今年出会ったお初のスミレたち

2015年はいろいろありましたが・・
お蔭さまで、何とか無事に一年の最後を迎えることができそうです

今年もスプリングエフェメラルで、お花シーズンの幕を開け、晩秋の海岸に咲くお花で、締めくくりました
今年も、たくさんのお花に出会うことができました

2015年の最後に、今年出会ったお花たちを、総集編?で紹介していきたいと思います

まずは、今年出会ったお初のスミレたちで~す


なんといっても、今年会えたお初のスミレの中で一番感激したのは、このシソバキスミレ
この黄色いスミレに会いたくて、3回目の夕張岳登山だったのです・・
葉が紫蘇の葉のようで、とっても特徴がありますね
1シソバキ1 DSC_0053

登山道からカメラで捉えられたのは、この一株だけでした
登山道から肉眼では、黄色の点にしか見えません・・望遠で撮ったものを、トリミングしました
貴重な一株ですね
2シソバキ2 DSC_0052 (2)

夕張岳や芦別岳の登山道沿い・・ちょっと湿り気のある草原や、林床で見られたケエゾキスミレで~す
3ケエゾ1 DSC_0987

整った美しいお花を見つけて、アップ気味に撮った一枚です
4ケエゾ2 DSC_1009

フギレキスミレは、雪渓脇などで多く見られ、大きな群落を作っていました
5フギレ1 DSC_1020

ケエゾキスミレとの中間型も見られて、区別が難しかったのですが、葉の不規則な切れ込みが特徴のようです
6フギレ2 DSC_0036

フギレキスミレの群落の中に、こんなおもしろい形のお花を発見・・おそらく蕾の時に、虫に齧られたのでは?・・と思うのですが・・
7フギレ3 DSC_1019

夕張岳では、アイヌタチツボスミレにも初めて出会うことができました
8アイヌ1 DSC_0096

大きな株で、大ぶりのお花をたくさん付けていて、とても美しいスミレでした
9アイヌ2 DSC_0133

側弁に毛があるのが、アイヌタチツボスミレの特徴だということです
10アイヌ3 DSC_0097

お初ではなく、2回目の出会いですが、初回から10年以上?経て、久々に会えたスミレ・・チシマウスバスミレです
11チシマウスバ DSC_0433

ちょっと遅かったので、ほとんどお花が終わっていたのですが、何とか咲き残っていてくれたお花を見つけることができました
すっくと立ちあがった花柄に、小ぶりのお花がスマートな印象ですね
12チシマウスバ DSC_0418

雨粒を受けて、花弁が薄く、透けて見えるようですね~
13チシマウスバ P6062096

アカフタチツボスミレの群落におもしろいお花が混じって咲いていて・・いったいこれは何?
帰宅後に調べて、初めてミドリタチツボスミレと判明
14ミドリタチツボ DSC_0176

お花のアップです~・・タチツボスミレの先祖返りだということです
15ミドリタチツボ P5301958

最後に、マキノスミレの白花種、シロバナマキノスミレです
マキノスミレが多く咲く尾根だったのですが、全体にお花の色が薄く、その中でも、何株か、ほとんど白といって良いほど色の薄いお花が咲いていました
その中でも、この株は真っ白の花弁で、白花種と言っても良いのかな~・・と・・
16シロバナマキノ DSC_0492



スミレ熱も今年は、交雑のスミレにシフトしていて、なかなか新しいスミレに出会う機会がなかったのですが、その中でも、黄色のスミレとの出会いが多かったように思います

この他お初ではないのですが、クモマスミレや、エゾタカネスミレ、ミヤマキスミレといった黄色いスミレたちに出会うことができました。

来年も、お初のスミレ、いくつ出会うことができるかな~・・今から楽しみで~す・・ってちょっと気が早いでしょうか~・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる