初夏の北海道へ~花探索の旅・・その3 4日 アポイ岳登山

3日のお宿は襟裳岬近くの柳田旅館さん・・お部屋が空いていたので、良いお部屋に入れていただきました

温泉ではないのですが、お風呂でゆっくり旅の疲れを取り、お夕食時のアルコールも控えめ?に・・翌日のアポイ岳登山に備えます

お天気予報は翌4日は午前中は小雨、午後から次第に雨が強くなる予報・・朝は早めに登って、雨が強くなる前に下山することにして、4時過ぎ起床、5時にお宿を出ました

お宿では朝食をお弁当に変更していただいたのですが、5時と早朝の出発にもかかわらず、できたてのまだ温かいお弁当を用意していただき、お見送りまでしていただいて、大感謝です~


車を駐車場に停めて、上下雨具を着込み、傘をさして歩き始めます~
rj1 DSC_8008

よく踏まれた登山道は、登り始めはほとんど傾斜がなく・・ゆるゆると~・・途中のヒグマ除けのドラム缶?を鳴らしながら登って行きます
クマさんに会いませんように~・・
rj2 DSC_8017

樹林帯の中は、足を止めて見るようなお花も特になく、ゆるゆるながら、わりあい順調に3合目まで登ってきました
rj3 DSC_8030

3合目を過ぎる辺りから次第に傾斜が急になり、登山らしくなってきました・・4合目に到着しました~
rj4 DSC_8034

4合目からひと登りで、5合目の避難小屋で~す
樹林帯を抜けて、明るい稜線に出ました
rj5 DSC_8038

5合目の避難小屋で、朝食で~す・・温かいお味噌汁でいただく朝食のお弁当は、とっても美味でした
rj6 P6044763

5合目からは、しばらくは大きな岩の間を縫うようにして、急斜面の登りが続きます
この辺りからぽつりぽつりと、お目当てのお花や、アポイ岳固有のお花たちが目に止まり、お花に励まされながらの登りが続きます
やがて、吹きっさらしの砂礫地になってくると、8合目下の馬の背はもうすぐ
rj7 DSC_8063

馬の背お花畑に到着しました~・・
お花を眺めながらしばし小休止
rj8 DSC_8088

馬の背からはお花畑もあちこちで見られるのですが、訪れるのがちょっと遅かったうえに、前日からの雨でお花が痛んで萎れていて、可哀想なお花たちでした
rj9 DSC_8105

綺麗なお花をなんとか探して、撮影中のピテカン君です
rj10 P6044759

だいぶ登ってきました~・・登るに従って、お花の状態が良くなってくるようです
rj11 DSC_8216

8合目から9号目に向かって頑張るカッパ
rj12 DSC_8186

9号目の下あたりから、綺麗に咲いている盛期のお花たちが次々に登場・・あちこちで撮影に夢中になって、一気にペースダウン
rj13 DSC_8192

このペースで頂上に辿り着けるかな~?・・それでもなんとか頂上直下まで辿り着きました
頂上まであと一息
rj14 DSC_8200

頂上に辿り着きました~・・なんとコースタイムの1.5倍もかかってしまいましたが、なんとか到着です
rj15 DSC_8204



朝からしとしと霧雨が降り続いていたのですが、頂上を踏むころから、次第に雨脚が強まってきて、雨具にポツポツと雨音が聞こえるように

ちょっとお花探索と撮影に時間をかけ過ぎたようです~

雨がひどくなる前になんとか車に辿り着きたいね~・・ということで、水分補給の小休止後、急いで下山しました~・・

下山も、やっぱり途中のお花撮影に足を止めながらも、なんとかひどい雨に遭うことなく、車に戻ることができました

アポイ岳で出会ったお花たちは、また次回以降に紹介します
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる