赤岳から小泉岳、白雲岳分岐往復

赤岳の頂上でゆっくり休んで、さあこれからがお花を楽しむ山旅本番で~す
ピークから少し戻って、白雲岳方面への分岐を右に、まずは小泉岳を目指します

小泉岳から白雲分岐までと、白雲分岐から白雲小屋までの下りに、今回の目的のお花・・ヨコヤマリンドウが咲いているはずなのですが・・


赤岳から小泉岳までは、砂礫地の中の登山道を、緩やかな登り下りを繰り返して登って行きます
両側はお花畑になっていて、次々に姿を見せてくれるお花を撮りながらなので、なかなか先に進めません
wDSC 1_0599

歩き始めてすぐに目に入ったチシマキンレイカ・・今回は赤岳頂上辺りでしか見ることができませんでした
wDSC 2_0586

登山道脇で大きな群落をつくっていたエゾタカネツメクサ・・タカネツメクサの母種で北海道の限られた地域にしか生えないそうです
wDSC 3_0595

こちらはエゾミヤマツメクサではないかと・・ちょっと自信ないのですが・・花弁に桜の花弁のような凹みがないので
この花は大雪山系の固有種だそうです
wDSC 4_0592

キバナシオガマも大雪山の固有種・・ほとんど花が終わっていました~
wDSC 5_0600

ホソバウルップソウはもうすっかり穂だけでした
wDSC 6_0603

小泉岳から白雲分岐へは緩やかな下りが続きます
wDSC 7_0605

この辺りではリシリリンドウも姿を見せてくれました
そしてリシリリンドウに混じってヨコヤマリンドウが咲いているはずなのですが・・・・見当たりませ~ん
wDSC 8_0611

副片がお花の中央部を塞いでいるのが特徴・・この株は青紫色が鮮やかできれいですね
wDSC 9_4881

砂礫地でもこの辺りは少し湿り気があり、クモマユキノシタも大きな株が見られます
wDSC 10_0620

シロサマニヨモギ・・この花と、次のエゾハハコヨモギはこの辺りに混生していました
wDSC 11_0623

エゾハハコヨモギ・・こちらは大雪山の固有種だそうです
wDSC 12_0624

白雲分岐に到着・・忠別岳、白雲岳、北海岳の分岐です
最初にここを訪れた時は、テント泊で忠別岳を越え、トウムラウシまで縦走しました
ここから白雲小屋への急な下りの途中に、ヨコヤマリンドウが2~3株咲いているはずなのですが・・
wDSC 13_0612

下り始めるとすぐに、雪渓脇の砂礫地に大きなチシマクモマグサの株が
wDSC 14_0613

ベニバナミネズオウが絨毯を敷き詰めたようにびっしりと咲いていました
wDSC 15_0615

イワウメもびっしりと
この辺りにヨコヤマリンドウが咲いているはずなのですが、見当たりませ~ん
仕方なく、白雲分岐まで登り返し、反対側の北海岳方面に探しに行くことにしました
どうしてもヨコヤマリンドウに会いたい
wDSC 16_0616

白雲分岐まで戻り北海岳への登山道を辿りますが、やはり本命ヨコヤマリンドウは見当たらず
ミヤマリンドウばかりが目につきます
wDSC 17_0618

とうとうヨコヤマリンドウには会うことができませんでしたが、ヨツバシオガマがきれいに咲いているお花畑を見ることがでました
だいぶ遅くなったので、下山することに
wDSC 18_0619

雪渓を下る頃にはもうすっかりガスが出てきて・・
wDSC 19_4905


前回と前々回、二回続けて見ることができたヨコヤマリンドウですが、今年はとうとう会うことができませんでした

白雲分岐で、ちょうどNHKの百名山の取材に同行していたガイドさんも、少し一緒に探してくれたのですが・・
そのガイドさんのお話だと、まだヨコヤマリンドウの咲く時期には少し早いそうです

ゆっくりとお花を楽しみながら、またお目当てのヨコヤマリンドウをじっくり探しながら歩いたので、すっかり遅くなって車に戻りました

なにはともあれ温泉に急ぎます
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる