西上州 帳付山と天丸山

12月7、8日、一泊二日で、群馬県と長野県の低山を歩いてきました
ここ十年以上続けている、恒例の下仁田葱買い出し登山です。

例年師走のこの時期は、バタバタ忙しくしていて、日帰り登山だったのですが、今年は・・ゆっくり温泉を楽しみた~い・・カッパのリクエストで温泉お泊まりに

7日、冷え込んだ早朝に、我が家を出発
下仁田インターから上野村方面へ、湯の沢トンネルを抜け天丸山に向けて車を走らせます


林道をしばらく走り、社檀の乗越近くのスペースに車を停め、天丸山への道標に従って乗越から歩き始めます
DSCf 1_0356

しばらくは道幅のある馬道が、緩やかな登り下りを繰り返して続きます
前方の山には朝日が当たっていて暖かそう~・・こちら側は暗くて寒い道が続いています~
DSCf 2_0357

1時間ちょっとで、やっと陽の当たる尾根に出ました・・お陽さまポカポカで暖か~い
帳付山と天丸山の分岐、馬道のコルです
まずは右手の帳付山目指して、尾根道を登って行きます
DSCf 3_0361

これから向かう帳付山が見えてきました
DSCf 4_0364

やがて尾根上は、小さな岩峰が次々に連続するようになり、気が抜けません
慎重に登り下りを繰り返します・・西上州の山らしくなってきました
DSCf 5_0366

見晴らしの良い岩の上で小休止
お陽さまポカポカで暖かいのですが・・足元が・・すっぱり切れ落ちていて・・
DSCf 6_0367

ピークがだいぶ近付いてきました
DSCf 7_0371

頂上直下、ヒノキ林の中の最後の急登です・・もう一息
右側がすっぱりと切れ落ちていて・・カッパは右側は見ないようにして~
DSCf 8_0372

頂上に着きました
ヒノキや松に覆われていて、眺望は良くありませんが、少し先に進むと、すっぽりと切れ落ちた崖になっています
DSCf 9_0375

帰りに登ろうと思っている天丸山が、梢の間から望まれます・・左側の一段低めの山が天丸山で~す
DSCf 10_0377

馬道のコルの少し手前まで戻って、お陽さまポカポカ、ふかふか落葉の絨毯の上に座ってランチタイム
DSCf 11_6361

馬道のコルから天丸山に向かい、一登りで天丸山の分岐です
DSCf 12_0381

分岐から緩やかな下りとなり、やがてぽっこりと見えていた天丸山の岩壁の基部に出ました
ここから岩壁登りが始まります・・最初の登りは狭い岩壁の溝を太いロープに捕まって身体を持ち上げていきます・・ちょっとスリリング
さすがピテカン君・・スイスイと
DSCf 13_6362

2本目のロープの岩壁をよいしょ・・っと
う~ん・・カッパは体重が・・少し痩せないと・・
DSCf 14_0390

岩登りも終盤戦・・ピークはもうすぐそこ
DSCf 15_0384

緊張した岩登りが終わると、見晴らしの良いピークに飛び出しました
しばし展望を楽しんで、下山です
DSCf 16_0387

下山は・・ピテカン君お得意の藪漕ぎショートカット
カッパは悪い予感が・・予感は当たって・・急斜面の藪漕ぎトラバース
それでも笹藪を掻き分けて、10分程で登山道に降りることができました
DSCf 17_0392

馬道は午後の陽を受けて、あったかで~す
のんびりと車まで戻りました
DSCf 18_0393


一日目、帳付山は西上州の山らしい小さな岩峰の尾根歩きが楽しめ、天丸山はスリルのある岩登りが手軽に味わえて、充実した一日でした
今回歩いたルートです。
tenmaru_mp.jpg

心配していたお天気も、雲が多いものの青空くっきり、陽差しもたっぷりの良いお天気に・・ちなみにカッパは晴れ女です~

下山後は道の駅まで戻って下仁田葱の買い出しに
頼んでいた葱を積み込んで、一路この日のお泊まり予定の佐久の春日温泉
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる