富士山 村山古道と富士自然歩道を歩く

8月24日、世界文化遺産に登録されて、賑わいをみせている富士山・・人ごみを避けて、静かな村山古道を、キノコの下見も兼ねて歩いてみることに


お天気予報はマークで雷雨の心配も
ということで、なんとなく頑張らないモード・・水ヶ塚の駐車場に車を停めて、バスで富士宮口五合目まで、一気に登ることに
後ろには富士山の雄姿がくっくりと
yDSC 1_0041

五合目のバス停から、人ごみを避けて、宝永入口から針葉樹の中の登山道を宝永火口縁に向かって、歩き始めます
yDSC 2_0043

30分ほどで、宝永第二火口縁到着・・右手奥に(写真には写ってないのですが)宝永山、左手が富士山方面です
yDSC 3_0047

第一火口縁まで一登りして、六合目に向かってトラバースすることに・・所々に乾燥に強いお花達が、殺風景な火山礫の道を彩ってくれました
yDSC 5_0051

ミヤマオトコヨモギ・・う~ん、たくましそうな名前だけど、お花はけっこう可愛い
yDSC 6_0054

ベニイタドリとアキノキリンソウの群落・・ベニイタドリはあちこちで大きな群落を作って目を楽しませてくれます
yDSC 7_0056

ヤハズヒゴタイの群落も・・地味目なお花だけど、まとまって咲くとそれなりに
yDSC 8_0059

ぐるっと廻って、ちょっぴり富士登山気分を味わって、再び五合目に下ってきました
yDSC 9_0060

再び宝永入口にもどり、宝永火口縁への登山道の途中から、村山古道へと進みます
yDSC 10_0063

村山古道に入ると、さっそくキノコ発見・・ヤマイグチです
yDSC 11_0044

アンズタケもポツポツ見つかりましたが・・まだまだ季節が早いようで、そんなに数は採れません
yDSC 12_0061

大きなタマゴタケにびっくり・・傘の直径が20センチほども
yDSC 14__0067

三つ子のアブラシメジちゃん・・可愛く顔を出していました
yDSC 15_0070

ツガタケもまだ出始めのようで、やっと少しだけ・・美味しいキノコなのに~
yDSC 30_0077

ショウゲンジも頭を覗かせて・・まだ時期が早いようで、ほんの数本でした
yDSC 12_0064

今回の本命キノコのヤマドリタケモドキ・・残念なことに採れたのはこれ一本だけ~
バター炒めにすると美味しいのに・・
高所に出るこの種のキノコはヤマドリタケ・・とご指摘いただきました
ありがとうございます
yDSC 16_0071

針葉樹の林では、カニコウモリも生きいきと群生しています
yDSC 17_0068

よく似たコウモリソウのお花・・それなりにきれいですね
yDSC 18_0083

しばらく下ってくるとやがて道は、ヒヨドリバナやゴマナ、キオンといったお花が咲き乱れる草原の中に
お天気が良ければ気持ち良いのですが・・雨がポツリポツリと
yDSC 19_0082

途中のお地蔵さまに修験者のお札が・・いかにも古道といった雰囲気ですね
yDSC 20_0084

草原と針葉樹の林を交互に下ると、高鉢駐車場から御殿庭へと続く富士自然歩道にぶつかります
左に折れて、ここからは自然歩道を御殿庭方面へと辿ります
yDSC 21_5349

ガラン沢の分岐を右に・・ここからは旧料金所ゲート方面に向かって下ります
yDSC 22_5353

しばらく下ってから、適当に?踏み跡らしき場所を探して、須山登山道方面にトラバース
ここはGPSで現在地を確かめながらです・・500メートルほどで、須山登山道に飛び出しました
だいたいピテカン君のコースの最後は、道無き道?か藪漕ぎなのです
yDSC 23_5354

須山登山道を30分ほどで、水ヶ塚の駐車場到着で~す
yDSC 24_5355


村山古道は登山ならぬ下山だけ?と聞いて、楽勝!・・と思っていたけれど、けっこう距離が長く、疲れました

下り始めてしばらくはキノコがポツポツ採れて楽しかったのですが、まだ時期が早いのか、下るにつれてキノコの姿もなくなり、単調な下りが続きます
きれいなツガ林でも、キノコはまだ眠っているのかな~

でも宝永火口の迫力と、近くで見る富士山の雄大さに圧倒され、お花もキノコも楽しめて、ピークに登らなくても富士山を楽しめた一日でした

実はわたしたち、まだ富士山に登ったことはないのです
今回は六合目まで登っただけですが、一度登頂しても良いかな~・・なんて思いました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 おはようございます。
ナ・ナ・ナント、水ケ塚でニアミス?でしょうか・・・
バスもご一緒なんて事ないですよね~??

一時帰国していた仲間が富士山へ登ると言うので、それならば・・・
とご一緒して来ました。前日・前々日が大雨・雷ゴロゴロだったので
心配しながら・・・でしたが、少しの雨と風にヤレヤレでした。

 村山道、ずっと歩きたいと思いながら今年もとうとう歩かずじまいでした。
沢山の下山道があり、富士山のお腹巡り?はナカナカ楽しいですね。
キノコ・・・そんな季節になったのですね! お疲れさまでした。

Re: No title

キレンゲショウマさん

こんばんは。
ほんとに、ほんとに、びっくりですね!
同じ日に、同じ山の中を歩いていたなんて!

キレンゲショウマさんは頂上まで行かれたのでしょうか?
わたしたちはがんばらないモードなので、6合目から下ってしまいましたが・・

村山古道は、道はしっかりしていて、ほとんど人に出会うことのない、静かな登山道でしたが、
途中に倒木帯があって、ちょっと苦労させられました・・
もう少しキノコを期待していたのですが・・

No title

こんばんは。
富士山に来られたんですね。

山梨側の富士山キノコは、マイカー規制が明けてスバルラインの目につきやすい場所に自粛要請の張り紙が見られます。
静岡側も、富士宮市を除いてキノコ採取の自粛要請が出されているようです。

それでも、キノコを諦めきれずに入山する人も少なくないようです。
画像のヤマドリタケモドキですが、富士山の種は、モドキのつかないヤマドリタケです。
香りや味はモドキ以上のようです。

シラビソの若い林に比較的多く発生しています。
私はまだ今年見ていません。

今年の富士山は、南麓には夕立が多く発生しましたが、北麓では、南麓で発生した夕立のおこぼれが少し来た位で完走しています。
そんな状態のため、キノコも発生も思わしくない状態が続いています。

何とか回復してもらいたいところですが?どうなるんでしょうね。

数回富士山に通いましたが、一番多く見かけた食用キノコは、マツタケで他のキノコは、ほとんど見ることができません。

週末には台風が接近するようですが、題風の後が楽しめればと思っています。

北麓は、自粛要請の解除に向けて、県が検体の確保に夢中になっています。その中の一人に私もマツタケ専用で加わることができましたので今シーズンは、キノコの採取が可能となりました。

そんなことで、少しほっとしています。

Re: No title

bbhouseさん

こんばんは。

富士山の詳しい情報有難うございます。
吉田口も須走口も、当分の間自粛規制が続きそうですね。
規制してない富士宮口に初めて入ってみましたが、ダメでした。

採れるキノコがマツタケばかり、なんて羨ましい限りです!

今年の富士山のキノコ、やっぱりダメかな・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる