ランを探して

9月6日、珍しいランを探す観察会に参加してきました

目的のランは、標高の低いお山を一つ越えて、反対側の稜線上に咲いているらしい・・
ということで、荒れた林道をとりあえず車で行ける所まで進み、車を降りて・・林道を、まずは登山口まで・・と歩き始めます。

先生やベテランさんに、林道沿いに咲いているお花や果実を教えて頂きながら、ワイワイと賑やかに~・・のんびりペースで楽しい林道歩きです。

車を停めたちょっとしたスペースに群生していたイヌトウバナ・・葉裏に腺毛があるのが特徴だそうですが・・
1 DSC_0741

ゲンノショウコ・・関東型の白花です~・・ピンク色の濃い色のは関西型と教えて頂きました
2 DSC_0744

ツリバナの若い実も少~し色付いて・・晩秋には実がぱくっと開いて、5個の真っ赤な仮種子が吊り下がるのですが、この時期の実もそれなりに可愛いですね~
3 DSC_0745

オオツルウメモドキの若い実です・・ツルウメモドキとの区別は、葉裏の葉脈に縮れ毛があることだそうです
う~ん、なかなかそこまでは見ないかな~・・
4 DSC_0746

ヒナノウスツボ・・の花後のようです・・教えてい頂かないと、とてもわかりませ~ん
5 DSC_0749

登山口からは一列になって・・初めは元気いっぱいだったのですが・・とにかく暑くて~
この時期、標高の低いお山に登るのは大変です~
6 DSC_0752

登山道沿いでも、いろいろなお花が観察できました
これはヒメキンミズヒキ・・オシベの数が5本だそうで・・キンミズヒキは10本だそうです~
7 DSC_0755

花柱に紅点があったので、ヤマホトトギスです
8 DSC_0757

杉の植林帯ではシモバシラがあちこちに・・真っ白なきれいなお花を咲かせていました
こんなにたくさんのシモバシラのお花を見たのは初めて
9 DSC_0759

こちらはコフウロ・・ゲンノショウコよりもお花が繊細な印象ですね
10 DSC_0766

こちらはオニルリソウの花後のようなのですが・・お花がないとなかなかわかりにくいですね~
20 DSC_0761

地味~なお花の多い晩夏のお山で、唯一の派手目?なお花でした・・ママコナで~す
11 DSC_0769

杉林の中の急登を大汗かきながら、息も絶え絶えで登り切ると・・雑木林の稜線歩きがしばらく続き、やっと頂上にたどり着きます~
頂上で、お待ちかねのお昼のお弁当タイム
先生からの差し入れのブドウ・・「大峰」という新品種だそうです~・・がとっても美味でした~

大休止後、重い腰を上げて~・・反対側の稜線を、ランを探しながら下って行きます~
下り始めはかなりの急斜面ですが、やがて穏やかな尾根歩きに
尾根の両側に目を向けながら、ランをさがして、ゆっくりと下ります・・標高にして120~30メートルほども下ったのですが・・
残念ながらお目当てのランの姿はなく~
12 DSC_0774

尾根を登り返しながら、再びお勉強タイム
この尾根でコウヤボウキとナガバノコウヤボウキが見られ、違いを教えていただきました
こちらがコウヤボウキの1年枝
コウヤボウキは一年枝の先端にお花を付けるそうです
13 DSC_0775

これはナガバノコウヤボウキの1年枝らしいのですが・・
ナガバノコウヤボウキは2年枝の、束生している葉毎に、お花を付けるそうです
14 DSC_0776

どちらも1年枝、2年枝は良く似ているのですが、葉に触ってみて、手触りがザラザラしているのが、コウヤボウキ、つるっとした感触があるのがナガバノコウヤボウキでそうです
左側がコウヤボウキ、右側がナガバノコウヤボウキ・・見た目もゴワゴワとつるりん?わかるような~・・
15 DSC_0777

クモキリソウ属のランの繁殖方法を教えて頂きました
親株の緑色に変化した偽鱗茎の鱗片が、剥離して不定芽が発生し、不定芽が偽鱗茎となって小さな葉を出し、それが地上に落ちて繁殖していくそうなのです
この写真の、親株の横に見える小さな葉が、不定芽から葉を出した子株だそうです
16 DSC_0783


残念ながら今回はお目当てのランの姿は見られなかったのですが、クモキリソウ属の不思議な繁殖方法を見せて頂いたり、お花の名前を同定する時のポイントを教えていただいたりと、たいへん有意義な一日になりました
植物の世界って、ほんと~に!奥が深い・・つくづくです~

この日もいつもの箱根の施設にお泊まり予定だったで、大急ぎ箱根へ
なんとかお夕食タイム終了前に、滑り込みました
それでも、しっかりと美味しかった「大峰」を購入するのは忘れずに
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
目的のランは見つけられなかったようですが、観察会で様々な植物の在りようが観察・学習できて良かったですね。
くろすけはいつもカッパさんのおこぼれで学習させて頂いております・・・i-229

先日は親切ご丁寧に情報有難うございました。
次の休みに雨が降らなければ行ってみたいと思います。
ヒルには会いたくないですが・・・。

Re: No title

まっ黒くろすけさん

こんばんは。
観察会は、先生はもちろん、参加のメンバーも植物に詳し方が多く、とても勉強になります~
わたし達は、まだまだ駆け出しで・・感心してばかりです。

ヒルは晴れる日が3日くらい続けば、大丈夫・・と聞きましたが・・
長靴に忌避剤を塗っておくと、上がってこないそうですよ。
どちらにしても、雨の日は避けたほうがよさそうです~
わたしたちは、雨の日に行って、散々でした!
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる