高原で花散策!

三連休初日のお泊りは、鹿教湯温泉の国民宿舎「鹿月荘」さんです・・

W信州牛のコースに魅かれて、時々お世話になるお宿です・・信州牛のステーキとすき焼きの両方いただけて、とってもリーズナブルな価格なのと、土曜日も平日と同じ価格というのも大きな魅力なのです

信州牛は、しっかりサシが入ったロース肉でも、わりあいにさっぱりしていて、中高年?には嬉しいお肉なのです

ということで、この日もしっかり信州牛&生ビール&地酒をいただいて・・翌日は朝風呂をゆっくりのんびり楽しみました~

いつものように朝ゆっくりの出発で、2日目は涼しい高原でお花散策の予定です


一晩お世話になった「鹿月荘」さんです
so0 DSC_9734

ゆっくりの出発だったので、目的地の高原の駐車場に車を進める頃には、すっかり観光で訪れる車も多くなり、駐車場に入れるか心配したのですが、なんとか無事に車を停めることができました
駐車場の周りには可愛らしいオオヤマフスマが足元に
so35 DSC_9870

ツマトリソウは、ほんのり褄・・花弁の周辺ががピンク色なのですが、綺麗に撮れなかったようです~
so36 DSC_9872

歩き初めてすぐに目に付いたお花、グンバイヅルです
so1 DSC_9790

行く先々、あちこちで群生しているお花を見ることができました・・こんなに群生している場所も
so2 DSC_9818

草丈10センチほどの可愛らしいお花ですね
so3 DSC_9816 (2)

ちょっと盛期を過ぎていたようですね・・
so4 DSC_9796

次に目に付いたお花は、シャジクソウです
so5 DSC_9833

シャジクソウもあちこちで、綺麗なお花が草原のアクセントになっていました
so6 DSC_9815

ちょうど開花したばかりのフレッシュなお花です
so7 DSC_9788

カラマツソウもちょうど花盛り・・
so8 DSC_9775

オトギリソウは咲き始めたばかりかな~・・
so9 DSC_9783

涼しい針葉樹林ではハクサンシャクナゲがちょうど満開でした
so10 DSC_9811

花弁の刷毛でさっと刷いたようなピンク色が一筋・・可愛いですね
so11 DSC_9806

まだ蕾のこのランは、オオヤマサギソウ?・・でしょうか~・・お花が咲かないとなかなか難しいですね
so12 DSC_9809

グンナイフウロはもう終盤・・名残のお花でしたが、あちこちで群生していました
so13 DSC_9812

ハクサンフウロも行く先々で目を楽しませてくれました
so14 DSC_9814

草原を彩るハクサンフウロとアヤメの群生・・涼し気な眺めですね
so15 DSC_9822

草原にはキバナヤマオダマキの姿も
so16 DSC_9826

可憐なカワラナデシコにも会えました
so17 DSC_9828

意外に株が少なかったハクサンチドリ・・ポツリ~・・ポツリ~・・と忘れた頃に姿を見せてくれました
so18 DSC_9762

代わりにたくさんのお花を見せてくれたテガタチドリ・・こんなに群生しているのは初めて見ました
so19 DSC_9829

こんなにたくさんのお花を付けた株・・ちょうど見頃の生き生きとした美しいお花ですね~
so20 DSC_9831

ちょっと頂上っぽい?○○ケ峰に到着
so21 DSC_9832

足元にはイブキジャコウソウの群生です
so22 DSC_9834

ウスユキソウの姿も
so23 DSC_9835

ウツボグサはこれからでしょうか~・・
so24 DSC_9836

タカネニガナが一塊、岩の上に群生・・絵になる眺めですね~
so25 DSC_9838

砂礫地にはコマクサの群生・・ちょっと遅かったようですが、まだまだ綺麗なお花も残っていました
so26 DSC_9839

草原に咲いていたこのランは、タカネサギソウでしょうか~・・
so27 DSC_9847

so28 DSC_9846

お花をアップ気味に
so29 DSC_9856

別の場所で見たこの株は、まだ蕾ですが、ホソバノキソチドリのようですね・・
so30 DSC_9849

まだまだ開花はこれからのようですね
so31 DSC_9853

林床に涼し気に風に揺れていたリンネソウ・・久しぶりに会えました
so32 DSC_9859

内側の紅色が表面に透けて、微妙な色合いを出しているよう・・自然の造形って面白いですね
so33 DSC_9862

湿原に下って、湿原を突っ切ると、駐車場に戻ることができます
so34 DSC_9866

この高原散策の一番のお目当てのお花は、シテンクモキリ・・2カ所で見ることができました
so37 DSC_9760

クモキリソウはあちこちで目にするのですが、シテンクモキリはお初のお花でした
so38 DSC_9743

ちょうど満開の時期だったようで、赤紫色が綺麗に出ていました
so39 DSC_9736

クモキリソウ属の新種として2008年に発表されたそうです
so40 DSC_9800

唇弁と髄柱は明るい緑色ですが、その他の花被片は赤味がかった紫色なのが特徴です
so41 P7165466 (3)

唇弁の付根の紫色の斑が和名の「紫点」の由来だそうです
so42 P7165465

お花を横からアップにしてみました
so43 P7165460


高原散策も無事に終了・・ぜひ会いたかったお花にも会えて大満足

この日は、さらにもう1ケ所、ぜひ訪れたい場所があり、涼しい高原を後にしました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる