北海道花の山旅・・その2 シレトコスミレ

今回の北海道旅行の一番の目的は、硫黄山から羅臼岳の高山帯の砂礫地にしか生息しないシレトコスミレに会うことです

シレトコスミレはピテカン君の長年のあこがれのスミレでした
8年前、羅臼岳に登山した時、羅臼岳から硫黄山を眺めて・・あの山にはシレトコスミレが咲いているんだよな~・・と・・

ピテカン君は、その頃から、いつかは硫黄山に・・と考えていたようですが・・カッパは羅臼岳の頂上付近の暴風雨に懲りて、知床のお山は行きたくないと・・
今回はとうとうピテカン君に押し切られて連れて行かれてしまいました~

登山の様子や、他のお花達は、後ほどにして、まずはピテカン君長年のあこがれのスミレ、シレトコスミレをたっぷりと


この時期、沢沿いの登山道は、びっしりと雪渓に覆われています・・雪渓を登り切って、ガレた枯れ沢を、頂上へと続く稜線に向かって登っていくと・・
足元に何やら白いお花が~・・咲いていました・・シレトコスミレです
この辺りでは、ちょうど良い時期に巡り会えたようです
何と登山道沿いに点々と新鮮なお花達が・・
ad1 DSC_0203

強風を避けるように、大きな岩に寄り添って咲いていました・・ほんとに健気ですね~
ad2 DSC_0194

石と岩しかないこんな砂礫地に、よく咲いているね~・・小さな株に思わず声をかけてしまいます~
ad3 DSC_0184

3輪、4輪・・ここでも岩に寄り添って~
ad5 DSC_0187

ふっくらとした優しい表情のスミレですね
ad6 DSC_0191

少しアップ気味に・・中心が、ほんの~りレモンイエローで、ほんとにきれいですね~
ad7 DSC_0189

ガスの切れ間に、ちょこっと陽が差して・・明るくなってきました
ad8 DSC_0210

地面に寝そべって、ちょっと下から写してみました・・咲いている感じがわかるでしょうか・・
陽射しを受けて輝く白花です・・それにしても葉がゴワゴワで・・強風と寒さに耐えて、頑張っているんだよ~・・っと、語っているようですね
ad9 DSC_0208

一番大きな株です
1メートル四方程の大きな岩の陰に隠れるようにして、咲いていました
こういう岩陰でないと、こんなには大きくなれないんでしょうね~
ad10 DSC_0215

たくさんのお花を付けて・・ちょうど咲き始めたばかりの新鮮なお花達です
ad11 DSC_0258

深緑色の中に、白いお花が浮きあがっているようですね
ad12 DSC_0204

お花のアップです・・優しい表情の、柔らかな印象を受ける、美しいスミレです
それにしても、こんな厳しい自然環境の中で、どうしてこんなに優しい表情で咲いていられるのかな~・・お花ってホントに健気ですよね
ad13 DSC_0197

夢中になってシャッターを切っているピテカン君で~す
念願かなってシレトコスミレに会えて、良かったね~
ad14 DSCN9219


硫黄山は頂上まで標高差1300メートル・・登り始めは夏の暑さ!・・頂上付近は冬の寒さ!・・それに加えて強風と時折ばらばら~っと霧雨が!!
ヒグマの気配はあちこちに・・ほっかほかの糞も数ヵ所
カッパは・・ただの白いスミレなんでしょう~・・とつい憎まれ口を・・
でも、シレトコスミレは、そんな苦労をぜ~んぶ帳消しにしても、余りあるくらいに、すばらしいスミレでした

といいつつ・・もう一度行こうと言われると・・ちょっと考えてしまいますが・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます、北海道シリーズ楽しみにしておりました!
シレトコスミレ、すご~い。ドンピシャの時期に、
しかも大きな株等たくさん見れて良かったですね!
ピテカンさんの情熱、素晴らしいです♪
私はもちろん図鑑でしか見たことがないので、顔のアップとかこうして見せて頂けてかわいさがよく解りました。
標高差1300m・・・苦労して見る花は感動もひとしおですね。

初日のサクサクパイも美味しそう!
雪ん子、チーズなんてあるんですね、さすが本店!
いつも通販でしか買ったことがないので、フレッシュなものは現地ならではですもんね。
和菓子もあるんですよね?
いつか行ってみたいです。

No title

私たちは、随分前にニセコで滑ったくらいで、
北海道の山には行ったことがありません。

六花亭のお菓子もおいしそうですが、知床スミレの
白と黄色の配色が気品が良くて、健気さも素敵です。
北海道まで、出かけられた甲斐がありましたね!

偶然ですが、3日の「週刊ヤマケイ」にも、硫黄山
の知床スミレの紹介が載っていて、開花にピッタリ
に行かれて、羨ましいです。

私も一度お目にかかりた~い!!
でも…暖かい落し物にはちょっとぉ…。

羨ましい限り

体力的に無理かなぁ・・・と、知床五湖から見上げてため息をついた山です。

やはり、こうして見せていただくと、なんとか観察してみたいものだという気持ちがつのりますね。

Re: No title

cyu2さん

こんばんは。
シレトコスミレはほんとに、苦労しても、一見の価値のある、すばらしいスミレでした!
とはいうものの・・カッパ的には、もっと簡単に見られると、うれしいのだけれど・・
ほんとうは、硫黄山を越えて、ちょっと先に行くと、すばらしい群落があるそうなのですが、
そこでは、もう遅くて、ほとんどお花は終わっていたそうです。
お花の時期って、むずかしいですよね~・・

サクサクパイはクリームのお味もまろやかで、しつこくなく、美味でした!
帯広に行かれる機会があれば、ぜひお試しください・・




Re: No title

snow dropさん

こんばんは。
今回の北海道では、3泊4日で知床から、大雪、旭岳方面とあわただしい花旅になり、
移動だけでも1000キロ以上と、大変でした!
やっぱり北海道は雄大です~・・

硫黄山は、足の早い人だと、3時間で登ってしまうらしいので、
snow dropさんご夫妻でしたら、楽勝だと思います。
大雪も楽しいですよ!
北海道はほんとにお花がすばらしいです!!


Re: 羨ましい限り

NYANさん

こんばんは。
そちらの掲示板にお届しようと思っていたのですが、
先にコメントをいただいてしまいました・・

シレトコスミレはほんとにすばらしいスミレでした!!
苦労したかいがありました!・・とはいうもののピークまでは、やっぱり大変でした~
シレトコスミレの咲いている場所は、ピークより、標高にして、
200メートル近く下なので、そこまででしたら、ゆっくり撮影しても
充分日帰りできると思います。
ぜひ、訪れて見て下さい。

素晴らしい

いや~ 晴れていていいですね~ 私の時はガスガスで展望もなにもなくてひたすら登るだけでした。

それにしても花期がドンピシャで羨ましいです!! 素晴らしい大株の花ばかりですね。こういうのが撮りたかったのですが・・・
タイミングさえあえば下の方でもいい株があるので、また訪れたいと思ってますが、なかなか遠くて・・・
知円別岳の稜線まで行くともっと沢山咲いてるみたいですが、硫黄山だけでもキツイですよね・・・ ヒグマの恐怖もありますし・・・

でも、やっぱりまた行きたくなります、こういう写真を見てしまうと(^-^;)


Re: 素晴らしい

てばまるさん

こんばんは。
下の方は一日晴れていたのですが、頂上近辺はやっぱりガスガスでした・・
雪渓を抜けた辺りから、稜線に出るまでの間で、ちょうど盛期のシレトコスミレが見られました!
途中で、下山してきた方が、知円別岳の先まで行ったそうですが、
スミレは一帯に群生していたものの、すっかり花は終わっていたということでした。
どちらにしても、わたしたちの足では、とてもそこまではたどり着けなかったのですが・・

ヒグマ君もやっぱり恐いですよね~
わたしたちは次回は・・ちょっと考えます・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる