富士山麓のランとの出会い・・その1

7月最終の週末、富士山麓で、以前からぜひ出会いたかったランに、やっと出会うことができました

わたしたちだけでは出会うことが難しいランでしたが、今回はご案内いただいて、とても嬉しい出会いになりました

週末は高速道路の渋滞が必須なので、なるべく早め、5時前に我が家を出ます

お天気予報では☀マークはないものの☔マークもなく・・☁マーク・・雨にならなければ良いのだけど・・どんよりとした曇空です

富士山麓は深い霧でした


霧は晴れる気配もなく、森の中に分け入るころには、ぽつりぽつりと雨になってしまいました
暗い森の中を目的のお花が着生している場所へと案内していただくと・・
ta0DSC_0133

そんなに大きくない1本のイタヤカエデの木・・暗い森の中で、そこだけなんとな~く明るく感じます
見上げると、3ヶ所で数株のピンク色のお花が目に入りました
ta1 DSC_0142

ta2 DSCN0461 (2)

1株だけポツンと離れて咲いていたお花です・・少し下にお花を付けていない葉らしきものも見えますね
ta3 DSC_0145

ノキシノブの群生に混じって咲いているので、お花が付いてないとほとんど気がつきませんね
ta4 DSC_0137

少しズームしてみました~・・お花がはっきりとわかりますね
よく見るとツリシュスランが1株、横に付いていました
ta5 DSCN0447 (2)

一番たくさんおお花を付けていた株・・周りにも何株かお花を付けている株があるようですね
ta6 DSC_0140

次第にズームしてみると・・お花は4花、ちょうど盛期の生き生きしたお花です
ta7 DSCN0437 (2)

ta8 DSCN0462 (2)

更にズームしすると、お花の形態もはっきりと見えます
ta9 DSCN0444 (2)

少し角度を変えて撮ってみました
ta10 DSCN0465 (3)

少し広めの葉が1枚です
ta11 DSCN0472 (2)

2000ミリ相当までズームしてみました・・唇弁は深く3裂し、紅色の斑点があり、背萼片と側萼片は兜状に集まって付いていて、側花弁は広卵型で左右に広がっているようです
ta12 DSCN0477 (2)

少し場所を変えて・・このイタヤカエデの木には、ツリシュスランが10株以上着生していました
割合に低めの樹の幹に着生したので、間近で見ることができます
ta13 DSC_0118

お花の時期にはまだ早かったようです
ta15 DSC_0115 (3)

この株は、もう花穂を持ち上げていて、一番早く開花しそうですね
ta16 DSC_0120 (2)

3本の花穂を横に並んで、付けていました
ta17 DSC_0128

お花の咲く頃に、ぜひ再訪したいものです
ta18 DSC_0126 (3)

この森では、思いがけずキバナノショウキランにも出会うことができました
ta19 DSC_0109

右の1花はもう子房が膨らんでいました
ta20 DSC_0162

寄生植物のキヨスミウツボも、この森で何ヶ所かで見ることができました
ta21 P7295639

すっかり開花している状態のようですね
ta22 P7295640



霧と小雨の生憎のお天気でしたが、ヒナチドリの盛期の美しいお花を見ることができました

ツリシュスランはお花はもう少し先・・お花の時期にぜひ訪れたいと思っています

もう一つ、ぜひ会いたいお花があり、午後からは別の場所に移動です・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる