奥会津の秋を探して・・その3

翌朝は、ゆっくり起きだして、まずは朝風呂へ・・共同浴場は、午前中は加温していないので、地中から湧いてきたそのままのお湯を楽しめます

ちょっとぬるめで、炭酸がシュワシュワ~で・・カッパ的には加温していないお湯の方が好きだけれど、これから寒くなってくると、ちょっと冷たく感じるかもしれませんね~

でも30分ほどもお湯に浸かっていると、もうポカポカ・・とっても温まります

温泉の後は、美味しい朝食をお腹いっぱいいただいて、たつみ荘さんを後にしました

さて・・どこへ秋を探しに行きましょうか・・


池のほとりの遊歩道を歩き始めます
mf1 P9250596

池に流れ込む小さな沢沿いには、キツリフネが咲いていました
mf2 P9250623

この沢沿いで、面白いクルクルの風車をたくさん付けた株を見つけました・・クサボタンの若い実です
もう少しすると、白い毛が羽毛状に広がってふわんふわんになるようです
mf20 P9250624

遊歩道沿いに咲いていたコシオガマ・・どうして今まで気がつかなかったのでしょうか・・この場所では初めて会ったお花です
mf3 P9250588

お花をアップ気味に
mf4 P9250592

そして一番のお楽しみは、リンドウです
mf5 P9250626

ちょうど咲き始めの、新鮮なお花に会うことができました
mf19 P9250594

お花のアップです・・良いお天気だったので、綺麗に開花していました
mf6 P9250595

遊歩道を離れて雑木林の中を稜線へと登ります
急な登りですが、斑入りのミスミソウの綺麗な葉や、アワガタケスミレと思われる葉を見つけては足を止め、ゆっくりと登ります
mf10 P9250612

林の中では、ホツツジがまだ咲き残っていました
mf7 P9250597

稜線に着くと、ミヤマママコナの群生が迎えてくれました・・茎葉も美しく紅葉していて、なかなか綺麗ですね
mf8 P9250606

お花のアップです・・下唇が白く、黄色の班が入るのが特徴だそうです
mf9 P9250605

ミズナラやブナといった広葉樹の気持ちの良い林が続きます
mf11 P9250616

出たばかりのホウキタケの群生発見です
mf12 P9250609

こんなに綺麗な株もありました
mf13 P9250610

今年やたらに目に付いたのは、このカエンタケ・・猛毒だそうです
mf14 P9250615

このブナとミズナラの林は、大好きな場所・・癒されます~
mf15 P9250621

森林浴しながらのコーヒーブレイク・・ゆっくり楽しみたいのですが・・蚊がぶんぶん
あちこちかゆくなってきました
mf16 P9250620

蚊に追われるようにして下山開始です・・「大クマトル イトウ」???・・熊さんに出会う前にさっさと下山しなくては
mf17 P9250622

のどかな里山の田園風景が広がっています
mf18 P9250627


この日は気温はさほど高くなかったのですが、湿度が高く蒸し蒸し~

しっかり汗をかいてしまいました・・ということで、日帰り温泉施設の深沢温泉「むら湯」で汗を流して帰宅です

けっこう早めに帰路に就いたのですが、帰宅は9時前・・5時間以上の道のり・・やっぱり会津は遠いです~
スポンサーサイト

奥会津の秋を探して・・その2

お花探索しながらの林道歩きにもちょっと飽きて、杉林の中に踏み入ってみることに

杉林の中にも、いろいろな秋を見つけることができました


日当たりの良い林縁では、アケビの実の紫色が綺麗です
me1 DSC_2629

こんなに大きなムカゴも・・もう秋ですね~
me3 DSC_2729

今年はよく実ったようで、たくさん落ちていました・・熊さんも、今年はたっぷり食べられそうですね
me2 DSC_2699

杉の切株から出ていたスギヒラタケ・・以前は図鑑にも優秀な食菌として紹介されていたのですが、脳炎を引き起こすことがわかり、毒キノコに分類されています
me4 DSC_2658

杉林を抜けると、綺麗な広葉樹の雑木林が広がります・・一汗掻いて小休止
me5 DSC_2667 (2)

広葉樹の森にはカラフルなキノコたち・・ちょっと時期が早かったようで、数は少なかったのですが、充分目を楽しませてくれました
赤いキノコは目立ちますね・・ドクベニタケ
me6 P9240525

チャコールグレーの忍者のようなキノコは、ウラグロニガイグチ
me7 P9240532

一見美味しそうに見えて、いかにもキノコらしい容姿ですが、実は毒キノコのカキシメジ
me8 P9240535

ホウキタケに似ているけれど、こちらは軽い毒を持つキホウキタケです
me9 P9240536

一番多く見られる毒キノコのクサウラベニタケ・・ホンシメジやウラベニホテイシメジと間違えそうなキノコです~
me10 P9240538

クサウラベニタケと区別が難しいウラベニホテイシメジ・・しっかりしたキノコです
me11 P9240540

夏キノコのチタケがまだ残っていました・・まだまだ気温が下がっていないようですね
me12 P9240541

盛期には大きなフェアリーリングを描くサクラシメジですが、まだ出始めなのかポツリポツリと顔を出していました
me13 P9240542

立派な栗の木・・去年はこの辺りに熊棚があって、ちょっとびびりましたが、今年は無かったので、一安心
me14 P9240544

大きなクロカワが足元に
me15 P9240545

ドクヤマドリみたいだけれど・・標高が低い奥会津では発生しないと思うのですが・・ということで、ヤマドリタケモドキかな・・?
me16 P9240547

クリフウセンタケは、この時期にもう終盤戦!?
me18 P9240550

綺麗なシャカシメジが2株、並んで顔を出していました・・お釈迦さまの頭のように、ボツボツが塊になって出てくるのでシャカシメジというネーミングだそうです
me17.jpg

猛毒のドクツルタケはどこでも見られるようで、ちょっと怖いですね
me19 P9240552

綺麗なヤマブシタケ発見・・毎年この樹に出るようです
me20 P9240557

キノコウオッチングも一段落・・お山を歩いてお腹ペコペコ
久しぶりのカッパ作のお弁当で~す
me21 P9240553

遅いお弁当タイムを終了して、下山・・大塩温泉のたつみ荘さんへ
me22 P9250586

何はともあれ温泉へ
me23 P9250585

温めのお湯にゆっくり~・・ポカポカに温まりました
me24 P9250582

温泉の後はお待ちかねのお夕食・・女将さん手作りの美味しいお料理が並びます
me25 P9240577

ヒメマスの塩焼きは絶品・・キノコ汁も良い味出てますね~
me26 P9240576

お夕食終了後もまだまだ夜は長いのです~・・お酒も並んで・・恒例の宴会で~す
me27 P9240581

わたしたちの持参のお酒「千年翠」・・朝日酒造さんの純米吟醸酒・・1杯目より2杯目と、飲むほどに美味しくなるお酒でした~
me28 P9240578


宴会中に、ちょっと夏バテ気味のピテカン君が居眠り・・お疲れなんですね~・・ということで、今回は早めにお開き

翌日も特にこれといった予定はないのですが、とりあえず朝風呂、朝食
その後、行く先を検討することにして・・お休みなさいです~

奥会津の秋を探して・・その1

9月24-25日、1泊2日で奥会津に秋のお花を探しに出かけてきました

夏の間は、アブがすごくて近寄れなかった奥会津方面ですが、9月も下旬になるとアブもいなくなり、そろそろ大塩温泉のたつみ荘さんにお泊りに行きたいね~・・ということなのです

温泉お泊りが目的の花旅なので、特にこれといったお目当てのお花は無いのですが、小さな渓流沿いの林道をぶらぶらと・・のんびりと道端のお花を探しながら歩いてみることにしました


最初に目に付いたのは、林道沿いにびっしりと群生していたヒキオコシ
草丈1メートル以上に成長していていました
md1 DSC_2631

小さなお花が穂状に咲いていたのですが、ちょっと遅かったようで、お花に元気がありませんね
md2 DSC_2633

ヒキオコシとは反対に、まだちょっと早かったのがこのカメバヒキオコシ・・この辺りではどこでも見られる道端のお花です
葉が亀の尾のように、先がぴょこんと尖っているのが面白いですね
md3 DSC_2709

お花はヤマハッカに似ているのですが、葉の形で簡単に区別できます
md4 P9240573

渓流の岸辺に群生していたミゾソバ・・林道沿いにもたくさん群生していました
md5 DSC_2654 (2)

お花のアップです・・いつ見ても金平糖のようで可愛いお花ですね
md6 P9240519

アキノウナギツカミも林道沿いに何ヶ所かで見ることができました
md7 DSC_2686

ミゾソバより一回り小さなお花・・やっと咲き始めたはかりです
md8 DSC_2677 (3)

こちらは、タニソバ?で良いのかな・・
お花は更に小さくて、色は白、葉に翼があるのでタニソバだと思うのですが・・
md9 DSC_2681

草丈が高く、豪華な印象のカワミドリですが、お花がすっかり終わっていていて
脇芽から咲いていた、名残の小振りなお花を、なんとか撮ることができました
md10 DSC_2643

サラシナショウマも、もう終盤のお花ですね
md11 DSC_2651

この林道に咲くゲンノショウコは、綺麗な濃いピンク色でした
md12 DSC_2687

ヤクシソウが花盛り
md13 DSC_2671

ハッカの群生です・・昨年より株数が減っているようで、ちょっと心配
md14 DSC_2690

葉をちぎってみると、ス~ス~したミントのような良い香りがしました
md15 DSC_2689

ナギナタコウジュも咲き始めたばかり・・満開になるのはまだまだ先のようですね
md16 DSC_2693

お花をアップ気味に
md17 DSC_2692

ノコンギクが林道沿いをず~っと彩ってくれます
薄紫から濃いめの紫色、白と色とりどり・・どれも葉はざらざらした感触で、ノコンギクで良いと思うのですが・・
md18 P9250629

このお花は薄紫色ですね・・ちょうど綺麗に開花していました
md19 DSC_2647

この群生は、ユウガギクかと思われるんですが・・どうも野菊は難しくて自信ありません
md20 DSC_2694

ユウガギクに飛んできたのはベニシジミ
md21 DSC_2698

こちらは同じキク科ですが、お花が小さいゴマナのようですね
md22 DSC_2640

こんな珍しいお花も見つけました・・ツルケマンのようですね
md23 DSC_2645 (2)

こちらは別の場所に咲いていたナガミノツルケマン・・ツルケマンと比べて、お花の黄色が濃く花数が多いようです
md24 DSC_2707

ナガミノツルケマンは、その名前通り種が一列に並んでいるので、果実が細くて長~い
md25 DSC_2706

ツリフネソウもまだまだ綺麗なお花が残っていました
md26 DSC_2718

湿り気のある林の縁によく見られる、セリ科のシラネセンキュウ・・花序がお皿のように平らになるのが特徴のようです
md27 DSC_2720

ずいぶん立派で頑丈そうな株が群生していて、なんだろう~?・・思い当たるお花はシモバシラしかないのだけれど・・
あまりにも立派すぎて、ピンと来ないのですが~・・
md28 DSC_2725

林道歩きにもちょっと飽きたので、林の中に秋を見つけに入ってみることに
md29 DSC_2702


目的もなくぶらぶら花散策もなかなか良いものですね・・

見慣れたお花も、初見のお花もありましたが、なかなか楽しい散策になりました

3年目にやっと会えました!

初秋の竹林に咲く小さなラン、3年目にして、やっと綺麗に開花しているお花に会えました

18日の日曜日、この日はお天気予報では、曇と雨マーク

お出かけしないで、お家でのんびりと休養日・・のつもりだったのですが、やまぶどうさんのブログで、もう咲き始めているという記事を見せていただいて、ちょっと探しに行ってみることにしました

行先は我が家から車で20分ほどの竹林・・実はこの竹林は、3年前の晩秋に、この小さなランのガラを見つけていて、2年目には、お花の咲く時期を予想して探したのですが、すでにお花は終わっていて、萎れていたのです

今年は3年目の挑戦・・何とか綺麗なお花に会いたいものと、まずは下見のつもりで出かけてみました


竹林の中をガラを見つけた場所へと進むと・・すかさず蚊がブ~ン!こういう時は、蚊取り線香登場です!!
ところが・・よ~く辺りを探しても見当たりません~
うん?・・なんだか地面からキクラゲが出ているような~?・・よく見ると・・なんとこのキクラゲが、探し物のクロヤツシロランでした~
mc1 DSC_2556

草丈3センチほどの小さなランが、竹の枯れ葉に半分埋もれているようにして顔を出していました
mc2 DSC_2567

お花のアップです・・カッパ渾身の1枚です
クロ・・というより、赤みのある濃い茶色といった色合いのお花ですね
mc3 P9180497

目が慣れてくると、もう1株、近くで咲いているお花が目に入りました
mc4 DSC_2585

お花のアップです・・このお花は葯帽がポロリと横に落ちてしまったようですね
mc5 P9180508

辺りをよ~く探してみると、クロヤツシロランとはちょっと違って、緑色っぽい小さなランが見つかりました
アキザキヤツシロランです・・この竹林では、クロヤツシロランとアキザキヤツシロランが混生しているようです
mc6 DSC_2595

この株はやっと開き始めたばかりのようですね
mc7 P9180514

アキザキヤツシロランは、何株か見つけることができました・・クロヤツシロランよりは、見つけやすいので、1株目に入ると、次々に目に入ってきました
mc8 P9180491

こちらの株は少し大きめ・・お花も綺麗に開花しているようです
mc10 DSC_2569

草丈は3~4センチ、蕾もたくさん付けているようです
mc9 DSC_2577

開花しているお花を正面から・・株の全体はこんな感じのランです
mc11 DSC_2608

暗い竹林でランの撮影中のカッパ・・周りには蚊がぶんぶん・・蚊取り線香も効果なし?
あまりに小さなランなので撮影も大変です~
mc14 DSC_2604

TG-3の先にアキザキヤツシロランがいるのがわかるでしょうか~?
mc13 DSC_2605

この時撮った写真・・深度合成、LED発光で撮った、これも渾身の1枚
mc12-2P9180504.jpg


暗い竹林でのラン探索を終了し、小雨の里山を、ちょこっとお花散策
もう彼岸花が咲いています~・・秋ですね~
mc15 DSC_2625

ヒヨドリバナは咲き始めたばかりのようですね
mc16 DSC_2613

キツネノマゴは名前が可愛くて、ついつい撮ってしまいます
mc16 DSC_2614

田んぼの脇に咲いていたのは帰化植物のヒレタゴボウ
mc17 DSC_2616

お花をアップ気味に・・よく似たチョウジタデは花弁が5枚だそうです
mc18 DSC_2617

オモダカは葉の形が面白いですね
mc19 DSC_2618

アキカラマツが涼し気に風に揺れています
mc20 DSC_2623

このお花、何のお花だかわかりますか~?・・なんとミョウガのお花、綺麗だったので、思わずパチリです
mc21 DSC_2628


暑さ寒さも彼岸まで・・のどかな秋の里山散策でした~

3年前にガラを探してから、やっと会えたクロヤツシロランとアキザキヤツシロランのお花・・それにしてもユニークなランですね

美しく豪華なランも良いけれど、暗い竹林でひっそりと、人知れず咲く小さなランにも、ちょっと魅かれますね

房総方面でラン探し

9月17日からの3連休・・せっかくの3連休なのに、台風が近づいていたり、秋雨前線が上がってきたりと、お天気が安定せず、その上連休なので、お宿の予約もなかなか難しい~

ということで、この3日間は、お天気の様子を見ながら日帰りで、お花を探しに出かけることに

17日の土曜日は、3日間のうちでも一番お天気が良さそうなので、ちょっと遠出をして房総方面にランのお花を探しにでかけることに

わたしたちにしては比較的ゆっくりめ・・5時起き6時出でお家を出ます
もう少し早くお家を出たかったのですが、なかなか起きられず、ぐずぐずしていて、予定よりちょっと遅めの出発になりました

遅くなると、高速の渋滞が心配だったのですが、車は多いものの、渋滞するまでは混み合うこともなく、何とか房総方面へと車を進めることができました

この日は気温も高く、房総のお山では風もなく、湿度も高~い・・歩き始めてすぐに汗が噴出してきました~
暑くても長袖長ズボンでじっと我慢・・なにせ蚊の襲撃がものすごい


汗だくになって登山道を登っている目の前を軽やかに飛翔するモンキアゲハ・・蝶になって目的地まで飛んで行きたい~
mb1 DSC_2435

急坂の途中で、目に付いたオオシマシュスラン・・ちょっと元気がないようです~
房総のランも、今年は開花が早かったようですね
mb2 DSC_2449

昨年は登山道の至る所で目に付いたオオシマシュスランですが、今年はなかなか姿を見せてくれません
ほとんどの株はお花が萎れていて・・この株が一番元気なお花を見せてくれました
mb3 DSC_2447

お花のアップですが・・やっぱりちょっと遅かったようですね
mb4 DSC_2454

こちらはカゴメランっぽい株・・やっと一株だけ見つけることができました
お花はすっかり萎れていたのですが、葉はまだまだ元気そう
mb5 DSC_2502 (2)

葉のカゴメ模様が綺麗ですね~
ハチジョウシュスランも探したのですが、残念!今年は探せませんでした
mb6 P9170460

しばらく登っていくと・・お目当てのラン、カゲロウランが目に入りました
mb7 DSC_2485

カゲロウランはちょっと早かったようで、ほとんど蕾でしたが、中間部分に一輪だけ開花したお花を見ることができました
mb8 DSC_2482

歌っているような表情が可愛らしい~
mb9 P9170444

2株並んで咲いていたカゲロウランです
mb10 DSC_2475

この株も少し早かったようで、ほとんど蕾ですが、一輪だけ開花しているお花です
mb11 DSC_2464

お花のアップです
mb12 P9170428

少し先に進みます・・カゲロウランが次々に目に入ってきました
今年はカゲロウランの開花株が多いようですね
mb13 DSC_2488

この株はちょうど見頃のようで、綺麗に開花しているお花が何輪が見られました
mb14 DSC_2493

お花をアップ気味に・・咲き始めの新鮮で綺麗なお花を見ることができました
mb15 DSC_2505

昨年この辺りで、大きな群落を作って美しいお花を見せてくれたシュスランですが、今年はほんのポツリポツリしか見当たりません
mb16 DSC_2513

ほとんどのお花は萎れていたのですが、この株はまだ綺麗なお花を見せてくれました
mb17 DSC_2491

お花のアップです・・柔らかなピンク色のお花が可愛いいですね
mb18 DSC_2514

ミヤマウズラもほとんど終わっていたのですが、この株は白いお花も生き生きと綺麗なお花でした
mb20 DSC_2530

お花のアップです・・元気いっぱいのデュエットですね
mb21 P9170477

こちらはもうすっかり終わってガラになっているコクラン・・このお山では登山道沿いにたくさん見られました
mb22 DSC_2524

シュロソウもあちこちで地味~に咲いていました
mb23 DSC_2441 (2)

日当たりの良い場所ではアキノタムラソウの姿も
mb24 DSC_2455

mb25 P9170421

ヒヨドリジョウゴはもう緑色の実を付けていたのですが、先端にはまだお花も
mb26 DSC_2535

mb27 DSC_2536

反り返った花弁がなんともユニークですね
mb28 P9170483

お花を探しながら広葉樹の林を歩きます
と・・下から登ってきたご夫妻に「カッパさ~ん!」と声をかけられて、びっくり!
時々観察会でご一緒するご夫妻でした~・・しばしお花談義です
楽しい一時を過ごして、上と下に分かれて、わたしたちは下山しました
mb19 DSC_2521



ほんの半日程のお花散策でしたが、何種類かのランに会うことができました

今年は特にカゲロウランが多く見られ、咲き始めたばかりの新鮮なお花を堪能することができました

まだまだ早い時間ですが、途中のSAでのお買い物も楽しみたいし~・・ということでまっすぐ帰宅で~す

SAでは、たっぷりと果物や野菜を買い込んで、お花探索やら買い出しやらわからない状態?・・カッパはルンルン気分で帰宅しました

今年も会えました・・マネキグサ

草原のお花探索を終了して、まっすぐ帰宅するにはまだ少し時間があったので、今年まだ会っていないお花、マネキグサに会いに行くことに

8月最後の日曜日、このお花に会うために車を走らせていたのですが、移動中に前が見えないほどの土砂降りに会ってしまい、Uターンして帰宅してしてしまったのです

今回は、雨に会わずに目的地に到着できました


小さくて可愛いお花・・赤いお花なのですぐ目に入ると思っていたのですが、なかなか見つかりません
目が慣れてくると・・やっと見つけたお花です
ma1 DSC_2423

一面に散らばるお花を期待していたのですが・・ポツン、ポツンと咲いているだけ
ma2 DSC_2413

どうやらほとんどお花は終わっていて、脇芽からちょっぴり咲かせているようです
ma3 DSC_2431

よ~く探すと、こんなに綺麗に咲いているお花も見つかりました
ma4 DSC_2426

真上から撮ると、金魚が泳いでいるようで、可愛らしいくて面白い写真になりました
ma5 P9110410

笠を被って踊っているようですね
ma6 DSC_2416

きちんと並んだ双子ちゃん・・この双子ちゃんは、特に新鮮で綺麗なお花でした
ma7 P9110409

お花のアップです・・ギョロ目?
ma8 P9110397

セキヤノアキチョウジのお花も咲いていました
ma9 DSC_2412

お花をアップ気味に
ma10 DSC_2406

白花のゲンノショウコです
ma11 DSC_2410

ちょっと小振りですが、オオバノショウマイヌショウマでしょうか・・?
ma12 DSC_2408

お花をアップにしてみると・・繊細なお花ですね
ma13 DSC_2420



たくさんのマネキグサに会えると期待していたのですが、残念!・・ちょっと遅くて、ほとんどのお花は終了、果実になっていました

それでもポツリポツリと何とか綺麗なお花に出会うことができました・・前回は、ここに辿り着けなかったので、今回は会えただけでも良かったかな~

午後から雨予報だったのですが、まだ雨粒は落ちできません・・もう一カ所、雨が降る前にお花探索しようか・・とも考えていたのですが、帰りの高速の渋滞も心配だし・・

ということで、この日は早めに帰宅することに

いつもよりちょっと短めの渋滞を難なくクリアして、途中で手巻き寿司用のお魚を仕入れても、7時過ぎには帰宅できました

草原はもうすっかり秋です!

翌11日の日曜日、お天気予報では、午前中は曇で午後遅くなると雨☔になるらしい・・雨になる前にお花探索を終えて帰宅したいね~・・

ということで、ホテルの朝食は諦めて、朝6時過ぎにはホテルを出て、富士山麓の草原に向かいます

目的地に到着した時には、雲が多いもののまだ青空が所々に広がっている良いお天気・・草原の風はひんやり心地よい~

車を停めて・・さっそく、目的のお花を探して歩き始めます


目的のお花を探す前に、ちょっと寄り道
もう遅いかも~・・と思っていたヒナノキンチャク、まだ咲いていてくれました
ll1DSC_2335

やっぱり可愛いお花ですね
ll2DSC_2341

下からどんどん巾着になって、奴さんは、先の方にちょっぴり残っていました
ll3DSC_2336 (2)

この草原の目的のお花の一つ、キクアザミです
まだちょっと早かったようですね・・蕾がいっぱいです
ll4DSC_2346

鱗に覆われたような固い蕾が開花すると、パチパチはねる線香花火のようにで綺麗ですね~
ll5DSC_2347

この草原で一番会いたかったお花は、このヒメヒゴタイです
昨年見た場所に咲いていなかったので、ちょっと心配したのですが、違う場所で会うことができて一安心です
ll6DSC_2385 (2)

開花したお花を期待していたのですが、残念ながら今年もちょっと早かったようです
ll7DSC_2391

ポンポンのような丸い蕾がとっても可愛らしい
開花すると、キクアザミのように花火のようなお花になるようですが・・
ll8DSC_2393

ちょっとアップ気味に
もう蜜ができてるのかな~・・蟻さんが登ってきてますね~
ll9P9110386

今年も会えて良かった~
ll10 DSC_2394

オケラがちょうど花盛り
ll11 DSC_2388

ll12 DSC_2373

甲虫君もオケラは美味しいのかな~・・
ll13 P9110378

今年はモリアザミも、ちょうど綺麗に咲いていました
ll14 DSC_2362

お花のアップです・・新鮮で生き生きとしたお花ですね
ll15 P9110374

夏には可愛いお花を見せてくれたマツバニンジンは、もうすっかり果実になっていたのですが、これもまた可愛いですね
ll16 DSC_2382

草原はもうすっかり秋の風情
ll17 DSC_2400 (2)

マツムシソウは草原一面に広がっていて、目を楽しませてくれます
ll18 DSC_2353

所々にオミナエシの黄色が差し色に
ll19 DSC_2355

タチフウロはもう名残のお花ですね
ll20 DSC_2349

早い時期から咲いていたキキョウも、まだお花を見せてくれました
ll21 DSC_2379

フシグロも名残のお花
ll22 DSC_2380

シラヤマギクもそろそろ終盤ですね
ll23 DSC_2357

トリカブトはよくわからないのですが・・このお花はヤマトリカブトで良いのかな~
ll24 DSC_2395

マルバハギも少し盛期を過ぎていたようですね・・
ll25 DSC_2367

一面のススキが風に揺れて・・草原はほんの1ヵ月で様変わりの景色を見せてくれました
ll26 DSC_2354


急に思い立って、一カ月前に訪れた草原の再訪ですが、すっかり秋の風情に様変わり

それでも草原の中を歩いてみると・・夏のお花たちがまだまだ綺麗な名残のお花を見せてくれました

秋のお花たちにはちょっと早かったようですが、咲き始めの新鮮で綺麗なお花や、もうすぐ開花しそうな可愛い蕾たちを充分楽しむことができました

ホテルを早めに出発したので、のんびりゆっくりの草原散策でしたが、まだまだ時間があります

ということで、午後からもう一か所、今年まだ会っていないお花に会いに行くことにしました

甲信方面できのこウオッチング!

台風一過で、やっと暑さも峠を越して、ほっと一息つけるようになると・・そろそろキノコの季節ですね~・・

春からずう~っとお花探索に忙しくて、すっかり忘れていたキノコですが、夏のお花も一段落し、秋のお花にはまだ少し早いこの時期に、久しぶりにきのこウオッチングに出かけてきました

早朝の針葉樹の森は、ひんやり?どころか激寒!・・上着を2枚重ね着して出発で~す

甲信の森では、カラフルなキノコや、怪しげな?キノコが待っていてくれました


薄暗い森で、歩き始めてすぐに目を引いたのは、紫色の美しいキノコ、オオウスムラサキフウセンタケ
この森ではよく目にするキノコですが、残念ながら不食・・強い刺激臭があるそうですが、嗅いだことはありません
lk1 P9100277

分厚い苔の中からにょっきり出ていたのは、ヌメリササタケ・・全体にぬめりが強いキノコです
lk2 P9100289

キシメジも何ヶ所かで群生が見られました・・
lk3 P9100292

朱赤が美しいカラマツアミハナイグチ
lk4 P9100294

ショウゲンジは笠を被った虚無僧のようですね
lk5 P9100296

ツバアブラシメジはまだ出始めたばかりのようですね・・ぬめぬめキノコにしてはしっかりしたキノコです
lk6 P9100306

アイタケはちょっと色褪せてきているようですね
lk7 P9100310

オオカシワギタケ、ツガタケと呼ばれているキノコです
lk8 P9100312

こんなキノコも出てました~
lk9 P9100320

アイシメジは、この時期多く見られるキノコ
lk10 P9100325

針葉樹に出るものはヤマドリタケらしいのですが、やっぱりポルチーニとは違うようですね
lk11 P9100334

ちょっと怪しげなこのキノコは、スミゾメヤマイグチで良いのかな~・・ちょっと自信ありません
lk12 P9100323

タマゴタケはパッと目を引くキノコですね
lk13 P9100328

タマゴタケに似ているけれど、こちらはベニテングタケ・・食べると幻想を見るそうだけど・・
lk14 P9100335

こうしてすっくと立っていると、なかなか美しいキノコですね
lk15 P9100333

アカジコウかと喜んだのですが、どうやら違うようです・・ミヤマアミアシイグチだと教えていいただきました
lk16 P9100329

笠も柄も赤いこのキノコは、綺麗だけれど毒キノコだそうです・・バライロウラベニイロガワリ
lk17 P9100331

クロカワは、出たばかりの幼菌でも、しっかり虫食い状態
lk18 P9100330

あれれ~?・・今頃シャクナゲのお花?・・返り咲き?狂い咲き?
lk19 P9100280

シャクジョウソウはほとんどがガラだったのですが、この株はお花が残っていました
lk20 P9100336

ミヤマウズラはもうお花が萎れていました
lk21 DSC_2327

遅いかな~とは思っていたジンバイソウは、すっかり果実になっていて、今年もお花には会えませんでした
lk22 DSC_2330

針葉樹の森でキノコ女子しているカッパで~す
lk23 P9100313


甲信方面のお山は、もうすっかり秋・・もう少し気温が下がってくると、ますますキノコが元気になりそうですね

もう一回くらいキノコウオッチングにお出かけできると良いな~・・なんて・・

日帰りするつもりだったのですが、翌日のお天気も事前の予報より良くなりそうなので、急遽甲府のビジネスホテルにお泊りすることに

翌日は富士山麓でお花散策の予定で~す

トラさん、間に会いました!

雨になる前にと、湿原から急いで移動です~

林道起点のちょっとしたスペースに車を停めて、林道を歩き始めます・・林道は午後からの日差しで暑い~
雨は嫌だけど、ちょっと雲ってくれても良いのに・・なんて勝手なことを思いながらノロノロの歩みです~・・しばらく進むとやっと針葉樹の樹林になって、ほっと一息です

やがて林道は終わり、モミやカラマツのしっとりとした針葉樹の森の中へと続く踏み跡を、辿ります

そろそろ目的のお花が出てきても良さそうなんだけど・・キョロキョロするも見当たりません
ちょうどカメラを抱えたおじ様が下山してこられたので、厚かましくお尋ねしてみると・・その方もお花を撮影に来られたとのこと・・もう少し先ですよ~・・気持ち良く教えて下さいました

しばらくお花やお山情報を交換・・楽しい一時でした

しばらく進むと・・咲いていました!・・トラさんことトラキチラン


最初に出会ったこの2株は、仲良く並んで咲いていたのですが、ちょっと遅かったようで、お花に元気がありませんね
lj1 DSC_2258

時期が遅いことは予想していたのですが・・会えただけでも良かったかな~
lj2 P9040241

更に先に進むと、ポツリポツリとお花が目に入ります
lj3 DSC_2264

お花のアップです・・このお花はまだ新鮮で綺麗です
それにしても、唇弁が上で上下が逆さまになっているなんて、不思議なお花ですね~
lj4 P9040250

森の中に溶け込むようにして咲いているので、見落としそうです・・
lj5 DSC_2295

残念・・もう少し早く会いたかったな~
lj6 DSC_2300

それにしてもユニークな形態のお花ですね~
lj7 DSC_2306

撮影中のカッパです・・トラさんってなかなか上手くカメラに収まってくれません~・・
lj8 DSC_2303

最後に出会ったこの株は、明るい登山道脇にちょこんと咲いていて・・こんな所で出会えるなんて・・予想外?でした
lj9 DSC_2315

どうやらこの株は、これから開花するようですね・・トラキチランの蕾ってこんな状態なのですね
lj9 P9040272

間に会って良かったトラキチラン・・何とか今年も会えました
lj10 DSC_2313

この針葉樹の森の中では、こんなお花にも出会えました・・タカネフタバランです
lj11 DSC_2279

ちょっと遅かったようで果実になっている株もあったのですが、苔むした大岩の上に群生していました
lj12 DSC_2270

お花のアップです・・やっぱりラン科のお花は、どのお花もユニークですね
lj13 DSC_2282

lj14 P9040256

林縁を明るく彩ってくれるのは、レイジンソウのピンク色
lj15 DSC_2309

サラシナショウマの白い穂が、樹林の中でひときわ鮮やかです~
lj16 DSC_2256

ふわんふわんのブラシみたいで、思わず頬ずりしたくなりますね
lj17 DSC_2253

ちょっと目を引いたハナイカリの3兄弟
lj18 DSC_2320

これは何だろう~・・?・・どうやらボタンヅルの花後のようですね・・ちょっと面白い?
lj19 DSC_2326

この野菊は、ユウガギクで良いのかな・・野菊の仲間はよくわかりません
lj20 DSC_2325


いつ雨が落ちてくるのかな~・・冷や冷やしながらのお花探索でしたが、とうとう車に戻るまで雨粒は落ちてきませんでした
それどころか、空には雲は多いものの青空が覗いています
やっぱりカッパは晴れ女なのです~

雨になる前に・・と昼食も取らずにお花探索して、それでも車に戻ったのは午後4時前・・ゆっくりし過ぎました~
大急ぎ、車を出して帰路に就きます

高速道路は今回も渋滞は必須・・もう慣れましたけれどね~
それでも何とか10時前には帰宅できました

信州の湿原再訪

3日はお山から下山して、時々利用している、蓼科にあるリゾートクラブの直営施設にお泊りです

諏訪湖周辺でお宿を探したのですが、3日は、諏訪湖で全国新作花火競技大会が開催されるので、全く予約が取れず、ちょうど空きがあった直営施設を予約

移動距離が思ったより短かかったので、わたしたちにしては珍しく、早めにお宿に到着です


まずはゆっくり~・・温泉でお山の疲れを取ります
この施設の温泉は源泉掛け流し・・お肌に優しいさらっとしたお湯です
li1 P9030190

温泉の後はお待ちかねのお夕食
まずは、生ビールで乾杯で~す
li2 P9030194

前菜の湯葉刺しとサーモンムースが美味でした~
li3 P9030192

信州サーモンのカルパッチョです
li4 P9030196

メインは牛リブロースと信州豚の陶板焼き・・生ビールで美味しくいただきました
li5 P9030195

生ビールの後は、いつものコースでお酒をオーダー
このお宿では、いつも、真澄の純米吟醸「吉福金壽」をいただきます・・升酒でいただけるのが飲兵衛?には嬉しいですね
さらっと飲みやすく、吟醸香も穏やかで美味しいお酒です
li6 P9030199

おしのぎの信州そばと茶わん蒸し・・お出汁のお味も濃すぎず、美味しくいただきました
li7 P9030197

デザートも可愛らしい盛り付けです・・イチゴが、○○農園さんのイチゴだそうですが・・○○を忘れてしまいました~
li8 P9030203

翌朝・・お天気予報では、☔雨のはずが・・嬉しい外れで、窓の外は青空
たっぷりの朝食を美味しくいただきました・・
li9 P9040207

お天気はどうやら午前中は晴れるらしいので、急ぎお宿を出て、お花探索に出発です
li10 DSC_2190

お世話になったお宿で~す
li11 DSC_2191


この朝、お花探索に最初に向かった先は、ちょうど1ヵ月前にちょっと立ち寄った湿原です
その時には、まだ早すぎて目的のお花は全く咲いてなかったのです

今回は少し遅いかもしれないけれど、まだお花に会えるに違いないと・・期待しての再訪だったのですが・・
目的地では、なんだか様子がおかしい~・・なんと湿原のお花たちが、ススキや葦といった湿原の植物たちと一緒に、すっかり刈られてしまっていました

それでも、あきらめずに、咲いているお花の姿を求めて木道を進みます


刈られずにわずかに残っていたアサマフウロの群落です・・なんとか咲いていてくれました
li12 DSC_2205

お花はちょっと遅かったけれど、会えただけでも嬉しいですね
li13 DSC_2192 (2)

すっかりあきらめていたエンビセンノウのお花・・刈られた後、脇芽が伸びて開花していました
li14 DSC_2199

今年も会えた真っ赤なお花・・諦めていただけに、一層嬉しい出会いでした~
li15 DSC_2201

何とか3株、お花を残している株が残っていました
li16 DSC_2203

燕尾・・名前通りの切れ込みの深い花弁が5枚広がっていて、花火のようで綺麗ですね~
色も朱赤で元気をもらえるお花ですね
li17 P9040210

小さな流れの脇には、可愛らしいミゾソバのお花です
li18 DSC_2211

アケボノソウがちょうど咲き始で、新鮮で生き生きしたお花を見せてくれました
li19 DSC_2217

li20 DSC_2213

アケボノソウも好きなお花の一つです
li21 DSC_2219

お花のアップです・・
li22 P9040221

以前、湿原の周りの杉林では、キバナアキギリとアキギリの2種のお花が混生していたのですが、今回はキバナアキギリだけで、アキギリのお花が見当たりません・・ちょっと遅かったかな~
li23 DSC_2247

アキギリは見当たらなかったのですが、キバナアキギリとアキギリの交雑種の、シボリミヤマアキギリの大きなを株を見ることができました
ちょっと遅かったようで、お花に元気がないのが残念ですが・・
お花が、黄色と紫色の染め分けになっているのですが、アキギリの変種とも、あるいはキバナアキギリとの自然交雑種とも考えられているようです
li25 DSC_2237



刈り払いの入った湿原にがっかりだったのですが、丁寧に探してみると、何種類かのお花たちに出会うことができました

お目当てのエンビセンノウにも出会うことができ、なんとか満足のお花探索になりました

この日、お天気次第で、もう1カ所、お花探索する予定・・お天気が悪くならないうちにと、急いで車に戻り、移動です~

信州で小さなリンドウを探して

9月になって最初の週末、信州方面へ、小さなリンドウ科のお花たちに会いに出かけてきました

お天気予報では、午前中は晴れマーク☀・・午後からは☁マーク・・リンドウ科のお花たちは、お陽さまが出ていないと開花してくれないのです

ということで、朝お陽さまが、ちょうどお花たちを照らしてくれる頃に目的地に着き、雲に隠れる前にはお花たちの写真を撮り終わらなければいけない~・?

目的地には、早めに着きたいので、2日の金曜日、ピテカン君の帰宅を待って、大急ぎで夕食を済ませて、出発です

駐車場に車を停めて車中泊・・お山の頂上を目指す登山者が、明るくなり始めたころから出発していきます
わたしたちも、テルモスのコーヒーとパンの朝食を手早く済ませて、歩き始めます


早朝の針葉樹の森は、しっとりとして涼しく、気持ち良く歩けます
lh1 DSC_2015

歩き初めてしばらくすると、こんなに可愛らしいキノコに出会えました
そういえばそろそろキノコの季節ですよね~・・苔の上にちょこんと乗ったキノコ、思わずパチリです
lh5 DSC_2031

ハナイグチも顔を出したばかり・・コロコロした可愛い兄弟たちですね~
lh4 DSC_2017

小さなヤマドリタケの幼菌・・ヤマドリタケはシラビソの林によく出るようですね
lh6 DSC_2032

登山道沿いでは、キタザワブシがちょうど満開・・たくさんのお花を付けて重たそう~
lh2 DSC_2189

ハナイカリもあちこちで見られました
lh3 DSC_2027

針葉樹林帯を抜けて、だいぶ登ってきました~
lh32 DSC_2180 (2)

足元を見ると、今回の目的のお花の一つ、オノエリンドウが咲いていました
お陽さまがあたり初めて、やっとほころんだところでしょうか~
最初の出会いは、やっぱり嬉しいですね~
lh7 DSC_2044

ようやくお目当ての場所にたどり着きました
気を付けて探してみると、ポツリポツリとオノエリンドウが、点在していました
lh8 DSC_2136

まだもう少し時間がたたないと、綺麗に開花しないようです・・
lh9 DSC_2138

ここのオノエリンドウは、花弁が4枚のお花が多いようです
lh10 DSC_2157

しばらく待っていると、次第次第にほころんできて、綺麗に開いたお花を見せてくれました
lh11 DSC_2147

素敵な色合いのお花ですよね~
lh12 DSC_2144

派手なお花ではないけれど、とても魅力的なお花・・いつまでも眺めていたい美しさです
全体的に5センチほどの小さな株が多かったのですが、背の高い草叢に咲いていた株は、10センチ以上に育っていて、花付きも良いようです
lh13 DSC_2152 (2)

お花のアップです・・このお花は花弁が5枚ありました
lh14 P9030184

この場所では、オノエリンドウの他にもリンドウ科のお花が咲いているはず・・岩場の辺りを丁寧に探すと、手の届かない上方に、それらしき株がありました
lh15 DSC_2062 (2)

他にもないかと、足元を気を付けて探してみると、ありました!・・ヒメセンブリです
このお花もお陽さまが差したばかりのようで、まだ半分眠っているようですね
lh16 DSC_2081

少し待っていると、綺麗に開花している株が、あちこち目に入りました
どうやら、お花が開いてきたので、目立ってきたようです
lh17 DSC_2097

お花をアップ気味に・・淡いブルーの美しいお花ですね~
lh18 DSC_2090

あちらでもこちらでも、精いっぱい開花しているお花たちに会えました
lh19 DSC_2108

このお花は、ちょっと白っぽいお花でした
lh20 DSC_2163

お花のアップです・・青白磁のような繊細な美しさですね~
この株はまだまだ蕾がいっぱい・・開花すれば綺麗でしょうね・・
lh21P9030161 (2)

お花たちが綺麗に開花してくれるのを待つ間に、早目のランチタイムです
暖かいお味噌汁で、ちらし寿司と出汁巻き卵を完食・・食後のコーヒーもゆっくりと・・美味しくいただきました
lh22 DSC_2121

その他この草原では、こんな珍しいお花にも出会うことができました
シコタンハコベのお花とは久しぶりの出会いです・・一昨年の白馬では、株は見たもの残念ながらお花には会えなかったのです
lh23 DSC_2166

開花したばかりの新鮮で美しいお花でした
lh24 DSC_2168

あちこちで見られたキバナノコマノツメ・・この時期にしては、新鮮なお花です
lh25 DSC_2047

ヤツガタケタンポポは、鹿さんに食べられたようで、お花が地面にくっつくようにして咲いていました
lh26 DSC_2055

この草原で一番多く見られたのは、コバノコゴメグサ・・あちこちで群落を作って咲いていました
lh27 DSC_2119

ホソバイワベンケイのお花も、もう終盤ですね
lh28 DSC_2123

岩場には、すっかり咲き終わったミヤマオトコヨモギです
lh29 DSC_2126

このシダはタカネシダで良いのかな?・・シダはよくわかりません
lh30 DSC_2172

草原と岩場には、可愛い小さなお花たちがいっぱいです
lh31 DSC_2170 (2)


実は、もう一つ会いたいリンドウ科のお花がありました・・あちこち丹念に探したのですが、そのお花は、とうとう見つけることができませんでした

ゆっくりのんびりのお花探索に時間をかけ過ぎて、気が付くともうすっかり遅い時間になっていました

この日は温泉お泊りを予定・・急いで下山で~す
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる