秋田駒ヶ岳登山 その2・・男岳から大焼砂

ムーミン谷のお花探索を楽しみすぎて、かなり時間を費やしてしまったわたしたち

真面目に歩かないと帰れないよ~・・ピテカン君にハッパをかけられて、ゴロゴロ石の急斜面を稜線に向けて、真面目に?登っていくのですが・・

急斜面にも美しい高山のお花たちが花盛り・・ついつい足が止まってしまいます


登り始めると、霧も晴れてきて・・
if1 DSC_0214

咲き残りのオオバキスミレが岩の間から顔を覗かせてくれました
if2 DSC_0220

急斜面の岩場にはミヤマダイコンソウも花盛りです
if3 DSC_0223

ハクサンボウフウは咲き始めたばかり・・ハクサンボウフウの根は熊の大好物だそうです~
今年は熊との遭遇が多いようなので・・熊さん出てこないでね~
if4 DSC_0227

フゥ~フゥ~言いながらも、だいぶ登ってきました・・まだ稜線は霧の中
if5 DSC_0228

青空がはっきり覗いてくれました
ムーミン谷もくっきりと・・見下ろせますね
if6 DSC_0230

お陽さまも差してきて・・エゾツツジの群落も一段と色鮮やかに
if7 DSC_0234

やっと稜線に出ました・・男岳と横岳方面の分岐です
空はすっかり青空・・視界も開けて、頂上からの眺望が楽しみです
if8 DSC_0237

分岐を男岳方面へと進みます・・エゾツツジの群落はまだまだ続きます
if9 DSC_0242

谷ではすっかり終わっていたミヤマキンバイも、稜線上では、咲き残りのお花に会えました
if10 DSC_0248

ミヤマダイコンソウも綺麗なお花を見せてくれました
if11 DSC_0251

足元のお花たちに目を遣りながら、稜線歩きを楽しんでいると、あっという間に男岳頂上です
風も穏やかになり、お陽さまもぽかぽかで気持ちの良い頂上です・・ここで遅いランチタイムをゆっくりと楽しむことに
久しぶりにピテカン君が美味しいコーヒーを淹れてくれました
if12 DSC_0243

ランチも終了・・これから向かう阿弥陀池が眼下に広がっています
きれいな青空がうれしい
if13 P7044352

元気よく阿弥陀池まで下ってきました
if14 DSC_0255

木道の脇ではヨツバシオガマが迎えてくれました
if15 DSC_0254

阿弥陀池小屋の前を通って、横岳への登りです
if16 DSC_0256

一登りで、横岳頂上に着きました
if17 P7044361

横岳から大焼砂への下り・・ここからは強風の中の下りが始まります
if18 DSC_0258

ここから大焼砂にかけては、タカネスミレの群落が見られるのですが、お花はもうすっかり終わっていました
予想していたとはいえ、がっかり・・それでもいくつか咲き残りのお花を見つけて、何とか撮ることができました
if19 DSC_0271

厚くてツヤのある葉が、いかにも高山のスミレのようですね
if20 DSC_0261

一番綺麗に咲いていたお花・・花弁も傷んでなくて、新鮮なお花でした
if21 DSC_0268

if22 P7044363

キバナノコマノツメも、ハイマツの陰に隠れるようにして咲いていました・・こちらもまだまだ新鮮なお花ですね
if23 DSC_0266

強風の大焼砂は手強そう
if24 P7044367

強風の中、健気に咲いていたイワブクロ
if25 P7044370

やっと強風の大焼砂を抜けて、男岳との分岐まで戻ってきました
この先は樹林帯です・・横長根を下って下山します
if26 DSC_0275

往きには、気づかなかったニガナの群生・・お天気よくなって一斉に開花したようですね
if27 DSC_0285

尾根道を快調に下って、なんとか5時前には登山口の国見温泉まで戻ってくることができました
if28 DSC_0287


登り始めは霧雨の中だった秋田駒ヶ岳登山・・ムーミン谷までは、霧の中の登山だったのですが、男岳頂上では、すっかり快晴に

高山のお花も、お山からの眺望も楽しめて、楽しい一日を過ごすことができました

いつものように美しいお花たちに足止めされて、コースタイムの1.5倍以上の時間がかかってしまい、下山したのは、もう4時半過ぎ

国見温泉の登山口から、お宿の網張温泉までは、車で30分ほど・・なんとかお夕飯までには戻れそうです
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れさまでした

本日、午後からの仕事になりましたので、続編を拝見できました。^^

晴れて良かったですね。
黄色いすみれたちも含めて、花が早かったとのこと。
なかなか思い通りにはいかないものです。

NYANは降られて降られて、タカネスミレに辿り着いたのは3回めのトライアルでした。
1回目は遭難しそうだったので、途中で折り返した記憶が鮮明で・・・(笑)。
やっと、タカネスミレの姿を目にして、舞い上がって、アップの写真を撮り忘れてしまいましたね。
そうそう、キバナノコマノツメのクリーム色の花を見たのも3回目のことでした。

一面のチングルマ、ランの仲間など、ついつい時間が掛かるのはよく分かります。

Re: お疲れさまでした

NYANさん

こんばんは。

わたしたちも、秋田駒は今回3回目ですが、幸いいつも好天に恵まれました。
ただ、タカネスミレは毎回時期が遅く、一面黄色に染まるような満開の時期には
訪れたことがないのです。

大焼砂はいつも強風ですね!・・強風に雨も加わると、たしかに遭難しそうですね!
霧の中のトラバース道では、吹き飛ばされそうで大変でした~!

もともと足が遅い上に、お花の撮影に時間を取られるので、毎回とんでもなく遅い
下山になってしまいます・・


プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる