ラン以外のお花にも会えました~・・

ここでは、この2日間で出会ったラン以外のお花たちを紹介します


ラン探索を終了して、車に戻る途中で出会ったこのお花・・なんと白花のウツボグサ・・ウツボグサにしてはちょっと小振りのこのお花は、セイヨウウツボグサという帰化植物だそうです
帰化植物ではあるのですが、なかなか目にする機会が少ない植物だそうです
yi1 DSC_0340

黄色のお花は目立ちますね~・・コナスビです
富士山麓では、ナガエノコナスビに出会っていました
yi2 DSC_0409

マルバフユイチゴは日本海性の植物だと教えていただきました~・・葉が小振りなので、別名はコバノフユイチゴ
yi3 DSC_0404

白いお花は涼し気で可愛いですね
yi4 P7013836

一面にツルアリドオシがびっしりと・・蕾がツンツンと、頭のピンク色が可愛い~
yi5 DSC_0393

ウワバミソウがいっぱい!・・と思っていたら、どうやら違う種も混じっていたようで、ヤマトキホコリだと教えていただきました~・・
yi6 DSC_0387

ヤマトキホコリは、トキホコリの日本海性の変種だそうです・・
ウワバミソウとの区別が難しい~・・葉が全体に丸っこい?ことと、葉脈がウワバミソウとはちょっと違うようですが~・・
yi7 DSC_0389

比較のためウワバミソウの葉も撮ってみました~・・葉がほっそりして咲きが尖っていて、葉脈も違っているのがわかるでしょうか~・・
yi8 DSC_0391

シダ植物もいくつか見ることができました~・・ヒカゲノカズラ科のマンネンスギと教えていただきました・・わたしたちはもちろん初めて見るシダ
まだまだシダ植物までは手が回りません~・・
yi9 DSC_0395

こちらもヒカゲノカズラ科の植物・・ヒカゲノカズラかアスヒカズラだということですが・・
yi10 DSC_0398

ランチタイム中に話題になったこのキイチゴ・・こちらはクマイチゴだそうです・・
yi11 DSC_0406

すぐ側に美味しいな実を付けたキイチゴ・・モミジイチゴだそうですが、ちょっと葉の形が違う?・・ナガバモミジイチゴ?
いろいろと論議が交わされて?いたのですが・・やっぱりモミジイチゴで良いのかな~・・
yi12 DSC_0408

ほとんど白花?と言って良いヤマホタルブクロです
yi13 DSC_0414

白花にはなかなか出会えないようですが、花冠の根元に少し色が残っているような~・・
yi14 DSC_0415

川を挟んだ対岸に真っ白な花を木いっぱいに咲かせていたのは、ユクノキかフジキ?・・区別は托葉の有無だそうなので、確認できませんでした
yi15 DSC_0417

それにしても見事な花付きですね~
yi16 DSC_0420 (2)

1日の最後の目的の樹木は、開田神社のシバタカエデ
以前は囲いがあったようなのですが、無くなっていて、ちょっと探すのに手間取ったのですが・・
yi17 DSC_0428

クロビイタヤの変種・・北方系古代の残存植物ということで、絶滅危惧種に指定されているそうです
かなりの大木で、高い位置でたくさんの果実を付けていました
yi19 DSC_0422

足元にはひこばえがたくさんあって、葉の形が確認できました
葉は、クロビイタヤと全く同様だということです
yi18 DSC_0431

クロビイタヤとの相違点としては、果実や花柄に毛がない・・クロビイタヤは有毛だそうですが・・ちょっと難しそう?ですが・・
yi20 P7013859


この日は素晴らしく美しいラン2種と、わたしたちだけではとても気がつかないいろいろな植物を教えていただき、大変に充実した1日でした

梅雨明け後初めての週末ということで、往きの高速道路もけっこう車が多かったのですが、帰路はゴールデンウイークか年末年始並み?の大渋滞・・覚悟はしていたものの・・さすがにまいりました~

なんとか10時過ぎには帰宅・・夏休みになるとますます高速の渋滞は激しくなるのでしょうか~・・


ランを巡る花旅・・2日目はハイライト!

月が変わって7月1日、今回のランの花旅のハイライトです

お花の大先輩のご案内で、久々のキンセイランとの対面の予定

先週、会津で見たキンセイランの株は、花茎が腐って黒くなり、開花しなかったので、今回案内いただけるキンセイランは、期待いっぱいでした~


杉林の中を歩き始めてすぐに、目に付いたキンセイラン・・3株並んで綺麗に開花していました
yh1 DSC_0335

一昨年岩手で出会って以来2年ぶり・・しかもちょうど良いタイミングで出会うことができ、感激です~
yh2 DSC_0334

別の角度からもパチリと
yh3 DSC_0287

更に奥に進むと・・開花したばかりのような新鮮で美しいお花に出会えました
yh4 DSC_0310

この美しさはまさに輝く金星のようですね!・・美しすぎて言葉も出ないですね~・・
yh5 DSC_0305

翼をいっぱいに広げて飛んでいる鳥のよう・・動きも感じられますね~
yh6 DSC_0299

横顔も撮ってみました
yh7 DSC_0308

他にも何株か見つけることはできたのですが、花茎が出ていなかったり、会津で見た株同様、花茎が黒く腐っていて、開花していませんでした
やはり今年は天候不順で、ランの開花には条件が悪かったようですね・・
最後に見つけたこの株は、もうほとんど全開と言って良い状態でした
yh8 DSC_0317

5花全てが、ちょうど綺麗に開花していました
yh9 DSC_0320

う~ん・・どこから撮ろうかな~・・思案中のカッパで~す
yh10 DSC_0328

今年やっと再会できたキンセイラン・・その美しさに魅了されっぱなしでした~
yh12 DSC_0324

キンセイランの近くに、ポツンと1株・・地味~に目立たず咲いていたのはヒトツボクロ
いつもならこれだけでも大喜びなのに、キンセイランの魅力の前では、存在感も薄いような~・・?
yh13 DSC_0314

ちょうど綺麗に開花していたようですね
yh14 DSC_0333

いつまでも、眺めていたいキンセイランですが、次にもう1種、ランの自生地を訪れる予定
名残惜しいのですが、生息地を後にします
yh15 DSC_0337

移動して・・次に向かったのは、キソエビネの自生地
雑木林の斜面にシダに隠れるようにして咲いていました
yh16 DSC_0344

昨年訪れた時には、すでにほとんどのお花は萎れていて、辛うじて1番上のお花が良い状態で見られただけだったのですが、今年はちょうど良い開花のタイミングで出会うことができたようです
yh17 DSC_0348

紫色の濃淡のぼかしに、赤みを帯びた黄色、いわゆる梔子色でしょうか・・を添えて
yh18 DSC_0349

お花のアップです・・このお花も美しいですね~
yh19 DSC_0358

もう1カ所・・ここでは、3株の開花株が纏まっていました
yh20 DSC_0377

yh21 DSC_0366

昨年より花付きは良くないようですが、開花のタイミングとしてはベストですね
yh22 DSC_0364

yh23 DSC_0372

お花のアップです・・紫色の濃淡と、梔子色にオレンジの班が美しすぎ~・・
yh24 DSC_0380 (2)

今回のラン巡り、ハイライトのラン棲息地、2カ所を廻って無事終了です
yh25 DSC_0392


大満足で車に戻り、涼しい木陰でランチタイム

お花の大先輩や花友さんと楽しいお花談義に花が咲き、時間のたつのも忘れるほど・・ですが、もう一カ所この日廻りたい場所があるので、おしゃべりもそこそこに・・再度の移動です~

ランを巡る花旅は続きます~・・その2

さて、ちょっと長めのドライブで、3カ所目のラン棲息地を訪れます

道脇のちょっとしたスペースに車を停めて、ゴロゴロの岩を乗り越えて目的地へ

昨年訪れた時はちょっと早過ぎて、ほとんど開花していなかったのですが・・今年はどうかな~・・開花しているお花に会えるといいな~

近づいてみると~・・今年は満開の盛期に訪れることができました~
yg1 DSC_0241

こっちのはちょっと早くて蕾も多いけれど、開花していたお花はとっても新鮮でした
yg2 DSC_0232

yg3 DSC_0236

ピーチクパーチク?・・満開のお花たちが歌っているのが聞こえてくるようですね
yg4 DSC_0220

ちょっとアップ気味に
yg5 P6303760

お花にそ~っと触れてみると~・・意外にしっかりとして硬い感じの質感にビックリ!
yg6 DSC_0230

葉はお花とは反対に、意外にソフト?な質感です~・・葉の模様がとっても美しくて、葉だけで撮ってみました
yg7 P6303767

ベニシュスランの自生地から少し移動して・・梅の古木にクモランが着生していました
yg8 DSC_0256

クモランとは初めての出会いでした
yg9 DSC_0245

お花はとっても小さいらしいのです・・蕾らしきものが見えるのですが、開花はまだでした~・・
yg10 P6303771 (2)

お花は開花しても2mmくらいだそうです・・蕾を超アップで撮ってみました・・開花したお花も見てみたいですね・・
yg11 DSC_0255

最後に立ち寄ったのは、ランではないのですが、昨年綺麗に咲いていたベニバナヤマシャクヤクの群生が見られた場所
車を停めて歩き始めたのはもう5時を過ぎていて・・大急ぎで急斜面を目的地に向かって登るのですが・・まっすぐ一直線に登る斜面に息も絶え絶え~・・

なんとか群生地にたどり着いたのですが・・今年はお花が早かったようで、群生地ではもうすっかり花弁も散ってしまっていました~
あんなに頑張って登ってきたのに~・・がっかりして戻りかけると・・
yg12 DSC_0257

群生地からちょっと離れた場所で、ポツンと1株だけですが、お花が咲き残っていてくれました
yg13 DSC_0265

1花だけでも会えて、苦労して登ってきた甲斐がありました~
yg14 DSC_0260

花弁を散らさないように、そお~っと近寄って・・パチリで~す
yg15 DSC_0267

ちょこっと中ものぞかせてもらって・・まだまだ美しいお花でした
yg16 P6303784

近くで見られたカイジンドウも、昨年はちょうど花盛りだったのですが、今年はもう終盤
yg17 DSC_0270

草原ではシモツケが満開でした
yg18 DSC_0272

ニッコウキスゲもちょうど盛期・・風に揺れていました
yg19 DSC_0280

yg20 DSC_0281

もうすっかり夏の草原ですね~・・ヨツバヒヨドリとヤナギランのコラボで~す
yg21 DSC_0276

派手なヤナギランのお花は、目をひきます
yg22 DSC_0279

ヤナギランの撮影中のピテカン君・・なんだか景色に溶け込んでいませんか~
yg23 P6303788 (2)



この日は、たくさんのランのお花たちに出会え、最後にはあきらめていたベニバナヤマシャクヤクのお花にも会えて、大満足のお花探索の1日でした

この時期は陽が長くて・・最後に車に戻ったのは、もう6時過ぎだったのですが、まだまだ明るくて・・行動時間が長くて嬉しいのですが、時間は平等に過ぎていきます~・・

お宿に着くのがすっかり遅くなってしまいました・・

ランを巡る花旅 その1

6月最終週末、6月30日、7月1日は、1泊2日でランを巡る花旅に出かけてきました

初日は、甲信地方を何ヶ所か巡ってのラン探索を予定・・会いたいお花がたくさんあって、あちこち長距離を車で駆け巡る花旅になるので、なるべく早くお家を出ます・・といっても4時起き5時出が精いっぱいですが・・

高速は早朝から車が多く、思ったより時間がかかってしまいました~・・
やっぱり梅雨明けの晴天狙いのお出かけが多いのかな~・・往きから帰りの渋滞が思いやられます~・・

目的地近くの林道に車を停めたのはもう8時前・・車中で大急ぎで朝食を済ませて、目的のお花目指してお山を登ります


頂上まで登り切って、少し下ると・・斜面にはブナやナラの森が広がり、イタヤカエデの大木が混じります・・見上げると~・・今年も咲いていました、フガクスズムシソウです
この株はちょっと早かったようですね
yf1 DSCN0668

更に上を見上げると、朝日を受けて輝くように咲いている白花のフガクスズムシソウです
yf2 DSCN0662

高倍率のカメラで撮ってみると~・・10花以上のお花を付けた満開の株が纏まって咲いていました
yf3 DSCN0657

ちょうど盛期・・白花も素敵なお花ですね~
yf3 DSCN0667

別の木に、もう1カ所着生していました・・この場所は今年初めて見つけた場所です
yf4 DSC_0166

こちらはちょっと小さ目の株が3株・・来年以降、もう少し大きくなって、増えてくれることを期待ですね
yf5 DSCN0655

この株は目線で見られる、貴重な株・・今年も律儀に咲いていてくれました
yf6 DSC_0146

苔の中に咲いている姿は可憐で可愛らしい~・・
yf7 DSC_0145

yf8 DSC_0148

ちょうど綺麗に開花した新鮮で綺麗なお花ですね!・・ベストなタイミングで会うことができたようです
yf9 DSC_0149

あれれ~!・・唇弁にアリさんです~・・甘いのかな~・・?
yf10 DSC_0152 (2)

お花のアップです~・・・・ラン科のお花はどの種も個性的で、魅力的ですね
yf11 P6303681

こんな斜面を登ったり下りたりして、お花を探します・・大木に囲まれてマイナスイオンのシャワーがいっぱいで~す
まだいくつか会いたいランのお花が残っているので、この辺りで下山することに
yf12 DSC_0142


場所を変えて・・ここでの目的のお花は、ハコネラン
草丈が10~15センチほど、ひょろひょろした小さなランなので、よ~く目を凝らさないとバックの緑に溶け込んで、見つけずら~いい
yf13 DSC_0182

薄暗い篠竹の足元で、ひっそりと~・・
yf14 DSC_0185

目が慣れてくると、次々に目に付きはじめました
この株が一番たくさんのお花を付けていました
yf15 DSC_0206

ひょろりと背高のっぽさん・・花茎の根元に葉が一枚、全体を撮るのは大変
yf16 DSC_0189

ちょうど満開の良いタイミングのお花たちに出会えたようです
yf17 DSC_0217

唇弁の鋸歯がハコネランの特徴だそうです
この株の唇弁には中心部分に薄い赤茶色の班があるのですが・・
yf18 DSC_0211

この株のお花には班がないようです・・
yf19 P6303723

お花のアップで~す
yf20 P6303725

まだまだラン巡りの花旅は続きます~・・移動中に、車窓から見えた富士山で~す
yf21 P6303703


3カ所目へはちょっと長距離のドライブ

3カ所目のランは次回に紹介します

那須岳で出会ったお花たち

久しぶりの登山でしたが、ここでもたくさんのお花に出会うことができました


歩き始めから、一番多く見られたのはウラジロヨウラクとサラサドウダン・・ウラジロヨウラクはお花の形態や色あいが少しずつ違っていて、楽しめました
このお花は花冠の筒状の部分がほぼまっすぐで、先がパッと5裂していました
ye1 DSC_9997

こちらはいわゆる釣鐘型で、先端がつぼみながら5裂ですね
ye2 DSC_0128

ほとんど白色に近いお花も見ることができました
ye3 DSC_9974

先端部分だけがほんのり紅色でぼかしになっていて、とっても綺麗なお花でした
ye4 DSC_9972

ベニバナサラサドウダンは、ちょうど満開の盛期でした
ye5 DSC_0104

紅色が濃くて美しい~・・
ye6 DSC_0103

こちらはちょっと白っぽいサラサドウダン・・那須ではベニサラサドウダンのほうが多いようです
ye7 DSC_9976

もう咲き始めていたアカモノ・・今年初めての出会いです
ye8 DSC_9993

白地にさっと刷いたような紅色の筋が可愛らしいですね
ye9 P6243630

クロマメノキも花盛り・・すでに緑色の小さな実も付けていました
ye10 DSC_0002

地味なお花だと思っていたけれど、よく見ると可愛らしい~
ye11 DSC_0001

コケモモもポツリポツリと・・咲き始めたばかりのようですね
ye12 DSC_0100

ここでは2種類のイワカガミの仲間に出会えました・・白花のイワカガミはヒメイワカガミでしょうか~
ye13 DSC_0010

草丈も低く可愛らしいお花です
ye14 DSC_0012

岩陰に咲いていたのはイワカガミ・・濃いピンク色のお花をたくさん付けていました
ye15 DSC_0013

ミヤマカラマツはこれからのようです
ye16 DSC_0023

ベニバナニシキウツギは園芸種のようにも見えます・・
ye17 DSC_0024

ベニバナイチヤクソウは、ちょっと遅かったようで萎れているお花も・・
ye18 DSC_0094

ウスユキソウは群生していました
ye19 DSC_0086

咲き始めたばかりの新鮮なお花たちでした
ye20 DSC_0085

登山道の足元で目に付いた白いお花・・この日一番の嬉しい出会いでした・・オノエランです
ye21 DSC_0015

別の場所で、もう2株・・往きにはわからなかったのですが、帰路で見つけたオノエランです
ye22 DSC_0118

ye23 DSC_0118 (2)

お花のアップで~す・・真っ白なお花だと思っていたのですが、唇弁に黄色とオレンジの模様があって可愛らしい~
ye24 P6243636

ちょうど綺麗に咲いていたハクサンチドリ
ye25 DSC_0061

ちょっと遅いお花もあったのですが、新鮮なお花は綺麗ですね
ye26 DSC_0054

お花をアップ気味に
ye27 DSC_0053

ノビネチドリはもおうお花はほとんど終わっていて~・・
ye28 DSC_0039

テガタチドリはまだ蕾
ye29 DSC_0098

そして・・目的のお花、密かに開花を期待していたのですが・・残念!!まだ開花には少し早かったようです~
ye30 DSC_0092

可愛らしい蕾ですが・・あと数日で開花でしょうか~
ye31 DSC_0090

もう1度会いに行きたいけれど・・ちょっと難しいかな~・・
ye32 DSC_0093


今年は全般にお花の開花が早く、目的のお花もそろそろ開花しているのでは~・・?・・と、淡い期待を抱いて登ってきたのですが、残念ながら、まだ蕾でした

お花の開花時期はいつの間にか少しずつ例年並みに戻りつつあるのかな~・・開花時期は読めませんね

そろそろ標高の高い山でのお花探索も始まりますが、土日しか動けないわたしたちには、なかなかベストなタイミングでお花に会うのは難しそうです~
プロフィール

ピテカン&カッパ

Author:ピテカン&カッパ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる