白馬岳 花と温泉の山旅・・その3・・白馬頂上宿舎から朝日小屋

山旅3日目の朝も、やっぱり霧と強風
テントの中で簡単に朝食を済ませます
この日は白馬岳ピークを越えて、朝日小屋までのロングコース・・白馬岳頂上からは下り中心になるようですが、途中雪倉岳を越えないといけないので~す
ピテカン君は登りは雪倉岳の登りだけだよ~・・と言っていたのですが・・


テントの中で身支度を整えて外に出ると、風は強いのですが、気温は高目で、寒さは感じません
1 DSC_1025

テントを撤収して、頂上宿舎を後にします
2 DSC_1031

宿舎の周りのお花畑では、ウルップソウも、まだ数株咲き残っていました
3 DSC_1027

きれいに開花したミヤマアケボノソウの姿も
3 DSC_1038

ミヤマクワガタもこんなにまとまって、まだ新鮮なお花を見せてくれました
4 DSC_1042

ミヤマオトコヨモギは地味なお花ですが、こんなに纏まって咲くと目を引きますね
4 DSC_1043

タカネシオガマは華やかに咲き誇っているようです~
5 DSC_1044

白馬岳の頂上は、霧の中・・まわりの景色は全く見えませ~ん
6 DSC_1049

こんな霧の日は、一つ良い事があるのです~
こういうお天気の日には雷鳥さんが出てきてくれるのです・・白馬岳から三国境までの下りで、5羽以上の雷鳥さんに会えました
雛がとっても可愛くて、親子の姿が微笑ましい~
7 DSC_1053

この下りもお花のプロムナード・・ミヤマアズマギクもあちこちで群生していました
8 DSC_1066

ミヤマダイモンジソウの姿もちらほらと
9 DSC_1074

ミヤマアキノキリンソウです
10 DSC_1080

お花と雷鳥さんとの出会いを楽しみながら、あっという間に三国境に着きました
11 DSC_1082

三国境から少し下ると、雲の下に下りてきたようで、少~し展望も開けてきました
下方遠くには日本海が望めます
12 DSC_1086

このあたりも砂礫地のお花達が、強風の中、健気に咲いていました・・ミヤマウイキョウはもこもこの葉が可愛い
13 DSC_1094

ガレ場をひたすら下っていきます・・この下りがけっこう長かった~
14 DSC_1096

ガレ場の下りにもたくさんのお花達が・・ミヤマコゴメグサです
15 DSC_1099

風の強い砂礫地にはタカネマツムシソウの群落があちこちに
風に揺れてなかなか写真を撮らせてくれませ~ん
15 DSC_1105

なんとかアップ気味の姿も収めることができました
16 DSC_1089

コルからは、鉢ヶ岳の東斜面を巻くようにトラバース道を下っていきます
17 DSC_1110

シナノキンバイ、ハクサンイチゲ、チングルマの新鮮なお花達が咲き乱れる、広大なお花畑の中の登山道を、雪渓に向かって、下っていきます
18 DSC_1116

雪渓を渡ります・・凍結している所もあって、慎重に渡っていきます
19 DSC_1119

ミネズオウはまだ咲き始めのようで、見たのはここ一ヶ所だけでした
20 DSC_1121

トラバース道と合流した鉢ヶ岳の主稜線を、雪倉岳の避難小屋に向かって、下っていきます
21 DSC_1125

この辺りで見かけたクモマミミナグサ
22 DSC_1129

鉢ヶ岳と雪倉岳との鞍部に建つ、雪倉岳避難小屋の前で、風を避けて小休止
この辺りも、ちょっとしたお花畑になっていて、目を楽しませてくれます
タカネイブキボウフウとタカネコウリンカで~す
24 DSC_1138

タカネマツムシソウもきれいに咲いていました
25 DSC_1140

避難小屋を後にして、強風吹きすさぶ急斜面をジグザグに・・雪倉岳頂上を目指します
風が強くて飛ばされそう~
26 DSC_1143

ここでも草原にはいろいろなお花達がが励ましてくれます・・シロウマアサツキのお花で~す
ぽっこりぽっこりで可愛いですね
27 DSC_1146

ひとかたまりになって風を避けるように咲いていた、タカネサギソウです
28 DSC_1148

ハイマツの陰に隠れるようにして咲いていたリンネソウ・・ひそやかな優しげな風情ですね~
29 DSC_0001

もうすぐ頂上・・最後の一頑張り
30 DSC_0004

ミヤマムラサキの大きな群落に励まされて~・・
31 DSC_0009

やっと着きました・・雪倉岳のピークで~す
360度の展望が開けるはずだったのですが・・霧の中でなんにも見えませ~ん
32 DSCN9935

風を除けて一休み・・ミヤママンネングサも風を除けてなのかな?・・岩陰に
33 DSC_0014

ここからは朝日岳へ向けての下りが始まります・・岩礫地には大きなクモマスミレの群生が・・残念ながらお花の姿はなく・・
34 DSC_0021

やっと一株だけ開花していました・・新鮮なとっても整ったお花ですね
35 DSC_0017

少しくだってくると、前方にこれから向かう朝日岳が見えてきました
う~ん・・まだまだ遠いな~
36 DSC_0025

雪倉岳からの下りもさまざまなお花に彩られた、見事なお花畑です~
お花の種類も少しずつ変わってきているようですね・・カライトソウです
37 DSC_0028

咲き始めたばかりのミヤマリンドウ
38 DSC_0030

タカネバラはもう遅かったのか、花弁を散らしていて、咲き残ったのはこの一輪だけのようです
39 DSC_0038

タカネナデシコもあちこちで見られたのですが、風と雨に打たれて、なかなかきれいなお花に会えませんでした
40 DSC_0043

赤男山西側の樹林帯の中の巻き道を辿ると、やがて開けた木道の気持ちと良い湿原に飛び出しました
小桜ヶ原で~す・・ハクサンコザクラにちなんでの地名だそうです
41 DSC_0057

雪解けの水が流れている所では、エゾノリュウキンカの姿も
42 DSC_0058

そしてその名前通りのすばらしいハクサンコザクラの群落が広がっていました
43 DSC_0059

小桜ヶ原を過ぎると、やがて白馬水平道と朝日岳への登山道の分岐に出て・・わたしたちは、水平道を行くつもりだったのですが・・
雪倉岳避難小屋で入手した情報によると、水平道は残雪のため閉鎖だとか・・
半信半疑で分岐まで辿り着くと・・しっかりロープで道が塞がれていて・・通行禁止
仕方なく朝日岳への登山道に取り付きます・・ピテカン君は、登りはもうないって言ったのに~
44 DSC_0064

蒸し蒸しした樹林帯の急な登りが終わり、開けた草原になると、なんと密かに狙っていたスミレ、ミヤマキスミレの群落が
予期せぬ出会いに疲れも忘れて撮りまくりで~す
45 DSC_0068

オオバキスミレの高山型で、なかなか出会えないスミレだそうです・・今回もず~っと気にかけていたのですが、やっとここで出会えました
46 DSC_0071

葉が3枚、互生ですが、ほとんど輪生のように上部に纏まって付いているのが特徴だそうです
47 DSC_0069

右斜面の草原の中の登山道を朝日岳頂上目指して登って行きます
48 DSC_0080

少し雲も上がってきたようです・・草原のお花達に励まされて・・頂上はもうすぐで~す
48 DSC_0086

なんとここでも、珍しいお花が・・ユキクラトウウチソウらしいのです
カライトソウとタカネトウウチソウとの交雑です・・カライトソウは上から開花していくのですが、タカネトウウチソウは白花で下から開花・・ユキクラトウウチソウは、両種の特徴を併せ持ち、お花の色は濃ピンク色で、下から開花するようです
49 DSC_0089

なんとか朝日岳の頂上に着きました
長い道のりの最後に400メートルの一気登りはかなりきつかったです~
50 DSC_0091

ここから朝日小屋までの下りは、もうよれよれ~
ゆっくり下って頂上から1時間ほどもかかってやっと小屋に辿り着きました
51 DSC_0094



白馬頂上宿舎を出発したのが、朝6時過ぎ・・朝日小屋に着いたのが、午後4時過ぎ・・お花が多すぎて、なかなか先に進めない・・という状況ではあったのですが・・それにしても10時間以上の行程は疲れました~

朝日小屋のおかみさんに・・もうちょっと早く出発したほうが良かったね~・・と言われてしまい
明日の朝はもう少し早くに出なくては・・ちょっと反省です~

とりあえず、缶ビールで無事到着を祝して?乾杯で~す
翌日の蓮華温泉までの下りも、これまた、かなりのロングコースだそうで・・
そそくさと、夕食を済ませてシュラフの中に・・ところが・・カッパは疲れ過ぎていてなかなか寝付かれず、悶々と・・
横で鼾をかいて良く眠っている、ピテカン君が羨ましい~・・否腹だたし~
蹴飛ばそうかな~・・なんて・・

こうして3日目も終了で~す
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

疲れ過ぎって、ありますよねェ~!

我家でも同じようなことが、たびたびありますよ。

今年4月の槍ケ岳では、東鎌尾根の岩峰を見上げて、穂先が見えてきたからもう少しと励まされて頑張ったのに、尾根を回り込んだら遥か彼方に槍ケ岳。
どんなに疲れが増したことか……。
となりでの高いびきは、眠れない者にとっては、忍耐のときですよね。

ともあれ、沢山のお花に囲まれた一日、お疲れ様でした。

お花いっぱい

テントを背負ってのロングコースでしたね。
でもさすがに花街道だけあって素晴らしいお花の数々
10時間なんて当然でしょう♪ と、思いました。
我が家は昨年、雨で稜線のお花たちも足元しか見えてなかったの
ここで見せてもらってうれしかったです。
そして、こんなふうに山が見えるんですね~ (^^;
ユキクラトウウチソウは気が付きませんでした。
カッパさんたちはさすがですね。
翌日もまた、今度は亜高山帯のお花でいっぱいだったでしょう?
楽しみにしていますね。

Re: 疲れ過ぎって、ありますよねェ~!

snow dropさん

こんばんは。
最後の最後に登りとは!・・ほんとにがっかりでした~
でも登らないと、小屋には着けないし・・
登るに連れて、いろいろなお花達が次々に出てきてくれて、励まされました!!

わたしたしのテントの近くで大きな声で談笑している方がいて、
それもあって、ナーバスになっていたようです。
基本的にはカッパはどこでもすぐ寝る人なのですが・・
この日だけは、駄目でした~

翌日もロングコース・・お花もいろいろ出会えました!

Re: お花いっぱい

はなねこさん

こんばんは。
昨年、白馬岳から雪倉岳、朝日小屋のコース歩かれたのですね!
この区間が、一番お花の種類も、数も多いようですね。
白馬岳周辺では、霧雨と強風だったのですが、
少し下ってくると、風は強かったのですが、雲の下に出たのか、
時々、展望はありました。

気を付けて見ていたのですが、ユキクラトウウチソウが咲いていたのは、
朝日岳の頂上直下のこの一株だけでした・・まだちょっと、時期が早かったのかな~

最終日もロングコースだったのですが、たくさんのお花達に励まされながらの下山になりました!

No title

 ピテカン&カッパさま、おはようございます。
凄いお花の種類・量ですね! 珍しいお花も楽しませて戴きました。
写真も頭の中も・・・整理するのがとても大変そうですね。

テントを背負ってお花を楽しみながらの歩きは大変だった事でしょう。
お疲れさまでした。でもこれだけのお花たちに出逢って、また時折見せて
くれる景色に力を戴いて、いい山歩きが出来ましたね。

 いつも山やお花だけではなく、温泉・お食事と色々な事を楽しまれる
ご様子には感心させられています。 

 寝られなかったカッパさんの様子がとても可愛くクスッと笑ってしまいました。私も何処でもいつでも寝られる方ですが、ごくたま~にこんな事もありますので・・・・・わかります、わかります!
いっぱい楽しませて戴きました。 ありがとうございます。

Re: No title

キレンゲショウマさん

こんばんは。

ちょっと長いシリーズになってしまったのですが、
飽きずに見ていただけたようで、うれしいです。

ほんとに行く先々で次々に、たくさんのお花達が現れて、
写真を撮るために何回も立ち止まり、先に歩みを進めるのが、大変でした!
それでも、後から振り返ってみると、見落としていたお花もたくさんあり、
何で気が付かなかったのだろう・・と・・お天気も悪かったので、仕方なかったのですが・・

以前はどこでも一瞬で爆睡?のカッパだったのですが、
年のせい?かな・・なんて・・
でもピテカン君曰く・・ちゃんと寝てたよ~・・ということらしいのですが・・



プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる