北岳登山・・その1

9月14~16日の三連休に予定していた北岳に、先週の三連休、21,22日にテント泊で登ってきました

最初の予定では、この三連休は、富士山方面のキノコ採りを計画していたのですが、台風到来で断念した北岳のリンドウにも、どうしても会いたいし・・
ただリンドウは8月中旬から咲き始めていて、この三連休では咲き終わっている可能性もあり・・
ということで、どちらにしようかギリギリまで迷ったのですが、リンドウがまだ咲いているという情報を得て、北岳に向かうことにしました

ピテカン君の帰宅を待って、大急ぎ!・・広河原までのバス乗り場、芦安の駐車場に向けて車を走らせます
さすが三連休前日!!・・駐車場はもう車でいっぱい・・なんとか係員さんに誘導してもらって車を停め、一番バスまで仮眠

ちょっと寝過ごしてしまって、慌てて準備を整え、バス乗り場に向かうと、乗り場は人、人、人!の大行列
やっと一番バスの座席確保できて、広河原到着・・広河原も人でいっぱい


青空の下、これから向かう北岳の姿がくっきりと
DSCa 1_0480

ぞろぞろと行列を作って吊り橋を渡り終わると、他の登山者とは反対に左手の道を辿ります
広葉樹の林の中の遊歩道をしばらく歩き、赤テープの目印から、嶺朋ルートに入ります
DSCa 2_0482

広葉樹林の林床で、さっそくお目当てのラン、アオキランに会えました
残念なことに、ちょっと遅かったので、ほとんどの株はお花が終わっていて、枯れ尾花
DSCa 3_0483

なんとかきれいなお花を付けていた株がいくつか
この株は最後に下山時に見つけた株ですが、花数も多く、お花もまだ生気があり、一番きれいに咲いていた株です
DSCa 4_0647

お花のアップです・・ちょうどトラキチランを逆さまにしたようなお花ですね
3種類あるトラキチラン属のひとつだそうです
ちょっとしおれているのが残念・・
DSCa 5_5625

やがて周りの木々も広葉樹から、コメツガやシラビソの針葉樹へと変わり、キノコの期待も
DSCa 6_0488

このコースは大樺沢の右岸の尾根を、ボーコン沢の頭に向かって登って行くコースですが、針葉樹林帯の中の登山道はどんどん傾斜を増し、手も使って、倒木を乗り越えながらひたすら高度を稼ぎます
キノコも目に入りませ~ん
DSCa 7_0494

やっと少し平らな場所に出て小休止
キノコを探す余裕も出てきて、キョロキョロと
DSCa 8_0499

ありました
可愛らしい頭をぽこっと出したばかりのショウゲンジです
DSCa 9_0500

アブラシメジも何本か
でも山の中は意外に乾燥していて、キノコも乾いていて、数も多くないようです
DSCa 10_0503

ゴゼンタチバナの赤い実が、暗い針葉樹林を明るくしてくれます
DSCa 11_0502

やがて針葉樹林帯を抜けると、ハイマツ帯に突入
生い茂るハイマツとシャクナゲをかき分けながら進みます・・これが歩きにくいことこの上なし
けっこう消耗します~
DSCa 12_0506

視界も開けて・・大樺沢を隔てて、北岳が目の前に
この角度からの北岳はなかなか威風堂々としてますね
DSCa 13_0507

歩きにく~いハイマツ帯を必死にかき分けながら前進
嶺朋ルートの下り口の看板が出てきて、やっと急な登りから解放されました
DSCa 14_0512

ボーコン沢の頭に向かって、気持ちの良い稜線歩きになります
DSCa 15_0516

やっとボーコン沢の頭に着きました
DSCa 16_0517

ボーコン沢の頭から八本歯の頭に向かって、池山吊尾根を辿ります
行く手には、北岳の雄姿が間近に望まれます
DSCa 17_0519

やがて八本歯のコルも近くなり、振り返ると、登ってきた嶺朋ルートが見渡せます
よく登ってきたものだな~・・なんて
DSCa 18_0526

ボーコン沢の頭からおよそ2時間ほどで、北岳山荘へ続くトラバース道と、頂上へ向かう登山道との分岐に到着
秋の陽は急に傾き始め、風も冷たくなり、トラバーズ道を大急ぎ、北岳山荘のテン場を目指します
DSCa 19_0528

テン場には、もうすでに先客のテントが所せましと張られていたのですが、やっとなんとかスペースを確保して、テント設営
沈む夕日を眺めながら、美味しい生ビールで、無事到着に乾杯で~す
DSCa 20_5639


嶺朋ルートは、樹林帯の尾根歩きが長いうえに、ハイマツとシャクナゲは足に絡まって歩きにくいことこのうえなし
おまけにルートファインディングにも手こずってけっこう大変だったけれど、あまり知られてなくて、出会った登山者は一組だけという、静かで、穏やかな山歩きが楽しめました

翌日はいよいよ本命のリンドウを探してトラバース道を戻り、北岳ピークを目指します
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

くろすけも北岳で、見てみたい3種の花があり、
時期的に同じものかなぁ・・・と思うので、
次のお花のアップが楽しみです。

ご主人様と一緒だと、
メインルートではなくても安心でいいですね。

Re: No title

まっ黒くろすけさん

こんばんは。
今回のお目当てのお花は、ヒメセンブリ、サンプクリンドウ、アカイシリンドウの、
三種類のリンドウ科のお花達でした。
時期的にはちょっと遅かったようで、開花株を探すのが、大変でした。
行かれるのでしたら、もう少し早く、9月の上旬から中旬ぐらいが良いようですよ。

ピテカン君が選ぶルートは、他の登山者にはほとんど出会わず、静かで良いのですが、
最後はGPS頼りの直登か、がむしゃらな藪漕ぎになってしまうことが多く、
カッパ的にはそう安心してもいられないのです~

No title

 こんばんは!
凄いですね~。 こういうコースもあるのですね。
八本歯のコルを通る時いつも気になっていて、ホンの少し試し歩きを
したのですが、何だか手強そうですぐに引き返した事がありました。
樺沢を隔てての北岳とてもいいですね。
私もこの角度から眺めてみたいです。 
3種のリンドウとの出会いに拍手です!!

Re: No title

キレンゲショウマさん

こんばんは。
嶺朋ルートは、樹林帯の中の急斜面の単調な登りが続き、ちょっと大変ですが、
森林限界を超えた所からは北岳を右手に見ながら、爽快な稜線歩きが味わえる、
すばらしいルートです。
ほんとに静かな山あるいが楽しめますが、花の種類が少なく花を楽しむルートでは無いようですね・・

リンドウはちょっと遅かったようで、咲いているお花の数は少なかったのですが、
会えてほんとによかったです!
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる