群馬のスミレ散策・・第3弾 その1

4月15、16日の1泊2日で、お花の大先輩にお誘いいただいて、群馬方面に3度目のスミレ散策に出かけてきました

今回は、その時期時期に出会える珍しいスミレや、交雑のスミレにタイミング良く出会うことができました


最初に案内していただいたのは、ハグロスワスミレの棲息地
こんな所に!?・・と思うような道脇に、数株の、お花を付けた株に出会うことができました。
qa1 DSC_6138

ここは、偶然に見つけた場所だそうです
qa2 DSC_6140

ハグロスミレとエイザンスミレの交雑なので、切れ込みのある黒っぽい葉が特徴なのですが、お花が終わると、葉は普通の緑色になる・・と教えていただきました
ちなみにハグロスミレは黒っぽい葉のままだそうです~・・不思議ですよね~
qa3 DSC_6157

qa4 DSC_6144

お花は、白とピンク色の染め分けになっていて、交雑のスミレらしい風貌ですよね~
qa5 DSC_6153

お花のアップです~
qa6 DSC_6152 (2)

ちょっと移動して、前回たくさんの蕾を付けていて、わたしたちは開花したお花を見ていなっかったスワスミレの群生地に廻ったのですが・・
なんと大株他何株か、盗掘されていました・・それも、12日に下見をしていただいた時には健在だったので、ほんの2~3日の間にでした
盗掘の事実を目の当たりにして、愕然です~・・ちょっとひどすぎですよね~
qa7 DSC_6166

気を取り直して、再度の移動です~
車を停めた林道脇に、何気に咲いていたいエゾアオイスミレです~
たくさんお花を付けていて、可愛らしですね
qa8 DSC_6217

お花をアップで・・ピ~ンと立ったウサギ耳の上弁が愛らしい~
qa9 DSC_6221

林道を少し歩くと、ヒナスミレの葉が目に入りました・・よ~く見てみると、なんだか小さなお花が~!
qa10 DSC_6228

ここでの目的のスミレ、ミドリヒナスミレ(仮称)です
qa11 DSC_6233

お花のアップです~
緑色の濃い部分が唇弁のようですね・・薄い白っぽい条が見えるような気もしますが・・
qa12 P4153667

ここでは、お花を付けていない小さな株も含めかなりの株数群生していました
お花の形や、花弁の数は千差万別・・どうしてこんな変異が起こるのか・・よくわかりませんね
qa13 DSC_6246

↑の株のお花のアップです~・・唇弁に緑条らしきものが、薄っすら見えますね
qa14 P4153671

また別の株です
qa15 DSC_6236

お花をアップにしてみると・・よく見ると、花弁が7枚???
qa16 P4153686

すぐ横には、普通のヒナスミレが咲いています・・ということは、農薬などの薬剤や、地質の影響ではなさそう・・
不思議ですよね~・・
qa17 DSC_6240

再び移動して・・初見のスミレ、ホコバスミレに出会えました・・マンジュリカの変種で、葉が細長い鉾のような形からホコバスミレと名前が付けられたそうです
qa17 DSC_6281 (2)

マンジュリカより、小振りで、お花もほっそりととした印象ですね
qa18 DSC_6272 (2)

周りを見回すと・・マキノスミレもいっぱいです~・・
ちょうど盛期の可愛らしいお花たちを楽しみました
qa19 DSC_6268


この日のスミレ散策はまだまだ続きます・・
長くなりそうなので、続きはまた次回に
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる