初夏の北海道へ~花探索の旅・・その4 アポイに咲く花Ⅰ

今回の北海道の花旅の一番の目的は、アポイ岳でこの時期に見られるお花たちに出会うこと・・だったのですが・・訪れる時期が少し遅かったようです

なんとかお目当てのお花たちに出会うことができたのですが、多くはもうお花が終わっていて、ベストのタイミングとはいえませんでした

それでも会えただけでも感謝しないと・・気持ちを切り替えてのお花探索でした

ここでは、今回ぜひ会いたいと目的にしていたお花たちの紹介で~す


8合目あたりからが出てきましたが、どれももうお花が終わっています・・
このままお花に出会えないのかと、ちょっと心配していたのですが、9合目近くなってやっと開花しているお花に出会うことができました
今回ぜひ会いたかった、一番の目的のお花でした~
rk1 DSC_8168 (2)

雨に打たれて傷んだお花が多かったのですが、岩陰で雨を避けるように咲いていた株は、まだまだ美しいお花を見せてくれました
エゾキスミレは、オオバキスミレの亜種だそうです・・アポイと北海道のごく一部の山の超塩基性岩の岩場に特産するスミレだそうです
rk2 DSC_8162

rk3 DSC_8173

サマニユキワリと一緒に雨宿り?・・
rk4 DSC_8158

ちょうど綺麗に開花したフレッシュなお花・・可愛いですね~
rk5 DSC_8177

お花のアップで~す・・雨に濡れていますが、まだまだ元気そう
rk6 P6044745

アポイ岳でもう1種類会いたかったスミレは、アポイタチツボスミレ
5合目を過ぎたあたりから、萎れたお花を見ていたのですが・・8合目あたりから、やっと綺麗なお花に出会うことができました
なかでもこの株は、一番たくさんのお花を付けていた株・・蕾も付けていて、咲き始めたばかりのとても新鮮なお花でした
rk7 DSC_8182

青みの強い濃いめの紫色がとっても美しいスミレです~
rk8 DSC_8165 (2)

横顔もパチリ・・アイヌタチツボスミレ同様距は白いですね~
rk9 DSC_8109

アポイタチツボスミレは、アイヌタチツボスミレが超塩基性岩に適応したスミレだそうで、アポイ岳では、両種の中間形も見られるようです
rk10 DSC_8213 (2)

アポイタチツボスミレより葉の色も薄く、お花の紫色も明るめのこのお花は、アイヌタチツボスミレ
rk11 DSC_8129

5合目あたりの岩場にも見られたのですが、5合目から下の樹林帯でもお花を見ることができました
rk12 DSC_8046

岩陰に咲くこの株は、アイヌタチツボスミレだと思うのですが、ちょっと中間形のようでもありますね
rk13 P6044688

アポイ岳でぜひ会いたかった目的のお花、スミレ以外では、このヒダカイワザクラが1番の目的のお花でした・・が・・
この岩の割れ目にびっしりとピンク色のお花を期待して登ってきたのですが、出会えたのはこの1輪だけ
足元には散ったばかりの花弁が~・・きっと前日からの雨で散ってしまったのでしょうね~・・
rk14 DSC_8141

それでも咲き残っていた、この1輪に感謝です・・5弁の花弁が整ったとっても美しいお花でした
rk15 DSC_8140

お花のアップで~す・・
1輪だけでも十分に魅了される美しいですね~
rk16 P6044736

他には何ヶ所か、雨を避けるようにして、岩陰で咲き残っているお花を見つけることができました
rk17 DSC_8154

できることならもう少し早く訪れたかったな~・・
rk18 DSC_8176

このお花も目的のお花の一つ、サマニユキワリです
まだ咲き残っていたチングルマとコラボで
rk19 DSC_8103

5合目あたりでは、すっかり咲き終わってガラになっていたのですが、8合目辺りからちょうど綺麗に咲いている、盛期のお花に出会うことができました
rk20 DSC_8189 (2)

登るに連れて次々に、満開のサマニユキワリの群生が次々に
rk21 DSC_8198 (2)

この一角に咲くお花は、特にピンク色が濃くまぶしいくらいに美しいお花たちでした
rk22 DSC_8197 (3)

ちょうど満開に咲き誇っているようですね~・・美しすぎです~・・
rk23 DSC_8196 (3)



ヒダカイワザクラト、エゾキスミレは、ほとんど終わっていて、名残のお花しか見ることができなかったのですが、アポイタチツボスミレ、サマニユキワリには、新鮮で美しいお花に出会うことができました

特にサマニユキワリは、圧倒されるほどに美しい群生にであうことができ、感激でした

なんとか、今回の北海道の花旅、アポイ岳での目的達成です

その他のアポイ岳で出会ったお花たちは、また次回に紹介します
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

頂上近くで新鮮な花たちに出逢えた訳ですね。
お疲れさまでしたぁ。

アポイタチツボスミレは「色合い」がポイントなのですか。
ははぁ、なるほど!

Re: No title

NYANさん

こんばんは。
1週間行くのが遅かったようで、下では目的のお花はすっかり終わっていました。
頂上直下でやっと開花しているお花に出会えたので、良かったです。

アポイタチツボスミレは、5合目くらいではアイヌタチツボスミレだったのが、
標高が上がるに従ってアポイタチツボスミレとの中間的なものに変わり、
最後は典型的なアポイタチツボスミレが出てきました。
アイヌからアポイへと次第に変わっていく様子が興味深いものでした。

いつか!!

北海道遠征、お疲れ様でした♪
アポイはいつか行ってみたいお山の一つで、興味深く拝見しました。種類が変わるのを実感できるって、凄いですね。
白いお花は次に登場するのかな?!

おはようございます

ピテカンさんカッパさんおはようございます。
アポイ岳行きたいです。
憧れの山ですね。
やっぱり固有種の花々がいっぱいありますね^_^
私の方は高尾木下沢行って、次の日脳と肉体死んでました笑笑
更新楽しみにしていますね^_^

Re: いつか!!

るたんさん

こんばんは。

アポイ岳は今回3回目でしたが、この季節は初めてだったので、
前回2回とはまた違ったお花たちに出会うことができました。
どの季節も十分に楽しめると思いますよ・・ちょっと遠いのですが、ぜひ一度登ってください・・

白いお花はもう終わっているとばっかり思っていて、探さなかったのです~
下山後に咲いていたことを知りました。
探さなかったことが悔やまれるます~

Re: おはようございます

ヒゲちゃびんさん

こんばんは。
アポイ岳は花の名山・・どの季節もたくさんのお花に出会える山です。
かなり遠いので、アポイ岳だけのために1泊しないといけないのが玉に瑕ですが~・・

わたしたちも先週末富士山周を、お花を探して歩いたのですが、
あちこちで目的のお花に振られてしまいました~
良いタイミングでお花に出会うのは難しいですね・・



プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる