日暮れまでの花散歩でした~

海岸段丘から大急ぎで、次のお花スポットへ移動です~

急いでいるのですが・・日曜日の夕方ということで、道路はあちこちで渋滞・・イライラ~
早くしないと暗くなってしまいます・・

時間はけっこうかかりましたが、何とか明るいうちに目的地に到着できました~


ここでの目的のお花、イヌセンブリです
nb1 DSC_3204

この日は風が強く、揺れてなかなかカメラに収まってくれません
nb2 DSC_3198

少し離れた場所ですが、こんなに纏まって咲いていてくれました
nb3 DSC_3192 (3)

ムラサキセンブリの華やかさはないけれど、里山でひっそりと咲いていて、清楚で控えめな美しさが素敵なお花ですね
nb4 DSC_3188

アップ気味のお花・・近寄れない場所だったので、トリミングです・・もじゃもじゃ?の毛が目立つのが特徴のようです
nb5 DSC_3201 (2)

更にアップに・・花弁がほっそりしていて薄い紫線が優しい美しさですね
nb6 DSC_3189 (2)

他にも名残のお花を何種類か、暗くなる前に探すことができました
ミミカキグサ・・まだ咲いていてくれました
nb7 DSC_3219 (2)

今回、やっと区別できました・・小さな小さなお花、アイナエ・・茎の根元に纏まって葉が付いているのが特徴です
nb8 DSC_3251 (2)

こちらはヒメナエ・・茎の途中、数か所に対生の葉が付いているのがわかるでしょうか~・・
nb9 DSC_3247 (2)

ゴマクサのお花は2番花のようですね
nb10 DSC_3243

ヤマラッキョウはちょっと早かったようで、まだまだ蕾・・その中で一輪だけ、開花間近のお花を見つけてパチリです
nb11 DSC_3220

ほっそりと華奢な印象のアキノウナギツカミ・・葉が茎を抱いています
nb12 DSC_3258

見事に満開に咲いていたナガバノウナギツカミ・・葉柄がはっきりとわかりました
nb13 DSC_3263

サクラタデを探したのですが、見つからず・・こちらはシロバナサクラタデ
nb14 DSC_3260

里山で多く見られる野菊はカントウヨメナ・・葉が柔らかく、新芽は食用になるそうです
nb15 DSC_3231

ピテカン君の渾身の一枚、カゼクサ・・なかなか風雅な名前ですね
名前通り風に揺れて、ピントが合わず大変だったそうです
nb16 DSC_3262


大急ぎでお花を写真に収めて、なんとか暗くなる前に帰路に就くことができました

今回も、目的のお花、ソナレマツムシソウとイヌセンブリに会うことができて、満足のお花散策になりました

ソナレマツムシソウの咲く海岸段丘は、実は見事なセンブリの群生地でもあるのですが、今回は早すぎてお花に会うことができなかったのが、唯一の心残り

もう一度、センブリのお花に会いに出かけたいな~・・なんて思うのですが・・なかなか時間が取れないかな~・・
スポンサーサイト

房総の海岸段丘でお花探し

10月23日の日曜日、お天気が良ければ、紅葉の綺麗なお山に登りに行きたいね~・・といっていたのですが・・前日のお天気予報では、曇マークが並んでいて、今一つ良くなさそう

それならと・・この時期に見られる海岸段丘に咲くお花を探しに、房総方面にお出かけすることに

ちょっとこの頃遠出が続いていて、お疲れ気味?・・ということで、朝はゆっくり起きだして、のんびり朝食も済ませて・・房総方面に向かいます


海岸近くの道路脇に車を停めて・・海岸からはテリナノイバラやイガアザミに引っかかれながら、トベラやススキをかき分けて・・
やっと一段高くなっている海岸段丘まで登ってきました~・・さっそく被写体を探し始めるピテカン君です
na1 PA230991

ここで一番会いたかったお花は、ソナレマツムシソウ・・海岸段丘に登り始めると、すぐに姿を見せてくれました
その後も次々に
na2 DSC_3111 (3)

今年も、潮風にも負けずに元気に咲いていました
na2 DSC_3119 (2)

na3 DSC_3169

ちょうど満開の大きな株があちこちに・・嬉しくなってきますね~
na4 DSC_3113

マツムシソウは大好きなお花・・新鮮で綺麗なお花ですね~
na5 DSC_3146

na6 DSC_3153

ソナレマツムシソウは草丈が低く、潮風に負けないように、葉はごわごわと厚く、茎は太くて、全体的にがっしりした印象ですね
na7 PA231004 (2)

草原に咲き乱れるソナレマツムシソウに夢中です~
na8 DSC_3148

お花のアップです~
na9 DSC_3157

na10 PA231014

このお花も海岸型のお花、マルバハマシャジンです
na11 DSC_3174 (2)

ツリガネニンジンの海岸型で、葉が広卵型で輪生しています
na12 DSC_3115 (2)

お花を下から覗いてみると・・お花はツリガネニンジンと同じようですね
na13 PA231026 (2)

今回一番目を引いたのは、海岸型のヤマハッカ・・草原のあちこちに群落を作って咲き乱れていました
こんなに群生している場所も
na14 DSC_3144 (2)

山に咲くヤマハッカと比べて、やっぱり全体的にがっしりした印象ですね
na14 PA231002 (2)

na15 DSC_3163

ちょうど満開だったノコンギクの海岸型、ハマコンギク・・新鮮で綺麗なお花たちでした
na16 DSC_3131

ハマサワヒヨドリはちょっと遅かったようですが、なんとか綺麗に咲いているお花が何株か残っていてくれました
na17 DSC_3164

小さくて小振りのハマサワヒヨドリですが、やっぱり葉は厚めでごわごわ
na18 PA231006 (2)

草原のアクセント・・黄色のお花はハマコウゾリナ
na19 DSC_3180

お花はコウゾリナと見分けがつきませんね~
na20 PA231000

ハマアキノキリンソウはちょっと早かったようで、やっとお花がいくつか開花したばかりのようですね
na21 DSC_3125

チクリチクリと・・けっこう痛い目にあいます~・・イガアザミは、今年は増えているように思えるのですが・・
na22 DSC_3139

ちょっと場所を変えて、出会えました・・ナンバンギセルです
na23 DSC_3179

ちょうど見頃の新鮮なお花でした~
na24 PA231028

イソギクはまだまだ早かったようで、固い蕾でした・・開花すると一面に黄色が広がって綺麗なのですが・・
na25 PA230985

強い風を避けて、休憩で~す・・ソナレマツムシソウに囲まれて幸せな一時
na26 DSC_3156

海岸型のお花たちをたっぷりと楽しんで丘を下ります・・これがまた一苦労
この後は、ススキと葦との格闘が待ってます~
na27 DSC_3170


引っ掻き傷をたくさん作って・・やっとの思いで海岸に下りて・・車に戻りました

さてもう一カ所、お花探索を予定しているのですが、海岸段丘でのんびりし過ぎてかなり遅くなってしまいました

なにしろお家を出発したのが朝遅めだったので、時間がありません・・大急ぎ移動ですが、日暮れに間に合ってくれるかな~・・

五郎山へ登ってきました~

翌16日の日曜日、お天気予報では、午前中は晴れの良いお天気で、午後から雲が出て、次第に曇空に・・

お山に登るなら、なるべく早いほうが良いよね~・・ということで、ホテルを6時に出て、信州のお山、五郎山に向かいます

高速を使っても目的地へは2時間ほど・・大急ぎで朝食と準備をして、何とか8時過ぎには歩き始めます


林道を少し入った所に車を停めて、秋らしい朝の冷涼な空気の中を歩き始めます
mm1 DSC_3045 (2)

柔らかなお陽さまの温もりで、次第にポカポカしてきました~
mm2 DSC_3047 (2)

よく手入れされたカラマツ林の中の林道を辿ります
mm3 DSC_3049

可愛らしいハナイグチの幼菌がぽっこりと・・林道に顔をだしていました
mm4 DSC_3050

林道歩き30分ほどで五郎山登山口に着きました
登山口からは、あえぎあえぎのカラマツ林の中の急登が続きます
mm5 DSC_3051 (2)

カラマツ林を抜けてシラカバ林に入っても、まだまだ急な登りは続きます~
mm6 DSC_3056 (3)

カラマツ林を抜けると、ますます傾斜は急になり、所々では岩場をよじ登るようにして登ることに
この辺りまで登ってくると、モミやツガの針葉樹林に・・針葉樹林の良い香りが漂って、元気にしてくれます
mm7 DSC_3058 (2)

登山口から一気に300メートル・・急登を登り切り、マキヨセの頭手前の見晴らしの良い稜線に飛び出しました~、
ここからは、岩場の稜線歩きが始まります
mm8 DSC_3059 (2)

スリル満点の岩登り・・紅葉し始めた樹々が迎えてくれました
mm9 DSC_3062 (2)

マキヨセの頭を超えると、行く手にこれから登る五郎山のピークがド~ンと目の前に
mm10 DSC_3063 (2)

P2に続く稜線の岩場を慎重に進みます
mm11 PA160924 (2)

P2へのルートは、岩の隙間を縫って絶妙のルート・・上手くルートを作ったものだと感心しながら先へと進みます
mm12 DSC_3067

P2から見た五郎山のピーク・・どこから登るの~・・ちょっと不安になりますね・・
mm13 DSC_3068

頂上直下、トラバース気味に樹林の中を進むと・・
mm14 DSC_3071

頂上に飛び出しました~
mm15 PA160926

カッパも三角点にタッチで~す
mm16 DSC_3082 (2)

頂上からは、絶景の眺めが広がっていました・・国師から金峰山にかけて、奥秩父の山々・・奥には南アルプスのお山も姿を見せてくれました
mm17 DSC_3074

八ヶ岳方面もバッチリ見渡せました
mm18 DSC_3075

木陰で大休止・・コーヒーブレイクで~す
mm19 DSC_3078

下山は元来た道を戻ります・・P2目指して
mm20 DSC_3084

岩場を下って・・カッパはけっこうこういう岩場が好きなのですが、膝には負担がかかります
mm21 DSC_3087

下りはあっという間・・林道に飛びだして、後はのんびりと車までお散歩気分
mm22 DSC_3089

たわわに実る山ぶどう・・熊さんのご馳走ですね
mm23 DSC_3090 (2)

これはイケマの果実・・大きな鞘があちこちに見られました
mm24 DSC_3095

鞘の中にはケサランパサランがいっぱい
mm25 DSC_3098



信州のお山、五郎山はあまり知られていないお山・・この時期はどこへ行っても登山者がいっぱいなので、なるべく静かなお山を選んでの登山でした
思惑通り、この日出会った登山者は一人だけ・・静かなお山を二人占めでした

カッパの膝の具合が悪いので、半日程の軽い登山コースを選んでくれたようです

ただ、もう少し綺麗な紅葉を期待したのですが、お山の下の方ではほとんど色づいてなくて、少し登っていくとやっと紅葉している樹々を目にすることができました

適度に岩場のスリルも味わえた、なかなか楽しいお山でした

帰路にはゆっくりと日帰り温泉を・・と予定していたのですが、遅くなると、帰りの高速の渋滞がひどくなりそうなので、温泉は諦めて、まっすぐ帰宅・・8時前には帰宅できました

ムラサキセンブリの咲くお山へ

ホソバツルリンドウを堪能した後は、別のお山へ向かいます

このお山ではちょうどムラサキセンブリが見頃かな~・・ワクワクしながら、車をちょっとしたスペースに停めて歩き始めます

昨年はこのお山で、花・花・花さんとバッタリだったのですが、今年は花友さんには誰にも出会いませんでした・・

後から花・花・花・さんも同じ日にこのお山に行かれていたことを知ったのですが、少し早くに来られたようで、ニアミスだったようですね


少~しおぼろに霞んでいる富士山とススキ・・なかなか風情のある景色ですね~
ml1 DSC_3038

お目当てのお花、ムラサキセンブリです
この場所ではちょうど咲き始めの新鮮な素晴らしい紫色のお花たちに出会うことができました
ml2 DSC_2985

この株は、まだまだ蕾がたくさん!・・これからですね~
ml3DSC_2991.jpg

ml4 DSC_2993

満開のちょうど見頃のお花たち・・うっとりの美しさですねml5 PA150898

お花をアップ気味に
ml6 DSC_2986

富士山をバックにムラサキセンブリを撮りたかったのですが・・富士山には雲がかかってしまい、なかなか上手く撮れませんでした
ml7DSC_3008 (2)

お山をぐるっと廻って、もう一カ所別の場所へ・・ここは日当たりの良い草原です
ml8 DSC_3023

ここでは、盛期を少し過ぎているようですが、花付きの良い大きな株に出会うことができました
ml9 DSC_3029

大きく立派な花付きの良い株の他にも、小さな株がたくさん見られました
小さな株たちも懸命にお花を咲かせてくれていて、可愛らしい~
ml10 DSC_3032

お花のアップです・・お陽さまをいっぱいに浴びて、嬉しそう?・・
ml11 PA150915

その他、まだなんとか咲き残っていたお花たちに出会うことができました
ナギナタコウジュは大きな株になっていました
ml12 DSC_2968

咲き残りのフシグロ・・お花を見たのはこの株だけ、ほとんどの株ではすっかりお花は終わっていました
ml16 DSC_2981

ヤクシソウは次々にお花が咲いて、まだもう少し見られそうですね
ml17 DSC_2997

このお山で、一番目を引いたのはリンドウ・・豪華に咲き乱れていました
ml18 DSC_3000

ブーケのような素晴らしく花付きの良い株・・青紫色が美しいですね~
ml19 PA150909

ハバヤマボクチがにょきにょきです~
ml20 DSC_2998

アキノタムラソウも、終盤のお花ですね
ml21DSC_3037.jpg

タチフウロが所々に・・まだ咲いていてくれました
ml22 PA150912

夕陽を受けて、キラキラ輝いているのはアキノキリンソウ
ml23 PA150922

秋はなんといって野菊の季節ですね・・野菊はなかなか区別が難しくて・・このお花はシロヨメナで良いにかな・・
ml24 DSC_3044

一番多く見られたのはノコンギク
ml25 DSC_2996

登山道沿いでは、リュウノウギクも多く見られました
ml26 DSC_3017

ユウガギクの姿も
ml27 DSC_3041

次第にお陽さまも西に傾いて・・ススキが原を後にします
ml29 DSC_3043



急遽計画した花旅でしたが、目的のお花、ホソバツルリンドウにムラサキセンブリを堪能することができて、大満足

急な計画だったので、なかなかお宿が取れなかったのですが、なんとか予約できた甲府のホテルへと向かいます

翌日は久しぶりに、軽めの登山を計画しています・・まだカッパの膝の具合がいまいちなので、様子を見ながらの登山です~

秋のお花も終盤に・・

10月も中旬を過ぎると、秋のお花たちもめっきり少なくなってきますね・・陽が落ちるのも早くなってきて、寂しい季節になってきました

最後のあがき?・・観察会が雨のため中止になってしまって見ることができなかったホソバツルリンドウ、まだギリギリ間に合うかも・・という情報をいただいて、ダメ元で見に行ってみることに

数週間続いて週末はお天気が悪かったのですが、15、16日の土日は、久しぶりの☀晴れ予報
お花に会えなくても、秋晴れのお山を楽しめれば満足することにして、1泊2日で出かけてきました

いつものように4時起き5時出でお家を出たのですが、高速はすでに混雑・・それでも、なんとか渋滞には捕まらず、目的地に到着することができました


車中で大急ぎで朝食を済ませて、教えていただいていた場所へと急ぎます
すぐに枯れたお花をたくさん付けた株が目に入りました・・あれ~・・やっぱり遅かったかな~・・
と・・すぐ横に、まだ綺麗なお花が咲いてくれました
mk1 DSC_2919

朝早かったので、まだお陽さまが差していなかったので、ほんの少し先が開きかけている程度ですが、しっとりと優し気な雰囲気の素敵なお花です
mk2 DSC_2920

よく探してみると、他にも何株か、ススキや篠竹に巻き付いて綺麗なお花を付けた株を見つけることができました
mk3 DSC_2926

朝露に濡れてしっとりと・・薄紫のグラデーションがほんとに美しい
こんなに綺麗なホソバツルリンドウのお花に会えたのは初めて・・大感激です
mk3 PA150859

お花をアップ気味に・・下から覗いてみました
お花の内側の奥のほんのりクリーム色が綺麗ですね~
mk4 PA150865

写真を撮っていると、しばらくして陽の光が届いてきました~
mk5 DSC_2952

お陽さまを受けてお目覚めのようですね
mk6 DSC_2938

たくさんのお花を付けて重たそう~
mk7 DSC_2948

細くて華奢な蔓だけど、しっかりと篠竹に支えられて、次第にお花が開いてきたようですね
mk8 DSC_2946

葉も細くて、全体的に華奢で優美な雰囲気のお花・・自然界にこんなに優し気なお花が咲くなんて神様もなかなか粋な計らいをされますね
mk9 DSC_2942

ほんとうに美しいお花ですね~
mk10 DSC_2956

mk11 DSC_2944

お花が終わった株には鞘が見られました・・鞘の中の種から芽が出て、来年はもっと増えてくれるといいな~・・
mk12 DSC_2953


今年はもうお花に会えないと諦めていたホソバツルリンドウですが、とっても綺麗なお花たちに出会うことができました

情報をいただいた花友さんに感謝です

さて、朝まだ早い時間からのお花探索だったので、ゆっくりと腰を落ち着けてお花の写真を撮っても、まだお昼前

ということで、もう一カ所、ムラサキセンブリの咲くお山に移動することに

チチッパベンケイ

先日のキノコウオッチングの往き帰り、国道沿いの大きな交差点片側の法面に、何やら群生して咲いているお花が目に留まりました

往きは遠目からちらっと見ただけなので、確信が持てなかったのですが、どうやらチチッパベンケイの群生のような?・・帰りに車を停めて確認してみることにしました~

車を停めて近寄ってみると・・やっぱりチチッパベンケイ!・・こんな車の通りの多い国道沿いに群生しているなんて、驚きでした


法面一面に群生していたチチッパベンケイ
mj1 PA100857

コンクリートの法面かと思ったのですが、どうやら岩を削ってできている法面のようです・・
mj2 PA100851

岩の隙間にしっかりと根を下ろして生育しているようですね
mj3 PA100845

茎が赤いのが特徴の一つだそうです
mj4 PA100850

ちょうど綺麗に開花している盛期のお花に出会うことができたようです
mj4 PA100856

更に近寄ってみると・・小さな可愛いお花がびっしりです~
mj5 PA100846

ちょうど開花したばかりの、新鮮なお花たちですね
mj6 PA100849

お花をアップで・見てみると・・花弁が5枚、雄しべが10本、雌しべが5個あるのがはっきりとわかりますね
花弁の先と雄しべの赤が、クリーム色の花弁と雌しべに映えて可愛いですね
mj7 PA100848


まさかこんな場所に咲いているとは思わなかったチチッパベンケイ・・思わぬ出会いで嬉しさもひとしおでした

チチッパベンケイに出会えたので、次はオオチチッパベンケイに会いに出かけて、違いを確認してみたいな~・・なんて思ってしまいました~

キノコウオッチングも空模様を見ながらでした!

10月8日からの3連休、お天気予報ではどの方面も雨予報

8日は富士山方面の観察会に参加予定していたのですが、雨が酷そうだったのでキャンセルし、その後中止の連絡が入りました

ということで、雨予報の合間を縫って、キノコウオッチングに出かけることに

ところが・・気温も下がらず、秋の長雨で湿度も高い日が続いていたようで、キノコの姿は多くないうえに、目にするキノコは古いものばかり

写真に撮って綺麗なキノコには、なかなか出会えませんでした


早朝お家を出る頃にはまだ弱い雨がしとしとと~・・雨の中のキノコウオッチングになりそうだね~・・と思っていたのですが・・
歩き始める頃にはすっかり良いお天気に
mi1 PA090754

稜線目指して登り始めて・・あんまり綺麗なキノコ出てないな~
と思っていたら、こんなに綺麗なキノコが出てました・・緋色が鮮やかなアカタケです
mi2 PA090759

このお山で一番多く目に付いたのが、トキイロラッパタケ・・トキ色の名前通り、サーモン色の綺麗なキノコでした
mi3 PA090761

顔を出したばかりのこんなキノコも
mi4 PA090767

稜線に出ると、ブナやナラの広葉樹の林が続きます
mi5 PA090773

立ち枯れのナラの木には、ぱっと目を引く赤くて大きなキノコの塊
mi6 PA090774

なんと大きなマスタケの塊でした~
mi7 PA090775

そろそろお腹がすいてきたので、ランチタイムで~す
前日のお残りおかずと、大好物の出汁巻き卵、シソの実とチーズを混ぜて作ったお握りです
mi8 PA090778

ナラの大木の間を縫ってキノコウオッチング
mi9 PA090780

白地にほんのりピンク色のぼかしが入った、柔らかな印象のキノコ発見・・フキサクラシメジがフェアリーリングを作って並んでいました
mi10 PA090785

それにしてもなんと太くて大きなナラの木なのでしょうね~
mi11-2 PA090790

足元には真っ白なこんなキノコも・・シロオニタケ、猛毒のキノコです~
mi12 PA090794

ハナホウキタケは古くなっていたのか色褪せていて、ホウキタケとの区別が難しくなっているようです
mi14 PA100816

出たばかりの綺麗なクリフウセンタケが群生していました・・きのこキノコしたとっても美しいキノコです
mi13 PA100812

ナラの倒木に出ていたキノコ・・ツキヨタケかな?と思って近寄ると、なんとムキタケ!・・もう出始めているようですね
mi15 PA100819

クリタケもくりくり頭を出したばかり、もう少し季節が進むとあちこちで見られるかな~
mi16 PA100820

このキノコも頭を出したばかり・・カワムラフウセンタケだと思うのですが・・
mi17 PA100821

ダイコクさまも綺麗に並んで頭を出していました
mi18 PA100830

ワインレッドの綺麗なキノコはサクラシメジで~す
mi19 PA100836

このキノコもけっこう多く見かけましたが、おそらく食べられないほうのシロハツ、シロハツモドキ?
mi20 PA100838

そんなに種類は多くなかったのですが、何種類かの綺麗なキノコに会えました
ブナの木々に癒されながらコーヒーブレイクを楽しみました
mi21 PA100840

下山は林道を通って・・
mi22 PA100844



雨が上がった朝には、薄日も差すお天気だったのですが、お山に入ると、霧雨が降ったり止んだりの生憎の空模様に

それでも大降りにならなかっただけ良かったかな~・・ということにして・・さすがの晴れ女のカッパも、今回はなかなか思うようにはいきませんでした~

お山でゆっくりしすぎて、帰路についたのは夕方遅い時間・・高速の渋滞に捕まると嫌だな~・・と思っていたら、やっぱりしっかりと渋滞地獄にはまってしまいました~

それでも何とか10時前にはお家に辿り着くことができました

富士山麓の草原で出会ったお花たち

今回は、前回蕾しか会えなかったヒメヒゴタイの、開花したお花に会うのも、目的の一つでした

ちょっと盛期は過ぎていたようですが、ポンポンのてっぺんが花火のように開花したヒメヒゴタイのお花に会うことができました

その他、まだ咲き残っていたと嬉しくなるお花や、秋真っただ中に咲くお花と、たくさんのお花に出会うことができました


すっかり開花していたヒメヒゴタイのお花・・昨年も蕾しか見ていなかったので、開花したお花を見るのは、今年が初めてです
mh1 DSC_2829

とはいえ・・蕾のポンポンのほうが可愛かったような~・・?
mh2 DSC_2830

それにしても面白い咲き方ですよね
mh3 DSC_2833

お花をアップで見てみると~・・こんなにもじゃもじゃ頭のお花でした~
mh4 PA020712

mh5 PA020732

前回綺麗なお花を見せてくれたキクアザミは、もうほとんどお花は終わっていて、脇芽から出たお花をなんとか写真に収めることができました
mh6 DSC_2866

mh7 DSC_2867

この株は?・・キクアザミとも少し違うようなのですが・・
mh8 DSC_2854

まだ残っていたなんて!・・嬉しくなりました
ヒナノキンチャクはほとんど巾着になっていたのですが、てっぺんに可愛らしいピンク色のお花です
mh9 DSC_2790

フシグロも名残のお花を見せてくれました
mh10 DSC_2798

シラヤマギクもほとんど終わっていたのですが、小振りのこの株は、開花が少し遅かったようですね
mh11 DSC_2809

ポツンポツンとこちらも夏の名残、タチフウロです
mh12 DSC_2815

前回お花がなかったヤマラッキョウが、今回はちょうど花盛り
mh13 DSC_2817

オレンジ色の葯も見えますね
mh14 DSC_2874

シロバナヤマラッキョウも何株か見ることができました・・ヤマラッキョウの葯はオレンジ色だけれど、シロバナヤマラッキョウの葯は黄色だと以前教えていただきました
mh15 PA020738

マツムシソウは花期が長いようですね・・まだまだ綺麗なお花でした
mh16 DSC_2818

細かい霧雨を花弁に残していたカワラナデシコです
mh17 DSC_2819

アキノキリンソウは草原のアクセント・・黄色が目立ちますね~・・ちょうど花盛り
mh18 DSC_2820

オミナエシはほとんどお花が残ってなくて、これは脇芽のお花です
mh19 DSC_2821

前回はポツンポツンと見られたモリアザミが、今回は枝々にお花を付けていて、満開でした~
mh20 DSC_2914

リュウノウギクは、岩場がお気に入りのようで、大きめの岩に根を下ろしてちょうど綺麗に開花していました
mh21 DSC_2836

タチコゴメグサもまだ咲いていて・・どんどん背が高くなっていくのかな~
mh22 DSC_2843

ハバヤマボクチはもうすっかりドライフラワー状態?
mh23 DSC_2845

広~い草原にキキョウが一輪・・ポツンと・・秋も深まってますね~
mh24 DSC_2849

紫系のお花が多い秋の草原で、爽やかな印象のウメバチソウ・・ちょうど綺麗に咲いていました~
mh25 DSC_2860

ここでも会えました!・・大好きなお花リンドウです
mh26 DSC_2871

ノコンギクもこの草原では、紫色が濃いようですね
mh27 DSC_2862

このアザミはタイアザミで良いのかな・・?・・どうもアザミは自信ありません
mh28 DSC_2875

朝早い時間には、良く晴れていて青空の下に富士山がくっきりだったのですが、お昼近くになるとだんだんと雲が出てきて・・
富士山もすっかり隠れてしまいました
どんよりとした空の下、一面のススキの原・・広い草原です~
mh29 DSC_2906 (2)


朝の草原は、まだ気温も低く爽やかだったのですが、お陽さまが高くなるに連れて気温もどんどんウナギ上り
湿度も高くて蒸し蒸し~・・です~

草原のお花散策の後は、もう一か所ムラサキセンブリに会えるお山を訪れる予定だったのですが、この草原でたくさんのムラサキセンブリのお花に会えたので、もう充分だね~・・ということに

なによりこの蒸し暑さにピテカン君が参ってしまい、もうヘロヘロ状態だったので、そのまま帰宅することに

かなり早い時間に高速に乗ったので、ほとんど渋滞にも会わず順調に走って、都内を抜けることができました

途中で、角上さんに立ち寄ってお買い物し、美味しいお魚を仕入れても、7時過ぎには帰宅できました~

秋の草原を再び訪ずれてみると・・

初秋の草原でお花探索した時に、足元に、まだ固く閉じた緑色の蕾を付けたこのお花の株がいくつも目に付いたので、お花の咲く時期にはぜひ訪れてみたいね~・・と話していた富士山麓の草原

10月最初の日曜日に再訪してみることに

遅くなると高速の渋滞が始まるので、いつものように4時起き・・5時にはお家を出ます


早朝の草原は、前日の雨が嘘のような良い天気・・青空の下、富士山もくっきりです
1 DSC_2792 (2)

草原は前夜の雨にしっとりと濡れていて、足元を濡らします
歩き始めるとすぐに、淡い紫色のお花が目に付きました・・この日のお花探索の目的のお花、ムラサキセンブリです
2 DSC_2814

3 DSC_2802

朝の柔らかなお陽さまを受けて、開花したばかりの風情ですね
4 DSC_2828


5 DSC_2805

青みを帯びた紫色のお花が美しい・・大好きなお花です
6 DSC_2811 (2)

ぎっしりと、こんなにたくさんの開花したお花を付けた株も・・ちょうど盛期に訪れることができたようですね
7 PA020690 (2)

ウメバチソウとのコラボも・・白と紫の組み合わせが綺麗です~
8 DSC_2808

お陽さまが、次第に高く南に移っていくと、草原の表情も少しずつ変わってきました
別の場所では、こんなにたくさんの株が纏まって咲いている所もありました
9 DSC_2881

ここでも、たっぷりとお陽さまを浴びて満開・・思いっきりお陽さまを楽しんでいるようですね
10 PA020745

3カ所目では、こんなに素晴らしく美しく纏まって咲いているお花たちに出会うことができました
思わず見惚れてしまう美しさです
11 DSC_2911

ここのお花たちは、紫色が淡く、柔らかな色合いですね
12 DSC_2913

お花をアップ気味に・・センブリのお花はどの種も整った美しさですね
PA020684 (2)



この時期に富士山麓の草原を訪れたのは初めてだったのですが、あちらでもここちらでも、たくさんのムラサキセンブリのお花たちに出合うことができ、感激でした

この草原では、その他たくさんの秋のお花たちに出会うことができました

次回にそのお花たちを紹介しようと思います

雨の日のお手軽花散策・・アケボノシュスラン

10月最初の土曜日、朝から霧雨がしとしとと~

遠出は止めて近場のお手軽花散歩することにして、朝寝坊

朝食もゆっくり摂って準備をし、お家を出たのはもう10時前・・遅い出発に」なりました

下道でもそんなに時間はかからないのですが、少しでも早く目的地に着きたかったので、高速を利用
1時間ちょっとで目的地に到着で~す


駐車場に車を停めて、傘を持って歩き始めます・・雨は降ったり止んだりで、傘は閉じたり広げたり
mg1 DSC_2785

目的地に着いて、杉林の中を覗いてみると・・あれれ~?・・お花の姿が見当たりません・・確かこの辺りに群生していたはずですが・・
杉林に入ってみると、やっと小さな群落が目に入りました
mg2 DSC_2734

以前はもっと大きな群落だったのですが、いろいろな条件で、だんだんと株数が減ってきたようですね
mg3 DSC_2741

昨年訪れた時にはお花がすっかり終わっていて、がっかりだったのですが、今年は間に会ったようです
mg4 DSC_2736

盛期をすこ~し過ぎたようで、萎れたお花もありましたが、まだまだ綺麗に咲いていたアケボノシュスランです
mg5 DSC_2744

前夜は本降りの雨だったようで、花弁に泥跳ねしていて、ちょっと可哀想なお花です
mg6 PA010637

お花のアップです・・
あけぼの・・の名前通りのほんのりとした淡紅の色合いが美しいですね~
mg7 PA010634

なかにはこんな真っ白なお花も・・薄~く緑色のぼかしが素敵なお花でした
mg8 PA010651 (2)

更に進むと、道脇にもこんなに綺麗なお花が
mg9 DSC_2756

雨に濡れたしっとり感も良いですね~
mg10 DSC_2754 (2)

一番奥まで進みます
奥の行き止まりの斜面にも小さな群落ができていました・・以前は咲いていなかったと思うけれど・・自生地が広がったかな~
mg11 DSC_2770

近くで写したいと近寄ると~・・大変!底なし沼のように長靴がズブズブズブ~っと
慌てて長靴を引き抜いて、脱出です~
何とか撮れた1枚です
mg12 PA010660

遠目からズームして撮りました
mg13 DSC_2777

雨が嬉しいのか、沢蟹さん登場・・傘の先でかまうと、一人前に爪を振り上げて、臨戦態勢をとるのがかわゆい~
mg14 DSC_2786

雨も強くなってきたようです・・杉林を後にして、車に戻ります
mg15 DSC_2779


急に思い立って、「アケボノシュスランでも見に行こうか~」・・ということになって、お出かけでしたが、短時間で満足の行くお花探索になりました

さて、まだまだ早い時間・・もう一か所廻ってみようか~・・とも思ったのですが・・

翌日もお出かけを予定しているので、この日はこのまままっすぐ帰宅することに
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる