赤久縄山陽だまりハイキング

2月3日の日曜日、天気予報では、低気圧が抜けたため、気温が下がり冬らしい晴天になるとのこと。
それならと、氷爆見物と陽だまりスノーハイクを楽しもうと群馬県の赤久縄山に登りにいきました。

赤久縄山は雪の無い季節には御荷鉾スーパー林道で稜線の上まで車で上がれるので、30分程でピークまで登れるお手軽な山ですが、今の時期だとずっと下の栗木平から歩き始めることになります。

栗木平の登山口から沢沿いにしばらく歩くと、赤久縄山と早滝との分岐に出ます
まずは氷爆を見物することにして、早滝方面へ
ゴーロの沢を10分程登ると、真っ白に凍った氷爆がド~ンと現れました
1fDSCN2100.jpg

流れてきた滝の水が凍って複雑な氷の重なりを作っていて、とってもきれい
中心部分のうっすらと青みを帯びた輝きが、神秘的な美しさでした
2fDSC_0351.jpg

早滝から分岐まで戻り、赤久縄山への道を辿ります
しばらく暗い杉林の中の単調な道を急登すると、鉄塔のある尾根に出ます
ここからは唐松林も抜けて、明るい雑木林の中の気持ちの良い尾根道を、木々の間から前方に見える赤久縄山を目指して登って行きます
3fDSCN2104.jpg

稜線に出るとすぐに雪に埋もれたスーパー林道と交わり、林道を少し歩くと、東登山口に出ます
東登山口からは木漏れ日の射す雑木林の適度な傾斜のある登りが続きます
4fDSCN2105.jpg

頂上直下では雪がうっすらの敷き詰められた雪の上を、樺の林を縫ってピークを目指します
5fDSCN2106.jpg

手が届きそうでなかなか着かないピークにちょっと疲れが~
それでもスーパー林道から30分ほどで広い頂上に飛び出しました
6fDSC_0365.jpg

頂上から東に御荷鉾山がくっきりと
7fDSC_0367.jpg

ピークは風も無く暖かで、ゆっくりお弁当タイム
食後のコーヒーものんび~り楽しみました
8fDSCN2112.jpg

下山は西登山口に下りて、安取峠経由で栗木平に戻りました
単調な林道歩きが長く、いまいちのコースでした
9fDSC_0369.jpg

今回もお天気も良く、思ったより暖かく、日射しもいっぱい浴びてとても楽しい陽だまりハイキングでした。
群馬100名山またひとつ制覇
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる