今年も会えました!・・夏休み最終日のお花探索

夏休み最終日、9月1日の朝も・・温泉お泊りの朝のお決まり、朝食前と後にゆっくりたっぷり温泉を楽しみました
蓼科のお宿を後にします

この日の目的のお花に会いに行く前に、まずはお宿からちょっと足を延ばして、霧ヶ峰へ・・草原一面に広がるマツムシソウの群生を見たいね~・・ということで、訪れてみることのに

ところが~・・以前はハイウェイ沿いの草原にも点々と咲いていたマツムシソウの姿が見当たりません
時々・・ほんのたま~に忘れた頃に、ポツンポツンと姿を目にするだけ

ビジターセンター前の駐車場に車を停めて、園地を散策してみるとその理由がわかったような気がしました
マツムシソウは電気柵の内側だけに群生していて、他の場所では、ほんのわずかに咲き残っているだけでした

どうやら鹿の食害らしいのです・・このままだと草原に咲くマツムシソウはなくなってしまうかも~?・・危機感を感じますね


夏休み最終日のこの日が一番良いお天気に・・なんか悔しい~・・?
ub1 DSC_1967

ということで、電気柵の内側に咲く、マツムシソウの群生
ub2 DSC_1970 (2)

ちょっと遅かったようですが、まだまだ美しく群生していました
ub3 DSC_1972 (2)

ツマグロヒョウモンが訪れていました
ub4 DSC_1982 (2)

霧ヶ峰のマツムシソウの群生を後にして、この日のお目当てのお花に会いに移動です
ここ数年、毎年訪れているエンビセンノウの自生地へ

湿原の中で、今年は特に見事に美しく咲いていました
ub5 DSC_2006

刈り払いがはいることによってどうやら株数が増えているようです
ub6 DSC_1990-2

毎年早かったり遅かったりと、なかなか良いタイミングでお花に会うのが難しかったのですが、今年はベストタイミングで訪れることができたようです
ub7 DSC_2001

朱赤も鮮やかで、新鮮なお花です
ub8 DSC_1996

エンビ・・燕の尾・・の名前のように、長く尾を引くような深い切れ込みのある花弁は、情熱的で独特の美しさですね~
ub9 P9016511

この湿原では、アサマフウロのお花にも出会うことができました
ub10 DSC_2013

花弁の紅色も濃く、大振りで艶やかなお花ですね~
ub11 P9016512

アサマフウロに比べると、やや地味に感じるタチフウロ・・さっぱりした表情のお花ですね
ub12 DSC_2010

刈り払いが入って、刈られてしまったようですが・・それでも健気に、2番芽を出して咲いていたサワギキョウ
ub13 DSC_2018

ここでもう一つ、会いたいと思っていたのは、アケボノソウ
ub14 DSC_2027

ちょっと早かったようですが、1株だけ開花していてくれました
ub15 DSC_2025

お花のアップで~す・・いつ会っても、お花の複雑な模様に感心させられます
ub16 DSC_2026

エンビセンノウの咲く湿原から、別のお花に会うために再度移動です・・

道脇のちょっとしたスペースに車を停めて、林道を目的地へ向かいます
林道沿いに群生していたユウガギク
ub16 DSC_2127

ちょうど盛期でした
ub16 P9016602

珍しいチョウセンゴミシの果実発見!・・熟した実は素晴らしい果実酒になります
ub17 DSC_2029

ミヤマモジズリが大きな岩の苔の上に群生
ub18 DSC_2031

岩の上はお陽さまも良く当たって居心地が良いのかな~・・
ub19 DSC_2033

しばらく進むとタカネフタバランの群生に出会えました
ub20 DSC_2050

昨年はちょっと遅くて、綺麗に咲いているお花は少なかったのですが、今年はちょうど盛期に出会うことができました
ub21 DSC_2038

透明感のある薄緑色のお花は目立ちませんが、立ち姿は凛として涼し気ですね
ub22 DSC_2049

ランのお花はどの種も個性豊かですね~
ub23 P9016541

お花のアップで~す
ub24 P9016535 (2)

昨年は、探し始めてすぐにお花が見つかったのですが、今年はなかなかお花が探せません
しばらく探して・・最後にやっと、たくさんの群生しているお花に出会えました~・・トラキチランです
ここでは3株、仲良く並んで咲いていました
ub25 DSC_2096

この株はお花を4花もつけていますね
ub26 DSC_2119

目が慣れてくると、あちらにもこちらにもと・・次々に目に入ってきました
ub27 DSC_2115

昨年は少し遅くて、なかなか綺麗なお花を見ることができなかったのですが、今年はベストなタイミングで訪れることができたようです
ub28 DSC_2080 (2)

開花したばかりの新鮮なお花ですね
ub29 DSC_2099

子房に捻じれのないお花なので、唇弁が上方に、唇弁の裏側に見えている太くてがっしりしているのが距のようですね
ub30 P9016593 (2)

お花のアップで~す・・このお花は唇弁の内側にある、赤い点々のような模様が色鮮やかで美しいですね
ub31 P9016598

撮影中のカッパです・・なんとも珍妙?な格好ですが・・本人は真剣
ub32 DSC_2089


ざっと40株ほどのトラキチランに出会えて、大満足

この日もバタバタではありましたが、満足のいくお花探索になりました

最後の最後まで遊びつくして?・・5泊6日の花と温泉の山旅終了で~す

次回は、今回お世話になった温泉を紹介しますね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる