北アルプス、花と温泉の山旅・・その6 三俣山荘から新穂高温泉

前日は、黒部川の源流でゆっくりまったりと沢遊び

暑さにバテバテだったカッパも、下山日になって、やっと体力回復・・テント生活にもすっかり慣れて、やっとぐっすり眠れるようになりました~
下山日は、早朝3時起きにも関わらず、すっきりの目覚めで~す


ヘッドライトを付けて、4時には出発で~す
1v DSC_0030

三俣山荘から急な斜面を一登りする頃には、東の空がしだいに明るくなってきて・・日の出は間近です~
2v DSC_0031

稜線に出る頃には、鷲羽岳の奥からお陽さまが昇ってきました~
3v DSC_0036

素敵な夜明けですね~
4v DSC_0041

朝焼けを背に、三俣蓮華岳の分岐目指して進みます
5v DSC_0042

三俣蓮華岳への分岐を、頂上に向かって登ると、30分ほどで、三俣蓮華岳の頂上に到着
6v P8063088

パノラマ写真です・・左から、黒部五郎岳、薬師岳、水晶岳、ワリモ岳、鷲羽岳と続きます
ピークからはぐるっと見渡せて絶景です~
7v P8063086

三俣蓮華岳から、双六岳方面へ、長い稜線歩きの始まりです
8v DSC_0054

気持ちの良い稜線の草原を、朝日に照らされて快適に進みます
9v DSC_0061

ここでも、素晴らしいコバイケイソウの群落です
10v DSC_0066

コバイケイソウのお花畑の向こうには、歩いてきた山並みが望めます
11v DSC_0072

お花のアップで~す
12v DSC_0069

双六岳には登らずにトラバース道を進むと、やがて双六岳への登山道との分岐に飛び出しました~
13v P8063089

やっと双六小屋に到着で~す
14v DSC_0076

小屋からは、しばらくはちょっとした登りが続き、登り切ると、再び、気持ちの良い稜線歩きとなります
15v DSC_0078

イワオウギの群落も現れて
16v DSC_0082

この黄色いお花は、ハナニガナの高山型、クモマニガナで良いのかな~
17v DSC_0092

大きな雪渓が現れて、槍の穂先もくっきりと・・素晴らしいロケーションですね~
18v DSC_0085

最後は急な下りを下り切ると、鏡平山荘で~す
19v DSC_0095

そしてやっぱりかき氷
20v DSC_0096

ピテカン君は、ラーメンで腹ごしらえ
21v DSC_0097

調子よくシシウドヶ原に向けて下っていたのですが・・この後とんでもない事故が起きて
この日の写真はここまでです~
22v DSC_0098


登山道から転落したピテカン君、腰を強打して動けなくなり、ヘリコプターで飛騨高山の日赤病院に運ばれてしまいました~
カッパは仕方なく、一人で下山・・心配した岐阜県警のお巡りさんが、ワサビ平小屋までお迎えに来てくださっていて、車まで送っていただけました~

ちょうど同じ時間帯に下山中の登山者の方や、偶然通りかかった双六小屋の小池さん、岐阜県警の方や、岐阜県警の山岳救助隊の方々といった、たくさんの方々に助けられて、すみやかに病院に運ばれたピテカン君、骨盤骨折の重症だったにもかかわらず、命に係わるような怪我にもならずに、順調に回復しています

転落した時の記憶がない・・というピテカン君、ちょっとした油断?気の緩み?荷物に振られた?・・いろいろな原因が考えられるようです
どちらにしても、お山では、何が起きるかわからない・・若いころの体力と技術が、いつまでも保てていると過信してはいけないと・・つくづく感じたようです

下山後は新穂高温泉で一泊、鹿教湯温泉で一泊と・・下界で温泉三昧の予定だったのですが・・全てキャンセル
新穂高温泉には、退院後にお泊りして、しっかりと予定を最後まで遂行・・2週間後遅れで、夏休みを締めくくりました・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ううう、岐阜県警の方、親切ですね。

お大事に

こんばんは。
ピテカンさん、退院後も順調に回復されているようで、ホッとしました。
日頃山で鍛えられた体力が、回復を早めているのでしょうね。
でも無理はしないでくださいね。

お二人のお花三昧の夏休み
カッパさんのレポで一緒に歩いた気分になれました。
それにしても背中の荷物が重そう~。

どうぞお大事に~^_^

No title

くろすけも鏡池に映った槍穂高連峰懐かしく思い出しました。
コバイケソウも今年は当たり年だったんですね。
ほんとに素晴らしいロケーションの山旅、
機会があれば健脚な娘ともう一度歩きたいです。

でもほんとに大事に至らなくって良かったよかった!(*^-^*)

Re: No title

さむさん、こんばんは。

実は、救助のヘリにカッパも乗るようにと言われたのですが、
新穂高温泉に置いてある、車のピックアップが気になって、断ってしまったのです・・
カッパの下山を心配して、ワサビ平小屋まで出迎えに来ていただいたということでした。

後で聞いたら、ヘリは新穂高温泉に一度寄ってから飛騨高山に向かったということで、
それならカッパもヘリに乗れば良かったかな~・・と・・
かえってお手数をかけてしまったようです~


Re: お大事に

fumifumiさん

こんばんは。
ご心配おかけしましたが、なんとか今週から社会復帰することができました!
しばらくは、登山は無理かと思うのですが、平地でのお花散策なら
なんとかなりそう~・・と・・本人はすっかり出かけるつもりになっています~

北アルプスは、温泉も、高山のお花も、黒部川源流も素晴らしく、
また、ぜひ訪れたいと思うのですが、丸一日歩かないと核心部に辿り着けなくて、
次は?・・カッパは、二の足を踏んでしまいます~

Re: No title

まっ黒くろすけさん

こんばんは。

ご心配おかけしましたが、退院後も順調で、今週から出勤し始めまています。
まだまだおぼつかない足取りではありますが・・。

コバイケイソウは当たり年だったようで、こんなに綺麗に咲いているコバイケイソウを見たのは久しぶりでした!
なんといっても、槍穂高連峰を眺めながらの、お花畑の稜線歩きは素晴らしですね!

健脚なお嬢様とご一緒でしたら、きっと楽しい山旅になることでしょう!

ご退院おめでとうございます

腸骨骨折と聞いて、ネットで検索してみると、男性に多いケガだとあるので驚きました。我家の夫にも、注意するように言い聞かせておきたいと思います。

それにしても、真っ直ぐ自宅に帰らないで、温泉に立ち寄るとは…。すご~く逞しい精神力だと、驚いています。

Re: ご退院おめでとうございます

snow dropさん

こんばんは。
そうなんですね!・・知りませんでした~
ピテカン君は痩せていて、腰回りのお肉がないので、直接骨にガツンときたかな~・・っと思っていました。

温泉お泊りは、カッパもちょっと心配したのですが、
お宿のほうで、1階のお部屋に変更していただいたり、お座敷用の椅子を用意していただいたり
いろいろ対応していただけて、安心してお泊りできました・・
温泉はやっぱり怪我にはよく効くようです・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: びっくりしました

鍵コメさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
またメールいたしますね。
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる