今年は開花が早いようです~・・その2

次に向かった場所も、やはり交雑のスミレ期待の場所です・・

ちょっと早いかな~・・と思いながら向かった場所ですが、なんと期待通りに綺麗な交雑のスミレに出会うことができました


目的の交雑のスミレ、ミドリミツモリスミレです
歩き始めてしばらくすると、ぽつりぽつりと目に付きだしたフモトスミレとマキノスミレたち・・その中に混じって、3花お花を付けていたミドリミツモリスミレの株です
wl1 DSC_6651

wl2 DSC_6645

ピンク色ですが、姿はフモト似、側弁にはしっかりと毛が見えます
wl3 DSC_6643

片親のフモトスミレ・・ここのフモトスミレは整った顔立ちの綺麗なお花でした
wl4 DSC_6677

マキノスミレも可愛らしく咲いていました
wl5 DSC_6685

wl6 DSC_6723

もう一株、ミドリミツモリスミレです・・この株は1花しかお花を付けてなかったのですが、ピンク色の色合いが美しいお花でした
wl7 DSC_6695

wl8 P4072009

更に交雑のスミレを探しながら進むと・・なんと!たくさんのお花を付けたミドリミツモリスミレの株、2株を見つけることができました
wl9 DSC_6701

ちょうど満開のお花たちでした
wl10 DSC_6711

よく見るとすでに終わっているお花もちらほらと~・・・・やはり今年はスミレの開花がかなり早いようですね・・
wl11 DSC_6708

まだまだ綺麗なお花もたくさんあって、どこから撮ると綺麗かな~・・?・・迷ってしまいます~
wl12 DSC_6714

美しすぎるお花たちです~
wl13 DSC_6714 (2)

横顔も
wl14 P4072025 (2)

側弁の毛もはっきり見えています
wl15 DSC_6707

お花のアップです~・・マキノスミレの綺麗なピンク色とフモトスミレの整った姿、両種の良いとこ取りで、うっとりするほどの美しさです~
交雑のスミレの中でも1、2を争う美しさだと思うのですが・・
wl16 P4072020

足元にはスミレ、お山には桜・・春ですね~
wl18 DSC_6550

ミドリミツモリスミレの里山から移動して・・ちょっと珍しいシロバナヒナスミレです
wl19 DSC_6517

お花をアップです・・
wl20 DSC_6524

横顔も・・距まで真っ白ですね
wl21 DSC_6525

再度場所を変えて・・面白い景色を見せていただきました
舗装道路の白線に沿って、並んで咲いているマンジュリカ・・スミレのたくましさを感じますね
wl22 DSC_6536

ブーケのようになて満開のスミレたち・・ここが居心地が良いのかな~
wl23 DSC_6546

ツクシもニョキニョキで~す・・春ですね~
wl24 DSC_6727


この日は事前のお天気予報が好転して、午後からはちょっと寒くなってきたけれど、時折陽も差すまあまあのお天気に

下見のつもりで、お花は期待していなかったキクバヒナスミレのお花に思いがけず出会うことができたのは、嬉しいびっくりでした

ワイワイと楽しくて充実した1日をありがとうございました。

今年は開花が早いようです~・・その1

4月に入って最初の週末、7日は当初のお天気予報では☔マーク・・スミレ探索もお休みにしようか~・・と思っていたのですが、前日の予報では、☁マークに

急遽群馬方面に再度のスミレ探索にお出かけすることに・・お花の大先輩と花友さんご夫妻にもお付き合いいただけることになり、ワイワイと賑やかなスミレ探索になりました~


お花の時期にはまだ早いけれど・・下見のつもりで立ち寄ってみましょうか~・・お花の大先輩のご案内で訪れたのですが・・
なんと!・・もうお花が咲いていました
wk1 DSC_6559

1花だけだったのですが、素晴らしく美しい交雑のお花です~・・
ヒナスミレとヒゴスミレとの交雑、キクバヒナスミレです
wk2 DSC_6564

わたしたちは初めて出会う交雑のお花でした・・まさか出会えるなんて思っていなかったので、嬉しいびっくりです!
wk6 DSC_6602

嬉しさのあまりに・・横顔も、右から~・・
wk3 DSC_6567

左から~・・
wk4 DSC_6601

更に近寄って・・葉の鋸歯が大きく切れ込んでいました
wk5 DSC_6551

お花のアップです~・・花弁がほのかにピンク色、側弁の脇にヒゴ似のレモンイエローが・・雑種はほんとうに美しいですね~・・
wk7 P4071960

周りには、片親のヒナスミレがたくさん
wk8 DSC_6589

こちらは斑入りのフイリヒナスミレです
wk9 DSC_6608

ヒナスミレも咲きだしたばかりの新鮮で美しいおはなでした
wk10 P4071983

ヒゴスミレはまだまだ早かったようで、開花していたのは1花だけでした
wk11 DSC_6592

葉の切れ込みはヒゴスミレのようですが、お花がピンク色・・ヒラツカスミレのようですね
wk12 DSC_6593

もうアケボノスミレが開花していました
wk13 DSC_6578

葉はクルクルで、やっと地上に顔をだしたばかりのようですね
wk14 DSC_6613

お花のアップです~・・アケボノスミレはふっくら美人さん
wk15 P4071968

エゾアオイスミレもちらほらと~・・咲きだしたばかりようです
wk16 DSC_6585

ちょっと標高が高いこの場所では、木々はやっと芽吹いたばかり・・寒そうな風景ですが、もう少し季節が進むと、スミレの園になりそうな場所でした
wk17 DSC_6611

場所を変えて・・道路沿いの斜面にはアカネスミレが花盛り
wk18 DSC_6620

タチツボスミレは珍しくないけれど、こんなに青紫色の濃い美しいお花にはなかなか出会えません
wk19 DSC_6618

このお花は、唇弁に紫条が無くて、距まで真っ白・・シロバナタチツボスミレと言って良いのかな~・・
wk20 DSC_6638

花弁の基部が濃いピンク色の綺麗なエイザンスミレ
wk21 DSC_6635

林道の斜面にはたくさんのコスミレが花盛り
wk22 DSC_6632

こんな株もありました・・残念ながら花芽は付けてない?ようです~・・
wk23 DSC_6633

ミツバツツジや山桜が咲き乱れ、足元にはスミレ・・桃源郷のような里山でした~
wk24 DSC_6642


桃源郷を後にして・・さてもう一カ所、お目当てのスミレに会いに移動します

次回に続きます~・・

スミレの季節が始まりました~

先月の最終週、お花の大先輩から・・交雑のスミレがもう咲いていますよ・・情報をいただきました

ということで、先週末3月31日の土曜日、当初は高尾方面のスミレ探索を予定していたのですが、急遽変更して、群馬方面に出かけてきました

お花の大先輩と、花友さんご夫妻にご一緒していただき、交雑のスミレを始め、たくさんのスミレに出会うことができました

本格的なスミレシーズン始動です


3月中にこの場所での開花は、長年ご覧になっているお花の大先輩も初めての経験とのこと・・今年はスミレの開花がほんとに早いようです
wi1DSC_6178

ちょうど咲き始めたばかりの新鮮なお花です~・・今回の目的のお花の一つ、ハグロスワスミレ
wi2DSC_6185

横顔もパチリと
wi3DSC_6186

お花をアップで~・・白花のヒカゲスミレとピンク色のエイザンスミレの交雑なので、花弁の色合が複雑に混じっていて美しいですね
花弁の縁がピンク色で縁取られているのが可愛い
唇弁の紫条と側弁の基部がレモンイエローなのが、ハグロスミレの特徴を残しているようです
wi4P3311753

今回のもう一つ、今回の目的の交雑のスミレはスワスミレ
お隣さんのヒカゲスミレとコラボです
wi5DSC_6247

盛期は少し過ぎているようですが、まだまだ美しい状態で会うことができ、大感激です~
wi6DSC_6243

この株はお花を7輪も咲かせていました
wi7DSC_6246

交雑らしい美しいお花ですね
wi9DSC_6242

お花のアップです~・・白地にピンク色のぼかしがとっても綺麗でうっとりの美しさです
wi10 P3311801

ヒカゲスミレもぽつりぽつりと開花し始めているようです
wi11 DSC_6236

今年も会えました・・シロバナツクシコスミです
なんとこの株は舗装道路の隙間に咲いていました・・「ド根性すみれ」ですか~・・?
wi12 DSC_6259

wi13 DSC_6270

昨年より株数も増えているようで、花付きもよく見事なお花に出会うことができました
wi14 DSC_6265

美しい白花ですね~
wi15 DSC_6265 (2)

アオイスミレもちょうど花盛り
wi16 P3311766

ヒナスミレは今年初めての出会いです
wi17 DSC_6188

フイリヒナスミレも
wi18 DSC_6198

エイザンスミレは咲き始めたばかり・・葉も展開する前で初々しいお花ですね
wi19 DSC_6193

エイザンスミレはこのくらいのお花が可愛らしくて好きです
wi20 P3311769

スミレ以外では、昨年タイミングが合わず、開花したお花に会えなかったオオヤマカタバミのお花に出会うことができました
wi21 DSC_6219

オオヤマカタバミは葉が展開する前に花柄が伸びてお花が咲くくようです
wi22 DSC_6216

後ろ姿も可愛い~・・萼がお星様のよう
wi23 DSC_6224

下から中を覗かせてもらうと・・紅色の条線が綺麗です
wi24 DSC_6215

花弁がちょっと撚れ気味なのが残念ですが・・愛らしいお花ですね・・
wi25 P3311771

今年は春が一気に進んだようで、お山ではもうミツバツツジのピンク色が目を引きました
wi26 DSC_6208


急遽連絡をいただいての、群馬方面へのお出かけでしたが、早々に交雑のスミレ2種と、珍しいシロバナツクシコスミに出会うことができ、大満足のスミレ探索になりました。

この日は、気温も高く快晴の素晴らしいお出かけ日和・・お天気にも恵まれて楽しい1日を過ごさせていただきました

お誘いいただいたお花の大先輩と花友さんご夫妻に大感謝です・・ありがとうございました。

高草山のスミレ

高草山での一番の目的は、キスミレはじめ今年最初のスミレ探索でした

昨年もこの時期に訪れたのですが、ちょっと先走り過ぎ?で、キスミレは早すぎてほとんど開花していなかったのですが、今年は咲きはじめるのが早かったようで、昨年よりは多くのお花たちを楽しむことができました

その他のスミレたちも咲き始めですが、新鮮なお花たちに出会うことができ、まずまずのスミレ探索になりました


キスミレの群生地に近づくと、一面の枯れ草色の中に、ほんのりと黄色いものが見えてきました
wc1 DSC_5937

今年はかなり開花してるようです~・・嬉しくなりますね
wc2 DSC_5928

新鮮なお花です・・午後暖かくなってからの訪問だったので、ちょうどこの時間に開花したばかりのようです
wc3 DSC_5909

まだまだこんなにたくさんの蕾を付けた株も・・蕾が全部開花するのはまだ先のようです
wc4 P3171406

柵のすぐ近くで見られた株です
wc5 DSC_5918

こんなにアップで撮ることができました
wc6 P3171403

別の場所で見られたキスミレ・・このお花も開花したばかりのようです
wc7 P3171392

鮮やかな黄色が美しすぎですね~
wc8 P3171393 (2)

横から撮ってみると、花弁の裏側の朱赤の差し色がとってもお洒落ですね
wc9 DSC_5905

お陽さまをいっぱいに受けて輝いてました
wc10 P3171395

雑木林の登山道脇の斜面で、大きな株になって咲いていた、ナガバノタチツボスミレ
wc11 DSC_5862

花茎に付く葉が長めで、先端が細くくびれているのが特徴だそうです
wc12 DSC_5866

こちらは普通のタチツボスミレのようです
wc12 DSC_5877

頂上近くに咲いていたのはほとんど白色のタチツボスミレ・・紫条があり、よく見ると薄く色づいているようです
葉には照りがあるようで、どちらかといえばツヤスミレかテリハタチツボスミレの葉に似ているようにも思えますが・・
wc13 DSC_5959

高草山でのもう一つのお楽しみは、一番早くニオイタチツボスミレに会えること・・カッパの大好きなスミレです
wc14 DSC_5880

ニオイタチツボスミレも咲きだしたばかり・・ほんの数株しか開花していなかったのですが、お花に会えただけでも嬉しい~
wc15 P3171391

wc16 DSC_5888

アカネスミレはちょっと早すぎたようです~・・開花はもう一息ですね
wc17 DSC_5883

フモトスミレもあわてん坊さんの1~2株に会えただけでした
wc18 DSC_5896

綺麗なお花を見せてくれたのは、エイザンスミレ
wc19 DSC_5951

葉もまだ大きく展開する前の、この時期のエイザンスミレが一番可憐で美しく感じます
wc20 DSC_5950 (2)

下山途中で1株だけ・・ポツンと咲いていたのはヒメスミレ・・どうして1株だけ?
wc21 DSC_5993

昨年は早過ぎてほとんど咲いていなかったコスミレ・・今年はちょうど花盛りでしたが・・夕方だったので、お花がうつむいてしまっていました~
wc22 DSC_6020

wc23 DSC_6008

たくさんのお花を付けた株ですね
wc24 DSC_6013

閉じかけていたのが残念・・綺麗に開いていればちょうど満開だったようですね~・・
wc25 P3171434 (2)


まだ時期が早いと思っていたのですが、午後から登り始めたのが幸いしたようで、キスミレは三分咲きくらいには開花していました
咲き始めの新鮮で生き生きしたお花たちに出会うことができ、大満足のスミレ探索になりました

沖縄で出会ったお花たち その2・・スミレⅡ

スミレⅡは、ちょうど花盛りだった南方系のスミレたちの登場で~す

この南方系のスミレたちは、花期が長いこともあり、あちこちの広い範囲で見事に群生していました


最初に出会ったのはリュウキュウコスミレ
沖縄ではスミレといえば、このリュウキュウコスミレを指すそうですが、わたしたちにはもちろん初見のスミレです
vp1 DSC_5098

ノジスミレの南方系の変種、との事なので、側弁は無毛、花弁の容姿もノジスミレとそっくりですね
vp2 P3020937

お陽さまを浴びて、まさに花盛り!・・元気いっぱいに咲いていました
vp3 DSC_5099

花色は、紫色が薄めのや濃いめのもの、ほとんど白色に近いお花と千差万別
この株は、赤味が強めの紫色が濃いお花でした
vp4 DSC_5100

お花のアップです~・・咲きだしたばかりのようで新鮮で綺麗なお花ですね
vp5 P3020934

このお花は花弁の中心部分が濃いめの紫色で、引き締まった印象ですね
vp6 DSC_5273

お花をアップで・・濃淡のぼかしが綺麗ですね~
vp7 DSC_5274

別の場所で見たリュウキュウコスミレの群生です・・広い草原に点々と咲いていて、どのお花を撮ろうかと迷ってしまいます~・・
vp8 DSC_5630

葉もノジスミレと同様三角状披針形ですが、ノジスミレの奔放な印象と違って、きっちりとまとまって整った印象ですね
vp9 DSC_5618

この草原で見つけたほとんど白色に近い花色のスミレですが、紫条がくっきりと見られるので、シロバナリュウキュウコスミレとは、少し違って、リュウキュウコスミレの色変わり?のようですね
vp10 DSC_5636

お花のアップで~す・・
vp11 DSC_5632

こんな所に~?・・と思える場所で群生していたのは、シロバナリュウキュウコスミレ
vp12 DSC_5260

この日は雨で風も強く、なかなかカメラの収まってくれず、撮るのが大変でした~・・
vp13 DSC_5259

vp14 DSC_5258

真っ白なお花が清楚な印象で、緑の背景の中から浮き出ているようで素敵ですね~
vp15 DSC_5261

水滴が白花の美しさを引き立てていて、美しい~
このお花はほんとに真っ白!・・条線も薄い緑色ですね
vp16 P3031043

vp17 DSC_5269

距も真っ白でぽってりしていますね
vp18 DSC_5264

リュウキュウコスミレによく似ていますが、こちらはリュウキュウシロスミレです
vp19 DSC_5455

初めてこのスミレの名前を見た時は、白花かと思っていたのですが、実はそうではないらしい・・?・・
vp20 DSC_5452

アリアケスミレの南方系の変種だということです
vp21 DSC_5450

vp22 DSC_5472

花色が濃いお花もあって、シロスミレ?・・というには少々違和感が~・・
vp23 P3031116

vp24 DSC_5485

花弁の地色が白で紫色のかすれ具合がアリアケスミレですね
vp25 DSC_5488

お花のアップで~す・・側弁の毛がもじゃもじゃ~
vp26 P3031130

このお花は花弁の色が薄く、ほとんど白色に近いお花でした
vp27 DSC_5456

側弁のもじゃもじゃの毛もはっきり、花弁のかすれ具合もやはりアリアケスミレ似ですね
vp28 P3031102

このお花はタチツボスミレの品種、ツヤスミレ
vp29 DSC_5392

お花もタチツボスミレよりほっそりとした印象で、葉も厚めで照りがありますね
vp30 DSC_5394

よく似たテリハスミレは日本海側に棲息することで、ツヤスミレとは棲息域が異なるようです
vp31 DSC_5401



沖縄のスミレは、大変貴重なスミレ2種をはじめ、ちょうど盛期の南方系のすみれ3種類に出会えて大満足でした

2日目の雨で、会えなかったヤクシマスミレは、またいつか機会あれば・・の宿題ですね

次は出会ったランの紹介です
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる