赤面山でBCスキーを楽しみました~

いよいよ3月弥生・・春になりますね~
お花を巡る花旅も、これからがいよいよ本番・・どこに行こうかな~・・どんなお花に会いに行こうかな~・・
考えるだけでも、ソワソワ・・ウキウキ・・してきま~す

といいつつ・・今年は、雪もたっぷりで、まだまだスキーも楽しめそう~・・
それなら、両方楽しんじゃおう~!・・ということになり、2月最後の週末、栃木県方面に出かけることに
那須の赤面山で、BCスキーを楽しんで、那須の温泉で1泊、今が盛りのセツブンソウとフクジュソウにご挨拶もしたいし~・・という欲張った計画です

お天気予報では、28日の土曜日は、次第に冬型の気圧配置も緩んできて、快晴に
そして、3月1日の日曜日は、低気圧が近づいてくるので、朝から☁か☂でお天気が悪くなるそう

赤面山は、いつも風が強いので、少し冬型が緩んでくれば、風も収まってくるだろうと・・
それならお昼前くらいから登り始めるのが、ベストかな~・・とピテカン君が判断
その前に、お天気が良いうちに、お花も見てしまいましょう・・ということになり、ちょっと早出して、朝一に栃木のセツブンソウ群生地に寄ってから、那須へと向かいます


セツブンソウの群生地で、ちょっとゆっくりしすぎて、赤面山のスキー場跡地の道路脇に車を停めたのは、11時過ぎ・・それから準備してスキーを履き、歩き始めたのは、もう11時30分過ぎでした~
ちょっと遅すぎたかな~・・でも、風は、時々強くなるものの、すっかり穏やかになり、読み通りです
1 P2280147

ゲレンデ脇の樹林帯から、ゆるりゆるりと登り始めます
2 P2280149

次第に傾斜も急になってきて、第1リフトの終点まで、あと一息
素晴らしい青空です・・お陽さまもぽかぽかで、暑いくらいです~
3 P2280151

第1リフトの終点で、一休み
4 P2280152

第1リフトの終点から第2リフトの終点までは、ちょっと急な斜面が続きます
直登できなくなって、ジグザグに登る箇所も、出てきました~
はるか下方には、那須の市街地が見下ろせます
5 P2280155

急な登りが終わって、もうすぐ第2リフトの終点で~す
6 P2280158

第2リフトの終点から、赤面山の登山道が始まります
テルモスの紅茶で、一息つきま~す
7 P2280159

登山道は、ブナ林の中をジグザグに縫っていて、所々に赤テープの目印が付けられています
スキーや、スノーシューのトレースが、はっきりと頂上まで続いているので、迷うことはありませんが・・
8 P2280160

ブナ林を抜けると、開けた尾根に飛び出しました、前方に赤面山の頂上が見えてきました
疎らな小灌木の間を縫って、ピークに向かいます・・風はかなり弱まっていて、赤面山とは思えないほど穏やかで~す
昨年は、この辺りで、あまりの強風と地吹雪に、先に進めず、シールを外して、下山したのです
9 P2280164

頂上直下の最後の急斜面を、登ってます・・いつも風が強いため、表面がカリカリのアイスバーン状態
下りが心配~
10 P2280166

急斜面を登り切ると、頂上の一角に飛び出しました
11 P2280168

頂上到着で~す
風もかなり弱まっていて、ゆっくりと景観を楽しむことができました
那須連山もこんなに近くに、くっきりと
12 P2280169

向こうに見えるのは、旭岳です
13 P2280171

木々も、強い風で雪が吹き付け、ごつごつに樹氷が付いていて、雪饅頭みたい
14 P2280173

さ~て、ここからシールを外して滑りだします
15 P2280172

頂上付近は、ツルツルのアイスバーン・・慎重に滑ります
思ったよりも楽勝で、無事にアイスバーンを通過
16 P2280224

少し下ると、最高の雪質に・・シュプールも綺麗に気持ち良く滑れました
17 P2280225

ブナ林の中のツリーランも楽しんで・・あっという間に第2リフトの終点に滑り込みました
18 P2280182

ゲレンデ跡の急斜面もパフパフの雪質で、ひらりひらりと美しく滑っていたのですが・・次第に雪が重くなり・・調子に乗って滑っていて、派手に転倒
19 P2280223

やや重ながら、まだまだ気持ちの良い斜面が続きます
20 P2280222

トラバース気味に樹林帯に滑り込み、風の無い樹林帯の中で、遅めのランチタイム
っとここまでは、順調に下ってきたのですが・・
21 P2280186

この後が・・雪が悪すぎです~
この日はお天気が良すぎて、表面がサンクラスト状態のゲキ最中雪
一部はカリカリのアイスバーン・・クルクル変わる雪質にタジタジ
22 P2280190

カッパは、幅広斜滑降とボーゲンで、とにかく制動掛けまくりで、そろりそろりと下ります~
ピテカン君は、パラレルで何とか曲がろうとするものの、大きな雪の塊を作って、何度も撃沈
写真を撮る余裕もなく・・
それでも何とか滑り降り、無事に車まで戻ることができました
23 P2280191


ピテカン君の読みがばっちり当たって、午後からは、快晴で、風も弱まり、最高のBCスキーが楽しめました
赤面山の頂上には、4回目の挑戦でやっと立つことができました・・(うち2回は車の中から眺めて、あまりの強風に恐れをなして、そのままUターンしたのですが・・

ちなみに、午前中はやはり、かなりの強風で、下山してくる登山者に尋ねてみると、皆さん、頂上では強風でゆっくりできなかったとか・・
わたしたちは、ゆっくりと目の前の那須連山や、旭岳の雄姿も楽しむことができ、最高の頂上を味わえました

ただし、午後からはやっぱり雪が最悪の最中雪状態に・・滑りを楽しむには午前中の雪でしたね~

激悪の雪に翻弄されながらも、ピテカン君の予定時間の4時間以内で、往復
お泊りは、今回初めてのお宿、国民休暇村那須・・ほんの30分ほどの移動で、お宿に着きました

今回のルートです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる