八ヶ岳登山

7月の最終の週末、7月30日から1週間、ピテカン君の夏休み
とはいうものの・・カッパの膝の具合がいまいち良くないので、無理をしない程度の登山・・ということで、今年は、テント泊1泊で八ヶ岳登山を計画
下山後は温泉三昧を予定・・カッパには嬉しい、ほとんど温泉メインの花旅を計画で~す

昨今の登山ブームで週末の登山口では駐車場の確保が難しい・・それならば金曜日の夜のうちに駐車場を確保してしまいましょう・・29日の金曜日、ピテカン君の帰宅を待って、大急ぎ夕食を済ませて、出発です

八ヶ岳の登山口、美濃戸には、翌30日の午前2時頃到着・・明るくなるまで仮眠して、夜明けを待ちます


6時前、美濃戸から赤岳鉱泉に向けて出発で~す:・・久しぶりのテント泊、荷物が重~い
jg1 DSC_0512

林道を1時間ほど歩いて林道終点・・ここからは沢を渡って、針葉樹の中の登山道が始まります
jg2 DSC_0517

北沢に沿って、歩きやすい登山道を辿ります
jg3 DSC_0520

やがて針葉樹の森にも朝日が差してきました~
jg4 DSC_0526

歩き始めて2時間ほどで赤岳鉱泉に到着で~す
重い荷物を担ぐのは、ここまで・・早速テント設営・・お天気はこの日が一番よさそうなので、さっさとお山に登ってしまいましょう・・ということに
jg5 DSC_0532

アタックザックだけの身軽になって、硫黄岳に向けて出発で~す
jg6 DSC_0533

シラビソの林の中の急斜面を一登り
jg7 DSC_0536

眺めの良い赤岩ノ頭に到着・・一瞬霧が晴れて、横岳、赤岳、阿弥陀岳の美しい姿が望めました~
jg8 DSC_0540

これから向かう硫黄岳の姿もくっきりで~す
jg9 P7304729

霧が晴れていたのも一瞬・・行く手にjはどんどんと低い雲が~
jg10 DSC_0544

硫黄岳到着で~す
jg11 DSC_0546

硫黄岳からは、大ダルミに向けてしばらくは下りになります・・せっかく登ったのにもったいな~い
jg12 DSC_0555

岩礫地にはコマクサが群生・・ちょっと遅かったようですが、それでも花色の濃い可愛らしいお花が点々と群生していました
jg13 DSC_0559

硫黄岳山荘まで下ってきました
jg14 DSC_0567

ここからは横岳、正面には大同心の岸壁、そして奥には阿弥陀岳が望めます
jg15 DSC_0579

岩場では、次々に高山のお花たちが姿を見せてくれました
jg16 DSC_0580

大ダルミから横岳に向けて、岩ゴロゴロの急斜面を登り始めます
jg17 DSC_0589

大岩の間を縫って、ロープや鎖に導かれるようにして頂上を目指します
jg18 DSC_0594

着きました~・・横岳のピークです
jg19 P7304742

頂上から少し下ると、杣添尾根を分ける三叉峰に到着です
杣添尾根を登ってきた登山者が、ここが横岳頂上ですか~?・・と・・登りは結構大変だったのでしょうね~
jg20 DSC_0608

ここからは、鎖場の急な岩場の下りが始まります
jg21 DSC_0622

岩礫地のお花たちは、短い夏を謳歌するように咲き誇っていました
jg22 DSC_0632

お花に気を取られてばかりはいられません・・鎖場や梯子の岩場の下りが続きます
jg23 DSC_0676 (2)

梯子を慎重に下ります
jg24 DSC_0683 (2)

やっと地蔵ノ頭に到着・・まだまだ登ってくる登山者がいっぱいです
jg25 DSC_0685 (2)

地蔵ノ頭からは行者小屋に向かって下るのですが、下り始めからしばらくは鎖場が続く急斜面
いつまでたっても気が抜けません~・・下山者も登ってくる登山者も多く、すれ違いも大変です~
jg26 DSC_0687 (2)

行者小屋に着きました・・行者小屋も登山者で溢れています~
jg34 DSC_0688

行者小屋からは針葉樹の中の登山道を通って赤岳鉱泉のテント場へ
jg27 DSC_0689

やっとテントに着きました~・・早朝5時前から夕方4時まで行動時間11時間・・疲れました~
jg28 DSC_0690

ご苦労様・・ということで、生ビールで乾杯!・・嬉しいお夕食です~
その後は持参のスコッチのオンザロックでほろ酔い?に~・・まだ明るいうちにテントに潜り込んで、お休みなさいです~
jg29 P7304774

翌朝・・前日のお天気予報では、曇のち雨だったのですが、朝起きてみると・・なんと雲一つない青空
山の稜線もくっきりと姿を見せてくれていました
jg30 DSC_0708

この日は午前中は、のんびりお花散歩を予定・・雨でも出かけることにしていたのですが、嬉しい快晴
のんびりゆっくり起きだして、真っ青な空の下でお花探索で~す
jg31 DSC_0836

お花をたっぷり堪能して、再び小屋に戻って昼食・・もちろんお疲れ生ビールで乾杯
jg32 DSC_0887

昼食後はテントを撤収して、美濃戸口へ向けて下山です
jg33 DSC_0888


今年はテントは1泊のみ・・ピテカン君には物足りない夏休み登山でしたが、お天気も、予報よりも良く、夏の青空の下、たくさんのお花たちとの出会いも楽しめた、大変充実した登山になりました

八ヶ岳で出会ったお花たちは、次回以降、順次記事にしていこうと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる