庄内の渓で出会ったスミレやお花達

庄内の渓でも、たくさんのスミレと春のお花達との出会いがありました
片手に釣竿、片手にカメラと、忙しくて大変だったけれど、きれいなお花達の姿を何枚かパチリです~


日本海側のスミレ、スミレサイシンは、陽当たりの良い斜面から薄暗い杉林の林床まで、いろいろな場所で群生していました
1t DSC_0061

今年は葉もすっかり展開していて、お花の時期は少し過ぎているようです
2t DSC_0011

陽当たりの良い林道で一番元気良く咲いていた、オオタチツボスミレ・・距の白さが目立ちます
3t DSC_0012

こちらは花色が薄く、ほとんど白に近いオオタチツボスミレ・・シロバナオオタチツボスミレと呼んでも良いのかな・・?
4t DSC_0098

この大きな株のスミレ・・葉が丸くて、葉脈の凹凸がはっきりしていて、オオタチツボスミレの葉そのものなのですが、距が紫色・・ってタチツボスミレ?
ここではタチツボスミレとオオタチツボスミレが混棲していたので、両種の交雑種のムラカミタチツボスミレでは?・・と思うのですが~・・ちょっと自信がありませ~ん
5t DSCN8331

他の株よりひと際大きな株だったし・・いかにも交雑種っぽい?のですが・・
6t DSC_0030

今回、一番うれしかった出会いは、テリハタチツボスミレの開花しているお花に会えたことです
7t DSC_0016

昨年は、春が遅くて、蕾は見つけたのですが、お花が咲いてなくて・・今年は咲いているかな~・・と思っていたら、きれいに咲いている株がいくつも
8t DSC_0015

茎が長~く地面に沿って伸びていて、その茎の先に葉と花を付けているのがおもしろい
その名前通り、葉がつやつやです
9t DSC_0020

林道沿いに数カ所、まとまって咲いていました
10t DSCN8371

ここでもナガハシスミレに会えました
11t DSC_0060

この株は、ナガハシスミレのような長い距なのですが、距が白い
オオタチツボスミレとの交雑種、イワフネタチツボスミレではないかな~・・と
12t DSCN8361

葉の形も丸いのあり、長丸ありで、いろいろ・・距はくっきりと白色です
以前、会津で一回だけしか会ったことがないので、これも確信はないのですが・・
13t DSCN8365

アズマシロカネソウも、所々で、ちいさく可愛く咲いていました
14t DSC_0045

シラネアオイはちょうど満開の時期・・艶やかに風に揺れていました
15t DSC_0091

オオバキスミレとシラネアオイのコラボです~
16t DSC_0034

ニリンソウも群生していました
17t DSC_0087


もう20年以上も、この渓に通っているのですが、こんなにいろいろなスミレが咲いているなんて、気が付きませんでした
渓へのアプローチの林道はスミレの宝庫・・タチツボスミレの仲間たちがいっぱいです
お花や葉を見ても同定できないような、タチツボスミレの仲間も居て、立ち止まっては首を傾げて・・タチツボスミレの仲間はほんとうに奥が深いです~

今年は春の訪れが早く、オオミスミソウのお花に出会えなかったのが、残念
一年一年季節の進み方が違い、会えるお花達もいろいろですね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

スミレは一休みし、今週末は別のお花に会いにでかけていて、
お返事がおそくなりました。

タチツボスミレの仲間はよく似ていて、微妙な違いで区別するようで、
しかもそれがいろいろ交雑するとなると・・もうお手上げです~e-351


プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる