩いて・・杉林の下に、やっとタチツボスミレの群落です
fb1 DSC_0535

林道から少し奥に入り、陽の差す開けた場所を探します・・地味~で目立たない葉が目に入りました
やっと出会えました・・フイリハグロスミレ・・ヒカゲスミレの変種で、葉の表面が茶色で、葉脈に沿って班が入っているので、地味ながらとてもきれいな葉です
fb2 DSC_0530

この自生地では、葉の裏も表も緑色のヒカゲスミレも混在していて、両方の中間形のような色合いの株もたくさんありました
お花を探したのですが・・ちょっと遅かったようで、ほとんど見当たりません
fb3 DSC_0556

それでも、なんとか2~3株お花を残してくれていた株がありました
触れれば落ちてしまいそうなお花・・そ~っと写真に収めます~
fb4 DSC_0557

このお花も、地面に倒れていたのを、葉っぱの上にちょこんと乗っけて~・・お顔を見せてくださいね
fb5 DSC_0548

そして・・この写真の中に隠れているのは~・・?
fb6 DSC_0558

この日の目的の交雑のスミレ、ハグロスワスミレ、しかも斑入りです
エイザンスミレとハグロスミレの交雑・・初めてお目にかかる交雑のスミレです
fb7 DSC_0545

お花はもう終わっていて・・薄いピンク色っぽい色合いの枯れたお花が付いていたのですが・・近づくとポロリと落ちてしまいました~
fb8 DSC_0539

葉だけですが・・しつこくアップに
片親がエイザンなので、葉には大きな切れ込みがあります
fb9 DSC_0542

なんとか一か所目のお目当てのスミレを見つけることができました
ということで・・やっと落ち着いて小休止・・と言っても、そんなにのんびりとはしていられません
そそくさと休憩を終えて、来た道を引き返します
fb10 DSC_0551

駐車スペースに戻って、車を出し、2か所目のスミレスポットへ
2か所目では、歩き始めるとすぐに、咲きだしたばかりのフモトスミレで~す
fb11 DSC_0565

マキノスミレも次々に、可憐な姿を見せてくれました
fb12 DSC_0569

小振りだけれど、紅紫色が美しいスミレですね
fb13 DSC_0581

アップ気味に・・咲きだしたばかりなのか、ひときわ紅色が濃いいお花です
fb13 P4162615

群生していたニオイタチツボスミレです・・良い香りが漂っていました
fb14 DSC_0586

ニオイタチツボスミレと一緒にタチツボスミレもあちこちで群生
ということは~・・ありました!・・マルバタチツボスミレの大きな株です
fb15 DSC_0615

マンジェリカも何株か・・よ~く見ると、この株はミョウジンスミレのようですね
白く抜けた部分がありません・・なかなか見ることができなかったのですが・・思わぬ所にポツリと
fb16 DSC_0624

そして~・・2か所目のお目当てのスミレ、サクラスミレです
fb17 DSC_0614

おっとりとした表情のスミレですね
fb18 DSC_0620

たくさんお花を付けた株・・華やかですね
fb19 DSC_0622

お花のアップで~す・・大振りで艶やかなお花ですね~
唇弁の奥が覗けないのも、サクラスミレの特徴のようです
fb20 P4162639


お目当てのスミレにも会えて・・良いお天気の草原で、のんびりランチタイム

が・・ここでも、スミレをゆっくり楽しみすぎて・・時間がなくなってきました・・

いつも急いでいるわたしたち・・やっぱり大急ぎで下山します~

さて~、次の場所、3か所目へと車を走らせます

甲斐の国のスミレたち・・ゲンジの里でスミレ三昧!

急いで次なる目的地に移動・・道脇の広場に車を停めて、目的地までは、林道歩きです

と・・歩きだす前に、もうスミレです
道脇の斜面に、あちこちでアカネスミレの群落が広がっていました
1 DSC_0526

ちょうど咲きだしたばかりの、新鮮で美しいお花ですね・~
2 DSC_0447

紫色が薄めで、すこ~しピンクがかった株・・ウスアカネスミレと言っても良いにかな・・
3 DSC_0525

林道を歩き始めると、カッパの大好きなニオイタチツボスミレが出迎えてくれました
4 DSC_0451

アケボノスミレも、林道脇に次々に姿を見せてくれました
咲きはじめのアケボノスミレ、大振りで華やかな美しさですね~
5 DSC_0452

今年はまだ会えなかったエゾアオイスミレ・・杉林の林床でやっと見つけたのに・・残念!お花はもう終わってしまっていて・・
6 DSC_0524

林道をしばらく進むと・・ぽつりぽつりとイブキスミレです
7 DSC_0518

ちょうど咲きだしたばかりの美しいお花ですね
8 DSC_0454

派手さはないけれど、端正で整った美しさのお花ですね
9 DSC_0456

お花のアップで~す・・青みがかった薄紫が涼し気な印象ですね
10 P4102556

あちこちに点在している、イブキスミレの群落を眺めながらのんびりと~・・林道を先に進みます
25 P4102560

爪先上りの林道を更に進むと、開けた伐採地跡に出ました
11 DSC_0514

そして伐採地跡の草叢をかき分けてみると・・お目当てスミレ、ゲンジスミレです
12 DSC_0461

やっと会えました・・薄紫色の色合いが独特で、美しいスミレです~
14 DSC_0475

お花も美しいけれど、葉の緑も、青緑色っぽくて美しい
13 DSC_0466

華奢で優しそうな印象のスミレですが、意外に荒れた砂礫地っぽい所が好きなスミレです
崩れそうな斜面や、茨の叢に咲いているので、写真に撮るのが大変です~
15 DSC_0485

一番美しいお花の株です・・様々な開き具合のお花が、4輪並んで楽しい株ですね
16 DSC_0499

お花をアップ気味に・・綺麗ですね~
17 DSC_0500

このお花は、ピンク色が濃い目に出ていて、可愛い~
18 P4102563

このゲンジスミレの群生地では、アカネスミレの群落も混在していたので、ひょっとして交雑のカクマスミレが見つからないかな~・・と・・
かなり時間をかけて、あちこち探して・・やっとそれらしい株を発見
どうやら、アカネスミレ型のカクマスミレのようですが・・自信ありません・・お花の色は、どう見てもアカネスミレの色あいなのですが、葉がどうもアカネスミレの葉ではなさそうなのです~
19z DSC_0491

お花が終わっていたのが、残念ですが、葉の形はどうもゲンジスミレっぽいし、葉柄が長く立ち上がっています
とりあえず写真を撮って帰ることに
20z DSC_0495

ゲンジスミレの群生地で、カクマスミレ探しに時間をかけ過ぎました~
クサボケに見送られて林道を下ります
21 P4102561

早く帰らないと中央高速の渋滞が大変なことになりそう~・・
といいつつ・・ついついキョロキョロと・・スミレを探してしまいます~
22 DSC_0517

車窓からは、春の南アルプスです
23 P4102603


前日ほどの好天ではなかったけれど、それなりに?春真っ盛りの、暖かでのどかな一日でした

イブキスミレは最盛期、ゲンジスミレは咲き始めの新鮮なお花を十分に楽しめて、大満足
しかも、ここでは、他の登山者も、スミレ好きさんにも誰一人会わず・・この素晴らしいゲンジの里を二人占めでした

最後はドライブしながら、南アルプスの雄姿と、桃源郷のような満開の桃のお花も満喫
中央高速の渋滞は、いつも通りでしたが・・渋滞も苦にならないくらい楽しい一日でした

情報をいただいた花友さんに感謝です・・良い所をお教えいただき、ありがとうございました

カクマスミレは、わたしたちだけでは確信が持てなかったので、帰宅後に、詳しい方に写真を添付して、お尋ねしました
「カクマスミレで間違いないでしょう」・・という嬉しいお返事

前日のヒラツカスミレに引き続き、この日もお初の交雑スミレ、カクマスミレと出会うことができました

甲斐の国でお花探し

花友さんたちとの楽しいスミレ探索の翌日、前日会ったスミレとは、別のスミレに会いに行く予定にしていたのですが、その前に、他のお花にも会いたいね~・・と・・朝少し早起きして、出かけてきました

国道脇に、数台駐車できるスペースがあり、取りあえず車を入れます
すでに一台の車が停まっていて、ご夫婦らしきお二人が、登山の用意をされているところでした。

ますは、車を降りてご挨拶・・と・・「ピテカン&カッパさんでしょ!」・・え!え!え!~何で知ってるの~
嬉しい出会いが~

なんと、時々お邪魔して、参考にさせていただいているブログの、みちほさんでした
ご一緒したかったのですが、わたしたちはまだ朝食前・・お先に出発していただきました~

そそくさと朝食を済ませ、あわただしく用意し、わたしたちもみちほさんたちの後を追います


登山道を歩き始めると、すぐに目にはいったヒトリシズカの群落
2eb DSC_0406

咲き始めのこの時期が、可愛くて一番好きで~す
1eb DSC_0400

涼し気なブルーのお花は、ヤマエンゴサク
3eb DSC_0402

沢沿いには、シロバナノエンレイソウが群生
4eb DSC_0411

この株は、ウスバサイシンかな~・・?
5eb DSC_0414

登山道脇には、ちょうど見頃のヒナスミレ
6eb DSC_0417

やっぱりスミレのプリンセス・・ちょこんと可愛らしい姿を見せてくれました~
7eb DSC_0420

予期せぬ出会い・・イブキスミレです・・まさかここで会えるとは思いませんでした~
8eb P4102535

あちこちで、米粒のようなお花を見せてくれた、ヒメニラです
9eb DSC_0428

ウグイスカズラは、名残のお花をぽつぽつと、枝先に残していてくれました
10eb DSC_0429

カタクリとは、嬉しい再開
12eb P4102542

お花のアップで~す・・模様が美しい~
13eb DSC_0435

コシノコバイモも登山道沿いに点々と
14ebDSC_0441.jpg

残念なことに、ちょっと遅かったようで、ほとんどの株は、お花を落としてしてしまっていて・・
その中でも何株か、まだ美しいお花を残していてくれました~
15ebDSC_0442.jpg

16eb P4102533

実は、もう一つ、目的のお花があったのですが・・残念、もう遅かったようで、探せませんでした~
そろそろ時間もなくなってきました・・・・この辺りで、下山することに
17eb DSC_0436


鈍足なうえ、お花を撮りながら歩いたので、ゆったりゆったり~・・で・・たっぷり時間を取ってしまいました~

次の目的地に急ぎます

お天気に恵まれて・・スミレ散策日和

4月9日の土曜日、栃木方面に、花友さんたちとスミレ散策にでかけました

お天気を心配したのですが、当日は雲が多めながら、一日お陽さまぽかぽかで暖か~い
絶好のスミレ散策日和になりました~


花友さんたちと、ワイワイ賑やかにおしゃべりしながら、杉林の中の遊歩道をスミレを探しながら歩きます
おしゃべりが楽しすぎて、なかなか足が前に進みませ~ん
1fa DSC_0287

マキノスミレが花盛り・・杉や雑木の林床のあちこちに、満開の株が点在していました
2fa DSC_0323

どのお花を撮ろうかな~・・目移りしてしまいます~
3fa P4092490

ぴ~んと立った葉が、いかにもマキノスミレらしい一株・・お花も整った美しいお花ですね
4fa DSC_0283

小さな株なのに、お花がたくさん・・とっても華やかな印象ですね
5fa P4092488

ここに咲いているマキノは、ふっくらした印象ですね
6fa DSC_0322

お花をアップ気味に
7fa P4092492

ニオイタチツボスミレもお気に入りのスミレです
ここでは、数株ずつまとまってあちこちに咲いていました
8fa DSC_0325

とっても小さな一株・・可愛らしいですね
9fa DSC_0282

エイザンスミレ咲く草原を散策中で~す
10fa P4092524

こんな大きな株も
11fa DSC_0309

ほとんど白花・・シロバナエゾスミレと言っても良いかな~
12fa DSC_0285

こちらは、薄っすらピンク色のエイザンスミレ・・ほんのり紅を差したようで、可愛らしい~
13fa DSC_0397

この株はヒラツカスミレのようです・・お初の交雑スミレ
きっとわたしたちだけでは見分けられなかった交雑・・うれしい出会いです
14fa DSC_0296

アカネスミレもあちこちで、いまが満開ですね!・・赤っぽい独特の色合いなので、遠くからでも良く目立ちます
15fa DSC_0284

マルバスミレは咲きだしたばかりのようで、ちょこんと顔を出して・・可愛いですね
16fa DSC_0294

気の早いフモトスミレが1株だけ・・まだ早いと思っていたので、会えただけでも嬉しい~
17fa DSC_0350

石垣コスミレは、ちょっと遅かったようですが、石垣の間のちょっとした隙間に頑張って咲いている姿が健気ですね
18fa DSC_0303

ワカシュウスミレがずら~り・・毛がない→ひげも生えていない→若衆・・面白いネーミングですね
19fa DSC_0354

名残のカタクリも何株か、林床でまだ咲き残っていてくれました
20fa DSC_0286

イチリンソウがもう咲きだしていました
21fa DSC_0289

キクザキイチゲは、お陽さまをいっぱいに浴びて嬉しそうですね
22fa DSC_0290


ワイワイと・・楽しいスミレ散策の一日でした

今日は、とってもお花に詳しい方にご一緒していただき、お話を聞いているだけでも大変にお勉強になりました

まだまだお花駆け出しのわたしたち・・お話についていくだけで大変ではありましたが・・

宿題のスミレ

ワイワイ楽しいスミレ散策を終了した後、リフォーム後の整理でお忙しい花友さんのお宅に、あつかましくお邪魔してしまいました~

花友さんから、宿題をいただいてしまい・・このスミレは何スミレ?


花友さん宅のランの鉢に数年前から勝手に生えてきたスミレだそうです・・夏場はお庭に出しているので、どこからか種が運ばれてきたのかも~・・と・・
ずいぶん背高のっぽさんのスミレですね
23fa P4092501

下から撮ってみると・・側弁に毛があるようですね・・
24fa P4092499

横からのアップ・・なんとなく外来種のような距の感じですが・・わかりませ~ん
25fa P4092503


花友さんは、ず~っと気になっていたそうです

どなたかわかる方があれば教えていただければ、嬉しいのですが・・

花友さん、お忙しいところを一日お付き合い下さり、また美味しいコーヒーまでご馳走になり、ほんとうにありがとうございました

待望のお酒が届きました~!

去年の11月ごろに新潟のお酒屋さんから、DMをいただいて、オーダーしていた日本酒、お正月前に1回目、1月の末に2回目と、新酒が入荷される毎に送ってもらっていたのですが、今回、やっと最後のお酒の入荷があり、3月末に届きました~

1月末に届いたお酒がほとんどなくなりかけていて・・早く届かないかな~・・首を長くして待っていたお酒です


一番待ち遠しかったお酒です!・・久保田の30周年を記念して醸造されたお酒
昨年9月に一度出たのですが、発売量が少なくてあっという間にソールドアウト・・この時はわたしたちも手に入らず
もう一度醸造されるらしいと・・何とかお願いして2回目のを2本、手に入りました
純米大吟醸で~す
前回25周年の時は、吟醸原酒だったので、30周年は、グレードアップで~す
P4072455.jpg

今年も出たものを全て送ってもらいました
小布施ワイナリーさんのソガ・ベール・エフィス・・ヌメロ・アン、デュウ、トロワ・・750mlのワインボトルです
P4072461.jpg

カトル、サンクは750mlのワインボトルだけれど、ヌメロ・シスは1500mlのマグナムボトルなのです
今年からは、今市場に出回っている酵母での醸造はしないということで・・セッテゥとヌフはなくなりました
P4072460.jpg

代わりに醸造されたのが、この超限定品のルサケ・ナチュレル70・・お酒屋さんが一本だけ取り置きしてくれました
P4072463.jpg

培養酵母無添加で天然酵母発酵のお酒だそうです~・・どんなお酒か・・期待満々
P4072464.jpg

さっそく1本封を切ることに
合わせてこの日は和食です・・頂き物のトマトを冷たくしたのが、甘くて美味でした~
P4072465.jpg

お魚メインだけれど、お肉も食べたいし~・・季節ものの葉玉ねぎと豚ロースをさっと炒めてお醤油で調味しました
P4072466.jpg

ノドグロの煮付けで~す・・ちょっと小振りだったけど、鮮度が良かったので美味でした
P4072467.jpg

ノビルとホタルイカの、辛し酢味噌和え・・これもこの季節しか味わえない一品です
P4072468.jpg

カンパチは脂が乗っていて、美味しくいただけました
P4072469.jpg

そして・・合わせるお酒は、ヌメロ・アンです・・爽やかな香りがひろがり、ワインのような酸味をほんのり感じる、美味しいお酒でした
P4072470.jpg


美味しいお酒はついつい飲み過ぎてしまいますね・・

気を付けないと・・またまた太りそう~

小布施ワイナリーさんのお酒は全て生酒・・冷蔵庫に入りませ~ん

観察会に参加して

翌朝、ゆっくりと温泉を楽しみ、ホテルの朝食でお腹もいっぱいに

観察会の集合場所に向かいます

ホテルを出る頃は、どんより曇り空・・まだ雨粒は落ちてこなかったのですが、集合場所に近づくと、フロントガラスにぽつりぽつりと~
お天気予報は、☁マーク、☔マークは出てなかったのに~


今回の観察会の目的のお花は、ベニカヤランです~
苔むした高い樹に着生するラン・・この株はかなり高い樹に着生していました~
小雨降る中、上を見上げるのは結構大変
1 DSC_0266 (2)

コンデジで倍率をいっぱいに上げて撮ったのですが、画像が荒くなってしまいました~
丸くて赤いものは、お花ではなくて実のようです・・
2 DSCN0277

この樹にはかなりたくさんの株が付いているようですね
3 DSCN0267

残念ながら開花には少し早かったようで、ほんの少し開きかけた蕾でした
4 P4032435

開花すると猿面のような紅い斑点があり、黄色地に紅色が綺麗なお花のようです・・
開花したお花には会えなかったのが残念
5 P4032437

ワイワイと・・賑やかな観察会でした
6 DSCN0289

次に向かった場所は、黄色のお花が可愛らしいコガネネコノメの群生地です~
7 DSC_0274 (2)

四角い萼裂片の箱の中に、雌しべを取り囲むようにお行儀良く並んだ8個の葯が、とっても可愛い
8 DSC_0269 (2)

ヨゴレネコノメもコガネネコノメに混じって、所々でお花を咲かせていました
9 DSC_0272

林床には、アズマイチゲが群生
10 P4032443

生憎の雨で、開花してないけれど、水滴を付けてうつむいているお花も可憐で愛らしいですね
11 DSC_0268


お天気も悪く、帰りの高速もかなりの渋滞が見込まれるので、2か所めまで参加して、帰宅しました。

早目に帰路に就いたのが幸いして、何ヶ所かで渋滞していたものの、比較的スムーズに流れていて、午後7時前には、帰宅できました

冷たい雨は、帰宅する頃にはすっかりやんで・・観察会中に晴れてくれれば良かったのにな~

お天気だけは、思うようにいきませんね

南高尾再訪・・スミレも花盛り

裏高尾でのスミレ探索を終了し、南高尾に向かいます

南高尾は、今シーズン2回目・・前回はまだ少~し早かったようで、スミレたちも目覚めたばかりのお花が多かったのですが、今回は、満開のお花たちに会えるかな~

期待満々で~す・・とはいうものの・・お天気は相変わらず~
冷たい雨は上がったものの・・お空はどんより~の曇り空~・・気温も低く、寒い~
こういう日は、頑張って歩いて温まるしかないですね~


城山発電所脇の駐車場に車を停めて、花友さんご夫妻と、わいわいと車道を歩き始めます
満開の桜も雨に濡れて寒そう~・・寒い日が続いているので、蕾も残っていて・・ちょうど見頃の桜です~
1ee DSC_0190

寒い日は、自然に早足になりますね~
小雨が降ったり止んだりと・・相変わらずのお天気です~・・
2ee DSC_0191

登山道に入り、いよいよスミレ探索開始で~す
3ee DSC_0217

そろそろお腹もすいてきました・・お弁当タイムです
カッパがちょっと頑張って、おにぎらずと、大好きな桜海老入りの出汁巻き卵を作ってきました
4ee DSC_0226

雨が避けられる樹林の休憩所・・でもやっぱり寒い~
温かいお味噌汁で、少しは暖まったかな~・・
5ee DSC_0227

今回出会ったスミレたちで~す
前回気がつかなかった大きなマルバタチツボスミレの株・・今年も健在でした
6ee DSC_0197

ちょっと早かったようで、開花していたお花は、一輪だけだけれど、蕾がいっぱい
満開になると綺麗でしょうね~
7ee P4022412

タチツボスミレはあちこちでたくさんの株を見るのですが、片親のニオイタチツボスミレは、少ないようです
咲き始めたばかりのようですね
19ee DSC_0260

エイザンスミレもちょうど見頃
8ee DSC_0204

オカスミレの大株もやっと咲き始めたようですね
9ee DSC_0206

こちらは、オカスミレによく似ているけれど、毛があるので、アカネスミレですね
10ee DSC_0211

アカネとオカが混在しているので、よく見ないと~・・ややこしいです~
11ee DSC_0212

ナガバノスミレサイシンはあちこちで花盛り
その中でも、上弁がブルー、側弁と舌弁が白と、ツートンカラーのとっても綺麗なお花です~
11ee DSC_0222 (2)

コスミレの大きな株も花盛りですね
12ee DSC_0228

コスミレのお花のアップ・・花弁の霧雨がきらきらと・・良い感じです~
12ee P4022420

今回お初のスミレに会えました
コスミレの白花、シロバナツクシコスミレです~・・九州の筑紫地方で初めて発見されたので、ツクシが入っているということなのですが、長くてめんどくさい?名前ですよね~
13ee DSC_0244 (2)

こちらは、タチツボスミレの白花系・・ちょこっと距に紫が入っているので、オトメスミレですね
14ee DSC_0234

ヒゴスミレは、前回蕾だった株がちょうど満開・・きれいなお花を見せてくれました
15ee DSC_0251

ちょうど開花したばかりの新鮮なお花たち・・可愛いですね~
16ee DSC_0254

植栽?・・と疑われているけれど、以前、偶然出会った地元の方のお話しだと、この場所のヒゴは自生だそうです
所々に置かれている、ベンチの周りに、この場所の株から種を採って、増やしたヒゴを植えているとのことでした
17ee DSC_0257

どちらにしても、スミレには罪がないし・・お花はふっくらさんで綺麗ですね
18ee P4022428


スミレをたっぷり楽しんで、午後もだいぶ遅くなってきました・・駐車場の閉門時間は、4月からは午後5時
遅くなったとはいうものの・・早く帰らないとぎりぎりかも~・・?

そろそろ帰路につくことに
この頃には、雨もすっかりやんで、空も明るくなってきました・・もうちょっと早くお天気よくなってくれればよかったのに~

駐車場に戻り、大急ぎ帰り支度・・ゲートが閉まる前にと、そそくさと車を出して、高尾方面を後にしました~

日帰りのつもりだったのですが・・数日前に、時々お世話になる甲府の温泉付きのビジネスホテルに、ダメ元で電話をしてみると、キャンセルがあったらしく、ツインのお部屋ゲット

甲府に向けて車を走らせます~

裏高尾でスミレ探索

すこ~し春の訪れが遅い裏高尾も、そろそろスミレの春かな・・と・・4月2日の土曜日に花友さんとスミレ探索に訪れました~

お天気予報では、☁マ~クだけだったのに、やっぱりお山のお天気は予報より悪くなっていて、驟雨がしとしとと~・・
傘をさすほどではないけれど、雨具がしっとりと濡れてきます~・・・・それに気温も低く、寒い~

こんな日にスミレ咲いているかな~・・と・・心配しながら、林道を歩き始めるのですが・・歩きだしてすぐにナガバノスミレサイシンやタチツボスミレが迎えてくれました


裏高尾で一番会いたかったのは、このタカオスミレです~
1ed DSC_0137

タカオスミレは、ヒカゲスミレの品種で、葉が暗茶褐色のものの呼称ということなのですが、葉の茶褐色も濃淡があり、緑色がかっているものもあったりして・・千差万別~?
2ed DSC_0187

お花はヒカゲスミレと全く同じ、花弁がほっそりしてスマートな印象ですね
3ed DSC_0184

お花のアップで~す
ちょうど雨粒をつけて新鮮で、綺麗なお花ですね~
4ed P4022407

ヒカゲスミレもちょうど咲きだしたばかり
5ed DSC_0157

6ed DSC_0158

この株は、葉の表面にうっすらと暗褐色の色素が見られますね・・タカオっぽいヒカゲスミレと呼べばよいのかな~
7ed DSC_0154 (2)

ナガバノスミレサイシンはちょうど満開の見頃の時期でした~
綺麗な青紫色のお花が横にずら~り・・仲良しさん
8ed DSC_0147

お花がいっぱい・・この株は白花ですね
9ed DSC_0152

真っ白で、整った花弁のとても美しいお花です~
10ed P4022393

苔の中からひょっこりお顔を出した小さな株・・可愛すぎです~
11ed DSC_0170

この株も白花・・まだ葉があまり展開していないので、お花が目立って美しいです~
12ed DSC_0172

昨年は見つからなかったスワスミレ・・今年は株を見つけることができました
お花にはちょっと早すぎたようですが、蕾を付けているので、今年も咲いてくれるでしょう~・・
13ed DSC_0141

スミレ以外のお花もそろそろ見頃を迎えているようですね。
背高のっぽさんのトウゴクサバノオ・・生憎雨なので、お花を開いてはくれませんね
15ed DSC_0162

とっても小さくて可愛らしい~
ee00 DSC_0161

ヤマルリソウは雨に濡れて、ブルーが冴えて美しい~
16ed P4022398

ヤマルリソウは晴れた日より、雨の日のほうがしっとりしていて良いかも~
17ed P4022396

ヨゴレネコノメの群生も元気いっぱい・・裏高尾では、ヨゴレネコノメの群生があちこちで見られるようです
18ed DSC_0166

黄色と褐色のコントラストが綺麗で、地味だけど好きなお花です~
19ed P4022404

シロバナノエンレイソウも咲きだしたばかりでしょうか~・・新鮮で美しいですね~
21ed DSC_0177

花友さんと、ゆっくりとスミレを探しながらのんびり~・・と・・
22ed DSC_0135


生憎の雨でも、裏高尾は千客万来・・ゆっくりとスミレ散策を楽しんで、車に戻る頃には、20~30人くらいの団体さんと何組もすれ違いました~
高尾はやっぱり人気のお山なのですね

さて、わたしたちは、スミレ探索第二弾・・南高尾に向かって移動で~す

当初の計画では、日影沢に車を1台残し、もう1台で南高尾に移動、城山ダムから大垂水峠を経由して、一丁平から高尾山に登り、日影沢に下る予定だったのです

ところが・・カッパの膝も具合が悪く、しかもしとしとと雨模様のお天気・・ということで・・急遽、軟弱路線?に変更
裏高尾と南高尾の良いとこ取り?を・・ということになりました

日影沢の後は、車で城山発電所脇の駐車場に向かいま~す
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる