黒斑山、蛇骨岳登山

6月21日、お天気予報では朝から曇りマーク、夕方から雨・・しかも雷雨の可能性あり・・ということで、お昼過ぎまでには車に戻れる、お手軽な半日登山に出掛けることに

初夏のお花も楽しめて、眺望も良く、しかもお手軽に登れるお山として、今回は浅間山の外輪山、黒斑山から蛇骨岳のコースをチョイス
狙い通り、咲き始めた初夏のお花達を楽しみながら、浅間山を右手に、湯の平の広大な草原を眼下に眺めながらの、お手軽半日登山を充分に楽しむことができました

とにかく早く歩き登り始めたいので、我が家を3時過ぎに出発
高峰高原の車坂峠の駐車場には7時過ぎに到着・・眠い目を擦りながら朝食を摂り、8時前には歩き始めます


車坂峠から、黒斑山表コースを登り始めます
ab1 DSC_1095

今回の登山は、10年振りに新調した、カッパの登山靴の、試し履きも兼ねていま~す
ローバーのチェベダーレ プロという、山の道具屋さんお薦めの靴です
ab2 DSC_1099

歩き始めてしばらくは、まばらに針葉樹の生えた坪庭風になっていて、足元の小さなお花の群落や、遠くの景色を眺めながら、気持ち良く登っていきます
ab3 DSC_1100

小さくて可愛いコケモモのお花
他にも、秋には美味しい実を付ける、クロマメノキや、シラタマノキ、ガンコウランといった小灌木の群生が、あちこちに
ab3 DSC_1102

ツマトリソウは今年お初
ゴゼンタチバナも見られたのですが、まだ蕾でした
ab4 DSC_1108

歩き始めからず~っと行く先々で目を楽しませてくれた、イワカガミ
ab5 DSC_1096

岩の上に一塊りになって・・首を傾げて、じっとこちらを見下ろしているようですね
ab6 DSC_1115

こんなにたくさん群生している所も・・一面ピンクで覆われて~
ab7 DSC_0004

ミツバオウレンも密やかに
ab8 DSC_0002

アズマイチゲはもうほとんどお花を落としていたのですが、なんとかお花を残している木も何本か
ab9 DSC_1116

やがて登山道は、コメツガやシラビソの針葉樹林帯を潜りながら、高度を上げていきます
ab10 DSCN9069

なんと登山道の真中の岩の上に、イチヨウランが二株、ちょこんと乗っかっています
ab11 DSC_1123

やっと開花したばかりの新鮮なお花でした~・・今年お初
ab12 DSC_1124

タケシマランのお花は、よ~く見ないと、お花だとは気が付きませんね
ab13 DSC_0006

針葉樹の樹林帯を抜けると、やがて行く手には、トーミの頭が見えてきました
ab14 DSC_0008

トーミの頭へと続く岩場に、カモシカが
登山者を恐れる様子も無く、堂々と寝そべっていました・・人慣れしてるのかな~?
こんなに間近でカモシカを見るのは初めて
ab15 DSC_0013

この辺りでは、咲きだしたばかりの、新鮮なハクサンイチゲのお花が迎えてくれました
ab16 DSC_0014

岩場にしっかり根を下ろして、咲いているハクサンイチゲ・・けなげですね~
ab17 DSC_0017

トーミの頭に着いた時には、あたりはすっかりガスが掛っていて・・湯の平が、眼下に見下ろせるはずなのですが・・
ピテカン君、落ちないでね~
ab18 DSCN9084

トーミの頭から、ちょっと寄り道
湯の平方面に草滑りを少し下った所に・・なんとユキワリソウの群落が突然現れました
ab19 DSC_0021

20~30メートル四方のあまり広くない範囲にぎっしりと
こんなにたくさんのユキワリソウの群落を見たのは初めてです~
ab20 DSC_0055

こんなに纏まって咲いている所も~
ab21 DSC_0043

サクラソウ科のお花はどの種類もきれいだけれど、ユキワリソウは小さくて、華奢な印象で、優しげな美しさですね
葉の感じも、薄くて、柔らかそうで、控えめなのが良いですね~
ab22 DSC_0025

お花の色合いもちょっと薄めなのが、なおさら柔らかさを感じさせますね
ab23 DSC_0045

お花のアップです
ab24 DSC_0035

ハクサンイチゲとのこんなコラボも
ab25 DSCN9093

キバナノコマノツメも、岩の隙間で。ちょうど咲きだしたばかりのようです
ab26 DSC_0037

振り返ると向こうにトーミの頭が望めます
ab27 DSCN9102

分岐まで登り返し、黒斑山ピークには、湯の平分岐から30分ほどで到着
後ろには浅間山が、ガスの切れ間に姿を現しました
ここで、小休止・・蛇骨岳を目指して、外輪山の尾根歩きがはじまります
ab28 DSC_0060

歩き始めてすぐから、咲いていたツガザクラ・・蛇骨岳までの登山道沿いでは、ひときわ大きな群落が目に着きました
ab29 DSC_0080

ここでのもう一つのお目当てのお花、ミネズオウです
黒斑山から蛇骨岳へと続く稜線上に何ヶ所かで、群生していました
ab30 DSC_0076

ちょっとアップ気味に・・お花が新鮮ですね~
ab31 DSC_0070

黒斑山から30分ほどで、蛇骨岳ピーク到着
ab32 DSC_0083

蛇骨岳のピークは、こんな岩場になってま~す
ab33 DSCN9130

蛇骨岳からは、今は廃道になってほとんど人が通らない裏コースを通って、、下山すlることに
暗い針葉樹の林が続いていて、あんまり面白いコースではないけれど、登山者とのすれ違いがないので、マイペースで歩けるのと、下山時間が短縮できるのが取り得かな~
ab34 DSCN9132

暗い針葉樹の林を抜けると、一面笹藪の草原に飛び出します
この草原歩きが・・実は大変なことに・・
笹藪の中を10分程で、中コースと出会い、出会いからは、すぐに車坂峠に着きました
ab35 DSCN9139


予定通り午後1時過ぎには車に戻れました
お宿に直接行くには、早すぎるので、湯の丸高原まで、山岳ドライブすることに
湯の丸高原ではすばらしいレンゲツツジの群落が迎えてくれました
しばらくレンゲツツジの咲く草原を散策
ac DSC_0090

湯の丸高原にあるチーズ屋さん、アトリエ・ド・フロマージュで、お土産のチーズもゲットして、わたし達にしては早めにお宿に到着
DSC_0009e.jpg

さてさて、着替えをして温泉に・・ややや~何やら胡麻粒ほどの、黒くて動くものが・・ダ・ダニ~・・それも3匹も~
さてはあの笹藪で~・・靴下かタイツにくっついてきたようです~
大慌てで、着ていたものをバタバタはたいて、ジップで密封・・靴下とタイツはドライヤーの熱風を当てて、殺虫剤をぶっかけて~・・これもジップで密封
しばらく様子を見て・・もういないのを確かめて・・やっと落ち着いて温泉へ・・
疲れました~

黒斑山の裏コースは絶対お勧めできませ~ん
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

浅間方面に行かれてたんですね。行ったことないのですが、花が多そうでいいですね。

ダニは山歩きをしてると宿命ですよね。私もしょっちゅう取り付かれてます。

No title

わ。なんとタイムリーな(笑)
コザクラやダニ情報、ありがとうございます。
相変わらずピテカン&カッパさんパワフルですね!
3時発で寝ないで山登れてしまうのですから、すごいです!
私は寝不足が本当に苦手でして・・・そのパワーを分けて頂きたいです。

アトリエドフロマージュ、美味しいですよね♪
私のひいじいちゃんが軽井沢の人なので、よく父と母が墓参りに行った帰りに買ってきてくれました。
生チーズ?とカマンベールが結構お気に入りでした。
父が生きていた頃ですからもう20年位前になるんですね、懐かしい気分にさせて頂きました。
続きも楽しみです♪

登山靴、かわいい~!

ローバーの登山靴、素敵な色合いですね!
なかなか見かけない色です!
何処かの山ですれ違うことが出来たら、靴で
カッパさんを確認してお声をかけさせて頂きま~す。

スキースキーと言っている間に山はもう花盛りですね。
お花見にでかけたいなぁ。

畑の草取りに終われ、夫の体調もイマイチなので、
カッパさんのブログで楽しませていただきます。
昔は山に入ると藪を通ることもしばしばでしたので
ダニに注意していたのですが、最近は油断してました。
気をつけないといけませんね。

No title

こんばんは。

パワフルなお二人にいつも感心です。

この間の1日違いで、すれ違った山にも、私たちが歩いたコースにはダニがおまけで付いてきました。
鹿などの獣が媒介しているようで、鹿の食害に比例してダニも増えているようです。
なので最近は、山に入る前ダニよけスプレーを使います。

ところで、サクラソウをユキワリソウ・・・・・何か意味があるんでしょうか?

Re: タイトルなし

某S さん

こんばんは。
浅間山近辺のお山は、初夏から秋の初めまで、たくさんのお花に出会えて、
大好きなフィールドです。
この時期に訪れたのは、初めてだったのですが、
何と言っても、今回はユキワリソウの群落がすばらしかったです!
これから、草原のお花が次々に咲き始めると思います。
ぜひ一度訪れて見て下さい。

ダニは・・ウイルス感染が恐いですよね~

Re: No title

cyu2さん

こんばんは。
サクラソウ科のお花はどれもほんとにきれいですよね!
ユキワリソウは以前に庚申山で見たのですが、
かなり上の方、水の滴る岩盤で咲いていたので、
こんなに近くで見たのは初めてでした。

初夏の高原のお花たちも、咲き始めたばかりで、
新鮮なお花を堪能できました。

アトリエ・ド・フロマージュは、cyu2さんの思い出のお店だったのですね!
創業当初は、ブリーが美味しくて、よく買って帰りました。
先日立ち寄った時には、もう作ってないとのこと・・残念です。
今回は「山羊のカマンブルー」というのを買ってみました。

Re: 登山靴、かわいい~!

snowdropさん

こんばんは。
長年愛用のカッパの登山靴が、とうとうダメになりそうで・・
山の道具屋さんに勧められるままに買ってしまったのですが・・
柔らかい皮の靴に慣れていたので、なんとなく違和感があります。
そのうち慣れるかな~・・とは思うのですが・・

どこかでばったり~・・なんてことがあると良いですね!

これから暑くなると、雑草もすくすくですね!
草取りも大変かと思いますが、こんな陽気の毎日です。
どうぞ無理なさいませんように・・


Re: No title

bbhouseさん

こんばんは。
やっぱりあのお山にもダニが~!!
今回のダニ騒動で、ひょっとして・・あのお山も藪漕ぎだったよね~・・
と・・話していたのですが・・!
春先はかなり気にして、虫よけスプレーしてたのですが、
この頃は油断してました!
今週末は北海道の山登り予定しているので、気を引き締めて、スプレーしまくります~!

ユキワリソウはサクラソウ科、サクラソウ属の一種のユキワリソウのことで、
北海道や北の地方では、ユキワリソウの変種、ユキワリコザクラが棲息しているそうです。
ミスミソウやキンポウゲ科のユキワリソウという名称は、俗称のようです。

No title

 こんばんは!
いつもながら凄い行動力ですね。
新調された山靴、素敵ですね。 いつかどこかでバッタリの時は
すぐにカッパさん・・・とわかりそうですね。

 この時期、こんなに色々なお花に出会えるのですね?
ユキワリソウの群生は素晴らしいです! 
トーミの頭からの展望は、風に乗ってふわ~っと飛び出したいような気持になります。 見飽きない景色ですね。

 ヤッパリ色々な山も季節を変えるとまた違ったお山となりますね。
北海道のお花がアップされるのを楽しみにしています。


No title

ユキワリソウがこんな所でも咲いているんですね。
黒斑山は、夫と大分昔に登りましたが、
いつか蛇骨~仙人岳~鋸岳~Jバンドと縦走してみたいと
思っていたので、行く時はユキワリソウの咲くこの時期に決めました。

ダニ・・・大変でしたね。
裏コース、絶対通りません・・・i-229

Re: No title

キレンゲショウマさん

こんばんは。
この時期は、初夏のお花達が咲きだしたばかりで、
新鮮なお花はとてもきれいでした。
もう少しすると、また違ったお花達が咲き始めるのでしょうね!
ほんとに、お山は季節季節で、いろいろな表情を見せてくれますね。

カッパは、実は高所恐怖症!!・・とてもトーミの頭から下は覗けませ~ん!
湯の平方面は、草滑りに入って、やっと見ることができました~

どこかでばったり!・・ぜひ、叶えたいですね!!

Re: No title

まっ黒くろすけさん

こんばんは。
わたしたちも、お天気が良ければ、外輪山をぐるっと廻って、
草滑りを登り返すコースを考えていたのですが、
午後から雨の予報に、蛇骨で切り上げることにしました。

ユキワリソウは湯の平への分岐を100メートルも下らずに、
群落に会えたので、けっこうお手軽にみられますよ。
ぜひ、一度訪れて見て下さい。

ダニは・・これだけはいただけませんね!


プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる