白馬岳 花と温泉の山旅・・その4・・朝日小屋から蓮華温泉

翌朝、いよいよ山旅の最終日です・・この日は、蓮華温泉に向けて下山です
朝日小屋のおかみさんのアドバイスもあり、まだ暗いうちから起きだして、テントの中で朝食
ほとんどのテントで、起きだしている様子です・・朝日小屋はどこに行くにも遠いので、みなさんしっかり早起きして、早出の準備ですね


3泊お世話になったテントも、最後の撤収です
最終日くらいは晴れてほしいな~・・と思ったのですが・・やっぱり霧雨が~
前日、朝日岳から下ってきた登山道を、登り返しです~
1 DSC_0095

1時間程登って、頂上近くの草原に出ました
前日には、気が付かなかったのですが、白花のタカネマツムシソウが迎えてくれました
2 DSC 0099

再びの朝日岳頂上で~す
相変わらずの強風と霧雨・・ゆっくり休むこともままならず、そのまま下りにかかります
3 DSC_0101

ピークから蓮華温泉・栂海新道方面の分岐をたどり、一段下ると、一面のお花畑です
4 DSC_0108

雨粒を付けたハクサンフウロもしっとりと美しいですね~
5 DSC_0111

イワイチョウの群生です
6 DSC_0112

草丈の短いハクサンシャジンが、あちこちに群生していました
7 DSC_0113

お花畑の中をしばらく下ると、栂海新道との分岐点、千代の吹上に着きました
ここも風が強く、短時間で、水分補給と休憩を済ませます
8 DSC_0118

マツムシソウがこんなにたくさん
9 DSC_0119

この辺りもすばらしいお花のプロムナード
ハクサンシャジン、タテヤマウツボグサ、カライトソウ、シモツケソウ、オオバギボシといった花々が、登山道脇にびっしりです
お天気も少しずつ良くなってきているようです
10 DSC_0122

これもめずらしいお花、コツガザクラのようです
すぐ近くに、ツガザクラとアオノツガザクラが並んで咲いていたので、たぶん交雑のコツガザクラだと思います
11 DSC_0128

この下りはけっこう木道が敷いてあって、歩きやすい
けれど・・木道は長く歩いていると、膝に負担がかかるのですが・・
12 DSC_0135

雪渓の脇にはエゾノリュウキンカの見事な群落です
13 DSC_0137

ハクサンコザクラの大きな株も
14 DSC_0138

ムシトリスミレもちょうど見頃のようです
15 DSC_0143

この辺りから、タテヤマリンドウの姿がちらほらと
16 DSC_0148

トラバース道から振り返ると朝日岳は雲の中です
17 DSC_0149

草原の中に、ヤマサギソウの姿も
17 DSC_0151

気持ちの良い草原の中、五輪尾根を下ると、はるか彼方に目的地の蓮華温泉が望めます
まだまだ、かなり遠そうですね~
18 DSC_0159

砂礫地に咲いていたのは、どうやらユキワリソウのようです
19 DSC_0162

ハクサンコザクラより、華奢な印象ですね
20 DSC_0165

そして、なんと、ここで再びミヤマキスミレに出会えたのです
21 DSC_0176

お花のアップです~
22 DSC_0175

ハクサンタイゲキもあちこちに群生
23 DSC_0177

湿原にはキンコウカのお花達・・このあたりも、木道で歩きやすい~
24 DSC_0179

やっと花園三角点に着きました・・ここまでけっこう時間がかかってしまったのですが、先はまだまだ長いようです~
ここから、樹林帯の中の急な下りが始まります
25 DSC_0182

樹林帯の中で・・オオヤマサギソウでししょうか・・
26 DSC_0185

岩ゴロゴロの長い下りが終わると、やっと白高地沢の出会いです
りっぱな橋を渡ります・・やれやれです~
27 DSC_0188

少し歩きやすくなったブナ林の中を下っていきます
28 DSCN9988

瀬戸川の橋を渡ると、ここから最後の登りが始まります
29 DSC_0189


200メートルほども登り返して、やっと穏やかな湿原、兵馬ノ平に飛び出しました
30 DSC_0191

湿原では、オオバタチツボスミレでしょうか・・大きな葉ともうお花は終わって実を付けた、スミレの姿が・・
31 DSC_0192

咲き始めのオニシオガマです。
31 DSC_0204

登りが終了すると樹林帯の中の登山道を、穏やかな登り下りをくり返しながら、蓮華温泉をめざします
樹林帯の中では、こんなランも・・アリドオシランで~す
32 DSC_0197

そして・・やっと到着しました・・蓮華温泉さんで~す
33 DSC_0205

なにはともあれお風呂で~す・・内湯です
ここのお湯もすこ~し濁りの入った硫黄泉のようでした
露天風呂は歩いて15分以上も登って行かなければいけないと聞いて、パスすることに・・もうこれ以上は歩きたくないし~
33 DSCN9999

お風呂上がり・・3日分の汗を流して、さっぱりで~す
34 DSCN0001


蓮華温泉さんで預かってもらっていた車の鍵を受け取り、駐車場に
ちゃ~んとマイカーが待っていてくれました

テント泊、3泊4日の山旅終了
振り返って見ると、長いようであっという間に終わってしまった山旅でした。

毎日、どのコースを通っても、すばらしいお花達に出会えた山旅・・きっと、今回出会えなかったお花も、たくさんあったとは思うのですが、お天気もまあまあで、取りあえず無事に下山できたことを、山の神様に感謝ですね~

エアコンの効いた車で、一路、この日のお泊まり予定の、白馬 樅の木ホテルさんへと急ぎます
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
山から帰って来て早々にパソコンの調子は悪くなるは、実家に出かけたりで、中々皆様のところにお邪魔できないでいました。
遅くなりましたが今一気に、白馬岳 花と温泉の山旅読ませて頂きました。
ロングコースそれもテント泊で凄いですね。お疲れ様でした。
昨年くろすけもカッパさん達のコースの一部を縦走して来ましたが、
まともに晴れたのは1日だけで、後は過酷なラリーのようななか、たくさんの花達に励まされて何とか頑張り通したことを今読みながら昨日のことのように思い出しました。

白花のマツムシソウがあるのですね。初めて知りました。
今あらためて色んなお花達を再確認(イワオウギヤやウメバチソウなど)していましたが、カッパさんの記事と写真でさらに色いろ種類がある事学習させて頂きました。ほんとにためになります。

来年は娘がお花畑のある山に行きたがっているので、連れて行ってあげたいと思います。参考になりました。ありがとうございます。

Re: No title

まっ黒くろすけさん

こんばんは。
くろすけさんは、昨年白馬大池から上がられたようですね。
白馬岳から朝日岳、蓮華温泉までのハードなコースを雨に濡れながらでは、
ほんとに過酷なラリーでしたね!
わたしたちは、降られても霧雨程度だったので、まだ助かりました~

昨年はたくさんのコバイケイソウのお花が咲いていたようですが、
今年は、一株も咲いてなかったのが、ほんとに不思議でした・・

それにしても、白馬は花の名山、すばらしいお山ですね!
あのロングコースを歩いている時は、もう2度は来たくないな~・・なんて思っていたのですが、
下山してみると、またあのお花達に会いに行きたくなってしまいました。

お疲れ様でした!

鑓温泉から蓮華温泉までの、長い山旅・花旅
お疲れ様でした。

それにしても、3泊ものテント泊山行とは驚き
いっぱいです。頑張ってしまうと、それなりに
お天気もついてきてしまうものなんですね。
天候が安定するのを待って出かけようと思って
いますが山が逃げてしまうような気もします…

沢山のお花に温泉付き山行、羨ましいなぁ。

Re: お疲れ様でした!

snow dropさん

こんばんは。
テント泊3泊の山旅は、やっぱり疲れました~
お天気も、ず~っと霧雨が強くなったり、弱くなったり・・
下山日にやっと、お陽さまがはっきりと顔をだしてくれたのですが・・

それにしても、今年の夏はいつまでたっても、天候が不安定ですね。
わたしたちも、一週間遅かったら、きっと行かれなかったかな~
そういう意味では、今回はラッキーだったといえるかな・・
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる