エンビセンノウ

翌9月1日は、蓼科の温泉でゆっくりと朝ごはん&朝風呂も2回・・遅い出発です

長野県の諏訪湖方面の湿原にエンビセンノウのお花を見に行きました


湿原に敷かれた木道を歩き始めて間もなく、お目当てのお花、エンビセンノウが小さな群落を作っていました
パッと目を引く鮮やかな朱色のお花達が、湿原を明るくしてくれています
zDSC 1_0226

それにしても野生のお花とは思えない美しさですね
zDSC 2_0223

ちょっとアップ気味に
花弁が深く裂けて、燕の尾のようなので燕尾・・エンビセンノウと名前が付けられたそうです
zDSC_0224+0228.jpg

湿地ならどこにでも生えるミゾソバですが、金平糖のようで可愛いですね
zDSC 5_0217

小さなお花のアカバナも控えめに咲いていました
zDSC 6_0220

木道沿いに群生していたサワギキョウ・・ここに咲いていたサワギキョウは、紫色が鮮やかで、お花も大きめで、特に美しく感じました
zDSC_0233+0234.jpg

思わぬ出会い・・アケボノソウです
zDSC 9_0239

初めての出会いです
zDSC 10_0241

お花のアップです・・花弁に二つ並んだ緑色の斑点がおもしろい
zDSC 11_5464

ツリフネソウもこんなにまとまって咲いていると、見応えありですね
zDSC 12_0243

杉林の林床に咲いていたツルニンジン・・別名ジイソブ、バアソブもあっておもしろい
どうしてじいさん、ばあさんなのかな~・・とかねがね不思議に
zDSC 13_0246

キバナアキギリです・・春にはムコナカセと呼ばれる山菜です
zDSC 14_0250

こちらはアキギリ・・キバナアキギリに似ているのですが花の色が紫色です
zDSC 15_0251

ここでは、キバナアキギリとアキギリが混生していて、両種の交雑らしい、黄色に紫色が混じったお花の株もありました
この交雑種はシボリミヤマアキギリというそうです
xDSC_0249.jpg


湿原からの帰路に、少し離れた杉林で見つけたレンゲショウマの群落
zDSC 16_0259

まだ咲いていてくれました
zDSC 17_0261

いつ見てもきれいです~
zDSC 18_0260

お花の形がおもしろかったので、パチリと・・
名前がわからなかったのですが、調べてみると、ナンバンハコベというお花でした
zDSC 19_0265

標高が千メートル程のところに広がっている湿原
zDSC 20_0257


写真を撮りながら、ゆっくりのんびり・・
それでも2時間ほどで、ぐるっと一周りできる湿原ですが、エンビセンノウをはじめ、サワギキョウやアケボノソウ、おまけのレンゲショウマとたくさんのお花に出会うことができました

その後先週会えなかったお花を探しに、別の場所に移動
夕立にもめげずに探したのですが・・とうとう出会うことはできませんでした

八ヶ岳で会えなかったランと、この小さなお花は来年の課題に
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

エンビセンノウ、
初めて知った花です。
強烈な色で自己主張の強い花ですね。

アケボノソウ、
本で見ていて知ってるだけでまだ逢った事がない花です。
このアケボノソウには是非逢ってみたいなぁ~。
あ~、早くどこでもいいから山に行きた~い。

毎週のようにお出かけできるカッパさんが
超羨ましいで~す。

Re: No title

まっ黒くろすけさん

こんばんは。
エンビセンノウはわたしたちも今回初めて出会いました。
朱色のお花の色と、深く切れ込んだ花弁が、とても自然に咲いているお花とは
思えない印象ですね。

アケボノソウは期待していなかっただけに、うれしい出会いでした。
地味なお花ですが、とっても素敵なお花で、大好きなお花です。

今年出会えなかったお花もいっぱいあって・・
来年の課題もいっぱいです~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる