刈田岳スキー登山、強風で撤退!

ピテカン君がお休みが取れたので、2月24日の金曜日から2泊3日で、ちょっと遠出して東北地方にスキーと温泉の旅に出掛けてきました

早朝の運転に不安があったので、ピテカン君の帰宅を待って、木曜日の夜からゆっくり仮眠しながら目的地に向かうことに

お風呂とお夕食を済ませ、スキーやなにやかやと荷物を車に積み込んで、お家を出たのはもう夜11時前
とりあえず走れる所まで走って、どこかのSAかPAで仮眠することにして、のんびりの出発です~

国見のSAまで辿り着いて、朝になるまでぐっすり~・・ちょっと寝坊してしまって慌てて目的地の蔵王ライザワールドへと向かいます

初日の予定は、厳寒のこの時期に見られる蔵王のモンスターを楽しみながら、刈田岳までスキー登山で~す
お天気がちょっと不安・・お天気予報ではこの日は、曇・雪マーク・・きっとお山は雪でしょうね~・・


ライザワールドの駐車場に車を停めて、準備をし、リフト乗り場へと向かいます
お天気予報通り、スキー場下ではちらほら雪が舞い、お空はどんよりした曇り空です~・・
チケット売り場で、上のリフトは強風のため止まる可能性があります・・と聞いて、ちょっと不安に
om1 P2242526

リフト2本乗り継いで、スキー場トップへ・・なんとか2本目のリフトも動いてました~
om2 P2242527

スキー場トップでは、風も強く、風が雪を吹き上げてほとんどホワイトアウト状態に・・
とりあえず行ける所まで行ってみようか~・・シールを装着して歩き始めます・・まずは途中の避難小屋を目指します
om3 P2242528

歩き始めてすぐに、もうこんな立派なモンスターに会うことができました
が・・周りも真っ白・・写真に撮るとほとんど周りの景色と区別がつきませんね~
om4 P2242533

登るにつれて次第に風が強まってきました~
時々立ち止まって、風に耐えないとよろめいてしまいそう~
om5 P2242535

モンスターは次々に姿を見せてくれるのですが~・・
om6 P2242537

強風と風でほとんど視界が利きませ~ん
ここではコース沿いに10メートル間隔くらいでポールが立っているので、ポールを辿りながらなんとか登っていくことができます
om7 P2242540

モンスターはだんだんと立派になってくるのですが~・・
om9 P2242543

強風と雪で何も見えませ~ん
カッパはもうこれ以上は耐えられませ~ん・・とても避難小屋まで辿り着けそうもありません
ということで、Uターンです~
om10 P2242545

下山もまた大変
雪は強風のため、完全にカリッカリのアイスバーン・・とってもスキーで滑れる状態ではありませ~ん
シールを付けたままズリズリ~と歩いて下ることに
om11 P2242546

下から吹き上げてくる強風と雪で、こんな状態に~・・
om12 P2242547

だいぶ下ってきました~
om13 P2242548

やっと、スキー場トップ、リフト終点にたどり着きました~
なんと!・・リフト止まってます~
ここでシールを外して、ゲレンデを滑り降ります
om14 P2242549

リフトが止まっているので、もちろん誰もいません~
ゲレンデは貸し切り状態・・ですが・・ゲレンデも強風で、完全にアイスバーン
om15 P2242550

スキー場脇の樹林が霧氷に・・お天気が良ければ、キラキラで綺麗でしょうね~
om16 P2242553

お天気はどんどん悪くなってきているようです~
om17 P2242554

なんとかスキー場下のリフト乗り場まで下ってきました
om18 P2242556



お天気は強風と雪で最悪でしたが、なんとか立派なモンスターに会うことができました

叶うことなら、快晴の青空の下で見たかったな~

お休みが先に決まってしまうので、お天気と相談しながら予定を立てることができないサラリーマン・・仕方ありませんね~

2時間ほど雪と風に翻弄された後は・・カッパの一番のお楽しみ、温泉へと向かうことに

この日のお泊りは、米沢八湯の一つ、白布温泉の東屋さんで~す
スポンサーサイト

入笠山スノーハイキング

翌日、お宿ではかけ流しの温泉で朝風呂を楽しみ、美味しい朝ごはんをたっぷりいただいて、お宿を後にします

蓼科周辺では、前夜どうやら降雪があったようで、車には5センチほどの新雪が積もっていたのですが、朝にはすっかり止んで、抜けるような青空が広がっています
この日はお天気が良ければ、軽いスノーハイキングでも・・と考えていたので、さっそく当初の予定通りに、入笠山に登りに行くことに

気温が下がっているので、道路はカチンカチンに凍っていて・・4駆車でもこわごわ~・・蓼科から諏訪方面へと下っていきます


富士見パノラマリゾートの駐車場に向かうのですが、もう10時を過ぎていたので、なんと停められた駐車場は第5駐車場
送迎バスがセンターハウスまで運んでくれました・・準備をしてゴンドラ乗り場へ
ol1 P2192484

ゴンドラからは正面に八ヶ岳の雄姿が望めて絶景です
ol2 P2192525

15分ほどでゴンドラ山頂駅到着で~す
大勢のスキーヤーやスノーボーダーに混じって、スノーシューやアイゼンを装着するハイカーもけっこう多いようです
わたしたちは、チェーンスパイクを履くことに
ol3 P2192485 (2)

広い林道を歩き始めます
ol4 P2192486

林道から入笠湿原に付けられた遊歩道を辿ります~・・これがけっこうな急下り
帰りの登り返しが心配~
ol5 P2192488

入笠湿原から一登りして、マナスル山荘前に到着・・ここでもたくさんのハイカーが登山の準備中
山頂は混み合いそうですね~
ol6 P2192489

マナスル山荘の前から入笠山への登山道を辿ります
ol7 P2192490

だんだんと雪も深くなり、傾斜も増してきました
ol8 P2192491

頂上直下では、かなりの急登りに~・・カッパ最後の頑張りで~す
ol9 P2192492

広い入笠山山頂に飛び出しました~
頂上では360度の展望・・大勢の登山者が展望を楽しんでいました
ol10 P2192494

快晴の空の下、ピテカン君の後ろには八ヶ岳がくっきり
ol11 P2192501

中央アルプスで~す
ol12 P2192497

北アルプス、槍・穂高も
ol13 P2192498

南アルプスの甲斐駒ヶ岳のゴツゴツした雄姿です
ol14 P2192499

頂上からの展望をたっぷりと楽しんで、首切登山口に向かって下ります
こちらのコースを取るハイカーはほとんどなく、針葉樹林の下、静かなスノーハイクを楽しめました
ol15 P2192509

ゴンドラ山頂駅から続く林道に飛び出しました~
林道を辿って大阿原湿原へ廻ってみることに
ol16 P2192510

林道歩き20分ほどで大阿原湿原に出ました
ol17 P2192511

お花の季節だと楽しめそうですが、この季節だと雪景色が広がるだけで、ちょっと寂しい風景ですね~・・
ol18 P2192513

ちょっと風が強くて寒いけれど、湿原の陽だまりでお茶にしました・・前日探して立ち寄った、ル・キャトル・セゾンさんのドライフルーツのパウンドケーキとテルモスの紅茶で~す
楽しみにしていたパウンドケーキは予想以上に美味でした
1切れだけにして、残りは帰宅後に美味しいコーヒーといただくことに
ol19 P2192514

帰りは林道をそのままゴンドラ山頂駅まで歩きます
ol20 P2192517

林道の途中の八ヶ岳ビューポイントで一休み
ol21 P2192519

林道歩きに飽きた頃、やっと入笠湿原に到着しました~
ol22 P2192522

ここからはゴンドラ山頂駅まで登りになります~
ol23 P2192523

湿原を登り切って、ゴンドラ山頂駅まで戻ってきました・・ここでも八ヶ岳がくっきり
ol24 P2192524



ゴンドラからもう一度八ヶ岳を眺めてゲレンデ下まで下り、センターハウスからは送迎バスで駐車場まで送っていただいて、この日のスノーハイキング終了で~す

とにかくめちゃくちゃに良いお天気・・ず~っと八ヶ岳が見えていて、素晴らしいスノーハイキングが楽しめました

さて・・遅くなると高速の渋滞が心配だけど・・昨日立ち寄ったル・キャトル・セゾンさんのケーキが気になっていたわたしたち、ル・lキャトル・セゾンさんは日曜日定休日だけれど、Aコープさんにケーキを置いているということだったので、探してみることに

食いしん坊のわたしたち、探しあてましたよ~・・そしてケーキ購入

今回はお土産お買い物はケーキだけにして、高速に乗ります・・早目に帰路に就いたのが幸いして、車は多かったものの、ひどい渋滞に合うこともなく、わりあいスムーズに帰宅することができました

赤沢宿を訪ねて~

セツブンソウにミスミソウと、咲き始めたばかりの初花を堪能したのですが、まだ時間があったので、欲張ってもう一カ所廻ってみることに

身延山の宿坊だった赤沢宿へと車を走らせます

ここでのお目当てのお花はフクジュソウ・・フクジュソウの開花は、お陽さまと温度が関係する~・・ということで、少し日差しが出てきた午後に廻ってみました


まずは清水家さんに立ち寄ってお花の情報集めです~
ok1 DSC_4660

清水家さんの内部です・・意外にモダンですね
お店の方にお花の開花状況をお尋ねしてみると・・お庭に案内いただいて、とても親切に教えていただきました
フクジュソウは、前日の金曜日は、春一番で気温が上がり、満開になったそうですが、この日は一挙に気温が下がったうえに、お陽さまもほとんど照らず、固く閉じたままのようです~
ok2 DSC_4661

午後からは日差しが出始めたので、開花してくれるかな~・・待ってみようか~
ということで、赤沢宿の中を少し散策してみることに
ok3 DSC_4657

石畳の坂道を辿ります~
ok4 DSC_4658

ちょっと中も覗いてみたいな~
ok5 DSC_4668

落ち着いた佇まいの古民家の間を縫って、フクジュソウ群生地に向かいます
ok6 DSC_4667

途中の斜面で、セツブンソウがまとまって咲いていたのですが、ここではちょっと時期が早かったようです
ok7 DSC_4663

フクジュソウは、固く閉じていたお花が、少しずつほころび始めたようです・・セツブンソウの姿もぽつりぽつりと見られます
ok8 DSC_4689

フクジュソウとセツブンソウのコラボです
ok9 DSC_4690

差し始めたお陽さまを受けて、やっと開き始めました~
ok10 DSC_4687

ok11 DSC_4693

土の中からやっと顔を出したばかりのようで、草丈が低くて可愛いですね~
ok12 DSC_4681 (2)

フクジュソウは葉が展開する前のこのくらいのお花が、愛らしくて好きです
ok13 DSC_4683

だんだん日差しが強くなってきて、嬉しそうですね~
ok14 P2182473

こんなに開いてくれました!・・なんとか綺麗に開花したお花のアップを撮ることができました
ok15 P2182471

車を停めさせていただいたお寺の駐車場脇ではミツマタの蕾も膨らんで・・春近しですね~・・
ok16 DSC_4673


この日は、お天気予報では晴れマーク☀だったのに、午前中いっぱいはどんよりした曇り空

午後からやっとお陽さまが時々顔を出してくれたのですが、まだまだ薄日が差す程度
それでもなんとか、ほころび始めたフクジュソウを楽しむことができました

さて・・この日は、急遽お泊りの予定に・・急だったので、お宿の予約が難しく、ちょっと移動が長くなってしまったのですが、今回も蓼科のリゾートクラブの直営施設にお泊りすることに

100キロ以上の移動になってしまいました~・・

春が待ち遠しくて・・早春のお花たちに会ってきました~

寒い日が続いていたと思ったら、突然気温が上がる日があったり・・また寒い日に逆戻りしたりと・・春はもうそこまで来ているようですが、まだまだ冬将軍さまが居座っているようですね

ピテカン君の腰も、調子良くなったと思ったら、また痛みだしたりと、なかなかすっきりとしないようです~
スキーや、長時間の登山はちょっと無理

ということで、先週末2月19日は、まだ早いかな~・・と思ったのですが、山梨方面に早春のお花たちに会いに出かけてきました


まず最初に訪れたのはセツブンソウの群生地・・車を道路脇の空きスペースに停めて、斜面を登って行きます
小さいお花が、落ち葉に半ば埋もれたように咲いていました~
oj1 DSC_4610 (2)

最初はなかなか目に入らなかったのですが、目が慣れてくるとあちらにもこちらにも・・
oj2 DSC_4595

咲き始めたばかりの新鮮で可愛らしいお花たちです~・・
oj3 DSC_4598

oj4 DSC_4611 (2)

曇っていたので、お花はちょっとうつむき加減・・お天気予報では晴れ予報だったのに
oj5 DSC_4609

双子ちゃんのように2輪仲良く並んで咲いる株
oj6 DSC_4604

愛らしいお花たち・・この時期何回か会いたい、大好きお花です
oj7 DSC_4596

oj8 P2182422

お花のアップです~・・白い花弁のように見えるものは萼で、黄色の蜜槽を付けたY字型のが花弁の名残り、中心の紫色の部分が葯を付けた雄しべで、薄紅色のが雌しべだそうです
小さいお花なのに複雑な構造ですね~
oj9 P2182426

辺りはまだ雪も残っているこの時期に、春一番に咲くセツブンソウ・・もう少し季節が進むと、満開になることでしょうね~
oj10 DSC_4613

セツブンソウの群生地から、少し移動して・・ミスミソウに会いに別の里山に向かいます
まだ早いかな~・・と思っていたのですが・・やっぱり~・・まだほとんどが蕾
oj11 DSC_4626

空もどんよりの曇り空で、お陽さまも出てないので、蕾は開きそうにありませんね・・
oj12 DSC_4629

うつむき加減のお花たち・・落ち葉の中から顔をだしたばかりのようですね~・・こんな表情も愛らしい~
oj13 DSC_4631

ちょっと中を覗きたくなりますね
oj14 P2182463

一番たくさんのお花を付けていた株です・・まだ早い時期だったので、葉の緑色も鮮やかです
oj15 DSC_4622 (2)

↑の株をアップ気味に・・もう少し開花したお花を見たかったのですが・・残念、お陽さまは差してくれそうもありません
oj16 P2182443

それにしても小さくて可愛いお花ですね
oj17 DSC_4628

1輪だけですが、やっと開花しているお花に会えました
oj18 DSC_4633

と思っていたら・・この株は開花したお花が2輪・・嬉しいですね~
oj19 DSC_4621 (2)

お花のアップで~す
oj20 DSC_4620

ミスミソウを探しながら、落ち葉におおわれた里山を登っていくと・・開けた場所に飛び出しました
ここでテルモスの紅茶でのんびりティータイム・・しばしの休憩の後、元来た道を車へと戻りました~
oj21 DSC_4636



ミスミソウ探しの里山で、嬉しい今年初ばったり!・・わたしたちが登っていると、上から話し声が~・・「先客さんだね~」と話していると、なんとなんと上から降りてきたご夫婦は、はなねこさんご夫妻でした~

はなねこさんご夫妻とは、昨年も何回かばったり!があって、ご縁があるね~・・と思っていたのですが、まさかこの里山でばったり!するなんて・・嬉しくなりますね

しばしお花談義・・「ちょっと早いけれど咲いてますよ~」・・情報いただいて、上と下に

お花散策を終えて、車に戻る頃、やっとお陽さまが時々顔を見せてくれるように

最後に赤沢宿のフクジュソウに会いに廻ります・・着くころには咲いていてくれるかな~・・ちょっと期待して?目的地へと車を走らせます

ご近所散歩・・初めて歩くコースです~

12日の日曜日、ピテカン君の腰の調子が良ければ、軽めのスノーハイキングでも~・・と考えていたのですが、どうも今一つ、調子が良くないようです~・・

それなら、この日は未見のお花を探して、近場でまだ歩いたことのないコースをお散歩してみようか~・・ということに

我が家からは車で40分ほどの距離で~す
車をお寺の広い駐車場の一角に、邪魔にならないように停めさせていただいて・・歩き始めます


まずは駐車場のすぐ横にあった天照皇神社に立ち寄りました・・なにしろ初めて訪れる場所、どこも興味深々なのです~
oi1 DSC_4556

ここでも早咲きのタチツボスミレです
oi2 DSC_4558

雑木林と田んぼの境の、小川に沿って続く農道をてくてくと・・空はどこまでも青く・・快晴
風がちょっと冷たい~
oi3 DSC_4562

白梅もかなりほころんできましたね~・・
oi4 DSC_4563

日当たりの良い土手では、もうフキノトウがこんなに大きく開いていました
oi5 DSC_4570

食べごろのフキノトウで~す・・いつくかいただいていくことに
oi6 DSC_4564

雑木林脇の湿地で、ご夫婦が何やら採集している様子・・声をかけてみると、セリを摘んでいるとのお返事
「ここのセリは育っているのよ~」・・帰りにわたしたちも摘ませていただくことに
oi7 DSC_4571

さて・・目的のお花を求めて集落に上がっていくことに
oi8 DSC_4568

あちこちお花を探すのですが・・
oi9 DSC_4577

オオイヌノフグリは花盛り・・お陽さまいっぱいで嬉しそう~
oi10 DSC_4560

3輪並んで可愛いですね!
実はまだ未見のお花は、このお花の「オオ」が付かないお花なのですが・・残念ながら今回も見つかりませんでした~
oi11 DSC_4587

1輪だけ開花していたカラスノエンドウ
oi12 DSC_4566

早春ではお馴染みのホトケノザ
oi13 DSC_4569

真紅の紅梅は花盛り
oi14 DSC_4585

青空に映えてますね~
oi15 DSC_4584

民家のブロック塀の上に可愛らしく飾ってありました・・夏みかんにアンパンマンやドキンちゃん、ばいきんまんといったキャラクターがズラ~リです
思わずにっこりですね~
oi16 DSC_4589

お花を求めてぐるっと一周・・出発地の円福寺さんに戻ってきました
oi17 DSC_4590

境内に木製の立派なテーブルと椅子が据えられていたので、ここでランチタイムにすることに
この日のランチはカッパ作のクロックムッシュと、野菜と果物でした
今回もクリームシチュー・・暖まりました~
oi18 DSC_4593

持ち帰ったフキノトウはさっそく天麩羅に
採った当日に調理すると、ほとんど苦味がなくて、春の香りだけが口中に広がってとっても美味です
oi19 P2122409

セリは白和えにしました・・まだ柔らかくて、シャキシャキした歯触りと独特の香りが素晴らしく、とっても美味しくいただきました~
oi20 P2122410



この日も前回に引き続き、お目当てのお花に会えませんでした~・・この頃お花の神様に見放されている?かな~

このお花、実は昨年も探していて、ピンポイントで場所がわかっていたにもかかわらず、見つけることができなかったお花なのです
お花が咲いていないと見つけるのが難しいうえ、お花がとにかく小さい~・・ということで、また次回以降の宿題に

ご近所散歩にもそろそろ飽きてきて・・来週あたりはもう少し早春らしいお花散策に出掛けたいな~

もうすぐお誕生日!・・一足早いお誕生日パーティーでした!

年が変わって、最初にピテカン君のお誕生日がやってきます・・1年が巡るのが早いこと!早いこと!!
これって歳をとった証拠?かな~・・実感ですね

ぎっくり腰はだいぶ良くなってきたのですが、まだ長時間立ったり歩いたりすると具合が悪くなるようだし、先週末は週末寒波であちこち大雪の報道・・ということで、先週末もお出かけの予定は入れずに、お家で大人しくしておくことに

11日土曜日はちょっと早目のピテカン君のお誕生日パーティーでした


タマミィーユさんに予約しておいたバレンタイン用のチョコレートケーキに、お誕生日のプレートを用意していただきました
ピテカン君のお誕生日がちょうどバレンタインデー近くなので、毎年タマミィーユさんのバレンタイン用のケーキを用意します
今年はどんなケーキかな~・・毎年のお楽しみです
oh1 DSC_4545

ローソクは省略して1本ですが、照明を消して火を付けると、それなりの雰囲気が出ますね
oh2 P2112400

この後嬉しそうにローソクを吹き消してました~・・やっぱりいくつになってもお誕生日は嬉しいのかな~・・
oh3 P2112402

ケーキの断面で~す・・今年はシンプルな生チョコケーキですが、甘くて新鮮な地元の契約農家さんのイチゴがたっぷり~
生チョコクリームとの相性バッチリです
oh4 DSC_4546

この日、急に思い立ったお誕生日パーティーだったので、特別なものはできませんでしたが、ワインだけちょっと贅沢してみました
ピテカン君の大好きなラタトゥイユ・・夏野菜は季節外れでちょっとお高目ですが、お鍋と時間が美味しくしてくれるので、手間いらずで、忙しい時のお助けメニューで~す
oh5 DSC_4550

お魚料理は、真鯛のポワレ
お刺身用の真鯛の冊を使うので、表面に強火でしっかり焦げ目を付けて、中心はややレアめに仕上げました
表面がサクッと、中フワフワで美味しく出来上がりました~
ソースは、焦がしバターにバルサミコとお醤油をちょっと煮詰めたものです
oh6 DSC_4549

野菜サラダは、蒸した根菜類とミックスビーンズをトッピングしてバランス良く
oh7 DSC_4551

サラダをいただいている間に、メインの和牛ヒレステーキが焼きあがりました
食べやすくローストビーフ風にカットします
oh8 DSC_0815

和牛ヒレステーキに使うお肉は、なるべく厚めのお肉を購入・・この日使ったお肉は、5センチほどの厚さ
塩コショウして表面に焦げ目を付けて、余熱していたオーブンで15~20分焼いて仕上げます
今回もちょうど良い焼き上がりになりました
oh9 P2112406

赤ワインもグラスに注いで・・いただきま~す
oh10 DSC_0818

この日チョイスしたワインは、サンテミリオンのグラン・クリュ、クロ・デ・メニュの2012年
程よい渋みと重厚感があり、スパイシーな香りが口中に広がる美味しいワインでした~
ステーキとの相性が抜群・・ブリチーズとも良く合いました
oh11 DSC_4548



お夕食の後に、食べきれなかったチョコレートケーキをコーヒーでいただくつもりだったのですが、お腹いっぱいでとてもお腹に入る余裕なし

仕方なく・・デザートはコーヒーと果物に・・残りのチョコケーキは翌朝美味しくいただきました~

スハマソウ・・もう咲き始めていました~!

最初に立ち寄った場所では、お目当ての夏に咲くお花の株を見つけられず、ちょっと残念なお花探索になってしまいました

それでも、お陽さまぽかぽかの穏やかな陽だまりの中をお散歩するのも、また楽しい一時でした

車に戻ったのはお昼前・・次の目的地ではゆっくりとお花探索したいので、大急ぎで移動です~

目的地の駐車場に車を停めて、さて・・お腹もけっこうすいているけれど・・お花が咲いているかどうかが気になります~
ということで、ランチは後にして、まずはお花の咲いている場所へと急ぎます



昨年はもう少し遅い時期だったので、遠くからでも白いお花がぽつりぽつりと確認できたのですが、今年はちょっと早かったかな~・・遠目では確認できません
近づいてみると・・やっと白いお花が目に入りました
咲き始めたばかりのスハマソウです・・
oh1 DSC_4479

お陽さまに顔を向けて嬉しそうですね~
oh2 DSC_4482

岩場の苔の間にしっかりと根を下ろして、可憐に咲いていました
oh3 DSC_4484

小さくてほんとに可愛い・・大好きなおはなです~
oh4 DSC_4501

咲きだしたばかりなので、まだまだお花の数は少なく、ぽつぽつと数えるほどだったのがちょっと残念
oh5 DSC_4494

手を伸ばせば届くほどの、岩棚の上にはたくさんの株が根を下ろしていて・・3輪並んで仲良く咲いていました
oh6 DSC_4502 (2)

真ん中のお花が、綺麗なピンク色・・ここではピンク色のお花は少ないので、嬉しい出会いでした
oh7 P2042367

ピンク色のお花をズームで・・美しいですね~
oh8 DSC_4492

真っ白なお花も、清楚な印象で美しい~
oh9 P2042355

お花のアップで~す・・可愛らしいですね
oh10 DSC_4498

このお花はうっすらピンク色かな~
oh11 P2042363

スハマソウは陽当たりの良い岩場が好きなようですね
oh12 DSC_4506

可憐に咲いていたスハマソウをたっぷり楽しんで・・さて~だいぶお腹も空いてきました・・
ちょっと移動して、ランチタイムで~す・・ピテカン君、コーヒー美味しく淹れてね~
oh13 P2042372

この日のランチは、ピテカン君制作のサンドウィッチとフリーズドライのクリームシチュー
ピテカン君はお料理は全くできないのですが、サンドウィッチだけは美味しく作ってくれます
熱々のクリームシチューで暖まりました~
oh14 DSC_4509

ゆっくりのんびりのランチタイムの後は、再びお花探索で~す
次のお花はコセリバオウレン・・小さくて、遠目ではなかなか見つけにくいのですが、近づくと・・あちこちで白いお花が満開でした
踏まないように歩くのが大変
oh15 DSC_4524

木漏れ日の中で咲いていた雄花・・雪の結晶のように清楚で美しい~
oh16 DSC_4531

中心に雌しべらしきものが見えるので、こちらは両性花かな~
oh17 DSC_4526

雑木林の林床でひっそりと咲いた雄花です
oh18 DSC_4521

雄花をアップ気味に
oh19 DSC_4536

こちらははっきりと両性花だとわかる株ですね
oh20 DSC_4529

両性花のアップで~す・・茶色っぽい雌しべに真っ白な葯がくっきりですね
oh21 P2042373

この株のお花は雌花だと思うのですが・・雌花はめったに見られないようなので、ちょっと自信はないのですが・・
oh22 DSC_4514

↑の株のお花をアップで・・白い葯の名残が1本見られるものの、雌しべだけのお花のようです
oh23 P2042394

とにかく小さなお花で・・この場所では、広くて平らな雑木林の一角に咲いているので、撮るのが大変
ピテカン君も苦労してますね~
oh24 P2042397


まだちょっと早いかな~・・と心配しながら訪れたスハマソウでしたが、お花の数は多くはなかったのですが、何とか開花しているお花に会えて、大満足

実はもう一か所、スハマソウに会える場所があったのですが、この場所より開花の時期が遅いので、今回は立ち寄らずに帰宅することに

盛期を少し過ぎていたのですが、満開のコセリバオウレンもたっぷり楽しむことができました

午前中は、ちょっと期待外れだったのですが、午後からはこの時期にしては満足できるお花探索でした

スハマソウは満開の時期にもう一度訪れたいな~・・なんて思ってしまいました

夏に咲くお花の下見でした~

ピテカン君のぎっくり腰が、少しずつ良くなってきているものの、まだ無理はできないので、先週末は遠出の予定は入れずに、自宅でおとなしくしておくはずだったのですが・・

4日の土曜日は、お天気予報では、3月中旬並み?のぽかぽか陽気に・・ということで、房総方面に夏のお花の下見に出かけてしまいました~

この日は2か所回る予定なので、ちょっと早起きして、6時過ぎに出発です


ゲートの前の空きスペースに車を停めて、ゲート脇を通って林道を歩き始めます
og1 DSC_4427

歩き始めてすぐに目についたのはイズセンリョウ・・今年お花を咲かせる株にはもう小さな蕾がたくさん付いています・・4月にはお花が見られるかな~
og2 DSC_4428

昨年開花した株は、今年は実を付けていますね
og3 DSC_4471

アセビの小さな蕾も春が待ち遠しいのかな~
og4 DSC_4431

オニシバリもあちこちで見られました
og5 DSC_4434

もう薄黄緑色のお花を咲かせている株も
og6 DSC_4441

陽当たりの良い林道沿いの斜面にはいろいろな植物が見られます・・のんびりとお花を探しながらの林道歩きも楽しいですね
og7 DSC_4439

反対側を振り向くと、山並みの向こうには太平洋です~
og8 DSC_4438

ここにも気の早いタチツボスミレさんがいましたよ
og9 DSC_4437

予期せぬ出会いです・・コセリバオウレンがポツリポツリと・・
og10 DSC_4460

コクランの株も何株か見つけることができました
og11 DSC_4435

春にはお花が見られるかな~・・エビネの越冬葉ですね
og12 DSC_4475

フユイチゴの赤い実はほとんど見当たりません・・もう落ちてしまったのかな~
og13 DSC_4457

少し樹林帯の尾根を歩いてみました~・・お天気が良くて木漏れ日が暖かです~
og14 DSC_4448 (2)

足元に目を移すと、カンアオイがたくさん・・房総ではほとんどカントウカンアオイだそうです
og15 DSC_4454

根元には地味~なチョコレート色のお花です
og16 DSC_4455

ちょっと葉の形が違うカンアオイをみつけました・・この株もカントウカンアオイ?かな~・・う~ん、カンアオイはよくわかりません
og17 DSC_4451

↑の株のお花です・・お花の色はクリーム色でお花も違っていますね
og18 P2042341

その他、シタキソウの幼い株もたくさんあったので、親株の莢を探したのですが・・見つかりませんでした
og19 DSC_4449

最後に見つけたのはシュスラン・・杉林に何株か顔を出していました
og20 DSC_4456



しばらく歩き、目的の夏のお花の株を探したのですが・・見つかりません

そろそろお昼近くになり、もう一カ所お花探索を予定しているので、このあたりで車へと引き返すことに

やっぱりお花を付けていないと、目的の植物を見つけるのは難しいですね~

車に戻って、次の場所へ移動で~す

今年も新酒が届きました!

いつもDMを送っていただく新潟のお酒屋さんに、昨年12月にオーダーしていた新酒、1月末に全種類揃ったところで、送っていただきました

大事に大事に頂いていた「茜さす」が、最後の1本を残すだけになり・・早く届かないかな~・・ピテカン君が、首を長~くして待っていた待望の新酒で~す


今回購入した新酒、勢揃いで~す
of1 P1292319

左から、「清泉」 純米吟醸しぼりたて生原酒、ソガ ペール エフィス 「シィス」、 豊醇無盡「たかちよ」 緑ラベルの3本です
of2 P1292322

こちらの3本、左から、久保田 「生原酒」、「想天坊」純米にごり プロ限定、八海山純米吟醸原酒 「越後で候」
of3 P1292323

今回2本お願いしていた久保田 「生原酒」の1本をさっそく封を切ることに
この日は、近くのスーパーに美味しそうなカンパチのお刺身の冊があったので、カンパチの冊を2パックと、生本マグロの中トロ1パックを買い求めました
カンパチは一部をお刺身にして、残りを塩焼きに・・お刺身用のカンパチの塩焼きは、油が乗っているのに変な魚臭さがなく、とっても美味
of4 P1260056

数日後・・久保田の「生原酒」がほとんど無くなって~・・
「想天坊」のにごりを開栓することにしたのですが・・この開栓が大変だったのです・・
of5 P2022335

お酒を美味しくいただくために、この日の夕飯は、カッパ頑張って和食屋さん風に作りました
of6 P2022331

生本マグロの山掛けで~す・・山芋は薄味に調味したお出汁で少し緩めると、マグロとの絡みが良くなります
of7 P2022325

タコとワカメ、ワケギの酢味噌和え・・辛子を天盛にしたのですが・・これが大失敗!
息子が辛子だと気付かずにパクリと~
of8 P2022326

茶碗蒸しも綺麗に蒸しあがりました・・お正月前に買い溜めていたユリ根をたっぷり入れました
of9 P2022327

ピテカン君の大好物・・ユリ根の甘煮で~す・・ピテカン君一人で半分以上食べてしまいます~
of10 P2022328

筑前煮の鶏肉は、ちょっとパサつくけれどカロリーの低い胸肉を使いました~・・カッパ、ダイエット中です~
of11 P2022330

この日のメインは生メカジキの付け焼きです・・これもピテカン君の大好物
スーパーで生メカジキの切り身を見つけると、必ず買いたがります
of12 P2022333

大変だった「想天坊」の開栓!・・少しずつ栓を緩めて炭酸を逃がしていくのですが、どんどんシュワシュワが瓶の口まで上がってきて、今にも吹き出しそう~
of13 P2022337

なんとか栓が開きました~
にごりなのにしっかり辛口、それでいてふくよかな香りが口中に広がり、とっても美味
シュワシュワ感が爽やかな後口です~・・どんどん飲めてしまうお酒です
of14 P2022338


ということで、この日はほとんど4合瓶が空きそうになって・・あわててストップ

残りは明日のお楽しみ?で~す
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる