信州お花探索の旅・・その1

6月18日から19日、1泊2日で、梅雨の晴れ間を縫って、信州のお山でお花を探して遊んできました

18日は晴れマークがばっちり・・は良いのですが、気温がかなり高くなりそう~
ということで、お山には朝の涼しいうちに出発したいね~

金曜日、ピテカン君の帰宅を待って、手早く夕食を済ませてお家を出ます
途中のSAで仮眠して、目的地の登山口の駐車場に急ぎます

駐車場に着いてびっくり!・・前回来た時には、駐車場はガラガラで、車は1~2台しか停まっていなかったのに、この日は、まだまだ早い時間だというのに、広い駐車場がぎっしり車で埋まっています~

ラッキーにも、1台分の空きスペースを見つけて、車を停めることができました


早朝の爽やかな風の中、お山に向けて出発で~す
hh1 DSC_0621

登山道沿いの林縁に咲いていた、カラマツソウ・・↓のミヤマカラマツとは、葉の形と托葉有無で区別するようです
葉先が三裂し、托葉があるのがカラマツソウ
hh2 DSC_0622

こちらがミヤマカラマツ・・葉先は徐々に狭くなり、托葉はありません・・雄しべの根元が細くなっているのも特徴だそうです
hh3 DSC_0696

モミジカラマツは葉がモミジのように切れ込みがあるので、はっきり区別できますね
hh4 DSC_0646

ヤマオダマキがちょうど花盛り・・こんなに群生していました
hh5 P6183923

しばらく樹林帯の中を、気持よくお散歩気分で歩き、やがて樹林帯を抜けると、沢に沿って登山道は続いていきます
時には沢水で靴先を濡らしながらの登山になります
hh6 DSC_0665

沢沿いに咲くミゾホオズキ・・オオバミゾホオズキと違って、長い花柄があります
hh7 DSC_0668

クワガタソウの群落も所々に・・急な登りもお花に出合うと、疲れを忘れますね
hh8 P6183932

小さなお花ですが、新鮮で冴えた青紫色が鮮やかです
hh9 DSC_0672

ムラサキコマノツメも一か所だけですが、会うことができました
ニョイスミレの品種で、ミヤマツボスミレの色が濃いものということらしいのですが、なんとなく曖昧?な種のようです
hh10 DSC_0678 (2)

hh11 P6183940

傾斜は徐々に急になり、沢を離れる頃には、喘ぎ喘ぎの登りになってきました~
hh12 DSC_0675

クルマバムグラは登り始めの樹林帯で多く見られました
hh13 DSC_0690

少し高度をあげてくると、ヨツバムグラです
hh14 DSC_0732

ゴゼンタチバナもちょうど満開
hh15 DSC_0731

沢を離れて、急な登りを登り切ると、また違ったお花たちが出迎えてくれました・・グンナイフウロはちょっと遅かったかな~
hh16 DSC_0698

お花を探しながら、景色の良い稜線歩きを楽しみました
hh17 DSC_0708

可愛らしいコケモモのお花は、咲きだしたばかりのようですね
hh18 DSC_0821

アカモノも咲いていたのは一か所だけ・・まだまだこれからのようです
hh19 P6184005

色鮮やかなサラサドウダン
hh20 DSC_0720

ウラジロヨウラクもちょうど満開のようですね
hh21 DSC_0742

稜線で、風に吹かれて一休み・・お花をパチリで~す
hh22 DSC_0823

撮れたのは、イブキジャコウソウです
hh23 DSC_0704

沢沿いで見たクワガタソウとは、違う種類のクワガタソウ・・ミヤマクワガタでしょうか~・・
hh24 DSC_0715

岩場にへばりついて咲いていたのは、ミヤママンネングサ・・黄色が鮮やかで、遠くからでも目立っていました
hh25 DSC_0747

コイワカガミはちょっと遅かったようですが、濃いピンク色のお花が残っていた所も
hh26 DSC_0787

稜線上は、登り下りがあって、けっこう大変・・急登する場所も
hh27 DSC_0725

一か所だけで咲いていたベニバナイチヤクソウ
hh28 DSC_0734

ベニバナイチヤクソウは今年はお初
hh29 DSC_0737

だいぶ登ってきました・・ピークまではもう一頑張りでしょうか~・・
hh30 DSC_0760 (2)

群生していたのは、上唇が長いので、ヨツバシオガマの品種のクチバシシオガマでしょうか~・・
hh31 DSC_0743

登ってくるに従って満開のお花が多くなってきました~
hh32 DSC_0740

お花のアップで~す・・上唇が濃いピンク色で、花筒が白っぽいので、クチバシシオガマかな~・・と思われるのですが・・
hh33 P6183952

やっとピークで~す・・けっこう長かったです~
大休止して・・元来た道を下山です~
hh34 DSC_0805



今回のお花探索の登山では、まだまだここに載せきれないほどにたくさんいろいろなお花に出会うことができました

が・・実は、このお山では、あるランのお花に会うのが目的で登りました・・次回に、目的のランのお花や、その他のラン科のお花たちを紹介したいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる