霊山嵩山ハイキング

今回お泊りの四万温泉は、中之条町から、かなり山に入っていくので、31日の夜から吹雪いてきて・・
明けて2015年1月1日、外はすっかり雪化粧・・車にはこんもりと雪が乗っかってました~

ゆっくり起きだして、まずは朝風呂に・・ちょっとぬるめでカッパ好みのお湯にのんびりと浸かって・・
お待ちかねの朝食です・・お正月ということで、お雑煮の小鍋もいただけて、大満足

お宿の中はぬくぬく~で・・・・こんな日は絶対外には出かけたくないな~・・なんて、カッパは思っていたのですが・・
やっぱりわたしたちはじっとしてはいられない性格?・・軽~くハイキングでも行こうか~・・ということになって、お宿を出ることに

まずは車を雪の中から救出して、中之条町方面に下っていきます
中之条の市街地まで下ってくると、ほとんど雪はありません


道の駅たけやまの駐車場に車を停めて、表登山口から、霊山嵩山ハイキングに出発です
この日は曇り空で気温も低く、寒がりのカッパは山ズボンの上に、ダウンの山スカまで巻いて着膨れ状態~・・
1 P1010681

急な登りを20分ほどで、ちょっと視界が開けて・・休石に出ました
ちょっと早いけど・・一休み
2 P1010683

休石のすぐ上で、8番と9番の石仏様に、ご挨拶
3 P1010684

と、間もなく、開けた稜線にでました~・・天狗の広場です
4 P1010685

天狗の広場では、可愛いヤマガラが出迎えてくれました
とっても人懐っこく、わたしたちの頭上を右に左にと、可愛い鳴き声で飛び回っていて、なかなか離れようとしません
5 yamagara

天狗の広場から一登りで、小天狗に着きました
6 P1010689

小天狗から、天狗の広場に戻り、反対側へ、大天狗に向かいます
途中にあった三社神の祠です・・中天狗に登って、稜線を更に先へと進みます
7 DSCN8695

中天狗から少し下ると、戦国時代にお城の本丸があった御城の平に出ました
71体の石仏がコの字に並べられていて、静かに佇んでおられました
8 P1010695

この辺りまでくると、雪も出てきて・・凍結に気を付けながら先へ進みます
9 P1010697

大天狗への登りは、20メートルほどのクサリ場から始まります~
10 P1010698

その後も、短いクサリ場を何か所か・・傾斜がそれほどきつくないので、楽しい岩登りで~す
11 P1010699

大天狗・・嵩山の頂上に到着で~す
12 P1010701

頂上の大岩の上には祠が据えられていました
クサリを使って大岩に登ると、すばらしい展望が開けていました・・とはいうものの・・祠の向こうはすっぱりと切れ落ちた岩場
ポールにしっかりと掴ってないと、怖いのです~
13 P1010703

大天狗で展望を楽しみながら、テルモスの紅茶で一休み
後はのんび~り、東登山道を下りま~す
14 P1010706

最後に立ち寄った、20番石仏が安置されている弥勒穴です
絶壁の中間にあって、遠目ではとても近づけそうもありませ~ん
ピテカン君が登れそうだよ~・・と・・・・カッパも取り付きまで行ってみると・・おもしろそう~
クサリを伝ってピテカン君の後に続きました~
15 DSCN8703

下りはちょっとへっぴり腰のカッパ・・まずは足元が切れ落ちた、カニの横這いのクサリ2本を恐る恐る通過
16 P1010709

最後は縦のクサリを使ってやっと下りることができました・・ホッ~です~
17 P1010710

東登山口に着きました
18 P1010711

道の駅たけやまに立ち寄ってみると、なんと甘酒の無料サービス中
寒かったので、温かい麹の甘酒がじ~んと染み渡ります~
建物の中もぬくぬくで、お買い物しながら、お山で冷えた体も、暖まりました
お買い物の後は、道の駅の向かい側にある親都神社へ・・元旦の初詣もしっかりと
P1010712.jpg



初詣も無事に済ませて、さてお宿のゆずりは荘さんに戻るだけなのですが・・
まだ少し早い時間だったので、お宿に帰る前に、ちょっと温泉街も散策したいね~・・ということになり、急ぎ四万温泉の温泉街へと車を走らせました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる