開花したお花に会いに・・再訪しました~

東京近郊の里山で、綺麗に開花したクロムヨウランを堪能した後は、7月末にヒナチドリと一緒にご案内いただいたツリシュスランの、開花したお花に会うために、富士山麓に移動です~・・



けっこうな距離の移動・・目的地の駐車スペースに車を停めたのは、もうお昼を過ぎていました・・お天気予報では午後から雨の可能性も・・ということで、取りあえず目的のツリシュスランに会いに、大急ぎで樹林帯の中へ
tl1 DSC_1006

樹林の中をGPS頼りで、1時間ほど登って行くと、目的のイタヤカエデの木に着きました
tl2 P8196058

3週間前にはやっと花茎をだしたばかりだった株は、見事にかいかしていました
見上げると・・なんと19株のツリシュスランです
tl3 DSC_0972

そうなんです!・・今回の撮影のため、脚立を担ぎ上げてきました~・・
tl4 DSC_0971

手の届く距離に綺麗に開花したお花です~
tl5 DSC_0946

tl6 DSC_0990

少し上にあった株は、下からかなり開花が進んでいて、綺麗なサーモンピンクに染まっています
tl7 DSC_0948

tl8 DSC_0949 (2)

この株はちょうど咲き始めたばかりのフレッシュなお花ですね
tl9 DSC_0955

3株横一列に並んで、着生していました
tl10 DSC_0958

tl11 DSC_0992

別の角度から撮ってみると、こんな感じで~す
tl12 DSC_0982

別の場所では5株纏まってさいていました
tl13 DSC_0994 (2)

一番近くの株をアップ気味に・・少し遅かったようで、下の方のお花は、茶色っぽくなっていましが、まだまだ上の方は蕾でした
tl14 P8196048

お花のあっぷで~す・・シュスラン独特の、歌うようなお花の表情が可愛いですね
tl15 P8196050

脚立を背負って・・なんとも滑稽な?格好で撮影中のピテカン君です~
tl16 P8196068

別の木の、かなり高い位置に、1株ツリシュスランの姿・・↑でピテカン君が狙っているのですが、ちょっと高過ぎでした~
tl17 DSC_0935

この樹林では、その他いろいろな着生植物に出会いました・・ちょうど花盛りだったイワギボウシ
tl18 DSC_0938

ギボウシが気に着生しているなんて、びっくりですよね~
tl19 DSC_1007 (2)

また別の木には、トガスグリヤシャビシャクが着生
tl20 DSC_1002

可愛らしい実ですね
tl21 DSC_1004

マツノハマンネングサのお花がちょうど花盛り・・綺麗なお花でした
tl22 DSC_1005

こんな大木も見られ樹林の中・・他にのもツリシュスランがないかな~・・ちょっと探してみたのですが・・
首が痛くなって・・早々に諦めました~
tl23 DSC_1000


車に戻って、遅いランチ・・って3時過ぎていたので、お茶の時間ですね
その後、もう一カ所、まだ少し時間が早かったので、マネキグサの群生地に立ち寄ってみることに

ちょっと早いかな~・・とは予想していたんですが、やっぱり早過ぎました
よ~く探して・・なんとか数株の開花しているお花に会えました・・愛嬌のある可愛らしいおはなですね
tl32 DSC_1021

この株は2花開花していました
tl33 P8196074


この日は盛りだくさんのお花探索だったのですが、目的のお花たちに会えて、大満足でした・・

この日は、急遽お泊りの予定に・・富士宮のビジネスホテルに、なんとかお部屋を取ることができました・・翌日は梨ケ原でお花探索を予定で~す

明日26日からピテカン君の夏休みで、数日お出かけしてきます
梨ケ原のお花探索の記事は、また帰宅後にアップしますので、よろしくお願いいたします
スポンサーサイト

里山でラン探し

8月19日の土曜日は、棲息地の情報をいただいて、東京近郊の里山に、お初のランに会いに出かけてきました

道路脇の空きスペースに車を停めて、里山を登り始めるのですが、この日も湿度が高く、気温も上がってきて、蒸し暑い~
しばらく踏み跡を辿って・・この辺りかな~・・と思われるところから、竹林の中へ


暗い竹林に目が慣れてくると、やっとお目当てのランが目に止まりました・・クロムヨウランです
最初に目に付いたこの株は、まだ開花していないようでした
tk0 DSC_0923

小さくて、名前のように全草が黒っぽいランなので、踏まないように気をつけながら辺りを探してみると・・少し先に、白いお花が見えます・・どうやら開花しているお花のようです
tk1 DSC_0859 (2)

近づいてみると・・黒っぽい花茎の先端に、白く輝く小さなお花が綺麗に開花していました
tk2 DSC_0862

唇弁は匙状で先端が薄っすら紫色・・ぜひ会ってみたいランでした~
tk3 DSC_0866

菌従属栄養植物なので、もちろん葉はないのですが・・棒っきれのような花茎の先端に、こんなに美しいお花が咲くなんて、不思議ですよね~
tk4 DSC_0872

唇弁の紫色は、咲きはじめて時間がたつと薄くなってくるように感じるのですが・・
tk5 DSC_0874

この株はまさに満開に開花しているようですね
tk6 DSC_0877

tk7 DSC_0882

どうやら朝開花して、10時頃には萎んでしまうようで、開花は1日だけのようです~・・
tk8 DSC_0893

TG-3の深度合成で撮ってみました・・ピテカン君の単焦点のマクロレンズとは、またタイプの違った写真になりました
tk9 P8196009

これからまさに開花しようとしている株・・8時頃に訪れて、1時間ほどの滞在の間に、開花しているお花が増えているような気がします
tk10 DSC_0914

唇弁の先端の紫色が鮮やかですね
tk11 DSC_0916

↓のアップ写真はTG-3の深度合成で撮ったものです・・陶器のような質感がよくわかりますね
tk12 P8196037

tk13 P8196029

tk14 P8196046

tk15 P8196011

tk16 P8196021

唇弁をアップしてみました・・透き通ったガラス細工のようですね~
tk17 P8195992

蒸し暑さと、蚊の襲撃に耐えて・・撮影風景です~
tk18 P8196025

しっとりした里山では、キノコがあちこちニョキニョキと~・・白で目立っていたシロオニタケです
tk19 DSC_0932

赤くてオニイグチのようだたったので、赤鬼イグチと勝手に命名・・帰宅後調べてみるとキクバナイグチというキノコでした~
tk20 DSC_0933

ブルーで綺麗だったので、パチリと・・不明のキノコです
tk22 P8196040



クロムヨウランは、午前中しか咲かないお花のようで、わたしたちが訪れた時間からちょうど開花が進むようで、目が慣れてくると、あちらこちらで、開花しているお花が目に入りました

竹林の中は蚊の天下?・・蚊取り線香でなんとか我慢・・十分にお花を堪能して、里山を下りました

さて、もう一カ所、開花したお花に会いに移動です

尾瀬ケ原で花散歩・・その3 出会ったランのお花たち

ここでは尾瀬ケ原で出会ったランを紹介します


尾瀬に小さなこのランが咲くと教えていただいて、ぜひ一度会ってみたいと思っていた目的のラン、ヤチランです
tj1 DSC_0707 (2)

じっくりと湿原の中を目皿状態で探して、やっと見るけることができた時は感動でした
tj2 DSC_0700 (2)

草丈は思っていたより高目だったのですが、周りの草に紛れていて、なかなか見つりませんでした
tj3 DSC_0683

根元には、ちゃんと2枚の葉がわかりました
tj4 DSC_0686

小さなお花をアップ気味に撮ってみると、ラン科のお花だとわかりますね
tj5 DSC_0694

よく見ると端正なお花ですね
唇弁が上にあり、いわゆる子房に捻じれのないタイプのランだそうです
tj6 P8145902 (2)

そしてこの湿原でのもう一つの目的のお花は、オゼノサワトンボです
tj7 DSC_0776

湿原にぽつりぽつりと涼し気に風に揺れていました
tj8 DSC_0743 (2)

tj9 DSC_0748

ミズトンボ属でオオミズトンボの変種だそうです・・
tj10 DSC_0722

お花をアップ気味に・・ちょうど見頃のようで、先端まで綺麗に開花していました
tj11 DSC_0726

更にアップで~す・・唇弁の十字がミズトンボ属の特徴だそうです・・それにしても面白い形態のお花ですよね~
tj12 P8145940

オゼノサワトンボに混じって、ほっそりとした姿を見せていたのは、コバノトンボソウ・・ピンと跳ね上がった距がトンボのようで、可愛いですね
tj13 DSC_0664

湿原で見られたオオヤマサギソウ・・オゼノサワトンボかと思っていたのですが、よく見るとお花の形が違っていました
tj14 DSC_0759

お花をアップ気味に・・ツレサギソウ属の特徴のあるお花ですね
tj15 DSC_0764

このお花も同じオオヤマサギソウですが、この株は湿原と湿原の間に点在している樹林帯の林床で見たものです
根元ちかくに大き目の葉が2枚付いているのがよくわかりました
tj16 DSC_0781

この株は、ちょうど咲き揃った見頃のお花ですね
tj17 DSC_0784

お花のアップです~
tj18 P8145946

コイチヨウランは、往路では見過ごしていたのですが、帰路に目に止まりました
tj19 DSC_0834 (2)

ひょろひょろした花茎の先端にちょこんと乗った小さなランのお花ですね
葉が紫色のタイプのコイチヨウランです・・緑色のものもあるそうですが、今回は見つけられませんでした
tj20 DSC_0828 (2)

tj21 DSC_0824

お花のアップです~・・・・整ったランらしいお花ですね
tj22 P8145960

アリドオシランは、林床で目立たずひっそりと咲いていました
tj23 DSC_0842 (2)

tj24 DSC_0838 (2)

お花のアップです~・・まだまだ新鮮で綺麗なお花でした
tj25 P8145976



今回の尾瀬ケ原のお花探索での目的のランはヤチランとオゼノサワトンボ・・ヤチランは1株だけでしたが、なんとか見つけることができ、オゼノサワトンボは点々と散在している姿を見ることができました

おまけに、予想していなかったオオヤマサギソウとの出会いもあり、コイチヨウランやアリドオシランといった可愛らしいランにも出会うことができました

尾瀬にはたくさんのランが棲息していると、つくづく感じさせる今回の尾瀬ケ原のお花探索でした

やっぱり尾瀬は素晴らしいお花天国・・しばらくご無沙汰だったのですが、また季節を変えてぜひ訪れたいと思いました

尾瀬ケ原で花散歩・・その2 尾瀬ケ原に咲くお花たち

ここでは尾瀬ケ原で出会ったラン以外のお花たちを、順不同で紹介します


目立っていたのはコオニユリ・・オレンジ色のお花が湿原のアクセント
ti1 DSC_0644

尾瀬ケ原一面に一番多く見られたオゼミズギク・・ちょうど最盛期のようですね
ti2 DSC_0767 (2)

派手さはないけれど、整ったお花です
ti3 DSC_0647

赤味がかった濃い紫色が綺麗なコバノギボウシ・・夏らしいお花ですね
ti4 DSC_0655 (2)

熊さんの好物だそうです~・・初夏6月頃のちょうど芽出しの頃は、これを目当てに熊さんが湿原に下りてくるそうです~
ti5 DSC_0646

ノアザミも湿原で見ると、可愛いですね
ti6 DSC_0648

トモエソウは、雨で花弁が傷んでいて、ちょっと可哀想でした・・
ti7 DSC_0658

サワギキョウは、開花したばかりのようで新鮮で綺麗なお花があちこちで見られました
ti8 DSC_0807

カッパの大好きなお花です
ti9 DSC_0659

タカネアオヤギソウは山の鼻に降りるとすぐに群生が見られました・・ワレモコウとコラボで涼し気ですね
ti10 DSC_0660

湿原で地味~に咲いていたのはヒメシロネ・・小さなお花をよく見るとなかなか可愛いのですが・・
ti11 DSC_0792

キンコウカはちょっと遅かったようです
ti12 DSC_0795

湿原に点々とちりばめられているミカヅキグサ・・
ti13 DSC_0808

イワショウブはこれからのようで、やっと咲き始めたばかりのようです
ti14 DSC_0671

ナガバノモウセンゴケは、長い葉をぐんと伸ばしてなかなかユーモラス
ti15 DSC_0661

こちらはモウセンゴケ・・この湿原には両種が住んでいるようですね
ti16 DSC_0716

オゼコウホネは一カ所で3花見られたのですが、もう終盤のようですね
ti17 DSC_0667

思わぬ場所で出会ったシロバナカモメヅルアズマカモメヅル・・大きな株でした
ti18 DSC_0711

お花のアップで~す・・ヒトデのような面白いお花ですね
ti19 P8145917

アズマカモメヅルと同じ場所に咲いていたクロバナヒキオコシ・・この株もかなり大きく育っていました
ti20 DSC_0712

柱頭が頭状、葉に浅い鋸歯があることから、イワアカバナで良いのかな~・・
ti21 DSC_0818

秋の花、サケバサワヒヨドリも咲き始めて、湿原に彩りを添えていました
ti22 DSC_0739

オゼヌマアザミは東電小屋を過ぎたあたりからヨッピ橋にかけて群生して咲いていました
ti23 DSC_0746

お花をアップ気味に・・・・総苞片が針状で反り返らず、直立しているのが特徴だそうです
ti24 DSC_0677

まだ少し早いかと思っていたけれど、もう咲き始めていました・・尾瀬ケ原での目的のお花の一つ、チョウジギクです
ti25 DSC_0752

お花をアップ気味に・・お花は茎の先に纏まって咲いていて、筒状花のみ、総苞は1センチほどで、花柄には長く白くて縮れた長毛が密生しているのがわかりますね
ti26 DSC_0751

小さなコケオトギリの姿も・・葉が赤紫色っぽく紅葉しているようにも見えますね
ti27 DSC_0769

ヨッピ橋の辺りで見かけたジャコウソウのお花
ti28 DSC_0797

午前中はしっかりと閉じていて、姿が見えなかったヒツジグサのお花も、午後になるとすっかり満開に
ti29 DSC_0802

スイレン科スイレン属の自生種はこのヒツジグサ1種のみだそうで、いわゆる睡蓮は明治以降に輸入された園芸種だそうです
ti30 DSC_0805

往きに見つけていて、帰路お花の開花を楽しみにしていたミズオトギリですが・・残念!・・まだちょっと開花する時間には早かったようです
ti31 DSC_0811

ツルリンドウとばかり思っていて、ちゃんと写真を撮らなかったのですが、帰宅後調べてみると、なんとお初のお花、テングノコズチだと判明
もうちょっとちゃんと撮っておけば良かった~・・後悔です~
ti32 DSC_0837

暗くてピンボケ写真になってしまいました~
ti33 P8145964


ランがメインで訪れた尾瀬ケ原ですが、ラン以外にもたくさんのお花たちに出会えて、この時期の尾瀬もなかなか侮れませんね

目的のランのお花たちはまた次回に・・

尾瀬ケ原で花散歩・・その1 尾瀬ケ原ハイキング

翌朝・・片品の民宿から登山者用の駐車場までは、車で5分ほど・・鳩待峠行の始発のバスに乗るために4時前にお宿を出発

駐車場に着いてみると・・なんと!鳩待峠までの林道が解放されているそうで、車で鳩待峠の駐車場まで上がれてしまいました

駐車場でしばらく仮眠・・あたりが明るくなるころ起きだして、準備を整えます。
峠ではすでに始発バスが到着していました・・登山者の数は思ったほど多くなく、8月もこの時期になると、尾瀬はもうシーズンオフなのかな~・・と・・



小雨がぱらつく肌寒いお天気・・雨具を着込んで、山の鼻に向かって出発で~す
th1 DSC_0637

木道は右側通行・・歩き始めはトントンと木道の階段を下ります
th2 DSC_0639

お花を探しながらゆっくりと下り、1時間ほどで山の鼻に到着・・テント泊の登山者もけっこういるようですね
th3 DSC_0641

朝食を済ませて、さていよいよ尾瀬ケ原へ~
th4 DSC_0642

すぐに夏のお花たちが迎えてくれました・・黄色いオゼミズギクと紫色のコバギボウシ
th5 DSC_0645

池塘の点在する気持ちの良い湿原が続いています~・・ず~っと続く木道・・さすが尾瀬、湿原のスケールがでっかい
th6 DSC_0666

こんな所にもお花が咲いています・・木道と木道の隙間にコバギボウシ
th7 DSC_0669 (2)

牛首分岐に着きました・・分岐から竜宮小屋を目指します
th7 DSC_0673

お花探ししながらのんびり~・・やがて竜宮小屋が行く手に見えてきました
th8 DSC_0708

竜宮小屋で小休止の後、見晴を目指します
途中のお花たちが美しいので、なかなか前に進めませんね・・見晴らしはもうすぐそこなのですが・・
th9 DSC_0736

ちょっと早目だけれど、見晴でお昼ご飯で~す・・小雨がパラパラとちょっと怪しいお天気だけれど、お外のほうが気持ちが良い~・・
th10 DSC_0738

見晴からは下田代を通り、東電小屋をぐるっと廻って、牛首分岐へ戻ることに
th11 DSC_0742

お天気は次第に良くなってきました~・・お陽さまが顔をだすと、気温がどんどん上がって暑くなってきました~・・
東電小屋分岐に到着で~す
th12 DSC_0779

かなり気温は上がってきたようですが、高原の風は涼しくて気持ち良い~
th13 DSC_0780

湿原から外れて樹林の中へ・・笹薮に熊さんかくれんぼしてないかな~・・ちょっと不安に~・・
th14 DSC_0790

東電小屋で、小休止して、ヨッピ橋経由で牛首分岐へ
ここからヨッピ橋の間に熊さんがよく出没するそうです~・・・・この湿原に多いコバギボウシが熊さんの好物らしいのです・・
th15 DSC_0794

熊さんに出会わずに、無事にヨッピ橋到着・・橋を渡ります
th16 P8145947

沼に燧岳が写って、ちょっとだけ「逆さ燧」っぽい?ですね
th17 DSC_0801

午前中は蕾だったヒツジグサも、午後からぽつりぽつりと開花してきました
向こうには至仏山がくっきりと~・・姿を見せてくれました
th18 DSC_0809

牛首分岐に着くころにはお天気もすっかり良くなって・・青空で~す
th19 DSC_0810

牛首分岐から山の鼻を目指します・・最後の湿原歩きで~す
th20 DSC_0815

山の鼻から鳩待峠までは、けっこう急な登り・・帰路が登りというのは、ちょっとつらいですね~
th21 DSC_0819

鳩待峠に到着するのと同時くらいに雨が降り始めて、やがて土砂降りの夕立に
行動中でなくてラッキーでした
th22 DSC_0857

小降りになるのを待つ間に、頑張った?ご褒美の花豆ソフトを美味しくいただきました~
th23 DSC_0858



この時期の尾瀬ケ原を訪れるのは初めてなのですが、夏のお花に出会えて、日曜日でも比較的登山者が少なくて、なかなか楽しめました

夏の尾瀬ケ原は、日差しを遮るものがないので、暑いかな~・・と思っていたのですが、午前中が小雨混じりの曇空だったので、わりあいに涼しく、気持ち良く歩くことができました

尾瀬ケ原で出会ったランやお花たちは次回以降に紹介しますね

夏に咲くランを探して・・その2

初日のお泊りは、会津の定宿、たつみ荘さん・・夕食の後は、夜更けまで女将さんと旦那さんと一緒に美味しいお酒を酌み交わします・・旦那さんはお酒が飲めないので、お茶けですが~・・

翌朝は、ゆっくりと起きだして、すぐ隣にある大塩温泉の共同浴場へ・・露天風呂には湧きだした源泉がそのまま引きこまれているので、炭酸のシュワシュワ~が存分に味わえます~
朝風呂の後は、美味しい朝食もたっぷりといただいてお宿を出ます・・この日の目的地へと車を走らせるのですが・・

お宿を出てしばらくすると、ぽつりぽつりと雨が降り始め、目的地に近づくに連れて、次第に本降りになってきました~
林道脇のちょっと広くなった場所に車を停めたのですが、その頃にはザ~ザ~と雨音も激しく、土砂降りに
仕方なく1時間ほど雨の様子を見ながら、車の中で停滞です~

1時間ほどすると、なんとか小雨程度になってきたので、上下雨具に身を固めて、急な杉林を登り始めます
ひと登りして少し平らになった杉林の林床に、目的のラン、ナツエビネが自生しているはず・・あたりをキョロキョロ見回してみると・・


花芽を付けた大きな株が目に入ったのですが・・残念!少し早かったようで、やっと花茎を伸ばしたばかりです
tg1 DSC_0584

tg2 DSC_0592

昨年も見た一番たくさんの株がまとまって咲いていた場所も、花茎は何本か見られるものの、開花しているお花はなく・・がっかり~
今年は雪が多く、雪解けが遅かったようなので、やはりナツエビネも開花がかなり遅れているようです~
tg3 DSC_0548

どこかに1花でも咲いているお花に会えないdかと、あちこちウロウロ探していると・・シダの葉の間にチラリとピンク色が覗いていました~
なんと咲いていてくれました・・それも3株も
tg4 DSC_0531

雨の中を急な杉林を登ってきた甲斐がありました
tg5 DSC_0527 (2)

tg6 DSC_0530

やっと下から咲き始めたばかりのようですね・・先の方には蕾がたくさん纏まって付いていてい、これからどんどんと花茎を伸ばして、たくさんのお花が咲くのでしょうね~
tg7 DSC_0529

満開の状態も見てみたいけれど、咲き始めたばかりのフレッシュで初々しいお花も美しいですね~
tg10 P8135863

雨に濡れたしっとり感も、美しさを際立たせているようですね
tg8 DSC_0537

お花の上に色鮮やかな虫さん・・蜜を吸っているのかな~・・?
tg9 DSC_0534

他にも開花している株はないかな~・・あたりをウロウロ~
この株はやっと1花、一番下のお花が開花したばかりのようですね
tg11 DSC_0594

あと数日で、すぐ上の蕾も開きそうですね
tg12 DSC_0597 (2)

更にもう一株・・この株は↑の株よりまだ少し開花が進んでいるようですね
tg13 DSC_0575

tg14 DSC_0571

美しいお花です・・暗い杉林に咲く「夏の妖精」・・といったところでしょうか~
tg15 DSC_0574

お花のアップで~す・・会津のナツエビネは、前日見た里山のナツエビネと比べて、お花の色合いが濃いような気がします
tg17 P8135859

後ろから写してみましたが、なかなか可愛らしい表情が撮れました
tg18 P8135884

ナツエビネの撮影に夢中になっていると、いつの間にか雨も止んで・・空も明るくなってきました
tg16 DSC_0601

この杉林では、こんなお花も見つけてしまいました・・どうやらハクウンランのようですね・・
tg19 DSC_0557

お花のアップです・・ハクウンランには赤みを帯びるものもあるらしいのです
tg20 P8135867

自生のナツエビネ、少し早かったのですが、なんとか開花しているお花に会えました・・大満足で杉林を下り、車に戻ります
お宿をゆっくり出た上に、雨で1時間以上も停滞し、ナツエビネも開花しているお花探しに思わぬ時間を費やしてしまい、車に戻ったのはもう1時過ぎ
もう1ケ所、会いたいお花があり、しかもかなり移動に時間がかかります~
ということで、大急ぎ移動です

2ケ所目での目的のお花は、湿原や水辺近くに咲くオオアカバナ・・昨年も探したのですが、時期が遅くお花は終わっていて見ることはできなかったので、今回お初のお花です
tg21 DSC_0629

小川の流れのすぐ脇の、葦原に草丈1.5メートルほどもある、大きな株が何株か自生していたのですが、遠すぎるうえ、足元は湿地のため近づけません
ズームしてやっとお花の姿を捉えることができました
tg22 DSC_0630

更にもう少しズームです
tg23 DSC_0636 (2)

どこかに近くで見られるお花はないかな~・・探していると1ケ所、道路脇で何株か見ることができました
ただ開花しているお花は2花のみで、この場所はあまり条件が良くないようですね・・
tg24 DSC_0607

お花のアップです・・雌しべの柱頭が4裂するのがオオアカバナの特徴だそうだそうです
なかなか面白いですよね~
tg25 P8135892


なんとかお花のアップも撮ることができて、この日も満足のお花探索になりました

さて、翌日は尾瀬のラン探しを予定、尾瀬の登山基地、片品まで移動です・・車中泊を覚悟だったのですが、急遽素泊まりの民宿を予約することができ、何とかお布団で寝ることができます

この日は朝の出発が遅かったうえに、雨による1時間ほどの停滞、オオアカバナの自生地では、近くで見られるお花を探すのに時間を取られて、予定よりかなり遅くなってしまいました

高速は、この日からUターンラッシュが始まっていて、上りがノロノロの激しい渋滞・・移動距離もかなりあり、予想外に時間がかかってしまいました

途中のコンビニで食糧を買い込んで、片品の民宿に辿り着いたのはもう10時前・・大急ぎ、お風呂で汗を流し、ビールで軽めに夕食を済ませ、翌日に備えてお布団の中に

夏に咲くランを探して・・その1

8月12日から14日まで、この時期に見られるランを探して、北関東から福島方面に2泊3日で出かけてきました

お盆休みのこの時期でも、ピテカン君は暦通りのお仕事なので、交通渋滞が懸念されるこの時期はいつもならお出かけしないのですが、今年はどうしても会いたいランのお花たちがあり、渋滞覚悟でお出かけしてしまいました~

最初の予定では、11日から13日までで計画していたのですが、11日のお天気予報があまりにも悪すぎて、一日延期し・・14日は一日夏休みを取ることに

12日は朝いつも通り、4時起き、5時出で・・高速の混雑を避けるため、下道を通って行くことに



目的のランのお花の前に、情報をいただいていた別のお花に会いに寄り道です
駐車場に車を停めて、山道を少し登って行くと・・陽当たりの良い道脇の斜面に垂れ下がるようにして枝を伸ばし、黄色いお花をたくさん付けている株が数株目に入りました
tf1 DSC_0407

ハマウツボ科ヒキヨモギ属のオオヒキヨモギです・・以前ヒキヨモギは別の場所で見ていたのですが、オオヒキヨモギはお初のお花です
tf2 DSC_0417

お花自体は、そんなに大きくなくて、もっと大きなお花だと思っていたので、予想外でした
tf3 DSC_0411

筒状の萼の紅色が目立ちますが、花冠は薄いレモンイエローで目立たず、全体に腺毛に覆われているようですね
tf4 P8125769

よく見ると花冠が一方に偏っていて、それもどのお花も同じ方向に偏っているのが面白い~
tf5 P8125766

もう一カ所、個人の所有する里山で、ナツエビネが群生している場所があり、今年から一般に開放して見せていただける場所があるということで、そちらにも立ち寄ってみることに

電話をして立ち寄りをお願いすると、快く了解していただき、里山に向かうと・・そこには素晴らしいナツエビネの群落が広がっていました
この場所は、持ち主の方が30年かけてここまで増やした場所だそうです
tf6 DSC_0422

ちょうど訪れた時期が良かったのか、杉林の見渡す限りナツエビネです~
tf7 DSC_0440

tf8 DSC_0434

どの株も20花ほどのお花を付けていて、元気いっぱいのようですね・・
tf9 DSC_0433

ちょうど盛期の新鮮で綺麗なお花です
tf10 DSC_0427

お花のアップです~・・クリオネのような?可愛らしいお花ですね・・涼し気な色合いが夏向きのランかな~
tf11 P8125781

最後にこの日の目的のランを探しに、湿原へ
道路脇のちょっとしたスペースに車を停めて、歩き始めると、白いランが目に入りました・・オオミズトンボです
tf12 DSC_0447

湿原の限られた範囲ですが、点在して咲いていました
tf13 DSC_0487 (2)

白いお花は良く目立ちます
tf14 DSC_0485

下から咲き始めるようで、上3分の2くらいはまだ蕾・・こちらもちょうど良い時期に見ることができたようです
tf15 DSC_0443

tf16 DSC_0489

湿原に涼し気に風に揺れていて・・なかなか上手く写真に収まってくれないのですが・・
tf17 P8125806 (2)

なんだか今にもヒラヒラ~っと飛んでいきそう?ですね~・・
tf18 DSC_0456

お花の形状がトンボに似ていることから、ミズトンボの名前が付けられたそうですが・・そんなに似ているとも思えない?のですが・・
tf19 DSC_0481

お花のアップです~・・唇弁が十字形なのがよくわかりますね・・
tf20 P8125796

tf21 P8125820

この湿原では、サギソウの姿も
tf22 DSC_0467

優美なお花ですね~
tf23 DSC_0465

tf24 DSC_0477

お花をアップ気味に・・ちょっと遅かったようですが、それでもなかなかの美しさ
tf25 P8125804

その他この湿原では、たくさんのお花たちに出会うことができました
オミナエシはちょうど盛期・・あちこちで花盛り・・黄色のお花は目立ちますね
tf26 DSC_0509

ツリガネニンジンは背丈も高く、すっくと育っていました
tf27 DSC_0510

このお花はアキカラマツ
tf28 DSC_0516

クルマバナは名残のお花でしょうか~・・
tf29 DSC_0519

フシグロセンノウの姿も
tf30 DSC_0502

自生のキキョウはこの頃めっきり少なくなったようですね
tf31 DSC_0504

可愛らしいタチフウロもあちらこちらで風に揺れていて、湿原を彩ってくれていました
tf32 DSC_0514

バアソブの多さには驚かされました・・こんなにたくさんのお花がいっぺんに咲いている姿は、初めて見ました
tf33 DSC_0518

中を覗かせてもらうと・・なかなか複雑で面白い模様ですね・・内側に隠しておくのはもったいないね~・・
tf34 P8125834


初日は、3カ所を慌ただしく巡るお花探索でしたが、3カ所できっちり会いたいお花に出会うことができた、満足の1日でした

この日のお宿は、いつもお世話になっている会津の大塩温泉たつみ荘さんです・・ということで、この日は移動距離がけっこうありますが、翌日は、会津でラン探しの予定なので、都合が良いのです

頑張って移動です~

夏の高尾山に、花を求めて・・

先週末は、6日にカッパが用事があり、出かけられないので、5日に日帰りで高尾山の夏のお花たちに会いに出かけてきました

高尾山は、主にスミレの時期に訪れるのですが、この時期に訪れるのは初めて・・どんなお花にどこで出会えるか・・偶然の出会いを期待してのお花探索です

いつもよりほんの30分ほど遅くお家を出たのですが、高速道路はもうすでに渋滞が始まっていて・・日影沢に着いた時には駐車スペースはいっぱい

仕方なく、日影沢林道を少し走って、車を停められそうな場所を探して駐車し、歩き始めます


杉林の中の作業道を登山道が通っている稜線まで登ります・・けっこうな急登
この日は高曇で湿度が高く蒸し蒸し~、登り始めると、一気に汗が吹き出しました~
te1 DSC_0341

なんとか稜線まで辿り着き・・この後は人の多い頂上は省略して、お花を探してウロウロです・・
te2 DSC_0355

小仏城山まで足を延ばしてみることに
te3 DSC_0366

小仏城山のピークは、思ったより登山者は少なく、静かでした
te4 DSC_0381

とにかく蒸し暑くて・・汗だくで辿り着いた頂上でのお楽しみは、何といっても茶屋名物のかき氷
te5 DSC_0380

ピテカン君リクエストの缶ビールと大急ぎで作ったお握りでランチタイム
涼しい風が吹き抜ける特等席で、ゆっくり休憩・・汗も引いて、やっと落ち着きました~
te6 DSC_0379

日影沢へと下り始めると・・日向はやっぱり暑い~・・せっかく引いた汗が再び噴出してきました~
te7 DSC_0392

日影沢の林道を車へと向かいます
te8 DSC_0406

この日出会ったお花たちを、順不同で
沢沿いに咲いていたハグロソウ・・・終盤でしたが、何輪かは綺麗なお花を残していました
te9 DSC_0340

キジョランはまだ蕾・・冬の時期のケセランパセランも見たいな~
te10 DSC_0358

あちこちで目にしたガンクビソウ
te11 DSC_0360

ヘクソカズラはかわいそうな名前のわりには綺麗なお花ですね
te12 DSC_0361

イヌトウバナは春に見た時よりだいぶ大きく育っていました
te13 DSC_0362

このお花は雄しべが花冠から突き出していないので、アキノタムラソウですね・・
te14 DSC_0363

ヒメヤブランはちょうど花盛り、あちこちの叢で可愛らしく咲いていました
te15 DSC_0365

陽当たりの良い斜面に群生していたボタンヅル
te16 DSC_0370

キンミズヒキはお花の少ないこの時期には目に付くお花です
te17 DSC_0375

ヤマハギもちょうど満開
te18 DSC_0382

チダケサシはまだまだこれからのようですね
te19 DSC_0384

どういうわけか1株だけ・・叢に隠れていたヨウシュヤマゴボウ
te20 DSC_0388

クサギはもうほとんどお花は終わっていました
te21 DSC_0391

ジャコウソウももう終盤ですね
te22 DSC_0394

もう咲き始めていたゲンノショウコ ミツバフウロ (タカオフウロ?) 
te23 DSC_0395

タマアジサイはちょうど咲き始めの綺麗なお花を見せてくれました
te24 DSC_0397

お初のお花です・・ミヤマタニワタシ
te25 DSC_0400

こんな可愛らしい蝶にも出会えました・・ベニシジミ
te26 DSC_0387

ヤマトシジミも可愛いですね
te27 DSC_0389

美しい羽をひらひらさせて、何回も地面に下りて吸水していたミヤマカラスアゲハ・・目を楽しませてくれました
te28 DSC_0402

そういえばこの頃とんとご無沙汰のキノコにも出会えました・・ヤマドリタケモドキです
te29 DSC_0343


前日までちょこっと涼しい日が続いていたのに、高尾山でも登ろうか~・・というこの日から急に暑くなってしまいました

歩き始めから汗だくに・・それでもお花に会えるのを楽しみに頑張って歩いたのですが・・

残念ながら目的のお花はまだまだ固い蕾、開花はもう少し先のようです~

最後のお楽しみは小仏城山のかき氷・・目の前に冷たい氷を思い浮かべて、我慢の登りでした~・・

それでも、この時期初めての高尾山では、お初のお花にも会えて、なかなか楽しめました

帰りは・・お決まりの高速の渋滞でしたが、日曜日よりはちょっとましかも~・・途中のお魚が充実しているスーパーでお買い物をしても、7時過ぎには帰宅できました

長野でお花探索

翌30日は、長野方面へちょっと遠出してのお花探索でした

林道脇のちょっとしたスペースに車を停めて、雑木林の斜面に取り付きます


ほんとにこんな場所に咲いているのかな~・・?
半信半疑?で雑木林の中を登って行くと・・薄黄色の穂状の植物がバラバラと散在しているのが目に入りました
tc1 DSC_0275 (2)

右にも左にも!!・・びっくりするような広範囲に、サクライソウが群生していました~
tc2 DSC_0315

斜面を少し登ってみても、まだまだ先の方まで続いています
tc3 DSC_0297 (2)

tc4 DSC_0303

その中にはこんなにかたまって咲いている所も
tc5 DSC_0278 (2)

ユリ科サクライソウ属、葉緑素を全く持たない菌従属栄養植物だということです
tc6 DSC_0312

この一塊になって咲いているお花たちの脇には、昨年のガラが消失せずに残っているのが見えます
tc7 DSC_0293

広葉樹林の木漏れ日の下で、かたまって咲いている姿は、それなりに?風情がありますね
tc8 P7305711

草丈は10~20センチと低いのですが、そよ風に微妙に揺れて、アップ写真が撮りずらいのです~
tc9 DSC_0314

訪れる時期としてはベストなタイミングだったようです
tc10 DSC_0294

先端部分はまだ蕾の新鮮なお花です・・
tc11 DSC_0307 (3)

お花の径は2ミリ足らず、1ミリくらいの小さな蟻さんが好むようで、あちこちのお花に肉眼では見えないくらいの蟻さんがお花に登ってきていました
tc12 P7305694

ちょうど開花したばかりのお花に頭を突っ込んでいる蟻さんです~・・蜜を舐めてる?それともお花を齧ってる?・・
tc13 P7305715

お花をアップで撮ってみたのですが、微妙な揺れにピンボケ写真ばかりになってしまいました~・・
このお花は、開花後しばらくたっていて、子房が膨らんでいますね
tc14 P7305723

こちらのお花は、葯もまだ開く前の新鮮なお花です・・透明感があり、全体にぼやけてしまい、なかなか上手く撮れません
tc15 P7305726

サクライソウのびっくりするような群生を充分に楽しみ、広葉樹の林を更に先に進みます
tc16 P7305748

しばらく歩くと、ここでもヤクシマヒメアリドオシランに出会うことができました
tc17 DSC_0330

前日富士山麓で見たものより、小さ目で株数も少なかったのですが、ちょうど開花したばかりの新鮮で綺麗なお花に会うことができました
tc18 DSC_0320

この場所では、5株のお花を付けた株を見ることができました
tc19 DSC_0328

正面と横顔です・・唇弁が2裂して先が尖り、ひし形です
tc20 P7305739

更にアップしてみると・・唇弁の付け根に付いているのは花粉塊なのでしょうか~・・?
開花したばかりの新鮮なお花のようですね
tc21 P7305737

こちらのお花は花粉塊が落ちているようです~・・開花して少し時間が経過しているようですね
tc22 P7305741

葉のアップです・・葉先が尖り、葉柄がはっきりとわかります
tc23 P7305745



この日も蒸し暑く、蚊の襲撃を覚悟して、ピテカン君は長ズボンで、カッパも長めのショートパンツで訪れたのですが、雑木林の中は意外に涼しく、蚊もほとんどいなくて、快適にお花たちを楽しむことができました

サクライソウは南方系のお花のようで、まさかこんな場所で出会えるなんて思ってもいなかった場所でした

わたしたちだけでは、とても出会うことができないお花ですが、今回は情報をいただき、なんとか見つけることができました

この日はまあまあの行楽日和・・近くの河原では水遊びをしている人たちも多く、遅くなると高速の渋滞がひどくなりそう~

ということで、まだまだお花探索したい場所があったのですが、早めに帰路に就くことに

2時前に現地を出発したのですが・・それでも帰宅は9時過ぎでした~・・

富士山麓のランとの出会い・・その2

ちょうど盛期の愛らしく美しいヒナチドリとの出会いの後、午後からは、もう一つ会いたかったお花、ヤクシマヒメアリドオシランの棲息地を案内していただきました

こちらは思いもよらなかった場所・・蚊との戦いが待っていました~・・って一方的に人間の負け?・・ではありますが・・
長ズボンにすれば良かった~!・・深く後悔です~

暗い杉林を棲息地へと向かいます


まだ少し早かったのか、白い花弁が開いたお花が見当たりません
さらに少し進むと、一塊になって花茎を伸ばしているヤクシマヒメアリドオシランを見つけました
tb1 DSC_0195 (2)

あちこち点々と、小さな塊を作っていて、この一塊では、開花して白い花弁が見えるお花が何輪か付いていました
tb2 DSC_0226 (2)

目が慣れてくると、開花している株もちらほらと目に付き始めました
tb3 DSC_0178 (2)

杉の落ち葉が厚く積もった所に多く見られるようでした
tb4 DSC_0170 (2)

少し近づいてみると・・唇弁の形が面白いですね
tb5 DSC_0189 (2)

更にアップで~す・・2裂した唇弁の先が尖っていて、3角形っぽく見えますね
tb6 P7295673

アリドオシランと名前が付いているのですが、属が異なり、アリドオシランがアリドオシラン属なのに対し、ハクウンランと同じハクウンラン属ということです
tb7 P7295650

葉は互生、葉柄が見られますね
tb8 P7295674

この場所では、ハクウンランも咲いていました
tb9 DSC_0208 (2)

こちらもやっと開花したばかりで、新鮮なお花でした
tb10 P7295666

唇弁が四角く台形のようですね
tb11 P7295668

葉もヤクシマヒメアリドオシランよりやや大きめで、丸く、葉柄は無いか、あってもごく短いもののようですね
tb12 P7295670

このお花は、ヤクシマヒメアリドオシランだと思われますが、唇弁の先は尖らず台形に近いようです・・
ひょっとしたら、ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンランの交雑かも?・・なんて思ってしまいましたが
ピンボケ写真なのでよくわかりませんね・・
tb13 DSC_0200

この杉林では、なんとベニシュスランが広い範囲に群生していました
tb14 DSC_0219

杉の落ち葉の中から、ニョキニョキと顔を出して、横向きにピュ~っと嘴を伸ばしているいるのが、なんとも可愛らしいですね
tb15 DSC_0215

こちらは蕾も多く見られたのですが、綺麗に開花したお花も多く、ちょうど盛期に出会えたようです
tb16 DSC_0245

嘴のような変わった形状で、草丈に対して、アンバランスに大きなお花・・カッパはこの面白いお花が大好き
tb17 P7295676

お花のアップで~す
tb18 P7295662

杉林の入口付近に群生していたシロバナイナモリソウ・・不思議にこの林では、ピンク色のイナモリソウには出会ったことがないそうです
tb19 DSC_0253

白いお星様も清楚で、なかなか素敵ですね
tb20 DSC_0247

車に戻る途中に見つけたオオバノトンボソウ
tb21 DSC_0256

今年は、まだ見ていなかったので、思いがけず嬉しい出会いでした
tb22 DSC_0268

ちょうど見頃の新鮮なお花ですね
tb23 DSC_0265

tb24 DSC_0260 (3)

お花のアップです~・・唇弁は後方に反り返り、距がやや下向き、子房が捻じれているのがわかりますね
tb25 P7295684

葉は、下の1枚が大きくて、上にいくほど小さくなっていて、茎に翼(陵?)があります
tb26 DSC_0271


ちょっと早いかも・・といってご案内いただいたヤクシマヒメアリドオシランですが、なんとか開花しているお花を見ることができました

遅いと思っていたベニシュスランはちょうど盛期で満開の状態で、2種のラン揃い踏み?でとても嬉しい杉林でした

次回訪れる時は、蚊対策を忘れないように・・必ず長ズボンで訪れることにします~

お天気は今一つでしたが、ぜひ会いたかった、ヒナチドリとヤクシマヒメアリドオシランに出会えた、素晴らしい1日でした

富士山麓のランとの出会い・・その1

7月最終の週末、富士山麓で、以前からぜひ出会いたかったランに、やっと出会うことができました

わたしたちだけでは出会うことが難しいランでしたが、今回はご案内いただいて、とても嬉しい出会いになりました

週末は高速道路の渋滞が必須なので、なるべく早め、5時前に我が家を出ます

お天気予報では☀マークはないものの☔マークもなく・・☁マーク・・雨にならなければ良いのだけど・・どんよりとした曇空です

富士山麓は深い霧でした


霧は晴れる気配もなく、森の中に分け入るころには、ぽつりぽつりと雨になってしまいました
暗い森の中を目的のお花が着生している場所へと案内していただくと・・
ta0DSC_0133

そんなに大きくない1本のイタヤカエデの木・・暗い森の中で、そこだけなんとな~く明るく感じます
見上げると、3ヶ所で数株のピンク色のお花が目に入りました
ta1 DSC_0142

ta2 DSCN0461 (2)

1株だけポツンと離れて咲いていたお花です・・少し下にお花を付けていない葉らしきものも見えますね
ta3 DSC_0145

ノキシノブの群生に混じって咲いているので、お花が付いてないとほとんど気がつきませんね
ta4 DSC_0137

少しズームしてみました~・・お花がはっきりとわかりますね
よく見るとツリシュスランが1株、横に付いていました
ta5 DSCN0447 (2)

一番たくさんおお花を付けていた株・・周りにも何株かお花を付けている株があるようですね
ta6 DSC_0140

次第にズームしてみると・・お花は4花、ちょうど盛期の生き生きしたお花です
ta7 DSCN0437 (2)

ta8 DSCN0462 (2)

更にズームしすると、お花の形態もはっきりと見えます
ta9 DSCN0444 (2)

少し角度を変えて撮ってみました
ta10 DSCN0465 (3)

少し広めの葉が1枚です
ta11 DSCN0472 (2)

2000ミリ相当までズームしてみました・・唇弁は深く3裂し、紅色の斑点があり、背萼片と側萼片は兜状に集まって付いていて、側花弁は広卵型で左右に広がっているようです
ta12 DSCN0477 (2)

少し場所を変えて・・このイタヤカエデの木には、ツリシュスランが10株以上着生していました
割合に低めの樹の幹に着生したので、間近で見ることができます
ta13 DSC_0118

お花の時期にはまだ早かったようです
ta15 DSC_0115 (3)

この株は、もう花穂を持ち上げていて、一番早く開花しそうですね
ta16 DSC_0120 (2)

3本の花穂を横に並んで、付けていました
ta17 DSC_0128

お花の咲く頃に、ぜひ再訪したいものです
ta18 DSC_0126 (3)

この森では、思いがけずキバナノショウキランにも出会うことができました
ta19 DSC_0109

右の1花はもう子房が膨らんでいました
ta20 DSC_0162

寄生植物のキヨスミウツボも、この森で何ヶ所かで見ることができました
ta21 P7295639

すっかり開花している状態のようですね
ta22 P7295640



霧と小雨の生憎のお天気でしたが、ヒナチドリの盛期の美しいお花を見ることができました

ツリシュスランはお花はもう少し先・・お花の時期にぜひ訪れたいと思っています

もう一つ、ぜひ会いたいお花があり、午後からは別の場所に移動です・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる