北海道花の山旅・・その5 大雪に咲くお花達

29日の硫黄山登山終了後、大急ぎ、塩別つるつる温泉に車を走らせます
カムイワッカ湯の滝駐車場からおよそ180キロの道程・・お宿に着いたのはもう夜7時前でした~
それでも暖かく迎えていただけて、ただただ感謝です

翌日は、大雪山系の赤岳から小泉岳登山を予定していたので、無理をしても、前日中に、登山口の銀泉台近くに移動しておきたかったからなのです

お陰で翌日は、朝4時起きで、朝風呂もしっかり楽しんで、5時にはお宿を出発
6時過ぎには銀泉台の駐車場に車を入れることができました


銀泉台駐車場を元気に出発で~す
お山はすっかり霧の中・・お天気が心配です
ae1 DSC_0272

少し登ってくると、イソツツジが一面に咲く斜面の前方に、これから向かう、第一花園の雪渓が見えてきました
ae2 DSC_0277

登山道脇の雪の融けた斜面では、可愛いイチゲ、エゾイチゲの姿がぽつりぽつりと・・ジンヨウキスミレや、ツマトリソウ、ミツバオウレンの姿も
ae3 DSC_0287

下から見えていた第一花園の大きな雪渓をトラバース中・・けっこうな急斜面に、ちょっとビビり気味?のカッパです~
ae4 DSC_0288

長い第一花園の雪渓を無事通過すると、ウスバスミレが待っていてくれました
そして、珍しい緑色のお花を付けたゴゼンタチバナが2株・・ミドリゴゼンタチバナでしょうか・・
ae5 DSC_0305

これはイソツツジの仲間のようですが、葉もお花もイソツツジよりかなり小さくて・・ヒメイソツツジ?だと思うのですが・・
ae6 DSC_0306

続く第二花園も雪の下・・雪渓を登り切ると、開けた砂礫地に飛び出しました
コマクサ平です・・奥に見えるのは大雪山系の山々・・残念ながら赤岳は雲の中でした
ae7 DSC_0313

コマクサ平の名前通り、コマクサの株がいっぱい・・こんなに新鮮なコマクサのお花を見るのは初めてです
ae8 DSC_0327

咲き始めたばかりで、お花の色が濃ピンクで、きれいですね
ae9 DSC_0324

チシマキンレイカも所々に見られたのですが、まだまだ蕾
ae10 DSC_0314

コマクサ平では、コケモモやクロマメノキ、シラタマノキといった小灌木が登山道沿いに
コケモモのかわいらしいお花です
ae11 DSC_0319

コマクサ平を過ぎて、ハイマツの中を少し下ると、行く手に大きな第3雪渓が見えてきます
ae12 DSC_0330

第3雪渓を懸命に登っているカッパで~す・・雪渓は登りやすいので、ついつい頑張ってしまいます~
ae13 DSC_0332

第3雪渓を抜けて、平坦地に出ると、ここでも可愛いお花が迎えてくれました
びっしりと咲いているミネズオウの群落です
ae14 DSC_0002

最後の雪渓第4雪渓の横の登山道を登っていきます・・雪渓の脇ではキバナシャクナゲが咲き始めたばかり
満開になると、すばらしい眺めになるのでしょうね~
ae15 DSC_0006

第4雪渓を登り切ると、赤岳山頂の一角の、平坦な砂礫地に飛び出しました
広大な砂礫地には、お目当てのお花、エゾタカネスミレの姿が
その他のお花達も、目いっぱいの装いで、迎えてくれました・・すばらしい花園が続きます
まずは、メアカンキンバイの大きな株です
ae16 DSC_0009

エゾノツガザクラの大きな群落で~す
ae17 DSC_0019

お花に導かれながら、平坦地を進んで行くと、赤岳のピークに着きました
ae18 DSC_0024

ここで、早めのランチに
つるつる温泉さんのおにぎり弁当で~す・・山でいただくお弁当は、いつでも美味だけど、このお弁当は、手作りのおかずがたっぷり 美味しかったで~す
ae19 DSC_0023

白雲岳をバックに、イワウメの群落です
ae20 DSC_0027

赤岳から小泉岳にかけては、風衝地のすばらしい花園がひろがっています。
どこまでも続くお花畑で~す
ae21 DSC_0048

この頃から、お天気がだんだんと悪くなってきているような?・・
ae22 DSC_0050

小泉岳分岐から、ほんの数百メートルで、小泉岳ピーク到着で~す
ae23 DSCN9350

小泉岳から更に緑岳方面に進むと、一段とすばらしいお花畑が広がっていました
こんな景色が、ず~っと向こうまで続いているなんて、感激で~す
エゾオヤマノエンドウ、イワウメの群落と、キバナシオガマです
ae24 DSC_0045

例年ここを訪れときには、もうすっかりお花は終わっていて、ブラシのようになっていたホソバウルップソウも、ちょうどお花盛り・・こんなに大きな株も
ae25 DSC_0071

ホソバウルップソウの大きな株の向こうには、ミヤマキンバイの群落も
ae26 DSC_0088

キバナシオガマはやっと咲き始めたばかりで、開花していた株は、ほんの数株・・ほとんどは蕾でした
ae27 DSC_0080

チョウノスケソウの大きな群落です
ae28 DSC_0083

アップ気味に・・葉が特徴的ですね
ae29 DSC_0047

一番たくさん咲いていたエゾオヤマノエンドウ・・大きな群落は目を引きますね
ae30 DSC_0084

イワウメの群落とエゾオヤマノエンドウの群落・・2色染め分けてコラボしてます~
ae31 DSC_0073

なかなか区別がむずかしいエゾミヤマツメクサとエゾタカネツメクサですが・・こちらはエソミヤマツメクサだと思われます
ae32 DSC_0105

花弁がほっそりしているので、エゾタカネツメクサかと・・
ae33 DSC_0037

エゾイワツメクサは花弁の形が独特なので、一番区別しやすいです
ae34 DSC_0110

岩陰にはミヤマタネツケバナの姿も・・まだちょっと早かったようで、咲きだしたばかりのお花でした
ae35 DSC_0070

咲きだしたばかりで、一株だけ見つけたクモマユキノシタ・・もう少しすると、小泉岳分岐付近では、あちこちで見られるのですが・・
ae36 DSC_0068

レブンサイコもまだ蕾でした
ae37 DSC_0077

ミヤマアズマギクも一株だけでしたが、もう開花していて、びっくり
ae38 DSC_0079

エゾヒメクワガタもまだまだこれからですね
ae39 DSC_0059

雨と霧がますますひどくなってきました・・ちょっとのんびりしすぎたようです
白雲岳の避難小屋を廻るのは、今回は中止して、急いで元来た道を戻って、下山しました
ae40 DSCN9372

今回歩いたルートです
daisetsuakadake map


午後からはだんだん雨もひどくなり、とうとう本降りになってしまいましたが、いつも花が終わってしまって、ブラシのような姿しか会えなかったホソバウルップソウの、ちょうど盛期のすばらしいお花達に会うことができました

その他、たくさんのお花達に会うことができ、このコースはいつ歩いても、裏切られことのない花のプロムナードです
帰ってきたばかりなのに、来年もぜひこの時期に訪れたいな~・・なんて・・思ってしまいます~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

可愛いお花がびっしりとは…

赤岳から小泉岳へのお花畑がすごいですね!
南北アルプスあたりと、咲いているお花は同じ
ように見えますが、雰囲気が全然違いますね。

移動、移動なのに、4時起きでお風呂に入るとは
驚いてしまいます。若さですかねぇ…

Re: 可愛いお花がびっしりとは…

snow dropさん

こんばんは。
赤岳から小泉岳、緑岳にかけての稜線は、
いつ訪れても、すばらしお花畑が迎えてくれます!
とにかく北海道のお花畑はスケールが大きくて、
すばらしいですよ!!

ほんとうは、ゆっくり朝寝坊が大好きなカッパですが、
お花の魅力には勝てず・・眠い目をこすりながらの早起きです・・
3日目の朝、やっとお宿の朝食をいただきました・・

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる